>>     >>     >>  口コミ

京都府立大学
京都府立大学
(きょうとふりつだいがく)

京都府 / 公立

偏差値
公立大

3

偏差値:60 - 66

口コミ:

3.97

(71)

京都府立大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 公立大学順位
(全87校中)
講義・授業 4.04 8位
研究室・ゼミ 3.94 11位
就職・進学 3.38 58位
アクセス・立地 3.82 8位
施設・設備 2.80 65位
友人・恋愛 3.62 44位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

72件中 1-10件を表示
  • 京都府立大学
    男性在校生
    文学部 歴史学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      歴史が好きな方にはとてもおすすめで、用意された科目は多種多様である。著名な先生も多く丁寧な授業を受けることができる。公務員や私企業ほか就職先も幅広い。
    • 講義・授業
      歴史学科では日本も世界も、古代から近現代までの歴史や、古文書、地理、考古、宗教、民俗、美術、文化等々幅広い題材が用意されている。またこの他にも三大学共同では文理を越えた教科を学ぶことができる。
    • 研究室・ゼミ
      日本史、東洋史、西洋史、文化遺産学の四つのコースから選びまた自分の関心のある題材を探しその先生のゼミに配属することとなる。少人数の講義で丁寧な指導が行われる。
    • 就職・進学
      キャリア演習を一年から行っており様々な企業の方々からお話を聞いたりして自らの進路を開拓することができる。
    • アクセス・立地
      市バスの府立大学前バス停から下鴨中通を北に徒歩10分弱、地下鉄北山駅から下鴨中通を南に同じく徒歩10分弱で着くか。辺りは静かな住宅街。
    • 施設・設備
      学内には様々な施設があり、文学部の2号館は古い校舎を少し暗いままではあるが一部改修した様子である。教室は小さめ。来年の秋からは新校舎が完成する予定で、環境は大幅に向上すると考えられる。稲森記念会館は近年完成したばかりで、清潔感がある。部屋は広く照明は明るいが、多少椅子が固い印象。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 京都府立大学
    女性在校生
    生命環境学部 食保健学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-22投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学科での人数が少ないので学生全員がとても仲良しです。教授との距離も近く、名高い先生がたくさんおられます。実習なども充実しており、真剣に取り組めば栄養に関して幅広い知識が身につくと思います。
    • 講義・授業
      1つ1つの授業の質は高いと思います。全部の授業が必須でテスト期間などは大変ですが、みんなで頑張っています!
    • 研究室・ゼミ
      研究室は5つあります。食事学についてはここの大学以外では見られないのでは?と思っています。たくさんの成果が出ていて、個人個人で深い研究ができます。研究室によって大変さが異なるようです。
    • 就職・進学
      就職活動においては手厚いサポートがあるとは言えませんが、自分から行動を起こせば力になってくれる方はたくさんいると思います。
    • アクセス・立地
      駅から徒歩10分程度です。バスなどもあり、交通には苦労しません。周りにも飲食店などが多く、楽しめる場所だと思います。
    • 施設・設備
      正直、大学が古いので私立大と比べるとボロい…という印象はあります。調理室も広いとは言えませんが、必要最低限の器具は揃っている程度です。
    • 友人・恋愛
      大学全体のコミュニティが良い意味で広くないので、アットホームな雰囲気があります。他大と比べると、キラキラ感が劣ってると自虐でよく言っていますが(笑)落ち着いてる中でいろんな人がいて楽しいですよ。この学科は女子率がとても高いので、他大やサークルに入らないと男友達や彼氏は出来にくいです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養と専門基礎の講義ばかりで結構時間割は詰まっています。2年次は専門科目が、ほとんどです。三年次は専門と実験、実習でとにかく忙しいです。四年次は研究室に入りながら国家試験の勉強になります。
    入試について
    • 学科志望動機
      栄養の知識が欲しいと思い志望しました。管理栄養士を目指しています。、
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター対策と二次試験は科目ごとに特徴を捉えた対策をしました。英語は英文和訳、理科でも論述が多いです。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 京都府立大学
    女性在校生
    文学部 欧米言語文化学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-16投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      小さい大学であるので、学科がクラスみたいでみんな仲良くなれます。しかし、校舎や設備、留学制度はあんまりよくありません。
    • 講義・授業
      アメリカ、イギリス、ドイツの様々な文化ぎ学べて興味深いです。しかし、興味のない人にとっては、つまらないかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      私はまだ経験してないでふが、先輩は少人数でよいといっているのを聞いたことあります。オススメだと思います。
    • 就職・進学
      小さい大学なので、就職支援はあまり充実していないとおもいます。しかし、公務員になるひとはおおいです。
    • アクセス・立地
      とても田舎の方にあります。しかも寒いです。でも地下鉄の近くなので来やすいのは、来やすいとおもいます。
    • 施設・設備
      とにかく、校舎が古いです。しかし、建て替えが予定されているので今後に期待できると思います。図書館もあたらしくなります。
    • 友人・恋愛
      こじんまりしているので、楽しいです。しかし、サークルの数はバリエーションがすくないので選ぶことができません。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      英語と国語と日本史が入試かもくなので、ひたすら三科目をしていました。
    入試について
    • 学科志望動機
      三科目で入れることと、英語を学びたかったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      東進予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      英訳が多かったので、そればかりしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 京都府立大学
    女性卒業生
    文学部 歴史学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-16投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      周辺環境が落ち着いて、じっくりと勉強をする環境が整っています。学生は比較的大人しく真面目な人が多かったです。
    • 講義・授業
      京都に沿った講義がいくつかありました。他学科の講義も受講することが出来、自分の興味を満たすことが出来ます。
    • 研究室・ゼミ
      調査に参加させてもらえる機会も多く、アルバイト代も出していただきました。一般の方に向けて企画を立てて地域を案内することもあったので、色々なことが出来ました。
    • 就職・進学
      就職サポートセンターも充実してきたように思います。同学年の大学院進学希望者は全員希望する大学院に合格していました。
    • アクセス・立地
      駐輪場が多いので、自転車でくる人が多かったです。また地下鉄が徒歩10分ぐらいのところにありましたので、他府県から通学している人もいました。
    • 施設・設備
      私が通っていた時は文学部棟が一番古かったですが、卒業後、新しい建物を建て、その中に引っ越しをすると聞いています。
    • 友人・恋愛
      文学部は女子の方が多く、大学全体も女子の割合が高かったように思います。サークルに参加していない人も結構いました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は一般教養と専門の基礎になる講義を取ります。大半の学生は一年次に一般教養の単位を取り終えて、二年次から四年次にかけて自分の専攻とする専門分野を選び、卒論テーマを決めていました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      考古学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      考古学をテーマに研究しています。近隣の石造物調査、古墳の測量調査等の調査活動も行なっていました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      個別指導塾
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      大学受験経験を生かした職業に就きたかったため
    入試について
    • 学科志望動機
      歴史を学びたいと考えていたため、歴史的な遺産が多い京都で学ぶことを目的にして選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験の比率が高いので、センター試験で9割とるように勉強しました。二次試験では歴史が300点満点で一番比率が高いので、論述形式の問題も取りこぼしが無いように、歴史の流れ因果関係を把握しながら勉強していました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 京都府立大学
    男性在校生
    生命環境学部 農学生命科学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-13投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      この学科では人数も1クラス程度なのでこじんまりとしていますが その分先生方の面倒見がいいです。(私立大ではこうはいかないそうです。)このことは特に研究室に入ってからの理系では大きな利点だと思います。もし、実際研究していきましょうと急に言われても何をしたらいいか、どのようにしたらいいかわかりますか? この事についてしっかり教えて頂けるのですごく助かりました。
      悪い面は、研究室によるのですが設備の面だとは感じます。(大学に共通して言えることでもありますが、、、)
      また、2回生の途中で植物生産コースと動物機能コースの分属を決めます。興味のあるほうに決めれます。入ってから興味が変わることがあるのでちょうどいい時期だと思います。(実際僕もそうでしたので)
      僕は動物系なのでそれをメインに話して行きます。
    • 講義・授業
      1回生の間は一般教養の授業ばかりだったので個人的にはつまらなかったです。週に一度 野菜など育てる授業があったと覚えています。2回生になってからは専門的な授業が増え、俄然おもしろくなりました。植物系、動物系(動物、菌含む)の授業がありました。
      単位数や授業の都合上1回生の間に単位は多目に取ったほうがいいですね。
      また実験実習は理系にしてはそれほど量がないです。3回生ではある程度のレベルの実験はしていました。学生実験の間では基本的な技術の習得をし、実質的な技術は研究室に入ってから習得する感じになります。
    • 研究室・ゼミ
      僕の入った研究室はとても忙しいところです笑 大きい実験があるときは徹夜もありますね(生物系理系の宿命ですね)
      この忙しさは研究室によって天と地の差があります。基本的に植物系はホワイトなようです。
      もちろん、頑張った分は就職の時にアピールポイントになるため(論文や学会発表の形で) 無駄には絶対なりません。
    • 就職・進学
      研究室によって全く違います。
      僕の行っている研究室は食品系、製薬系にかなり実績がよく、大企業への就職 された先輩方もたくさんいます。(修士まで修了すればですが)
    • アクセス・立地
      北山、北大路駅に近いです。自転車があれば一乗寺のラーメン街やカフェなど色々いけます。自転車は必需品ですね。
    • 施設・設備
      研究室によって設備は違います。お金のあるところには多いです。
    • 友人・恋愛
      部活やサークルに入れば色んな繋がりが増えると思います。恋愛は狭い大学なので身の回りで手出しすぎると失敗しますよ笑
    • 部活・サークル
      部活が他大学より多いです。もちろんサークルもあるのでゆるーく楽しむ事もできます。僕はバスケ部でしたが週3で三時間程練習してました。夏にはリーグ戦という総当たりの試合があり、そこでリーグ昇格に向け頑張ってました。なので興味のあるかたはぜひバスケ部に来てくださいね笑
    • イベント
      規模が小さいですが 部活などで店を出してるととても楽しいですよ!
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      ざっくりとは生物に関してはですね。細かく書くときりがないので、、、
    • 所属研究室・ゼミ名
      動物機能学
    • 面白かった講義名
      分子栄養学
      遺伝子制御学
      動物機能学
    入試について
    • 学科志望動機
      もやしもんを読んで農業したくなったため(結局してませんが…)
    • 利用した入試形式
      早く決めたかったので推薦です。物理理系だったので一ヶ月で生物詰め込むのはしんどかったですね……
    • 利用した予備校・家庭教師
      してないです。
    • 利用した参考書・出版社
      覚えてないです。
    • どのような入試対策をしていたか
      生物詰め込んで後は面接練習ぐらいですかね
    この口コミは参考になりましたか?
  • 京都府立大学
    女性卒業生
    文学部 歴史学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-09投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      歴史学科は、ほんとに歴史が好きな精鋭たちが集まる学科です。どの授業もきっと充実したものに感じられるでしょう。
    • 講義・授業
      2回生まではわりと歴史に関係ない一般教養の授業が多いですが、3回生からは日本、西洋、東洋と専門に分かれます?そこで自分のしたい分野を極めてくださいね。
    • 研究室・ゼミ
      優秀な教授が多く、研究室にも行きやすいです。ゼミは少人数なので、その分みんなで意見交換などがしやすく、為になるアドバイスなどもかなり貰えますよ。
    • 就職・進学
      私自身は学校で就職相談などしなかったので詳しいことはわからないですが、セミナー等サポート体制はかなりあったように記憶しています。
    • アクセス・立地
      私は京阪電車を利用していましたが、出町柳駅から自転車で鴨川沿いを走ると15分くらいの距離でした。四季折々の季節を楽しめるので、ほんとにオススメです!
    • 施設・設備
      私の頃は歴史学科の校舎も図書館もかなり古いもので、夏は暑く冬は寒かったのですが・・・建て替えを行ったみたいでかなり綺麗になったと聞きました。新入生の方々が羨ましいです。
    • 友人・恋愛
      歴史学科はどうしても内にこもりがちで、あまり他の学科との関わりがありませんでした。なので、絶対サークル活動に参加することをオススメします!そこで友達の輪を広げてくださいね。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      2回生までは一般教養メイン。3回生からは専門分野に分かれて知識を深める。
    • 所属研究室・ゼミ名
      上島研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      教授がほんとに気さくで素晴らしい方でした。私の専攻と同じ分野の教授だったので、とても楽しかったです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      楽器店
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      ピアノを習っており、楽器店の音楽教室経営に携わりたいとかんがえていたため。
    入試について
    • 学科志望動機
      高校時代に日本史が最も得意だったのと、京都の大学に通いたかったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      Z会の通信講座
    • どのような入試対策をしていたか
      やはり二次試験の歴史の記述ですね。言葉を組み合わせて書けといったスタイルだったので、何がきてもスラスラ書けるような対策を普段からしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 京都府立大学
    女性卒業生
    生命環境学部 森林科学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自然や森林に興味のある人にはお勧めの学部です。 実際に森に入る実習が多く、教授との距離も近いため深く学べる環境が整っています。 研究室も、植生やGISから木質材料まで様々な視点から森林について研究することが出来ます。 また、少人数の学科で温厚な性格の人が多いため良い人間関係を築くことが出来ます。 ただ、大学の規模は小さく研究室のある棟も古いため実験機械は他大学から借りることが多いです。 学園祭もいまいち盛り上がりに欠けるため、大学では派手に遊びたいという人には物足りないかもしれません。
    • 講義・授業
      教授と距離が近いため、専門分野で深く学びたい生徒にはピッタリだと思います。 実際に森に入って葉っぱの種類を覚えたり、泊りがけで植生調査をする合宿実習もあります。 森林に関する様々な分野の授業がありますが、おじいさんのような教授ばかりなので退屈な授業もあります。
    • 研究室・ゼミ
      企業や研究機関と繋がっているゼミもあるため、様々な体験ができます。 また、研究室によって異なりますがみんな中が良く、研究室単位で頻繁に飲み会があったり、旅行に行くこともあります。
    • 就職・進学
      大手企業への就職は少なく、大学院進学や公務員を目指す人が多いです。 建材メーカーや研究機関に就職する人が多いと思います。 のんびりとした性格の人が多いため、就活の勢いに乗りきれずずるずると大学院に残る人も多いです。
    • アクセス・立地
      最寄り駅から徒歩10分と、比較的便利な場所にあります。 大学の周りに居酒屋はあまり多くなく、飲みに行けば高確率で同じ大学の生徒と遭遇します。
    • 施設・設備
      大学の規模は小さいです。 最近一般教養用の建物が建てられましたが、研究室のある棟は本当に古く、大きな地震があれば壊れてもおかしくないほどです。 新しい建物についてはわかりませんが、大学生協は18:00には閉まってしまうため夜まで研究室に籠る場合は外に買い出しに行かなければなりません。
    • 友人・恋愛
      のんびりとした学科で、自分のペースで勉強することが出来ると思います。 サークルも多くはありませんが、近隣の大学と提携しているところも多くあるので少し足を延ばせば充実した生活が送ることが出来ます。 森林科学科には毎年1~2組のカップルが出来ます。卒業後に結婚した人も多くいます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1~2年の頃は一般教養と専門分野が半分ずつぐらいですが、3年になってからはほとんどが専門分野の履修でした。後半からは研究室に入り、先輩の研究の手伝いをしたりします。 私は木質材料に関する研究室に配属れ、木材の触感の違いについて研究しました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      生物材料物性学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      木質材料を有効利用するための研究を行います。 材質や流通から、竹について研究をしている人もいました。 どちらかというと体育会系的な研究室で、飲み会なども頻繁に行っていました。 外の企業との繋がりも強く、社会に出てからも研究室に出入りする先輩もいます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      住宅部材メーカー、事務職(後に開発に異動)
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      木材を利用した住宅部材を扱っている会社だったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      特に明確な目的はありませんでしたが、森林という大きな分野に様々な視点から研究を行える点に魅力を感じました。実習を通して広く知識を身に着けながら、やりたいことを探していこうと思い受験を決めました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 京都府立大学
    女性在校生
    文学部 歴史学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-04投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自分のやりたいことをじっくりと深めるには良い環境が整っています。真面目な学生が多いことが特徴です。もうすぐ新校舎が完成する予定です。
    • 講義・授業
      第一線で活躍する研究者である先生たちの、最新の研究の元となるアイディアを講義の中で聞くことができます。様々な時代、地域の歴史を学ぶことができます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは10人以下のところがほとんどで、きめ細かい指導をしてもらえます。発表は大変ですが、かなり鍛えられます。
    • 就職・進学
      公務員志望や教員志望の人が多いですが、もちろん一般企業に就職する人も何人もいます。また文学部のなかでは大学院に進学する人が多いです。
    • アクセス・立地
      地下鉄やバスで通うひとがほとんどです。となりに植物園があり、周りは閑静な住宅街なので、落ち着いた環境で勉強ができます。
    • 施設・設備
      現在新校舎を建設中なので、これから入学する学生さんたちは、出来たての校舎で勉強することができ、とても羨ましいです。
    • 友人・恋愛
      学科は40人前後なので、高校までのひとクラスとほぼ同じ規模です。真面目な学生が多く、みんな仲が良いです。学科内でのカップルはあまり聞きませんが、学科によると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1.2回生は一般教養と外国語、専門の概論を学びました。3回生でゼミに配属され、より専門的な勉強に入っていきます。4回生では、卒論の完成に向けて多くの時間と労力を費やします。
    • 所属研究室・ゼミ名
      西洋史・西洋文化史コース
    • 所属研究室・ゼミの概要
      日本と東アジア以外のあらゆる地域・時代の歴史を学ぶことができます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学院進学
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      大学院に進み、より専門を深めたいと思ったため。
    入試について
    • 学科志望動機
      静かな環境で、落ち着いてじっくりと歴史を勉強したいと思ったため、この大学をえらびまひた。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      歴史はとにかく教科書を通して何度も読み、論述問題は過去問をひたすら解きました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 京都府立大学
    女性在校生
    公共政策学部 公共政策学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-02-28投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      公務員に就職したいと思っている人にはとてもいい大学だと思います。人数がとても少ないので教授との距離が近い点で、やりやすいです。しかしそこは欠点でもあり、人間関係を広く構築することは難しいため、社会に出てから困るかもしれません。
    • 講義・授業
      社会学、法律学、政治学などを広く学ぶので色んなことが学べます。ですが、専門性は低いため、自分がやりたいことがはっきりしている人には向いていません。逆に何をするか迷っている人の方が、居心地はいいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      これも、法律、行政、社会、福祉など大きくわけてあるのですが、先生たちはみんなフレンドリーで優しいです。人数が少ないゼミはとても手厚く面倒を見てもらえると思います。特に公務員になりたい人にはとてもいいと思います。
    • 就職・進学
      公務員以外に強いということはあまり聞きません。逆に公務員にはほぼ確実になれるとおもいます。理系の人でも公務員の人は結構知り合いにいます。
    • アクセス・立地
      地下鉄烏丸線の駅から徒歩10分くらいで、めっちゃ近いわけではないですが便利といえば便利です。バス停も近くにあります。近くに商店街もあるのでいいとおもいます。
    • 施設・設備
      とにかく建物は古いです。文系の建物が特に古くて、少し怖いです(笑)最近あたらしい校舎ができて、そこはとても綺麗で勉強もしやすいです。しかしWi-Fiがないのがめちゃめちゃ不便です。
    • 友人・恋愛
      人数が50人くらいなんですが、同じ授業をうけてるのにあまり仲良くないです(笑)他の学科の方が仲良いです。毎年でそれは違うので一概には言えないですが。でも、先生は面白い人が多いので楽しいと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年生は一般教養がほとんどで、2年生から法律や政治学、行政学などの専門が増えてきます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      森下ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      心理学の先生なので、現代社会の心の病理にまつわる本などを読み、ディスカッションを重ねてレジュメ作成、発表などを行いました。
    入試について
    • 学科志望動機
      とにかく浅く広い分野を学べるところ、センターの科目で数2がいらないところ、人数が少ないところなどなど
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      公共政策学科は、センターの社会の点数が2倍になるので、とにかく日本史をたくさん勉強しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 京都府立大学
    男性卒業生
    文学部 歴史学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2015-06-29投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      小さい大学だし、教授との距離も近いので、勉強したい人にはいい環境だと思う。ただ本当の歴史好きじゃないと馴染めない可能性があるので注意!
    • 講義・授業
      一般教養などは他の大学のように自由に受講する講義を選んだりできない。種類が限られているので大体みんな同じようなものになる。
    • 研究室・ゼミ
      同じく小さい大学なので、もちろんゼミも少人数で質問、相談などはしやすい環境かと思います。生徒同士も仲良くなります。
    • 就職・進学
      僕は途中で辞めているのでよくわからないです^^;でも友達などは就職浪人等せずにストレートに就職していました。
    • アクセス・立地
      地下鉄の駅から徒歩10分以内だし、バス停も5分かからないくらいの位置にあり、周りもド田舎というわけではないので比較的いい場所だと思う。
    • 施設・設備
      大学の敷地内にある付属の図書館は規模が小さく、何かゼミなどの調べものをする際には結局府立図書館に行くこともよくあった。
    • 友人・恋愛
      歴史学科内にはいわゆるオタク的な人が多く、男もそういう人が多いので、学部内恋愛はあまりなかったと思う。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      日本史選考は3回生から考古学、古代、中世、戦国、近世、近代から好きな時代を選ぶ。
    • 所属研究室・ゼミ名
      考古学
    • 所属研究室・ゼミの概要
      夏休みなどは遺跡の発掘や出てきた物の模写などをおこなった。
    進路について
    • 就職先・進学先
      卒業してない。
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      歴史が嫌いになってきて、在学するのが嫌になったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      歴史が好きだったのと、センター試験から国英社のみしか必要なかったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      代ゼミ
    • どのような入試対策をしていたか
      代ゼミのサテライン講座を受けて、終わってからも塾内で自習した。
    この口コミは参考になりましたか?
72件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

京都府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

京都府立大学の画像 :©Hasecさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

和歌山県立医科大学
和歌山県立医科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:62 - 71
★★★★☆4.00 (8件)
和歌山県/公立
横浜市立大学
横浜市立大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:59 - 71
★★★★☆3.61 (88件)
神奈川県/公立
国際教養大学
国際教養大学
併願校におすすめ
偏差値:66 - 68
★★★★☆4.23 (22件)
秋田県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。