みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  帯広畜産大学   >>  口コミ

帯広畜産大学
出典:Ozizo
帯広畜産大学
(おびひろちくさんだいがく)

国立北海道/帯広駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:47.5 - 60.0

口コミ:★★★★☆

4.12

(64)

帯広畜産大学 口コミ

★★★★☆ 4.12
(64) 国立内23 / 172校中
学部絞込
641-10件を表示
  • 男性在校生
    在校生 / 2020年度入学
    2021年03月投稿
    認証済み
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    畜産学部畜産科学課程の評価
    • 総合評価
      良い
      自分のように生物が好きな人にはまさにぴったりだと思う。他の大学よりも環境、設備が整っているし、なりよりも他校にはない豊かな自然環境が魅力である。
    • 講義・授業
      良い
      北海道の自然豊かな環境の中で自分が幼少期から興味があったことを学ぶことが出来るため。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      英語のレベルはそこまで高くなく、正直物足りないが、それ以外の授業はとても取り組みがいがあるものである。
    • 就職・進学
      良い
      まだ本格的には取り組んでいないためそこまで詳しくは分からないが、過去の実績を見る限り良いと思う。
    • アクセス・立地
      良い
      大学の近くにバス停がある。また、オープンキャンパスに行った時に近くのコンビニからタクシーを読んでもらえたため交通の便は良いと思う。
    • 施設・設備
      良い
      さまざまな施設が多くキャンパス内にありとても充実した環境下にあると思う。
    • 友人・恋愛
      良い
      寮に入っているため友達が入学後すぐから作ることが出来た。いい人間関係を築くことが出来ていると思う。
    • 学生生活
      良い
      行事は多い方だと思う。全ての行事がやりがいのある楽しいものであるように思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      全体的に実習が多いイメージ。動物の世話や動物関係のことが中心。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      小さい頃から母の影響で最初は昆虫、のちのち生物全般というように生き物に対する興味が湧いてきたため、将来は生物関係の仕事がしたいと思っていて、そのための足がかり2最適だと思ったため。
    • 就職先・進学先
      環境・エネルギー
    感染症対策としてやっていること
    講義は他の大学と同じようにほとんどがオンラインとなっており、実際に集まることがそこまでないので感染対策になっていると思う。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:726570
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2021年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    畜産学部家畜生産科学ユニットの評価
    • 総合評価
      良い
      動物が好きな人が集う動物を学ぶ場所
      僕にとって素晴らしいところです
      早起きが苦手な人は朝四時起きもざらにあるのでがんばりましょう
    • 講義・授業
      良い
      かなり充実していると思います
      北海道大学とも連携しているので質の高い教育が受けられます
    • 研究室・ゼミ
      普通
      先生によってあたりはずれがあるが
      大体の先生は知識が豊富でまとも
    • 就職・進学
      良い
      就職率は95%越えとききました
      大体農業関連が多いですが教師、公務員になる人もいます
    • アクセス・立地
      悪い
      田舎なので周りに何も無いです
      これはどうしようもないと思います
    • 施設・設備
      良い
      色んな動物がいる
      農場もかなり広く、飼っていなくても動物がそこらじゅうにいます
    • 友人・恋愛
      良い
      男女の比率もちょうど良い
      周りに遊ぶ場所がないので
      大体宿舎などで一人一人誕生日を祝ったりする
    • 学生生活
      良い
      数は少ないですがひとつひとつが個性豊かで素敵なサークルが多いです
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      畜産、主に牛、羊です
      どのように育てれば健康を保てるか
      命の大切さを学ぶことができます
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      元々実家が牛を飼っているので
      自分が継ぎたいと思っていました
      ほかの国立大の農学部畜産系より
      もっと畜産に特化していていいかなーと
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:728239
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 0| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    畜産学部食品科学ユニットの評価
    • 総合評価
      普通
      大変いいと思いますが、設備の点では普通なのでこのくらいの評価です。
      人によっては大丈夫な人もいるのかもしれないね

    • 講義・授業
      良い
      授業内容がとても良い!
      特に牛の父絞りをする方法が分かりやすくて大変よろしいです。
    • 就職・進学
      良い
      サポーターがいるのでとても過ごしやすいです。
      自分が学びたいことができます。
    • アクセス・立地
      普通
      駅からはあまり近くないです。
      しかし、歩きで投稿できる範囲なので大丈夫。
    • 施設・設備
      悪い
      設備はあまりないです。
      特に鶏関係はあまり期待しない方がよろしいかも。
    • 友人・恋愛
      良い
      いじめは基本的にありません。
      皆仲良く協調性が高いとおもいます。
    • 学生生活
      普通
      特に最終日は圧巻です。
      皆で踊るフラダンスなどの文化祭が楽しいです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      牛の乳絞りや野菜の作り方などを学びます。
      肥料の作り方や野菜の見分け方などまなびます
    • 学科の男女比
      10 : 0
    • 志望動機
      ダーツで決めました。
      しかし、結果的にここで満足しています多分。
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:711429
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年度入学
    2021年04月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    畜産学部農業経済学ユニットの評価
    • 総合評価
      良い
      幅広いジャンルについて学ぶことができ、国際交流もあるので、様々なことが学べる、JICAもあり、そういう環境がそろっている
    • 講義・授業
      良い
      自然豊かなキャンパスに囲まれて、学べた
      授業内容も幅広くて様々なことが学べる
    • 研究室・ゼミ
      良い
      海外実習や、国際交流などが出来る、ゼミは毎週開かれ、教授との距離も近い
    • 就職・進学
      良い
      就活のイベントが定期的に開かれているので、相談しやすいし、就職支援係の人たちも親身になって答えてくれる
    • アクセス・立地
      普通
      大学から近いところに家が多くあるのでよい、駅からはだいぶ遠いので、駅との往復には不便
    • 施設・設備
      良い
      図書館が最近新しくなりましたので、とても快適に勉強できますよ
    • 友人・恋愛
      良い
      気軽に触れ合える感じで、国際交流も出来ていいかんじですよ、オススメです
    • 学生生活
      普通
      ダチョウサークルや養蜂サークルなどがあり、畜大ならではのサークルがある
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      私の場合は、農業経済を学び、食品の流通や国際援助について学んだ
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      環境・エネルギー
      環境系の企業に就職しました、畜大で学んだことを活かして頑張ります
    • 志望動機
      自然豊かな場所で学びたく、国際貢献についても学びたかったから
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:732679
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年度入学
    2021年01月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 0| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    畜産学部獣医学ユニットの評価
    • 総合評価
      良い
      獣医学、特に産業動物、を学ぶ上では申し分のない環境であると思われます。勉強熱心な学生や強い意志・夢を持つ学生に合うと感じます。
    • 講義・授業
      良い
      単に獣医と言っても学ぶ内容は様々です。ユニークな教授陣による講義は興味深い話がたくさんです。また、日本の中でも畜産が盛んな環境に位置しているため実習の内容は他大学に比べても濃いと感じます。
    • 就職・進学
      良い
      日本各地から生徒が集まっていますが、本大学で学び、刺激を受けた多くの学生が北海道に残り獣医師として活躍しています。学務だけでなく教授とも進路について相談がしやすいと思います。
    • アクセス・立地
      普通
      車がないと少し不便なところはありますが、学生生活を送る上で絶対に必要ではありません。駅からはかなり離れています。
    • 施設・設備
      良い
      新しい施設が多く綺麗な印象を受けます。24時間空いている場所が少ないのでその点が少し不満です。臨床棟や標本室などの施設で勉強が可能です。
    • 友人・恋愛
      良い
      少人数であるため仲良くなり、獣医以外の生徒とも仲良くなる機会が多いです。一方でコミュニティが狭いと嘆いている人も見受けられます。
    • 学生生活
      良い
      ユニークな畜産大国ならではの部活が存在し、興味が尽きません。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年生では一般教養を学び、あまり獣医学とは関係ないです。2年生以降では必修科目が恐ろしいほど多く開講しており、一つも落としてはいけない状況に追いやられます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      高校生の頃に生物学分野に興味を持ち始めた。昔からの憧れもある。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:712498
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年度入学
    2020年11月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    畜産学部家畜生産科学ユニットの評価
    • 総合評価
      普通
      畜産関係においては様々な分野で活躍する教授もおられ、比較的良質だと思います。畜産関係ということもあり、自分の手で生物に触れる機会が非常に多い(1年生の時点で全員で豚の世話、植物の世話、牛の搾乳などを行いますし、3年の私は研究室の動物の世話を毎週やっています)こと、これは他の大学には無い特徴です。一般的な大学とは異なるであろう充実した生活ができることは確実だと思います。 ただ・・・この大学は偏差値は盛岡大学、国士舘大、東海大、亜細亜大と同等のはず(55前後)なんですが、その割に北海道以外での知名度が非常に低いというのが最大のネックだと思います。
    • 講義・授業
      良い
      講義の種類が充実しているのは確かなのですが、教授によって当たり外れが大きいという印象は持つかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      3年前期からゼミが始まります。人気の高い研究室はGPAの高い順番に割り振られるので注意。
    • 就職・進学
      良い
      やはり農業関係、ホクレン等への就職が多いようです。しかし公務員や旧帝大の大学院へ進学する場合もままあるようですので、学内で相談してみるとよいでしょう。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅が帯広駅なのですが、車で20分程度かかります。真面目に遠いです。一応バス等はありますがあまり本数もない為、自動車免許を持っていない人にとっては少し苦労するかもしれません。周囲は安価なアパート・寮、スーパー等もありますので生活には困らないとは思いますが…
    • 施設・設備
      普通
      施設や設備は比較的良好です。特に図書館は(確か去年?)に建て替えられ、非常に綺麗になっています。
    • 友人・恋愛
      良い
      良くも悪くもコミュニティが非常に狭いため、一度何かあると学生間ですぐに評判が広まります。基本的にはどこも和気あいあいとしているようなので、人間関係においては心配はいらないと思います。
    • 学生生活
      普通
      サークルは30個ほどあったと思います。種類もサッカー部などの定番のものから畜産大学らしく競馬同好会、チーズ研究、はちみつ研究等の変わり種もあります。寮祭・学祭の2つのイベントがありますが、どちらかというと学祭より寮祭のほうが豪華で派手な印象。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1~3年のいずれの学期において、実習がどこかしらにあるはずです。個人的に恐らく一番内容が濃いのは1年前期だと思います。3年前期は特に実習が忙しいのです。特に自由な時間が多いのはおそらく2年前期だと思います。私は夏季にたくさんバイトを入れました。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      決まっていません
    • 志望動機
      私は動物の中で馬が最も好きでした。その為この大学に入りました。
    感染症対策としてやっていること
    2020年の間はすべての講義がリモートで行われています(一部の実習と、1年生だけは対面でも許可) やむを得ず大学構内で講義を受ける場合は消毒もきちんと行われています。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:702637
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年度入学
    2020年01月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    畜産学部農業環境工学ユニットの評価
    • 総合評価
      良い
      自分が思っていたよりも深い部分まで学べるので本当にオススメします。友人関係もかなり良好なので過ごしやすいと思います
    • 講義・授業
      良い
      とてもわかりやすい講義のため、積極的に学びたいと思う姿勢がでてきます
    • 就職・進学
      良い
      様々な資料が用意されており先を見据えて就活することができます
    • アクセス・立地
      普通
      農業地帯に囲まれているため自然を味わいながら講義を受けることができます
    • 施設・設備
      良い
      学びたい科目に沿って専用の部屋などもあるので農業の専門的な知識が身につくと思う
    • 友人・恋愛
      普通
      道外からきている人も多く、地元だけでなく様々な場所のひとと仲良くなることができました
    • 学生生活
      良い
      学祭では他の学科のひととも関わることができるのでとても楽しいです
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      学科のことだけでなく基本的な知識も学べます。そして専門的なことはより深く勉強できます
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      自然環境について学び4年で知識を身につけたいと思ったからです
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中6人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:616310
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年度入学
    2019年11月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    畜産学部食品科学ユニットの評価
    • 総合評価
      普通
      資格も2つとれるし実習が他のユニットより多く就職もそこそこ強いようなのでおすすめです
      食品は誰しも生きている限り関わりのあるものなので、どんな道に進もうが役に立つであろう知識が得られる
      でも3年次実習が週3もあるのに2年次は1つもないのでバランス悪いなとは思います
    • 講義・授業
      普通
      1年と2年前期の必修の英語がとてつもなくめんどくさいし、その割にあまり効果を感じられない人がほとんどだと思う
      1.2年はとても暇、人生の夏休みを謳歌できる一方個人的にはもっとゴリゴリ授業を受けたかった。
      3年次以降は忙しくなるので期待を込めて3にしました
    • 研究室・ゼミ
      普通
      小さな大学なので総合大学なんかと比べたらやはり少ないだろうと思います
    • 就職・進学
      普通
      よくわからないのですが、環境工学ユニットと食品科学ユニットは就職に強いとは聞きます
    • アクセス・立地
      良い
      ほとんどの人が大学から1km圏内に住んでおり、家が1km離れていると大学に車登校することが許されます。(学生の7割くらいは車を持っていると思います)
    • 施設・設備
      良い
      個人的にはあまり不満はないです。が、古いなと感じるものもあります
    • 友人・恋愛
      良い
      みんな家が近いので簡単に集まって宅飲みやご飯会することができます
    • 学生生活
      良い
      スポーツサークルがないのは意外でしたが、変わったサークルが多くて面白いです、2つくらい入ればそれなりに充実できると思います
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      食品の衛生、製法、構成、などについて分子レベルで勉強できます
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      まだ未定ですが、今は食品関連の企業に就職することを考えています
    • 志望動機
      この大学に来て家畜と触れ合って、家畜や生物がそれほど好きではないと分かり、また食品や健康について興味があったので食品科学ユニットを選びました
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:575867
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年度入学
    2019年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    畜産学部農業経済学ユニットの評価
    • 総合評価
      普通
      基本的に農家の人が多いので、みんな自分の家をつぐことが多いと思います。しかし、経済学も兼ねているため全く別の道を考えてる人もいます
    • 講義・授業
      普通
      わからないことも分かりやすく何回も説明していただけるのでとても良いです
    • 就職・進学
      良い
      農業関係、畜産関係ともに就職にはとてもおすすめで必ず将来のスキルアップに繋がります
    • アクセス・立地
      悪い
      バスは通っていますが、きほんてきにはみんな自転車などで通学しています
    • 施設・設備
      普通
      校内、郊外、ともに広く北海道らしいのびのびとした施設だと思います
    • 友人・恋愛
      普通
      それはひとそれぞれでしょうが、仲良くみんなやっている方だと思います
    • 学生生活
      普通
      学祭や、サークルはみな盛り上がって、大学生らしい楽しさだと思います
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      座学など、基本的なことから始まり、四年生にもなると、郊外が多いです
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 志望動機
      農家として生まれ、よりスキルアップをしたいから入学しました、
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:594913
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年度入学
    2019年07月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    畜産学部食品科学ユニットの評価
    • 総合評価
      良い
      専門的に農業を学ぶ人にはとても特化した大学だと思う。農業の視点からやりたいことが見つかればとても学ぶことが多い。
    • 講義・授業
      良い
      専門的に学べる。畜産大学なので、畜産の視点から食について考えることが出来る。
    • 就職・進学
      良い
      就職に関する情報がちゃんとしている。 公務員や食品企業に就職する人が多い。
    • アクセス・立地
      良い
      学校から10分以内に住んでいる人が多い。 近くにスーパーもある。
    • 施設・設備
      普通
      最近図書館が新しくなり、校舎も綺麗。 生徒が主に使う合宿棟は老朽化が深刻。
    • 友人・恋愛
      良い
      学校の人数が少ないためサークル、部活の数は少ないが何らかのサークル、部活に所属している人は多い。
    • 学生生活
      良い
      学校祭はとても規模が小さい。サークルは寮祭で発表することが多い。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は実習を通して家畜を育て、命をいただくことを学ぶ。2年生はとにかく単位をとる。3年生からゼミに配属される。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      食の自給率が1000%を超えるこの地で農業に触れながら食について学んでみたいと感じたから。
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中5人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:565041
641-10件を表示
学部絞込

基本情報

所在地/
アクセス
電話番号 0155-49-5216
学部 畜産学部
概要 帯広畜産大学は、北海道帯広市稲田町に本部を置く国立大学です。通称は「帯畜」、「畜大」。1941年に創立された帯広高等獣医学校を前身として、2004年に設置されました。唯一の学部である畜産学部では、共同獣医学課程と畜産科学課程が設置され、国際的にも通用する獣医学教育や農畜産の専門職業人育成を目指しています。 帯広市のキャンパスには研究棟や実験施設のほか、ラグビー場やアイスホッケー場などのスポーツ施設や学生寄宿舎も併設されています。グローバル人材の育成を目指した海外派遣プログラムを各種用意しています。独立行政法人国際協力機構(JICA)との連携で行われる国際協力への参加や、海外の協定締結大学への留学制度など、さまざまな方法で国際交流ができます。

この学校の条件に近い大学

この大学のコンテンツ一覧

帯広畜産大学学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  帯広畜産大学   >>  口コミ

この大学におすすめの併願校

麻布大学

麻布大学

35.0 - 57.5

★★★★☆ 3.82 (178件)
神奈川県相模原市中央区/JR横浜線 矢部
青山学院大学

青山学院大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.98 (1502件)
東京都渋谷区/東京メトロ半蔵門線 表参道
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.07 (3461件)
東京都新宿区/東京メトロ東西線 早稲田
酪農学園大学

酪農学園大学

BF - 50.0

★★★★☆ 3.74 (197件)
北海道江別市/JR函館本線(小樽~旭川) 大麻

この学校の条件に近い大学

北海道大学

北海道大学

50.0 - 65.0

★★★★☆ 4.10 (1119件)
北海道札幌市北区/札幌駅
札幌医科大学

札幌医科大学

62.5

★★★★☆ 4.06 (118件)
北海道札幌市中央区/西18丁目駅
旭川医科大学

旭川医科大学

65.0

★★★★☆ 3.89 (66件)
北海道旭川市/西御料駅
小樽商科大学

小樽商科大学

50.0

★★★★☆ 3.79 (227件)
北海道小樽市/小樽駅
北見工業大学

北見工業大学

42.5

★★★★☆ 3.63 (92件)
北海道北見市/柏陽駅

帯広畜産大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。