>>     >>     >>  口コミ

熊本大学
熊本大学
(くまもとだいがく)

熊本県 / 国立

偏差値:51 - 71

口コミ:

3.83

(127)

熊本大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 国立大学順位
(全86校中)
講義・授業 3.78 24位
研究室・ゼミ 3.84 29位
就職・進学 3.71 54位
アクセス・立地 3.82 16位
施設・設備 3.66 28位
友人・恋愛 3.76 17位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

128件中 1-10件を表示
  • 熊本大学
    男性卒業生
    工学部 情報電気電子工学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      情報通信分野、電力分野、半導体分野などさまざまな分野が学べます。そして、幅広い分野へ就職が可能です。
    • 講義・授業
      大学からそのまま教授になった方、企業から転職して教授になった方など、さまざまな指導方法があって身になります。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は4年生から配属されます。研究室によっては最先端の研究を行っているところ、留学生がたくさんいるところなどあります。
      研究室選び次第では、非常に成長できると思います。
      ただ、そのような研究室はやはり厳しい生活が待っていますが…
    • 就職・進学
      大半の学生がなの知れた企業に就職します。学校への企業からの推薦依頼も多数あります。
    • アクセス・立地
      自転車やバイクが必須となります。最寄り駅からは徒歩30分くらいです。また、熊本一の繁華街がバスや自転車で30分圏内にあります。飲み会には困らないと思います。
    • 施設・設備
      学科のパソコンはLinuxであったり、研究室には自分のPCを持っていかないといけないなど、全く備品は充実していません。
    • 友人・恋愛
      工学部だけあり、男性の気が合う友人はたくさんできます。しかしながら、恋愛に関しては、積極的に女性がいる場にいかないとうまくいきません。学科内での恋愛は諦めたほうが良いと思います。サークルに入ったり、アルバイトをして見つけるのが良いと思います。
    進路について
    • 就職先・進学先
      通信会社
    この口コミは参考になりましたか?
  • 熊本大学
    男性卒業生
    医学部 保健学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      保健学科には放射線、看護、検査の3つの専攻があります。九州内ではレベルは低くはない大学ですので、しっかりと勉強できると思います。一般的に大学生というとかなり遊びまくってるイメージかもしれませんが、勉強、実習など忙しくキャンパスも本学から離れているためそういった点ではあまり期待はしない方が良いです。ただ、安くはない授業料を払って大学へ通うのですから学業を優先させるのは当然だと僕は思います。本気で看護師、放射線技師、検査技師になりたいのならとてもいい大学です。
    • 講義・授業
      教授によって指導の仕方も異なりますので一概には言えませんが、国家試験あるいは臨床の現場で役に立つ知識を教えてくださる先生方が多いと思います。
    • 研究室・ゼミ
      こちらも研究室によって異なります。何もリサーチせずに入ると自分の期待とは違ってがっかりすることもあります。ですので研究室を決定する前に見学に行ったり先輩の話を聞いてしっかりと調べて決めた方が良さそうです。
    • 就職・進学
      大抵の人は卒業年度内に内定を頂いています。医療業界は就活の開始が一般企業に比べて遅く、また2月頃に国家試験もありますので4年生の時期は非常に忙しくなると思います。しかし、先生方に頼めば履歴書をチェックしてくれたり面接の練習をしてくれたりするので頼った方が良いです。専門試験の勉強については、自分の努力次第ですのでしっかりと勉強をしてから臨んでください。
    • アクセス・立地
      1、2年生の時は全学部共通の教養科目を受けなければならないため医学部キャンパスから少し離れた本学キャンパスに週に2?3回通わなければならないため、大変不便です。バスもありますがほとんどの人は自転車で20分程かけて通っていたと思います。3年生からは医学部キャンパスのみへの通学となるので近くに住んでいれば通学しやすいと思います。また、市街地までとても近いのはメリットだと思います。熊本市内は坂も少なく、道も広い所が多いので自転車を持つことをおすすめします。重宝します。
    • 施設・設備
      建物は正直古いです。エレベーターはありますが基本的に学生は使用できませんので5階の教室まで息を切らして階段を上ることもしばしば。パソコン室や図書室、自習室などは割と充実しているのではないかと思われます。学内では無料のWi-Fiに接続することもできます。
    • 友人・恋愛
      部活に入ると医学科や他の専攻の知り合いができます。少数ですが本学のサークルや部活に所属する人もいます。大学生ということもありみっともないいじめ等は全くありません。ほとんどの学生が人間関係に関してはストレスなく過ごせているのではないでしょうか。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は医学に関する基礎知識、そして英語や第2外国語、その他選択した講義を教養科目として学びます。
      2年次や3年次ではさらに専門的な分野を学びます。
      4年生ではほとんど国家試験対策となります。3専攻合同でのチーム医療演習もありますがこれって必要?と思うくらい中途半端な演習でした。
      また、専攻により年次や時期は異なりますが病院での臨地実習もあります。
    進路について
    • 就職先・進学先
      病院勤務
    この口コミは参考になりましたか?
  • 熊本大学
    女性在校生
    文学部 コミュニケーション情報学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-22投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      熊大の三大美女学科の一つ、コミュニケーション情報学科は、みんな明るくて楽しく過ごせます。美人も多いので目の保養にもなります
    • 講義・授業
      コミュニケーションや英語を学ぶ際に、とても楽しくて体系的に学ぶことができます。90分があっという間に過ぎています
    • 研究室・ゼミ
      先輩後輩関係なく入れるのでコミュニケーション情報学科の良いところの一つだと思います。先輩が優しくて素敵です。
    • 就職・進学
      コミュニケーション情報学科は、就職は良いと思います。ただ教員志望には厳しいかもしれませんが、慣れないわけじゃありません
    • アクセス・立地
      田舎です。周りにはコスモスくらいしかないです。でもバスは通ってるし、それさえ使えればいいところです。
    • 施設・設備
      まず赤門が素敵です。それから、自然に囲まれて過ごせるので心が落ち着く校舎になっています。木がいっぱいあります
    • 友人・恋愛
      彼氏できる人はできるし彼女できる人はできます。まあでも所詮顔です。楽しめるかどうかは自分次第ですね。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      英語です。コミュニケーションです。役立ちます
    入試について
    • 学科志望動機
      センターのレベルに合ってたこと。くらいですかね
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      先生方に個人添削指導をお願いしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 熊本大学
    女性卒業生
    医学部 保健学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      保健学科には看護学専攻、放射線学専攻、検査技師専攻があり、大学受験の時から分かれています。看護学専攻では、看護師だけでなく、選択授業によって保健師、助産師の国家試験の受験資格もとれます。
    • 講義・授業
      大学の先生だけでなく、臨床で働いている医師や看護師などが講義を行ってくれることも多いので、現場の声が聞けて、勉強になります。実習があるため、長期休暇が他の学科より少し短くなるときがあります。
    • 研究室・ゼミ
      看護学専攻においては、4年次にグループでの研究があり、興味のあることを調べて発表した。研究費は高額でない限り自費にならない。この研究が卒論の代わりとなるが、グループで提出すればよいので、苦痛ではない。
    • 就職・進学
      様々な求人がきており、就職率はほぼ100%。『国立大卒』というだけで、就職とその後の給与に影響をもたらします。履歴書のチェックや模擬面接などの就職サポートも充実していました。専願試験があるため、看護学科の学生の約半数が隣接する大学病院を受験し、就職を果たしています。
    • アクセス・立地
      最寄りの南熊本駅からは自転車で5分、熊本駅からは10分でバスも通っているので、電車通学もできる。ただし、実習期間は時間が惜しいという理由で近くのアパートを借りる人が多い。白川の橋を越えると繁華街へすぐに行けるので、授業後にバイトや遊びへ行きやすく、便利です。
    • 施設・設備
      最近増改築や耐震補強も行われ、演習室やパソコン室など、勉強に必要な設備は揃っています。実習は隣接する大学病院で主に行われます。
    • 友人・恋愛
      本学から離れており、学生の過半数が女子のため、学科での恋愛は多くない。ただし、1、2年次は本学での授業があったり、様々なサークル活動に参加すると、そこでカップルになる人が多かった。弓道部やバドミントン部などは、医学部生のみのものもある。保健学科は学生数が多くはなく、こじんまりとしているので、友達はできやすい。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養が中心で、2年次は専門分野が中心、3年次からは専門分野のみになります。3年の後期から実習が始まり、4年の5月くらいまで続きます。その後は研究や国家試験の勉強などを各々でやっていきます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      前田研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      感染に関することを研究しました。先生は温厚で面倒見がよかったので、和気あいあいと取り組むことができました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学病院/看護職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      取得した資格を生かし、誰かのために働きたいと思ったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      就職に有利な資格がとれるから。また、自宅から通える距離だったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      高校の授業(課外授業も含む)をきちんと受け、課題も自力でやる。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 熊本大学
    女性在校生
    医学部 保健学科 / 在校生 / 2011年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      主に九州から学生が集まり、看護、放射、検査の学生がおり、サークルも多くあるため、様々な友人ができて刺激になる。街も近く、立地もよい。
    • 講義・授業
      先生によるが、授業をきちんと聞いていれば国家試験合格や卒業は問題ない。1年生、2年生のときは、本学(別のキャンパス)に教養の授業を受けに行けなくてはならず、行き来が大変。実習は大学病院でほとんどが行われる。実習では座学では学べないことが多く学べ、実際に働いている方から指導を受けることが出来るため、とてもためになる。
    • 研究室・ゼミ
      看護は研究という研究をほとんどしないが、他の放射や検査は研究室に配属され、それぞれ実験等をしながら研究を行う。
    • 就職・進学
      ほとんどの学生が九州内に就職し、なかでも熊本大学に就職する人が多い。 養教や助産の勉強をするために進学する人も一部いる。
    • アクセス・立地
      街に近く、立地は良い。 市電が近くを通っている。 JRは新水前寺駅から徒歩15分程度。 ただし、1年生、2年生の時は本学(別のキャンパス)と行き来することもあるため、自転車や原付があった方が便利。
    • 施設・設備
      建物は古いが、エレベーターはついている。 実習棟は比較的きれいで、ベッドを用いたり様々な演習ができる。 図書室は広くないが、専門書が多く置いてあり、講義や実習などで使える。 医学科まで行くと、保健学科より広い図書館があり、医学関係の専門書が置いてある。 本学(別のキャンパス)に行くと、比較的綺麗で広い図書館が使える。自習できるスペースもあり、PCもあるため調べ物やレポート作成に最適。
    • 友人・恋愛
      4年生になると他の専攻と一緒にグループを作って、1つの事を調べて、発表をする講義があるため、他の専攻の人がどのような勉強をしているのか多少知ることが出来る。部活・サークルは本学・医学部・保健学科のどのサークルにも入れるため、様々な学部の人と触れ合う機会があり、交友関係が広まる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は教養が中心で、専門的なものは解剖・生理を学んだ。2年生は、教養も学ぶが、1年生よりも専門知識を学ぶ機会が増え、より細かく学ぶようになる。3年生の後期から本格的な実習が始まり、大学病院で何か所か部署をまわる。4年生のはじめまで実習があり、実習が終わると、チーム医療、国際系の講義があり、国家試験対策を各自行う。
    進路について
    • 就職先・進学先
      一般の病院
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      研修内容が魅力的であり、興味がある分野に力を入れていたため
    入試について
    • 学科志望動機
      地元であり、資格取得率も比較的良かったため。成績との兼ね合い。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      大学の過去問や似た傾向のある大学の過去問を解いた
    この口コミは参考になりましたか?
  • 熊本大学
    男性卒業生
    理学部 理学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      二次試験が数学と理科だけなので、生徒全体のレベルが非常に高く、競い合って勉強していく環境としては悪くない
    • 講義・授業
      全体的にレベルが高く、理科に関しては高校の理科の選択に応じてクラス分けし、授業を行うため高校で専攻しなかった科目でも問題なくやれる
    • 研究室・ゼミ
      研究室の先生によって内容の良しあしがあるが、どうしても人気のある研究室は抽選になるし抽選から外れればきつい思いになる
    • 就職・進学
      任額に関しては最低限のことはするが、就職に関してはあまり期待しないほうがいい。そもそも理系だし進学がほとんどなためそこまで力入れてない
    • アクセス・立地
      とにかく悪い。都市部と離れており、バスの時間も結構間隔があり非常に不便である。アパート選びは慎重にしたほうがいい
    • 施設・設備
      赤レンガなど有名なところはあるが、施設面でいえば普通の大学と大差ない程度。理系の研究施設はそこそこそろって入るので問題はない
    • 友人・恋愛
      理学部はどうしても女子が少ないため学生生活はあまり楽しくない。イベント等もそこまで多くないためあまり楽しい生活は送れない
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は数学と理科全般とおまけの英語等、2年次以降は自分の好きに専攻し数学メイン
    • 所属研究室・ゼミ名
      幾何学ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      幾何学を主に専攻し、教授とマンツーマンでやった
    進路について
    • 就職先・進学先
      製造業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      公務員に失敗して仕方なく民間に切り替えた結果そうなった。
    入試について
    • 学科志望動機
      単に数学が好きだったから。それと英語が大の苦手だった
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      普段通りの勉強。1年生のころからコツコツ勉強しただけ
    この口コミは参考になりましたか?
  • 熊本大学
    男性卒業生
    工学部 物質生命化学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      九州在住の学生で、熊大を目指すのはアリだと思います。 熊本市からそう遠くない場所にキャンパスがあり、公共交通機関も充実していますよ。
    • 講義・授業
      一部の偏屈な教授を除けば、基本的には授業や講義を真面目にしてくれる方が揃っています。 特に化学系を志向する人とは話が盛り上がると思います。
    • 研究室・ゼミ
      どこでもいえることですが、教授や担当講師との相性が大きく関わってくるように感じます。 研究は最先端をいくものから、既存のものをより良くするなど幅があり、選択肢はそれなりに多いです。
    • 就職・進学
      理化学系なので、よほど選ばない限りは就職は難しくないと思います(簡単ではない)。 進学して修士や博士を目指す人も多く、どちらの道も整備されていると思います。
    • アクセス・立地
      熊本市中心部から徒歩で20分強位なので、街に行くにはいい立地です。 市電やバスも走り、駅からは新幹線も乗れるので、移動はかなり充実していると思います。
    • 施設・設備
      悪い点からいうと設備の老朽化や狭いことが難点です。 いつになるかは不明ですが、東の菊陽町に理系のキャンパスを造り、そこに移転する話もあるようです。
    • 友人・恋愛
      良くも悪くも大学生活は自由なので、自分がどうしたいか、どう律するかにかかっていると思います。 サークルや部活もたくさんあり、付近には食堂や居酒屋も多いので、うまくバランスを考えて生活しましょう。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      物質化学の研究を専攻しました。 4年から研究室に配属され、修士まで進んで3年間研究しました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      栗原研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      光で性質を変化させるフォトクロミック物質やそれを応用するための研究の他に、有機化合物を新たに合成することが主眼の研究室です。
    進路について
    • 就職先・進学先
      卒業後は熊本大学大学院自然科学研究科の物質生命化学の修士課程に進学しました。
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      当時行っていた研究を進めたいという思いから進学しました。
    入試について
    • 学科志望動機
      私は昔から化学が好きで得意だったこともあり、将来は科学系の研究や職に就きたいという考えで入学しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      一時期ですが、東新衛星予備校に行っていました。
    • どのような入試対策をしていたか
      センターの配転がそれなりに高かったので、センター試験対策に力を入れました。 後期試験で受けたので、小論文も少し対策していました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 熊本大学
    女性在校生
    文学部 文学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-13投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学科の先生方が優しい方ばかりで、友人もみな文学に興味があり、面白い人たちばかりです。恋愛などは、他学科のひととしているひとが多いと思います。
    • 講義・授業
      テレビで日本語学を教える先生などもおり、また本音で授業をしてくれる面白い先生方ばかりです。質問などもしやすい先生ばかりで、授業後は先生の周りに生徒が集まっています。
    • 研究室・ゼミ
      研究室はわきあいあいとしており、居心地がいいです。ポット、パソコン、プリンター、資料などがあるので、テスト前などは特に学生が集まり、お茶などを飲みながら勉強しています。
    • 就職・進学
      キャリア支援課というものがあり、面接練習や学内説明会が行われています。またキャリア教育の授業で就活についてマイナビの方から学ぶこともできます。
    • アクセス・立地
      熊本駅や交通センターからもバスで1本で来れるので通学しやすいです。街からも歩いても行ける距離なので、とても便利です。スーパーなども周囲にあります。
    • 施設・設備
      少し古い建物などもありますが、理系学部はとても新しく、文学部もトイレなどは新しくされてるので特に支障はないです。図書館は一昨年新しくなったばかりで、とても過ごしやすいです。
    • 友人・恋愛
      学科内のカップルはあまり聞きませんが、男女共に優しい人が多いです。サークルやバイトなどで知り合った他学科同士でのカップルが多いとおもいます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一二年は一般教養、語学、専門の授業は入門の授業中心で、三年からはほとんど専門分野の授業です。
    • 所属研究室・ゼミ名
      日本語日本文学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      近代文学、古典文学、日本語学、言語学などが学習できます。
    入試について
    • 学科志望動機
      古典文学が好きで、日本文学に興味があったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      東進、河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      熊本大学文学部の二次は、国語の記述の分量が多く大変で、文章を論理的に書くことに重点をおいて練習していました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 熊本大学
    女性在校生
    工学部 物質生命化学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-13投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      生命化学と物質化学など、入ってからもコースは別れないので、化学について幅広い分野を学びたい人には合っていると思います。また、学科全員が参加する講義が多く、学科人数もそこまで多くないため、「この人知らない」ってことはありません。入学してしばらくして始まる実験では、仲ぎ深まります。
    • 講義・授業
      講義は本当に先生によります。きちんと準備して講義してくださる先生もいれば、ただ教科書を読むだけの先生もいます。いい点としては、講義数があまり多くはないので、選択のものを全部取ったとしてもなんとかやっていけるので、色んな講義を受けたい人にはいいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      まだ研究室にいるに配属していないので詳しいことはわかりませんが、いろいろな企業などと協力して最先端の技術を研究している研究室がいくつかあるように思えます。
    • 就職・進学
      就職や進学の準備は基本的に自分で進めるようになっています。就職に関しては、学科としてのサポートはあまりないように感じますが、学校全体としてのサポートは充実していると思います。
    • アクセス・立地
      駅からは離れていますが、バスは通っています。中心市街地からも割と近いため、買い物にもすぐに行けます。また、周りにドラッグストアや商店街、スーパーなどがあるため、食材を買いに行くのにも便利だと思います。
    • 施設・設備
      他の学部に比べ工学部の建物は新しいですが、そこまで新しい設備というものは思い浮かびません。しかし、工学部の食堂は、見た目も近代的で居心地がいいです。
    • 友人・恋愛
      学科は80人とそこまで多くないため、学科のメンバーは覚えやすいと思います。毎年ある実験では、一日中同じメンバーで実験室にこもるため、仲が深まりました。工学部は学年で700人ほどととても多いですが、そこまで学科同士の交流はあまりないため、サークルとかでない限り、他学科の友達はあまりできません。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      学科では幅広い分野の化学を勉強しました。1年次では、基礎化学を勉強し、2年次、3年次と応用が増えていきました。
    入試について
    • 学科志望動機
      高校時代はこれになりたい!という夢や目標はありませんでしたが、化学が得意だったために、この知識をさらに深めて、将来に活かしたいと思い、化学の学科を選びました。この学校の学科を志望した理由は、生命化学と物質化学などと別れておらず幅広い分野が学べることに魅力を感じたからです。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • どのような入試対策をしていたか
      私は学校で提供される教材だけを利用して勉強していました。授業でといた問題や模試でまちがえたところは、放置せず理解できるまで解き直すことを徹底していました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 熊本大学
    男性在校生
    理学部 理学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-13投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      理学科は他大学の理学部にはあまりない学科で、化学、物理学、生物学、地学、数学の全てを学ぶことができるため、サイエンスを学ぶにはふさわしい学科です。その反面、各分野に特化するまでに時間がかかります。
    • 講義・授業
      一年生の時はあまり自由度はありませんが、二年生からは自分の好きな講義を選ぶ形式になるため、選択範囲が広く、自分の興味に合わせて講義を取ることができます。
    • 研究室・ゼミ
      様々な分野の研究室があり、どの研究室も最先端レベルの研究をしています。また、それぞれが他大学や企業との連携をしており、充実した研究生活を送れると思います。
    • 就職・進学
      様々な企業への就職実績があり、特に熊本に於いては最高峰の実績があります。熊本以外でも九州地方全域を始め、日本各地に就職しています。
    • アクセス・立地
      熊本駅自体が熊本市の中心地から距離があり、大学は中心地から自転車で20分程の距離と熊本県外からのアクセスはあまり良くはありません。しかし、大学から周辺施設へは自転車での移動で十分事足りるので、大学の周辺で独り暮らしを行う分には申し分ありません。
    • 施設・設備
      実験を行うには申し分のない設備を持っており、十分に研究を行うことができます。また、理学部専用の書庫など様々な設備を持っているため、理学部棟は充実しています。
    • 友人・恋愛
      理学部は一学年190人程度と多く、また一年生のゴールデンウィークには合宿があるため、学部内での交流は盛んになります。また、男女比はほぼ一対一なので、カップルができることも少なくはありません。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年生では一般教養や理科の基礎を身に付けさせ、二年生では本格的にサイエンスを学ぶこととなります。三年生からはコースに分かれ、より本格的に分野に特化し始めます。
    入試について
    • 学科志望動機
      サイエンス全般を学ぶことができることに魅力を感じたためこの学部を選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      代々木
    • どのような入試対策をしていたか
      赤本を解くことで大学の傾向を認識し、受験に挑みました。
    この口コミは参考になりましたか?
128件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

熊本県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

熊本大学の画像 :©MK Productsさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

東京医科歯科大学
東京医科歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:58 - 75
★★★★☆3.88 (25件)
東京都/国立
名古屋大学
名古屋大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:62 - 75
★★★★☆4.00 (224件)
愛知県/国立
群馬大学
群馬大学
併願校におすすめ
偏差値:51 - 71
★★★★☆3.80 (76件)
群馬県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。