>>     >>     >>  口コミ

名城大学
出典:Gnsin
名城大学
(めいじょうだいがく)

愛知県 / 私立

偏差値:43 - 58

口コミ:

3.77

(236)

名城大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.51 279位
研究室・ゼミ 3.71 155位
就職・進学 3.98 82位
アクセス・立地 3.64 98位
施設・設備 3.90 97位
友人・恋愛 3.56 199位
学生生活 3.00 43位
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

236件中 1-10件を表示
  • 名城大学
    男性在校生
    理工学部 電気電子工学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017-01-15投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      中京地区でも理系に重点を置きそこそこに歴史のある大学で有名国公立出身の教師陣や充実した実験設備、電気主任などにも対応したカリキュラムと、零細な工学部よりは充実しているように感じます。
    • 講義・授業
      電気電子は広い領域を扱うので回路から量子物理学、通信などなど様々な種類の講義があり、かつ各領域の基礎的な部分を扱う講義は必修や選択必修に設定されているため否応がなしに受講しなければなりません。
      学年が上がるにつれて自由にはなってきますが、他学科と比べて受ける講義が半ば決定されており講義の選択肢は少ないように感じました。
      また講義に対して先生の熱意やスタイルも様々ですが、あまり教え方は上手くはないなと感じました。
    • 就職・進学
      電気電子は理解するのが難しく、また様々な領域で必要となる人材なので引く手数多で就職は高望みをしなければ困りません。
    • アクセス・立地
      駅からもそこそこ近く、飲食店やコンビニ、隣駅に小規模ながらもイオンがあるので通学・下宿問わず便利だと思います。
      ただ大学が坂の上に立っており、特に正門側は坂が急なので夏場など汗をかいてしまいます
    • 施設・設備
      蔵書が多い図書館やPCルーム、学食や郵便局、ATMなど施設が充実しており、新しい講義棟も建てられ、頻繁に清掃もされているので綺麗な教室も多いです
      電気電子はエスカレータなし、空調の効き目も悪い古めな建物での講義が多く、また学生数が多くPCルームや学食、コンビニも非常に混み合っていますが、
      2017年度から人間学部がドーム前キャンパスに移るので多少新しい講義棟で授業が受けられるようになるのかなと期待しています
      学食は味付けの濃い店舗が多く、僕は口に合いませんでした。ただいつも混んでいるので、おそらく多くの人に支持される味だと思います
    • 友人・恋愛
      人数が多いので友達はできやすいです。
      ただ種々の面で程度が低いかな・・・と感じます。同じ穴の狢狐ですが。
      男子に対して女子が少なく、1学年あたり両手で数えられる・・・もしかしたら片手で数えられるかな・・・ぐらいなので、男子にとって学部内恋愛は難しいと思います
    • 学生生活
      実験の準備・レポートや宿題でとても忙しいです
      留年率や落単率も高いですが、サークルやバイトもやりつつ無難に進級・卒業していく人もいるので本人の実力や頑張り次第かなと思います
      総合大学で学部や学生数が多いので、サークルは充実していると思います
      各学部の自治会管轄のサークルもいくつもありますが、別に他学部でも入会できるので気軽に飛び込んで見ればいいと思います
    この口コミは参考になりましたか?

  • 名城大学
    男性在校生
    農学部 生物資源学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      農学部では農業だけでなく生物や環境などに関わる幅広い知識を得ることができます。それらに興味がある方はおすすめです。
    • 講義・授業
      講義では課題がしっかり出されるので、しっかりと勉強する機会があると思います。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は、作物、園芸、昆虫、微生物などを扱うところが多くあり充実しています。
    • 就職・進学
      就職活動では個別指導を実施しているので、毎年の就職率が高いです。
    • アクセス・立地
      地下鉄の名城線から歩いて5?10分の位置にあり通学はしやすいと思います。
    • 施設・設備
      学内は10万冊以上の本がある図書館があります。またいくつかの食堂があります。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 名城大学
    男性在校生
    経済学部 経済学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      経済学の講義が充実しているので経済のことを詳しく知りたい方にはありがたいと思います。
    • 講義・授業
      半年に一回講義アンケートが実施され、それを元に講師が講義を改善してくれます。
    • 研究室・ゼミ
      レポートフェスティバルや、ゼミによってたは旅行などが実施され、勉学だけでなく、学生同士の交流も楽しめます。
    • 就職・進学
      キャリアセンターがあり、就活に関しての面接の模擬演習などを実施してくれます。
    • アクセス・立地
      最寄駅の塩釜口から徒歩8分くらいの場所にあります。さらに周辺に飲食店が多く、学生には嬉しいと思います。
    • 施設・設備
      図書館、キャリアセンターなど様々な施設があり、勉学に励むことができます。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 名城大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2011年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      生徒みんな資格取得を目指す熱心な学生ばかりです。テストは大変難易度が高く毎年クリアするのが大変ではありましたが、今となっては自分のためになっていると思います。学生時代をゆっくりしたり遊んだりすることも必要ですが、将来役に立つ実学をじっくり学ぶということができ、私は当校を選んでよかったと思っています。
    • 講義・授業
      毎日必須授業がびっしり組まれており、空きコマはほとんどありません。授業だけでなく、予習復習でフォローアップしていくことが必要です。
    • 研究室・ゼミ
      四年生から研究室配属になります。研究室は20部屋以上あり、それぞれ活動内容も違います。研究室は成績順に選択できます。私はしっかり研究をするゼミでした。大変なこともたくさんでしたが、一生で一度しかできない経験だったと思います。
    • 就職・進学
      歴史があり、卒業生が幅広い業界で活躍しています。様々な系統の業界で就活しましたが、本校にはどの企業さんも良いイメージを持ってくれていました。
    • アクセス・立地
      近くに遊べるようなとこはないですが、裏を返せば閑静で落ち着いています。名城線、鶴舞線が通っており、まあまあ通いやすいです。
    • 施設・設備
      古い校舎をつぶして、新しくしているところです。きれいですが、一学年の生徒数も多いので教室は窮屈にかんじます。
    • 友人・恋愛
      6年間一緒にすごすので、友人とは本当に親しくなりました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬学、医療について。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大手
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 名城大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2011年入学
    2016-03-28投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬学部を卒業して「薬剤師」として働くなら名城だと思います。 勉強面ではたしかにつらいことが多く、留年者も多数出ます。ただその分、国家試験の合格率もよく、また学生の質もよいため、病院や薬局サイドからも受けがいいと思います。(実際に実務実習先の先生方にそう言ってもらいました) とにかく東海地区の私立薬学部の中では歴史が古いのでOBOGが多く、就活する上でも打ち解けやすいという強みがあります。 ただし念を押すようですが、勉強は厳しいです。本気で勉強しないと卒業留年、なんてことにもなりかねません。
    • 講義・授業
      4クラス制をとっており、一部選択授業を除きクラスごとに全員が同じ授業を受講します。以前はクラスによって異なる先生の授業の場合、難易度が違っていましたが、だんだんどの科目も難しくなり、ばらつきはなくなったように思います。手を抜けるものが減ったという意味でもありますが、、、
    • 研究室・ゼミ
      研究室は4年次に配属になります。決定方法はそれまでの成績上位から希望によります。上位、中位、下位、と分けてそれぞれのトップからということです。これは上位、下位の二部制になったり、年によって異なるかもしれませんが、下級生のころの成績も大切ということです。 動物舎や分析センターなど設備は充実していて「実験」をしたい人はしっかりとできる環境になっています。
    • 就職・進学
      就職率は100パーセントです。売り手市場の今はですが。 大学独自のルールで各業種1社までしか受けられないという決まりがあるのでしっかりと考えてから選考に臨まなければなりません。たとえば病院と薬局は受けられるが、病院同士、薬局とDSは不可ということです。 いろいろ大学側の就活支援はありますが、少しピントがずれていると感じるものもありました。
    • アクセス・立地
      駅から5~10分のところにあり、電車通学には何の問題もありません。八事が坂の上にあるため、自転車だとつらく、電動自転車の利用者も多いです。 近くに娯楽施設はなく、イオンがあるくらいです。
    • 施設・設備
      着々と新校舎ができていて授業を受ける分にはきれいで充実しています。一番新しい校舎の地下1階は携帯の電波が入りません。パソコン室も2つあり、1つが講義で使えない時ももう1つがあり便利になりました。
    • 友人・恋愛
      1学年300人弱入学し、卒業時には200人強になります(留年、除籍、仮面浪人の退学によって) しかし6年間苦楽を共にした友人とは一生の友人になれると思います。普段の試験や国家試験の勉強の際も足をひっぱりあう関係ではなく、一緒に頑張るような人たちばかりなので楽しい学生生活を送れると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1~3年は基礎科目、4年は薬物治療学という症例検討のような授業と、薬物総論というそれまでのまとめ科目があり、それによって実務実習に備えます。学生実習は2・3年にあります。 4年次に研究室配属となり、6年の夏まで卒業研究をし、その後は国家試験対策に入ります。
    入試について
    • 学科志望動機
      東海地区の薬学部といえば名城だったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      数学、化学を中心に赤本を解きました。英語はほとんど勉強しませんでした。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 名城大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-24投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      とても勉強が大変で、進級することが難しいです。 本当に薬学に興味が無いと勉強、テストばかりで精神的に辛くなります。 バイトやサークルをする時間もあまりありません。本当に勉強ばかりです。 精神的に追い込まれる人が多いです。 でも、実験でみんなで協力したりするのはすごく楽しく、勉強の内容はおもしろいです。 クラスごとで授業が決められているので授業はほとんど同じメンバーで毎日受けるのでみんなと仲良くやりやすいですし、絆も深まります。 また、校舎が狭く感じることはたくさんあります。 でも私はこの大学に来てよかったと思っています。
    • 講義・授業
      毎日パンパンに必修科目が入れられており、テストも実験も頻繁にあるので常に追い込まれている気持ちになります。 選択科目はほとんどないので、自分で選択をする面倒はありませんが、自由がないです。 授業内容はわかりやすい先生が多いですが、やはり辛いです。
    • 研究室・ゼミ
      テストの成績順で研究室を選ぶ権利があるので、成績が悪いと選ぶことができません。 研究室のことを紹介する会などを学校側が開いてくれるので研究室選びの前に詳しく知ることが出来て良いです。
    • 就職・進学
      薬剤師ということもあり就職はしやすいです。 それよりも国家試験、卒業試験が難しく、卒業留年や国家試験が落ちた等で就職できない話はよく聞きます。
    • アクセス・立地
      駅から5分くらい歩けば着きますが、狭いですしいつも車の音がうるさいです。 また、近くに八事霊園があり、少し怖いです。 でも、近くにイオンがあったり、おいしいラーメン屋さんがたくさんあるのでいいところもたくさんあります。
    • 施設・設備
      とにかく狭さを感じます。 食堂、教室、図書館など、いつも人がいっぱいで座れません。 学内のコンビニも小さく2箇所しかないので放課にはレジがすごく混みます。 最近できた新校舎はきれいですがエレベーターが一つしかなく階段で移動することが多く辛いです。
    • 友人・恋愛
      勉強ばかりの大学ですが、サークルは充実しています。 サークル自体の数は少ないですが、先輩後輩と楽しく活動ができます。 クラスではあまり出会いがないですがサークルだとカップルができやすいです。 サークルに熱心になりすぎると試験が厳しくなってきますが…。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は化学、生物、物理等の基礎科目を勉強します。高校の勉強の延長線のような感じです。 2年生から専門科目が多くなり、突然レベルが上がるのでびっくりします。3年生も専門科目も勉強し、4年で研究室に配属されます。5年生で実習に行き、6年生は卒業研究や国試の勉強です。
    入試について
    • 学科志望動機
      正直薬学には興味がありませんでした。第一希望が落ちてしまい滑り止めで受かっていたため入学しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      第一希望の勉強のついでで数日前から赤本を見ました。入試当日はあまり難しく感じませんでした。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

  • 名城大学
    男性卒業生
    農学部 生物環境科学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-03-22投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      環境問題をさまざまな角度から学ぶことが出来ます。講義はもちろん、1週間に1度必ず実習あるいは実験があるので、知識や理解が深まります。
    • 講義・授業
      1日基本的に4コマ授業があります。1日を通じて生物や大気などあらゆる角度の授業がありますそれ以外にもスポーツや社会など共通講義などもあります。
    • 研究室・ゼミ
      研究所は学問ごとに7つあります。植物や動物、大気など専門分野が分かれています。3年の夏に希望調査が行われます。人気の研究室は抽選が行われます。
    • 就職・進学
      就職はキャリアセンターが設けられています。一人ひとりが面談を行うことが出来ます。また、学内のセミナーもコンスタントに行われています。
    • アクセス・立地
      塩釜口駅から徒歩で10分程度です。名古屋からは30分くらいかかります。駅の周辺は飲食店が多いので飲食については困らないと思います。
    • 施設・設備
      新しい講義棟は設備が非常に新しいです。講堂や食堂も非常に新しいです。ただまだ建て替え前の建物はかなり古いので、格差が激しいです。
    • 友人・恋愛
      部活やサークルが多いのでたくさんの学科の人と接することが出来ます。共通講義以外で学部内での合同行事はあまりない印象です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は全学部共通や専門の入門分野があります。2年次以降は各研究室の専門的な講義がはじまります。研究室には3年後半から配属となります。
    • 所属研究室・ゼミ名
      植物保全学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      種々の植物の保全のために研究を行っています。週1回ゼミがあり、研究中間発表などが行われます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      航空業界予約センター
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      今の研究を生かすよりは、趣味であった旅行を生かして仕事をしたかった。その中で航空業界は今後伸びていくので魅力があった。
    入試について
    • 学科志望動機
      環境について学びたいと思っていました。自分の偏差値からみて丁度良いところ、名古屋という場所などの観点からこの大学、学科に決めました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    この口コミは参考になりましたか?

  • 名城大学
    女性卒業生
    人間学部 人間学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2016-03-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      幅広く学びたい人や将来の進路にまだ迷っている人にはいい大学だと思います。心理学や社会学、教育学、国際コミュニケーションと幅広く学ぶことができます。特に海外への語学研修に力を入れており、補助金や単位面での優遇があります。しかし、一つの分野を追及するには適していません。校内は広く綺麗でとてもすごしやすいです。また、在学生がとても多く、サークルや部活などが充実しているので他の学部との交流の場もあり人間関係が広がりとても楽しい学生生活がおくれました。
    • 講義・授業
      幅広く学びたい人や将来の進路にまだ迷っている人にはいい大学だと思います。心理学や社会学、教育学、国際コミュニケーションと幅広く学ぶことができます。しかし、一つの分野を追及するには適していません。
    • 研究室・ゼミ
      心理学、社会学、教育学、国際コミュニケーション学の4つからなる学科ですので、その中で自分が学びたいゼミを選んで進むことができます。
    • 就職・進学
      中部地区では名前が通っている学校なので、様々な大手企業や幅広い業種への就職実績があります。就活サポートセンターがあり、とても手厚いサポートを受けることができました。
    • アクセス・立地
      名古屋市営地下鉄の塩釜口駅から徒歩10分以内と近いです。でも、とてもきつい坂があるのですこししんどいです。いい運動になると考えればまぁ、がまんできなくはないかなと思います。学校の周りは学生街らしく安い食事処がありとても便利です。
    • 施設・設備
      校内は広く綺麗でとてもすごしやすいです。食堂や生協なども多くあり、味もおいしいので食事は特に満足できます。
    • 友人・恋愛
      在学生がとても多く、サークルや部活などが充実しているので他の学部との交流の場もあり人間関係が広がりとても楽しい学生生活がおくれました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養や基礎演習が中心でしたが、2年次以降は自分の興味のある部門に特化して講義が選べます。教育学に興味のある学生は教職課程や学芸員課程も並行してとることができます。私は、2年以降は心理学と社会学を専攻し、教職課程や学芸員課程も同時に取りました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      和田ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      心理学のゼミで、学生の研究したいテーマを尊重してくれるゼミでした。普段の講義では厳しい教授ですが、ゼミでは優しく楽しく指導してくださいました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      和裁関係の仕事
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      創作や、服飾に興味があり、手に職をつけておきたいと考えたからです。
    入試について
    • 学科志望動機
      心理学を学びたいと考えていたため。とてもきれいなキャンパスで学校生活が楽しく過ごせそうだと感じたので選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      国語、英語、社会の3科目を重点的に勉強しました、
    この口コミは参考になりましたか?

  • 名城大学
    男性卒業生
    人間学部 人間学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-16投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      心理学だけでなく他の社会学など様々な分野を学びたい方にとっては良い学部だと思います。 その反面、全てが中途半端な知識となります。
    • 講義・授業
      心理学の体験学習などは面白いものも多く、楽しい講義もあります。 ただ心理学だけ講義をとるという事は不可能であり、興味のない分野も仕方なく取らざるを得ない状況が出てきます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミによって当たりはずれが大きいのが一番の理由です、人気のあるゼミは抽選となるので心理学を専攻したいのに心理系のゼミ全てに落ちるという展開もありえます。
    • 就職・進学
      大学の就職サポートは形だけの就職相談であり、親身に相談に乗ってはくれません。 ただ、大学自体の知名度は高い為、就職活動で不利になることはありません。
    • アクセス・立地
      駅から近いのですが、坂道があるので人によってはそれが嫌だと思う人もいるかもしれません。 また、名城線からだと一駅乗り換えなくてはならないのが面倒に感じるかもしれません。
    • 施設・設備
      比較的新しい設備が多く、清掃員もいて綺麗な環境を保持していますので不便な事はないと思います。 ただパソコンが学生の数に対して少ない気がします。
    • 友人・恋愛
      正直、この学部の大半の学生は不真面目な学生が多くサークル中心の学生が多いです。 その中で上手く立ち回れば教授から良い評価を貰えるでしょう。 反対にサークルやアルバイト、恋愛などを中心に過ごしたい方には合うのではないでしょうか。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基本的なことを学び、2年次以降はそれぞれ自分の専攻したい講義をとります。 私は心理学を中心に、社会学なども学びました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      家具メーカー/営業職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      大学生活を過ごし、部屋の内装等を考えているうちにインテリアに興味を持ち始めたため。
    入試について
    • 学科志望動機
      心理学を学びたいと思っていたが、心理学のみだと将来就職を心理系以外にした際に不利になると考え幅広く学べる学部を選択しました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      推薦でしたので、特に何も受験対策は行っておりません。 学校で行われていた面接の練習や基礎が出来ており、国語力がある程度あれば問題なく受かると思います。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 名城大学
    男性在校生
    理工学部 環境創造学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      愛知県だけでなく東海4県の様々な高校から人が集まるので地域の文化や喋り方の違いに最初は戸惑いましたが、話してみるとみんな面白くすぐに友達になれました。校舎は広く、食堂も沢山あるので友達と色々な場所を探検してみるのも楽しいです。また、研究棟はきれいで落ち着いた雰囲気がある建物なので是非行ってみてください。
    • 講義・授業
      環境問題に対して色々な疑問を抱いていたり、深く学びたい人にはオススメの学科だと思います。地圏、水圏、気圏、住環境などの分野を広く学ぶことによって柔軟な考えが生まれたり、進路先を自分で探すきっかけにもなります。また座学だけでなく、実験や実習といった授業も豊富にあるので楽しく専門分野を学ぶことができます。
    • 研究室・ゼミ
      様々な分野で活躍されている教授が多いので自分が興味ある分野を学びたいのであれば、その教授の授業や実験などに参加してみるといいです。自分は住環境に興味があったので住環境分野を専攻したいと思い、今の研究室を希望しました。実験を通して学べることが多いので実験には是非参加してみてください。
    • 就職・進学
      過去の先輩方の就職先をみると大手に就職される方も多いので、自分の頑張り次第で希望の就職先に就けると思います。まだ就職活動の真っ只中ですがキャリアセンターや研究室の先輩、教授を頼りに頑張りたいと思いますり
    • アクセス・立地
      地元から大学まで電車で2時間程かけて通学していたため、2年次から1人暮らしを始めました。周辺には学生向けの家賃の安いアパートなどが多いため比較的住みやすく、アクセスに便利な場所だと思います。
    • 施設・設備
      最近新しく建った講義棟や研究棟には充実した設備があるので、勉強する分には不足はないと思います。しかし、昼時は食堂が非常に混み合うためもう少し食堂の数を増やして欲しいと思います。
    • 友人・恋愛
      理系はレポートやテストが多いため忙しい学生生活になると思いますが自分で考えて実行する力が養われます。勉強の息抜きに友達と遊びに行ける場所が電車一本で行ける距離にあるので便利です。他にもサークルや部活動が多いので参加してみるのも楽しい学生生活を送れると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は理系の基礎科目がメインで高校の延長の勉強という印象でした。また、物理実験や化学実験などの実験もありました。2年次からは専門科目が増えるため勉強の質は上がり、内容もより濃いものとなります。レポートや小テストが増えるため大変ではありますが学科の友達と教えあったり、協力して勉強することで少しでも理解を深めました。3年次は就職活動を見据えたインターンシップや就職ガイダンスが活発で授業以外のことにも時間を割くことが多くなります。また後期から研究室配属が始まるので卒研の計画も少しずつ始めなければいけませんでした。学年が上がるごとに忙しさが増しますが充実した学生生活を送ることが出来ます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      垣鍔研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      主に住環境分野に関連した研究をしている研究室です。人が感じる快適感を調べるため、温熱環境や照明環境と言った身の回りの環境について考えています。温度、湿度、日射、風速などの環境の要因が人の体にどれだけの負荷を与えているのかなどを調べています。教授は忙しい中でも親身に研究の指導をしてくれるため、自分の専攻したい研究について強く学びたいと思えるようなところだと思います。
    入試について
    • 学科志望動機
      昔から地球温暖化や大気汚染問題などの環境問題に興味があり、その解決策があればいいなと素朴に思っていました。なので今所属している環境創造学科に入れば、もっと環境問題に対して深く考え、学べると思いました。また、地元の私立大学の中でも有名な理系大学ということもあり入学を決意しました。環境と名が付いている学科は全国でみてもそんなに多くないと思っているので、他の大学では学べないことを幅広く学べると思います。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      地方の国公立大学を志望していたため、センター試験の勉強がほとんどでした。この大学の一般試験の対策はセンター試験後に行い、主に過去問やセンター試験の復習をしていました。入試科目が英語、数学、物理だったので1番得意な数学はあまり勉強しませんでしたが、物理と英語はセンターのマーク問題を重点的に勉強していました。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

236件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

愛知県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

武蔵野美術大学
武蔵野美術大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:53 - 62
★★★★☆3.90 (67件)
東京都/私立
学習院大学
学習院大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:57 - 62
★★★★☆4.04 (175件)
東京都/私立
天使大学
天使大学
併願校におすすめ
偏差値:55 - 58
★★★★☆3.64 (14件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。