>>     >>     >>  口コミ

愛知県立大学
愛知県立大学
(あいちけんりつだいがく)

愛知県 / 公立

偏差値:52 - 62

口コミ:

3.86

(90)

愛知県立大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 公立大学順位
(全87校中)
講義・授業 3.82 24位
研究室・ゼミ 3.63 45位
就職・進学 3.71 43位
アクセス・立地 2.24 54位
施設・設備 3.52 34位
友人・恋愛 3.63 40位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

90件中 1-10件を表示
  • 愛知県立大学
    女性卒業生
    外国語学部 中国学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      中国語を真剣に学びたいと思ってる人には良いと思います。
      学科の半数が長期留学に行きます。
    • 講義・授業
      専門の授業はとても良いと思うが、一般教養などは人気の授業が抽選になるため好きな科目が受けられない可能性があります。
    • 研究室・ゼミ
      10くらいのゼミがあります。3年生からゼミが始まります。2年の授業を受けながら、どのゼミに入るか決める感じです。
    • 就職・進学
      卒業生はほとんど地方銀行の一般職に就職します。女性が多いせいもあると思いますが。
    • アクセス・立地
      とても悪いです。リニモは定期代が高く、ラッシュのときはホームが混雑します。
    • 施設・設備
      アイコトバという語学のシステムができたため、多国籍の交流ができます。
    • 友人・恋愛
      人によると思いますが、サークルに入らない人は多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      中国語学科ではなく、中国学科なので語学以外の文学なども学べます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      地方公務員
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛知県立大学
    女性在校生
    外国語学部 ヨーロッパ学科 / 在校生 / 2009年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      外国語、特に英語以外の言語を学んでみたいと考えている人にはとてもいい大学だと思います。言語だけではなくその言語がつかわれている国の歴史や文化を学べ、とても興味深いと思います。また、校舎は比較的新しく、教室などもきれいです。また、食堂が2つあり、食事のバリエーションが豊富です。
    • 講義・授業
      学科のほとんどの人が入学してから初めて多言語を学び始めるので、一からしっかりと文法を学ぶことができます。また、ネイティブの先生のオーラルの授業もあるため、読み書きだけでなく、スピーキングも学べます。
    • 研究室・ゼミ
      政治経済、歴史文化に特化した研究室があります。ゼミの講義を熱心に行う教授が多く、ゼミから多くのことを吸収し、最終的に卒業論文を書くときにとても参考になると思います。
    • 就職・進学
      様々な大手企業への就職実績があります。キャリア支援室で就職相談に乗ってくれたり、学内で合同説明会を開催したり、就職活動を手助けしてくれるイベントを多数開催していました。
    • アクセス・立地
      名古屋駅からは30分以上かかり、大学の周りにはコンビニやお店もないため、立地はあまりよくないかもしれません。しかし、大学がある長久手市は住みやすい町ランキングで上位におり、藤が丘駅あたりは比較的栄えているので、下宿する生徒には優しいと思います。
    • 施設・設備
      長久手キャンパスは全体的に新しい棟なのでとてもきれいだと思います。また、2つの端末室、図書館にパソコンがたくさん置いているため、パソコンを持っていなくても大学に来てレポートを書くことができます。
    • 友人・恋愛
      ヨーロッパ学科は1,2年生時に英語が必須授業で、他専攻の生徒と混ざって授業をするため、自分の専攻以外の生徒とも仲良くなることができます。また、同じ専攻内の生徒の中もよく、頻繁に一緒に食事に行ったりして交流が盛んです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      読み書きに関しては、1年生で文法を一通り終え、2年生で復讐をします。3年生からは実際の論文、ニュース、文学などを読み、より実践的な学習となります。オーラルに関しては、1年生では自己紹介や数字など、生活に最も欠かせないものを学んでいきます。2年生からは病気の時、道案内の時などケースごとに学び、こんな時にはこんな表現を使うということを学んでいきます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      政治経済ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      現代の政治や、政治の歴史を学ぶことができます。教授はとても親切で、卒業論文の相談をとても親身になって乗ってくれます。また、ゼミ内でグループワークを多く行うので先輩後輩の距離感がとても近く、和気あいあいとしています。
    入試について
    • 学科志望動機
      英語以外の多言語を学びたいと考えたためです。英語は自分でも学習できると考え、これからの時代は英語プラスもう一つ他言語を話せると、将来役に立つのではないかと思いました。また、大学の雰囲気がとても落ち着いていて、自分にとてもあっていると思ったのでこの学校を選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      1対2の塾
    • どのような入試対策をしていたか
      愛知県立大学のセンター試験は英語の配点がとても高いので英語を重点的に学習しました。また、2次試験は英語、国語など長文が必ずあったので、長い文章になれるようにたくさん問題を解きました。そして、英語には長めの英作文があったので、高校の先生に添削をお願いしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛知県立大学
    男性在校生
    外国語学部 英米学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      「英米」学科と謳っていますが、文学、政治経済、歴史、教育など、英語圏の国や英語に関することは何でも学べます。1年の時には20人弱のクラスができるので、そこで友達を作れますし、少人数の授業が多いので、他の授業でもたくさん友達を作れます。授業以外でも、iCoToBaという外国語に触れることのできるスペースがあるので、語学には満足して学べます。また、図書館もとても充実しているので、映画を見たり、いろいろな本に出会い、読書を多くすることもできます。
    • 講義・授業
      それぞれの興味にあった授業、例えば文学、歴史、経済など幅広く授業があるので、自分の興味を深めることができます。先生との距離も近く、質問なども気軽にできます。
    • 研究室・ゼミ
      先生にもよると思いますが、メールなどでも丁寧に研究のアドバイスをしてもらえたり、先生に専門書などを貸してもらうことも気軽にできます。研究のこと以外でも、留学のこと、進路など幅広いことに関してアドバイスをもらえます。
    • 就職・進学
      就職実績はよく、学内説明会も好評のようです。キャリア支援室というものがあり、面接練習なども手厚く支援してくれるそうです。
    • アクセス・立地
      公共交通機関では、リニモでしか行けず、名古屋市内からは少し離れているので、アクセスはよくはありません。
    • 施設・設備
      キャンパスはコンパクトになっていて、講義棟、学食、購買、図書館など、満足な設備だと思います。個人的には、図書館の映画コーナーに置いてある映画のチョイスは抜群です。
    • 友人・恋愛
      1年の時にできる20人ほどのクラスで仲良くなることが多いです。そこから、何人かカップルになる人もいます。他の授業も、少人数なことが多いので、友達を作る機会は多くあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年は教養的な基礎知識がメインです。英語の授業はコミュニケーション重視、第2外国語は1,2年で履修します。2年になると、各自の興味に合わせて選べる授業が増えます。3年からはゼミに入り、各自の研究分野の学習を進めます。4年は研究を行い、発表、考察などを繰り返しながら卒論に仕上げます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      奥田ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      イギリスの政治外交が大枠の分野です。ゼミ生の研究テーマとしては、イギリスの不文憲法、テロ対策、スノーデン事件、イギリスとEU、第2次世界大戦中の大英帝国、イギリス地方政治などです。先生がとても親切で、的確で時には厳しいアドバイスをしていただけます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      高校教員
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      教育に関心があり、教えるということが好きであること、また高校生というたくさんのことを学べる彼らに関われる仕事に魅力を感じるから。
    入試について
    • 学科志望動機
      英語が大好きで、英語圏の社会や文化を深く理解したいと思い、文学や政治などに偏ることなく、幅広い分野を学べる学科だったので志望しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      2次の英語の問題はレベルが高いので、”パンチ”がある、少し難しめで長目の長文問題を多くこなしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛知県立大学
    女性在校生
    外国語学部 国際関係学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-16投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      英語を勉強したいと考えている人にはとてもいい大学だと思います。 国公立とは思えないほどきれいな大学になっており、自然にも囲まれた大学です。 ゼミの数は思ったよりなく、また内容がかぎられているので確実に自分の研究したいものにそぐうかは分かりません。少人数制度なのですぐに打ち解けられ男女関係なくとても仲良くできます。
    • 講義・授業
      様々な教科や他学科の講義も受けられるため視野は広げれるだけ広げる事ができます。 選択肢が多い分、どの講義にするか迷う事もありますが最初のうちは時間があるため興味あるものとれるだけとることをおすすめします。その中でもしかしたら自分のやりたい事が分かるようになるかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      研究はとても内容が限られているため自分のやりたい内容が100%あるかは保証できません。 理系ではないので自由に時間が使えてアルバイトもたくさんできると思います。
    • 就職・進学
      就職セミナーは多く開催されると聞いていますが、先輩から話を伺うとどれも全てがためになる者ではなく、説明会に必ず出なければいけないというわけではないそうです。
    • アクセス・立地
      駅からはとても近いのですが、名古屋方面や豊田方面から来る人どちらもリニモを使わなければいけないため朝はとても混雑します。免許1年以上だと車でくることが可能なため車が使える人は車通勤やバイク通勤をおすすめします。コンビニが駅周辺にないため、生協を使うことをおすすめします。
    • 施設・設備
      施設はとてもきれいで図書館含め、端末室もとても使い勝手のよい設備になっていると思います。図書館で勉強してる人は多いですが、自習室として別の部屋も開放されていることもあります。
    • 友人・恋愛
      国際関係学科は特に英米と比べ50人程度で他の学科に比べて少人数制なので、その分1人1人を知る事ができます。サークル等に入ると他学科の子と知り合う機会も多いので交流を広めたい人にはおすすめです。女子の人数が圧倒的に多いですが、楽しく男女関係なく仲良くしています。休み中にはみんなで遊びにいったりと仲良く過ごしています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養や英語の演習、第2外国語の授業が中心ですが、2年生からは研究分野にしたい科目等などを摂る事ができます。3年次以降は国際関係、国際文化コースに分かれ実際に自分の研究したい分野等の本を読んで書評を書いていくといったそれぞれのゼミのスタイルに合わせた演習になっていきます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      矢野ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      主に東南アジアを中心とした民族問題や経済等などの研究に重きを置いています。先生は新任の先生ですが、とても優しく熱心に指導してくださる先生と伺っています。
    入試について
    • 学科志望動機
      国際関係を学びたいと考えていたため、英語の学習や経済等、文化等に充実しているところに魅力を感じました。また、実際に大学に足を運び、キャンパスの設備の良さやこんなところに通いたいという気持ちが募り、入学を希望しておりました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      2次の国語が苦手だった為、国語だけは冬期講習で河合塾に通っておりました。英語はやはり比較的難しい文章が出るので単語帳を何度も繰り返し見てボキャブラリーをとにかくつけていきました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛知県立大学
    女性卒業生
    外国語学部 英米学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他学科の学生と同じ講義を受けることも多く、交友関係が広がります。 真面目で勉強熱心な学生が多いため、自分の意識が高まります。
    • 講義・授業
      専門性の高い教授が多く、深い知識を得ることができます。 他の講義との関連性がある講義も多いため、広く深く学べます。
    • 研究室・ゼミ
      必要な書物や文献が多く、購入に費用が掛かります。 しかし、図書館にも専門的な書物が多く、参考文献探しには困りません。
    • 就職・進学
      教員免許を取得できる講義もあり、中学・高校に努める人も多いです。 航空会社・ホテルへの就職希望者向けの面接指導講義を受けることもできます。
    • アクセス・立地
      名駅エリアからは地下鉄30分、リニモ20分と乗換が必要な上、時間がかかります。 最寄りの愛・地球博記念公園前駅周辺には商業施設が全くありません。 そのため講義の合間に校外へ出たり、講義後に友人と遊びに行くことがほとんどできません。
    • 施設・設備
      築15年ほどの校舎でまだ新しい感じがします。 コンピュータールームは誰でも利用できるので、資料の作成や調べものに便利です。
    • 友人・恋愛
      文系学科が多いため、学生の6~7割は女子です。 他学科の学生と同じ講義を受ける機会も多く、交友関係が広がります。 サークル活動はほかの大学と比べると活発ではないと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      認知言語学を専門に学びました。 1年次、2年次は第二外国語にスペイン語、3年次からはフランス語も学びました。 週に一度外部の講師による講義もあり、語学だけでなく教育・心理・経営など幅広い知識が身に付きました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      旅行会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      語学を通して外国文化や観光に興味を持ったため。
    入試について
    • 学科志望動機
      英語が好きだから、という単純な動機で選びました。 入学してから、より語学に興味を持ちました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      作文問題が多い傾向だったので、作文に力を入れた。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛知県立大学
    女性卒業生
    情報科学部 情報科学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      勉強する意欲のある人にとってとても良い大学だと思います。 設備や勉強空間が充実しているだけでなく、先生も丁寧に教えてくださる方ばかりです。 また立地も長久手ということもあり、静かで落ち着いています。
    • 講義・授業
      幅広いカリキュラムが組まれているため、自主的に勉強したい人にとってはとても充実しています。 ただし、講義によっては内容の深い浅いに差がありますので、先輩に講義内容を聞くなどして自分が受けたい講義を選択するとよいでしょう。
    • 研究室・ゼミ
      PCも一人一台確保されて、研究環境はとても充実しています。 研究室によっては他大学や企業と共同研究しています。
    • 就職・進学
      就職について親身に相談できる環境が整っています。 また学内での企業展も開催されますので、自身にあった企業を見つけやすい環境だと思います。
    • アクセス・立地
      最寄駅はリニモの駅のみのため、少し不便を感じました。 しかし、駅からは5分程度なので、そこまで不便さを感じません。
    • 施設・設備
      学内は開放的な空間が多く、非常に居心地がいいです。 授業が無くても大学に来て勉強することも多くありました。
    • 友人・恋愛
      情報科学部は1学年100人程度のため、少人数での講義が展開されます。 また教授との距離も近く、楽しい大学生活を送ることができました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年 基礎的な講義中心 3年 選択科目が増え、自主的に学びたいものを選択することができた また後期には研究室配属も行われる 4年 研究中心
    進路について
    • 就職先・進学先
      IT企業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      学部で学んだことを活かしたいと思い、IT系の企業を志望した。
    入試について
    • 学科志望動機
      高校時代から理系の専攻で、情報系は将来役に立つと思い志望しました。 また学内も綺麗で設備が整っていたことも選んだ理由です。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      学部の二次試験は数学のみのため、センター試験後は数学に注力して勉強した。 基本的に記述なので、過去問を何度も解いて答え方を自分で導き出せるよう準備した。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛知県立大学
    男性在校生
    情報科学部 情報科学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-13投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      とても静かなファイ額です。大学デビュー!のようにはりきった人たちもあまり在籍しておらず、良い意味で良い子が集まった大学のように感じます。また、公立大学ではありますが、施設一つ一つも綺麗です。
    • 講義・授業
      学科の人数は多すぎず、教授との距離が比較的近いです。講義を聴いて分からないことがあれば気軽に研究室まで足を運び、内容について質問することが出来ます。また、講義内容はどの講義も丁寧で、集中していれば、講義の内容だけである程度の理解は可能です。
    • 研究室・ゼミ
      がっつりとPC関係の研究をしている研究室のみでなく、車の自動走行について、実現のための研究を行っている研究室、数学的なことを扱っている研究室と、幅広い研究対象があるので、自分の好みに合わせて選ぶことが出来ます。
    • 就職・進学
      大学のホームページから判ることではありますが、多くの有名企業に就職の実績があります。また、多くの教授は、こちらの話を親身になって聞いてくれるため、就職についての悩みも、一人で抱え込まずに済みます。
    • アクセス・立地
      一番近いコンビニさえ歩いたら20分以上の位置にあり、大学のそばの環境は利便性でいったら悪いです。ただし、リニモの駅からはすぐ目の前にあるため、通学で便がない、ということはありません。また、リニモの各駅のそばには某大手デパートが存在するので生活用品程度の買い物でしたら、困ることはありません。
    • 施設・設備
      どこも掃除が行き届いており、とても綺麗です。また、情報学部生には専用の高スペックパソコンがあるため(配布式ではない)、大学内でのPCの使用に困ることはありません。もちろんPCの置いてある部屋は、1コマ目の講義よりはやく空いているので、早めに大学に行き、予習や課題に手をつけることも可能です。今年から新しい棟もできるので、さらに施設が拡張されます。
    • 友人・恋愛
      総合評価の欄にも書いたとおり、穏やかな学生が多いため、気軽に大学生活を楽しむことが出来ます。また、男性目線で話をさせてもらえば、文系大学であるため、女性が多く、恋愛のきっかけが多く転がっています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、主に数理科目、プログラミングについて学びます。2年次からは上記以外にも、PC内部の話が加わります。また3年以降では、自分の興味が在ることについて特化して学ぶことが出来ます。1,2年では教養として英語が必須とされますが、3年以降は自分の好きなことを多く学ぶことが出来ます。
    入試について
    • 学科志望動機
      明確な目標はありませんでしたが、PCに興味があり、愛知県内での国公立、情報系ということで愛知県立大学を選びました。名古屋駅を通った通学方法があるので、県内でしたら、ある程度どこからでも実家から通えます。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センターでは全ての科目をやりつつ、理科目が2倍になるので、自分が得意な物理を特に力を入れて勉強しました。2次では、珍しく数学しか試されないので、チャート式をこなしつつ、大学の赤本をやりました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛知県立大学
    男性在校生
    日本文化学部 歴史文化学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-09投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      歴史を学びたい人、社会の構造について学びたいと思う人にとっては素晴らしい学科です!校舎はとても綺麗で、教授もその道で高名な方がそろっています!教師になりたい人もおすすめです
    • 講義・授業
      歴史の中でも民俗学、古代史、中世史、現代史、地域文化学など様々なジャンルの講義を受けることが出来ますし、心理学や哲学、情報科学など一般教養科目もほうふです!
    • 研究室・ゼミ
      自分が研究したいジャンルが決まっている人は、その研究がとことん実現できるように教授がサポートしてくれます!また、ゼミの学生仲もとても良いです!
    • 就職・進学
      愛知県立大学は国公立大学です。近くには名古屋大学や名古屋市立大学、南山大学などもありますが、それでも就職には強いです。この学科は公務員を目指す人が多く、大学でも公務員講座などを積極的に開催しています
    • アクセス・立地
      長久手町の田舎にありますので交通の便はとても悪いです。名古屋方面から通う人は地下鉄東山線を終点藤が丘でおりてそこからリニモ、東濃地区や春日井などから通う人は愛知環状鉄道からリニモに乗り換えます。
    • 施設・設備
      あたらしく建てられた学校なので、校舎はとても綺麗で、研究施設も揃っています。自販機もそろっています。ただ、コンビニがないので購買を利用してください
    • 友人・恋愛
      愛知県立大学歴史文化学科はとにかく学生の中が良いです!浮いている人がまずいません!また面白い人がとても多い学科ですので、退屈はしません
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一般教養から歴史や社会学に関するさまざまな基礎を学び、演習へと繋げていきます。古文書を読んだり、実際に調査に行ったりもします。
    入試について
    • 学科志望動機
      僕は日本史が得意で、高校時代に国公立大学で通える範囲の学校をさがし、ここに入りました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験で学科1位でしたので特に勉強はしませんでした。大学入試はいかにリラックスするかが大事です
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛知県立大学
    男性在校生
    教育福祉学部 社会福祉学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-07投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      社会福祉士国家試験の対策についても考えてくれる点がありがたいです。社会福祉士育成に特化した学問が行われます。
    • 講義・授業
      内容としては、わかりやすいように社会福祉士に必要な知識や理論の理解を進めてくれます。国家試験を意識した展開もあります。
    • 研究室・ゼミ
      社会福祉の各分野の教授がいて、それぞれに異なった内容のゼミがあり、自分が目指す道によって選択できます。
    • 就職・進学
      大学の評価の高さもあって、就職には困りにくいです。特に、社会福祉分野では就職できないことはまずありません。
    • アクセス・立地
      近くに住んでいて、自転車で通学する人でなければ、リニモ以外に交通手段がなく、アクセスはよくありません。
    • 施設・設備
      比較的新しい建物なので、綺麗ではありますが、設備が私立大学と比べると少し物足りないかもしれません。充分ではありますが。
    • 友人・恋愛
      学生間の仲がよく、毎日楽しく生活することが出来ます。サークルも多く、自分が好きなことが出来るでしょう。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次から専門知識を身に付けていきます。年次が進む度に、内容が実践的なものになります。
    • 所属研究室・ゼミ名
      渡邊ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      新聞の切りぬきを持ち寄って、全員で読んだ後、意見を出し合います。
    入試について
    • 学科志望動機
      社会福祉士の資格を取り、ソーシャルワーカーになりたかったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛知県立大学
    女性卒業生
    外国語学部 英米学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-04投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      少人数でじっくりやりたい勉強をしたい人にお勧めの大学です。外国語学部があるだけあって海外の大学との交換留学生もいて国際色豊かです。ゼミや講義も少人数で行っており、図書館や教室も綺麗な建物です。公立大学ではありますがこじんまりしていて、サークルを通して友人関係を広げていました。(逆にそれ以外の交流が少ないので学科の友人しかできないかもしれません)
    • 講義・授業
      外国語学部の講義は2年目までに広く浅く幅広い知識を学び、自分が専攻したい分野を徐々に狭めていきます。個性豊かな教授達の指導のおかげで英語力もぐんぐん上がり、TOEICで900点超えの友人もたくさんいました。英語オンリーの授業もあるし、第二外国語の講義もレベルが高いため予習がかかせません。語学を徹底的にやりたい人にお勧めです。
    • 研究室・ゼミ
      情報学部がロボットコンテストに出場して優秀な成績を残しています。そのため、「ロボット棟」が現在建設中です。外国語学部の英米学科は英語で卒論を書かないといけないため、とにかく洋書を読みまくります。そのため全体的にレベルは高いと思います。
    • 就職・進学
      就職サポートは、はっきり言って他の私立大学よりはありません。毎年就職セミナーが開催されますが、大学から企業を斡旋するようなことはありません。ただ、愛知県内でのネームバリューは名古屋大学に続く絶大なものがあるため、県内で就職を考えている場合は有利に働くかと思います。
    • アクセス・立地
      愛知万博が開催された「愛・地球博公園」のすぐ近くです。ほとんどが藤が丘から出ているリニモ」で通学していますが、運賃が高いです。大学の周りは何もないため、リニモ沿線に住む人が多いです。車があればとても便利です。藤が丘からは地下鉄で名古屋へ一本でいけるため、藤が丘に住みアルバイトをする学生が多いです。
    • 施設・設備
      最近学部編成を行い学生数が増えたので、講義棟を新設しました。元々校舎も新しいので、気持ちいいです。また、オムニのテニスコートが8面もあります。(私はテニス部所属でしたので最高でした)パソコンルームはテスト期間になるといっぱいになるため、自分で持参して図書館でやる人も多いようです。
    • 友人・恋愛
      サークルに入らないと学科内での交流しかほぼありません。同じ長久手市内にはいくつか大学がありますが、合コンのお誘いもほとんどこの大学には来ないため、孤高の存在です。そのため、大学内でのカップルがとても多いです。そんなに大きくない大学なので、すぐに噂が広まります。笑
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養中心にやり、2年目以降はイギリス・アメリカを広く浅く学びながら自分の興味ある分野を探っていきます。3年次から研究室に配属され自分のやりたい勉強をしていきます。私はイギリス文学を専攻し、イギリス文学において代表的なジェーン・オースティンの作品を研究しました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      松本ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      教授が19世紀のイギリス文化を専門としており、とてもカリスマ性のある方で講義も面白かったため、選びました。英語で卒論を書くにあたり書き方を細かく指導して頂いたり、留学から帰国した先輩の貴重なお話を聞くことができたり、交流会も楽しかったです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ホテル/事務職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      サービス業に興味があり、その中でも高品質なサービスを提供する会員制リゾートホテルのレベルの高さに感動したため。
    入試について
    • 学科志望動機
      高校の頃から英語が大好きで、もっと極めたいと考えていました。外国語学部のある大学を調べていてこの大学を見つけ、少人数での授業という特色や、地元から一番近いということもあり選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      数学が苦手だったので家庭教師をつけていました。予備校には通っていません。
    • どのような入試対策をしていたか
      2次試験は英語と小論文だったため、文法と長文速読を徹底的にやったり、毎日2つの小論文を書き先生に添削して頂きました。赤本で出題傾向を研究して臨み、そのまま特に傾向が変わることなく出題されたため安心して回答することができました。
    この口コミは参考になりましたか?
90件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

愛知県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

愛知県立大学の画像 :©Qua ohtaさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

京都府立大学
京都府立大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:60 - 66
★★★★☆3.97 (71件)
京都府/公立
国際教養大学
国際教養大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:66 - 68
★★★★☆4.23 (22件)
秋田県/公立
茨城県立医療大学
茨城県立医療大学
併願校におすすめ
偏差値:57 - 62
★★★★☆4.24 (17件)
茨城県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。