みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都府立大学   >>  口コミ

京都府立大学
出典:Hasec
京都府立大学
(きょうとふりつだいがく)

公立京都府/北大路駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5 - 62.5

口コミ:★★★★☆

4.00

(179)

京都府立大学 口コミ

★★★★☆ 4.00
(179) 公立内23 / 86校中
学部絞込
1791-10件を表示
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    生命環境学部食保健学科の評価
    • 総合評価
      良い
      立地が良く、少人数なのに手厚いサポートが受けられるので、大学で勉強したいと思っている学生にはとても良い環境だと思います。 ただ、汚いのだけが難点です。
    • 講義・授業
      良い
      京都府立大学は小さい大学ですが、京都工芸繊維大学と京都府立医科大学と共に一般教養科目を、受ける三大学共同化科目というのがあります。なので、授業の選択肢が広く、興味のある授業がきっと見つかります。 また、専門科目に関しては、少人数なので、先生との距離が近く、必要な教育をしっかりと受けることができます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミは5種類と27人の少人数の学科なのにとても充実しています。また、「食事学研究室」は日本で唯一の研究室です。先生との距離が近く、サポート体制は整っています。 2回生の前期から各ゼミの体験のような授業が受けられ、3回生の前期ではもっと具体的な体験授業が受けられるので、すぐに決めなくても安心です。
    • 就職・進学
      普通
      卒業と同時に栄養士の資格、管理栄養士の受験資格を得ることが出来るので、病院や食品会社など栄養関連のお仕事につく人が多いです。 ただ、公立なので、私立ほど就職に関してサポートが手厚い印象は薄いです。
    • アクセス・立地
      良い
      地下鉄の北山駅から徒歩5分と近く、北大路駅からも近いです。また、バスが沢山通っているので、バス通学にも適しています。最寄りの府立大学前というバス停は、大学から徒歩7分ほどです。
    • 施設・設備
      悪い
      公立でお金がないからか、耐震基準を満たしていない校舎があります。去年はアスベストが発見された建物もあります。(もうアスベストは無いです。)また、トイレもかなり汚いです。 ただ、稲森記念会館と歴彩館という建物は、信じられないほどピカピカです。
    • 友人・恋愛
      良い
      食保健学科の私の代は男の子が0人で、学科内恋愛はありません。他の代も0?3人と少ない印象です。ただ、みんな様々なサークルや部活に入っているので、そこで恋人を作っている印象です。
    • 学生生活
      良い
      小さい大学にしては沢山のサークル数だと思います。また、京都府立医科大学、京都工芸繊維大学、京都大学と近いので、インカレサークルも充実しています。 学祭と、新入生を歓迎する新歓夜祭もあります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年時は一般教養科目という、全学部学科共通の科目が多く、2回生からは専門科目を多く学びます。2回生の効果には給食実習があり、3回生では病院実習があります。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      高校2年生の時によく分からず理系を選択してしまい、3年生になって理系に就職したい学科が殆ど無いことに気付きました。そんな時、この学科であれば、理系だけど、学びたいことであったので、選びました。 大学を選んだのは、管理栄養士国家資格が取れる四年生国公立大学で、家から通えるかが決め手でした。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:570288
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    生命環境学部農学生命科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      地味でこじんまりして、設備は古いものが多いが、研究はハイレベルでどれも興味深い 小規模であることをいかし、1つの研究室で数人だけ受け持つので手厚い
    • 講義・授業
      良い
      退屈でやたら話すのが下手な教員が多いが面白い授業も多い メディアでよくとりあげられる教授もいる
    • 研究室・ゼミ
      良い
      精華農場は広いし府と連携しているのでより高度な研究もできる
    • 就職・進学
      普通
      まだ就活のことは全く考えていないのでよく知らないが、キャリアデザインの授業が必修になっている
    • アクセス・立地
      良い
      北山駅から徒歩十分で京都駅からも遠くはないが、学生向けの店が少ないのが難点
    • 施設・設備
      悪い
      精華キャンパスは比較的新しく設備が整っており、農場も広いが、下鴨は農場がわずかしかなく、一部を除き大学全体が老朽化が進んでいる
    • 友人・恋愛
      悪い
      陰キャしかいない サークルがほとんどなく仕方がなく部活に入る人が多いが、ガチでやりたい人とエンジョイしたい人が両方おり方向性が一致せず中途半端 学祭もしょぼい そもそも人数少なすぎて、、、
    • 学生生活
      悪い
      サークルは壊滅している 部活は弱い 学祭は高校レベル ただただ勉強するだけ
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      農業についての実践的な研究をする植物生産コースと、バイオテクノロジーについて研究する生物機能コースがある
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      家から近いし国公立なのでお金がかからない 学力がそれほどなくても受かる 数学が二次にないかららくち?ん
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:572054
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    生命環境学部環境デザイン学科の評価
    • 総合評価
      良い
      課題が大変かもしれませんが、良い経験が沢山できる大学だと思います。 狭いのも、この大学の良いところです。
    • 講義・授業
      良い
      将来的に必要ない科目が必修になっている。その単位が取れないと卒業出来ないこともある。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      まだゼミに入っていないためわかりませんが、先輩がゼミによって課題量に差があると言っていました。
    • 就職・進学
      普通
      ほとんどの人が就職すると思いますが、就活も院へのアクセスもサポートは充実していると思います
    • アクセス・立地
      良い
      周辺には賃貸や、飲食店が多数あり、生活には困らないと思います。
    • 施設・設備
      良い
      学内は狭く、決して綺麗ではありませんが、アットホームで良いです。
    • 友人・恋愛
      良い
      狭いので、みんな仲が良く、学内で友達を沢山作ることができます。
    • 学生生活
      良い
      かなり充実しています。 多数のサークルがあり、どこも活発ですり
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      主に実習です。模型や、図面を作成します。課題と課題のスパンは1週間。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      きまっていない
    • 志望動機
      親族に建築関係の仕事の人が多く、面白そうだと思ったからです!!!
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:536299
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    文学部欧米言語文化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      学べる内容は面白いが、内容の幅があまりない。いざ入ってみたが興味ある分野がないという人もいるかもしれない。
    • 講義・授業
      普通
      欧米と言ってはいるが、アメリカ文化や英語系の研究が大半で、それ以外はイギリス・ドイツしかない。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      まだ演習を取る学年でないのでわからない。
    • 就職・進学
      悪い
      キャリアの授業はあるが受ける意味をあまり感じないし、就職サポートも手薄に感じる。
    • アクセス・立地
      良い
      地下鉄の北山駅、北大路駅が近い。周りにラーメン屋など美味しい飲食店が多いし、植物園やコンサートホールも隣接している。
    • 施設・設備
      悪い
      大学があまり資金を持っておらず、古い建物を未だに使っているし歴彩館の設計もよろしくない。壊れたテニスコートのフェンスなどでさえなかなか修理されない...
    • 友人・恋愛
      悪い
      人が少ないので知り合いばかりになる。サークル内恋愛が大半かも。
    • 学生生活
      悪い
      やはり規模が小さいせいかサークルも外部との交流がないパターンもあるし、学祭の規模も小さい。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      主にアメリカ、イギリス、ドイツの文化と社会、英語とドイツ語。フランス語も選択可能だが学科の教員にはフランス語の先生がおらず、第二外国語は実質ドイツ語一択状態。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      京都に住みたくて、後期試験で受ける大学を探す際に京都の国公立大学で探したら見つかったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:564863
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    生命環境学部食保健学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      今まで勉強しかしてきてないようなまじめな方には向いていると思うけど、私はこの大学に通ったことを後悔している。
    • 講義・授業
      悪い
      あまり興味をもてる講義ではないものが多く、講師の方も合わない方が多い。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      まだゼミには参加してないので詳しくはわかならいが、知人から聞いた話でそう思った。
    • 就職・進学
      普通
      求人は出ていると思うがあまり魅力的なものがない印象をもっている。
    • アクセス・立地
      悪い
      駅からは徒歩10分で遠くはないが、烏丸から地下鉄で北山駅まで行くのが大変。
    • 施設・設備
      悪い
      校舎は古いし、空調設備が最悪です。エアコンがないところが多いので、暑い夏や寒い冬は勉強どころじゃなくなる。
    • 友人・恋愛
      悪い
      部活やサークルが少ないし活発な人が少ないイメージなので恋愛関係に発展したいと思う人がいない。
    • 学生生活
      悪い
      私学のように活動が盛んで大学生ライフを満喫できるようなサークルが全然ない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      管理栄養士になる方がほぼ全員なので、そのための勉強や実習を中心に行います。
    • 学科の男女比
      1 : 9
    • 就職先・進学先
      決まっていない。管理栄養士になるつもりはない。
    • 志望動機
      管理栄養士になりたかったのと、親から国公立大学に入れと言われていたのもあって、自分の学力でいけて、管理栄養士の資格が取れる学科だったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:535285
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    文学部日本・中国文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      勉強がしたいと思えば、どこまでも勉強ができる大学、学科だと思っています。ふと思えば、文学について本当に毎日向き合っています。演習室は、学生が申請無しで気軽に閲覧できる蔵書数が全国一ではないかと言われており、それだけ演習のレベルも高いので充実した毎日を送ることができます。
    • 講義・授業
      良い
      教授が優しくアットホームな環境で少人数だからこそ、各自の理解を深めることができる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      1回生前期から様々な基礎演習が始まり、先生から厳しいながら的を得た質問が出て、最初は打ちのめされました。しかし、2回生となった今ではあの厳しさによって演習の基礎を学べました。ちなみに、2回生で演習を5つとったのですが、充実した演習室生活を送っています(苦笑)
    • 就職・進学
      普通
      今はまだ2回生のため、はっきりとしたことがわからないというのが強いです。しかし先輩から聞いたことによると、他の大学よりはサポートが厚くないようです。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄り駅は京都市営地下鉄烏丸線の北山駅です。なかには北大路駅で降りる学生もいるようです。バスは京都府立大学前といっておきながら、少し歩かなければなりません。周辺環境としては、住宅街でお店がちらほらといった感じです。京都府立植物園とは直通しているので、気軽に自然を感じることができます。
    • 施設・設備
      良い
      ここは公立の大学ですので、施設はやはり私立に比べるとボロボロです。図書館と資料館、それに加え少し移動が不便ですが、文学部の演習室が一つの建物に入っているので、演習やレポートの時に思う存分資料と向き合えます。
    • 友人・恋愛
      良い
      学科の人数が少ないので、高校のような雰囲気です。ただ、同じ学科なので、高校までよりは趣味や興味があうような人が多い印象です。サークルや演習室などで、先輩にも気軽に話しかけることができます。
    • 学生生活
      良い
      サークルはやはり他の大学と比べると数が少ないですが、新しいサークルを作る人や近隣の大学(同志社、京大、工繊など)のインカレに入っている人もいるようです。新歓夜祭はいろいろなサークルを知る絶好のチャンスです。流木祭はお笑い芸人(去年は霜降り明星、男と女)をよんだりするので小規模ながらにぎわいます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1回では、さまざまな分野の概論、日本文学と和漢比較、漢文学の基礎演習があります。2回では、それ以外の分野の基礎演習をとることができ、レベルもあがっていきます。GPAがありますが、GPAの基準を満たし、上限までとると毎日が忙しいですがなんとかやっていけます。詳しくはホームページなどを参照してください。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      日本語と京都学に興味を持っていたのと、地元の公立で学費が安かったためです。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:569804
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    文学部日本・中国文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      ゆるやかに過ごせて楽しいです。
      華やかさには欠けるかもしれませんが、緑も多く、閑静な立地であり、少人数だからこそ教授との距離も近く、文学学ぶには最適な環境だと思います。
    • 講義・授業
      良い
      独特な講義が多く、面白い。京大の院を出られた教授が多く、レベルも高い。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      1回生前期の新入生ゼミナールは、勝手に振り分けられる教授によって当たり外れが大きい。
    • 就職・進学
      良い
      1回生のうちはまだわからない。
      ただ、1回生後期からキャリアサポートの全体講義は始まる。
    • アクセス・立地
      普通
      北山駅、北大路駅が近い。バス停は少し離れているが、「府立大学前」というバス停がある。
      キャンパスの隣には府立植物園があり、府大生なら学生証を見せれば無料で入場できる。
    • 施設・設備
      悪い
      全体的に建物が古い。食堂がかなり狭く、いつも混雑している。
      ただ、最近稲盛記念館という講義が行われる建物や、歴彩館(図書館)が新設された。稲盛記念館にはたまごカフェという一般の方も利用できる広いカフェがある。
    • 友人・恋愛
      普通
      学科の人数が少ないので仲良くなれるが、恋愛関係に至るのはあまりない。学科を越えてサークルの中で付き合う人はいる。
    • 学生生活
      悪い
      サークルの数は少ない。また文化祭はあまり大規模ではないらしい。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:465343
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    文学部日本・中国文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      ここに入学してきてよかったなと本当に思います。少人数な分先生との距離が近く、専門的なものも気軽に質問できます。また、30人ほどの学科なので、仲が深まります。
    • 講義・授業
      良い
      演習では、厳しい先生からのご指摘が飛んできます。でも、それは的を得ておりさらなるステップアップができます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      まだ、一回生なので前期にあった新入生ゼミナールしか経験していませんが、学科関係なく集められた10人で、新書を読みそれのレジュメをつくって話し合う、というようなものをやります。他学科との接点が少なく考えも新鮮でした。
    • 就職・進学
      良い
      まだ一回生のためよくわかりません。ただ、必修科目としてキャリア育成には力を入れていると思います。
    • アクセス・立地
      良い
      地下鉄烏丸線の北山駅から10分くらい、直線を歩けばたどり着きます。バスもありますが、大学近くには止まりません。
    • 施設・設備
      良い
      体育館が耐震工事をしています。また先生から「地震がきたら潰れる」と言われた2号館は結局地震がきても潰れず、なるべく使わないようにという指示が来ました。公立高校に通っている方はそこの建物をイメージしたらいいかと思います。(ボロボロ加減)
    • 友人・恋愛
      良い
      学科の人数が少ないので、名前をよく知るクラスメイトばかりです。休み時間は高校生の時のような感じでワイワイしています。
    • 学生生活
      良い
      規模が小さいため、サークルの数が少ないです。しかし、京都らしさを求めて和の部活に入る人も多いです。(競技かるた、能楽、邦楽、雅楽、茶道、華道など)
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年では日本文学、日本語学、中国文学の専門科目と必修科目をとれます。教養もあるのですが、後期からとればいいと思います。2年からは申し訳ないのですが、未経験のためホームページをみてください。
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:491986
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    生命環境学部環境デザイン学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学年に40人そこそこしかいないため、教授と学生の距離がとても近いことが特徴としてあげられると思います。勉強のみならず人生相談もうけていただけます。サポート体制もしっかりしています。人が多すぎて埋もれるということがなく、サイズ感がちょうどいい、という感じです。ただ、その規模の小ささが少し仇となる部分もある気もします。就職は関西ならばなんの問題もありませんが、関東であったり、スーパーゼネコンなどはしんどい気がします。
    • 講義・授業
      良い
      住環境学科らしい、環境からみた視点での講義が充実している。過渡期ということもあるが、外部講師として京都大学や福井大学から講師を招いて授業を行ったりもする。また、設計演習においては、他大学と合同発表する機会も存在し、有名な建築家をお招きして講評いただく機会もある。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      3回後期から仮配属として研究室での活動が始まる。ちょうど教授の定年退職の時期であるため、ゼミ数が2?3減って、新たに2増えた。今のところ構造系は木構造の研究室が一つ、設備系も一つしかないことを踏まえておいて欲しい。また、研究室の定員は4人である。
    • 就職・進学
      良い
      公務員やハウスメーカーに就職する人が多く、院進する人は少ない印象。就活のサポートは研究室によりけり。ここ数年は建築という分野だからだろうけど、基本的に就活に困っている人はいない。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄駅は京都市営地下鉄烏丸線の北山駅です。北大路駅から歩いてくる人も。最寄のバス停は、府立大学前だと思われがちですが、南門なら植物園前の方が断然近いです。隣に植物園があり、学生証を見せると無料で入園できるため、憩いの場としては最高です。自転車さえあればラーメンの天国、一乗寺へ10分くらいで行けるのもポイントが高いです。
    • 施設・設備
      普通
      製図室のある6号館、5号館は正直ボロいです。製図室内の水道から錆が出てくるのだけは勘弁してほしい。普段授業で使う教室は、稲盛記念会館はとても綺麗です。しかし2号館は夏でも寒いです。幽霊が出るで有名なのも納得です。
    • 友人・恋愛
      良い
      製図室があり、下宿生が多いからでしょうか、学科内の結束力?縄張り意識?が強いとは思います。逆に、部活やサークルに力を入れる暇が設計課題のせいで3回後期になるまでないため、そのほかのつながりができにくい印象です。
    • 学生生活
      普通
      規模が全体的に小さいので、高校の延長という感じです。学内のサークルは数も多くないため、インカレに所属する人が多いです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は言語やその他一般教養、学科の概要を学びます。2年次から本格的に専門分野の勉強や、自分で建物を考える設計課題も始まります。3年次後期はだいぶ時間に余裕ができるため、ここで自分の研究したいことについて掘り下げます。4年次には卒論を書くか、卒業制作を行います。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      建築士になりたいという気持ちで、資格をとれる大学を探していました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:570248
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    文学部歴史学科の評価
    • 総合評価
      良い
      一学年当たり40人と少ないため、自ずと教授一人あたりに対する学生の数が少なくなるのは良いことだと思います。先生方は皆さん尊敬出来る方々です。様々な分野について、また分野問わず研究出来るのも良い点であると思います。
    • 講義・授業
      良い
      先生1人に対する学生の数が少ないためとても細やかな対応をして頂けます。歴史学科の授業だけでなく、他学科の専門科目も受講出来る点も良いと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      2年の後期に所属するゼミを決め、3年から所属します。日本史、東洋史、西洋史、文化遺産コースの約15個の研究室のなかから選ぶことが出来ます。
    • 就職・進学
      普通
      かなりの大手の企業への就職というのはあまり聞きません。進学や公務員、学芸員などが主流です。
    • アクセス・立地
      普通
      北大路駅と北山駅のちょうど間くらいで、しかもバス停からも微妙な距離です。コンビニやスーパーまでも徒歩20分程度かかります。
    • 施設・設備
      普通
      新しく出来た京都府立京都府学歴彩館に文学部は入っていますが、ガラス張り吹き抜け構造のため日当たり最高、夏馬のクーラーの冷気は下へ降りて行きます。冬は暖かいのかも…??
    • 友人・恋愛
      普通
      学科同学年の人数が40人程度のため、全体的に仲良くなりやすいですが、学科内での恋愛は極めて少ないです。
    • 学生生活
      普通
      文化祭である流木祭は規模が小さく、すぐに回りきれてしまいます。お笑い芸人を毎年呼んでいますが、なんとも微妙なラインです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は様々な分野の概要を幅広くまなびます。2年次では少しそれを深めたような内容になり、自分の興味のある分野を選択します。3年次からゼミに配属され、自分の研究したい分野についてゼミ発表などもしつつ研究を進めていきます。4年次には卒論を書きます。
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:493917
1791-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 京都府 京都市左京区下鴨半木町1
最寄駅 京都市営地下鉄烏丸線 北大路
電話番号 075-703-5101
学部 文学部、 公共政策学部、 生命環境学部
概要 京都府立大学は、京都市左京区に本部を置く公立大学です。通称は「府立大」「京都府立大」。明治28年に創立された京都府簡易農学校を前進とし、平成20年に現在の京都府立大学に発展しました。現在、文学部を始めとする3つの学部と3箇所の研究科をおく大学院で構成されています。生活環境学部には、附属の農場や演習林が用意されており、野菜や花、果樹など自分達で作って収穫した農作物を一般にも販売しているのが特徴です。 左京区下鴨にある、下鴨キャンパスと、相楽郡にある精華キャンパス附属農場が主な場所です。下鴨キャンパスでは、府立植物園と府立総合資料館も集まっています。京都府立大学のOB・OGは政界方面では衆議院議員、市長のほかに、学者や作家などがおり、多くの有名人を輩出している学校です。

この学校の条件に近い大学

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都府立大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
中央大学

中央大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 3.85 (1563件)
東京都八王子市/中央大学・明星大学駅
東京理科大学

東京理科大学

42.5 - 62.5

★★★★☆ 3.82 (833件)
東京都新宿区/飯田橋駅
立命館大学

立命館大学

50.0 - 62.5

★★★★☆ 3.83 (1716件)
京都府京都市中京区/円町駅
理系のオススメ大学
明治大学

明治大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 3.92 (1821件)
東京都千代田区/御茶ノ水駅
北里大学

北里大学

40.0 - 62.5

★★★★☆ 3.91 (440件)
東京都港区/広尾駅
中央大学

中央大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 3.85 (1563件)
東京都八王子市/中央大学・明星大学駅

京都府立大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。