みんなの大学情報TOP   >>  青森県の大学   >>  弘前大学   >>  口コミ

弘前大学
出典:M1945
弘前大学
(ひろさきだいがく)

青森県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 67.5

口コミ:★★★★☆

3.86

(320)

弘前大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.86
(320) 国立内48 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.73
  • 研究室・ゼミ
    3.72
  • 就職・進学
    3.76
  • アクセス・立地
    3.48
  • 施設・設備
    3.55
  • 友人・恋愛
    3.81
  • 学生生活
    3.69
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

320件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    医学部 保健学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      専門科目は全て出席しているし、先生とのコミュニケーションも取れている。わからないことがあったら積極的に質問しているし、チャットなどでも連絡をとっている。
    • 講義・授業
      非常に充実していると思う。しっかりとした知識をもっている先生だし、なんだか忘れたが、すごい資格ももっている先生もいる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはまだ受けたことがないので、わからない。ただ、卒論発表を聞いて、さまざまな分野に分かれていていいなと思った。
    • 就職・進学
      国家試験の合格率は例年に比べて近年は上がっており、昨年度の合格率は100%だった。大半は県内就職だか、近場の道県、都会の就職も多い。
    • アクセス・立地
      アクセスは非常に悪い。まず、キャンパスが医学部だけ離れているし、道路が狭く、渋滞が起きやすい。バスも少なく、遅い時間が出ていない。
    • 施設・設備
      物理療法実習室や機能学実習室などなど、さまざまな教室がある。設備や道具も充実している。講義室は暖かいが、これらの教室は寒い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私の学科は人数が少ないので、横も上下も親密。ただ、飲み会が多くて大変。私は大学に入って彼氏もできたし、周りでもたくさんのカップルが誕生した。
    • 学生生活
      非常に楽しい。が、そのぶん莫大なお金がかかる。バイト費で賄うのがせいいっぱい。でも、サークル部活を通してたくさんのことを学べる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生のうちは、5専攻が同時に受ける講義もあり、たくさんの交流ができる。ここでは基本的な医療についてを学ぶ。
    投稿者ID:431533
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      授業はとても充実している。
      専門の先生がしっかり指導してくれる。実技はとくに小中学校の生徒に教えることを意識している。
      座学もいろいろ興味深いものがあった。
    • 講義・授業
      講義や指導の内容は充実しています。
      それぞれの教科、分野の専門の先生が、ことこん教えてくれます。
      良かったです。
    • 研究室・ゼミ
      一人の先生につき、生徒は4-5人つき、興味があることを勉強したり研究したりすることができます。ゼミ室もあります。
    • 就職・進学
      就職ではたいへんお世話になりました。
      わたしは教師にはならなかったが、教師を目指すためのセミナーが多く開かれています。
      それいがいでも、弘前大学の生徒向けの企業説明会や、サポートしてくれるところ、相談できる先生が、常駐しています。
    • アクセス・立地
      街やえきからは徒歩20分くらいの距離にあります。
      学校の敷地は広く、建物も充実しています。図書館もあります
    • 施設・設備
      学校の敷地は広く、設備も充実しています。
      わたしの学科では、スポーツに特化した実験器具やさまざまな用具があります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      各地から人が集まってきているので、そういう人たちと話すことだけで刺激的だった。人間関係はよかったです。
    • 学生生活
      わたしはとあるスポーツ部に入って活動していた。
      強豪ではなかったが、生徒がひとりひとりが協力して部活を成り立たせようとしている。
      サークルもおおく、きっとあなたに最適な内容やレベルのサークルがあるだろう。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      メインは教師になるために必要な勉強である。
      その他はスポーツや健康をさまざまな面から学ぶことがてきる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      わたしは県内の企業に就職。
      業種は小売り業になるかな
    投稿者ID:427869
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 保健学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      総合大学のため、他学部生と交流ができる。
      他学部生との交流は、自分が学んでいる分野とはまた違った分野に触れることができ、社会が広がる。
      自分とは違う興味、考え方を持っている人と出会うことができ、刺激になることもある。
      部・サークルが多いことも良い。
    • 講義・授業
      他大学の講義に出たことがないため、他大学とは比べられないが、まあまあ充実している方だとは思う。
      いらないだろと思うような内容の授業が必修科目に入っているものもあるが。
      講義中の雰囲気は、よほど下手な講師でない限り形態をいじったりする生徒は殆どいないと思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは大抵3年から。
      そのため、まだゼミについてはよくわかっていない。
      上級生の話を聞くところによると、ゼミの人数は数人。
      ゼミによって拘束時間が大きく変化するようで、楽なゼミは多分人気。
      成績が良いほうが希望のゼミに配属されやすい。
    • 就職・進学
      就職実績は良いほうでは。
      時期がくれば就職活動のサポートをしてくれるであろうし、ききに行けば説明してくれると思う。
    • アクセス・立地
      最寄り駅から約20分。
      一人暮らしの学生が多く、大学から徒歩10分圏内に住んでいる人が大多数である。
      そのため、時間に拘束されることなく大学生活を自由に過ごす学生が多いように思われる。
      自転車で
    • 施設・設備
      キャンパス内に必要な施設、設備は完備されていると思う。
      図書館は専門の書物が充実している一方、小説とかは少ない。
      自習スペースもあり、ノートパソコンの貸し出しもある。
      試験前に役に立つのが縦の繋がり。
      過去問と9割同じ問題が出たことも。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は人数が多い学科のほうが希薄である傾向がある。
      また、人数が少ない学科は、縦の繋がりが強かったりする。
      全学年で飲み会を開く、なんてこともよく聞く。
      初期は特に、地元生は地元生と、県外生は県外生と付き合う傾向がある。
      他学部の人と関わりを持ちたいなら、サークル/部活に入るなり、学生が多い生協のバイトで働くなりしたらよいと思う。
      恋人ができやすいのは部活。
    • 学生生活
      部活はかなり充実している。
      大学のイベントはそんなにない。あるのかもしれないが、学祭くらいしか記憶にない。
      バイトの求人は飲食系が多い。
      リンゴ関係のバイトがあるのは青森ならではでは。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は教養と専門が半々。
      二年次にも教養はあるが、その割合は一年次と比べて低くなる。
      三年次から実習が本格化。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      病院
    投稿者ID:430155
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人文社会科学部 社会経営課程 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      のびのびと自分のしたい研究を行いたい人にとっては良い環境であると思います。1~2年次は広く教養が学べます。そこは総合大学の良さが生かされています。また、留学の機会も様々なところで用意されています。さほど競争率は高くないので本人が希望すれば行けるでしょう。
    • 講義・授業
      総合大学の強みを生かして様々な教養科目が学べます。文系でも理系の教養科目が取れたり、地域に根ざした科目が学べたりします。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの決定の時期は2年次の秋頃です。基本成績順ではなく研究関心によるゼミの振り分けが行われます。2年次の前期から4年生の卒論中間発表・最終発表を見る機会があるので自分の研究関心について深く考える機会もあります。
    • 就職・進学
      就職実績は選り好みしなければそこそこよいでしょう。国公立大学であるということが高評価になることもあります。
    • アクセス・立地
      弘前駅からは徒歩で20分ほどです。大学の周りにスーパー・コンビニがありますが、遊ぶようなところは少ないです。バスは現金のみの取り扱いで雨や雪の日は混み合い遅延も多いのであまり便利とは言えません。飲みやご飯は西弘で行うことが多いです。
    • 施設・設備
      建て替えがここ数年で行われているので人文関連は概ね綺麗です。図書館は他大学と比べると小さめかもしれませんが希望図書のリクエストを年5冊まで申し込むことができます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      特に盛んな部活はありませんが様々なサークルがあるので幅はあると思います。学部を超えた恋愛はよく噂になります
    • 学生生活
      生協組織系のアルバイトをしていますが、安定して人の良さがあるので楽しく活動出来ています。ただボランティア系の組織は板挟みで苦しそうな様子に見えます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は社会学・人類学・社会心理学・経営・会計・経済学など幅広く基礎を学べます。
      2年次にコース分割、それぞれ実習が入ります
      3年次で実習とゼミ
      四年時でゼミと卒論です。
    投稿者ID:428329
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    農学生命科学部 生物学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学校の講義は、専門科目以外にも語学や文学、歴史などの文系科目も受けることができるし、総合大学なのでいろいろな分野の先生や学生と交流することができるから。実習の授業もあり、技術が身につくから。
    • 講義・授業
      講義の難易度はあまり高くないものがほとんどであり、レポートや実験などの実習によって技術が身につくから。また、他学部の講義や、外部の先生の講義も受けることができるから。
    • 研究室・ゼミ
      各ゼミごとに専用の研究室があり、教授の指導も丁寧だから。また、他の学科や学部の先生の助言や実験器具も頼めば借りられることができ、様々な研究を行うことができるから。
    • 就職・進学
      就職活動の指導を行う部屋が設けられているが、自主的に企業説明会などの情報を得なければならないので、忙しいと忘れてしまうことがある。また、学科全体の就職関連の講義がないため、就職活動は卒業研究と並行しなければならず、大変である。
    • アクセス・立地
      大学の周りにはスーパーやコンビニ、ドラッグストアが多いため、生活には便利である。アパートなども大学周辺に密集しているため、徒歩や自転車などで通学できるから。ただ、家具屋や洋服店などは少し遠いところにあり、冬に雪で自転車が使えない時期はふべんであるから。
    • 施設・設備
      図書館や食堂葉大学構内にあり、便利だから。また、複数の学科が1か所に集中しているため、他学科の学生とも交流しやすいから。実験室は大体1つの研究室に1つづつあり、順番待ちもあまりないので便利であるから。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      複数の学科の建物が近く、1年生の時は他学科の人と同じ授業を受けるので、交友関係は広くなるから。また、サークルもたくさんあり、共通の趣味を持つ人たちと出会いやすいため、充実した関係を築けるから。
    • 学生生活
      サークルはたくさんあり、自由に選べるので充実した活動ができると思うから。大学近くには、居酒屋やスーパーなどのバイト先が多くあるので、すぐにバイトを始められるから。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は専門科目が少なく、他学部の人たちと受ける授業が多い。2年次・3年次は専門科目や実験が中心となり、卒業研究を行うための基礎知識を身に着ける。4年次は、講義がほとんどなくなり、卒業研究に集中することができる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      同じ大学の大学院へ進学
    投稿者ID:426563
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人文社会科学部 社会経営課程 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 1| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      2年次からコースが分かれる点においては、1年次で様子を見て決めることができるので選択の自由があると感じる。
      しかし、クラスわけもなく、座学ばかりのため、他の人と知り合う機会が少ない。
      3年次のゼミ選択でようやく同じ目標がある人と出会うことが多く、人見知りな人だと最初は少し孤独を感じるかもしれない。
      卒業後は公務員になる人が多く、公務員を目指す人には授業で学んだことが生きるかもしれないが、公務員講座も受けてはじめて公務員試験に対応できるため、授業を受けただけでは対応できるとは言い難い。
    • 講義・授業
      講義は同じような授業でも先生によってばらつきがあって、一概に何が良い・悪いとは言えない。
      特に、情報と英語の授業は複数の先生がいるので、評価がかなり分かれる。英語は学力別のクラス分けがあるため、その点は配慮されてると感じる。
      出席点が課されているものを選べば、単位はとりやすいが、出席表を代わりに書いてだしてもばれないような授業もあるので、真面目な人が損をしているように感じることもあるかもしれない。
    • 研究室・ゼミ
      4年次のゼミは就職活動に当てることが多く、前期は出席しなくてもいいことゼミが多い。
      自分のゼミは、前期と後期で1回ずつ自分でテーマを決めて発表する形式でそのテーマについて話し合った。
      1学期に16回は授業があるのだが、全員発表を終えたら、後の残っている回数は休みになっておわることが多かった。
      卒論については、3年次で卒論の前段階のものを書いていたため、4年次に焦ることもなく、経過もちゃんと見てもらえた。
      雰囲気はとてもいいが、研究をしたいような人にはかなり物足りないだろう。
    • 就職・進学
      進学をする人はあまりいなく、就職が多い。
      全体的に開いている就活セミナーはあるが、自由参加で基本的なことだけである。
      人によると思うが、私はキャリアセンターには入りにくかった。
      添削などしてくれるが、予約が必要だったりするので、時間がないときは使えない。
      私は外部の就職エージェントを頼ったが、自分専門に見てくれる人がいるのといないのとでは大違いのため、サポート面は不十分だと感じた。
    • アクセス・立地
      1人暮らしを始める人には近くに学生用のアパートがいっぱいあるからいいが、寮生だと少し距離がある。バスの時間もちょうどいいのがないので、意外と使えない。
      駅までも少し距離があり、暮らしていくには自転車が必須である。
      スーパーやコンビニは近くにあるので、そこは使いやすい。
    • 施設・設備
      研究室というものが振り分けられていないので、何か集まりたいときには不便である。
      一応、資料室的なのはあるがだいたいどのゼミの人が使っているから入りづらいというのはある。
      図書館は勉強するには最適だが、資料集めには向いていない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ゼミ選択でようやく仲良くなれる人と出会うため、今までの孤独を共感しあえる仲間と出会い、不思議な絆が生まれてくる。最初は人見知りばかりでも、時間がたつとすごく仲良くなる。
      大学自体がカップルが多いと言われているため、恋愛関係も充実している人はしている。
    • 学生生活
      サークルごとに行事があるので、聞いてると面白い。
      私のサークルでは、前期お疲れ様飲み会や海、コンサートなどがある。
      いろんなイベントをやるサークルもあるので、イベント自体は普通かな。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、情報と英語が必修。高校でやったことを復習する授業ばかり。
      2年次から専門科目が選べるようになる。学科で必修のやつと選択できる科目がある。
      3年次からゼミが始まる。ゼミ所属に必要な単位があり、それをクリアしないと入れない。卒論とゼミ以外の単位をとりおえていないと4年次に困る。
      4年次は就活と卒論のみ。まれに、単位を残しているひとがいるが、大変なことになる。卒論はだいたいゼミの内容で2万字以上。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      販売職。
      アウトソーシング企業なので、派遣?コンサルタント?業界。
    投稿者ID:429107
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 保健学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学びたい分野に特化している先生方が多く、実りのある大学生活を送ることが出来る。先輩との関わりも多く、様々な人と関わることができるので自分自身の成長も感じることが出来る。
    • 講義・授業
      講義のレベルが高くただその場で講義を聞くだけだと理解できないほど難しいことをやることもある。その分予習して受けた講義の時は90分でとても中身のある講義を受けることが出来る。ただ、あまりに難しいことをやるのでついていけないこともある。
    • 研究室・ゼミ
      私自身まだ研究室に所属する学年ではないので詳しいことはわからないのですが先輩の話を書く限り自分で学びたいと思うことをそのことを専攻している教授の元で深く学べる。
    • 就職・進学
      先生方が就職について相談にも乗ってくれるらしいし、先輩達が自分の就職先のことをたくさん教えてくれたりもする。国試対策もちゃんとしてくれるようだし不安なことは何も無いと思う。
    • アクセス・立地
      勉強をする環境としてはすごくいいと思う。病院に隣接しているし、そこまで栄えてる訳では無いのでうるさくて勉強に集中できないこともないし、アパートなどに住んでいる人もまわりにたくさんアパートがあるので近くていいと思う。
    • 施設・設備
      夏は冷房がちゃんと効いているし冬は暖房が暖かい。パソコンやプリンターも自由に使えるようになっているし自動販売機や学食、教科書売り場などもしっかりあって困ることがない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      縦の関係も横の関係も深く、特に同じ学科の先輩にはよくしてもらっている。学科内やサークル内での恋愛も多くあり、みんなたくさんの出会いをして友達や彼氏彼女をつくっている。
    • 学生生活
      サークルでの本当の目的の活動はもちろん充実しているし、夏にはサークルのメンバーでキャンプに行ったり海に行ったりしてサークルのメンバーと仲良くなったりもする。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      人体の作りやはたらきなどの基本的な体に関することから英語など一般教養の教科もある。専攻によっては物理学や化学、生物などの実験を行ったりハイレベルな数学を学んだりすることもある。
    投稿者ID:427754
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    医学部 保健学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      総合大学なので、専門分野だけでなくいろいろな幅広い知識も身につけることができる環境である。また、専門分野についてもしっかりした教育体制があると感じる。
    • 講義・授業
      専門分野だけでなく、いろいろな幅広い知識も身につけることができる環境だ。講義もわかりやすい教え方である。
    • 研究室・ゼミ
      わたしが所属していたゼミナールは専門分野が強いところで、現在の仕事にもしっかり生かされていると感じる。
    • 就職・進学
      全員が看護師の資格を取得していて、全員が看護師として就職している。またサポートもしっかりされている。
    • アクセス・立地
      弘南鉄道の駅が近くにあり、周りには飲食店や居酒屋、コンビニがたくさんあります。何も不自由がありません。
    • 施設・設備
      やや古いのはありますが、施設や器材など充実したものがたくさんあります。何も不自由なことはありませんよ。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      専攻の関係でほとんど女子しかいませんが、弘前は学生の街なので出会いはたくさんあります。総合大学なのもいいです。
    • 学生生活
      わたしはアルバイトをしたかったので、サークルや部活はしてませんでした。コメントすることはありません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年と2年は専攻だくでなく、ほとんどが共通教育です。総合大学なので、いろいろな講義が受けれて楽しかったです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      みんなが医療の現場
    投稿者ID:427926
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    人文社会科学部 社会経営課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      自分のやりたいことが見つかっていなくても見つかります。また、社会経営課程では社会科学に関する学問をほぼ全て扱っているので、想像していた専攻を入学後に変えることも問題ありません。
    • 講義・授業
      講義はかなり幅広いです。何か一つのことを極めるよりも色んなことを学びたい人にお勧めです。真面目にしていれば単位も落としません。
    • 研究室・ゼミ
      まだゼミ生でないので詳しくは分かりませんが、ゼミの説明会なども充実しています。2年生から演習を取り入れる授業もあります。
    • 就職・進学
      就職率はかなりいいです。サポートも非常に手厚く、やる気のある人は1年生のうちからインターンに参加したりなど、積極的に動いています。
    • アクセス・立地
      駅からはバスが出ますし、大学の近くに住めば特に問題はありません。後期で合格してもいいアパートに巡り会えると思います。
    • 施設・設備
      人数に対し少し狭く感じますがあまり不便は感じていません。テスト前になると図書館に人が多く詰めかけます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      意識が高い人もいればだらだらする人もいてまちまちですが、各々がやりたいことをやれているので充実しているといって良いでしょう。
    • 学生生活
      イベントは楽しいです。サークルも豊富にあり、新設することも可能です。学生団体も積極的に活動しています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は社会科学に関して自分が興味があることを学び、2年で専門的に学習していきます。3,4年でそれらを演習や実践的に活かしていきます。
      シラバスをご覧頂ければイメージが湧くと思います。
    投稿者ID:428314
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    理工学部 物質創成化学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      先生たちの都合があって仕方ないということもあるかもしれませんが、毎日1.2時限があった学期があり、自宅が青森市の自分にとっては嫌でした。また、実験が必修となりますが、時間以内に終わる日の方が圧倒的に少ないのにそれを事前に教えてくれません。この点は改善して欲しいです。
    • 講義・授業
      講義は大部分の先生が分かりやすくしてくれ、頭があまり良くない自分でも復習して自学の時間を作ればついていけるようなレベルではあります。ただし、化学科と名前が付いているのにがっつりと物理を使いますので、苦手な人は注意してください。自分も知らずに入ったので苦戦しています。
    • 研究室・ゼミ
      まだ研究室に配属されていないので詳しくは分からないですが、先輩たちによると、四年生と三年生と先生たちの交流会のようなものがあり、そこで研究室のお話を結構聞けるようです。
    • 就職・進学
      学科専用の掲示板(授業変更などの連絡事項などを掲示するところ)にどのような求人があるか、などが詳しくかいてあるファイルのようなものがあり、いろいろな企業から求人があります。理系の専門職に就きたい人は院に進学した方がいいかもしれません。
    • アクセス・立地
      一人暮らしをする人は大学生協から、大学に近いアパートなどを紹介してもらえるし、駅からもそう遠くなく、冬でも歩いて行ける距離だし、それが面倒な人はバスを使うと大学の目の前のバス停まで行ってくれます。
    • 施設・設備
      学生実験で使う実験室の設備はすごくいいです。また、先生たちの部屋に隣接(先生たちの部屋がそのまま実験室のような設備が置いている部屋になっているところもある)している部屋の設備は、学生実験で使う実験室よりさらにいいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内で最初に交流する授業があるのでその人達と最初に仲良くなると思います。また、学科もサークルも同じ人たちは特に仲が良いです。
    • 学生生活
      自分は現在はサークル未所属ですが、ハンドボール部に所属していた時はとても楽しかった思い出があります(飲み会、遠征など)。また学祭でも各サークルが非常に楽しそうに活動しています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は2年次より行われる学生実験で使うような基礎的な化学の知識を勉強していきます。また、それとともに今後使用していく数学の知識や、物理の知識も学習していきます。物理化学分野のいわゆる量子化学分野(この学科が設定している科目名では構造物理化学)は、数学や物理の知識がかなり必要になりますので、かなり時間を割かれると思います。2年次には学生実験の基礎を実験を通して学ぶ基礎化学実験を経て、無機分析化学実験を行なっていきます。また、1年次で学んだ知識を活かした演習型の講義が行われます。また、1年次に履修できる科目は卒業するのに絶対に必要な科目しかありませんが、2年次後期から、自分で選択することができる科目が履修可能になります。これにより、自分はこの研究室に入りたいからこの科目を履修しておこう、と行った選択の自由が可能になります。3年次は物理化学実験や、英語の論文を使った化学英語の授業、そして研究室配属があり、4年次は主に卒業研究です。
    投稿者ID:427489
    この口コミは参考になりましたか?
320件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

青森県で評判が良い大学

青森県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  青森県の大学   >>  弘前大学   >>  口コミ

弘前大学の学部

オススメの大学

東京大学
東京大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.13 (815件)
東京都/国立
京都大学
京都大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.11 (732件)
京都府/国立
北海道大学
北海道大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.09 (771件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。