みんなの大学情報TOP   >>  熊本県の大学   >>  熊本大学   >>  薬学部   >>  口コミ

熊本大学
出典:MK Products
熊本大学
(くまもとだいがく)

熊本県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

3.86

(384)

薬学部 口コミ

★★★☆☆ 3.47
(16) 国立大学 539 / 558学部中
学部絞込
学科絞込
161-10件を表示
  • 男性在校生
    薬学部 創薬・生命薬科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    薬学部創薬・生命薬科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      薬学科にも言えることだがとても授業や実習が多い。また、薬学部はとても閉鎖的な学部であり、学部外との交流も少なく、薬学部以外のことを考慮していない人も多い。
    • 講義・授業
      普通
      授業数は多い。科目間での情報共有が不十分だと感じる。いくつもの科目で、同じよう内容を扱うことがある。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室配属は成績順に希望を優先するので公平だと思う。研究の時間は長いので、研究したい人には良いと思う。
    • 就職・進学
      良い
      ホームページなどで公開されている就職や進学の実績は毎年良い。また、大きな企業に採用された人も多少いる。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄り駅からは歩いてすぐであり、通学は便利である。コンビニやスーパーなどの買い物する場所もそろっている。
    • 施設・設備
      良い
      建物は古いがよく掃除されている。薬学部の薬草園もあり、研究施設は十分に感じる。図書館の開館時間は短い。
    • 友人・恋愛
      悪い
      薬学部はとても閉鎖的な場所なので交友関係は狭く感じる。他の学部と関わることは難しい。薬学部内では友人ができやすい。
    • 学生生活
      悪い
      そもそも部活やサークルが不十分である。ほぼ全て学生は薬学部の部活に入っている。他の学部の部活やサークルに参加する人は少ない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年は関係のない教養科目や、基礎科学ばかりをやる。2年以降になると、徐々に臨床的な内容が増えてくる。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:409406
  • 男性在校生
    薬学部 創薬・生命薬科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    薬学部創薬・生命薬科学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      創薬生命薬科学科だけでなく、薬学科にも言えることだが、薬学部はとても閉鎖的な学部だと思われる。他の学部との交流はほぼ無い。また、カリキュラムが詰め込まれており、本気で研究したい人以外にはむかないと思う。
    • 講義・授業
      普通
      科目ごとの情報伝達が不十分だと感じる。いくつかの科目で同じような内容を扱うことがある。他の科目と同じ日にテストをすることもある。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室配属の希望は成績順で決められるので公平だと思う。3年の春から配属されるので、研究期間が長くなるので研究がしたい人には良いと思う。
    • 就職・進学
      良い
      ホームページなどで就職、進学状況が公開されており、毎年ほぼ全ての学生の進路が決まっていた。また、大きな企業に就職した結果も多少あった。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄り駅から歩いてすぐであり、周辺にはコンビニやスーパーなどの買い物する場所や、学生の一人暮らしに良い物件がある。
    • 施設・設備
      良い
      研究用の設備は充実していると感じる。講義室やトイレは少々古いが掃除はされている。また、新しい棟の建設もされている。
    • 友人・恋愛
      普通
      薬学部は閉鎖的な学部であり、人間関係は限られている。交友を広めたければ、他の学部のサークルやバイトに所属するべきだと思う。
    • 学生生活
      普通
      2年以降は実習や研究などが多くなり、バイトや趣味をする時間は減ってくる。サークルなどに参加する人も進級するにつれ減ってくる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年は週3日は薬学に関係のない教養科目をする。薬学部の専門の科目は初めは基礎科学が多く、進級するにつれ臨床的な内容が増えてくる。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:414682
  • 男性在校生
    薬学部 創薬・生命薬科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    薬学部創薬・生命薬科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      コアカリに沿って授業カリキュラムが組まれているので薬学科ありきな雰囲気はある。授業自体はほとんどが薬学科と創薬・生命薬科学科で同じであるので薬学部として交流は深まる。
      また、研究室が3年からと早い段階で研究に取り組めるのは魅力的である黒髪キャンパスとの兼ね合いだが、少々距離があるので1年次に教養科目で必要以上に単位を落としてしまうと、2年次からの回収がかなり厳しくなってしまうので要注意である。上記の通り3年次から研究室に配属されるため3年からは黒髪キャンパスに行くことはなくなる。
    • 講義・授業
      良い
      有機化学系の教授は東京大学出身、生化学系の教授は京都大学出身と言われている。
      授業自体のクオリティはそれほど低くないように感じる。
    • 施設・設備
      普通
      正直なところ、大江キャンパスは黒髪キャンパスに比べると大学の設備としてかなり貧弱に思える。生協、図書館、その他もろもろであるが、もう少し大きくてもよかったのではないかと思う。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:334350
  • 男性在校生
    薬学部 創薬・生命薬科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    薬学部創薬・生命薬科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      熊本大学は、薬学部だけのキャンパスがあるため他大学に比べると設備が充実しています。薬草園や記念館もあり、薬の勉強をしたい、と思っている学生には良い環境であると思います。しかし、薬学部だけのキャンパスであるため、少しさみしいと思うことはあります。
    • 講義・授業
      普通
      わかりやすい教授は分かりやすいです。医学部の教授も来て授業してくれることもあります。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室は3年生からの配属になり、創薬生命薬科学科から成績順に入りたいところを希望し、1つの研究室に薬学科合わせて0~4人ほど配属されます。研究室のジャンルは様々なので、自分のやりたいところを希望できます。
      マウスを使うところがおおいため、動物が苦手なかたは選択肢が減る可能性があります。また、研究室事に活動時間が異なるため、朝型のところは7時頃から始まりますし、夜型のところは10時頃まで研究する、という感じになります。ブラックな研究室は日をまたぐことが多いようです。
      また、1.2年生のように夏休みがあったりはしないです。
    • 就職・進学
      悪い
      先輩方の話によると、院生の就職先には大手の方もいるようですし、薬剤師や、研究職だけでなく科捜研や県庁に務める方もいらっしゃいます。しかし、国試対策はあまり行わないようで、個人次第になるようです。
      創薬生命薬科学科は大学院に行かないとあまり良い就職先には務められないと感じます。
    • アクセス・立地
      良い
      街からほんの少し離れたところであるため、お店も多く、交通の便もよいです。市電の駅が目の前であり、かつJRの駅も少し歩けばあるので、とても良いと思います。
    • 施設・設備
      良い
      先程も述べたように薬学部だけのキャンパスのため、設備はよいです。
      他大学があまり持ってないような機会があったり、機会の台数も多くあるようです。
    • 友人・恋愛
      悪い
      薬学部の部活やサークルがあるため、薬学部内の仲は先輩や後輩とも良くなります。また、教授も飲み会に参加するため、教授とも仲良くなれます。しかし、薬学部内だけの部活なので他学部との繋がりがほとんどなく、他学部の友達を作る機会はあまりないです。
    • 学生生活
      悪い
      学祭は他学部とは別に行うため、小さく、あまり楽しくないように感じます。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:322177
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      熊本大学薬学部の魅力は研究でもあるが、研究が他の大学の薬学部、また他学部に比較して大変すぎて国試やCBTなどの学業や部活、バイトに勤しむ時間が限られる
    • 講義・授業
      普通
      先生によりけり
    • 研究室・ゼミ
      普通
      希望した研究室に入れるかどうかは成績順位次第で、二年次までの成績が反映され、2年後期に希望調査と順位の発表があり、三年次から6年次まで研究室に配属され四年間研究室に縛られる生活に。充実しすぎている。研究したい人にはとても向いていていい環境。免許だけ取りたい人にとっては億劫。
    • 就職・進学
      良い
      研究頑張ってればいいとこいける。
    • アクセス・立地
      普通
      街には近いが、一二年次は薬学部キャンパスと黒髪キャンパス行き来しなくてはならず面倒。薬学部キャンパス自体は街に近かったり店や市電など便利ではある。
    • 施設・設備
      悪い
      割と古い。地震でちょっと色々あったし。研究に使われる機械は結構いいものが多いからやっぱ研究にはいい。
    • 友人・恋愛
      悪い
      学部内での出会いにとどまる部分が多い。
    • 学生生活
      悪い
      学部内サークルもあって学部内での縦のつながりは強いが、学部外との交流は少ない。自ら意思があって交流を深めたくて本学のサークルに通うひとも少なくはない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年 2年 基礎、教養
      3年 応用基礎
      4年 実践的な内容に CBT OSCE
      5年 病院、薬局実習、ポリクリ
      6年 卒論 国試対策
      3~6年 研究
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:386402
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年09月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      とてもいい学校です!専門知識から詳しく学ぶことができるので、着々と実力を付けていくことができます。並行してバイトなども忙しいですがでしますよ!
    • 講義・授業
      良い
      とても充実しています。他の学科に比べて学ぶ量などは多いですが、さまざまな教授からの刺激でそのようなものは一切感じていません。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      施設・設備はとても揃っていて、ゼミは教授の詳しい説明を聞くことができるのでとても良いです。
    • 就職・進学
      良い
      薬学部は6年間とゆう、他の学科に比べて学ぶ期間は長いですが、その分、色々なことが身につくので就職後も安心して仕事が出来ると思います。
    • アクセス・立地
      良い
      近くにアパートやマンションもあるので、また交通網も整ってるので、大変いいかと思います。
    • 施設・設備
      良い
      学校の施設は比較的に新しく、だれでもりょうできるようなつくりになっています。研究室は最新の設備を調えており、ほかの大学よりも自分の関心に沿った研究ができるのがいい所だと思います。
    • 友人・恋愛
      良い
      結構リア充もいますよ(笑)
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:366620
  • 男性在校生
    薬学部 創薬・生命薬科学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    薬学部創薬・生命薬科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      すごく充実した毎日を過ごすことができてます。それもこれも熊本大学の素晴らしい環境があってのことだと感じています。
    • 講義・授業
      普通
      声が小さくてわかりにくかったり、字が小さくて板書できないということはありますが、どの講義も専門性が高く勉強して楽しいと感じるものばかりです
    • 研究室・ゼミ
      普通
      三年生から研究室配属が行われます。まだ配属されていないので特にありません。
    • 就職・進学
      良い
      さまざまな大手の製薬会社への就職実績があります。
    • アクセス・立地
      普通
      身の回りにスーパーやコンビニなどがたくさんあるので不便はあまりないと思います。
    • 施設・設備
      普通
      環境はすばらしく、学内はあまり新しくはないんですが過ごしやすい環境だと思います。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルや部活に所属するとさまざまな人と交流ができるのですごく為になっていると思います。
    • 学生生活
      普通
      大学のサークルは公認のものと非公認のものがあり、数え切れないほど多くのサークルや部活があります。自分がやりたいと思っているサークルは絶対にあると思うので、是非入学された際にはたくさんのサークル見学することをお勧めします。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:330762
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2015年06月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      勉強は普通に大変だけど、学部主催でいろいろな活動、ボランティアや講演会など、を行っているので、積極的に自分から学ぼうという姿勢を忘れなければたくさんの素敵な出会いや発見があります。自分のやりたいこともできます。私にとっては最高の学び場です。
    • 講義・授業
      良い
      1年生の間は熊本大学全体の教養科目を選択する時間が薬学部でも多くあります。そのなかで様々なことを他学部の人と学べるので、ただ机の上の勉強にとどまらないでまなべたり、他学部の友達が増えたりします。例えば私は映画の授業を選択していて、実際に映画館に映画を見に行く授業などがありました。学部の授業は全体的に見れば難易度的には普通で量は少し多いかな、と思います。でもわからないところは研究室に聞きに行けば教授が喜んで教えてくれるので、その環境はありがたいな、といつも思います。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      私はまだ研究室に配属されていないのであまり詳しくはわかりませんが、3年生から研究室に配属されます。研究室によって人気の偏りが結構あり、成績順で好きな研究室を選べるため希望のところに行けない人も多いようです。人気があるのは、休みが取れやすい研究室や最先端の研究をしている研究室、就職率の高い研究室などです。
    • 就職・進学
      良い
      薬剤師の国家試験を取った後は病院や薬局などいろいろなところに散らばります。就職率などはよく知らないのですが、聞いた話によると病院などに勤める場合、熊薬卒業生は県内にある私立大薬学部卒業生よりエリートとして扱われるそうです。
    • アクセス・立地
      良い
      市電の味噌天神駅から徒歩3分くらい、JRの新水前寺駅から徒歩10分くらい、味噌天神のバス停から徒歩5分くらいに薬学部キャンパスがあります。交通の便はとてもいいです。本学の黒髪キャンパスはアクセスしにくいところにありますが、キャンパス散策なら本学の方が面白いと思います。
    • 施設・設備
      良い
      本学の南キャンパスという理工学部のキャンパスはとても綺麗なのですが、それ以外は基本的に使い込まれた感じの建物が多いです。薬学部キャンパスには新しく建てられた研究棟と体育館はありますが、それ以外の研究棟や授業を受ける教室などはちょっと汚いです。
    • 友人・恋愛
      良い
      薬学部内は1学年120人くらいしかいないのですぐ仲良くなります。薬学科はその半分の60人ほどですが、6年間一緒に授業を受けるため途中から研究室配属になるとはいえどとても仲良くなります。また、薬学部独自のサークルもいくつかあって、そのサークルに入ると縦のつながりができて先輩のありがたいお話をたくさん聴くことが出来ます。他学部の人とは基本的に一年のときしか関わらないので本学のサークルにも入っておくと、多くの友人に恵まれます。また、学部内のカップルも多いです。別れたとき少し気まずい感じはありますが、時間が経てば大丈夫になります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師の国家試験を受けるための知識はもちろん、研究のための基礎知識から実際に研究することまで学ぶことが出来ます。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      薬剤師になりたいという夢があり、漢方を学びたいと思っていて、熊薬にある薬草園に興味を持ったのがきっかけです。また地元だったこともあってここを志願しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      特にありません。
    • どのような入試対策をしていたか
      理科は記述力を鍛えることと、数学は熊大より少しレベルの高い九大などの過去問を解いてパターンを理解する勉強をしました。
    この口コミは参考になりましたか?

    9人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:121074
  • 女性卒業生
    薬学部 創薬・生命薬科学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    薬学部創薬・生命薬科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学部生1.2年の頃は毎日授業があって充実していた。3年生から研究室所属は早いかもしれないが、そのぶん実験やセミナーなどをこなせるので勉強になったと思う。
    • 講義・授業
      良い
      1.2年生は講義が毎日フルコマであって充実していた。先生の授業も分かりやすく、テストがあったためよかった
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年生で研究室配属は早いと言う意見があるかもしれないが、そのぶん実験やセミナーなどをこなせるので勉強になった
    • 就職・進学
      良い
      就職実績は、他の学校と比べたことはないが、個人的にはいいのではないかと思う。あまりサポートはないかもしれない。
    • アクセス・立地
      良い
      熊本の中心街へ歩いて15ふんほどで、立地はかなりいいと思う。目の前を市電が走っているところも良いと思う。
    • 施設・設備
      良い
      キャンパスはかなり老朽化している。設備も不備はないが、たまに古すぎて動かなくなることが難点であると思う
    • 友人・恋愛
      良い
      キャンパスが学部でひとつなので、かなり狭い範囲の交友関係になるが、その中では仲良くやっていると思う。
    • 学生生活
      良い
      サークルに参加していないのでなんとも言えないが、友達などを見ていると飲み会など、楽しくやっているようである
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬理学などの薬学部独自のものはもちろん、生化学や有機化学、分析化学なども勉強する。3年生まででほぼ授業は終わる。
    • 就職先・進学先
      決まってない
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:428527
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      普通の大学生活よりも忙しいと思う。遊んで免許を取ることだけが目標の方は卒業が難しくなるかもしれない。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究に興味がある人間にとっては楽しいものかもしれないが、研究に興味がない人間や、人間関係が上手くいかない人間にはかなりつらいかもしれない。3年生から配属で完全順位制なので、成績が悪いやつは強制枠に入る。1~2年は再受験や、サボりぐせで留年しやすいが、3年以降は研究室が原因で留年や、転部、辞める人が多いと思う。
    • 就職・進学
      良い
      薬学科でも製薬企業を受験する人も1割はいる。実習で薬剤師に興味がなくなり、企業の研究や開発に興味を持つからだと思う。熊本の病院、薬局であれば、本人に問題がなければだいたい受かる。
    • アクセス・立地
      良い
      徒歩15分ほどで熊本中心街に行けるため、居酒屋、バーなどは充実しておりお店の新規開拓する人は楽しめると思う。学校から1キロ離れていないところにだいたいは住んでいるかと思うので学校へのアクセスは良い。自転車が1番多く、家が遠ければ学内駐車場を借りて車で通学も可能。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:345733
161-10件を表示
学部絞込
学科絞込

基本情報

住所 熊本県 熊本市中央区黒髪2-39-1
最寄駅 熊本電鉄本線 黒髪町
電話番号 096-344-2111
学部 法学部、 文学部、 理学部、 工学部、 教育学部、 医学部、 薬学部
概要 熊本大学は、熊本県熊本市に本部を置く国立大学です。通称は「熊大」です。熊本医科大学など6つの学校を母体とし、新制大学として設立された4年制大学です。文学部から医学部、工学部などの文理学部合わせた7学部と大学院の8研究科からなる総合大学です。 4つのキャンパスからなり、文系の学部、理工学部、医学部、薬学部とそれぞれ学ぶキャンパスが異なっています。寄宿舎や国際交流会館も設置されています。海外の大学との交流や留学生の受け入れ態勢の整備など、国際性の高い大学を目指しています。また、熊本地震からの復興を研究者の立場から支援するプロジェクトを立ち上げ、地域の復興の支援活動も行っています。

みんなの大学情報TOP   >>  熊本県の大学   >>  熊本大学   >>  薬学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
福岡大学

福岡大学

42.5 - 65.0

★★★★☆ 3.89 (836件)
福岡県福岡市城南区/福大前駅
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.87 (246件)
栃木県大田原市/那須塩原駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1098件)
東京都渋谷区/表参道駅
理系のオススメ大学
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.80 (1427件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1098件)
東京都渋谷区/表参道駅
東海大学

東海大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.71 (843件)
東京都渋谷区/駒場東大前駅

熊本大学の学部

法学部
偏差値:55.0
★★★★☆ 3.87 (62件)
文学部
偏差値:55.0 - 57.5
★★★★☆ 4.10 (60件)
理学部
偏差値:52.5
★★★★☆ 3.92 (25件)
工学部
偏差値:45.0 - 47.5
★★★★☆ 3.75 (76件)
教育学部
偏差値:50.0 - 55.0
★★★★☆ 3.84 (84件)
医学部
偏差値:50.0 - 65.0
★★★★☆ 3.89 (54件)
薬学部
偏差値:52.5 - 60.0
★★★☆☆ 3.47 (16件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。