みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  東北大学   >>  理学部   >>  口コミ

東北大学
出典:Los688
東北大学
(とうほくだいがく)

国立宮城県/青葉通一番町駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5 - 67.5

口コミ:★★★★☆

4.12

(769)

理学部 口コミ

★★★★☆ 3.99
(107) 国立大学 199 / 562学部中
学部絞込
1071-10件を表示
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    理学部物理学科の評価
    • 総合評価
      良い
      物理系は理学部のなかでは数学科の上におそらくくるので、5個の中で一番難しい。そのせいか授業もやや難しいし、単位の心配は結構する。その代わり頭のいい人も多く良い刺激になる。
    • 講義・授業
      良い
      落ちこぼれを作らないように専門科目は丁寧に解説してくれる。簡単な問題から難しぃ問題まで取り扱っている。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      まだ私はゼミには参加していないので分かりませんが、一度ゼミをやっているところを見たことがあります。3人と先生といった形で、先生が優しそうでした、
    • 就職・進学
      普通
      物理系は理論系に進むとかなり就職先2困ると聞いてはいるがどのくらい信憑性があるのかは謎。ただ面談をした時に教授もそのことをほのめかしていたので不安にはなった
    • アクセス・立地
      良い
      最近できた地下鉄のおかげで、川内駅のまさに目の前にというか、駅がキャンバス内にある感じ。自転車屋徒歩で来てる人も多い。一人暮らしするなら、仙台駅周辺にはたくさん学祭マンションがある!
    • 施設・設備
      良い
      東北大と言ったら院!青葉山の上のキャンパスは巨大で、実験し放題である。私は東北大の理系の設備の充実度に惹かれてこの大学を選んだ。
    • 友人・恋愛
      普通
      東北大にはいかとんと呼ばれる、いかにもとんぺい、な男子を多く見ることができる。やはり東京の私大にはここまでの時間割合はいないと思う。素朴な雰囲気が好きは人はかなり落ち着くと思う。だから男子たちは積極的ではない。女子は待っていては彼氏はできないかもしれない。
    • 学生生活
      良い
      インカレは少ない。てかほとんど知らない。まあ大学が少ないから仕方ない。でも大学内なら普通の大学並みの種類は有ると思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年生で物理関連は全て一通りさらう感じにやっていく。まあそのように感じたのは高校物理の延長をはじめにすべてやっていったからだ。その後高校ではやらない量子力学とか入ってきていよいよ難しい。
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 志望動機
      私は幼い頃から宇宙にとても興味があった。宇宙の神秘に少しでも触れたかったので、物理自体は全く得意ではなかったか、絶対物理系と決めていた。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:571093
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    理学部化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      学部学科によりけりだが楽に終わるところもあればずっと苦しいところもある。良くも悪くも自分次第なので自己を高めたいという意思が確固たるものならば成長できる。
    • 講義・授業
      普通
      深く学びたい人にはいいが、実際はかなり大変である。内容は難しい。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室によるが、勉強会を毎週開き、知識の補填を行っている。度合いは所属によりまちまち。
    • 就職・進学
      普通
      研究室に入り、そこから就職へとつながる。大学院に入らないとスキルを活かす職場は難しい。
    • アクセス・立地
      悪い
      山の上で楽に行けるのが地下鉄のみ。本数もあまりなくさらにホームから地上へ出るのにまた歩く。
    • 施設・設備
      良い
      専用のロッカーや講義室があり、勉強の環境は整っている。図書館も長い時間使える。
    • 友人・恋愛
      普通
      サークルや部活動を活発に行っている人もいるが、授業が忙しくなりやめる人も。それを見越してサークルを選ぶ人もいる。
    • 学生生活
      普通
      イベントはそれほど盛んではない。一般的な新歓やオーキャンなどが中心。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      レーザー、有機化学、合成、量子力学、物理化学など。生物にも少し触れる。
    • 学科の男女比
      8 : 2
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      自分が行ける学力のうち最も著名だったため。また脳科学に興味があったため。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:534623
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    理学部化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学で勉強したいと思っている人には非常に良いところです。熱心に取り組めばそれだけ教授も答えて下さいます。
    • 講義・授業
      良い
      専門的なことが多いですが、教授が熱心に教えて下さいます。特別講師の方も多いです。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室では週一回勉強会を開くところもあり、知識をないがしろにしません。
    • 就職・進学
      良い
      就職には基本的に困らないと聞いています。化学系の研究職が多いです。
    • アクセス・立地
      普通
      青葉山駅が最寄りです。少々本数が少ないのと、路線が一本だけなのが難点です。
    • 施設・設備
      良い
      新しく増築された建物もありますし、最新の設備が整っていて研究には最適です。
    • 友人・恋愛
      悪い
      自分から積極的にいかないと友人は作れません。サークルなどは大切にしましょう。
    • 学生生活
      悪い
      大小様々なものがあり、十分に楽しむことができます。活発なものも多いです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      まずまんべんなく化学以外にも物理や数学、文系科目も学び、それから専門的になっていきます。
    • 学科の男女比
      8 : 2
    • 就職先・進学先
      まだ決まっていません
    • 志望動機
      化学の合成に興味があり、しっかりと勉強できると思って入学しました。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:536357
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    理学部化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      良い意味で自由度が高く、時に悪い意味にもなり得ます。まさに「自分次第」を体現した学校です。きちんと勉強し志を高く持っていれば相応の道を歩めます。
    • 講義・授業
      普通
      講義は幅広くかつ専門的でしっかり学びたい人には良い環境です。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室によっては毎週勉強会を開き知識の補填を全員で行います。研究室によりけりです。
    • 就職・進学
      良い
      研究室に所属すれば就職先にはそれほど困らないのではないかと言われています。
    • アクセス・立地
      悪い
      山の上にあり地下鉄が本数がたくさんあるわけではなく、また止まりやすいです。
    • 施設・設備
      良い
      最新の機械が備えてあります。図書館は夜遅くまで使えて便利です。
    • 友人・恋愛
      普通
      仲が良い人がたくさんできる人もいれば一人が気楽な人もいます。友好関係を結べるかは個々人によります。
    • 学生生活
      普通
      大小様々なサークルがあり自由度は高いです。その分入れ込むか程々にするかも各人に委ねられます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      量子力学、レーザー、物理化学、有機化学、合成など幅広いです。生物系も少しかじります。
    • 学科の男女比
      8 : 2
    • 志望動機
      自分が入れる学力のうち最も高く、またブランドがあり将来を考えてここにしました。脳科学に関わる研究室があったのも一因です。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:565175
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    理学部化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      大学で化学を学びたい人にはよいとおもう。ただ化学だけではつまらないという人には苦痛かもしれない。ひたすら研究という毎日が続くので。
    • 講義・授業
      良い
      様々な教授がおり、研究内容も先進的なことを行っているようなので講義のレベルは高いと思われる。より深い内容の知識が身につくと思う。
    • 就職・進学
      普通
      学部で卒業するときはキャリア支援センター等の専門のカウンセラーがいるなど、就職をに関するサポートは手厚いように思う。
    • アクセス・立地
      悪い
      山の上に研究施設があるため、基本的に地下鉄で通学しているが、周りには飲食店等がないため学食のみになってしまいがちではある。
    • 施設・設備
      良い
      先述の通り先進的な研究を行っている研究室が多いため、設備も充実していると思う。指定国立大学でもあるため援助金ももらっているらしい。
    • 友人・恋愛
      良い
      基本的に学科、研究室のメンバーと一緒に行動しているため、広範な交友関係は作りづらい思う。
    • 学生生活
      良い
      サークルは様々なものがあるため充実していると思う。また研究室ごとでのスポーツ大会や学祭もやや充実していると思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次は一般教養科目、英語や心理学等も多少は行う。3年時からは学生実験も始まり、基本的には専門科目のみの講義となる。
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 志望動機
      実際特には考えていなかった。強いて言うなら東京大学を諦めた時東北大学のうち工学部よりも理学部の方が偏差値が高く、比較的得意であった科目が化学であったため。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:569421
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    理学部化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      しっかり勉強すれば道は開ける。しかし他の学科や学部よりもハードすぎる。他のところでも十分就職できるだろうし時々どうして入ったのか自問する。
    • 講義・授業
      普通
      高度なので理解できる人にとってはありがたいがそれ以外には苦痛だと思う
    • 研究室・ゼミ
      普通
      まだ研究室に配属されていないのでわからない。なんとも言えない。
    • 就職・進学
      普通
      どの研究室に入るかによって違うと聞く。いずれにせよ所属していないのでわからない。
    • アクセス・立地
      悪い
      理系が山の上に固められていて本当に通いにくい。電車代をかけさせるのは悪手。
    • 施設・設備
      普通
      おそらくだが最新の機器があるのだと思うが研究室によるのではないか。
    • 友人・恋愛
      普通
      そこそこの付き合いであり過干渉もない。自分次第で変えられるという意味で3。
    • 学生生活
      普通
      マイノリティなものも数多くあり自由度は高いが活動の度合いはサークルによってまちまちであるため。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      科学全般の知識。有機、無機、物理化学、量子力学、レーザーなど実験的なものから論理学まで幅広い。生物も少しかじる。
    • 学科の男女比
      8 : 2
    • 志望動機
      自分が入れるくらいのレベルで上位、かつブランドもそこそこあるため。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:568098
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    理学部物理学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学生生活全般を振り返ると、入学してもう半年以上経ち学校にはもう慣れたような気がするので充実している点は図書館が近いことや大学が駅から近いこと食堂がたくさんあることwifiが使い放題であること
    • 講義・授業
      良い
      講義・授業の内容については、先生によるが基本的に言っていることを理解することはまだできる。演習があり教育熱心だと思う。たまにある雑談も面白く、非常にためになると思う。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミが始まる時期はまだ分からない。研究室に配属されるのは3年生の後半から4年生になるくらいまでだと思われる。
    • 就職・進学
      普通
      就職実績については、研究室によりけりだと思う。だいたいみんなは大学院に進学をしている。先輩も大学院に進学した。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄り駅は川内駅で大学内にこの駅があるためとても便利である。またその駅がある地下鉄東西線は仙台駅まで10分ぐらいで行けるためとても便利である。
    • 施設・設備
      良い
      キャンパスについてはどの教室も視聴覚設備が充実していて、トイレもキレイである。サークル棟は汚く、あまり良くないと思う。
    • 友人・恋愛
      普通
      学内の友人関係については、同じ学科内で教室がよく同じになる人と仲良くなったり、自主ゼミでよく話す人もいる。また部活の友達もいる。
    • 学生生活
      普通
      部活動については、活発であると考えられる。またオープンキャンパスが非常に活気があってよかった。学祭はこれからある
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は全学教育で専門以外の2外や文系科目化学などをやり、専門で力学や電磁気をやる。2年でも少しだけ文系科目があり、統計学、解析学、熱力学、量子力学がある。3年からはまだよくわからない
    • 就職先・進学先
      大学院に進学
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:409874
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    理学部物理学科の評価
    • 総合評価
      良い
      自然豊かな環境で勉強できる。周囲の人も自分の意見を持っている人が多く、議論が楽しい。サークルの人たちも優しい人が多く、勉学との両立も可能である。学科としては非常にレベルが高い。
    • 講義・授業
      良い
      取り扱う内容はレベルが高く、ついていくのはやや大変だが、質問すれば答えてくれる教授がほとんどであり、友人同士で話し合って解決することも多いので心配する必要はない。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      オープンキャンパスで各研究室がどんな活動をしているのか知ることができる。先輩方が研究室選びについて相談に乗ってくれたりアドバイスをくれたりもする。
    • 就職・進学
      良い
      キャリア支援センターなるものがあり、サポート体制は万全であると言える。また、進学率が非常に高く、9割ほどは修士課程まで行く。
    • アクセス・立地
      良い
      理学部のキャンパスは山の上にあるので住んでいる地域によってはややアクセスが悪いが、地下鉄が通っているので通学はそんなに大変ではない。
    • 施設・設備
      良い
      図書館の設備が特に充実している。ネット環境が整っている上、貸出パソコンなどもあり自習だけでなくレポートや調べ物もできる。
    • 友人・恋愛
      良い
      学内では女子同士がとても仲が良い。サークルでは横のつながりだけでなく縦のつながりも多く、先輩やOBから為になる話が聞けたりする。
    • 学生生活
      良い
      1年生のうちは授業のコマ数が多く、アルバイトや学外の活動は難しいかもしれないが、できないことはない。私の所属するサークルは自由参加なので気軽に続けられる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は主に一般教養である。必修科目は物理・数学が中心的であるが、1セメスターにとる基礎ゼミや、基幹科目では文理にとらわれない授業を選択することができる。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:407759
  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    理学部生物学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学で研究をする、サークル、部活をする、就活をするのにはかなり有利な大学。有名な教授もたくさんいて、学会長などの有力者もいるため他大学などとの研究協力もかなりしやすい。名前が全国的に知られているため、周りを見ても就活にも困っていない。
    • 講義・授業
      良い
      なにより研究の環境が整っている。自転車などで通いたい場合山の上にあるため立地は少し悪いが、地下鉄で通うならほぼ敷地内に駅があるためかなり良い。学外の講師の特別講座などもたまにあり、聞いていて面白い。研究室の数が多く、2,3年生での実習で内容をほぼカバーできる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年の後期から配属される。ミクロな分子細胞生物学からマクロな保全生態学まで幅広い。コアタイムがあるところとないところがあるが、どの研究室も熱心に研究している。4年生に上がる時、自分と合わなければ変えられるシステムがあるため、配属の希望には比較的心の余裕を持てる。
    • 就職・進学
      良い
      製薬系、食品系、化粧品系に強い印象がある。また、コンピュータもよく使うため、生物学にそのまま関係があるわけではなくてもIT系に行く人もいる。
    • アクセス・立地
      悪い
      市街地からは遠く、学生アパート街付近にはスーパーなどが少ない。学校の少し遠くから地下鉄で通うのが良いかもしれない。
    • 施設・設備
      良い
      新しい建物と古い建物がある。講義棟は古めだが、研究室は綺麗で、最新のものが揃っている。やはり研究には最適。
    • 友人・恋愛
      普通
      学生数がかなり多いため、部活動、サークルは数が多く、活発。学科内で遊ぶ人たちもおり、恋愛も多少あるようだ。
    • 学生生活
      良い
      サークルはかなり数が多く、公式のもの、非公式のもの、把握しきれない。スポーツ大会や文化祭があり、文化祭は芸能人を呼んで、かなり盛り上がる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養と少しの専門講義。2,3年で実験実習があり、3年後期から研究室に配属される。ほとんどの人が院に進学する。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 就職先・進学先
      大学院への進学
    • 志望動機
      昔から生物学が好きで、生き物にも興味があった。大学で学ぶなら生物学しかないと思った。どの分野に進むかまでは決めていなかったが、教授がたくさんいるため、選べる幅が広かったため入学してから決めようと思って入学した。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:571463
  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    理学部地圏環境化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      大学で勉強をしたいと思っている学生にはとてもいい大学です。しかし私の通う理学部はキャンパス自体が古くどんよりとした雰囲気があります。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      とてもいい人たちばかりで楽しく研究しています。教授も親身になってくれます。
    • アクセス・立地
      普通
      地下鉄が開通したことにより多少は便利になったようですが、青葉山駅から各キャンパスへは学部によってかなり距離があったりして、大変そうです。理学部は割と近いように思います。私は原付で登下校していますが、冬場は凍結するため歩いて登山しています。
    • 施設・設備
      悪い
      全学教育を学ぶ川内キャンパスは比較的綺麗ですが、理学部キャンパスは全体的に古く、また山の上にあるため冬場は非常に寒いです。非常に。。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークル仲間、学科の仲間どちらにも恵まれ非常に充実した生活を送っています。高校までのように毎日顔を合わせる人は減りましたが、それが返って楽に感じます。
    • 学生生活
      良い
      サークルは沢山あり、入学時はかなり迷ったほどです。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:484036
1071-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 宮城県 仙台市青葉区片平2-1-1
最寄駅 仙台市営地下鉄東西線 青葉通一番町
電話番号 022-717-7800
学部 法学部、 経済学部、 文学部、 教育学部、 農学部、 理学部、 薬学部、 工学部、 医学部、 歯学部
概要 東北大学は、宮城県仙台市に本部を置く国立大学です。1907年に創立された東北帝国大学を前身とし、1947年に現在の大学名東北大学へ変わりました。現在では総合大学として10の学部と3つの専門職大学院を設置しています。「自然科学・工学」の分野ではノーベル化学賞受賞者、「法学政治学」の分野では憲法学者など多数の有能な人物を輩出しています。 仙台市青葉区を中心に5つのキャンパスを使用しています。研究所や大学本部がある片平キャンバスは仙台市中心部にあるため、公開行事や花見などに市民の交流の場としても活躍しています。東北大学出身者や教授で親睦を高める「萩友会」の会員には、「東北楽天ゴールデンイーグルス」の観戦チケットが優待価格で購入できます。

みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  東北大学   >>  理学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
立教大学

立教大学

55.0 - 67.5

★★★★☆ 4.03 (1231件)
東京都豊島区/池袋駅
近畿大学

近畿大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.77 (1427件)
大阪府東大阪市/長瀬駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.12 (746件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
理系のオススメ大学
近畿大学

近畿大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.77 (1427件)
大阪府東大阪市/長瀬駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.12 (746件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
東邦大学

東邦大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.88 (183件)
東京都大田区/梅屋敷駅

東北大学の学部

法学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.21 (65件)
経済学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.13 (65件)
文学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.13 (108件)
教育学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 3.98 (37件)
農学部
偏差値:57.5
★★★★☆ 4.17 (57件)
理学部
偏差値:57.5 - 60.0
★★★★☆ 3.99 (107件)
薬学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.05 (20件)
工学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.17 (212件)
医学部
偏差値:52.5 - 67.5
★★★★☆ 4.16 (89件)
歯学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 3.98 (9件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。