みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東海大学   >>  口コミ

東海大学
(とうかいだいがく)

東京都 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:35.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

3.74

(714)

東海大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.74
(714) 私立内268 / 567校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

714件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    工学部 動力機械工学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年05月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      自動車や航空機といった輸送機械について詳しく学ぶことができる。
      卒業後はほとんどの人が自動車メーカーや関連会社に就職してる。
    • 講義・授業
      基礎的なところは高3でやっておかないと大変です。
      授業難易度は教科によって変わりますが、専門科目はかなり難しいです。
    • 研究室・ゼミ
      理系の設備はとても整っている。
      他の企業や大学と共同研究を盛んに行ってるのでとてもいい。
    • 就職・進学
      自分の学科は工学部の中でも就職先は良好だと思う。
      自動車、航空機、船、宇宙系どれでも携われる企業にいける
    • アクセス・立地
      立地は良くない。
      ほとんどの人が小田急線を乗って通っている
    • 施設・設備
      理系の設備は他の大学よりも優れている思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      湘南キャンパスは文系理系問わず同じキャンパスなので色々な人と出会うことができる。
    • 学生生活
      サークルは多すぎて逆によくわからないです。
      サークルの他にもプロジェクトである人力飛行機、ソーラーカー、ロケットなどたくさんのプロジェクトもある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次の春は主に基本的な所のおさらいをやります。
      1年の後半から専門的な学問に入って行きます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学院
    投稿者ID:424853
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      講義も充実していて、教授への質問もとてもしやすい。また、図書館が大学の中にありテスト期間になるとそこで勉強する人がたくさんおり、勉強しやすい環境がある。法学について学びたい人はとてもよい環境だと思う。ただ、大学が無駄に広く移動がとても大変である。卒業後は色々な選択肢があり、就職も充実してると思う。
    • 講義・授業
      それぞれの教授によって講義の仕方は変わっていて、レジュメに書いてある通りの講義しかないしない人もいるが、それと反対に何も紙に書かず行動だけの教授もいる。単位に関しては、法学部は出席を取らずテスト一本なので、努力しないと単位は取れないと思う。履修は必修以外は自分の自由で取れる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは自分で自由に選べる。1年の1番最初のゼミの選び方はほとんどの人が適当だった。自分の所属してるゼミは、二人組に分かれて法学についての事件などのことを発表するような感じだった。ゼミ生同士の繋がりは、とても良かった。友達もそこでかなりできる。
    • 就職・進学
      就職については、何回も色々な職種の説明会を行っていて、就職を応援する態勢が強いと思う。とてもサポートしてくれる。
    • アクセス・立地
      最寄駅は東海大学前駅で、駅から大学までずっと坂道が続く。しかし去年からエスカレーターが設置されて、少し楽になった。
    • 施設・設備
      キャンパス中ではないが、Wi-Fiが色々なところで通っていて、調べ物などもすぐできる。エアコンも完備されており勉強しやすい環境がある。図書館についても、Wi-Fiやエアコンもある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ゼミで友達がかなりできる。ゼミに入れば、友達がいない人も自然とできる。サークルでも先輩後輩で、友達ができる。
    • 学生生活
      サークルは充実している。アルバイトも充実している。アルバイトはたくさんできるところがあるので、すぐ見つかると思う。大学のイベントは、建学祭というものがあり、とても楽しい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は法学中心で、必修科目についてはだいたいが憲法、民法、刑法の科目である。2年次 、法学科目もあるが他学部の授業も受ける回数が増える。3、4年次になると就職活動が始まるので、少しずつ授業数が減ってくる。卒論はおそらく法学部はない
    投稿者ID:429587
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    法学部 法律学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      全体的に意識が低い人が多い。
      なんとなく話聞いてメモとれば単位とれる。
      授業によっては寝てても休んでても友達がいれば単位とれる。
      論文書かなくても卒業できる。
    • 講義・授業
      スマホいじると怒る先生となにも言わない先生がいる。
      授業中は大体静かだけど寝てたりスマホいじったり内職してる人が後ろのほうにいる。
      難しい授業が少ない。基本的なことが多い。
    • 研究室・ゼミ
      先生で選んだ方がいい。
      論文書かなくても卒業できる。
      出席はほどほどにしとかないと単位もらえない。
      逆に出席しとけば大丈夫。
    • 就職・進学
      就職科がある。
      面接練習やグループディスカッションのれんしゅうができる。
      理系で院に進学はいいけど文系はレベル低いから院に進学はする人少ない。
    • アクセス・立地
      都心から離れすぎ。
      駅から歩く場合だと坂を上らないと通学できない。
      バスは一応ある。
      飲み食いする場所はある。
    • 施設・設備
      文系のトイレはきれいだが、理系のトイレは古いかんじ。
      理系の研究設備はいいらしい。
      図書館は各地にあるキャンパスから取り寄せもできる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      カップルで授業を受けているのも見る。
      サークルのカップルがおおい。学科だと、文系のカップルが多い印象。
    • 学生生活
      サークルの種類が多い。
      各サークルかなり雰囲気が違う。
      体育会、文化部連合会ごとにイベントがあったりする。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は必修ばかり。
      推奨時間割り通りで良い。
      2,3年から自分の学びたい授業を入れていく。
      4年次はゼミだけの人が多い。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      医療事務
    投稿者ID:426867
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    工学部 航空宇宙学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      航空宇宙に特化して学べる場所はあまり無いのでとても珍しいです。学内、学外の研究施設がとても充実しているので研究でも不自由しません。ただ学科の規模が小さめなのでいろいろととても密です。
    • 講義・授業
      講義にかんしてはあまり良い印象は無い。三年からは専門科目が多く充実していたが、一年、二年はただ講義を聞いて、教科書をみるのが中心で退屈するかもしれない。
    • 研究室・ゼミ
      三年からゼミに参加する機会を多くいただける。どのゼミも専門分野に特化しているので、自信のやりたいものを選択すると楽しいとおもいます。ただゼミによって予算や設備に格差があるので事前に先輩に調査を入れると良い。
    • 就職・進学
      学科の就職実績は良い。自動車分野への就職が以外と多い。ただ、学科からの支援は無いものと考えた方が良いです。必要であれば学科ではなく学校自体がやってます。
    • アクセス・立地
      非常に悪いです。私は湘南キャンパスだったので小田急線の東海大学前駅が最寄り駅でした。しかし駅名になっているが歩きで15分くらいかかるし、ずっと坂道を登る必要あり。
    • 施設・設備
      設備はとても充実しています。他にも教室や図書館等も非常に充実しているので助かりました。学内がとても広いので自転車を用意すると良い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科の規模が小さいのでみんな仲良しです。更に学校の規模が非常にでかいので多くの人と知り合うことができます。
    • 学生生活
      サークルや部活の数が非常に多いです。運動系部活は東海大学のビッグネームの下、とても活動的です。緩い部活も結構ある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      三年からゼミの他にも専門科目ぐ多くなり充実します。四年はゼミがメインになり、とても忙しくなるので、ちゃんと単位を取っとくべし。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      サブコン設計
    投稿者ID:428082
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    農学部 応用植物科学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    • 総合評価
      農学部に所属している。地震の影響で環境が大幅に代わり、充実した教育が成されているとは言いがたい。
      特に実習に関わる内容が阿蘇の畑などで行う必要であるため、移動に時間と体力が奪われる。
    • 講義・授業
      応用植物科学科に所属している。
      これについては、単純に学生の質の問題が大きい。学業に真剣な者の割合が低いので指導もそこに合わせたものになっている。
    • 研究室・ゼミ
      学生の質は悪いが、教授陣は悪くないので関わる学生が限られる研究室やゼミの指導は充実しているといえるであるう。
    • 就職・進学
      節目ごとにガイダンスや説明会が開催される。こちらが真面目に受ける気があれば、充実したサポートが受けられる
    • アクセス・立地
      熊本キャンパスについての話になる。
      キャンパスの敷地とJR九州豊肥本線の駅が接続されているため、交通の弁だけは非常によい。
    • 施設・設備
      以前の質問に答えた通りである。
      地震の影響で環境が大幅に代わっており、充実した教育が成されているとは言いがたい。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      そもそもサークルなどに関わっていない。たちあげられるイベントなどにも興味がない。学生の質の問題である。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      農学に関わる基礎知識と応用について勉強する。
      受ける講義の組み合わせによっては資格がてに入るものもある。
    投稿者ID:427057
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文化社会学部 広報メディア学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      実際にメディアを学ぶ人間にとっては、実践的な講義や活動団体が多いので、勉強になる。大学のうちから地上波に乗った放送をさせてもらえる活動もあるため、充実した学びの場になる。
    • 講義・授業
      講義は座学が多めで、実践活動をするには学科内にある活動に参加をする必要がある。その際、指導をしてくれる教授陣は業界に携わっていた人間であるが、現役を退いている教授がほとんど。
    • 研究室・ゼミ
      学科で開講されているゼミナールが3年生以上が対象となるため、あまり詳しくはわからない。しかし、卒業論文が強制されておらず、長い期間実践活動に携わることが可能。
    • 就職・進学
      就職先に映像業界を目指す学生もいるが、そうではない学生も多くいるため、映像業界やメディア業界の就職率を見ると、そこまで多くはないのかもしれない。
    • アクセス・立地
      東京に住む学生はほとんどが1時間半以上の通学時間を要する。キャンパス内がとても広いため、移動には時間がかかるが、それだけ多くの学科が揃っており、様々なことを学べる。
    • 施設・設備
      PCの多さであったり、特に広報メディア学科で使用できる機材のスペックや多さは他の大学と比べてもとても誇れるもの。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      入学当初は、付属高校の学生と壁があるようにも感じるが、同じ志を持つ学生、そうでない学生たくさんいるが、それぞれが自分の道をしっかり持っており、いろいろな話をしながら楽しい学生生活を送れる。
    • 学生生活
      実践活動をしていく中で、メディアを社会に発信する責任感や仲間と何かを作り上げることの大切さなど、様々なことを学べる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      大方、メディアの歴史であったり、ラジオや映像を実際に制作したり、というメディアに特化したもの。初めてものづくりをする学生でも教授や一緒に学ぶ学生とともに作り上げることができる。
    投稿者ID:428009
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    観光学部 観光学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      観光学部ということで観光が好き・将来観光系の仕事をしたいと思っている人がほとんどなので切磋琢磨しながらより積極性を持って大学生活に取り組むことができると思います。観光に関することを講義で学ぶだけでなく、実際に外へ行って学ぶ研修などのプログラムもあるのでとても充実していると感じました。また2年になるとキャンパスが変わるので田舎と都会の両方の雰囲気が楽しめると思います。
    • 講義・授業
      講義、授業の内容については観光の基礎から学ぶことができるのでとても充実していると思います。1年生のうちは必修の英語・体育科目・文理共通科目など必ず単位を取らなければならないものがあるので専門的な分野を学ぶことは難しいですが、観光学概論などの授業で観光の基礎を身につけることで2年生からより積極的に専門分野に入ることができます。また教授の先生は客室乗務員だった方や、ANAに勤めていた人もいるので、気軽に相談しやすい環境だと感じます。課題はレポート形式のものが多いので少々面倒くさい時もありますが、卒論に向けてたくさん練習できるので良いと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は2年生からなので私はまだどのような感じかわからないのですが、1年生の春学期からファーストイヤーセミナーといった30人ほどのクラス授業があるのでゼミに向けていい準備ができると思います。
    • 就職・進学
      就職については説明会など多くのサポートをしてくれます。観光学部は1学年220名ほどいますが約200名は就職の道に進んでいます。観光学部ですが全日本空輸、星野リゾートなど観光系だけでなく日本郵便、防衛省など様々な分野で活躍されています。
    • アクセス・立地
      観光学部は2年になるとキャンパスがかわるので湘南キャンパス、代々木キャンパスの2つのキャンパスを経験します。どちらのキャンパスも最寄り駅から徒歩15分ほどなのでアクセスは良くはないと思います。特に湘南キャンパスの方は途中長い坂があるので慣れないうちはきついと感じることもあります。代々木キャンパスのほうですが学校の所在地は渋谷区にあたるので街並みにあるイメージなのですが、実際は住宅街にあるので落ち着いた雰囲気の中通えます。学校帰りに渋谷、原宿などはすぐ行けるので代々木キャンパスのほうが楽しめると思います。
    • 施設・設備
      湘南キャンパスについてはとにかく広いので校舎の移動でよく歩くことになります。食堂もたくさんあるので様々なメニューを楽しむことができます。最近できた19号館はとても綺麗で特に設備が整っているので清潔感あふれた中で大学生活を送ることができると思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学部の友人関係については人数が220名と少ないのでより1人1人と深く関わることができると思います。サークル、部活動もたくさんあるので自分の興味のあるものに入ると同じ趣味を持った友人や先輩に出会えるとおもいます。
    • 学生生活
      サークル・部活動については所属していないので特に言及することはできませんが、サークルに入ってる友人を見ているととても充実していてより楽しく学生生活が送れるとおもいます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は観光に関する基礎の授業を受けたり、現代教養科目を受けたりします。必修科目が多くあるので1年のうちはほとんど毎日1限、2限から授業が入ると思います。2年次になるとホスピタリティ論、パークスリゾート論など興味のある分野を重点的に学ぶことができます。また観光学部では卒論は必須となっています。
    投稿者ID:426520
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    観光学部 観光学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    • 総合評価
      単位を修得するための研修旅行が豊富にあり、色々な国(または国内)から選択して、自分の学びたいことが学べる。また、初年度はまんべんなく観光の基礎を学ぶために4分野を必修でとるが、その後は1つに絞ってもいいし、時間割の許す限り好きな分野をカスタマイズしてとることができる。
    • 講義・授業
      ◯◯概論など、ほぼ全ての学生が必修で取らなければならない授業に関しては講堂や大きな教室で行うので、正直なところ集中がしづらいが、講師もそこは見て見ぬ振り。
      課題に関しても、授業によって偏りがあり毎回ある科目もあれば、何も出さない先生もいるので取得した科目次第で、学生生活がかわる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは自分自身で、どの先生(その先生の研究分野に自分の学びたいことが合致しているかあらかじめ確認要)の元で学びたいかを決定し、申し込みの提出をする。
      学生の研究したい分野によっては、君は◯◯先生のゼミに行った方がいいかもしれないといわれ、必ずしも希望したゼミに入れるわけではない。
      同じゼミの仲間でも、研究分野は幅広い。
    • 就職・進学
      学部のキャンパスが独立した校舎だったため、就活アドバイザーのような人が一人だけいて、
      その人が就活生すべてを一度模擬面接をして、アドバイスするだけだった。
    • アクセス・立地
      最寄駅は代々木上原で、JRからもメトロからも行けるところは好都合だった。
      坂道が多い上に、高級住宅街を通って通学するため
      通学中の私語やマナーについて指摘されることが多かった。
      近くにパン屋さんや、雑貨屋さんなど穴場があり
      授業がはやく終わる日などは時間をつぶせた。
    • 施設・設備
      メインのキャンパス(湘南)と比べると、図書館のサイズも圧倒的に小さかった。メインキャンパスでは、学生登録して通うことができるジムや、広い広場があったが、代々木上原のキャンパスは、食堂、図書館、卓球場(小さい体育館の一部)だけだった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      男女比が3:7で、ほとんどが女子だったため学内恋愛はそこまで多くなかった。また、他学部が同じキャンパスにないため(2年の途中まではメインの湘南キャンパスだが)、移動後は出会いもほとんどゼロになってしまう。
      また、学部の学生が運営しているサークルもなかったため、
      メインキャンパスのサークルに週1回通う人もいた。
      その人はサークルがある日だけ、メインキャンパスの授業をとるなどしていた。
    • 学生生活
      代々木上原キャンパス自体では誰もサークル活動をしておらず、元いたメインキャンパスへサークルへ通うために授業後移動する人もいた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は「観光文化」「サービス・マネジメント」「レジャー・レクリエーション」「地域デザイン」の4分野の基礎を必修で学ぶ。
      2年から、そのうち好きな分野を選択していきある程度自分で履修科目を得られるようになる。(分野を絞り込むかどうかは学生次第)
      2年の後期から代々木上原キャンパスへ移動し、より専門的な授業を学ぶ。(1年の時はいわゆる◯◯概論と言われていた授業ばかりだが、イベントプランニング、都市景観など、より深くを学べるようになる。)
      3年からは、外部から講師を呼び(現職の方に仕事内容ややりがいを教わる授業)、職場を身近に感じられるような授業が増えてくる。
      ただし、キャビンアテンダントや空港スタッフ、ホテルスタッフなど、偏った内容なのであまりその職業に興味がない人からするとあまりヒントにはならない。
      4年は必須授業はほとんどなく、卒論を完成させて最後の必修4単位を取得という形になる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      アパレル業界の販売。
      その後、英語をもっと活用できる仕事はないかと思い
      転職をして、留学サポート会社へ。
    投稿者ID:431578
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文化社会学部 日本文学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      生徒によって学習の差があるように感じます。先生方はわかりやすく詳しく講義してくださいますが、それを享受する態度は個人によるので偏ってくるのだと感じます。自分が学ぼうと思えばとても力のつく講義が多いのでおすすめします。交友関係も大切ですが、それだけに惑わされずにいけば充実した学生生活になると思います。
    • 講義・授業
      どの講義も分かりやすく詳しく有意義なものが多いです。ゼミナールも自分が学びたい分野で活躍されている方が多いので、さまざまな指摘や指導をしてくださいます。
    • 研究室・ゼミ
      私自身あまり研究室に行かなかったので3という評価にしました。ゼミナールでの演習は卒業論文に向けて書きかたの指導や内容の指導を丁寧にしてくださるので心配いらないと思います。
    • 就職・進学
      私の周りに対しての意見ですが、就職実績はよいと思います。講演会などによるサポートも充実しているのでよいと思います。
    • アクセス・立地
      アクセスはとてもよいと思います。飲み屋も近くにわりとあります。大学の友人との飲み会がよくありますが、大学の近くだと多くの人が参加できて助かってます。
    • 施設・設備
      施設、設備等はあまり使ったことがないのですが、とても充実していると友人からききました。使っていたらもう少し大学生活が楽だったかもしれません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      取る講義によって年々友人が偏ってきます。もちろんそれは深く関係を築くことができるのでいいのですが、同じ学科でも名前も知らない人がわりといます。恋愛関係はあまり続かない人が多いです。
    • 学生生活
      私の所属するサークルも含め大学祭では公演や出店など多くの催しがあり、訪れる人も多いです。大学祭に向けて練習や準備をしたり人と多く関われます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      学科の名前の通り、日本語や文学について学ぶことができます。日本語学としては現代まであるので方言やラ抜きなど社会言語学のことも学べます。文学は中古~近現代までさまざまな分野になるので学びたい時代を選ぶといいと思います。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      地方公務員
    投稿者ID:427232
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生物学部 海洋生物科学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学科全体を通して、すごく専門的なことを学べる。海洋という分野の様々な観点を勉強できる。ただ、学科の授業が少く、卒業単位をとるには他学科の授業をとらなければならず、単位の管理をしっかりしないといけない。卒研が必修でないので、研究室に必ず入るかは分からない。
    • 講義・授業
      難しい講義と簡単な講義がわかれる。実験科目は楽しいものが多い。レポートの課題が多いが、興味があるものはそれほど区ではない。先生も優しい人が多い。
    • 研究室・ゼミ
      研究室により差が激しい。先輩が少ないところは、教えてもらうことができないので、かなり大変。自分のやりたいことがハッキリしている人は研究室でもスムーズにいくが、あいまいだと苦労する。
    • 就職・進学
      自分の志望に受かっている人が多い。キャリアのサポートもあつく、専門の授業があったり、履歴書の添削も積極的に行ってくれる。
    • アクセス・立地
      山の中腹にあり、交通はバスしかなく、駅から遠い。住宅街にあり、大きなスーパーなどから離れている。坂道が多く、雪が降ると滑りやすくなる。
    • 施設・設備
      冷暖房があまりきかない。夏は冷房がないので、j教室によって暑い。冬は暖房が教室にいきわたりにくく、寒い。トイレが新しいキレイなところと古く使いにくいところがある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内で授業が限られているので、同じ学科の人と接する機会が多い。全員で実習を行ったりするので、同じ経験をした人が多く、話しやすい。恋愛は他学科の人とサークル等を通して出会う人が多い。
    • 学生生活
      不真面目で参加しない人もいるが、先輩後輩とうまく関係をつくっていけば楽しくできる。ある程度自由なサークルなので、やりたいことができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年では、基礎科目がほとんどで、この校舎で学べる研究できることについて、学科の先生が週ごとに授業してくれる。二年では、授業が少くなるので、他学科の授業をとる必要がある。一年または二年で乗船実習があり船にのる。運がいいと快適だが、天気が悪いとすごい揺れる。必修はそこまで難しくないが、出席しないと落ちる。三年生は実験が始まる。必修ではないがほぼ必修。とらないと卒研が受けられず、四年の必修が取れない。実験はレポートが多いものと楽しいものと差があるので、やりたいことと先生をみて、選ぶといい。
    投稿者ID:430487
    この口コミは参考になりましたか?
714件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

東京都で評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東海大学   >>  口コミ

東海大学の学部

オススメの大学

東北医科薬科大学
東北医科薬科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.66 (82件)
宮城県/私立
早稲田大学
早稲田大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.03 (2260件)
東京都/私立
岩手医科大学
岩手医科大学
併願校におすすめ
★★★☆☆ 3.40 (52件)
岩手県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。