>>     >>     >>  口コミ

東京工科大学
東京工科大学
(とうきょうこうかだいがく)

東京都 / 私立

偏差値:48 - 57

口コミ:

3.46

(83)

東京工科大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.51 283位
研究室・ゼミ 3.58 237位
就職・進学 3.16 357位
アクセス・立地 3.19 171位
施設・設備 4.08 50位
友人・恋愛 3.22 346位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

85件中 1-10件を表示
  • 東京工科大学
    男性在校生
    コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他の大学にはないコンピュータ専門の学部でハードとソフト両方について学べるので、コンピュータに興味のある方にはオススメ!。基本的なことから学ぶのでプログラミングの知識やハードとソフトの知識が全くなくても大丈夫です。
    • 講義・授業
      普通の講義の他にも、実験なども充実している。また、学修支援センターもあり、講師や大学院生が丁寧に教えてくれます。
    • 研究室・ゼミ
      3年の後期から研究室に配属されます。様々な種類の研究室があるため、2年半学んできた中で自分にあった研究室を選ぶことができます。
    • 就職・進学
      3年になると就活に関する講義があり、業界研究を中心に勉強したり、マナーや面接練習などもあります。
    • アクセス・立地
      八王子駅と八王子みなみ野駅からバスが出ている。八王子みなみ野駅からは歩いても15分くらい。八王子駅の北口は飲食店もたくさんある。
    • 施設・設備
      新しい建物が多い。またどの教室でもインターネットが使用可能です。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京工科大学
    女性卒業生
    メディア学部 メディア学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      CGアニメーション、実写映像作品、プログラミング、ラジオ放送など多岐にわたる経験ができるところが良い。
      授業の多くはノートパソコンを利用し、あまり触れない人でも否応なくタイピング技術が向上します。
      しかしながらノートパソコンは買わなければならず、ないと授業の出席すら出来ない。
    • 講義・授業
      面白い授業は多い。しかしながら、プログラミング言語を沢山覚えていないと授業を受けるのが苦痛になるかも。C+など。
    • 研究室・ゼミ
      私が履修したのはドキュメンタリー制作で実際に自分でアポを取りインタビューをして一つの映像を作りました。就活しながらだったので非常にしんどいものでしたがやりがいもあり、毎週プレゼンをして先生やゼミ仲間にアドバイスをいただいたりと、充実していました。
    • 就職・進学
      先輩には博報堂プロダクツや電通に就職していたり、同級生にもゲーム会社や自分で会社を経営しています。
      学校も就職サポートがあり、面接指導や就職斡旋もありました。自分もその斡旋を受け印刷会社に内定を頂きました。
    • アクセス・立地
      山の途中に学校があり、周りには何もないです。八王子市まで行かないと飲み屋などはほぼない。
    • 施設・設備
      構内には学食棟の他にコンビニ、本屋、文具店、マクドナルド、吉野家、ボーリング場などがあり困りません。
      CGアニメーションをするのであれば大きなモーションキャプチャのスタジオがあるのも利点です。映画キャシャーンはここでモーションキャプチャを取ったと聞いています。
    • 友人・恋愛
      ザックバランの人間がいますので、サークル活動をするならば沢山の人と出会えます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      外国語二カ国語、プログラミング、エクセルワードパワポの基本技術習得、映像制作、基本情報技術者の基礎事項など沢山学ぶます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      最終的に印刷会社に内定を頂きました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京工科大学
    女性卒業生
    応用生物学部 応用生物学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-22投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 1| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      生物の教科が好きだけど生物のどんな部分が好きなのか、やりたいのか?。 まだ決めかねてる人に1から2年で基礎を学び、3年で応用をやっていくカリキュラムはとても選択肢が広がり、学びやすい環境です。 専門学校と併設になっているので、研究やサークルで使う施設が充実しています。
    • 講義・授業
      実験では様々なコースに分かれ学びます。 英語や微積分も学業能力に合わせて学べ分りやすく解説してくれます。 また、高校で物理や数3をやってこなかった人も補修があるので安心です
    • 研究室・ゼミ
      研究施設や応用生物学部では、温室や東京大学にもない最先端な機材があり、企業の研究者の生の話を聞ける機会がたくさんあります。
    • 就職・進学
      リーマンショックで景気の落ち込み、プラス東北の震災があり、同級生はたくさんのひとが就職できず就職浪人しました。
    • アクセス・立地
      元々は八王子みなみ野にはたくさんのバスがくるが、八王子には1時間に1本くらいでした。 いまでは八王子の再開発により八王子のバスが増えたことによりかなり、便利になりました。
    • 施設・設備
      ドラマの撮影などによく使われるくらい綺麗な建物です。 女子トイレじぶんが入学時に整備され、綺麗になりました。
    • 友人・恋愛
      応用生物学部は実験などもおおく、他の学部と比べるとサークルの参加がしにくいかと思いますが、 施設が充実してることもあり、いろいろなことを取り入れられると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      生物や環境、化粧などに興味があり、どうなっているんだろうと感じ勉強してきました。 自分は大学時代は演劇にのめり込み、専門学校の俳優声優科の方と一緒に公演も行いました。 そのようなことができるのもこの大学の醍醐味だと思います。
    入試について
    • 学科志望動機
      高校時代に生物が好きだったこともあり、生物を多方面から学びたい。 また、どちらかというと植物を育てたいなどの理由で志望しました。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京工科大学
    女性卒業生
    応用生物学部 応用生物学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      八王子の広大な敷地内に最先端の施設がそろっており、学生実験や研究活動で使用できます。教授をはじめ、講師の方々もとても人柄がよく熱心な方が集まっています。学びたいことに打ち込める環境が整っています。
    • 講義・授業
      学部共通と基礎科目、学部ごとの共通科目、さらにコースごとの専門科目に分かれており、内容はとても充実しています。社会の現場での経験のある先生型が多く、企業や自治体との共同研究の話などを聞くことができます。また、企業の肩を招いた特別講義なども実施しています。
    • 研究室・ゼミ
      最先端の施設・実験装置を使用した高度な研究が多いです。研究内容と研究費は教授によって差がありますが、厚労省から研究費を頂いている研究室では、それだけ公共性・公益性の高い研究内容に携われるということだと思います。
    • 就職・進学
      就職サポートセンターでは、自己PRの添削や面談練習をはじめ、進路相談に親身に応じてくれます。また、就職サポートを行う授業が必須科目となっていて、自己PRの仕方等、就職をするためにまず必要なことを、講義形式と演習を通して学ぶことができます。
    • アクセス・立地
      最寄り駅はJR横浜線、八王子みなみの駅です。学内専用バスが通学時間にシャトル運行しています。普段は10~20分に1本程度です。駅から徒歩で向かうこともできますが、山道のため20分程度かかります。なお、朝の時間帯は学内の人数が多いため、シャトル運行にもかかわらず30分程度の行列ができますので、時間に余裕を持った方がいいと思います。
    • 施設・設備
      日本で数台しかないレベルの設備が数多くあり、そのすべてを学生たちが研究等で日常的に使用することができます。高度な研究や測定を行うことができ、研究内容も臨床的な研究をベースにしているものが多いです。唯一、動物実験を行う施設は備えていないため、他の研究機関に赴くことになります。
    • 友人・恋愛
      キャンパスが広く、学科の人数も多いため、さまざまな人と交流する機会があリます。多様なタイプの友人と人間関係を学ぶことができると思います。実験の基礎を学ぶ授業では、5,6名程度の班で実験を行い、考察などを行います。実験手法を身に付けるだけでなく、メンバーとのコミュニケーションも磨かれます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎科目と学部共通科目が大半で、実験の基礎演習や教養科目を学びました。2年次からは化学系、工学系のコースに分かれて、より専門的な実験演習を行いました。また、この頃から講義の専門性も高くなります。3年次後期から研究室配属を決めて、4年次には研究室がメインとなります。研究テーマは4年次前期頃に決めて、就職活動と両立しながら卒業研究を進めました。私は、医薬品系の研究をしている教授のもとで、難病患者の検体を使用しての測定・分析をしました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      抗加齢医化学研究室(山本研究室)
    • 所属研究室・ゼミの概要
      抗加齢効果で代表的なコエンザイムQの体内動態の研究をしています。研究室内が広く、院生の先輩も多く在籍しており、疑問に思ったことをすぐに聞ける環境です。数人で同じ研究テーマをもつこともあるため、団結力の強い研究室です。
    進路について
    • 就職先・進学先
      IT企業/システムエンジニア
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      卒業研究を通して、実験データをまとめたり統計分析することに面白さを感じ、データを扱う仕事やデータベース設計などで様々な業種の助けとなることができるシステムエンジニアに魅力を感じたため。
    入試について
    • 学科志望動機
      医薬品に関わる学問に興味があり、製薬や遺伝子治療、薬学など幅広く学びたいと思ったため。施設が充実していることと、医薬品・サプリメントの分野で実績のある教授が多かったため、こと学校を選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      一般入試で2科目受験があり、私は得意科目と苦手科目の差が激しいため、得意なところを生かせると思い、この受験方法を選択しました。試験科目は、数学と生物を選択しました。数学では独自の問題がありましたが、生物は遺伝分野での計算以外は特に難しくありませんでした。オープンキャンパスにて過去問題を配布していますので、対策はしやすいと思います。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京工科大学
    女性在校生
    コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      ハードウェア、ソフトウェアどちらも学ぶことができます。また、教授は実際に企業で働いた経験のある方が多いので実際の仕事についても知ることができると思います。さらに、学会にも積極的に参加できるため、将来に役立つことが多いと思います。 サークル活動は他学部の学生と一緒にできるため、友人関係も広がって楽しいです。
    • 講義・授業
      授業の選択範囲が広いため、自分が将来就きたい仕事に合わせて講義を選択することが可能です。また、ハードウェア、ソフトウェアどちらも学ぶことができるため、幅広い知識を吸収できると思います。
    • 研究室・ゼミ
      私はまだ研究室に配属されていないので、細かいことはよくわかりません。 人気の研究室は成績の良い人から配属されるため、講義はしっかりと受ける必要があると思います。
    • 就職・進学
      まだ、就職活動を本格的に行っていないので、就職に関してはよくわかりません。 実際にインターンシップに参加する際には、社会人として必要なマナーなどを説明してくださったので、非常に役に立ちました。
    • アクセス・立地
      八王子駅、八王子みなみ野駅から無料のスクールバスが出ているので通学ではあまり困ることはないと思います。しかし、1限が始まるギリギリの時間に大学に着くバスは混みやすいので余裕を持って通学する必要があります。
    • 施設・設備
      トイレは徐々に新しくなっているので、非常にきれいです。また、Wi-Fi設備も整っているので、パソコンなども簡単にインターネットに接続できます。
    • 友人・恋愛
      私の所属している学部は男子が多いので、その分女子同士は仲が良いです。また、サークル活動は他学部の人とも関わりが持てるので、おすすめです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎的な知識を学ぶための講義や演習が中心で必修科目がほとんどです。2年次以降は自分が就きたい仕事に合わせて自分で講義を選択しながら受講します。3年の後期に研究室に配属されます。
    入試について
    • 学科志望動機
      私はパソコンであらゆるシステムを作りたいと思い、そのようなことを学べる大学に進学したいと考えてこの大学に入学を決めました。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      代ゼミサテライン予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      私は理系の学部に所属しているため、数学、物理、英語を中心に勉強を行いました。特に物理は苦手意識が強く、大変でした。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京工科大学
    男性卒業生
    メディア学部 メディア学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      当大学では各学生がPCを使って勉強します。会社で必要となるOfficeソフトの使い方や、プログラムのやり方を学ぶ授業が様々あり、メディア社会の中で活躍できる人間になるための授業が充実しています。
    • 講義・授業
      PC等の専門的な授業が充実しています。AIのプログラムを組んだり、3DCGを制作したり、アニメーションやゲーム、世の中にある機器についてなど、多くの専門的な知識、技術を吸収することができます。ですが簡単ではありますが、プログラムやソフトの使い方などの必修の授業があり、苦手な人が苦戦していることもあります。
    • 研究室・ゼミ
      当大学は卒業のために、卒業研究が必須となっています。学生それぞれが今まで大学で学んできたことを土台に、卒業研究を行います。研究室は様々あり、デザイン関係、ロボット関係、社会貢献、エンターテイメント、ゲーム、アニメ、音楽など様々な分野があり、学生が研究に挑むのに、よい環境となっています。ただ研究室は所属できる人数が限られています。もし上限以上の希望者がいた場合、それまでの学生生活の生活態度や成績で、所属できる学生が決定するので、日ごろの授業をおろそかにすると、興味のない研究を1年続けることになるかもしれないので、気をつけてください。
    • 就職・進学
      就職についてのセミナーや講習が多くあります。当大学は就職率もよく、学部によっては就職率がほぼ100%ということもあります。さらに外部の就職サポート企業との提携もあるので、就職の選択肢が多く見つかります。
    • アクセス・立地
      私は八王子キャンパスに通いましたが、JRの駅からスクールバスが出ていますが、朝の混雑時ではバスに乗る学生の列は、かなりの長蛇の列になっています。(列整理の人がいるほどです)私はいつも混雑する時間より早く乗っていたのでそんなに困りませんでしたが、時間にルーズな人だと並び始める時間が遅くなり、1限目に間に合わないこともあります。さらにスクールバスの最終便を逃すと、最寄の駅までそこそこの距離を歩くことになります。春や秋はまだいいのですが、夏はかなり暑く、冬は積雪していることもあるので気をつけましょう。
    • 施設・設備
      当大学は様々な施設があります。たとえばモーションキャプチャー(人の動きなどを3DCGに反映させる技術)が行えるホールや、サークルや授業で使うトレーニングルーム、特定の授業を受けている学生ならば、3D制作やアニメーション制作、ゲーム制作のためのソフトウェアが自由に使える設備などがあります。 さらに他の大学にない設備でボウリング場があります。学生も自由に使うことができる設備です。
    • 友人・恋愛
      アニメやゲーム、音楽などの同じような趣味を持つ学生がたくさんいます。仲間たちと一緒にゲームを作ってイベントに参加したり、流行のアニメの話題で盛り上がったりと、必ず分かり合える仲間が見つかります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年2年次はメディア学や外国語、Officeソフトの使い方など基礎教養を学び、3年次は演習が多くなり、それぞれの得意分野や興味を伸ばしていきます。4年次はテーマを決め、卒業研究に取り掛かります。
    • 所属研究室・ゼミ名
      コンテンツプロダクションテクノロジー
    • 所属研究室・ゼミの概要
      ゲーム、アニメ、シナリオ、キャラクターの4つの分野に大きく分かれ、それぞれの講師に指導してもらいながら、研究のためのシステムを構築したりする
    入試について
    • 学科志望動機
      将来の明確な夢がなかったが、この学部は在学中に様々な分野に触れることができるので、将来を探せることが決め手になった。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • どのような入試対策をしていたか
      正直ほとんど勉強した記憶がない。実際他に受けた大学は全て落ち、ここだけが受かった。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京工科大学
    女性在校生
    医療保健学部 臨床工学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 1| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      全体的に綺麗な大学なので、過ごしやすいと思います。 他学科との交流はありません。 学校近くには駅ビルやカラオケなどがあるので、そこそこ遊ぶことができると思います。
    • 講義・授業
      医療系の学科なので、ほとんどが必修科目です。 他学科と合同の授業もありますが、交流はありません。 第二外国語の授業がない代わりに、日本語禁止の英語の授業があります。この授業は先生や学生と英語でコミュニケーションをとるので、人によっては楽しくない授業となるかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      一年次からゼミがあります。このゼミでは、大学生活などについて話を聞いたり、5~6人程のグループで、調べものをし、発表したりします。
    • 就職・進学
      医療系の学科のため、国試に合格出来れば就職できます。就職率はいいと思います。 また、サポートもしっかりしていると思います。
    • アクセス・立地
      蒲田駅からは徒歩5分もかかりませんが、京急蒲田からはかなり歩きます。 大学付近には駅ビルやカラオケ、商店街があるので、多少の時間つぶしは出来ると思います。
    • 施設・設備
      教室、お手洗いなど、全体的に綺麗です。 エレベーターがありますが休み時間は教室移動などでとても混みます。
    • 友人・恋愛
      部活での他学科との交流はあると思いますが、授業での他学科との交流はありません。 基本的にアルバイトは禁止されていますが、ほとんどの学生が何かしらアルバイトをしています。 学生の学力の差が大きいです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次では、一般教養はもちろん、専門基礎科目も勉強します。
    入試について
    • 学科志望動機
      臨床工学技士になるための勉強ができ、都内であったから。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      東京医進学院
    • どのような入試対策をしていたか
      滑り止めの大学だったので、特に対策はしていません。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京工科大学
    男性在校生
    コンピュータサイエンス学部 コンピュータサイエンス学科 / 在校生 / 2010年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      コンピュータサイエンス学部(以下CS)は、ハードウェア(物質)とソフトウェア(手で触ることができないモノ)の双方から「コンピュータとは何か」という問について考えたい人に向いている学部かと思います。 CS学部は基本的に「ある表現したい事をコンピュータで如何に実現するか」という"技術"に重きを置いおり、「ある表現したい事」という技術を活用する対象となる事柄については、あくまで副次的なものとして扱っている為、自身がコンピュータ技術を用いてやりたい事を漠然とでも意識していない人は学生生活に少々辛いものが有ると思います。 裏を返せば、自身がやりたいと思うことを既に持っていて、その信念を持ち続けることが出来るなら、学びの環境等が良く整えられた学部だと言えるでしょう。
    • 講義・授業
      CS学部の講義内容は凡そ次の様にまとめられます。 ・1年次:基礎科目 ・2年次:専門基礎科目 ・3年次:専門科目 ・4年次:基本的に卒論メイン 基礎的なものを学びつつ、自身の進みたい道に沿ったコース(コンテンツ、ロボット等)を見極め、それについて2年次後半から本格的にスタートするという内容になっています。 講義は基本的に「コンピュータとは何か」という問をベースにした技術的な事柄のレクチャーが多く、手法を手っ取り早く身に着け、自身のやりたい事をどう実現するか道筋を建てるのに役立てたい人にはうってつけの内容だと思いますが、私の場合は更にその前提となる実現したい事柄についてもっと深く考えたいと思っていた為、それに示唆を与えてくれる講義や機会が少なく感じたのが気がかりでした。 しかし、数が少ないとはいえ全く無いわけではなく、数少ないそれらの講義内容は非常に深く、そして豊富な示唆を与えてくれるモノもあったので、それほど深刻に受け取る必要は無いかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      ネットワークから材料工学まで、様々な分野の研究室が存在し、自身の目的と似た研究室を見つけるのは容易でしょう。 しかし、研究室の中には極めて狭き門のものもあり、それを見越して2年次までに次善の策を練っておく必要が有ると思います。
    • 就職・進学
      専門の部署が設けられていたり、定期的にセミナーを行っていたり等、基本的な就職のサポートは行われていると思います。 後は自身の意欲だけでしょう。 某大手ゲーム会社などへの就職実績があることからも、それが裏付けられていると思います。
    • アクセス・立地
      八王子駅と八王子みなみ野駅、そして学生寮に学生バスが発着しているので時間に余裕を持って行動すれば何ら不自由は無いと思います。 講義開始の40分前ぐらいからバス停が混み始めるので、時間に余裕があるのならば八王子みなみ野駅から徒歩で向かったほうが良い場合もあるでしょう(所要時間15分ほど)。 大学は坂道の途中にあるので自転車通学は骨が折れるかもしれません。 周辺は開発が進められている地域で、ショッピングモールや書店、飲食店が増えつつあり、居住するには申し分ないでしょう。
    • 施設・設備
      ドラマや映画の撮影に使われるほど、近未来的なデザインが特徴の校舎であり、景観は申し分ないと思います。 大学の直近は林や小山が多い為にお店の数も少ないですが、大学構内には学生食堂だけでなく様々な飲食店が入り、小さな書店やコンビニ等もあるので基本的には不自由しません。 図書館の設備も十分に整えられており、学生が休憩するスペースも構内に所狭しと整備されているので、構内での生活には何ら不自由しないでしょう。
    • 友人・恋愛
      大学内で恋愛を求めるのは難しいでしょう。 情報系を主眼においている大学なので、必然的に男性の比率が高く、壮絶なパイの取り合いになるのは目に見えています。 恋人は大人しく校外で求めるのが無難でしょう。 交友関係については何かしらのサークルに所属すれば問題なく築けると思います。 実に多彩なサークルがあるので、決めるのに少し迷うことがあるかもしれません。 もちろん掛け持ちできるサークルもあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はコンピュータについての概論、JAVAを用いたプログラミングの基礎、線形代数と微分積分についての講義、プレゼンなどの"人間形成"と題した科目群の講義、その他一般教養などを学び、2年次更に専門的な事を学びました。 2年次以降のプログラミングはJAVAに加えてC言語も学ぶことができます。 2年次からどの専門分野を学ぶかコース選択することになり、3年次に研究室配属となりますが、研究室は選択したコースにかかわらず希望することができます。 裏を返せば、自身の選択したコースと別分野の研究室に配属されることもあり、私の場合がそうでした。
    • 所属研究室・ゼミ名
      工学系の研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      プログラミングの技術を用い、物質の科学計算を行うことができます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      情報サービス系
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      自分が学んだ情報系の知識と技術は、情報系の職でスムーズに発揮することが出来るだろうと考えたから。
    入試について
    • 学科志望動機
      ビデオゲームについて考え、学びたいと思い、専門学校よりも学術的な事に触れられるだろうと考え、この大学を選択しました。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      AO入試は面接が極めて重要であるという事を自分に何度も言い聞かせ、その上で「自分は何を学びたいのか」「自分はどれほど学びたいと思っているのか・学びに飢えているのか」「なぜこの大学なのか」「学んだことをこの先どのように生かそうと考えているのか」これらの問に満足するような解答を考え、それを丸暗記することなくそのエッセンスを頭に叩き込み、いざ面接となった際に自然と口から溢れ出るように面接の練習を自分の頭の中でも繰り返し繰り返し行いました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京工科大学
    女性在校生
    応用生物学部 応用生物学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-03投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      研究したいと考えている人にはとてもいい大学だと思います。図書館にはたくさんの専門的な本や雑誌がおいてあり、机もたくさんあるので、ゆっくり静かに勉強したい方にはいい環境だと思います。また、教師の方がとても面倒見がよく、先生との距離が近いのもいいところだと思います。
    • 講義・授業
      いろいろな先生がいるので、いろいろな見方から生物について勉強することができます。また、教養科目もいろいろな種類があり、たくさん勉強する事ができます。
    • 研究室・ゼミ
      先生との距離がとても近く、面倒見がとてもいいです。また、たくさんの種類の研究室があり、さらに、私の学科は、工学部の応用化学科の研究室も選べることが可能になりましたので、違うことに興味が出てきても対応できると思います。
    • 就職・進学
      進学するときは、たくさんのサポートがあるので、ほとんど学費がかからないようにすることができます。また、学部と違って、たくさん研究できる施設も使えることふぁでき、のびのびと研究することができます。
    • アクセス・立地
      八王子までいくことができれば、無料のスクールバスがでています。歩いたり自転車でいくのは、坂が多いうえに少し遠いので難しいかもしれません。それに、バスではかなり並ぶことが多いですが、バスの運転手さんが親切で、たくさんバスが行き来しています。
    • 施設・設備
      施設は、たくさんの種類があり、研究するときに必要な機械もたくさんあります。設備については、冷房・暖房ともによく効きます。また、図書館なども充実しています。
    • 友人・恋愛
      他大学との交流はあまり盛んではないですが、学部間や先生、留学生との交流が盛んで、皆イキイキとしているように感じられます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次が一般教養やパソコン、化学の計算の演習が中心でしたが、2年次以降は生物についての本格的な学習がスタートし、女性ホルモンについて実験したり、水質ついて調べたりしました。3年次から、本格的に研究室について考え始めます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      軽部・吉田研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      DNAについて研究しています。私はリボザイム(特定の化学反応を触媒するRNA)について研究しています。
    進路について
    • 就職先・進学先
      内部進学
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      まだ、就職について考えるのは早いと思ったし、今の研究を続けたいと思ったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      生物が好きでしたが、あまり大学の学部がなかったため、応用生物学部がある大学を選びました。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • どのような入試対策をしていたか
      ひたすらセンター試験と過去問題を解いて、間違えたところは見直しをしてできるようにした。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 東京工科大学
    男性在校生
    応用生物学部 応用生物学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-02投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      ちゃんとやる人はやる、やらない人はしかり。大学が新しくきれいで広い、ボウリング場も兼ね備え馬の銅像もあって魅力的なキャンパスだが、学年が上がると研究室に配属し一つの建物しか使わなくなる。履修についてや落し物等々を受け付ける学務課は対応の仕方がひどい人も多い。最寄駅からキャンパスまでは交通整備によりこれまでと比べ本当によく改善されたと思う。
    • 講義・授業
      他大のことを知らないのであれだが、いらないと思う授業もある。出席システムは紙媒体によるもののみからネット媒体も加わり基本的にはネットからに移りつつある。自宅のネット回線などからも出席登録でき、細かくチェックしない教員がいれば細かくチェックし、当然不正がばれることもある。テストも持ち込み有り無し等々教員によるため、自分の知識にできる人と単位を取るのみの人に分かれる。研究室配属前の学生実験のレポートは先輩から頂いたものをペーストしているのが現状。
    • 研究室・ゼミ
      教授陣に恵まれた学科であると思う。自分の研究室は企業の方や海外からの留学生・研究員などをよく迎えておりほぼいつでも外部の方がいる。接点を持つことができるが、お相手側も仕事で来られているため、事実それほどでもないと思う。基本的には4年になってから正式配属となる。他の研究室は研究室内で飲み会やその類を頻繁に行っているようなところも多いが自分のところは少ない。他大で耳にするようなゼミはない。一年のころにフレッシャーズゼミという名の授業があるが、グループワークし学年全体で発表するような授業である。前述した学生実験や、フレッシャーズゼミのグループワークなどは優秀者数名に賞金が設けられている。
    • 就職・進学
      いわゆる大手や、BtoCでよく耳にする企業ばかりに就職できるわけではないのが事実。あくまでうわさに過ぎないが、就職率の算出は、内定の有無問わず全内定数を学生に振り分け産出しているといううわさも聞いたことがあるので真の値はわからない。キャリアサポートセンターが設けられており、自ら就職活動を行える、自らちゃんと利用できる人には便利な施設である。学務課と比べいい対応をしてくれる方が多い。大学院進学率は少ないと思う。10人から13人程度の研究室から3人程度だと思う。
    • アクセス・立地
      応用生物学部は八王子にあるので、実家なら埼玉や神奈川の人が多いような気もする。千葉や地方の方は一人暮らしが多いと思う。最寄駅に八王子と八王子みなみ野2つが挙げられており、どちらからも通学バスが出ているが、みなみ野からなら歩いて通学できる、八王子からだと50分程度かかると思う。山のほうにあり立地はよくないと思う。学校からの最終バスは21:20ごろで乗り過ごしてしまえば八王子みなみ野へ20分弱かけて歩く必要がある。
    • 施設・設備
      ボウリング場が特徴だと思う。有料で靴のレンタルがあり、外でやるよりももちろん安くできる。ただボールが重いものしかない。敷地面積がものすごく大きく、授業による移動だけで時間がかかってしまう。他学部は知らないが、学年が上がると、使う建物がどんどん少なくなっていくため、行動範囲も限られてくる。
    • 友人・恋愛
      1学年300人ほどおり、本学には化粧品コースが備えられているためか、男女比がそれほど偏っていないとおもう。正直なところサークルも他大交流も自分次第なのでどうにでもなると思う。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      言語学や英語などの一般教養、基礎生物や、数学などの専門的科目も始めは基礎から学ぶ授業が多いと思う。徐々に何かに焦点を当てた授業を受けるようになり、やがて研究室配属となる。週1回、進級すると週2回学生実験を行う。
    • 所属研究室・ゼミ名
      光老化研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      化粧品コースにある研究室で、太陽光曝露による、皮膚などの活性酸素の生成・抑制について研究している。正式配属は4年からだが、3年の夏から研究室に通い、実験している。ちゃんと通えて実験が好きな人が来るような研究室で、もちろん先輩から教えていただけることも多く、学生自らで考えることを大事にするきゅじゅである。
    入試について
    • 学科志望動機
      自身の偏差値や試験の結果で学校が決まったわけだが、もともとは再生医療のようなことをやってみたかったので。結局化粧品コースに配属しているが。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問より、基本的な問題が多く出題されていたので応用よりも基礎問題が確実に解けるようにしました。
    この口コミは参考になりましたか?
85件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

東京工科大学の画像 :©Ogaさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

酪農学園大学
酪農学園大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:53 - 61
★★★★☆3.95 (38件)
北海道/私立
文教大学
文教大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:51 - 61
★★★★☆3.79 (160件)
東京都/私立
北海道医療大学
北海道医療大学
併願校におすすめ
偏差値:45 - 57
★★★★☆3.74 (50件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。