みんなの大学情報TOP   >>  青森県の大学   >>  弘前大学   >>  口コミ

弘前大学
出典:M1945
弘前大学
(ひろさきだいがく)

国立青森県/弘高下駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 67.5

口コミ:★★★★☆

3.78

(421)

弘前大学 口コミ

★★★★☆ 3.78
(421) 国立内122 / 169校中
学部絞込
4211-10件を表示
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2020年02月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    医学部保健学科の評価
    • 総合評価
      良い
      個人的に言えば国公立大で勉強したいって人にオススメの大学青森だから他のところから来る人は来にくいかもしれないけど面白い大学だから来てほしい
    • 講義・授業
      良い
      自分のやりたい職業についての勉強も同時進行でできるから個人的にはめっちゃいいと思う
    • 研究室・ゼミ
      良い
      自分の高校があまり充実してなかったのもあるが色々と器具があっていいと思う
    • 就職・進学
      良い
      まぁまぁこの学校卒業した人をよく聞くから就職実績とサポートは良いのではないだろうか
    • アクセス・立地
      良い
      自分は家が近いからあまり分からんけどまぁまぁつうがくしやすいほうなのではないか
    • 施設・設備
      普通
      たまーに壊れてるのを放置したりしてるのがいるから設備的にはあまりいい印象はねぇ
    • 友人・恋愛
      良い
      友人関係は個人的には大学の中でいいと思う恋愛関係はノーコメントで
    • 学生生活
      良い
      サークル入ってないからよく分からんけど普通に充実しているから自分に合うやつ見つけやすいんじゃないか
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      自分のところは放射線について1年は本当に基礎的な部分を勉強する
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      ただただ放射線技師になりたいっていう個人的な理由で北海道から青森に来た
    この口コミは参考になりましたか?

    9人中9人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:616957
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2020年02月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    教育学部学校教育教員養成課程の評価
    • 総合評価
      良い
      自ら志望して来るほどではない
      学びたいとかの意思があるなら当然他大学をおすすめする
      何となく位の感じならいいと思う
    • 講義・授業
      良い
      普通の大学って感じまあまあの国公立大学
      先生もやや変人が多い気がする
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      まあ青森県にあるくらいだしね
      関東方面と比べると当然見劣りする
    • 就職・進学
      良い
      県内であれば1番の大学
      他県に出る予定があるならこの大学はおすすめしない
    • アクセス・立地
      良い
      田舎相応のって感じ
      コンビニあれば困らないスタンスなら大丈夫だが
      そうでないならおすすめしない
    • 施設・設備
      普通
      そろそろボロが出てきてる
      まあ建て替えが始まってるからそこまで気にすることも無い
    • 友人・恋愛
      普通
      半分くらい同じ地域だし仲良くなるのは簡単
      ただ顔見知りが多い分大学デビューも厳しいかな
    • 学生生活
      普通
      まあまあ
      でもやっぱり関東方面と比べると見劣りする
      それで十分ならいいんでは
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      中学生に対するものの教え方や生活方面の指導内容等の多方面にわたった指導
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      県内にあるから
      家族との都合により他県に出ることを断念したため
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:616889
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    農学生命科学部食料資源学科の評価
    • 総合評価
      良い
      先生たちのサポートも十分で、学習環境が整っていて、自分のやりたい、学びたいことが学べるいい環境だと思います。
    • 講義・授業
      良い
      多くの種類の講義があって選択できるので充実していると思います。
    • 就職・進学
      良い
      1年で、キャリア形成の基礎、という授業が必修となっており、早いうちから就職について考えられる。
    • アクセス・立地
      良い
      大学周辺はほとんど大学生が住んでいるので、少し安心でもあります。
    • 施設・設備
      普通
      自分の学部棟は少し古いため、ほかの学部棟に比べるとちょっとボロく感じるところもありますが、特に不満はありません。
    • 友人・恋愛
      良い
      食堂などもいつも賑わっており、友人関係、恋愛関係は充実していると思います。
    • 学生生活
      良い
      自分もどのサークルに入るか迷うくらい多くのサークルがあり、活動も充実していると思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      食品化学、食料バイオテクノロジー、など、食料にかんすること。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      生物が好きで、その環境などにも興味があったため、生物環境などを学べるこの学科を志望しました。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:599397
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    農学生命科学部食料資源学科の評価
    • 総合評価
      普通
      地方の大学なので、農学部の果たす役割はとても大きいものだと思います。さらに、地産地消ということも地方にとって大事なので、素晴らしいと思う。
    • 講義・授業
      良い
      講義で分からないところがあり、質問をすると質問に答えてくれ、とても助かっています。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      地方の大学ということもあり、有名な大学に比べ、劣っている感じが多少します
    • 就職・進学
      良い
      担任の先生や学科の先生が積極的にサポートしてくれます。とても助かっています。
    • アクセス・立地
      良い
      冬は雪が沢山降るので、北国出身出ない方は、それなりに苦労すると思います。
    • 施設・設備
      普通
      少しボロいなという建物がありますが、問題ないと思います。そのほかは気になりません。
    • 友人・恋愛
      良い
      学科の人はもちろん、学部の違うサークルの人とも仲良くなれます。
    • 学生生活
      良い
      サークルは多い方だと思います。高校には無い自由なイベントがあり楽しいです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      食料を生産するにあたっての流通などの仕組み作りや効率のいい方法を学びます
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      農学部にすることは決まっていたので、そのなかから、自分にとって学びたいものを選びました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:598742
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    農学生命科学部国際園芸農学科の評価
    • 総合評価
      良い
      1周間の講義コマ数が多すぎるということもなく、大学生らしく時間に余裕のある生活を送っています。学科のらしさも適度に感じられ、充実した学びを得ています。
    • 講義・授業
      普通
      まだ1年生ですが、各先生方の研究についてや専門分野などを聞ける機会も多く、教養教育と併せて自己形成に役立てています。
    • 就職・進学
      普通
      卒業生の講話を聞いたり、自己分析をするような講義も必修でありますが、それが実績に結びついているかというと分かりません。
    • アクセス・立地
      良い
      学校まで徒歩5分圏内ほどの学生向け物件が多く、住む場所には困らないかと思います。私の住んでいる学生寮は学校まで20分ほどかかりますが、例外ですし、毎日散歩気分で気持ちよく通っています。
    • 施設・設備
      良い
      講義を受ける建物は、各学部専用の学部棟と、事務窓口を含む全学部共用のものがあります。1年生が訪れるのは後者がほとんどですが、どの講義室もきれいで空調設備も整っています。
    • 友人・恋愛
      良い
      学科の生徒で集まってのごはん会がよく開かれています。もちろん参加は自由で、行ったり行かなかったり、その時々で楽しんでいます。
    • 学生生活
      良い
      多種多様なサークルがあります。同テーマを掲げている活動の頻度や内容の異なるサークルは複数あるなど、選択肢は多いと思います。先に学園祭がありましたが、サークルや学科の出店等でにぎわい、高校生や外部の方々も多く来場されているようでした。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      農業とそれにまつわる商業的な経済を国際的な視点とローカルな視点の両方から学びます。2年生より、園芸コースと食料経済コースにわかれます。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      生物科学に偏らず植物のことを学びたいと思ったことと、理系ならではの経済を学べるとのことで志望しました。実際に進むのはどちらか一方ですが、興味のある講義を傾聴し、好きに学んでいます。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:592528
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    人文社会科学部社会経営課程の評価
    • 総合評価
      良い
      全体的に見て、雰囲気もよく、勉強に適していると思います。また、フレンドリーな教授も多く、本当に楽しいです。
    • 講義・授業
      良い
      教授がみんな熱意をもって指導に当たってくれます。そのため、真剣にまなべます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      多くのゼミがあり、必ず自分の興味があるものが見つかると思います。
    • 就職・進学
      良い
      実績についてはあまりよく把握していませんが、大学の対応は手厚く、助かっています。
    • アクセス・立地
      良い
      周辺にはバスが通っていることもあり、とても便利です。また、駅もそこまで遠くないのでいいと思います。
    • 施設・設備
      良い
      とても充実しているとは言えませんが、普通に使うには申し分無いです。
    • 友人・恋愛
      良い
      大学の雰囲気はとてもよく友人関係などを育むのにはピッタリです。
    • 学生生活
      良い
      文化祭などはもちろんたくさんのイベントがあり、年中飽きません!
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      周りの地域のことから世界の社会について幅広く学べます。たくさん学ぶことがあり、楽しいです。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      公務員
    • 志望動機
      社会のことに小学校の頃から興味があり、県内にそれを学べる大学があったからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:604234
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    医学部医学科の評価
    • 総合評価
      普通
      全体的に見て、やはり留年者が多いというのが納得いかないので、そこを改善してもらえればいいのにと思う。
    • 講義・授業
      良い
      実習や授業は為になることが多いが、テストでは学年の3分の1が本試で受からなかったり、留年者数も全国トップクラスなので。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      なぜその演習をする必要があるのか分からない時がある。普段はためになることも多い。
    • 就職・進学
      良い
      留年させることで、国試合格率は全国の中でもそれほど悪い位置にはいない。
    • アクセス・立地
      良い
      2つのキャンパス間が近く、家から大学までも近いが、買い物に行くには不便。Suicaが使えない。
    • 施設・設備
      普通
      食堂が狭いし冷房が聞かない部屋がある。図書館も狭い。比較的新しい施設もある。
    • 友人・恋愛
      良い
      学科の人数が少ないので仲良くなりやすいが、地域が狭く、人間関係が固定されがち。
    • 学生生活
      普通
      ある程度数はあるのかもしれないが、他の大学との交流など少なく感じる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では一般教養、2年からは専門的なことを学ぶ。4年生辺りから病院実習が始まり、外部施設や留学なども行くことが出来る。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      医師
    • 志望動機
      元々医師になりたかったので医学部に入るつもりだったが、センター試験で失敗したので入れそうな弘前大学にした。
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:571145
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    農学生命科学部食料資源学科の評価
    • 総合評価
      普通
      医学部を除くと偏差値がそれほど高くないため大企業への就職は難しい(本人の努力次第)が、地域の大学としてはネームバリューがそこそこあるので青森県内の企業であれば、ある程度の成績と大学在学中に頑張ったといえることをしておけば、就職にはほぼ困らない。
    • 講義・授業
      普通
      食品分析などを中心として食品学関連の講義が多い。また、植物や微生物に関する講義もある。 必修の講義は特別に難しいことはないがそれほど専門的な内容は含まれない。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年前期から研究室に配属される。 バイオテクノロジーコース、生産環境コース、食品科学コースの3つがあるため、コース選択をし、そのコースの研究室から選択することになる。 それぞれの研究室のテーマは色々あるので選択肢は多い。
    • 就職・進学
      良い
      大学のキャリアセンターという所を利用すれば、先輩達の就活レポートや企業の情報(企業説明会、面接の情報など)を手にいれることができる。 また、キャリアセンターでは就職活動に関する質問や相談を随時受け付けているため、自分から積極的に行動する気があれば、様々なサポートを受けられる。
    • アクセス・立地
      良い
      大学周辺にはアパート、下宿などが多いため大学へのアクセスは悪くない。しかし、 大学の寮は少し離れた場所にあるためアクセスは良くない。
    • 施設・設備
      普通
      一般的な大学レベルの機器類は揃っているが、特別な機器や施設はほとんどない。
    • 友人・恋愛
      普通
      1年の必修科目に学科の全員が受ける科目があるため、同学科の友人は作りやすい(自分から積極的に行動すれば) 。 他学科や他学部とは教養科目の講義で知り合うこともあるが、多くはサークルや部活動で知り合うことが多い。 恋愛関係の充実は本人の行動力次第(友人を多く作りそこからいかに異性の情報が得られ、かつ仲良くなれるか)
    • 学生生活
      普通
      サークルや部活はそれなりに種類が多い。規律の厳しい所もあるようだが大体のところはそれほど厳しいことはない。 イベントとしては、10月に大学祭があるがそれほど規模は大きくない。一応芸能人が呼ばれてはいる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では生物と化学の基礎(高校で専門とってたならほぼ同じことなので難しくない)を中心に、食品栄養学、基礎土壌学などの専門基礎科目が必修となっている。 2年次では専門科目の必修が多くなる(主に食品学関連)。前期には実験実習があり、コースごとに5種類の実験を行う。 3年次ではコースごとの必修科目が多くなる。研究室に配属されるためある程度卒業研究のテーマ探しを始める必要がある。 4年次では卒業研究が主となる。この時点で修得単位が卒業所要単位に足りていない場合は、専門科目からいくつかとることになる。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      バイオテクノロジーを用いた農作物の品種改良に興味があり、バイオテクノロジーについて学びたいと思ったため。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:566165
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    教育学部学校教育教員養成課程の評価
    • 総合評価
      良い
      他の大学と比べるとわかりませんが、私は十分いい大学だと思ってます。ぜひ悩んでいる方がいたらオープンキャンパスなどにも来てみてくださいね
    • 講義・授業
      良い
      様々な科目があり、教育に関する専門的な知識を1年生のうちから身につけることが出来る。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      コースによってはゼミでの活動がほとんどないコースもある。心理と幼児教育は割と忙しいそうです。
    • 就職・進学
      良い
      教育学部棟の中には、教職支援室などもあり、教職についての悩みを相談することも出来る。
    • アクセス・立地
      良い
      どこに住むかにもよるが、城下町ということもあり坂が多いです。冬は雪も多いのでお気をつけて。
    • 施設・設備
      良い
      他の学部をちゃんと知らないのでなんとも言えないですがおそらく教育学部が1番設備はしっかりしているのかなと。
    • 友人・恋愛
      良い
      カップル多いです。ほんとになんでってくらい多いです。友達ももちろん沢山出来ます。飲みも多いです
    • 学生生活
      良い
      文化祭は楽しいですよ。他にも部活やサークルに入っていると毎日が楽しいです
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      教育に関する専門的な知識を身につけます。1年生のうちから実際に現場に出向いたりもします。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      ずっと青森県に住んでいて、私は青森県から出るつもりはなかったので、県内の総合大学を探してここに来ました。
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中5人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:537382
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    人文社会科学部文化創生課程の評価
    • 総合評価
      普通
      教授が他大学に行ってしまうことがけっこうあり、ゼミがなくなってしまうことがある。本当にやりたいことが勉強できなくなる可能性もあるので慎重に考えるべき
    • 講義・授業
      普通
      博物館学芸員の資格を取れる授業があります。一方で、図書司書の資格はとれません。自分の専攻するものだけでなく、様々な授業があります。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      2年生から実習がはじまり、3年からその実習のゼミへすすみます。色々なゼミがあり充実してると思います。
    • 就職・進学
      普通
      就職率は高いと思います。アルバイト情報も多数あります。企業巡りバスツアーなどもあります。
    • アクセス・立地
      悪い
      弘前駅は歩いて20分ほどかかり、近いとは言えません。大学周辺もあまり店がないです
    • 施設・設備
      普通
      研究室、実習室は3部屋あり、余裕を持って使える。クーラーがあったりなかったり温度調節がいまいち
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルに入ると様々な学部の人と友達なれます。人文は細かい学科に分けられることがなく、人数が多いので友達は多くなると思います。
    • 学生生活
      良い
      いくつあるかわからないほどにサークルがある。学祭はありきたりなかんじです
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は様々な分野を学びます。2年生からはコースに分かれ、実習に入り専攻を決めます。3年からはゼミがはじまります
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      2年生から専攻を決められるところに魅力を感じた。また、民俗学に興味があったため。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:537316
4211-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 青森県 弘前市文京町1
最寄駅 弘南鉄道大鰐線 弘高下
電話番号 0172-36-2111
学部 人文社会科学部理工学部農学生命科学部教育学部医学部
概要 弘前大学は、青森県に本部を置く国立大学です。通称は「弘大(ひろだい)」。弘前高等学校・青森師範学校・青森青年師範学校・青森医学専門学校・弘前医科大学を母体とし、1949年に開学しました。新八医大のひとつであるため、医学系に力を入れているのが特徴です。 学部は「人文社会学部」、「教育学部」、「医学部医学科」、「医学部保健学科」、「理工学部」、「能楽生命科学部」の6つ。キャンパスは医学系が本町地区、それ以外の学部が文京町地区にあります。校章は桜をモチーフに、未来に向けてひとつの大きな花を開花させるイメージで作られています。大学周辺には自治寮があり、医学部に近いため医学部生が多く利用しています。

みんなの大学情報TOP   >>  青森県の大学   >>  弘前大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
立教大学

立教大学

55.0 - 67.5

★★★★☆ 4.03 (1348件)
東京都豊島区/池袋駅
近畿大学

近畿大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.78 (1573件)
大阪府東大阪市/長瀬駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.15 (826件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
理系のオススメ大学
近畿大学

近畿大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.78 (1573件)
大阪府東大阪市/長瀬駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.15 (826件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
東邦大学

東邦大学

47.5 - 67.5

★★★★☆ 3.91 (189件)
東京都大田区/梅屋敷駅

偏差値が近い大学の一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

弘前大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。