みんなの大学情報TOP   >>  青森県の大学   >>  弘前大学   >>  口コミ

弘前大学
出典:M1945
弘前大学
(ひろさきだいがく)

青森県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 67.5

口コミ:★★★★☆

3.77

(401)

弘前大学 口コミ

★★★★☆ 3.77
(401) 国立内125 / 169校中
学部絞込
4011-10件を表示
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    医学部医学科の評価
    • 総合評価
      普通
      全体的に見て、やはり留年者が多いというのが納得いかないので、そこを改善してもらえればいいのにと思う。
    • 講義・授業
      良い
      実習や授業は為になることが多いが、テストでは学年の3分の1が本試で受からなかったり、留年者数も全国トップクラスなので。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      なぜその演習をする必要があるのか分からない時がある。普段はためになることも多い。
    • 就職・進学
      良い
      留年させることで、国試合格率は全国の中でもそれほど悪い位置にはいない。
    • アクセス・立地
      良い
      2つのキャンパス間が近く、家から大学までも近いが、買い物に行くには不便。Suicaが使えない。
    • 施設・設備
      普通
      食堂が狭いし冷房が聞かない部屋がある。図書館も狭い。比較的新しい施設もある。
    • 友人・恋愛
      良い
      学科の人数が少ないので仲良くなりやすいが、地域が狭く、人間関係が固定されがち。
    • 学生生活
      普通
      ある程度数はあるのかもしれないが、他の大学との交流など少なく感じる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では一般教養、2年からは専門的なことを学ぶ。4年生辺りから病院実習が始まり、外部施設や留学なども行くことが出来る。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      医師
    • 志望動機
      元々医師になりたかったので医学部に入るつもりだったが、センター試験で失敗したので入れそうな弘前大学にした。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:571145
  • 男性在校生
    理工学部 数物科学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    理工学部数物科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      教職免許を取ることができて専門の勉強もできます。また、大学院に行く人も多いです。そんな人にオススメします
    • 講義・授業
      良い
      教授によるわかりやすい授業と幅広い分野を学ぶことができます。
    • 就職・進学
      普通
      就職には採用したい大学一位になるほど人気です。また、就職は教職か大学院に進学の二択がほぼ半分くらいなので他につきたい仕事があるならオススメしません
    • アクセス・立地
      良い
      大学の近くにアパートが多くあるので自転車で通学する人が多いです
    • 施設・設備
      良い
      夏や冬は極端に寒かったりしますが暖房を入れているので廊下に出ても寒くないです。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルや部活が多くあるので友達が出来やすいです。また、学科内でも友達ができます
    • 学生生活
      良い
      サークルは多いので学祭の模擬店が数多く出店しています。とても楽しいです
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基本的な数学と物理を学び二年次にはそれぞれ物理中心、数学中心、物理と数学を半々勉強するコースに分かれてそれぞれ専門的に勉強していきます
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 就職先・進学先
      数学教師
    • 志望動機
      自分の学びたいことを学べるのと数学の教員免許を取ることができるため。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:570142
  • 男性在校生
    農学生命科学部 食料資源学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    農学生命科学部食料資源学科の評価
    • 総合評価
      普通
      医学部を除くと偏差値がそれほど高くないため大企業への就職は難しい(本人の努力次第)が、地域の大学としてはネームバリューがそこそこあるので青森県内の企業であれば、ある程度の成績と大学在学中に頑張ったといえることをしておけば、就職にはほぼ困らない。
    • 講義・授業
      普通
      食品分析などを中心として食品学関連の講義が多い。また、植物や微生物に関する講義もある。 必修の講義は特別に難しいことはないがそれほど専門的な内容は含まれない。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年前期から研究室に配属される。 バイオテクノロジーコース、生産環境コース、食品科学コースの3つがあるため、コース選択をし、そのコースの研究室から選択することになる。 それぞれの研究室のテーマは色々あるので選択肢は多い。
    • 就職・進学
      良い
      大学のキャリアセンターという所を利用すれば、先輩達の就活レポートや企業の情報(企業説明会、面接の情報など)を手にいれることができる。 また、キャリアセンターでは就職活動に関する質問や相談を随時受け付けているため、自分から積極的に行動する気があれば、様々なサポートを受けられる。
    • アクセス・立地
      良い
      大学周辺にはアパート、下宿などが多いため大学へのアクセスは悪くない。しかし、 大学の寮は少し離れた場所にあるためアクセスは良くない。
    • 施設・設備
      普通
      一般的な大学レベルの機器類は揃っているが、特別な機器や施設はほとんどない。
    • 友人・恋愛
      普通
      1年の必修科目に学科の全員が受ける科目があるため、同学科の友人は作りやすい(自分から積極的に行動すれば) 。 他学科や他学部とは教養科目の講義で知り合うこともあるが、多くはサークルや部活動で知り合うことが多い。 恋愛関係の充実は本人の行動力次第(友人を多く作りそこからいかに異性の情報が得られ、かつ仲良くなれるか)
    • 学生生活
      普通
      サークルや部活はそれなりに種類が多い。規律の厳しい所もあるようだが大体のところはそれほど厳しいことはない。 イベントとしては、10月に大学祭があるがそれほど規模は大きくない。一応芸能人が呼ばれてはいる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では生物と化学の基礎(高校で専門とってたならほぼ同じことなので難しくない)を中心に、食品栄養学、基礎土壌学などの専門基礎科目が必修となっている。 2年次では専門科目の必修が多くなる(主に食品学関連)。前期には実験実習があり、コースごとに5種類の実験を行う。 3年次ではコースごとの必修科目が多くなる。研究室に配属されるためある程度卒業研究のテーマ探しを始める必要がある。 4年次では卒業研究が主となる。この時点で修得単位が卒業所要単位に足りていない場合は、専門科目からいくつかとることになる。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      バイオテクノロジーを用いた農作物の品種改良に興味があり、バイオテクノロジーについて学びたいと思ったため。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:566165
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    教育学部学校教育教員養成課程の評価
    • 総合評価
      良い
      他の大学と比べるとわかりませんが、私は十分いい大学だと思ってます。ぜひ悩んでいる方がいたらオープンキャンパスなどにも来てみてくださいね
    • 講義・授業
      良い
      様々な科目があり、教育に関する専門的な知識を1年生のうちから身につけることが出来る。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      コースによってはゼミでの活動がほとんどないコースもある。心理と幼児教育は割と忙しいそうです。
    • 就職・進学
      良い
      教育学部棟の中には、教職支援室などもあり、教職についての悩みを相談することも出来る。
    • アクセス・立地
      良い
      どこに住むかにもよるが、城下町ということもあり坂が多いです。冬は雪も多いのでお気をつけて。
    • 施設・設備
      良い
      他の学部をちゃんと知らないのでなんとも言えないですがおそらく教育学部が1番設備はしっかりしているのかなと。
    • 友人・恋愛
      良い
      カップル多いです。ほんとになんでってくらい多いです。友達ももちろん沢山出来ます。飲みも多いです
    • 学生生活
      良い
      文化祭は楽しいですよ。他にも部活やサークルに入っていると毎日が楽しいです
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      教育に関する専門的な知識を身につけます。1年生のうちから実際に現場に出向いたりもします。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      ずっと青森県に住んでいて、私は青森県から出るつもりはなかったので、県内の総合大学を探してここに来ました。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:537382
  • 女性在校生
    人文社会科学部 文化創生課程 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    人文社会科学部文化創生課程の評価
    • 総合評価
      普通
      教授が他大学に行ってしまうことがけっこうあり、ゼミがなくなってしまうことがある。本当にやりたいことが勉強できなくなる可能性もあるので慎重に考えるべき
    • 講義・授業
      普通
      博物館学芸員の資格を取れる授業があります。一方で、図書司書の資格はとれません。自分の専攻するものだけでなく、様々な授業があります。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      2年生から実習がはじまり、3年からその実習のゼミへすすみます。色々なゼミがあり充実してると思います。
    • 就職・進学
      普通
      就職率は高いと思います。アルバイト情報も多数あります。企業巡りバスツアーなどもあります。
    • アクセス・立地
      悪い
      弘前駅は歩いて20分ほどかかり、近いとは言えません。大学周辺もあまり店がないです
    • 施設・設備
      普通
      研究室、実習室は3部屋あり、余裕を持って使える。クーラーがあったりなかったり温度調節がいまいち
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルに入ると様々な学部の人と友達なれます。人文は細かい学科に分けられることがなく、人数が多いので友達は多くなると思います。
    • 学生生活
      良い
      いくつあるかわからないほどにサークルがある。学祭はありきたりなかんじです
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は様々な分野を学びます。2年生からはコースに分かれ、実習に入り専攻を決めます。3年からはゼミがはじまります
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      2年生から専攻を決められるところに魅力を感じた。また、民俗学に興味があったため。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:537316
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 1| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    教育学部学校教育教員養成課程の評価
    • 総合評価
      悪い
      必修の授業の内容が割と被っているので受ける意味があるのかと思う時があります。交通の便が1番困っている点です。
    • 講義・授業
      良い
      それぞれ異なる学部が大学内にあるので、多岐に渡った授業を受けることができる点がいいと思う。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      美術専攻ですが、日本画や彫刻、美術史など専門の先生がいるので満足してます
    • 就職・進学
      悪い
      現役で先生になるのはとても難しいと聞いたから。募集人数もとても少ない。
    • アクセス・立地
      悪い
      駅から徒歩だと結構歩くことになるから。私の家からも遠いので車で行きたいけれど駐車スペースがない。
    • 施設・設備
      悪い
      教室やトイレはとてもきれいだと思います。冬はとても寒い教室があります。
    • 友人・恋愛
      良い
      今は特に友人関係で困っていることはないから。浅く広い友達が増えました。
    • 学生生活
      良い
      いろんなサークルがあります。中には飲み会しかしないサークルもあるみたいです
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      教育実習とそれぞれの専門の美術について、卒業制作に向けて自分たちで活動します。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      家から最も近くて、好きな美術について学べるから。デザインに興味があった。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:564324
  • 男性在校生
    理工学部 数物科学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    理工学部数物科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      大学はとてもいいところですが、自分がやりたいものに向かってやることができます。教授も個性的で面白い人ばかりです。
    • 講義・授業
      普通
      先生が個性的でとてもわかりやすい説明をしてくれます。時々特別講義があるのでとてもいいです
    • 研究室・ゼミ
      普通
      コースによって制限はされますが自分の学びたい研究室に入ることができます。
    • 就職・進学
      良い
      ここに入った学生はほとんどが研究者か教職を取る人が多いのでその人たちにはオススメです
    • アクセス・立地
      普通
      一人暮らしの学生は近いですが、実家生はあまり良くありません。
    • 施設・設備
      普通
      夏は冷房が効いている部屋もあればない部屋もあるのでそこは運です
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルや部活が数多くあるので友達が多くできるとおもいます。
    • 学生生活
      良い
      文化祭はとても多くの模擬店があるのでとても賑やかな文化祭になっています
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年生は基礎的な内容をやります。二年生以降はより専門的な数学、物理を学びます。
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 志望動機
      教員免許を取得することが出来るので専門的な内容を理解したいと思ったからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:536011
  • 女性在校生
    農学生命科学部 生物学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    農学生命科学部生物学科の評価
    • 総合評価
      良い
      スーパーやコンビニ、飲み屋街が近くにあり、学生生活を充実させることができると思います。国立大学なので、設備の充実はあまり大きく望めませんが、必要最低限はそろっているのであまり不便だと感じていません。
    • 講義・授業
      良い
      総合大学なので、自分の専門分野以外も学ぶことができ、視野が広がる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年生からゼミに配属されるが、成績の良い順に希望が通るので、テストやレポートは1年生の時から頑張っておいたほうが良い。
    • 就職・進学
      悪い
      就職について相談するキャリアセンターはあるが小さく、就職に関する講義も少ないから。
    • アクセス・立地
      良い
      スーパーやコンビニが近くにあり、駅もいくつかあるので生活には便利です。お店が密集している地域までは遠いですが、100円バスがあり便利です。冬は雪がたくさん降るので通学は大変です。
    • 施設・設備
      良い
      以前は講義室にクーラーの設備がなく不便でしたが、最近設置され始めました。学部によって、設備の充実度はバラバラです。実験設備は充実しています。
    • 友人・恋愛
      良い
      1,2年生の時は他学部の同級生と一緒に講義を受けるので、多くの友人ができる。3年生以降は専門の講義や実習が増えるので、同じ学科の友人ができる。サークルも、様々な学科の人が加入しているのもあれば、特定の学部の人ばかりが加入しているのもあり、サークルによって交友の幅は異なる。
    • 学生生活
      良い
      サークルは様々あり、ラグビー部や弓道部などの運動系から、軽音楽部や天文学部などの文科系まで様々あります。ハロプロ研究会などの変わったサークルもあり、大学非公認のサークルは毎年のようにできているので、自分に合っているサークルを見つけることができると思います。文化祭は出店が多く、地元の人にも長年親しまれている印象を受けます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生の時は、英語などの専門以外の講義が多く、自分で選択して受講します。2年生の時には実験や実習などの専門の授業が増え、レポートやテストも多く、難しくなっていきます。3年生の時にはゼミに配属され、講義が少なくなる分、自分の研究に専念します。研究は、テーマによって忙しさが異なります。4年生の時は研究が忙しくなり、最後に研究の発表と、卒業論文を執筆します。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      生き物がずっと好きだったので、専門的に学ぶことができる生物系の学部を探していたところ、農学生命科学部が理工学部とは独立している、全国的に珍しい生物系の学部であり、地元から近い大学だったため入学を決めました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:570038
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 1| 学生生活 2]
    教育学部学校教育教員養成課程の評価
    • 総合評価
      普通
      教育学部はあまり計画性がないと感じる部分が時々ある。突然、決まることが多いため、評価としては微妙である。
    • 講義・授業
      良い
      内容に関して、濃く、良いと感じる先生もいらっちゃれば、このような授業で良いのだろうかと感じるような先生もいらっしゃるから。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      基本的には良いと思うが、明確な目標があるにもかかわらず、そのようなゼミがないという人も中にはいたから。
    • 就職・進学
      良い
      ほとんどの卒業生がしっかりと就職をしていて、自分もできるとしんじているから。
    • アクセス・立地
      悪い
      車での移動の際、車を置く場所がない。バスは遅れてしまう。電車も近くをあまり通っていない。など多くの理由が挙げられる。
    • 施設・設備
      良い
      冷房や暖房に関しては充実している。しかし、石鹸など消耗品に関しては少し注意してほしい部分がある。
    • 友人・恋愛
      悪い
      あまり、他学年、他学部との交流の機会がない。それぞれの学部によって建物が違うため、あまり交流ができない。
    • 学生生活
      悪い
      サークルは公認されていればしっかりとしょうかいされるが、公認でなければ新入生の目に触れることがない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      将来、教員として教育現場で働く際のノウハウを学ぶことができる。子供達の未来を担う大切な仕事であるため、しっかりと学ぶべき学部だと認識している。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      附属の小学校、中学校、幼稚園があり、実習が充実していることを知っていたから。そして、私のコースはさまざまな免許を取ることができるから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:568622
  • 男性在校生
    理工学部 数物科学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    理工学部数物科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      僕はこの大学は設備も充実しており勉強できる環境があるとは思うのですが、周りがあまり勉強していないので少し違和感があります。
    • 講義・授業
      良い
      講義が面白くしっかりした解説や話をしてくれるので安心できるため。また、自分の進路に向けて学びたいことができるのでとことんやれるため
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミ研究にあまり詳しくないので学びたいものがもしかしたらない可能性もあるため
    • 就職・進学
      良い
      この学科は教員を目指す人や大学院に進学して研究職につく人が多いので自分としては参考になります。
    • アクセス・立地
      良い
      大学の近くに生協のアパートが多く徒歩や自転車ですぐ着く距離なのでそこを利用する人が多いです。
    • 施設・設備
      良い
      自習室や演習室、図書館など様々な学習スペースがあって勉強しやすいです
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルやボランティア活動をすると他の友達が多くできます。その友達と色んな場所に遊びに行っています。
    • 学生生活
      良い
      サークルは数多くありどのサークルも個性的です。文化祭もそれぞれのサークルで模擬店を開きます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は数学物理両方の基礎を学びます。二年次以降はそれぞれ3つのコースに分かれて分野ごとにそれぞれ勉強していきます。
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 志望動機
      僕は教員を目指していてそこの学科は教員免許を取ることができるから
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:568376
4011-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 青森県 弘前市文京町1
最寄駅 弘南鉄道大鰐線 弘高下
電話番号 0172-36-2111
学部 人文社会科学部、 理工学部、 農学生命科学部、 教育学部、 医学部
概要 弘前大学は、青森県に本部を置く国立大学です。通称は「弘大(ひろだい)」。弘前高等学校・青森師範学校・青森青年師範学校・青森医学専門学校・弘前医科大学を母体とし、1949年に開学しました。新八医大のひとつであるため、医学系に力を入れているのが特徴です。 学部は「人文社会学部」、「教育学部」、「医学部医学科」、「医学部保健学科」、「理工学部」、「能楽生命科学部」の6つ。キャンパスは医学系が本町地区、それ以外の学部が文京町地区にあります。校章は桜をモチーフに、未来に向けてひとつの大きな花を開花させるイメージで作られています。大学周辺には自治寮があり、医学部に近いため医学部生が多く利用しています。

みんなの大学情報TOP   >>  青森県の大学   >>  弘前大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
立教大学

立教大学

55.0 - 67.5

★★★★☆ 4.03 (1231件)
東京都豊島区/池袋駅
近畿大学

近畿大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.77 (1427件)
大阪府東大阪市/長瀬駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.12 (746件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
理系のオススメ大学
近畿大学

近畿大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.77 (1331件)
大阪府東大阪市/長瀬駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.11 (693件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
東邦大学

東邦大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.88 (169件)
東京都大田区/梅屋敷駅

偏差値が近い大学の一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

弘前大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。