みんなの大学情報TOP   >>  愛知県の大学   >>  名古屋大学   >>  口コミ

名古屋大学
出典:Gnsin
名古屋大学
(なごやだいがく)

愛知県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5 - 67.5

口コミ:★★★★☆

4.07

(593)

名古屋大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.07
(593) 国立内15 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.82
  • 研究室・ゼミ
    3.81
  • 就職・進学
    3.88
  • アクセス・立地
    4.19
  • 施設・設備
    3.89
  • 友人・恋愛
    3.70
  • 学生生活
    4.01
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

593件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    法学部 法律・政治学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      2年生からゼミに入れて、自分の関心がある分野について早いうちから深く学べるのがいいと思う。また、学部のインターンシップ制度があり、単位として認定されるのが嬉しい。
    • 講義・授業
      指定した教科書を買わせるだけでなく、わかりやすいレジュメを用意してくれる先生が多いため、メモをそれに書き込みながら授業を聞くと、あとで復習しやすく助かるから。
    • 研究室・ゼミ
      私の所属するゼミは人数が30人くらいと多いほうだが、複数の班に分かれて少人数でディベートを行うため、下調べなどを行い知識を深めることができる。また発表班だけでなく聞いている人たちも発言する機会があるのもいい。
    • 就職・進学
      就活生向けのセミナーや説明会を頻繁に行ってくれており、その情報を登録したメールアドレスに送ってくれるのがよいと思う。でも私は公務員志望なので、公務員試験関連の情報をもっと欲しいと感じている。
    • アクセス・立地
      地下鉄の名古屋大学駅からすぐの建物なので、アクセスはとても良い。まわりも住宅街なのでうるさくなく、勉強に集中できる環境だと思う。コンビニや学食も近くにあって便利である。
    • 施設・設備
      学部の図書館は資料が充実していて、ゼミの発表準備をするのにとても助かっている。ゼミに使う資料は窓口でカードを借りれば無料で印刷することができるのも嬉しい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      入学後すぐにクラスで集まる懇親会や行事があり、友達を作ることができた。また、サークルや部活動の種類が多く、いろいろな学部の友達ができる。また、英語などの少人数の授業はグループワークなどがあり、友達を作りやすかった。
    • 学生生活
      私は合唱サークルに所属しているが、普段関わりのない理系の学生や他大の学生と仲良くなれた。また、大学内に4つ合唱サークルがあるため、他の合唱サークルの人たちとの交流もできる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養科目の授業がほとんどで、専門科目はほんのさわりしかやらない。
      2年次から専門科目が増える。民法や憲法、刑法などの主要な科目を学ぶ。
      3年次は民事訴訟法、刑事訴訟法など、2年次での学習を前提にいろんな種類の科目を学ぶ。
      私は3年の前期で単位が取り終わったため、4年次の授業はあまりわからない。
      卒業論文は強制ではなく、書きたい人が書く。
    投稿者ID:428199
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経済学部 経営学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      ほとんど経済学科と同じ授業だけど、色々学べていい。
      特論とかは、留学生と関わる機会になっておもしろいとおもう。
      国際ものづくり経済という講義がとてもおすすめ
    • 講義・授業
      課題はそんなに出ないけど、教授によってはでる。
      単位は出来てないと容赦なく落としてくる人も結構いるけど、わりとみんな優しい気がする。
      出席取るのはほとんどない
    • 研究室・ゼミ
      ゼミのメンバーとすごく仲いいので、とてもたのしい。
      インゼミとか、企業訪問とかイベントがたくさんあるゼミだったので、すごく充実してる。
      でも先生がお忙しいので卒論は大変そう
    • 就職・進学
      まだ就活始めたとこなので良くわかんないけど、学内合説はいい企業がたくさん来るので行くところに迷うくらい
    • アクセス・立地
      最寄駅から徒歩30秒くらいのところに学部棟がある。
      ギリギリでも駆けこめる。よい。
      名駅とかは案外遠いけどまあ困らない
    • 施設・設備
      経済学部棟は理系エリアと比較しちゃうとボロいけど、食堂とか近いし、コンビニもあるし、悪くないのではないかとおもう
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      深く狭くタイプなので、気の合うことすごく仲良くしている。
      恋人が出来やすいのは部活とかサークルだとおもう
    • 学生生活
      部活は、インカレなので、他の大学とたくさん交流がある。季節ごとに色々イベント等あるし、仲良い人同士で遊んだりできる
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      経済学について。
      一年生の終わりに学科を決める、ほとんどどちらでも関係ない。
      3年生からゼミに配属される
      四年生は卒論
    投稿者ID:426701
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 保健学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学問的には特に問題はない。設備も充実している。保健学科のキャンパスがあるのだが、そこにある食堂が少し残念である。メニューのバリエーションが少ないうえに狭いので行列ができる。開店20分でサラダ等は売り切れる。そのため、評価を1下げた。
    • 講義・授業
      講義はスライドを使って行われることが多い。スライドのレジュメが配布される。もしくはデータとして配られる教授もいる。
      実習では器具の使い方等を丁寧に教えてくれる。テストも優しい。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の選択肢が多い。成績順で希望が通るシステムである。検査技術科学専攻は、2年の秋に希望を取る。ゼミの先生にもよるが、とても仲が良いと聞く。飲み会も定期的に行われるそうだ。
    • 就職・進学
      検査技術科学専攻は、大学院に進むのが6割、就職するのが4割である。院に進むには試験があるが、英語と成績で決まるそうだ。
    • アクセス・立地
      大幸キャンパス(保健学科のキャンパス)の最寄り駅は地下鉄名城線ナゴヤドーム前矢田と、砂田橋駅だ。どちらからも徒歩10分圏内だが、階段と信号が長いので疲れる。
    • 施設・設備
      研究設備はいうことなし。キャンパス内が病院臭いのがやや残念。図書館も充実しているが、こもった臭いがする。
      食堂は、前述した通りメニューが少ないうえに狭くて残念である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      検査技術科学専攻は、40人ほどいて男子が5~7人あとは女子という男女比である。専攻内では一緒に行動するひとが大体もう決まっている。恋愛も多少ある。ただ他の専攻とのかかわりが、サークルぐらいしかないのが難点。
    • 学生生活
      医学部生のみのサークルもあれば、他学部と合同のサークルもある。前者なら医学部どうしの絆がさらに深まるし、後者だと交友関係を広めることができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、教養科目という、専門とは関係ない授業を他学部と一緒に受けることが多い。そこまで専門的な内容はやらない。
      2年からは大幸キャンパスがメインになり、専門的な内容をやっていく。
      3年の秋に3週間ほど名古屋大学病院での実習がある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      未定
    投稿者ID:426684
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    経済学部 経営学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      3年生までは経済学部として経済も経営も学ぶため、内容を理解してから学科を選ぶことができる。授業の難易度も高くないため、勉強以外も充実させることができる。
    • 講義・授業
      講義の内容は数学を使ったものが多く、少し難解なので興味がもてないとつまらない。テストは勉強すれば誰でも単位がとれるくらいの難易度になっているため、卒業はできる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは、学科にかかわらず自分の興味のあるゼミを選べる。人気のあるゼミは面接で受かったひとのみ入れる。充実度はゼミによってまちまちで、週1で集まって講義を受けるだけのゼミもあれば、他大学の同じテーマのゼミと研究内容を発表し合うためにゼミ生たちと時間外も集まって準備をする忙しいゼミもある。
    • 就職・進学
      就職実績はとても良く、トヨタ系がとくに多いが、有名企業の総合職に就職できる。公務員になる人も多い。学内で企業の説明会も多く開かれる。愛知県内で就活するときは、名古屋大学というだけで少し有利になる感じがした。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は名城線の名古屋大学駅まえであり、駅をでて一番近い学部が経済学部です。駅から徒歩3分で学部棟に行けます。住んでいる人が多いのは、八事と本山で、たまに川名の人がいます。
    • 施設・設備
      学部棟の中には、学部の図書館があるし、中央図書館はとても広いため、研究図書には苦労しません。キャンパスはあたらしくも古くもなく普通です。図書館には自習スペースが数多くあり、試験前はそこで友達と勉強します。図書館にあるスタバが人気です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      経済学部は、チャラ経と呼ばれることもあるくらい、明るい人が多いため、学部内で友人も恋人も作りやすいです。学部内よりもサークル内の方が作りやすいですが。
    • 学生生活
      毎年6月にある大学祭りは盛り上がります。毎年ちがうお笑い芸人さんがきます。周辺の女子大や、高校生、親子連れも見に来ます。
      アルバイトは飲食店はもちろん、家庭教師、塾講師が多いです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は全学部共通授業といって、他の学部の内容や体育なども学びます。経済に関する基礎になるマクロ、ミクロや数学を習います。
      2年次になると、基礎をすこし発展させた内容の講義をうけます。
      3年次になると、学科がわかれゼミも始まり、講義の内容が専門的で難易度の高いものになります。
      4年次は3年次にとりのがした単位をとります。
      卒業論文はゼミの教授と相談しながら作成します。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      役所の公務員
    投稿者ID:427405
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    工学部 化学生命工学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学びたいと思う意欲があればたくさん学べるし質問すれば教授はしっかり詳しく教えてくれるので、学べるものが多いと思う。ただ遊んでばかりの人は出席ではなくほぼほぼテストで成績が決まるため一夜漬けで乗り切ることが多く身にはならない。自分の意思次第と思い3点。
    • 講義・授業
      研究の最先端の教授による授業のため、授業の内容に関連する最新技術や論文などを教えてもらえて授業以上の知識を得ることができると思う。講義室も人数によって適した部屋のため学びやすい。
    • 研究室・ゼミ
      4年生から研究室配属のため、春から3年生である私には充実しているか分からず3点。1?3年生は研究室に所属しないのであまり関係ないと考える。また、研究室によって差が大きく一概に充実しているとは言い難い。
    • 就職・進学
      学部としては実績がいいと思うが、学科としては他の工学部の学科に比べて劣ると思われる。またカリキュラムが変わったので一概には言えないが、2年生時に割り振られたコースによって大きく求人の差ができる。このことから2点とした。
    • アクセス・立地
      全体的に汚い工学部棟の中で、この学科の拠点となる1号館はきれいで立派でエレベーターも付いており、快適である。また北部食堂も図書館も近く便利であると言える。
    • 施設・設備
      学部学科ごとに図書館や印刷機があり印刷でき便利である。研究資料を見つける分にはとてとすぐれていると思い5点としました。図書館も過ごすのにアしてきめ
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人によっては学科内でくっついたり離れたりしているが、1年生の時に関わらなかった人はずっと関わらないと思う。しかし、実験があるため男女の交流はある程度見込まれる。
    • 学生生活
      毎月遠征があり、参加自由形のため参加しない人もぼちぼちいるが、仲良くなるきっかけにはなると思う。最高
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養科目や専門科目の基礎となる数学や物理計算。2年次にはコースが分かれ、より専門的な内容を学ぶ。
    投稿者ID:428885
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 保健学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      雰囲気がよく、通うのが楽しい。
      みんなある程度の学力を有しているので、発想が面白く、理にかなってもいるので、新しい発見ができる。
      様々な分野の教授がいて、自分の興味があるものを突き詰めることができる。
    • 講義・授業
      履修が自分で組めるので、学業以外の予定が立てやすい。
      様々な分野の教授がいらっしゃるので、自分の興味があるものを突き詰めることができる。
    • 研究室・ゼミ
      同じ志を持つ学生同士のつながりも作ることができるので、将来的にも役に立つ関係が作れたり、いい経験にもなると思う。
    • 就職・進学
      学科に就職・進学実績は良いと思うが、基本的には、自分の努力次第である感じがするので、サポートはその人次第だと思う。
    • アクセス・立地
      どのキャンパスも最寄り駅に近く、電車通学はしやすいと思う。
      また、キャンパスによっては、大型ショッピングモールが近くにあり、イベントの買い出しなども行きやすい。
    • 施設・設備
      教室は、最近改装したばかりなので、以前よりは、綺麗になっており、使いやすくなっていると思う。
      また、試験前には24時間使えて便利。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学力がほとんど同レベルであるためか、気の合う友達がたくさんできる。
      サークルでは、先輩方がとても親切で、楽しく活動できる。
    • 学生生活
      部活では同じ学部の人たちとつながることができるので、様々な情報が手に入り、役に立つ。
      イベントは、とても楽しい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は一般教養を学び、二年次からは、専門科目について学びます。
      まだ入学したばかりなので詳しくはわかりません。
    投稿者ID:429921
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 人文学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      就職には困らないし、文学部の中でも専門が細かくわかれているので自分のやりたいことをできることが多い。
      今年から新しい分属も増えたので、文系のことをやりたいけれど具体的に何をしたいかは決まっていない人も何かしら見つけられる。
    • 講義・授業
      教授は、この教授が書いた本読んだことある、と思えるくらい有名な人もいる。専門的なことまで学べるので面白い。単位は文学部なら取りやすい。期末はテストではなくレポートが多いのが特徴。他の学部に比べるとコマ数は少ないかもしれない。
    • 研究室・ゼミ
      2年生から文属されるので、比較的早い段階から専門的に学べる。文属を決める前の期に、それぞれの先生がオムニバス形式で講義をしてくれたので、決めやすかった。
    • 就職・進学
      教授からも先輩からも就職に困ったというような話は聞いたことがない。哲学科のようなところでも、きちんと就職は決まるらしい。文系なので大学院に進む人は理系に比べると少ない。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は名古屋大学駅という地下鉄の駅があるので、電車での通学はとても楽。名古屋大学駅を出るとすぐ大学がある。八事駅の近くなので、大学の空きコマの時間に自動車学校にも通いやすい。私の友人で一人暮らししている子は本山か八事あたりに住んでいる人が多い。
    • 施設・設備
      文学部棟は全学棟の近くにあるので、講義ごとの移動は少なめ。隣に大きい図書館があるので本も借りやすいし、調べ物もしやすい。文学部用の図書館もあるので、使い勝手はいいと思う。試験勉強、期末レポートは図書館でやる人も多い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      入学してすぐクラス結成会もあり、仮装行列や看板作成などのイベントもあるため、友人は見つけやすい。実行委員も募集していて、多くの人が実行委員に入るため、同じ部署の人たちは仲もいいし恋人ができることもある。
    • 学生生活
      サークルはどのサークルに入るかでだいぶ違うと思う。
      ただ、サークルもアルバイトも全然両立できる。
      大学祭があるので、そこで実行委員やサークル所属者は色々することになる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年生は割と学部関係なく教養科目を学びます。文学部専門のものは少ない。一年後期はコマ数が少ないから、ここで車校に通って免許を取る人が多いです。
      一年は、くずし字を読んだり寺社勢力についてやったり、理系のことをやったり言語をやったり…と本当に色々やりますが、講義はわりと自分で選べます。
      二年生は、専門科目が増えます。ただ、文学部は英語・第二外国語を2年間やらないといけないので、言語系の講義は続きます。
    投稿者ID:430498
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    医学部 保健学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      どの分野に興味があっても、専門の先生がいるため深く学ぶことができます。卒業後は、就職する人が大半ですが、大学院にも進めるので、選択肢は広いと思います。
    • 講義・授業
      個性的な先生が多く、授業内容は面白かったです。実習は大変でしたが、教授が時々様子を見に来て面談をしてくれたので、バイザーとのやりとりが上手に行えました。履修の組み方については、ほとんど選択肢がなく、必修科目が多いので、空きコマは少ないです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは三年生の後期からでした。一人の教授に対し三人前後の学生がつくという少人数のゼミだったので、仲良くなりやすかったと思います。実習や国家試験の時期に卒論が被るので大変でした。
    • 就職・進学
      就職先は病院が一番多いです。大学院へ行く人も数人います。就職活動のサポートはほとんどなく、個々の自主性に任せる方針でした。
    • アクセス・立地
      名古屋市営地下鉄のナゴヤドーム前矢田駅が最寄りなため、アクセスは良いです。休み時間などはナゴヤドーム前イオンによく行っていました。ドームで野球の試合があるときは混み合っていて帰りにくかったです。
    • 施設・設備
      本山キャンパスは施設・整備が充実しています。他学部や近くの私大との合同サークルもあり、サークルの選択肢は多いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      周囲は自分と同レベルの学力の人ばかりなので、話は合います。大人数のサークルに入れば出会いは多いと思います。もちろん学部内のカップルもいます。
    • 学生生活
      名大祭の実行委員はやりがいがあって良いと思います。特にサークルなどに所属していないのであれば、名大祭に行く用事はありません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は英語や数学など一般科目を勉強します。講義の口コミサイトはあまりあてになりませんでした。本山キャンパスに行けるのはこの時期だけです。
      二、三年次は専門の講義が多くなってきます。全身の筋肉・骨を始め、主要な病気についてなど暗記することが多かったです。陶芸や革細工、屋外フィールドワークの授業は楽しかったです。
      四年次は前半は実習、後半は卒論と国家試験の勉強でした。実習が他の学校より遅く、卒論もあるため、国家試験の対策はギリギリでした。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      病院のリハビリテーション業務
    投稿者ID:430936
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 人間発達科学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学部の人数が少ないので皆仲が良く、居心地の良いところです。また、他学部に比べて授業の出席率や意欲も高かったように思います。卒論では各研究室で手厚い指導を受けられます。
    • 講義・授業
      他コースの授業も気軽に取ることができたので、様々なことを学ぶことができました。教育学、心理学どちらも興味がある人にとっては非常に充実していると思います。
    • 研究室・ゼミ
      実験や卒論では、先生はもちろん、研究室の院生も手伝ったり相談に乗ったりしてくれるので、安心できます。
    • 就職・進学
      進学実績は良いと思います。学部棟に就職・キャリア専門の先生がいる相談室があり、求めれば手厚いサポートが受けられます。
    • アクセス・立地
      駅を出るともう大学構内なので、通学は非常に便利です。キャンパスの真ん中に車道がありますか、比較的静かで過ごしやすいキャンパスでした。飲み会の場所はだいたい本山になります。
    • 施設・設備
      設備は理系には格段に劣りますが、それでも不自由はないです。
      キャンパス内はコンセントが図書館など至る所に用意されているので、どこでも自分のパソコンを使って学習できるところがとても良かったです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人数が少ないので、仲が良く、人間関係も良かったです。4年間、特に困ったこともなく過ごせました。卒業後も同じ学部のメンバーと集まることも多いです。
    • 学生生活
      私の学部は部活やサークルに入っている人が多く、活動が盛んな印象でした。名大祭は規模が大きく、一大イベントです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年は教養系の科目を中心に、3、4年は学部専門科目を学びます。卒論の準備は3年後期から始まります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員
    投稿者ID:427031
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    法学部 法律・政治学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      補講や試験の日程の開示が非常に雑で、行っても講義がなかったりすることがある。ちゃんと学校に行っている人はおろか、先生も講義の日にちについて把握していないことがあるので、学務と教務の連携を厚くすべきだと思う。
    • 講義・授業
      授業内容は他の大学と大差ないように思う。しかし、先生方が学生の学力をある程度理解しているため、割りと講義がサクサク進む。試験前に補論などの試験対策プリントが配られることもまずない。学生は自習を重視している傾向があるので、単位を落とす人は少ないように感じる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミ活動は週に1回の頻度で、内容はプレゼン、ディベートが多いと思う。これが一番力が付く。なぜなら、自分で調べ、主体的に学ぶことを強いられる(それなりにプレッシャーもかけられる)ため、学ばざるを得ないからである。ひとつ難点を挙げるとするなら、講義よりも時間を食うため、2単位分よりも圧倒的に負担が重いという点か。
    • 就職・進学
      就職については、学部の会社説明会・エントリーシートの書き方講座などを開講してくれるが、手厚くはない。先輩の就職実績は非常に優秀であるが、どれも個人の努力の賜物であり、大学の手柄は薄いと言わざるを得ないと感じる。ただし、東海地区の企業とのパイプは厚いため、企業研究にはあまり困らないかもしれない。
    • アクセス・立地
      名古屋大学駅というものがあるため、1・2年のうちはこの駅を拠点に行動すればまず問題はない。しかし、3年以降は各学部で場所にバラツキが生まれるため、移動でそれなりに歩く必要は出てくる。法学部は、経済学部棟の裏に立地し、見つけづらいため、初めて行く人には難易度が高いか。
      バイク・原動機付自転車があればかなりスムーズに移動が出来るであろう。
    • 施設・設備
      設備自体は非常に便利である。法学部図書館の蔵書の量は充実しており、多くの人が利用している。各教授の研究室を利用することはまずないが、コピー機を貸してもらえることがあり、紙代を抑えることができるかもしれない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人が多いとか、恋人がいるといった人は少ないように思う。友人は出来るが、学外で特別に遊んだり、同じサークル・部活に所属するか、と言われればかなり微妙であると言わざるを得ない。
    • 学生生活
      私はインカレサークルに所属しているが、課外活動はあまり多くなく、週に1回の練習だけである。飲み会もあまり行われていない。真面目な人には楽なサークルだとは思うが、大学入学を期にはっちゃけたいという人には会わないかもしれない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1・2年で専門科目以外の必修科目をすべて受ける。
      3年以降はセンモンカモクニ限られるが、インターンシップや集中講義なども開講されるため、あまりキツキツで講義を受ける必要はない。ただし、六法科目の講義は充実しているため、満遍なく履修することをオススメする。
    投稿者ID:429727
    この口コミは参考になりましたか?
593件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

愛知県で評判が良い大学

愛知県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  愛知県の大学   >>  名古屋大学   >>  口コミ

名古屋大学の学部

法学部
偏差値:62.5
★★★★☆ 3.93 (57件)
経済学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 3.74 (66件)
文学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.11 (61件)
理学部
偏差値:57.5
★★★★☆ 4.30 (70件)
工学部
偏差値:57.5 - 62.5
★★★★☆ 3.98 (129件)
農学部
偏差値:57.5 - 60.0
★★★★☆ 4.00 (50件)
教育学部
偏差値:62.5
★★★★☆ 4.41 (39件)
情報学部
偏差値:57.5 - 62.5
★★★★☆ 4.00 (20件)
医学部
偏差値:52.5 - 67.5
★★★★☆ 4.19 (101件)

オススメの大学

東京大学
東京大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.13 (815件)
東京都/国立
京都大学
京都大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.11 (732件)
京都府/国立
北海道大学
北海道大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.09 (771件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。