みんなの大学情報TOP   >>  熊本県の大学   >>  熊本大学   >>  文学部   >>  口コミ

熊本大学
出典:MK Products
熊本大学
(くまもとだいがく)

熊本県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

3.86

(384)

文学部 口コミ

★★★★☆ 4.10
(60) 国立大学 115 / 558学部中
学部絞込
601-10件を表示
  • 男性在校生
    文学部 文学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    文学部文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学で勉強をしたいと思っている学生にはとてもいい大学だと思います。研究室は自分の学びたい分野に特化して研究を進めることが出来、研究を深めることが出来ます。
    • 講義・授業
      良い
      さまざまな教授や学外から集めた特別講師による授業が数多く設けられています。熊本大学が行う授業では、社会に出てからも役に立つような講座が設けられおり、自分の学科専攻だけではなく、関心に応じた副専攻も取得することができます。
    • 就職・進学
      良い
      さまざまな大手の企業への就職実績ごあります。先輩には金融大手などから内定をいただいているそうです。サポートもしっかりしており、就職活動の基本マナーの指導もカバーできます。
      ただ、実績があるとはいえ、サークルに明け暮れていて就活に失敗する人も少なくはないので、注意して下さい。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルや部活に所属すると趣味を共有できる友人がたくさんできます。しかし、大きい大学だけあって授業の選択の幅も広がるため、学科内で友人をたくさん作ることは困難だと思います。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:481504
  • 男性在校生
    文学部 コミュニケーション情報学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    文学部コミュニケーション情報学科の評価
    • 総合評価
      良い
      とてもいい学科です。教授や学生の間のコミュニケーションも活発で、家族のような関係を築くことができます。
    • 講義・授業
      普通
      他の学科の授業も履修できるので、自分にあった時間割を作れます。人それぞれなので3点としました。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      まだゼミに入ってないのでわからないです。ゼミに入るのは3年次の後期からになります。
    • 就職・進学
      良い
      「どこに」というのはありません。行きたいと思ったところへサポートしていただけます。就職準備が始まるのも早いので実績は学内でもすごく高いです。
    • アクセス・立地
      良い
      駅からは少し離れていますが、大学付近に住んでいる人が多く、自転車で10分程度で通っている人がほとんどです。
    • 施設・設備
      良い
      補強工事も最近行われており、キャンパス内にも学部学科に合わせた施設が充実しています。
    • 友人・恋愛
      良い
      学部内の人数は人学年40人弱なので、学部生間の距離は非常に近いです。名前を知らない人はいないと思います。
    • 学生生活
      良い
      サークルや部活動は非常に活発で、学生主導のイベントも多いです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      メディア研究やコミュニケーションの学問、英語の授業が多いです。とくに英語は実践的なRLWSの4技能の授業を受けることができます。
    • 学科の男女比
      1 : 9
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      いわゆる使える英語を学びたかった。また、部活動が活発なところも進学先に選んだ理由。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:533530
  • 女性在校生
    文学部 コミュニケーション情報学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    文学部コミュニケーション情報学科の評価
    • 総合評価
      良い
      外国語を学びたいと思っている学生にはオススメの学科です。大学生の短期留学プログラムを使って比較的低価格で留学することが可能です。私も友人も2年生の夏休みに短期留学をしましたが、大変いい経験になったと思います。
    • アクセス・立地
      普通
      キャンパスの前にはバス停があり、電車とバスを駆使すれば遠い地からでも通学可能です。しかし、朝や夕方のラッシュの時間には大変混雑するためあまりオススメはしません。家が周辺にないのであれば、一人暮らしをするのが一番良いかと思われます。キャンパスから熊本市の中心市街地には自転車で行くことができ、遊んだりするのに困ることはありません。
    • 友人・恋愛
      良い
      コミュニケーション情報学科は女学生の比率が高く、楽しい生活を送っています。恋愛関係においてもサークル活動でお付き合いをしているカップルが多く見受けられます。
    • 学生生活
      良い
      11月には九州最大級の学祭、紫熊祭がありそれにむけてのサークルや実行委員での活動は大変充実しています。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:484705
  • 女性在校生
    文学部 総合人間学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    文学部総合人間学科の評価
    • 総合評価
      良い
      充実している点としては、興味のあることについて学べるということが挙げられます。1年生の内は心理学や社会学、哲学など幅広く学び、学年が上がるにつれてより専門的な内容を学ぶことができます。
    • 講義・授業
      良い
      講義、授業の内容については、個人差はあるものの、自分の興味のある分野を学び、自由に考えることができます。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミが始まる時期は3年次頃です。まだゼミに参加したことがないので、内容について充実しているかどうかは分かりません。
    • 就職・進学
      良い
      就職実績については、パンフレットやインターネットで見るとわかるように、様々な職種があります。サポートもしっかりしていると聞いたことがあります。
    • アクセス・立地
      普通
      駅から大学までは遠いです。周りに家がたくさんあるので、一人暮らしはしやすいと思います。しかし道が狭いので事故は起こりやすいと思います。
    • 施設・設備
      普通
      キャンパスについては、学科によって異なるものの、北キャンパスの施設は充実しています。図書館が綺麗です。
    • 友人・恋愛
      良い
      学内の友人関係は、充実している人もいれば、一人で過ごすことが多い人もいます。サークルに入ると自然と人間関係ができると思います。
    • 学生生活
      普通
      以前はボランティアサークルに所属していましたが、今は所属していません。来年度に新しいサークルに入る可能性はあります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は心理学や社会学や哲学など幅広く学びます。
      2年次はコースに分かれて、各コースの内容を深く学びます。
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:431874
  • 女性在校生
    文学部 総合人間学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    文学部総合人間学科の評価
    • 総合評価
      良い
      総合人間学科は文学部の中でも幅広い分野を学ぶ環境が整っている学科なので、自分の学びたい分野以外の教養を身につけることができます。
      また、それぞれの専門に特化した教授が在籍しているため、自分の学びたい分野についての研究もしやすいと思います。
      ただ、将来のやりたいことや研究したいことについて漠然とした状態で入学してきた場合、学べる分野の幅広さに戸惑ってしまうかもしれません。総合人間学科で何を学びたいのかという志をきちんと持って入学した方が、充実した大学生活を過ごすことが出来ると思います。
    • 講義・授業
      普通
      専門の講義については、1年生のうちは概論が主になります。それぞれの専門に特化した教授が授業を行うため、それぞれの授業によって授業の雰囲気が全く異なります。当たり外れがあるため、その概論を担当する教授の性格などを、予め先輩方から聞いて、履修するかしないかの判断をした方が良いと思います。
      教養の講義については、全学部の生徒が教養を受ける必要があるため、人気の講義は履修制限がかかる場合があります。学びたくても抽選で外れて履修できない可能性もある点が、不平等感があります。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      まだ1年生なので詳しくは分かりませんが、総合人間学科は様々な選択肢があります。
      1年の終わりに、コース選択をする必要があり、その説明が1年生の終わりにあります。そこでそれぞれのコースの説明をしっかり聞き、よく考えたうえで希望コースを選択してください。
    • 就職・進学
      良い
      就職に関するサポートは手厚いと思います。文学部ですので、院に進学する人は少ないです。
      公務員や一般企業など、幅広い就職先に先輩方は就職されています。
    • アクセス・立地
      良い
      教養を受ける棟と、専門の授業を受ける棟が比較的近いため、移動に困ったことはあまりありません。同じ敷地に学食や図書館もあるため、便利だと思います。
      移動が大変な時は、自転車を使うと楽だと思います。
    • 施設・設備
      良い
      図書館は綺麗ですし、印刷機完備のパソコン室もあるため、レポートを書いたりしやすい環境だと思います。
      教室も多く、空きコマなどは空き教室を使って時間をつぶすことができます。
      グラウンドや体育館もあるため、運動系の多くの大学生が活用しています。
    • 友人・恋愛
      良い
      総合人間学科は学べる概論が多いため、講義ごとに生徒が分散しています。そのため、学科同士の繋がりはそこまで強くなく、広く浅く友人関係を結んでいます。
      サークルに入ると、縦の繋がりもできますし、他の学部の人とも交流ができるので、お勧めです。
    • 学生生活
      良い
      サークルは沢山あるため、自分の趣味に合ったサークルに入ったら良いと思います。部活動は本格的ですので、大学に入っても高校の時のように、運動に励みたい人などが入っています。
      アルバイトは街が近いため、街でアルバイトをしている人も多くいます。
      アルバイトの業種としては、塾講師や飲食店などが多いと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生のうちは概論がほとんどです。2年に進級する条件として、概論を何単位かとる必要がありますが、その単位以上の概論をとる人が多いです。
      教養も身につき、新たな発見があるかもしれないため、自分の興味のある分野以外の概論も受けていた方が良いと思います。
    • 就職先・進学先
      スクールカウンセラー
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:430048
  • 女性在校生
    文学部 歴史学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 5]
    文学部歴史学科の評価
    • 総合評価
      良い
      他の文学部の学科やその他学部でも3年からのゼミ配属が多いが、歴史学科だけは2年進級時からの研究室配属となるため、より専門的な研究に早くから従事できる。ただ、研究内容ゆえにその知識を生かした職業に就職するのは難しいといえる。
    • 講義・授業
      普通
      講義は1年の頃は日本史や西洋史といった歴史の専門的内容ではなく概要の授業がほとんどである。2年からはそれぞれの研究分野に必要なくずし字や漢文といった解読するために必要な技量を身につける授業から入る。指導は研究室の人数が多いと教授1人あたりの受け持つ人数の関係で指導が不十分な点が出てくることがある。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      それぞれの研究室に配属されたあと、まずはくずし字や漢文、測量といった資料を読むために必要な技術を身につけることから始まる。研究室やゼミによっては少人数指導の授業がほとんどになることがあるので、より専門的な知識を身につけることができる。
    • 就職・進学
      良い
      就職実績については、民間企業か公務員がほとんどである。特に歴史学科では教職免許と学芸員免許を取得することができるため、教員や学芸員に就職する人も多い。
    • アクセス・立地
      普通
      熊本市内にはあるものの、街の中心部から少し離れており、飲食店やショッピング店が少ない。市電も前に通っていないため、バスや自転車での移動が基本となる。
    • 施設・設備
      普通
      キャンパスは北と南に分かれており、学科では北キャンパスの文学部棟が主となるが、他の施設での授業の時は移動が大変である。各研究室の中にも研究資料や本が充実している。
    • 友人・恋愛
      悪い
      学科は男子と女子の比率がほぼ毎年1:1であるが、基本同性同士で固まることが多い。学科内恋愛はほぼなく、サークルがほとんどである。
    • 学生生活
      良い
      サークルでは毎月1回サークルライブを開いているほか、夏冬の2回大きなサークルライブを開催している。みんな仲が良く、バイト先が同じサークルにいることも珍しくない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は様々な歴史ジャンル(日本史、アジア史など)の概説の授業がほとんどである。学科における必修の授業は言語がほとんどであり、歴史の授業は専門科目で行われる。2年からは5つの研究室に分かれて、それぞれの分野の専門的知識を磨くことになる。人数も少ないためゼミなどの少人数指導が基本である。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:431619
  • 女性在校生
    文学部 歴史学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    文学部歴史学科の評価
    • 総合評価
      良い
      かなりいい大学です!
      ホントにおすすめしますよ
    • 講義・授業
      良い
      面白い先生もいるし、可愛い先生がまじおおい!
      授業にでるのがほんと楽しみで仕方がないです!
    • 研究室・ゼミ
      良い
      マジで充実しまくり!
    • 就職・進学
      良い
      サポートうますぎ!
      就職のしかたをちゃんといちから教えてくれる!
    • アクセス・立地
      良い
      めちゃめちゃ環境いい!
      空気がキレイ!
      駅がねめちゃめちゃ近い!
    • 施設・設備
      良い
      エアコン効きまくり!
      夏は涼しく、冬は温かいんだからぁ~
    • 友人・恋愛
      良い
      バリバリ可愛い彼女できるし、彼氏欲しい女子にもおすすめ、イケメン君がいっぱい!にこまる
    • 学生生活
      良い
      楽しすぎ~
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      文化のことについてとか地域のことや国際協力、グローバル化とか、世界のことについてもしっかり勉強できる!
      外資系の会社に勤めたい人はおすすめします!
    • 就職先・進学先
      IT企業とかいけたらなぁと思ってます
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:379655
  • 男性在校生
    文学部 歴史学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    文学部歴史学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      制度等の転換期であるためか履修に関してのところなどでかかなり混乱が目立つ。特に履修登録期間の混雑は異常。
    • 講義・授業
      普通
      評価が厳しすぎても良くないが(笑)あまりに甘すぎることがある。テストで寝ている人と頑張った人が同じ評価であるような授業がある。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      まだゼミ等に所属していないためよく分からない。ただし2年次から別れることができるのは非常にいいと思う。
    • 就職・進学
      悪い
      まだ一年時なので良く分からない。しかし校内の掲示板等を見るとかなり手厚くサポートしてくれているのではないかと感じる。
    • アクセス・立地
      悪い
      正直非常に悪い。娯楽施設はないと考えたほうが良い。また周辺の道は狭い上に交通量が多いためかなり危険である。車、自動車、歩行者、それぞれのマナーがとても悪い。
    • 施設・設備
      悪い
      地震の影響が見られる箇所がいくつかあるがそれを除いても古さが目立つところがある。南キャンパスはその点新しく充実している。
    • 友人・恋愛
      普通
      これは大学によって変わるものではないと思うが、様々なサークルがあるようで何かしらのつながりは持てるのではないか。
    • 学生生活
      悪い
      サークルの数は多いと思う。学食やショップでも定期的にイベントが行われており楽しむことができると思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      端的にいって歴史の研究。高校歴史のように既成事実を暗記するのではなく、自らの力で新しい歴史を発見していくことが大学で行う歴史学のようだ。
    • 就職先・進学先
      将来のビジョンは全くない。逆に全くないから幅広い進路に対応できる文学部に進学した。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:369989
  • 男性在校生
    文学部 文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    文学部文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      思考することを忘れないで下さい。ただ流されるのではなく、考えをもって行動すれば成長につながると思います。
    • 講義・授業
      良い
      良いと思う授業もあれば、意味あるのか?と疑問に思う授業もあります。大切なのは参加し考えること。大学には多くの人がいるので、その出会いを大切にして下さい。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      私はゼミをあまり重視していないので、深くは話せませんが、やらない理由を探すより、やる理由を探すようにすればより良い大学生活がおくれると思います。
    • 就職・進学
      良い
      就活サポートがしっかりしていて、気軽に相談にのってくれます。しかし最終的にはサポートがなくても採用される人は採用されるので、自分を磨くことを大切にしてください。
    • アクセス・立地
      良い
      駅からバスが出ているので道に迷うということは少ないと思います。
    • 施設・設備
      良い
      新しい設備と言うことではないですが、必要な施設がちゃんとあるので、困るという事はないです。
    • 友人・恋愛
      良い
      人間関係はその人次第です。人の中に飛び込む意識でいれば、良くも悪くも、あなたに充実した体験をあたえてくれると思います。
    • 学生生活
      良い
      様々な行事をやっていますが、私はバイトを重視していたのでほとんど参加した事がありません。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      文学の見識から幅広いことまで、私は深みのある文章を書けるようになるために文学科に入りました。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      小説家になりたかったので、文学のことをもっと勉強したいと思い入りました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:534960
  • 女性在校生
    文学部 歴史学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    文学部歴史学科の評価
    • 総合評価
      良い
      歴史学科ということで、マニアックな分野なので、趣味なども1つの分野を徹底的に好きになるような人が多いです。友達をたくさん作りたい人は、出来るだけ大規模なサークルに所属すれば、たくさんできると思います。
      充実している点としては、歴史学科に関しては、学生の数が少ないので、先生方のサポートが充実しています。また、縦の繋がりも濃い方だと思います。
      卒業後は、さまざまな分野に就職し、幅は広いと思います。就職せずに大学院へ行く人もいます。
    • 講義・授業
      良い
      先生の数は多くはないと思いますが、その分学生の数も少ないので、少人数制の講義が可能であり、実際に少人数のゼミもよくあります。先生も、学生一人一人に合ったアドバイスをくださるので、とても勉強になります。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      2年生と3年生の合同のゼミがあり、先輩方と課題に取り組めるので、課題の進め方がよくわかるようになります。また、英語の演習は難易度が高いですが、先生が優しくサポートしてくれます。
    • 就職・進学
      良い
      就職については、毎年ほとんどの学生が様々な職種の職業に就職していきます。1?2人は大学院に進学する人もいます。基本的に、就職が厳しくて困難を極めているという人はあまりいないような印象です。学校の講義でも、キャリア支援の講義などもあり、とても参考になります。
    • アクセス・立地
      良い
      大学は、道が狭いところにあり、車で行くのは少し大変と感じることもあります。しかし、周囲にマンションやアパートがあるので、一人暮らしの学生はそれらに住むことが主です。商業施設が多い場所へは、バス、自転車などで行く人がほとんどです。適度に都会であり、住みやすいと思います。
    • 施設・設備
      普通
      学校自体があまり新しくはなく、空調設備が少し古いという印象をうけます。しかし、そこで勉強をしたり生活したりするのに不便を感じるということはほとんどありません。
    • 友人・恋愛
      普通
      友人や恋人ができやすい場所は、規模の大きなサークルだと思います。規模の小さなサークルや、男女の比率がどちらかに偏っている場所では、やはり出会いは少ないと思います。しかし、自分に合った環境をうまく選ぶことができれば、友人や恋人はできやすいかと思います。
    • 学生生活
      普通
      私の部活動については、茶道部ですが、週に1回しかなく、規則もあまり厳しくないので、とても気軽に足を運びやすい雰囲気でとても満足してきます。大学のいちばん大きなイベントは、学祭だとおもいますが、毎年さまざまなサークルが出店を出し、学生だけでなく、地域の方々も訪れてくださって、とても盛り上がっている様子が見られます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、学科の皆とおおむね同じ講義をうけます。歴史学についての説明をする講義など、2年次からどの研究室に行くのかじっくり考えることができます。歴史学科だけでなく、ほかの学科や学部の講義も受けることができます。
      2年次からは、各々自分が選んだ研究室にわかれて講義を受けることが多くなります。
      3年次は自分でテーマを設定して研究をする、課題研究が始まります。ここで選んだテーマを参考にして卒論のテーマに繋がる人も多いようです。
      4年次では、主に卒論を書くことが中心になります。西洋史研究室は、最低一冊は英語の文献を選んで卒論を書くことになっています。しかし、英語が苦手でも2年と3年の講義で英語を読む練習をする講義があり、先生も優しくサポートしてくれるので、力をつけてから取り組むことができるとおもいます。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:430982
601-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 熊本県 熊本市中央区黒髪2-39-1
最寄駅 熊本電鉄本線 黒髪町
電話番号 096-344-2111
学部 法学部、 文学部、 理学部、 工学部、 教育学部、 医学部、 薬学部
概要 熊本大学は、熊本県熊本市に本部を置く国立大学です。通称は「熊大」です。熊本医科大学など6つの学校を母体とし、新制大学として設立された4年制大学です。文学部から医学部、工学部などの文理学部合わせた7学部と大学院の8研究科からなる総合大学です。 4つのキャンパスからなり、文系の学部、理工学部、医学部、薬学部とそれぞれ学ぶキャンパスが異なっています。寄宿舎や国際交流会館も設置されています。海外の大学との交流や留学生の受け入れ態勢の整備など、国際性の高い大学を目指しています。また、熊本地震からの復興を研究者の立場から支援するプロジェクトを立ち上げ、地域の復興の支援活動も行っています。

みんなの大学情報TOP   >>  熊本県の大学   >>  熊本大学   >>  文学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
福岡大学

福岡大学

42.5 - 65.0

★★★★☆ 3.89 (836件)
福岡県福岡市城南区/福大前駅
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.87 (246件)
栃木県大田原市/那須塩原駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1098件)
東京都渋谷区/表参道駅
理系のオススメ大学
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.80 (1427件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1098件)
東京都渋谷区/表参道駅
東海大学

東海大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.71 (843件)
東京都渋谷区/駒場東大前駅

熊本大学の学部

法学部
偏差値:55.0
★★★★☆ 3.87 (62件)
文学部
偏差値:55.0 - 57.5
★★★★☆ 4.10 (60件)
理学部
偏差値:52.5
★★★★☆ 3.92 (25件)
工学部
偏差値:45.0 - 47.5
★★★★☆ 3.75 (76件)
教育学部
偏差値:50.0 - 55.0
★★★★☆ 3.84 (84件)
医学部
偏差値:50.0 - 65.0
★★★★☆ 3.89 (54件)
薬学部
偏差値:52.5 - 60.0
★★★☆☆ 3.47 (16件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。