みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  旭川医科大学   >>  口コミ

旭川医科大学
出典:Y-aoyama
旭川医科大学
(あさひかわいかだいがく)

北海道 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:65.0

口コミ:★★★★☆

3.88

(52)

旭川医科大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.88
(52) 国立内44 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.54
  • 研究室・ゼミ
    3.22
  • 就職・進学
    3.89
  • アクセス・立地
    2.77
  • 施設・設備
    3.77
  • 友人・恋愛
    3.67
  • 学生生活
    4.42
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

52件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    医学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      充実している点としては、部活動が活発であり、様々な種類のものがある。特別な講義、研究会等がある。
      大学院があり、卒業後に自分のキャリアアップの環境がある。
    • 講義・授業
      選択できる講義が少ない。課題が多く、その課題内容が必要ないものもあり、生徒のやる気が阻害されるものもある。課題の多さによる他の授業への影響、自己の学習量の少なさにつながっているため。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミがない、研究室もないため。
      技術の演習に関しては充実しているが、自己で行う際に自由につかえる物品が少ない
    • 就職・進学
      就職説明会についての情報がおおく、就職活動に向けた情報が獲得しやすい。就職の面接に関しての情報もある。就職に向けたサポートが多くある。
    • アクセス・立地
      駅から大学まではバスで一本の距離にある。
      学生は大学の周りにすみやすく、学校に通いやすい場所となっている。
    • 施設・設備
      エアコン等の設備がなされ、勉強しやすい環境になりつつある。勉強しやすい環境を整えるのに時間がかかりすぎ、学生に対しての支援が不明。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内の友人関係は普通。学科内でのイベント等がなく、全体的な交流の場がないため、友人関係という面では充実してるとはいえない。
    • 学生生活
      部活動が様々なものがあり、活発的なものが多い。自分の生活や興味に合わせた部活を選択することができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年から二年は座学と技術の演習が主なもので、必修科目がおおい。3年の後期から4年の前期まで病院での実習がある。
    投稿者ID:428490
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      充実しているのは病院実習をほかの大学よりも長い期間することができたと思います。医科大学というだけあって、医療の専門家がたくさんいて、本当に医者や看護師になりたい人にはうってつけの環境だと思います。
    • 講義・授業
      実習期間が長くて他の大学よりも医者の自覚というものを持つことが出来たとおもいます。辛いときもあったけど楽しかった。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は、研究は、あまりやらなかったのでそこまで充実しているとは思いませんでしたが、まあ学科の特性上仕方ないとおもいます。
    • 就職・進学
      しっかりと医師国家試験に合格することができれば、その前まで研修をする病院を決めているので、就職の面は安心だと思います。
    • アクセス・立地
      まあ、田舎ではあるが、勉強に集中できるので、良いのではないかとおもいます。付属病院も近くにあり良かったです。
    • 施設・設備
      付属病院や付属図書館は、近くにあり、とても助かりました。特に図書館は、勉強するときは必ず利用していました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は、みんな同じ医者という目標に向かって勉強しているのでとても良かったと思います。恋愛は、カッコいい人もいれば、勉強しかして来なかった人もいてまあ、普通の大学という感じでした。
    • 学生生活
      サークルは勉強が大変であり、実習などが忙しく6年間続ける人はほとんどいませんでした。1、2年生中心でした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      それは、もちろん看護のことから、チーム医療など現代の日本の医療の問題点まで、様々な事が学べます。とても楽しいです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      看護師
    投稿者ID:429490
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    医学部 看護学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      カリキュラムは充実しており、大学4年間で十分学べる時間で1日1日が詰め込まれることなく授業が組まれている。助産師資格を希望するものには広く門が開いており、能力が認められたものが最後の実習まで進めるというのも積極性を高める点でよい。
    • 講義・授業
      各々の科目において、おおよそ講師は充実していると思う。4点なのはある科目や分野において講義の内容に興味を持たせることができなかったり、学生に対して実習中の圧迫指導などが見受けられる講師がいたため、満点ではない。
    • 研究室・ゼミ
      特に看護師において重要な基礎看護学の講師は人数も多く、それぞれの講師の得意分野や基礎技術のやり方を多く学べることは有意義であった。
    • 就職・進学
      特に看護師資格を持つ講師たちからの就職のサポートはない。なぜなら、看護師は資格を持っているだけで病院への就職はほぼ確定だからである。日本全国の病院の中で交流のある病院を紹介してくれた医師免許をもつ講師からのアドバイスで関東の病院を探すきっかけはもらえたため、4点とした。
    • アクセス・立地
      旭川の中でも美瑛町よりに位置しており、交通の便は良くない。そのため他地域からくる学生は大学周辺での一人暮らしがほとんどである。地域密着の大学ではあるため、地元出身の私は実家から車通学していた。大学内の駐車場は充実している。スーパーもあり、ガソリンスタンド、自転車・車があれば南6条のスーパー、隣の東神楽町の激安スーパーにも近い。
    • 施設・設備
      実習は渡り廊下でつながっている大学附属病院にて行われることがほとんどで、大学内で実習着に着替えそのまま病院へ向かうことができる。看護学科棟は綺麗目で、実技室もそれぞれの分野ごとにあり、物品もある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      看護学科はどこも同じだと思うが、1学年1クラスであり、4年間過ごすため仲は十分に深まる。医学科とのつながりも部活動に入れば十分持てるし、何より部活動が非常に活発である。単科大学のため、話したことがない人のことも分かる、という現状がある。
    • 学生生活
      私は4年間水泳部、合唱部に所属していた。特に水泳部はほぼ毎回練習に参加し、大会にも出場していた。私が在籍していた時代は大学の中でもマンモス部で、多くの学生と交流を持っていた。合唱部は病院ロビーで行われるサマーコンサート、クリスマスコンサートを中心に参加していた。合唱部は他部と兼部している学生も多く、そこから他部との交流も深めていた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年目は基礎看護学が中心だが、大学において最も一般的な選択授業にて世界情勢や言語を学ぶことができる。看護師として知識の必要な解剖学生理学、保健師資格も取得できたため(いま現在のカリキュラムは不明)統計も授業に組み込まれていた。
      2年目は基礎看護学が1年目より時間が増え、より中心となる。薬理学栄養学もあり、内容もより詳しくなる。地域保健学も始まる。
      3年目は基礎看護学に変わってより細分化され、小児、成人、母性、老年、精神看護学の学習があり、老年看護学と地域保健学の実習がある。
      4年目はほぼ実習のみ。上記の看護学それぞれの実習が1?3週間で組まれ、いくつかに分けられたグループで1年間の実習をローテーションする。実習の合間に3年目の最後の方で決めた看護研究を進め、4年目の最後に発表。また、助産師資格の取得を希望するものは4年目に講義、試験を受け、看護師保健師の実習が終わったのち11月?からお産立ち会い回数が達成するまで実習が続く。(遅くて1月)その後は講義はなく、2月の国家試験まで自己学習となる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      二次救急の総合病院へ就職した。
    投稿者ID:428586
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      医学系のため、課題は多く、特に看護学科はいつも課題におわれ、徹夜することも多い。
      ただ、その分卒後は就職先や給料が割と安定する可能性が高い。
      看護について学ぶことは楽しいが、勉強は大変
    • 講義・授業
      様々な講義があり、新しい学びがある。
      しかし、教授によってはプレッシャーを強くかけてくる人や怒るのが特に怖い人、怒る点が良くわからない人がいる。
      そうした理不尽な事象による不満があるのでマイナス1点。
      自分の学習姿勢によってはより多くのことを学べる。
    • 研究室・ゼミ
      研究室やゼミでの活動は低学年のうちにはないと思う。卒業研究では様々な分野で研究することができる。またサークルによっては医学系の研究室に訪問し学ぶことができる。
    • 就職・進学
      卒後は就職先が多く、またそのまま大学病院に就職する人も多い。国家資格を得られるため、働き先が多く、またインターンや講習の斡旋を受けることもある。
    • アクセス・立地
      旭川の中でも外れの方にあるため、駅前まで行くのにバスを使う必要があり、不便。
      さらに大学生が住むことを見越して家賃も高めの設定になっている気がする。
    • 施設・設備
      大学図書館は開館時間が短くなり、やや不便に。また座席数もテスト期間の時には少なく感じる。ただ蔵書数は多めだと思う。
      実習室は放課後使える時間が短いと感じる時がある。物は十分にあると思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      閉鎖的な空間なため、カップルができやすく学内恋愛が多いと感じる。ただ、そのために噂話やトラブルもなくはない。
    • 学生生活
      とても充実している。様々なイベントや大会があり楽しい。部内でのパワハラなども少なく、和気あいあいとしている。また練習についても参加不参加は自由で自分のペースで楽しめる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      看護に必要な看護学(成人、高齢者、リハビリ、母性、小児などの分野がある)の他に看護に必要な医学的知識である薬理学、解剖学、病態学、病理学や一般教養科目である物理、化学、英語その他にも統計学や公衆衛生学もある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      決まってないです。
    投稿者ID:430352
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    医学部 看護学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      看護学を学びたい学生にとっては、授業を通して看護系の資格が取れるため良いと思われる。看護系の資格の合格率や就職率も高く、卒業後は資格を活かして就職活動が出来る。ただし、立地は悪く公共交通機関は充実していない為、通うのは大変である。また単科大学である為、学生同士の交流は少ない印象を受ける。
    • 講義・授業
      授業や実習内容は、大学付属の病院などで行われるため、勉強になる。ただし、課題の量が非常に多いため、不眠や疲労に悩まされる学生も多いのが現状である。
    • 研究室・ゼミ
      看護学科である為か、講義や授業での学習が多い。そのため、大学における研究室やゼミという概念がなく、評価出来ない。
    • 就職・進学
      看護系の資格取得者の就職率は、毎年90%後半を維持しており、高いと言える。卒業後の進路は半数近くが大学付属の病院に就職している。
    • アクセス・立地
      最寄駅は徒歩30分以上の距離であるため、電車通学は不向き。バスは1時間に2本程度であり、自家用車での通学許可基準も厳しいため、多くの学生が徒歩圏内のアパートで独り暮らしをしている。
    • 施設・設備
      キャンパスは単科大学である為、狭い。看護の授業で使うための設備や機器は充実している。図書館は医学書が多く貯蔵されており、課題をやる際は役に立つ。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      単科大学である為、学生数は少ない。看護学科はほとんどが女子、医学科はほとんどが男子であり、部活動を通して知り合うなどして交際に発展することが多い。
    • 学生生活
      すでに決められた時間割をこなす学生生活であり、毎日授業が組み込まれている。実習や課題も多く、不眠や疲労に悩まされ続けた学生生活であった。学費のためにアルバイトもしていたが、学業との両立はなかなかハードであった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次と2年次は、主に講義や授業による演習が多い。3年次から4年次の秋にかけては、臨床での実習が多くなり、演習も実践的な内容になってくる。4年次の秋以降は国家試験に向けての学習がメインとなってくる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学附属病院
    投稿者ID:410170
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    医学部 看護学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      看護師を目標にクラスメイトと座学や実習を乗り越えていけ、充実していた。サークルもあり医学部との交遊もたくさんあった。しかし単科大であったため、様々な学科の学生と交流できない寂しさもあった。
    • 講義・授業
      実技の授業や医師からの疾病講義など充実していた。先生によってはわかりにくく、出席することに意味があると言い聞かせ、授業中寝ていた。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミというものはなかったが、卒業研究では友人と試行錯誤しながら論文作成などを行い、すごく楽しかった。
    • 就職・進学
      様々な病院の資料や履歴書などを取り揃えてあり、利用しやすい。しかし個別に相談にのってもらうようなシステムはなく、結局自身で情報を集めないといけなかった。
    • アクセス・立地
      学校周辺にアパートがたくさんあり、学生街だった。スーパーなどが徒歩県内に少ないのが残念。車をもつ友人に助けられた。
    • 施設・設備
      図書館や教室などの改装を行っており、年々快適になっていく感じであった。しかし、自習室のようなものが足りないなと感じた。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      同じ目標をもった人の集まりであり、また実習を通して戦友のような結束があり、すごく仲のよいクラスだった。単科大であり医学部との距離も近い。
    • 学生生活
      単科大であり、サークルの数はさほど多くなかった。しかし、学校祭などはサークルで出店を出したりして楽しかった。またサークルも規模が小さい分なかがよく、イベントも多かった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1,2年次は座学が中心であり、看護学の歴史や病気、体の仕組みや外国語などを学びます。また病院での臨床実習にむけ、シーツ交換や注射など実技の演習も行います。3,4年次は実技中心。病院での実習が多く、外科や内科、小児科や産婦人科など様々な科をまわりながら、病院や看護について学んでいきます。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      大学付属の病院
    投稿者ID:412988
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    医学部 看護学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      単科大学なので勉学に特化してる部分はあったが、大学という感じの大きなスケール感はなく、高校の延長のような大学。先生もいい人は数えるくらいしかなく、実務が苦手で教育に来たのかな?と思うような人も多かったし、授業も面白あと感じるものは少なかった。
    • 講義・授業
      実技や実習に関しては充実しており、指導も丁寧だったが、普段の講義は講師によりかなり偏りがあった。学生の興味を引き出せる講師は少ないと思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミというものがないので、評価が難しいが、卒業研究の際には講師により研究過程や資料の集め方など細かい指導をする講師もいれば、名前だけの講師もいた。
    • 就職・進学
      資格職なので就職はほぼ100%だが、講師からの指導や協力はほとんどない。先輩や自分で情報を集めて各々就職活動をしていた。
    • アクセス・立地
      市内のはずれにあり、あまり立地はよくない。一人暮らしをしている学生はみんな学校の近くに住むので、生活には困らなかったが、実家から通う場合には時間のかかる場所だったと思う。
    • 施設・設備
      講義をする場所は高校レベルの教室。実習や実技練習をするための施設はかなり充実しており、実践につながる設備が整えられている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      規模の小さい大学なので、交友関係が広い人は同学年や先輩後輩のつながりは濃厚だが、サークルなどに入ってなあ場合は選択教科などがほとんど無いのでクラスメイト以外の交流はほとんどないと思う。
    • 学生生活
      わたしが所属していたサークルは加入人数が多く、気さくな人が多かったので、様々な繋がりがあり、とても充実していた。定期的にイベントも開催されていたので、活動自体も充実していた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      看護の基本的な概念、清潔操作や看護技術を初年度で学ぶ。その他にも薬学、免疫、感染症、化学など看護に関することや、疾病に関しても全般的に学習する。その後、成人、小児、老年など対象に別れたり、外科、内科、耳鼻科、母性など学科ごとに別れた学習をする。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      市内の個人病院に就職した。
    投稿者ID:413403
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      一年次には医学科らしい授業はほとんどなく、自然科学系の科目が多いために、高校の延長のように感じる。そのわりに試験の基準は厳しく、医学科生としてのモチベーションを保つのは難しい。時間割はほとんど必修、レポートなどの課題も多いため、必然的に勉強しなくてはならないから、そのような環境に置かれたければおすすめできる。
    • 講義・授業
      講義は一コマ60分でほとんどの日は6限まで授業がある。講義の時間が長くはないため、密度の濃い授業が展開されていると感じる。一年次の内容は教養がほとんど。教授や講師は親切で、質問対応もしっかりと行われている。課題は多い。単位は全単位必修でひとつでも落とすと留年となる(一年次)。選択授業が前期4コマ、後期4コマ分あり、その他はすべて必修となっている。
    • 研究室・ゼミ
      学生から見ると研究室やゼミは不透明である。講義に関する質問などは各教授や講師の研究室で行われている。
    • 就職・進学
      一年次にはそのような話はほとんど出てこないためにまだわかっていない。6年生の先輩方は夏ごろに就職活動を行っていたようだ。
    • アクセス・立地
      最寄り駅はなく、旭川市街地へ向かうバスは15~30分に1本程度。冬はバスも遅れが発生するため、自家用車なしでは辛い。学生の多くは医大周辺に住んでいる。
    • 施設・設備
      どの施設も比較的新しく、綺麗である。図書館や教室などの自習スペースは充実している。講義室の冷房、暖房設備は未熟である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学自体の規模が小さいために、噂はすぐに広がる。注意が必要である。普通に過ごしていれば何も問題は起きない。個性的な人が多いが、慣れれば楽しい。
    • 学生生活
      部活動は活発である。医大祭なども学生主体で運営され、大変盛り上がる。アルバイトをしている学生も多く、皆忙しい日常を送っている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次には医学科らしい授業はほとんどなく、自然科学系の科目が多い。一応実習もあるが、高校の延長のような感じ。
    投稿者ID:410835
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると、部活や勉強、バイトなど自分のしたいことが自由に行うことができる。医学を学びたい、しっかり勉強して卒業したい人にとっては、定期的に行われるテストが難しいため、嫌でも勉強できよい。卒業後の研修先などの対応もしっかりしている。
    • 講義・授業
      講義・授業の内容は非常に難しいが、レジュメがわかりやすく興味深い講義などもあるのでよい。単位はとるのが難しい。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは無いが、学年で試験を乗り越えるための試験対策などをしっかり行っているので、勉強になりすごくよい。
    • 就職・進学
      国試合格率は道内でも屈指の高さで、就職も不安はない。研修先も大学側がサポートしてくれるので、そんなに大変じゃない。
    • アクセス・立地
      街の外れだが、車を持っていれば何も苦労は無い。住んでいる人が多い場所は、大学周辺でスーパーやファストフード店もあるので立地はよい
    • 施設・設備
      キャンパスはビルの塊で見た目はさほど良くはないが、研究設備、図書館などは充実していると思う。部活動が活発で、大会の成績もよい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は、学年の人数が少ないため密に仲良くなれる友達ができる。部活動が盛んなので、基本的に部活関係の友人・恋愛関係が多い。
    • 学生生活
      部活動は盛ん。アルバイトは、基本的に家庭教師などが多く。近くのコンビニやファストフード店で働く人も多い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は主に教養で、2年次は体の構造・機能について勉強する。3年からは病態・検査・治療について勉強し、5年から臨床実習を行う。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      勤務医
    投稿者ID:411785
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      立地があまりよくない、図書館が24時間使えないなどの不満もあるが、単科大学であるからこその密な友人関係を築くことができ、充実した学生生活を送ることができるから。
    • 講義・授業
      グループワークが取り入れられた授業が多く、医療職者として周囲の人と協力して問題を解決していく能力を身に付けることができる。
    • 研究室・ゼミ
      四年生以上などの高学年になると研究室やゼミなどの授業も増えてくるようだが、低学年では自ら積極的に学びに行かなければ、研究室やゼミとは接触する機械があまりないから。
    • 就職・進学
      低学年のうちは特にサポートはないが、就職に困ることはないし、就職時に相談にのってくれる教員などは多くいるようだから。
    • アクセス・立地
      駅から遠い。駅と大学を繋ぐバスは多いが、それでも駅までは30分近くかかってしまうし、車がなければ不便だと感じている学生が多い。
    • 施設・設備
      施設は新しく立て替えられた場所が多くきれいであるが、図書館を24時間利用できない点が不便だと感じる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      単科大学で人数が少ないからこそ、密な友人関係を築くことができる。部活動も盛んで、同期だけでなく先輩後輩との交流も多い。
    • 学生生活
      部活動が多く、特に運動系の部活に所属し、将来のために体力をつけておく人が多い。また学校祭は3日間あり、十分に勉強の息抜きもできるし楽しむことができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は教養科目を学ぶ。医学の本格的な学習は2年生からで、2年生は正常な人体について、3、4年生では異常の起こった状態の人体について学習する。5、6年生は病院実習を行う。
    投稿者ID:410950
    この口コミは参考になりましたか?
52件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

北海道で評判が良い大学

北海道のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  旭川医科大学   >>  口コミ

旭川医科大学の学部

医学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 3.88 (52件)

オススメの大学

東京医科歯科大学
東京医科歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.09 (68件)
東京都/国立
大阪大学
大阪大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (964件)
大阪府/国立
帯広畜産大学
帯広畜産大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.22 (46件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。