みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京理科大学   >>  理学部第一部   >>  応用化学科   >>  口コミ

東京理科大学
出典:EXECUTOR
東京理科大学
(とうきょうりかだいがく)

私立東京都/飯田橋駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 62.5

口コミ:★★★★☆

3.81

(979)

理学部第一部 応用化学科 口コミ

★★★★☆ 3.87
(36) 私立大学 1242 / 3298学科中
学部絞込
361-10件を表示
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年11月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 0| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    理学部第一部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      最先端の研究をしている研究室がおおいが、授業内容は化学科と同様程度。しかし先生の研究成果を知る機会もあるので、研究に興味がある人にはおすすめ。
    • 講義・授業
      良い
      授業内容、施設ともに満足できる。
      とくに施設はかなり綺麗で意欲を持って勉学に取り組める。
      また、当学科では教授の研究分野を授業内で詳しく教えてもらうこともできる。
    • 就職・進学
      普通
      就活のためのセミナーなどが随時行われている。
      コロナ禍でもオンラインで開催してくれる
    • アクセス・立地
      良い
      都内で通いやすく、周辺にお洒落なお店も多い。
      周辺はかなり栄えているが治安は良く、駅へのアクセスもよい。
    • 施設・設備
      良い
      施設はとても綺麗だが、一部の施設が離れているため、特に実験の際はそこまで移動する必要がある。
    • 友人・恋愛
      普通
      周りと協力して課題に取り組む機会が多いため、友人はできやすい。またサークルに参加するとさらに知り合いの幅が広がる。
    • 学生生活
      良い
      サークルにもよるが、学内にはジムのようなところがあって
      運動部でなくても利用できる。また、文化系も交流の場がしばしばあるので、様々なサークル、学科の人としりあうことができる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      化学の基礎内容を1-2年で学び3年で専門的な内容を学ぶ。3年生では自分の好きな分野に特化して履修できる。4年では研究室に配属される。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      入りたい研究室があったことに加えて、化学の先端研究を学びたいと思ったから。
    感染症対策としてやっていること
    動画で公開された物を見て課題を提出したり、小テストを受けたりする。授業での実験は隔週だが、オンラインでの実験動画を見て受ける週と交互になっているため、実験回数は少なくなることはない。授業動画も通常の授業より先生方が時間をかけて作成しているため、より内容の濃いものになっている。4年生は分散登校で研究を続けている。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:672558
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年度入学
    2020年05月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    理学部第一部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      単位を取るのは結構大変ですが、将来研究がしたい人は向いていると思います。遊びたい人はやめた方がいいです。
    • 講義・授業
      良い
      世界で活躍する教授たちの講義を受けることができ、それなりに勉強しなければならないが、身になる
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室はどこも研究力があり、割と有名な研究室が多く、就職も良い
    • 就職・進学
      普通
      就職進学実績は良いが、サポートは自分から就職支援課に行って積極的に行う必要がある。学部生の時に手厚いかと言えばマーチの方がサポートはしっかりしている
    • アクセス・立地
      良い
      最寄駅が飯田橋駅であり、すぐ横は神楽坂なので、お洒落なお店が多い
    • 施設・設備
      良い
      理系総合大学であるため実験装置などは充実している。それなりに校舎もきれい
    • 友人・恋愛
      良い
      割とみんな仲はいいと思う。ただ、女子特有の陰口などは多々あると思います
    • 部活・サークル
      悪い
      サークルはそれなりだと思いますが、学園祭は全然盛り上がっていないのかと。内輪で盛り上がっている感じかなと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1.2年生は幅広く化学と物理を学びます。3年からは自分が学びたいことを選択します。4年生は研究室に入るか授業を受けるか選びます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      大学院進学後、化学系企業の研究職
    • 志望動機
      将来やりたいことがあり、その研究室に入ることで実現できると思ったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:657975
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年度入学
    2018年10月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    理学部第一部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      明確に勉強したいことが決まっている人にはとても向いています。実験があり、皆図書館に通ってレポート作成をします。試験は厳しいですが、それを乗り越えたからこそ信頼は高く、就職率は良いです。
    • 講義・授業
      良い
      90分授業で、質問されたりするので緊張感があります。教授によって面白さは異なります。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      自分の研究したい分野に進めば、充実すること間違いなしです。そのためにはいい成績を取らなくてはなりません。
    • 就職・進学
      良い
      大学院に進む人が多いです。私の周りにはまだインターンに参加してる人はほとんどいません。
    • アクセス・立地
      良い
      日本の中心にあり、アクセスしやすいです。神楽坂は食事する場所が多いのが魅力的です。
    • 施設・設備
      良い
      実験室は様々な機械があり、器具も揃っています。化学系の建物は駅から遠いのが難点です。
    • 友人・恋愛
      悪い
      男性が圧倒的に多く、皆真面目で、同じ学科のカップルはほとんどいません。サークルではたくさんの仲間を作れます
    • 学生生活
      普通
      サークルによって様々です。体育祭は千葉まで行かなくてはならないので参加してません。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      化学について色々学べます。化学科よりも応用的なことを学べます。一年生の後期から実験があり、四年生で研究室に配属します。
    • 就職先・進学先
      大学院に進学します
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中5人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:491221
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年度入学
    2018年03月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    理学部第一部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      研究室が非常に充実している。具体的には、「多岐にわたる」、「国際的(世界的に需要がある)」、「高度な研究」。同学部化学科の研究室も選択できるが、応用化学科の1年次に限り、研究室の紹介を、その担当教授自らがする講義がある。これは、研究室選びに大いに役立つ。その他の講義も、化学科との違いは殆どないので、化学科と応用化学科で迷った場合は、応用化学科を強くおすすめする。
    • 講義・授業
      良い
      1年次から専門的な内容を取り入れているのが良い。ただ、担当教授の善し悪しが別れるので、自ら進んで勉強することが非常に大事だと思う。課題はさほど多くなく、成績に多く影響するものもあれば、殆ど関与しないものもある。復習のいい機会として取り組むくらいがベストだろう。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室の質が非常にいい。多岐にわたり、国際的に需要のある課題にも多く取り組んでいる。また、国内で主として研究している教授が多いので、研究に打ち込みたい人にはうってつけだろう。
    • 就職・進学
      良い
      7割近い学生が進学している。奨学金制度もあるらしい。自分はまだ1年のため、あまり詳しいことは分からない。
    • アクセス・立地
      良い
      (神楽坂キャンパスの場合)駅から非常に近い。飲食店も多く、部活によっては、新歓コンパなども開催する。
    • 施設・設備
      良い
      (神楽坂キャンパスの場合)研究室の充実とともに、その設備も充実していると思う。図書館の所蔵数も多く、勉強に役立っている。
    • 友人・恋愛
      普通
      友達が少ないのでよく分かりません。学科全体としては、雰囲気は悪くない。女子が少ないので、男子は多少飢える。
    • 学生生活
      良い
      (神楽坂キャンパスの場合)文化祭はあまり盛り上がらない。キャンパスがビルしかないので、他の大学に比べ規模が小さい。部活はものによる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は殆どが必修。化学が基本だが、物理もある。ただ、高校で物理を履修していなくても、多少は大丈夫。「基礎物理学」は履修する意味がない。
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中5人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:428692
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年度入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    理学部第一部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      先端の化学を学べる。週に一回実験があり、毎日レポート課題に追われていて大変。忙しいが、充実した学校生活を送っていると思う。一年の前期にはこの学科オリジナルの化学のフロンティアという授業があり、学科のすべての先生の話を聞ける。各教授がどんな研究をしていて、どのような成果を修めたのか分かる。教養を身につける時期なので、難しい内容ではあるが、面白い。学年には約100人在籍していて、他の学科と比べるととても少ない。理科大には化学系の学科が4つあるが、わたしの在籍している応用化学科は一番入りにくい。
    • 就職・進学
      良い
      就職率はとても良い。しかし将来が保証されているぶん、試験は難しく、成績評価が厳しい。教職では、インターンシップが実施されている。
    • アクセス・立地
      良い
      飯田橋駅からすぐで行きやすい。日本のど真ん中にある。すぐ近くに神楽坂があり、美味しいものが食べれる。建物はビルなのでグラウンドは屋上にあり星4つ。
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中7人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:381025
  • 女性在校生
    在校生 / 2016年度入学
    2018年03月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    理学部第一部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      応用化学科のメインとして、1年生の後期から毎週実験を行い、レポートの提出が求められる。レポートを書き慣れていない人にとってはなかなか難しく、時間もとられるため、他の授業の予習復習が大変になる。
      授業に関しては、1,2年生では必修科目が多く、一般教養の科目がなかなかとることができない。
      英語については、TOEICの点数が英語の成績に繋がったり、TOEICで高得点をとると、そのまま英語の単位を取得することができるので、TOEICの勉強をしっかりすることをおすすめする。
      応用化学科の教授は世界的にも有名な人が多く、1年生のときの必修の授業に「化学のフロンティア」というものがあり、教授の最新の研究を教えてもらえたりする授業があるので、研究をしたい人にとっては良いところだと思われる。
      卒業後は大学院に進む人が多いが、GPAによって推薦がとれたりするので1年生の段階から良い成績をとっておくべきである。だいたいの人は修士課程が終わってから就職する。
    • 講義・授業
      良い
      応用化学科の教授は世界的にも有名な人が多く、最新の研究内容について教えてもらえたり、世界各国へ出張したときの話をしてくれる教授もいるので、化学が好きな人にとっては必修科目の授業は飽きないものが多く、楽しく学ぶことができる。試験が難しい先生も多いが、授業後に質問に行くと丁寧に教えてくれたり、研究室に質問に行っても教えてくれる。講義中の雰囲気についてだが、うるさいと注意する先生が多いということもあるが、そこまでうるさくないので、授業に集中できる。
      出席しなくても試験で良い点をとれば成績がもらえたりする授業もあるが、ためになる授業ばかりなので休まず出た方がいい。
      履修の組み方についてだが、1年生のときは必修科目を全てとると、一般教養は少ししかとれないのであまり悩むことはない。最大で49単位までとることができるが、だいたいの人は45?49単位ぐらいは履修を組むと思う。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      応用化学科の教授は世界的にも有名な人が多いので、研究室も充実していると思う。しかし、中にはブラックな研究室もあり、休みなく研究をするところもある。また、応用化学科以外の化学科などの研究室にも入ることができる。
    • 就職・進学
      良い
      東京理科大学の名前は就職活動において少しばかり有利という話は聞いたことがある。進学実績も良いが、それは大学院を出た人が大半なので、大学院を出ておいた方が就職活動には有利らしい。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄駅は飯田橋駅で、東京メトロやJRが通っているので交通経路がたくさんある。駅から大学までは5?10分なのでそこまで遠くない。学校の周りには様々なお店があるのでだいたいのものは揃う。新宿駅や秋葉原駅に楽に行けるので、そこに買い物へ行くこともある。一人暮らしするとしても学校近くだと家賃が高いので、少し離れたところに住んでいる人が多いイメージがある。
    • 施設・設備
      良い
      図書館は10階にあるので行くのが少し面倒だが、雰囲気も静かで落ち着いているので集中して勉強ができる。基本的に22時まで空いているので長く勉強ができる。自習室も別にあるため、勉強する環境は整っている。図書館、自習室ではコンセントも自由に使える。また、マルチメディア教室も、授業を行なっていないときは使えるため、パソコンを持ってこなくても扱うことができる。
      部活動に入ると、部室も使うことができる。
    • 友人・恋愛
      普通
      他の学科よりは華やかな大学生が多いイメージだが、半分ぐらいは落ち着いた大学生でいわゆるオタクのような男子が多い。学科内で恋愛している人はあまり見られないが、部活内で恋愛している人は割といる。友達を作るにはサークルや部活に入るのが一番である。
    • 学生生活
      良い
      部活動は割と活発に活動していて、理工系大学の定期戦などもあり、他大学にも友人ができる。ただし、勉強との両立をしっかりしないと留年しかねない。アルバイトはやっている人が多い。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は有機化学、無機化学、物理化学など、化学のほとんどを学ぶ。高校の復習をする授業もあったり、高校の内容は知ってて当たり前という前提で進む授業もあるので復習しておくべき。また、化学以外に物理も必修である。
      2年次も1年次同様まんべんなく化学を学んでいく。生物系の化学は必修というわけではない。
      3年次はあまり必修科目が多いわけではないが、授業を選択していくので将来何を研究していくかはっきりする必要がある。
      4年次は授業はほとんどなく、研究室生活が続く。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:430500
  • 男性在校生
    在校生 / 2016年度入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    理学部第一部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      講義もいいものばっかりで選んで良かったです。
      テストが難しいですが、過去問をしっかりやればもんだいないです
      有名な先生も多く理系の大学としてはトップクラスだと思います
      実験設備もじゅうじつしていて多くの実験をすることができます
      他の学部についてはよく知りませんがきっといいとこなんだろうなあー。
      まぁいい大学だとしてもけっきょく自分ががんはらないといけないのですがね。
      今日もレポート書くのに徹夜で頑張らないとなあ
    • 講義・授業
      良い
      有名な先生も多く理系の大学としては、トップクラスだと思います。
      何を言っているかわからないおじいちゃんもいますが、基本的にはわかりやすいと思います。
      楽しい講義が多いです。
      どこの大学でもそうだと思いますが、教科書が高いです。先輩にもらえるならばもらったほうがいいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室も多くたくさんのひとが進級します。
      それだけじゅうじつしたものがいっぱいあるんだと思います。
      関心ある分野に突き進むのがたのしいです。はい。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:327934
  • 男性在校生
    在校生 / 2016年度入学
    2017年04月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    理学部第一部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学で勉強するにはとてもいい環境だと思います。
      交通の便がよくとても通いやすく、応用化学科はとても有名な教授がたくさんいるので自分のやりたいことを見つけるにはもってこいだと思います。
      しかし実験のレポートがとても厳しいことで有名で毎日毎日毎日毎日レポートを書き続ける日々が続くこともあります。
      また試験はとても難しく勉強を怠ると単位が取れないことに注意してください。
      またキャンパスがビルなので夢の大学キャンパスライフとは程遠いです。
      サークルも運動場がないため都営の競技場を借りて練習を行なっています。
    • 講義・授業
      良い
      みんな優しい教授ばっかりなのでとても楽しく授業を受けることができます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      世界的に活躍している教授の研究室がたくさんありどこの研究室も魅力的です。
      まだ自分の将来について悩んでいる人は大学生活の中で色々な教授の講義を聞きながら自分の本当にやりたいことを見つけるのもいいと思います
    • アクセス・立地
      良い
      最寄駅が飯田橋駅なので色々な路線が通っているため非常に通学しやすいです。また駅からとても近いことも魅力的です。
    • 施設・設備
      普通
      運動場がないことが少し残念です
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:327353
  • 男性在校生
    在校生 / 2015年度入学
    2017年10月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    理学部第一部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学進学に関して学業面を重視していたので非常に多い課題や難易度の高い授業が多いが自分には苦痛にはなっていない。また、留年が多いことで知られるが授業への出席率と相関があるのは一目瞭然で真面目に授業を受け、試験前に必死に勉強をしている人の留年は聞かない。神楽坂という都内でも有数の立地で狭いキャンパスであるものの研究設備などは私立大学ではトップ層であるし、遊び場や美味しいお店にも事を欠かない。サークルにも属していて他のキャンパスの友人と遊んだり試合の度の遠出などもあるが学業面に支障はない。研究室や学校単位での就活サポートなどもあり、高い就職率を誇るらしい。学科の業態としては食品や化粧品が多いと聞く。ただ、毎年8割程度は他大学を含め大学院に進学する。
    • 講義・授業
      良い
      講義の内容としては推薦入学組もいることから基本的なところから教授の研究分野の話まであり、難しく感じる人が多い。教授陣は研究分野での世界的権威やノーベル賞候補と呼ばれる人もいる。授業中は非常に静かで基本的に一部を除いて真面目に講義に参加している。実験系の課題が非常に重く、また時折出される座学の課題も容易なものは少ない。ただこなせない量ではない。単位は落としやすいと言われるが留年の基準が厳しい方ではないので卒業までにリカバリーが効いてる人が多い。履修や授業の選択は新歓などで学科の先輩に聞くのが間違いないと思う。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室配属は3年生の終わり。選考基準は成績と面接。基本的に配属説明会の前に興味のある研究室に見学に行き、ある程度絞る。
    • 就職・進学
      良い
      正直所属する研究室による。院試の勉強期間をもらえるところや就活休みがあるところからその期間でもコアタイムがある研究室までさまざま
    • アクセス・立地
      良い
      言うまでもなく都心。駅から徒歩3分。飲食店が並び立ち名店も多い。実家通いと一人暮らしは感覚では半々。総武線、東西線沿線で一人暮らしをする人が多い
    • 施設・設備
      良い
      キャンパス自体は狭く教室も可もなく不可もなくといった程度。ただ研究室設備がビル2つ分にしっかりあり、高価な機器も非常に充実している。図書室は狭いが他キャンパスの本が取り寄せたりPDFでみたりできる。また国会図書館が近いため不便ではない
    • 友人・恋愛
      良い
      学内では女子の比率の多い方でありカップルも見受けられる。友人同士で旅行に行ったりなど一般的な大学生みたいなことから一緒に徹夜しながらレポートを書いたりするなど絆が強い
    • 学生生活
      良い
      スポーツが好きな自分としてはなぁなぁで遊ぶものよりもしっかり打ち込みたく、そんなサークル、部活が充実しており自分に合っていた
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次は化学の基礎及び数学、英語が必修。3年次は必修も少なく、興味のある化学分野の授業を受ける。物理化学、無機化学、有機化学、生化学の基礎を必修で、応用を自分で選択するイメージ。4年次は基本的に就活もしくは研究室生活。単位が足りない場合は授業がある。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:414736
  • 男性卒業生
    卒業生 / 2014年度入学
    2020年11月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 1| 学生生活 3]
    理学部第一部応用化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      周りの評価通りだと思う。ただ、留年については、学部によると思う。自分の学部では、普通に通っていれば留年の心配はない
    • 講義・授業
      良い
      教授はみんな授業に対する意欲が高く、質問にも誠意を持って答えてくれる
    • 研究室・ゼミ
      普通
      教育の質、水準は高いと思うが、立地の問題から設備が狭く、共有のものが多い
    • 就職・進学
      普通
      進学実績は、他校と比べにくい。文系学部がほとんどないし、なんとも言えない
    • アクセス・立地
      普通
      最寄り駅は複数本線、それも主要な路線が通っているため、どこに行くにも行きやすい
    • 施設・設備
      良い
      狭い。とにかく狭い。ただ、新しい建物が多いのか、全体的にきれいな印象
    • 友人・恋愛
      悪い
      男女比が壊滅的。恋愛関係は、期待しないほうがいい。友人関係も、親しくなれる人は必ず見つかるが、校風に合わない人は苦労すると思う
    • 学生生活
      普通
      悪くはない。サークルの種類は多い。ただ、敷地がないに等しいため、キャンパス内では活動できない
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      化学全般の教養、知識。専門的な研究を始められるのは4年になってから
    • 学科の男女比
      8 : 2
    • 就職先・進学先
      化学系
    • 志望動機
      立地がいいこと、偏差値がそれなりに高いこと、化学を学べること。
    感染症対策としてやっていること
    在学していないため、全く情報をもっていないです。すみません。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:706115
361-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 東京都 新宿区神楽坂1-3
最寄駅

JR中央・総武線 飯田橋

東京メトロ東西線 飯田橋

都営大江戸線 飯田橋

電話番号 03-3260-4271
学部 理学部第一部理学部第二部工学部経営学部基礎工学部理工学部薬学部
概要 東京理科大学は、東京都新宿区神楽坂に本部を置く私立大学です。通称は「理科大」「東京理科大」。1881年に創立された東京物理学講習所を前身とし、昭和24年に東京理科大学となりました。工学部や経営学部など理工系学部が8つ設置され、建築士や電気主任技術者、測量士など多くの資格取得が可能です。また、国家公務員試験や薬剤師国家試験で多くの合格者が出ており、2015年度の国家公務員試験では私立大学で4位の合格者数を出しています。 神楽坂キャンパスの他、「野田キャンパス」「葛飾キャンパス」「神楽坂キャンパス」、さらに北海道の「長万部キャンパス」を有し、基礎工学部の1年次は長万部キャンパスで学ぶことになっています。学部卒業生の6割程が大学院に進学し、東京大学大学院など他大学院に進学する学生も多くいます。

この学校の条件に近い大学

この大学のコンテンツ一覧

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京理科大学   >>  理学部第一部   >>  応用化学科   >>  口コミ

この大学におすすめの併願校

明治大学

明治大学

57.5 - 62.5

★★★★☆ 3.96 (2255件)
東京都千代田区/東京メトロ千代田線 新御茶ノ水
中央大学

中央大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 3.86 (1906件)
東京都八王子市/多摩モノレール 中央大学・明星大学
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.07 (3437件)
東京都新宿区/東京メトロ東西線 早稲田
東京電機大学

東京電機大学

42.5 - 55.0

★★★★☆ 3.65 (321件)
東京都足立区/つくばエクスプレス 北千住
立命館大学

立命館大学

52.5 - 60.0

★★★★☆ 3.83 (2048件)
京都府京都市中京区/嵯峨野線 円町

この学校の条件に近い大学

国際基督教大学

国際基督教大学

67.5

★★★★☆ 4.43 (180件)
東京都三鷹市/新小金井駅
東京大学

東京大学

67.5 - 72.5

★★★★☆ 4.21 (1357件)
東京都文京区/本郷三丁目駅
慶應義塾大学

慶應義塾大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.15 (2151件)
東京都港区/赤羽橋駅
上智大学

上智大学

55.0 - 67.5

★★★★☆ 4.15 (929件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.07 (3437件)
東京都新宿区/早稲田駅

東京理科大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。