>>     >>     >>  口コミ

愛媛大学
愛媛大学
(えひめだいがく)

愛媛県 / 国立

偏差値:48 - 70

口コミ:

3.73

(190)

愛媛大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 国立大学順位
(全86校中)
講義・授業 3.55 64位
研究室・ゼミ 3.76 46位
就職・進学 3.52 71位
アクセス・立地 4.21 8位
施設・設備 3.73 23位
友人・恋愛 3.69 31位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

192件中 1-10件を表示
  • 愛媛大学
    女性在校生
    法文学部 人文学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      28年度入学者から法文学部は学科が1つになっている。今までの総合政策学科と人文学科の隔たりがなくなった分、授業を自由に取りやすくなったのではないだろうか。
    • 講義・授業
      専攻によって開講時間数に偏りがある。社会学の開講数が少ない。
    • 研究室・ゼミ
      私の最も興味のある分野の先生は数年前に異動されていた。残念。
    • 就職・進学
      ゼミによると思われる。OBさんとの交流があるゼミでは社会に出てからの話などを聞ける。
    • アクセス・立地
      松山市の中心に位置するだけあって交通の便は良い。勾配もあまりないため、学生は自転車での移動が楽。
    • 施設・設備
      去年、講義棟の改修工事などが行われており、場所によってはきれい。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛媛大学
    女性在校生
    法文学部 人文学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学で文学を勉強したいという人に向いている大学だと思います。先生方はとても分かりやすくご指導してくださり、文学についてよく学ぶことができます。しかし、文学に興味のない方はあまりおすすめしません。
    • 講義・授業
      先生の指導は充実しています。けれど、講義に使う教室が足りていないため、少し狭いです。
    • 研究室・ゼミ
      とても充実しています。いろんな分野のテーマや研究室があるので、
      学べる分野が広いです。
    • 就職・進学
      学科卒業生の就職実績はやや高いです。サポートも、受けることができます。
    • アクセス・立地
      大街道、銀天街、ロープウェイ街が近く、とても便利です。交通網もよく、立地は最高です。
    • 施設・設備
      法文学部専用のパソコンルームがあります。エアコンもありますが、少し壊れているものもあります。
    • 友人・恋愛
      サークル、部活の種類は豊富です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、文学の基礎、2年次からは自ら専攻を選んで学びます。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛媛大学
    男性卒業生
    教育学部 スポーツ健康科学課程 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-23投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      四国地方内に就職したい人にとってはちょうどいいと思います。地域に根差しているので、実習などもローカルに実施してくれるし、地に足ついた学びができると思います。
    • 講義・授業
      地方の大学のためか、年配の教授が多いです。そのため知識も古いものが多く、教科書も古いものを選びがちですし、最新の知識を得ることは難しいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      地方国立のためか、施設、実験道具が古く、自分の手でアナログな研究を行うことになります。目新しさはないですし、時間もかかる。専門性をかじるくらいの場所ととらえていいと思います。
    • 就職・進学
      四国内への就職には強みがあると思います。一般的にC~Dクラスと思いますが、県内唯一の国立大学ですし、名前を出すだけでポジティブにとらえていただけます。地方外は明らかに不利でしょう。
    • アクセス・立地
      学生の街なのでアパートも近くに安くとれるのでいいです。しかし、四国という地方柄、交通の便が悪すぎる。なかなか遠出できないでしょう。
    • 施設・設備
      悪いです。最近建て替えなど進めているようですが、実験道具が古すぎる。アナログ器具過ぎて実験の時間がかかりすぎて不満を感じると思います。
    • 友人・恋愛
      交通の便も悪く田舎のため、皆外に遊びに出ることなく近くにとどまっているので必然的に身内と絡むことになります。そのため学部関係なく学内の友人はたくさんできます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      教育学部だったので教職。スポーツ専攻だったので運動生理学などのトレーニング、スポーツ分野。
    • 所属研究室・ゼミ名
      運動生理学
    • 所属研究室・ゼミの概要
      運動を通じて起こる体の変化の研究。運動動作の研究も行いました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      飲料サービス業/販売職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      就職氷河期だったので内定をいただいた中から最も条件の良い企業を選びました。
    入試について
    • 学科志望動機
      運動が好きだったので。運動生理学の知識をつけたかったので。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験対策。2次は実技のため、運動を継続的に行う。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛媛大学
    女性卒業生
    教育学部 芸術文化課程 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      いろいろな学びをしたい学生に対してはとてもいい大学だと思う。もっと知って欲しいと思った。理系がとても強くて魅力的であった。
    • 講義・授業
      いろいろなレベルの学生に合わせた授業をしてくれる先生が多かったように思う。授業も面白かった。理系の授業がわかりやすかった。
    • 研究室・ゼミ
      研究室によっていろいろであった。いい研究室もあればそうではない研究室も多かった。選ぶ際に注意しなければいけないと思う。
    • 就職・進学
      進路に対して手厚く支援をしてくれた。先生というよりは大学がいろいろなあっせんをしてくれた。ジムの人たちがとても親切でとても助かった。
    • アクセス・立地
      立地がかなり良く、街にも家にも近かった。買い物にも困らなかった。他にも路面電車が近かった。雨が降った際にもあまり困らなかったし、自転車でどこにでもいける。
    • 施設・設備
      施設が新しくなり、昔に比べると今はとてもいい設備になっていると思う。ご飯を食べるところも増えた。大学も周りにもコンビニやドラッグストアが多くて困らなかった。
    • 友人・恋愛
      部活もアルバイトもできる。サークル活動も盛んで、やりたいことができる。いろいろな大学と関わるきっかけもあった。自分が積極的に動けるとなんでもできる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      音楽の授業でピアノの授業をとって、教職をとった。
    • 所属研究室・ゼミ名
      音楽の研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      ピアノの弾き方や研究の仕方について研究をした
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学院
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      もっといろいろな方面について勉強してから教職に就きたいと思ったから
    入試について
    • 学科志望動機
      いい指導者がいると聞いていたことと、免許が取れるということ
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      特に行っていない。高校の勉強をしっかりやって、受験に臨んだ
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛媛大学
    女性卒業生
    教育学部 芸術文化課程 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      いろいろな場所から学生が集まってきて、いろんな文化を知ることができた。大学の立地も良く、家も近いし街までのアクセスもよかった。
    • 講義・授業
      大学教育に力を入れているため、いろいろな授業の中に工夫が見られた。また、いろいろな学科の学生が集まって受けられる授業がよかった。
    • 研究室・ゼミ
      自分のやりたい内容の研究を出来るゼミが多かった。また、そのゼミでの指導もほかの大学に比べると充実していた。
    • 就職・進学
      進学や就職支援も手厚く、決まるまで多くの連絡を受けた。また、進学に対しても理解があり、優しく対応してくれた
    • アクセス・立地
      立地はとてもよい。電車の駅までは遠いが、街や住宅街のアクセスがとてもよかった。自転車でどこにでもいける。
    • 施設・設備
      入学した年はあまり良くなかったが、卒業する頃には様々な建物が立て替えされ、綺麗になった。耐震も考えている。
    • 友人・恋愛
      サークル活動や部活動、アルバイトがしやすい環境にあった。ただ、学業との両立は考えなければいけないと思った。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      音楽の学科だったため実技と面接が中心だった。
    • 所属研究室・ゼミ名
      音楽教育
    • 所属研究室・ゼミの概要
      ピアノの弾き方や研究の仕方が学べたと思う
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学院に進学
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      もっと他の分野の研究をしてみたくなったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      ピアノをもう少し専門的に学びたかったから
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      自分で自学自習をしていた。ピアノは高校の先生に習った
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛媛大学
    男性在校生
    工学部 電気電子工学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学校全体として工学部の棟が多く、施設の充実さにおいては文句のつけようがない。研究室はしっかりとした実績を兼ね備えているところが多く、自分の研究テーマを追いかけるには十分な環境である。 4点にした理由は、学校全体における英語への意識の低さが際立っているからである。企業の8割が必要としているTOIECを授業で取り上げないため、各自で勉強し対策する必要がある。 学科内の交流に関しては入学直前に大学生協が主催してる親交会があるため、それに参加することで安心して大学生活をスタートすることができた。
    • 講義・授業
      専門教科に関して、入学当初は必修教科(基礎科目)が多く、ひたすらにこなしていくだけになるが、上回生になるにつれて専門的な分野に従事することになる。したがって、入学してから研究室について調べる時間がたくさんあるので、大学に入ってからやりたいことを見つけることができる。 また、一年生の間に他の学部の学問(法学や心理学など)を履修することができる授業があるので、新鮮でとても楽しい。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の配属に関して、成績上位者は各自好きなところにつくことができるが、成績中、下位の人は希望を取られることもなく、勝手に配属される。そのため、ここに行きたいという研究室がある場合はしっかりとそれまでに結果を出しておく必要がある。 また、大学院進学と就職活動に関しては研究室の意向によって肩入れが偏る可能性がある。あらかじめ先輩から情報をもらい、研究室について知っておくことは大変重要である。
    • 就職・進学
      次の新春で三年生となるので、詳しくは実績を知らない。 地元中小企業から大手まで幅広く就職実績あり。資料で就職希望者における就職先決定者の確率が97%だった(2013年における)。 進学:就職=5:5。
    • アクセス・立地
      他の大学と比べて大きな違いは、市内中央の活気あふれた地区に本学が位置していることである。松山市自体が中心にいろんな店を寄せ集めている傾向があるため、生活にも遊びにも自転車一つあればどこへでも行くことができる。
    • 施設・設備
      もともとは工学部を創設して始まった愛媛大学であるため、合計的な施設の数は他の学部と比べ物にならないほど多い。また、耐震工事の関係で最近工学部棟の一部を建て替えたこともあり、大変きれいな施設になっている。学内にイチョウの木や梅の木が植えてあり、季節によって色が出る魅力的な校内雰囲気が形成されている。
    • 友人・恋愛
      部活やサークルが豊富にあり、参加することで他の学部学科の友達を作ることができる。 近年理系女子が増加しつつあるため、学科内に女子が増えつつある傾向にはあるが、基本的に少ない。サークルやバイトで知り合った人と付き合っているカップルが多い。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は理系基礎科目を学ぶことが中心であり、また、他の学部学科と共通の授業を受けたり、他の学部が専攻とする授業を受ける機会もある。 2年次から実験が始まり、3年次になるとより専門的な授業になる。研究室配属は3年次終了時である。
    入試について
    • 学科志望動機
      明確にこの学問を学びたいという考えはなかったが、自分自身が家電製品の仕組み(回路)に興味があり、将来それに関係する仕事に就きたいと思った。 愛媛大学はアクセスとして街の中心に位置していたため大変魅力的に感じ、じぶんの学力に見合うこの大学を選んだ。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛媛大学
    女性在校生
    法文学部 総合政策学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      将来の夢が明確に決まっている人には良い学部だと思います。専門分野が決まっておらず、広く学ぶ学部なので、夢や目的がないと、何気なく時間だけが過ぎてしまう大学生活になってしまいます。自分の芯をしっかりと持ち、資格取得など自発的に学ぶことが大切だと思います。
    • 講義・授業
      講義は大人数で行うものが多く、ひとりひとりに目の行き届いた講義というものではありません。しかし観光の講義等では、普段の計算や思考を高める講義とは違う新しい角度のものなのでおすすめできます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは少人数なので、意見も言いやすく楽しいです。教授によってゼミの内容も違うので、自分の学びたいことに近い教授を選んでください。
    • 就職・進学
      進学先はよくわかりませんが、在学中にやりきったと言える功績を残す機会があまりないので、就職活動は厳しいものになるだろうなとおもいます。
    • アクセス・立地
      学校、下宿先、遊び場、駅等すべてが近く自転車で移動できるので、とても大学生活を過ごしやすい地だと思います。
    • 施設・設備
      学校は広いですし、家からも街からも駅からも近いです。教室もきれいなので、集中して取り組めるといえます。
    • 友人・恋愛
      私は都会の大学に憧れていたので、のんびりとした時間の過ぎるこの大学生活に少し物足りなさを感じています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一回生では共通科目が多く、英語も勉強します。二回生からは専門的になってきて、経営の分野では戦略やからくりを学びます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      高橋ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      西洋経済史を学んでいて、西洋の歴史の本を読んで毎週ゼミ仲間と討論しています。学校外にでたりもします。
    入試について
    • 学科志望動機
      国公立大学進学を目指していたため。実家から近かったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センターはオールマイティに勉強して、二次対策は過去問を解いていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛媛大学
    女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      研究に対して特化しているので研究に対して意欲が強い人にはいい大学だと思います。図書館が充実しており、勉強しやすい空間が確保されています。ただし、無言のルールなどがあるため人脈を大学内で確保しないと難しいです。
    • 講義・授業
      わかりやすい人はとことんわかりやすいですが、教える気がまるでない先生もいる。正直、教授の当たりはずれによる。
    • 研究室・ゼミ
      一回生のころから研究に参加できるため集中したい人はすぐに学会にいくことができる。しかし、そのぶん私的な生活の時間は割かれると考えてほしい。
    • 就職・進学
      国家試験は90パーセントぐらいの合格率だが、四年次、五年次からインターンの補助が始まっている。そこの情報を取り逃さなければ就職は難しくないと思う。
    • アクセス・立地
      周りにマンションが多く、通学5分などもざら。しかし、その分問題も多いため静かなところがいいなど条件がいい物件を見つけるのは難しい。また、本屋などが近所になく車がほぼ必須。
    • 施設・設備
      図書館が一新されて一人勉強、多人数勉強、パソコンを使った勉強などがやりやすくなった。また、教科書が多く入っており参考にしやすい。
    • 友人・恋愛
      看護科とはほぼ関わり合いがない。部活に入って周りと上下に人間関係を構築しないと難しい。無条件で回っている資料などを取り逃すとテストが段違いに難しくなる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基礎、または教養学。二年次に生物の基本的に正常な状態について。三年次はメジャーな病気について。四年次はマイナーな病気について。五年次は実習。六年次は国家試験に向けての勉強。
    • 所属研究室・ゼミ名
      循環病理学。
    • 所属研究室・ゼミの概要
      循環器系の基礎研究部。私は赤血球の抜核について。教授は優しくてこちらのフォローをしっかりやってくださる優しい雰囲気でした。
    進路について
    • 就職先・進学先
      なし。
    入試について
    • 学科志望動機
      とりあえず入った。正直言って現在は恐怖しかなくやめるべきか悩んでいる。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      英語での長文と面接がかなめだったのでそちらについての対策。面接に関しては、通し練習を繰り返し行った。また、英語の長文は生物学的な内容を含むことが多かったため生物学を学びなおした。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛媛大学
    女性在校生
    工学部 応用化学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      施設が建て替えられている最中なので、これから来る新入生の方々には快適に過ごしていただけるのではないかと思います。
    • 講義・授業
      1年生のうちから実験の授業があり、2回生のうちから専門的な実験に着手することが出来るので、実験が好きな人にオススメです。
    • 研究室・ゼミ
      生物系の研究室には医学部・薬学部などと提携しているところもあり、化学を通して幅広い分野に目を向けています。
    • 就職・進学
      地元であれば、基本的に就職に困ることはないでしょう。さらに研究を極めたい方も多く、大学院に進学する方もいます。
    • アクセス・立地
      学校の近くに賃貸のマンションが非常に多いので、住む場所に困ることはまずありません。スーパーもコンビニもあります。
    • 施設・設備
      現在校舎の建て替えが進んでいるため、これから来る新入生の方々には快適に過ごしていただけるかと思います。
    • 友人・恋愛
      普通に友達も恋人も出来ます。ただ、女子より男子の方が圧倒的に多いので、男子はサークルやバイト先でも恋人を探しましょう。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      英語、数学、スポーツなど基礎的な学問、化学系のあらゆる学問
    入試について
    • 学科志望動機
      社会に出てやっていける知識や技術を身に着けたかったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      TOMAS
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問をひたすら解いて、間違えた問題と類題をひたすら解いた。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 愛媛大学
    女性在校生
    法文学部 総合政策学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      とても環境のよい大学だと思います。ひろびろとしたキャンパス、最新の設備がそろった研究室。学生生活を楽しく、勉学に励むには最高の環境であると思います。
    • 講義・授業
      豊富な教授陣がそろっており、きっと自分にてきした研究分野を選べると思います。自分に大で門戸は大きく開いていると思います。
    • 研究室・ゼミ
      最先端の研究を行っている研究室が多い。自分にきっとあった分野が見つかると思います。自分次第で、選択肢は広いです。
    • 就職・進学
      地元企業との共同研究もあり就職に有利です。また、大手ゼネコンにも多数の先輩方がいて就職に有利です。自分次第で門戸は大きく開いていると思います。
    • アクセス・立地
      郊外にあり、すこし交通の便は少し悪いです。しかし、市内中心部まで自転車で移動できる距離であり、実施的には困りません。
    • 施設・設備
      最新の設備がそろっていますが、特に図書館はキャンパスの中心にあり、研究や資料集めなど、キャンパスライフの中心としてとても便利です。
    • 友人・恋愛
      1から2年は、一般教養で広く知識を深めます。3から4年は、自分の研究分野を深く掘り下げて追及することができます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1から2年次は一般教養。3から4年は、専本分野の研究に没頭できます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      水理工学班
    • 所属研究室・ゼミの概要
      河川の増水など公共の福祉に役立つぶんやを研究し、災害防止できる堤防構造など研究できます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大手ゼネコン
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      公共の福祉につながる土木工事を通じて、災害防止などの工事を行えるから。
    入試について
    • 学科志望動機
      キャンパスも広く綺麗で、地元にも、大手ゼネコンにも多く就職があるので選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      教科書中心で基礎を固め、過去問を中心に問題を解いて備えた。
    この口コミは参考になりましたか?
192件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

愛媛県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

愛媛大学の画像 :©At by Atさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

オススメの大学

東北大学
東北大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:60 - 74
★★★★☆4.00 (270件)
宮城県/国立
九州大学
九州大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:62 - 74
★★★★☆3.97 (300件)
福岡県/国立
弘前大学
弘前大学
併願校におすすめ
偏差値:47 - 70
★★★★☆3.85 (131件)
青森県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。