みんなの大学情報TOP   >>  大阪府の大学   >>  大阪教育大学   >>  口コミ

大阪教育大学
出典:Osakakyoikuuni.
大阪教育大学
(おおさかきょういくだいがく)

大阪府 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0 - 57.5

口コミ:★★★★☆

3.93

(300)

大阪教育大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.93
(300) 国立内33 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.72
  • 研究室・ゼミ
    3.78
  • 就職・進学
    3.91
  • アクセス・立地
    2.14
  • 施設・設備
    3.17
  • 友人・恋愛
    3.77
  • 学生生活
    3.39
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

300件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      小学校、中学校、高校の教員になりたい人にとっては最高の学校だと思う。教員の就職率は全国トップレベルなので、卒業後の進路も安心できるところが凄く良いと思う。
    • 講義・授業
      講義・授業の内容についてはとてもよい。教授や講師の先生についてもとてもよい。講義中の雰囲気も最高。課題も楽なものが多い。単位も取りやすい。履修の組み方はサークルの先輩から聞くのがベスト。
    • 研究室・ゼミ
      選択するゼミによりますが、課題をやって提出さえしていればいいというゼミもあれば、ちゃんと出席して課題をきっちりこなしていないと単位がもらえないゼミもあります
    • 就職・進学
      教育大学ということもあって教員志望の学生に対してのサポートは手厚いです。ですが、他の一般大学の方が企業への就職サポートは手厚いと思うので将来教員になりたいという人にはすごくいいと思います。
    • アクセス・立地
      大阪と奈良の県境なので住んでいる場所によってはすごく交通の便利さは悪いです。近鉄一本しか通ってないというのも一因です。しかも駅から20分近く歩くのですがエスカレーターが一本しかないので急いでる時にはすごく不便です
    • 施設・設備
      キャンパスは私立大学に見劣りすることなく広く、食道関連の場所が複数あり自分の食べたいものに合わせて場所が変えられるというのがいいです。図書館もすごく広くパソコンもさわれて快適です
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      地方国公立大学にしては在校生が多くサークル活動が盛んなので、友人は広くできると思います。恋愛に関しても男女に比率にあまり広がりがないので、出会いの場は多いと思います。
    • 学生生活
      学園祭は1年に2度あり、体育祭や新入生歓迎会など大きなイベントが多々ありとても楽しいです。実行委員に入るとより充実すると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      教育大学なのでなんといっても教育実習がとても充実していて、1年次から学校見学など1年次から4年次にかけて現場の雰囲気が掴めるところが良いと思います
    投稿者ID:431081
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 教育協働学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      私は音楽表現コースの学生です。設備は、正直微妙です。練習室の数は少なくはありませんがピアノの調律が悪いので、伴奏合わせなどする場合に違和感があります。ですが学科の種類が多いこともあり様々な情報が入ってくるので音楽だけに集中して、世界が狭くなりすぎるということがありません。その点では将来のことを見据えるという意味では充実した学校であると感じます。
    • 講義・授業
      一般教養の講義は、興味を持って聞けば面白いものが多いと個人的に感じています。あまり真面目に取り組んでいない学生にとっては退屈なようです。
      教授や講師の先生に関しても、自分の意欲を見せればそれに応えてくださる先生ばかりです。当たり前ですが高校とは違い課題は各学期の最終課題(レポート等)以外はほとんどでないので、自分で学びたいことをみつけ積極的に取り組んでいく必要があります。
      単位に関しては、真面目に取り組んでいれば落とす心配はほとんどありません。言い換えれば、やるべき事さえやっていれば単位を落とす落とさないなどの無駄な心配をする必要がなく、自らのやりたいことに集中して取り組めるということです。
      どこの大学でも同じことだとは思いますが、履修はとってもややこしいです。教育免許をとる人が多いので取らねばならない講義が多く、自然と時間割はみんな同じようになっています。
    • 研究室・ゼミ
      ほぼ音大のようなものなので、「ゼミ」というものはなく専攻の先生別に「門下」というものが存在する、という形になります。大阪教育大に教えに来て下さる方はみなさん有名な楽団に所属している方ばかりなので、レッスンに関してはとても充実しています。しかし門下でのアンサンブルや、発表会、試演会などは少ないように感じます。私たち在学生が新しく始めれば良い事なのですが、「用意された本番」というものは少ないです。
    • 就職・進学
      就職、進学については、私自身まだあまり意識していないこともあり詳しく知っているという訳ではありません。ですが先輩方のお話を聞いたり様子を見たりしているとサポートが充実しているように思います。「就職支援センター」というものがあったり、講義内で自分のキャリアについて考える内容のものがあったり、1年生の内から意識を高く持っておき常にアンテナを張っておくことで4回生になった時に急に焦る、ということがどれだけ危険かということを知ることができます。また講義でグループワークをすることが多いので、初対面の人に自分の考えを簡潔に話さねばならない状況に慣れることができます。これは就職、進学において必要な、自分だけではなかなか身につけることの出来ない技術なのではないでしょうか。
    • アクセス・立地
      アクセスは悪いです。近鉄の急行が止まらず、一つ前の駅で乗り換えなければなりません。また、大学前の駅に着いてからも長い坂道のスロープを歩かないといけません。バスが出ていますが有料。そして行きはエスカレーターがありますが一人用。朝早く、夜遅くは動いていない上に、帰りは階段のみ。正直とってもしんどいです。でもいい運動になりますし、慣れたら割と平気です。
    • 施設・設備
      一般教養などで使う共通講義棟は、充実していると思います。ですが音楽棟については正直微妙です。どこの国公立大学の音楽コースも同じようなものとは聞いていますが、ピアノの調律が悪いです…。そしてこの学校の練習室は汚いです。掃除が行き届いていない上に、学生の綺麗に保とうという意識が欠けているように感じます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      たくさんの学科があり人が多い上、サークルや講義のグループワークなど出会う機会も多いです。学科内恋愛も多いと思います。(音楽コースは別れた後もアンサンブルなどしなければならないときもあり、周りが気を遣います笑)
    • 学生生活
      大学のイベントとしては、春頃に行われる五月祭と秋頃に行われる神霜祭とがあります。各々の学科やサークルが色々な出し物をして、楽しいイベントです( ¨? )
      しかし何せ立地が悪いため、他大学から沢山の人が遊びに来る、というものではありません。良くも悪くも身内のみのイベントという感じです。(受験生は来てるかもしれないですが)
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      私はまだ1回生なので、1回生のことだけ書かせていただきます。
      講義については、教員免許をとるか取らないかで大きく変わってきます。(私はとっています)
      教員免許をとる場合は、ほとんどテンプレートのようなものができているという状況です。余った少しの空きコマに取りたい講義を入れるというかたちです。
      専門の講義については、たまにシラバスと全く違う内容だったり、あまり満足いく感じではないように思います。ですが言い換えればやることを自分で選択できるということなので、必ずしもプロの奏者を目指す人ばかりではないこの学校のカリキュラムとしては最善なのかも知れません。
    投稿者ID:428628
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学校の先生を目指すに当たって、現場の先生や経験者の授業も多くありより、現場に近い内容の講義を受けることができるから。また、人数が少ない分、先輩とのつながりもあり、実習や就職のことについ相談しやすい環境であるから。
    • 講義・授業
      教育要領の改訂に携わっている先生や現場の先生や経験者の講師の先生の授業が多くあり、現場で役に立つ授業内容であることが多い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは研究したいテーマから教授が振り分ける。決定は2回生の後期である。
      3回生ではゼミ全体でプロジェクトを行い、4回生から本格的に卒論について考えはじめる。
    • 就職・進学
      教員採用試験に向けた指導は充実している。3回生後期から面接指導や筆記試験対策が始まるが、受け持つ教授は実際に採用試験に携わっていた人が多く、より実践に近い状況で教えてもらえる。
      大阪市や東京などから就職してほしいと学内説明会も積極的に行われている。
    • アクセス・立地
      大阪府内ではあるが、奈良県との境あり、大阪の市街地からは少し遠く通学に1時間以上かけている学生が大半である。
      駅から講義室までは大体15分ほどかかるがエスカレーターが混雑している際にはもう少しかかる
    • 施設・設備
      学科専用の部屋があり、そこにはグランドピアノ二台とアップライトピアノが設置されていて自由に練習をすることができる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人数が少ない学科のため同回生のつながりは強いのはもちろん、縦のつながりも強く他の大学や学科よりは親密度が深いのが良さ。
    • 学生生活
      サークルや部活動は盛んに行われており、関西大会や近畿大会に出場する部活もある。
      私自身はサークルには参加していない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生では一般教養の科目を中心に専門科目の履修があり週5日学校がある。
      2回生では一般教養は少なくなり、専門科目が増える。
      3回生では専門科目でも今までの授業を踏まえてより深く実践に近いないようとなる。
    投稿者ID:426547
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    教育学部 教育協働学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業に関してはバランスよく受けることが可能で、知識を幅広く受ける分には良い。真面目な人に向いていると思う。1番のネックは交通アクセスの悪さであり、キャンパスへ行くまでに300段以上の階段を登らなければならない。
    • 講義・授業
      情報に関する知識を身につける上での最低限の知識を得ることが可能。だが、実習などが少なく、能力の獲得には時間がかかる。
    • 研究室・ゼミ
      何か自分で作成したいものがあれば、自由に作品を作成できる。ゼミに当たりハズレがどうしても存在し、自身が志望するゼミに行けなかった場合の1年間は辛いものになる。
    • 就職・進学
      教育に関する就職に関しては問題なく強い。就職に関してもキャリアサポートセンターなどを活用し、情報収集はしやすい環境にある。
    • アクセス・立地
      大阪と奈良の県境に立地し、交通の便は悪い。また、最寄駅からキャンパスにたどり着くまで20分ほどかかり、階段が多くつらい。
    • 施設・設備
      他の大学の人の話を聞くと不便な点は多い。学内のコンビニは1つしかなく、食堂も飽きが来やすい。また図書館などの施設は良いものの、交通アクセスの悪さゆえに不便に感じることが多い
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルやクラブに所属し、交流を深めれば一般的なイメージの、人との交流は生まれる。要は自分次第でどうにでもなる。
    • 学生生活
      大学のイベントについては新入生が専攻毎に分かれ、屋台を出店する五月祭というものがあり、絆を深める機会があり、サークルやクラブ毎に出店する文化祭も楽しい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      図書館などでは勉強スペースがあり、集中しやすい。また、自習スペースは入れる人は少ないものの、友人との情報共有がしやすい。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      IT業界の総合職
    投稿者ID:427662
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      教員採用試験を受ける人にとってはとてもいい学校
      サポートが充実している。
      しかし、就職にはあまり力をいれていないように感じる。
      サークルや部活動は盛んな方だと思う。
      学内も落ち着いていて、風紀は乱れていないと思う。
      アクセスはあまり善くないので、原付か、車の免許があった方が便利だと思う。
    • 講義・授業
      講義はあまり興味のないものばかり。
      授業だけでは知識はつかないと思う。
      課題は学科によって違うが、
      文系の課題は楽だと思う。
      単位は取りやすいが、教員免許にいる単位を落とす人が多い。
      基本的に真面目に出席していれば、単位は取れる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの先生による。
      なにもしていない先生もいる。
      卒論はそんなにハードルは高くないと思う。
      ゼミの先生選びはとても重要で、一人でできないならきちんとサポートしてくれる先生を選んだら早く終わらせることができる。
    • 就職・進学
      教員採用試験の合格率は高い。
      試験に向けてのサポートが充実している反面、就職活動はあまり盛んではない。
      ほとんどの生徒が教員採用試験を受けるので、就活の情報も入ってこないし、スタートが遅れている子が多かった。
    • アクセス・立地
      立地はあまりよくない。
      駅からも徒歩で10分はかかり、山の上なのでなかなか疲れる。
      一人暮らしでは原付か車が必須だと思う。
    • 施設・設備
      施設はあまりよくない。
      国公立なので、設備もあまり十分ではない。
      図書館もあるが、小さく古い文書が多い。
      しかし、教育に関するものは充実している。
      パソコンやコピー台数は少ない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内は比較的落ち着いている。
      恋愛に関しては盛んではないように感じる。
      サークルや部活動内での交流はさかんだが、それ以外で関わりを持つことはない。
      他大学との交流も少ない。
    • 学生生活
      あまり充実していないと思う。
      大学のイベントもあまり盛り上がらない。
      田舎で人が集まらないので、内々で楽しんでいる感じがする。
      学園祭はあまり盛り上がっているのをみたことがない
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      教育学部なので、基本的には教員免許に関する授業がほとんど。
      その他、外国語や一般教養も学ぶ必要がある学科もある。
      1・2年次で、講義の授業で、3・4年次では教員免許のために教育実習や介護実習に行く。
      4年生では教員採用試験に向けての勉強か、卒論制作になる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      教育公務員
    投稿者ID:431493
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      特に教員になりたい人には絶対おすすめです。
      教員になられた先輩方がたくさんいるので総合大学にはない細かい情報まで受け取ることができます。
      サークルにはいったりボランティアをしたり、その人次第では学校生活も楽しめる学校だと思います。
    • 講義・授業
      少人数制の授業でしっかり学ぶことができます。
      教育実習も充実しており、一年次では観察実習というものもします。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは少人数で和気あいあいとした雰囲気です。
      専門的な部分まで学ぶことができ、手厚く見てもらえています。
    • 就職・進学
      教員になるためのサポートは本当に手厚いです。
      教員採用試験に向けて、一から教えてもらうことができます。
    • アクセス・立地
      とにかく駅から遠く、山の上にある学校なので立地はよくないです。はじめの頃は毎日が筋肉痛でしたがそのうち慣れます。
    • 施設・設備
      施設は国立大学ということもあり綺麗ではありません。
      ただとても広くサークルなどができるスペースはたくさんあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      これはその人次第だと思います。少人数制なのでゼミ内などでは自然と仲良くなることが出来ます。サークルもそこそこあるので入ると楽しめます。
    • 学生生活
      規模の大きいサークルに入っており、友達がたくさん増えました。毎日が充実しています。学祭は小規模ではありますが楽しいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次から教員に向けての授業をします。
      観察実習からはじまり現場での活動も多くあり、経験を積むことができます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      教員
    投稿者ID:431046
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      教育実習などの学校現場を体験する機会が多く設けられており、教員を目指す人にとってはとても勉強できるカリキュラムが組まれている。また、教科ごとの専門的な知識もつけられるため、何か得意な教科のある小学校の先生になることができる。採用試験対策などは、授業では行われないが、キャリアセンターの手厚い支援を受けることができ、また、学生間でも面接練習などを積極的に行っているため、かなり採用試験の合格率は高いと思う。授業以外でも、多くのサークル団体や部活動が活動しており、自分のやりたいことをたくさんできる学校である。
    • 講義・授業
      小学校教育に関する講義は、現場で活躍されていた先生が指導してくださる授業も多いので為になると思う。また、卒業研究を行う研究室でも、熱心に指導してくださる先生も多いので、学習や研究に取り組みやすい環境であると思う。
    • 研究室・ゼミ
      理科専攻であるため、研究室では主に実験を行っていたが、きっちり指導していただける上に、コミュニケーション力も鍛えられるため、とても充実していると思う。
    • 就職・進学
      就職に関しては主に教員になる人が多い。教員採用試験のサポートは手厚く、学生同士でも励ましあいながら取り組んでいるため、合格率は高いと思う。一般企業に就職する人も多くはないがいる。また、大学院進学を選択する人も少ないがいている。
    • アクセス・立地
      学校自体が山の上にあり、駅から20分ほど坂道を登らないといけないため、荷物の多い日や雨の日、夏などは大変である。また、電車が準急しか停まらない駅であるため、本数が少ない。
    • 施設・設備
      勉強できるスペースも多く用意されているが、夜間は鍵が閉められるなどして、使える時間は限られている。また、数は限られているが、採用試験で課されるピアノを練習できる部屋などもある。夏の間はプールも開放されるため、水泳の試験の練習も可能である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      穏やかな人が多いため、人間関係は大変作りやすい環境だと思う。学祭等で他学科と関わる機会も設けられているので、知り合いが多い。
    • 学生生活
      サークルではバンドをしていたが、学祭のステージや企画ライブで演奏しており、かなり充実していた。また、地域のお祭りなどにも呼んでいただいて、演奏することもあった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は主に小学校各教科の基礎を学ぶ。また、小学校で2日間体験実習を行う。2年次では小学校各教科で指導案作成や模擬授業を行う。3年次には専門科目を中心に学ぶ。また、秋に1ヶ月間の基本教育実習を行う。4年次は各配属先研究室で卒業研究に取り組む。副免許を取る場合には2週間の教育実習を行う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      他大学の大学院への進学
    投稿者ID:431042
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      特別支援教育教員養成課程では全国でも珍しい障害の5領域全てを学ぶことができる。また、幼稚園免許も取得できるので、教員になる上で役立つ学びができる。
      将来を見据えて、実践的な学習、講義も多い。
    • 講義・授業
      アクティブラーニングを取り入れた、活発な授業が多い。
      講義中は、まじめに受講している人が多いので、静かで集中して講義を聞くことができる。
      単位は、取りやすい方だと思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3回生からはじまるので、よくわからない。
      学科によっては、ゼミにとってもらえないこともあるらしい。成績が、関係していると聞いたこともある。
      特別支援教育は、それぞれのゼミの特徴があるのでそれに合わせてゼミ訪問に行くところから始まる。
    • 就職・進学
      教員になる人が圧倒的に多い。教員採用率は全国でもトップレベル。逆に、一般企業に就職するならば、自分で動かなければならない。大学院へ進学する人もいる。
    • アクセス・立地
      山奥にある。駅からも遠い。坂と階段が多い。周りになにもない。住んでいる人が多いのは、大学の最寄りの一駅手前の河内国分や、近鉄大阪線沿いの八尾、高安、法善寺など。難波へのアクセスはしやすい。
    • 施設・設備
      道具や設備は揃っている。ICTを用いた授業を行える、タブレット端末があったり、フリーWi-Fiがあったりする。
      図書館も大きい。
      バリアフリーも進んでいる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係が良好。学科内は特に仲良くなりやすい。学内恋愛もある。学科内、サークル内カップルがある。
      サークル内は仲がいい。先輩後輩も仲がいい。
      総合大学ではないので、人が多すぎず、顔を覚えやすい。
    • 学生生活
      サークルについては、今はイマイチ盛り上がっていないが、これから変えて行きたいと考えている。
      大学のイベントは年に二回ある。五月祭と神霜祭である。どちらもたのしい。神霜祭ではお笑い芸人が来たりする。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一回生では、教育とは。といった、概論を学ぶ。
      二回生では、少し特別支援教育の専門的な部分に入る。
      三回生では、付属の小学校と、特別支援学校に教育実習に行く。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      未定です
    投稿者ID:426517
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      カリキュラムを組むときに1年目は決められたものが多いですが、2年目からは自分の興味関心のあるものを受講できていたと思います。先生になりたい人だけでなく、人の成長についてだとか、英語圏での常識だとか、一般教養も深められます。ただ、特に大講義室では堕落した人も目につくので、流されずに自分の学を深めるといいです。図書館も食堂も充実していますよ。
    • 講義・授業
      講義内容はその分野に特化した先生なので、新しい発見があり、面白かったです。ただ、レポートを書かせて単位を取らせるのに必死だったり、女性に対して偏見のある先生もいてがっかりすることもありました。自分の目で確かめ、必要なければ単位を切り捨てることも考えてもいいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミでは特に興味関心のあることを深めていけるので楽しかった記憶があります。ゼミ生と研究を深めるのに、教授は存分に活用させてもらうこと。ゼミ生の中には現職の方もいらっしゃるのでどんどん質問して、卒業後の職場について聞いたらいいと思います。みんな優しく丁寧にこたえてくれました。
    • 就職・進学
      教員採用試験を受けるなら関西でトップクラスのサポートだと思います。同じ地域の試験を受ける仲間同士での情報交換や面接練習。進路サポートの先生による面接練習を繰り返し、本番では面接を楽しめるまで成長しました。
    • アクセス・立地
      最寄駅は近鉄 大阪教育大前駅。各停しか止まらず、鶴橋からもまぁまぁ遠いです。学校の周りは国の公園?に指定されていてコンビニも何にもありません。隣駅の国分に行けばコンビニや少しの居酒屋さんくらいならあった気がしますが…とにかくなにもない場所です。
    • 施設・設備
      学科で使う棟がだいたい決まっていますが、狭くて古い印象です。狭いのが冬場困ったのと、古いので機械や教材が使えなかったり足りなかったりしたことがちょくちょくありました。皆さん穏やかなので怒りませんが(笑)図書館は比較的綺麗でおおきいです。ただ勉強する人で机は取り合いですね。予約すれば図書館内の個室が借りられます。PC部屋もあり、予約すれば使えます。レポート提出時期は大混雑です。サークル棟も恐ろしく汚いですが、みんな物置にしたりして、だいたいは講義室を借りて活動しています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の方は個性的な人も多いですが、皆基本的には子供好きで穏やか、のんびりな感じです。サークルも仲良く活動しているところが多いです。私立ほど派手ではないので学祭もこじんまりしていますが…。恋愛している人もたくさんいて、卒業後結婚した友人や先輩方も何名かいます。
    • 学生生活
      サークル自体はそれほど大きな活動はしていませんが、個々に楽しんでいたのではないかなあと思います。サークルのお陰で学科を超えての知り合いがたくさんできて、それぞれが繋がっていたように思います。バイトは自分で探す人が多いですが、事務で家庭教師のバイトも募集しています。かなり高学歴の子供の指導なので私はできませんでしたが、かなり高収入なバイトでした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養がほとんどです。2年次からそれぞれの過程の専門分野と、小学校教育なら小学校の科目全ての授業が必要です。習字とか、家庭科とか、道具が必要な科目は貸し借りしあったり、実家から引っ張り出してきたりしてみんな用意してました。3年次からは専門分野の授業が増えて、秋には1ヶ月の教育実習があります。4年次はゼミと採用試験の勉強や面接練習です。採用試験は秋に合格発表があり、その後ゼミの卒論に集中して卒業という流れです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      特別支援学校の教員
    投稿者ID:430017
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 初等教育教員養成課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      毎日充実しててとても楽しいです。アクセスが悪く通学は少ししんどいです。また設備も古いので綺麗なわけではありません。さらに、棟によってトイレの綺麗さが全然違うところが気になります。
    • 講義・授業
      まだ1年間しか授業を受けていませんが、この1年間は専門的な授業は少なかったです。専門的な知識を求めて来ているので、もう少し専門的な授業があってもいいのになと思っていました。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはまだ始まっていません。先輩方を見ていると自分たちが興味のある分野について深めれるので楽しそうです。
    • 就職・進学
      入学した時からすでに教師になる道が決まっているような感じです。私はもう教師になることしか考えていないので、さぽーと
    • アクセス・立地
      駅から坂を登らなければいけません。エスカレーターが1列しかないので、朝すごい混みます。歩いて登ることもできません。さらに駅に止まる電車の本数も少ないです。
    • 施設・設備
      使えるピアノの台数が限られていて練習したい時にできないことが多いです。また教員養成課程の棟はとにかくトイレが汚いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      周りのみんなも同じように教師を目指している人が多く、将来の話をするのが楽しいです。また教師を目指しているだけあってコミュニケーション能力が高い人が多いので話も弾みます。
    • 学生生活
      休みが少なくなかなか遊べませんがか、少ない休みの中で精一杯遊んだり働いて、部活もちゃんと頑張ることにとても充実感を感じています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      基本的に幼児関係のことについて学びます。その他にも小学校教諭の免許を取るための授業や一般教養の免許があります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      幼稚園教諭になってみせます。
    投稿者ID:430856
    この口コミは参考になりましたか?
300件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

大阪府で評判が良い大学

大阪府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  大阪府の大学   >>  大阪教育大学   >>  口コミ

大阪教育大学の学部

オススメの大学

東京学芸大学
東京学芸大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (323件)
東京都/国立
岩手大学
岩手大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.82 (269件)
岩手県/国立
埼玉大学
埼玉大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.77 (380件)
埼玉県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。