みんなの大学情報TOP   >>  大阪府の大学   >>  大阪教育大学   >>  口コミ

大阪教育大学
出典:Osakakyoikuuni.
大阪教育大学
(おおさかきょういくだいがく)

大阪府 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0 - 55.0

口コミ:★★★★☆

3.93

(354)

大阪教育大学 口コミ

★★★★☆ 3.93
(354) 国立内66 / 169校中
学部絞込
3541-10件を表示
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    教育学部学校教育教員養成課程の評価
    • 総合評価
      普通
      国語科に所属しているが、志望したことを後悔している。専門科目の選択は慎重にするべき。
    • 講義・授業
      普通
      学科ごとの勉強が多く、教員になりたいという理由から、強いて言えばこの学科の専門になりたいという甘い考えではしんどい。教員になりたいがなんの専門がいいかと悩む場合は、学校教育、小学校昼間コースを志望した方が良いと思う。また、通学に時間がかかる、山頂に学校があるため、とても暑い等周辺アクセスは問題が多い。
    • 就職・進学
      良い
      教員採用試験に関するサポートはしっかりしており、1回生の頃から、たくさんのお知らせがメールで届いていた。
    • アクセス・立地
      悪い
      近鉄の本数が少ない、すぐ遅延するなど問題が多い。また、学校も近鉄が止まらない限り休校にならない。駅から遠い、暑い、周辺になにもない。
    • 施設・設備
      悪い
      どの大学も同じかもしれないが、棟の移動がめんどくさい。生協などのコンビニが1つしかない。学食は3つあるが、どこも狭いため混んでいる。
    • 友人・恋愛
      良い
      教育大学ということもあり、人間関係の形成に問題を持つ人は少ないように感じる。
    • 学生生活
      普通
      学祭の規模が小さい。さほどの有名校でもないので来客が少なく、身内の学祭という感じ。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      教員になるための知識をつける授業、授業の構成を考えたり実践する。また、専門科目に関して研究する。教材研究、模擬授業、指導案作りでバタバタする学生が多い。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      決まっていない。
    • 志望動機
      子供に関わる仕事がしたいと思い、教育大学を志望した。教育大学の中でも、教員採用率1位の大阪教育大学を志望した。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:537562
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    教育学部学校教育教員養成課程の評価
    • 総合評価
      普通
      講義を真面目に受ける人はいい大学だと思う。実習先の先生方にも比較的評判がいい。ただ、講義中は学生のおしゃべりでとてもうるさい。小学生のような注意がされることもしばしば。
    • 講義・授業
      普通
      まずは立地があまり良くない。自然豊かと言えば聞こえはいいが、駅から講義室まで20分近くかかる。遠すぎる。 でも、講義の内容とか実習の多さ、ボランティアの多さとかはすごくいいと思う。実習とかボランティアは現役の教員の方と人脈を持てるし、実践的な色々なことを親身に教えてくれる。
    • 就職・進学
      良い
      3回生の夏あたりからセミナーやガイダンスがあり、実習の前後や教員採用試験のサポートはとても手厚いと思う。また、多くの先輩が企業に就職したり、採用試験に合格しているので実績も良いと思う。
    • アクセス・立地
      悪い
      自然豊かというのを謳っているが、とにかくアクセスが悪い。駅から講義室まで20分近くかかる。エスカレーターが故障してしまえば、200段くらい階段を登ることになる。昼休みに学校の外の定食屋でご飯食べるとかまずできないです。
    • 施設・設備
      悪い
      電子黒板がない。そういう電子機器が少ないような気がする。講義室によって使いにくさもある。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルや部活に所属する人が7割くらいいるので、交友関係は広がりやすいと思う。逆に、そういうのに所属していないと学科内だけでしか交友関係が持てないかも。学科は10人?50人くらいだから親密な関係を築くことができる。
    • 学生生活
      良い
      サークルや部活が活発だと思う。よく学校でイベントなどのチラシ配りをしてるので。学祭が年に2回あるが、ちょっと、いや、かなり規模が小さいと思う。アクセスが悪いのもあって、当日係や部活などで行く人以外はほとんど行かない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      学科によって忙しさはさまざま。行く学科によって時間に余裕ができるかどうかも全然違う。講義については必修科目が多く、自分が受けたい講義は必然的に3、4回生に受けることになる。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      大阪か地元で教員になろうと思っている
    • 志望動機
      小学校の教員を目指す学科で、中学校教員と同じ専門教科を勉強したかったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:533940
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2018年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    教育学部学校教育教員養成課程の評価
    • 総合評価
      普通
      音大ではないので、ピアノの練習室が少ないかなと思います。
      どの生徒も真剣に学びたいと思い、受験してきているので、とても良い環境です。
      就職は結構良いところを狙えるそうです。
      教員免許も取得できる点が強みだと思います。
      ちなみにサークルもたくさんあります。
    • 講義・授業
      良い
      授業が豊富で、身になります。
    • 就職・進学
      良い
      頻繁に学校からのメールが届きます。
      一般就職や教職対策(面接や筆記など)が充実していて、安心できます。
      きちんとサポートしていただけます。
    • アクセス・立地
      悪い
      天王寺キャンパスと柏原キャンパスがありますが、基本的に多くの生徒は柏原キャンパスの方を利用することになります。
      柏原キャンパスは、山を切り開いたところに建っている大学です。
      ただ、景色と空気は綺麗です(笑)
      登りはエスカレーターがあります。
      下りは階段か坂道です。
      虫が苦手な方はご注意ください…
    • 施設・設備
      良い
      校舎内にはエレベーターがあります。
      国立のそれなりに大きな大学なので、学部や校舎もたくさんあります。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:477058
  • 男性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    教育学部学校教育教員養成課程の評価
    • 総合評価
      良い
      教員を目指す学生さんにはとても良い学校だと思います。周りのみんなも教員を目指しているので、雰囲気がいいです。
    • 講義・授業
      悪い
      教育系の科目には力を入れているようです。各教科の専門科目については、取り扱う内容が膨大すぎるためか少し内容が薄いかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミには普通の専門科目のゼミに加えて、各専攻教科の教育法を学ぶゼミもあります。これは教員養成系大学ならではのことです。
    • 就職・進学
      良い
      教員を目指している方にはもちろん、公務員・一般企業を目指している方にもとても厚い支援が待っています。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅は、その名のまま、近鉄大阪線の大阪教育大前駅です。田舎であることに間違いはありません。
    • 施設・設備
      普通
      国立大学なので、施設はあまり期待しないほうがいいかもしれません。しかし、各教科ごとの施設は充実しています。
    • 友人・恋愛
      良い
      同じ進路希望をもった人たちが集まっている大学なので、特に興味のある範囲が類似している学科の人とは仲良くなれます。
    • 学生生活
      良い
      サークルはさまざまです。一般の部活に加えて教育大ならではの、教材研究部などがあります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1.2回生ではその教科の基礎を固め、3.4回生で絞って深めます。教育系科目も、積立型をとっており、1回で教職入門実習、2回で介護等体験、3回で基本実習、4回で併修実習というように、段階を踏んで、経験を積むことができます。他大学の教員課程よりも一年ずつ早いカリキュラムです。
    • 就職先・進学先
      大阪市教育委員会 大阪府教育委員会 兵庫県教育委員会
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:493830
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    教育学部学校教育教員養成課程の評価
    • 総合評価
      良い
      教員を志望する学生にとってはもちろん、そうではない人にとってもいい学校だと思います。般教に元大阪教育大生の方のお話を聞ける授業が2つあるなど、将来のことをずっと意識していけます。大阪教育大学は教育大には珍しく、教育協働学部という教員免許の取得が卒業要件ではない学部があります。つまり、企業志望の学生が半数くらいはいる、ということです。サークルなどで関わり、視野がとても広がります。もちろん、教育大ですので教職に関する情報は沢山回ってきます。教採の説明会が秋には頻繁に行われ、自分の希望にあった都道府県を早い段階から意識できます。 私は音楽教員志望ですが、ソルフェージュの先生は、とても有名な方です。おっしゃること、求められることはとても難しいことですが、自分の力になっていると日々実感しています。最近では管楽器専攻の受験も始まるなど、多角的になっています。 就職活動は西日本の小中学校を中心に公務員、一般企業は教育補助系から医療系まで多岐に渡っています。 サークル、部活も豊富で、楽しく充実したキャンパスライフを送ることができます。
    • 講義・授業
      良い
      とても充実しています。私は音楽教員志望ですが、どういう風に教えるのか、専門教科としてどのように向き合っていくか、学科必修では常に考えさせられます。反対に一般教科では、他学科、他学部の人とコミュニケーションをとる授業が多く、ディスカッションでは自分の視野の狭さに気づきます。 ゲストティーチャーとして教員、公務員、一般企業に勤める方、と沢山の方のお話を聞く機会がとても多いです。教育とキャリアという分野と般教は、社会に出てから役に立つ授業がとても多いです。また、自分自身の人間性を養えるような内容が多く、毎回新しいこと、足りないことに、気づけます。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      私は一回生で、まだゼミが始まっていません。そのため、良いとも悪いとも言えず、3、としました。3回生後期から開講されるはずなので、2年後またアンケートがありましたら、お答えしたいです。
    • 就職・進学
      良い
      教員に関しては、西日本を中心に国公立、私立共にとても高い就職実績があります。中でも大阪府、大阪市は全体の40%、20%を占めます。学校インターンシップは電話の掛け方から、面接の練習まで細かく教えていただけます。 現在、教員採用人数は減少傾向にあり、うかうかしてはいられませんが、それを包み隠さず、一回生の最初から伝えてもらえるので、こちらとしても覚悟を決めやすいですし、迷う時間も沢山できます。
    • アクセス・立地
      悪い
      正直、あまり通いやすい大学ではないです。最寄駅は近鉄大阪線大阪教育大前駅ですが、急行が止まりません。15分に一回くらいしか電車が来ないです。また、超山の中です。猪が出るくらいには山です。駅から登山を10分くらいして(一応エレベーターありますが、時々止まります)やっと一番近い棟に着きます。大阪教育大前駅じゃなくて大阪教育大(ふもと)駅だよね、とみんなで噂するレベルです。
    • 施設・設備
      良い
      施設はとても綺麗で、充実しています。学校教育専攻の学生が使えるピアノの練習室が約30程あり、基本解放されています。体育館はアリーナが3つあり、グラウンドも広く、練習に励めます。
    • 友人・恋愛
      良い
      今はまだですが、先輩たちはかなりいます。学科や部活は一緒にいる時間が長いので、その中で好い仲に発展することが多いようです。
    • 学生生活
      良い
      サークルはおよそ3?40くらいあると言われていて、軽音だけでも四つあるなど、自分のやりたいこと、スタイルに合わせて選べます。神霜祭ではサークルの出し物が沢山出ます。屋台からコンサートまで多岐にわたります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一回生では声楽、ピアノは基礎を固めます。音楽学などの座学など、教育免許の試験に出るような内容を勉強します。二回生では、声楽やピアノはより専門的になり、また介護実習や学校インターンシップなど教職実習に向けての内容が増えます。3回生ではついに教職実習です。9月の間、いずれかの小中学校にお世話になり、実際に教師として活動されている方について学びます。4回生ではゼミが始まります。卒業論文や教採など、卒業また将来に向けての準備を進めていきます。
    • 就職先・進学先
      まだ全然先のことなのですが、近畿圏内の中学、高校の教員になりたいと思います。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:492677
  • 女性在校生
    教育学部 教育協働学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    教育学部教育協働学科の評価
    • 総合評価
      良い
      教育者になるために必要な知識を様々な方から学べるし、部活との両立もできる。障害のことや、人権のことについて、今まではなかった方面からのアプローチをすることができる。
    • 講義・授業
      良い
      様々なゲストの方をよんでの講義が多くあり、現場の生の声や、当事者の声をたくさん聞くことができる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      自分の興味のある研究が多くできる。ゼミの先生方が、自分の主としているものを紹介してくれ、しっかり考えて選べる。
    • 就職・進学
      良い
      キャリア支援センターがあり、わからないことや、困ったことがあったらすぐに相談できる環境が整っている。
    • アクセス・立地
      良い
      大阪教育大前という駅があるが、そこからキャンパスまで15分くらい坂を登らなければならない。大変だ。
    • 施設・設備
      良い
      食堂やコンビニが綺麗で、講義室も広いところから、教室くらいの大きさのものまで、様々あり、学びやすい。
    • 友人・恋愛
      良い
      みんな仲良く、広いコミュニティができている。授業の中でも、近くの人との話し合いの機会も多くあるので、いろんな人と話すことができる。
    • 学生生活
      良い
      体育会系からサークルまで様々な活動が行われている。体育会であっても、しっかり休みがあり、楽しく参加できる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      人権や、差別偏見についてはもちろん、基礎教養や、専門的なことまで多く学ぶことができる。実習も多くあり、現場で必要な知識や技術を身につけられる。
    • 就職先・進学先
      教員
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:491006
  • 女性在校生
    教育学部 教育協働学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    教育学部教育協働学科の評価
    • 総合評価
      良い
      教員になるためには何必要なのかが4年間を通して学ぶことができる。また教育実習だけでなく学校インターンというものもある。学校インターンというのは自分の学部では2回前期から行えるものである。週に一度ほと小学校や中学校に行き先生のお手伝いをしたり児童生徒と休み時間を共にするものであり、もちろん単位認定もある。教育実習に行く前にこのようなことを経験することは、経験していないのと比べてかなり違うものになる、
    • 講義・授業
      良い
      親身になってくれる教授が多い。
      しかし中には冷たい人もいる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3回からゼミが始まる。
      自分の関心のあるゼミを選ぶことができる。
      先輩からゼミの先生について聞いておくこともカギである。
    • 就職・進学
      良い
      サポート活動がとても充実している、
      頻繁に説明会も行われており相談もしやすい環境であると感じる。
    • アクセス・立地
      悪い
      立地としては正直に言うと悪い。
      最寄りの駅から徒歩20分はかかる。
      しかも階段や坂も多いため、特に夏は学校に行くまでに汗をかく。
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中5人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:485900
  • 男性在校生
    教育学部 【募集停止】幼稚園教諭養成課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    教育学部【募集停止】幼稚園教諭養成課程の評価
    • 総合評価
      普通
      山の中でしかない。登るの大変。先生も癖が強いし、実際学校という現場に出て生きていくような人ではないので、学生への連絡は曖昧でしかないし、お礼状をインターンシップ側の学校に出さないといけなくても、もう1ヶ月以上インターンシップが終わってたっているが、もはら急かされないし、メールもこない。レジュメを配る先生と面倒くさいからと配らない先生がいる。レジュメを配らない先生は、携帯電話で写真を撮って構いません。というけど、それが学生にとってとてもめんどくさいということをわかってない。もともと書かれてるレジュメに先生の言ったことをすこしメモする程度でいいと思うのですが、授業のうまい下手も目に見えてわかるし、下手な先生は聞く気にならない。周りから頭いいと言われるが、どこが頭いいかわからないし、頭いい人もいれば、頭良くない人も本当に格差がすごい。学科によっては小学校のみしか、免許取れなかったりするから、中高取りたい人は他の大学に行くこともおすすめ。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:478959
  • 男性在校生
    教育学部 教育協働学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 1]
    教育学部教育協働学科の評価
    • 総合評価
      普通
      教員になりたあと思っている人は教育協働学科はお勧めしません。周りがそうでない人が多いので、影響されてしまいます。
    • 講義・授業
      普通
      先生によっての授業の面白さのムラが激しいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミに関しては、国公立にしては沢山ある方です。
      人気なゼミになってくると、抽選になってしまいそれに落ちると後回しの候補に回されるので、注意が必要です。
    • 就職・進学
      普通
      教師以外にも、公務員、企業などにも全然就職することができます!
    • アクセス・立地
      悪い
      不便です。
      田舎の方まで出てきて、最寄駅に着いてからも、長い登山があります。階段もたくさんあり夏は暑く冬は山なので寒く大変です。
    • 施設・設備
      普通
      敷地自体は広いのですが校舎は狭いかなと思います。
      グラウンドに行くまでも遠い気がします。
      食堂は3つありますが毎日盛況しています。
      ただ、コンビニが生協が経営しているもの1つだけでとても不便です。
    • 友人・恋愛
      良い
      友人関係、恋愛関係共に充実していると思います。
      サークル、部内、他学科の人などたくさんの人と出会いがありますが、やっぱりその人次第ですね笑。
    • 学生生活
      悪い
      サークルの質はあまり悪くありませんが、学祭などのイベントが内輪だけの盛り上がりで、他の大学の人はあまり楽しいと思える内容ではありません。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      企業就職を希望してます。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:470562
  • 男性在校生
    教育学部第二部 小学校教員養成課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    教育学部第二部小学校教員養成課程の評価
    • 総合評価
      良い
      大好きな学校です。先生も仲間もみんな大好き。体育が好きなのもあってもっと上手くなりたいと思い入学しました。
      学校があるから今の僕がいます。感謝の気持ちでいっぱいです。
    • 講義・授業
      良い
      大好きです。どの学科もわかりやすく万が一わからない時は理解するまで教えてくれるのがいい所だとおもいます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      いいと思います。
      研究しつをあたらしくしてほしいのがありますが、ゼミはだいまんぞくしてます
    • 就職・進学
      良い
      いいと思います。サポートは十分で、就職は、みんなおおてきぎょうにはいっており、とてもいいとおもいます
    • アクセス・立地
      良い
      遠いけど、学校のためなら足が勝手に進みます
      しゅうへんにはみせなどいろんなのがあり、すべてがたのしいです。
    • 施設・設備
      良い
      いいと思います
      なにかがあったら、すぐ避難したりできるのでとてもいいと思うし頑丈なのでいいとおもいます
    • 友人・恋愛
      良い
      みんな大好き。
    • 学生生活
      良い
      すごく充実しています。
      何もかもが楽しくて仕方ないです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      大人になるための1歩だと思っています。
      まともな大人になるための。
    • 就職先・進学先
      決まってないです
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:469746
3541-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 大阪府 柏原市旭ヶ丘4-698-1
最寄駅 近鉄大阪線 大阪教育大前
電話番号 072-976-3211
学部 教育学部、 教育学部第二部
概要 大阪教育大学は、大阪に本部を置く国立大学です。通称は「大教大(だいきょうだい)」。1949年に、大阪第一師範学校、大阪第二師範学校を母体として開学しました。日本の国立大学で、教員養成の5年制夜間学部を持つ唯一の大学です。西日本最大の教育大学と呼ばれ、多くの教員を養成しています。学部としては、4つの教員養成課程と教養課程、専攻科があります。 キャンパスは柏原と天王寺の2か所。どちらキャンパスも駅から徒歩圏内にあり、通いやすい位置にあります。様々な情報収集に役立つ附属図書館、洋食教育研究や保健、国際などの分野ごとに設置された学内センター、学生支援ルームなど、教員を養成するための設備が充実しています。

みんなの大学情報TOP   >>  大阪府の大学   >>  大阪教育大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
摂南大学

摂南大学

47.5 - 55.0

★★★★☆ 3.55 (203件)
大阪府寝屋川市/寝屋川市駅
大和大学

大和大学

45.0 - 55.0

★★★☆☆ 3.47 (32件)
大阪府吹田市/吹田駅
玉川大学

玉川大学

37.5 - 55.0

★★★★☆ 3.73 (326件)
東京都町田市/玉川学園前駅
理系のオススメ大学
津田塾大学

津田塾大学

50.0 - 60.0

★★★★☆ 4.12 (262件)
東京都小平市/鷹の台駅
中京大学

中京大学

47.5 - 57.5

★★★★☆ 3.74 (581件)
愛知県名古屋市昭和区/八事駅
名古屋学芸大学

名古屋学芸大学

45.0 - 55.0

★★★★☆ 4.11 (180件)
愛知県日進市/杁ヶ池公園駅

大阪教育大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。