みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都府立大学   >>  口コミ

京都府立大学
出典:Hasec
京都府立大学
(きょうとふりつだいがく)

京都府 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5 - 62.5

口コミ:★★★★☆

4.01

(156)

京都府立大学 口コミ

★★★★☆ 4.01
(156) 公立内26 / 83校中
学部絞込
1561-10件を表示
  • 女性在校生
    文学部 歴史学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 1| アクセス・立地 3| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    • 総合評価
      あまりいい学科では無いです。基本的に全てがおざなりというか、対応も内容も私学には劣ると思いますし進路もあまりありません。京大の上位互換を目指しているそうですが遠く及ばないかと。ひたすら教授陣と質の高さと学生の質の低さの乖離が凄まじいと思います。
    • 講義・授業
      教授の質は高いというか基本的に京大出身者、ひいては東大出身者がいます。そもそも一学科に16人もいらっしゃるとか贅沢以外の何者でもありません。この大学に来て心から良かったと思えるのは教授と専門の授業です。
    • 研究室・ゼミ
      とても良いです。教授との距離が近く面談も頻繁にできます。
    • 就職・進学
      これは全く期待しないでください。自分でやっていくのが基本。学校のやることは学校内でしか通用しません。自分で一からやりましょう。
    • アクセス・立地
      北山駅が近いので便利ですが市バスは微妙です。台風や地震の時などは市内でも来れる人間が少なくなります。
    • 施設・設備
      倒壊しかけの旧文学部棟から温室に移りましたが温室は本当に酷いです。大学施設なのに廊下で話したりしてはならないとかなんなんですかね。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      田舎者多いですね……オシャレしていると浮いている印象、特に文学部。はっきり言って芋っぽいです。なのに少し派手だと嫌味言ったらする人間が多く正直陰湿ですね。
    • 学生生活
      サークル活動は微妙です。そもそも飲酒事件起こっていますからおすすめしません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年は主に教養を、その後専門分野へ。二年間第二言語も学びます。
    投稿者ID:477725
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    公共政策学部 公共政策学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      少人数で授業できたり、先生と生徒の距離が近くとても満足しました。学祭などは小さいですが、その中でも盛り上げようと言う気持ちがあります。毎年行われるお笑いライブでは、結構有名な方が来て下さります。体育館で距離の近い場所で見れるのはこの大学でしかできないことだと思います。立地も地下鉄の駅から行け、京都特有の混雑には巻き込まれなかったです。まわりには、大学が沢山あり、アルバイトするにも違う大学の人と出会えますし、府立大自体がその大学の中心に位置するような感じです。大学のキャンパスは小さいですが、稲森記念館、歴彩館など、近年新しい建物が建てられており、大学のイメージのような建物はあります。ただ、多くは古い建物が多く、はじめはびっくりするようなものも多いかと思います。部活ごとに、部室のようなボックスがあるので、昔ながらの大学生という感じです。自分の行きたいサークルなどなくても、京大なども自転車で行ける範囲ですので、京大のサークルに行く人も多いです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員
    投稿者ID:468019
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 歴史学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 2]
    • 総合評価
      先生との距離が近い
      1~2回生の頃の授業では高校の授業形態に似ている。授業中に発言しないといけないこともあるし、予習が必要な授業も多い
    • 講義・授業
      史料演習など課題がある授業があり、必ず予習をしておかないといけないこともある。
      小テストが1回生の授業では多い
    • アクセス・立地
      地下鉄の北山駅から近い
      京阪出町柳駅から自転車で来ている学生も多い
    • 施設・設備
      綺麗な建物と古い建物がある
    大学に関する評価
    • 学生生活
      サークルや部活は少なめ
      インカレに入っている人もいるが、無所属の人も結構多い
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生2回生のうちは日本史、東洋史、西洋史、地理など幅広い分野で学べる。また、公共政策学科など別の学科の興味のある授業も時間があえば履修てきる。一般教養では京都工業繊維大学、京都府立医大の先生の授業をとることができるが、人気の授業は抽選となる。
      3回生からはゼミに所属し日本史、西洋史、東洋史、文化遺産など自身の専門とする勉強を本格的に始めることになる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      高校もしくは中学の教員
    投稿者ID:467039
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 日本・中国文学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      ゆるやかに過ごせて楽しいです。
      華やかさには欠けるかもしれませんが、緑も多く、閑静な立地であり、少人数だからこそ教授との距離も近く、文学学ぶには最適な環境だと思います。
    • 講義・授業
      独特な講義が多く、面白い。京大の院を出られた教授が多く、レベルも高い。
    • 研究室・ゼミ
      1回生前期の新入生ゼミナールは、勝手に振り分けられる教授によって当たり外れが大きい。
    • 就職・進学
      1回生のうちはまだわからない。
      ただ、1回生後期からキャリアサポートの全体講義は始まる。
    • アクセス・立地
      北山駅、北大路駅が近い。バス停は少し離れているが、「府立大学前」というバス停がある。
      キャンパスの隣には府立植物園があり、府大生なら学生証を見せれば無料で入場できる。
    • 施設・設備
      全体的に建物が古い。食堂がかなり狭く、いつも混雑している。
      ただ、最近稲盛記念館という講義が行われる建物や、歴彩館(図書館)が新設された。稲盛記念館にはたまごカフェという一般の方も利用できる広いカフェがある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科の人数が少ないので仲良くなれるが、恋愛関係に至るのはあまりない。学科を越えてサークルの中で付き合う人はいる。
    • 学生生活
      サークルの数は少ない。また文化祭はあまり大規模ではないらしい。
    投稿者ID:465343
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 歴史学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      一学年当たり40人と少ないため、自ずと教授一人あたりに対する学生の数が少なくなるのは良いことだと思います。先生方は皆さん尊敬出来る方々です。様々な分野について、また分野問わず研究出来るのも良い点であると思います。
    • 講義・授業
      先生1人に対する学生の数が少ないためとても細やかな対応をして頂けます。歴史学科の授業だけでなく、他学科の専門科目も受講出来る点も良いと思います。
    • 研究室・ゼミ
      2年の後期に所属するゼミを決め、3年から所属します。日本史、東洋史、西洋史、文化遺産コースの約15個の研究室のなかから選ぶことが出来ます。
    • 就職・進学
      かなりの大手の企業への就職というのはあまり聞きません。進学や公務員、学芸員などが主流です。
    • アクセス・立地
      北大路駅と北山駅のちょうど間くらいで、しかもバス停からも微妙な距離です。コンビニやスーパーまでも徒歩20分程度かかります。
    • 施設・設備
      新しく出来た京都府立京都府学歴彩館に文学部は入っていますが、ガラス張り吹き抜け構造のため日当たり最高、夏馬のクーラーの冷気は下へ降りて行きます。冬は暖かいのかも…??
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科同学年の人数が40人程度のため、全体的に仲良くなりやすいですが、学科内での恋愛は極めて少ないです。
    • 学生生活
      文化祭である流木祭は規模が小さく、すぐに回りきれてしまいます。お笑い芸人を毎年呼んでいますが、なんとも微妙なラインです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は様々な分野の概要を幅広くまなびます。2年次では少しそれを深めたような内容になり、自分の興味のある分野を選択します。3年次からゼミに配属され、自分の研究したい分野についてゼミ発表などもしつつ研究を進めていきます。4年次には卒論を書きます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    投稿者ID:493917
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 日本・中国文学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      ここに入学してきてよかったなと本当に思います。少人数な分先生との距離が近く、専門的なものも気軽に質問できます。また、30人ほどの学科なので、仲が深まります。
    • 講義・授業
      演習では、厳しい先生からのご指摘が飛んできます。でも、それは的を得ておりさらなるステップアップができます。
    • 研究室・ゼミ
      まだ、一回生なので前期にあった新入生ゼミナールしか経験していませんが、学科関係なく集められた10人で、新書を読みそれのレジュメをつくって話し合う、というようなものをやります。他学科との接点が少なく考えも新鮮でした。
    • 就職・進学
      まだ一回生のためよくわかりません。ただ、必修科目としてキャリア育成には力を入れていると思います。
    • アクセス・立地
      地下鉄烏丸線の北山駅から10分くらい、直線を歩けばたどり着きます。バスもありますが、大学近くには止まりません。
    • 施設・設備
      体育館が耐震工事をしています。また先生から「地震がきたら潰れる」と言われた2号館は結局地震がきても潰れず、なるべく使わないようにという指示が来ました。公立高校に通っている方はそこの建物をイメージしたらいいかと思います。(ボロボロ加減)
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科の人数が少ないので、名前をよく知るクラスメイトばかりです。休み時間は高校生の時のような感じでワイワイしています。
    • 学生生活
      規模が小さいため、サークルの数が少ないです。しかし、京都らしさを求めて和の部活に入る人も多いです。(競技かるた、能楽、邦楽、雅楽、茶道、華道など)
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年では日本文学、日本語学、中国文学の専門科目と必修科目をとれます。教養もあるのですが、後期からとればいいと思います。2年からは申し訳ないのですが、未経験のためホームページをみてください。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    投稿者ID:491986
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    文学部 歴史学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 1| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      全体的に大人しい人が多く、自分も同様のタイプのため、学生生活が過ごしやすかった。また、自分の専攻したい学科だったので、授業やゼミなどにやりがいが感じられた。
    • 講義・授業
      講義・授業の内容については、確かに充実しているが、授業を行う先生によって良いものも悪いものもあったため。
    • 研究室・ゼミ
      自分の所属しているゼミは、よくいえば各自自由に活動ができたため、のびのびとしていた。しかし、逆にいうと、生徒と先生の距離が遠く、ゼミ全体で活動するということは一切なかったため、そう考えると、関係性が薄いゼミだったため。
    • 就職・進学
      学内のゼミナールは存在せず、キャリアセンターも特に積極的な活動を行っておらず、ゼミの先生も特に就職活動に対して何も行動をしてくれなかったため。
    • アクセス・立地
      京都市内という比較的都会にあるため、飲むところや遊ぶところには困らないが、京都市内の中心地からは少し離れた場所にあるため。
    • 施設・設備
      自分が在学中に、新しい建物が次々と建てられて、多くの設備が充実しているし、生徒にも使いやすい設備だったため。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学の規模が小さく、生徒も大人数がいないため、生徒間でつながりがよくあり、学科内で付き合ってり、友人関係があるため。
    • 学生生活
      自分の大学のサークルは、それぞれにちゃんと部室が用意されており、サークルが認定されれば、学生の自由にのびのびと活動できたから。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      自分の学科は、主に歴史について学ぶ学科である。1?2年生までは、日本史・世界史関係なく、満遍なく授業を履修し、自分の専攻したい時代・地域の歴史を決めておく。3年生からは、それぞれ希望の地域・歴史ごとにゼミで分かれ、主にゼミの先生の指導を受ける。4年生では、自分が研究したいテーマを先生と相談しながら決め、それが卒論のテーマとなる。卒論を出して、規定の単位を取って、初めて卒業できる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      物流業界の総合職
    投稿者ID:429976
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 欧米言語文化学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      人数が少ない分指導が行き届いていた。また学科内メンバー全員と顔見知りになれる。ただ雰囲気が合わないと4年間狭いコミュニティでやっていくのは大変だと思う。
    • 講義・授業
      生徒数に対して教授・講師の数が多く、細かい指導を受けることが出来る。ゼミや講義の難易度にばらつきがあるので注意が必要。
    • 研究室・ゼミ
      少人数のゼミのため卒業論文執筆の相談に乗ってもらいやすかった。ゼミによって難易度にばらつきがあるので注意が必要。
    • 就職・進学
      大学からのサポートは多少あったが学科としての就職サポートはなし。生徒各自が個人的に就職活動を頑張っており、その結果就職率は良かったと思う。
    • アクセス・立地
      駅からは徒歩で行けるためアクセスは良好。府立植物園、コンサートホールが隣にあり、閑静な地で落ち着いた雰囲気。府立植物園に無料で入ることができる特典もある。
    • 施設・設備
      ゼミや講義で使う校舎(2号館)が古い。図書館のラインナップはそこそこ。新しく出来た校舎は綺麗で評判がいいらしい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科メンバー全員が受ける授業が一年目に多く全員と顔見知りになれる。皆で仲良くという雰囲気だが合わないと4年間狭いコミュニティでやっていくのは大変だと思う。
    • 学生生活
      サークル活動は必須ではないがやった方が絶対に楽しい。授業だけでは他学部とあまり一緒になることはないので、せっかくならいろんな学科の人が所属している大人数のサークルに入って知り合いを増やすことをおすすめします。青春を楽しめます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      英語とドイツ語、イギリス・アメリカ・ドイツの文学、歴史。海外から見た京都。翻訳。英作文。フランス語・フランス文学は履修者がほとんどおらず、ドイツ語・ドイツ文学が人気。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      ITサービス業
    投稿者ID:431432
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生命環境学部 農学生命科学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生に対しての先生の人数が多く、他大学に比べて手厚い指導を受けられると感じる。
      卒業後は、公務員や民間企業(業界も様々、研究職も営業職も)に進む人が多い。
    • 講義・授業
      大学の施設が、他大学に比べると規模が小さいと感じるため、内容が充実しているとは言えない、と感じたため。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの説明会などがほとんどなく、曖昧に選んだ。また始まる時期が就活の時期と被り、忙しい日々が続いた 。
    • 就職・進学
      キャリアサポートセンターに通いやすいと感じたため。べつにキャンパスでも相談に乗っていただけるため。。
    • アクセス・立地
      下鴨キャンパスは、駅からも近く、立地が良いが、精華キャンパスは、駅からワゴンでしか通えず、非常に不便だった。
    • 施設・設備
      図書館や資料館が新しくなったため、施設は充実しているように感じたため。しかし勉強スペースが少ないと感じる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      小さい大学のため、繋がりが他大学に比べると濃いような気がする。サークルもこじんまりしており、恋人ができやすい環境に感じる。
    • 学生生活
      大学のイベントにはあまり参加せず、練習に励む。近年強くなっているので、これからの成長もとても楽しみです
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1.2回生では、生物や化学、実験について、幅広く学びます。3回生になると2つのコースに分かれ、少し専門的な実験や実習が増えます。4回生で研究室に配属され、専門的な研究を行います。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      種苗メーカー
    投稿者ID:430021
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    公共政策学部 福祉社会学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 1| アクセス・立地 5| 施設・設備 1| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      少人数制のため、きめ細かい指導が受けられ、教師との距離も近い。ただ、公立大学のため研究などの設備面はイマイチ。留学制度などもあまり整っておらず、外に出て学ぶ機会は少ない。
    • 講義・授業
      少人数制での授業のため、講師との距離が近い。私立大学などでみられるような代弁は出来ないので、真面目に授業に来る人がちゃんと損しない。講師との距離が近いため卒論指導などもすごく丁寧。
    • 研究室・ゼミ
      卒論の添削指導などはかなり丁寧できめ細やかだと思う。ただし、研究などの設備面はイマイチ。図書館も参考文献がそれほど多くないため、他大学から取り寄せるなど少してまがかかる。
    • 就職・進学
      公務員や地方銀行への就職がほとんど。地元で就職したい人には良いかもしれないが、就職実績がないぶん大手はほとんど望めない。大学の企業説明会も中小企業がほとんどだった。
    • アクセス・立地
      北山エリアと北大路エリアのちょうど真ん中にあり、北山にはおしゃれなショップやカフェ、北大路にはチェーンフード店などかなりバランスのいい立地。鴨川も近くにあり、自然豊か。治安はかなり良いエリアだと思う。
    • 施設・設備
      新校舎ができてからかなり改善はされたが、それでも古い校舎は未だに扉が木でできていたり、空調があまりきかなかったりする。トイレも古いものが多くきれいでない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ちいさい大学のため友人は出来やすいが、かなり地味な人が多く、華やかな学生生活は望めない。いわゆる大学デビューのような人が多い。地味な人には優しい大学かも。
    • 学生生活
      地味な人が多いためサークル活動等も華やかでない。飲みサーもあるが、入っている人は逆にダサい人がほとんど。強豪チームなどもない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      福祉社会学科では、その名の通り福祉を主に勉強するが、心理学も勉強でき、認定心理士の資格も取得できる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      マスコミ、マネジメント職
    投稿者ID:428736
    この口コミは参考になりましたか?
1561-10件を表示

基本情報

住所 京都府 京都市左京区下鴨半木町1
最寄駅 京都市営地下鉄烏丸線 北大路
電話番号 075-703-5101
学部 文学部、 公共政策学部、 生命環境学部
概要 京都府立大学は、京都市左京区に本部を置く公立大学です。通称は「府立大」「京都府立大」。明治28年に創立された京都府簡易農学校を前進とし、平成20年に現在の京都府立大学に発展しました。現在、文学部を始めとする3つの学部と3箇所の研究科をおく大学院で構成されています。生活環境学部には、附属の農場や演習林が用意されており、野菜や花、果樹など自分達で作って収穫した農作物を一般にも販売しているのが特徴です。 左京区下鴨にある、下鴨キャンパスと、相楽郡にある精華キャンパス附属農場が主な場所です。下鴨キャンパスでは、府立植物園と府立総合資料館も集まっています。京都府立大学のOB・OGは政界方面では衆議院議員、市長のほかに、学者や作家などがおり、多くの有名人を輩出している学校です。

この学校の条件に近い大学

おすすめのコンテンツ

京都府で評判が良い大学

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都府立大学   >>  口コミ

京都府立大学の学部

オススメの大学

国際教養大学
国際教養大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.20 (59件)
秋田県/公立
横浜市立大学
横浜市立大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.73 (251件)
神奈川県/公立
大阪府立大学
大阪府立大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.84 (343件)
大阪府/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。