みんなの大学情報TOP   >>  埼玉県の大学   >>  埼玉大学   >>  口コミ

埼玉大学
出典:Hasec
埼玉大学
(さいたまだいがく)

埼玉県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0 - 57.5

口コミ:★★★★☆

3.77

(380)

埼玉大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.77
(380) 国立内67 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.69
  • 研究室・ゼミ
    3.77
  • 就職・進学
    3.51
  • アクセス・立地
    2.51
  • 施設・設備
    3.22
  • 友人・恋愛
    3.63
  • 学生生活
    3.69
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

380件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      私の所属していた学科は家庭科の教員になるための学科で、学生も教員も女性が多く和気あいあいとした雰囲気でアットホームな感じでした。学生生活は過ごしやすい方だと思います。
    • 講義・授業
      授業は実技と座学があり、それによって教室が変わりますが、大体の授業は同じフロアにある教室で行われます。移動も少ないので楽だし、教員も女性が多いので丁寧に温かい雰囲気で行われていて受けやすいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      私の所属していた研究室の教授はある分野でとても専門的な研究をしている教授でしたが、自分でやりたい研究があれば、教授の専門外でも応援してくれて、手助けしてくれました。同じ研究室の学生は仲が良く、過ごしやすかったです。
    • 就職・進学
      学生支援課でエントリーシートの添削をしてくれたり、模擬面接をしてくれたり、セミナーを開催していたりしたので、積極的に行動する人であれば、とても役に立つと思います。
    • アクセス・立地
      最寄駅からバスで15分ほどかかります。また、大学までの道は渋滞しやすいため、余裕をもって通学する必要があると思います。周辺環境は、遊べるところやお店は少ないですが、落ち着いていて過ごしやすいと思います。
    • 施設・設備
      実習や実技に使用する施設は充実しているが、図書館などの情報収集をする施設は物足りない印象だったからです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内は男女比がほぼ同じくらいで、キャンパスが1つしかないため、異なる学部・学科同士の交流が多いと思うからです。
    • 学生生活
      私が所属していた硬式野球部は週5日の練習があるため、イベントではないですが、活動は多かったと思います。また、イベントの時は飲み会がほとんどで、体育会系な感じです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      家庭科の教員になるための知識や技術の習得を主に行います。具体的には、座学と実技実習の2種類があります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      私立幼稚園
    投稿者ID:426350
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    工学部 環境共生学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      私が入学した頃は、環境共生学科という名前でしたが、今は統合されてしまいましたね。名前が変わっても変わらないこととして、他学科の人に「何する学科?」と聞かれる事が多いでしょう。正直学科2年生までは基礎的なことばかり学ぶので、自分達でもわからないです。ただし、3年生からは専門的なことについて学んでいくので授業が楽しくなってきます。
      また、学ぶ範囲がとにかく広いので、物化生すら決まらず何となく理系に進学したい人には向いています。
    • 講義・授業
      私の学科は「環境」に関わることならなんでも勉強します。大気や河川の汚染状況を始め、照明の明るさや道路の緑化に関わる住環境も学びます。どれもその道のプロが教えてくれるので、広い専門分野を詳しく学べるので良いです。
    • 研究室・ゼミ
      私の研究室は3年後期の仮配属から研究内容を決めて、早い段階で研究を始めます。そのため4年で就活を始める段階である程度研究が進んでいる状況にあるため、就活の面接でも研究内容について話すことができます。
    • 就職・進学
      進学実績は大学に入って先輩や仲の良い先生から聞くしかないでしょう。実績事態は悪くないですが、知るための労力が多いです。
    • アクセス・立地
      大学から最寄り駅まで自転車で10分強かかります。途中にはそこそこな傾斜の坂があり、日中は影になってるので雪が降ったらおしまいです。バスで通学も出来ますが、授業ギリギリのバスは満員なので早めに行く必要があります。
    • 施設・設備
      図書館が最近新しくなりました。中に入るには学生証が必要なので、学生専用の環境が整っています。その他にも、ここ数年多くの設備が新しくなっているので、古い校舎で勉強することもないでしょう。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私の学科は人数が少なかったので、高校のクラスと変わらない感じで、必修はみんな一緒に受けていました。学年間の交流もあるので、先輩後輩の交流も盛んです。
    • 学生生活
      サークルには所属していなかったので、ここでは詳しく話せませんが、学祭には行っていたので書こうと思います。関東圏では珍しく、屋外でお酒が売っていて飲める学祭です。たくさんのケバブ店があり、留学生の出す露天が好評です。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次はかなり基礎的な内容から理数科目を勉強していきます。内容は物化生に渡った広い範囲ですが、高校で3科目全て勉強してきた方は少ないでしょう。そのための「基礎」から始まる勉強なので、たとえ退屈でもちゃんと聞けば大丈夫です。これと平行して、基本的な「環境」に関する勉強が始まります。
      3年次からはいよいよ環境についての詳しい学習が始まります。教授陣の専門分野なのでややマニアックですが、へぇと思うような面白い知識を得られる貴重な機会です。ニュースやドキュメンタリーを見たときの感じ方がガラリと変わるでしょう。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学院進学
    投稿者ID:431186
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    経済学部 経済学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      大学の同期は国家公務員が多く、他の友達も一流企業に就職できている。国立大ということもあり大手企業や公務員の採用もある。自分の努力次第でどうにでもなる。
    • 講義・授業
      簡単な講義から難易度の高い講義までいろいろ揃っている。ゼミでも学生の自主性を尊重したグループワークがあった。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミ生同士仲が良く、卒業後も集まっている。卒論に関しても先生がしっかりサポートしてくださり、問題なく卒業できた。
    • 就職・進学
      就職実績は悪くないと思う。公務員や大手企業が多いが、コネクションがあるからというわけではなく、各自の努力が必要
    • アクセス・立地
      最寄りの南与野駅は快速がとまらず、駅からもバスが必須でとても歩ける距離ではない。学生はみんな自転車を使っている。
    • 施設・設備
      建て替えが進んでおり、いろんな講義棟が新しくなっているが、やはり私立大学と比べてしまうと劣る部分が多い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      様々な学部が1つのキャンパスにあるため、色んな友達と出会うことができる。また、近くに他大学がないためインカレサークルはあまりない。
    • 学生生活
      文化祭では各サークルごとに屋台等を出店し、盛り上がる。文化祭でお酒が飲めるのは近年珍しく楽しい。。。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      経済学部といっても経済と経営と法学と政治と幅が広いので自分でやりたいことを勉強できる。すべては自主性に委ねられる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      団体職員の総合職
    投稿者ID:429425
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      一学科あたりの学生が少ないため、卒業論文の作成などにも先生が手厚く指導してくれる。1つのゼミに対し、学生が6?8人になるようになっていた。
      教職員を目指す人の割合は8割程度で、ほぼ卒業後は教員になる人が多い。そのため、一般企業に就職したい人は自分でしっかりと情報収集をしたり、スケジュール管理をしないと必修授業や教育実習と被ってしまう可能性がある。
    • 講義・授業
      歌や手遊びなど、実践的な授業が多い。4年間で実習に毎年行くこともあり、現場に出た時の即戦力はもちろん、管理者候補になるための素質を養う機会を求められることもある。
    • 研究室・ゼミ
      教員1人に対し、学生が6?8人の少人数指導になっている。卒業論文の指導も手厚く、進路相談や実習時のトラブルなども精力的に取り組んでくれる印象がある。
    • 就職・進学
      ほぼ100パーセントが就職もしくは進学する。学科の8割が教員、残りは一般企業への就職、もしくは大学院への進学である。
    • アクセス・立地
      駅からバスが出ているが、いつも満員で道も混むため、朝は時間通りに着かないことの方が多い。自転車通学も多いが、坂道が多いため時間に余裕を持って行動しないと遅刻する可能性が高い。
    • 施設・設備
      キャンパスは緑豊かで可もなく不可もない。図書館が綺麗に改修され、勉強は捗る環境にある。
      ローソンが学内にあり、有効活用されている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人数が少ないため、友人関係は皆が顔見知りになる。同大学のサークルや部活動を通じて付き合う人もいるが、インカレで他大学の人と付き合う人もいる。
      教員になるかならないかで悩む人は多いため、そういった悩みを共有できる友人が多いのは貴重。
    • 学生生活
      サークルや部活動など、自分の希望するところに入れないということはない。むしろ勧誘がしつこい。
      アルバイトをしている人が多く、大学の周りでは求人が常にされている。先輩の紹介も多い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養科目を履修。
      2年次からは実習が始まり、必修科目を落としてしまうと実習にいけないという事態が起きる。
      3年次は大体1ヶ月程度の教育実習を経験し、ここで教員になろうかならないか悩みが出てくる。
      4年次は卒業論文の作成と教員採用試験の並行。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      銀行員
    投稿者ID:430964
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      教員養成系の教育学部として歴史のある学科なので、知名度も教員養成のノウハウもある上、周りの生徒も教員を目指す人が多いため、教員を目指す人にとってはとてもよい環境であると思います。もちろん、就職をする人もいますし、他学部は普通に就職をする人が多いので、大学として教員養成以外が弱いという事もありません。
    • 講義・授業
      教員養成系の教育学部であるため、将来教員として世に出るために必要な知識を満遍なく学ぶことができます。特に現場経験のある教授の体験談は、とても興味深く面白いものが多いです。教員の苦労についての話もよく聞きましたが、それ以上に魅力をたくさん知ることができました。
    • 研究室・ゼミ
      申し訳ないのですが、現在1年生でゼミにも研究室にも属していないため、詳しくお答えすることができません。学科の中でも特に専修によりけりなのですが、多くの専修では2年次以降にゼミや研究室が決定するそうです。
    • 就職・進学
      歴史のある教員養成系の教育学部ですので、教員になるためのノウハウは多く持っていると感じます。教員採用試験への対策セミナーなども開催してくれています。もちろん就職する生徒も多くいますので、就職へのサポートもしっかりしていると思います。
    • アクセス・立地
      キャンパスがどこの最寄駅からも遠いため、基本的に駅からバスか自転車での通学になります。雨の日はバスが混んで大学にたどり着くのにも一苦労になります。また、雪の日などはバスが遅れるため極寒の中長い列に並ぶこともありました。都内の大学と比べると周辺にはなにもないと言えるレベルの栄え方です。
    • 施設・設備
      教育学部なので、学校で教える全ての教科に必要な設備は整っていると感じます。しかし特筆するものがあるわけではありません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      教育学部ということもありグループワークでの授業も多く、人と知り合う、協力する機会は多いと思います。また各専修ごとやクラスごとに分かれて講義を受けることが多いので、自然と顔見知りが増えていくと思います。そこから充実するかは個人次第ではあります。
    • 学生生活
      私の所属しているお笑いサークルでは月に一回ライブをしたり、合宿に行ったりして、すごく活発に活動をしているわけではないですがゆるく真面目な活動が私は気に入っています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      学校教育教員養成課程小学校コースでは、1年次の前期は文系理系の区別しかありません。そのため学籍番号順にクラス分けがされ、そのクラスを元に分かれて講義を受けることが多いです。1年次前期では小学校で教える各教科の概説について学ぶことがほとんどになります。
    投稿者ID:430699
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    教養学部 教養学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    • 総合評価
      卒業論文の周りの学生の取り組みかたを見ても、教養学部で1番優秀な学生が集まるGG専修でさえお粗末なレベルである。他の大学もそうであろうが、学業よりも就活が最優先の大学。就活を有利にすることが大学進学の目的なのであれば、一浪してでももっと一流大学に入ったほうがよいかもしれない。
    • 講義・授業
      私が入ったゼミは先生方も指導熱心で、大変勉強になったので4点の評価をつけた。特に教養学部は二年目以降に勉強できる学科を選べる幅が他の大学の他の学科よりも広い。ここは魅力的な点であると思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは充実していた。卒業するためにもゼミの単位は取らないといけないが、いろんなゼミに参加してみたらよいと思う。
    • 就職・進学
      私は就活に全く興味はなかったので、この点に関しての大学側の取り組みはよく熟知していない。たまにセミナーは開いていたと思うが。
    • アクセス・立地
      南与野駅からバスが出ている。5分ほどで到着する。徒歩でも15分くらいなので、交通アクセスは悪くないと思う。
    • 施設・設備
      他の大学とそんなに変わらないのではと思う。図書館の入り口付近にすべての新聞が閲覧できるコーナーがあり、よく生徒が利用していた。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      普通に出来るのではないかと思う。ぼっち研究会なるものも存在しており、人によって差が出る分野だと思う。
    • 学生生活
      文化祭もそんなに賑わっていなかったような印象がある。ミスコンなどもたいしたレベルではなく、全く面白味にかける。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      2年次から専門科目が増える。また2年次に5つある専修から、ひとつを選ぶ。1年次のときに、自分が希望する専修の講義に参加してみる。みんなそのようにして決めている。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      小売業の販売職
    投稿者ID:430605
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      2015年入学生から編成が大きく変わったことで変化はあると思うが、教員になりたい人にはいいと思う。特にさいたま市、埼玉県の対策については優先的にしてくれる。ただその他への支援は微妙。教育実習等の費用はすべて自腹で、場所も遠いところに当てられることがあるところが嫌だ
    • 講義・授業
      先生によって癖や思考の偏りかあるが、授業自体は面白いと思う。実際の現場で使えるかどうかは分からないが、知識にはなる
    • 研究室・ゼミ
      教授によるが、充実した研究ができると思う。ゼミの選択方式は統一されていないため、学科によって考慮した方がいいと思う
    • 就職・進学
      埼玉県、さいたま市への教員採用試験については手厚いが、その他の支援は浅いと思う。教員養成ということもあるが、民間や公務員試験については各自で行動しないと情報は得られない
    • アクセス・立地
      立地はかなり悪い。駅から遠く、バスもかなり混む。大雨が降ると湖のようになるので、長靴で行くべき。入試など行事の際はバスも遅れ乗れないため徒歩を勧める。
    • 施設・設備
      場所による。あたらしくなったところと老朽化が進んでいるところの差が激しい。どの学科がどの棟にあるかで変わる
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークル選びは慎重に。学科内で恋愛するときは出来るだけいざこざを避けるように注意すべきだろう。学科外でも友人を作れると後々協力しあえるところもあるだろう
    • 学生生活
      フリーペーパーの編集とミスコン運営のサークルに1年いた。企業などの協力を得ながら行うために社会との関わりが持て、パソコンでの作業においても写真の撮り方においても学びがあった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は一般知識、2年生から徐々に専門知識を学習する。教育に関する知識全般を学習でき、自ら考えることができる。3年から各学科やゼミにより専門分野に分かれてそこで研究を行う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      教育公務員
    投稿者ID:429227
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      教育学部はカリキュラムも充実しているので、教員を目指す人にとっては良い環境だとおもいます。ただ教員を目指さない人にとっては、実習も多いので厳しいかもしれません。
    • 講義・授業
      教育学部は教員養成の授業が充実していると思います。
      他学部の講義も受けることができるので幅広い講義が受けられます。
    • 研究室・ゼミ
      学科によって異なりますが、基本的にいろんなゼミがあり少人数で自分の受けたい専門的なことを学ぶことができると思います、
    • 就職・進学
      国立大学ということもあり、就活に向けてのサポートはそんなにありません。教育学部は教採に向けてのサポートはある程度充実していると思います。
    • アクセス・立地
      最寄駅からバスで、徒歩でも20分以上かかるのでアクセスは悪いです。最寄駅の南与野駅には駅前になにもありません。
    • 施設・設備
      実験室などは多くあり充実しています。
      ただ、サークルで使うサークル会館という建物が非常に古く汚いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      教育学部は科目ごとに別れ、それぞれの専修での人数も少ないので比較的学科内で仲良くなれます。学科内恋愛も多くあります。
    • 学生生活
      サークルはたくさんあるので自分に合ったものを選べると思います。学内のボランティア活動などをしている人も多くいます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次は必修科目がたくさんあります。
      教員養成の授業や、それぞれの専修での必修が多くあります。また、一般教養の授業も取ることが必須ですが、それは他の学科に比べては少ないです。
    投稿者ID:429637
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    経済学部 経済学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      最寄駅からは近くないので通学や遊びに行くのに不便である。
      大学内に食堂は2つあるが学生数が多いので昼食時はかなり混雑し、食べる時間をはやくするか遅くするかしなければなかなか席に座れない。
    • 講義・授業
      講義・授業については、難しい物から簡単なものまでさまざまある。
      しっかり勉強すれば単位を取るのは難しくない。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは2年から始り、ゼミ選考は1年の終わりからスタートする。
      ゼミ見学期間があるのでその期間に見学した方がよい。
    • 就職・進学
      私は経済学部に所属しているが、私の学部では大学院進学する人は多くなく、就職先は民間企業よりも公務員が多い。
    • アクセス・立地
      最寄駅から大学まではそこそこの距離がある。
      大学の周りには遊ぶ場所は少ないがスーパーやコンビニなど生活に便利な場所は多くある。
    • 施設・設備
      図書館には新聞コーナーがあり、種類も多い。
      図書館には、個別に仕切られた勉強する場所があり、試験前はそこで集中して勉強することができる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      クラスがある授業が英語くらいしかないので、いつも同じ時間に行動する人は多くないが、友だちは問題なくできる。
    • 学生生活
      サークルには所属していないのでわからない。
      アルバイトについては、コンビニや飲食店でアルバイトをしている人が多いと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次には広く浅く触れる感じで色々な分野の必修がある。
      2年次以降は1年時の終わりに選択したコースに応じた必修を受ける、コース以外の授業も受けることができる。
    投稿者ID:429477
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    工学部 機能材料工学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学校生活は勉強もその他も楽しく最高である。
      充実しているのは授業である。素晴らしい先生による分かりやすい指導はとてもありがたい。
      材料を学びたい人にとってはもちろん、進路に悩む人にとってもよい。
    • 講義・授業
      講義や授業の先生は優しく丁寧に教えてくださり、質問にもしっかり解答してくださるのでありがたい。
      講義の雰囲気は大学のなかでもトップレベルによいと思われる。
      課題は適量だがこなすことで範囲がしっかり復習できる内容になっている。
      当たり前だが単位は毎日コツコツ勉強していれば落とすことはないだろう。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3ー4年生頃になるので始まる。
      選び方は希望聖だが基本的には学力が上の者から選べるのである。
      卒論は期限を守らなければならないのは勿論である。
    • 就職・進学
      就職実績は大手企業や公務員中心だが中小企業にも就けることができる。
      サポートはしっかりしている。
      進学は大学院に8割の生徒がしている。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は南与野駅だが多くが利用しているのは北浦和駅である。
      駅から大学まではバス又は自転車が多いのである。
    • 施設・設備
      キャンパスは広くかつきれいで自然溢れるなかでも都会的な1面も見ることができる。
      教室も研究施設も整っており図書館にかんしては資料が豊富で大変ありがたい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係はサークルに入らないとやはり厳しいものとなっている。
      学内の恋愛関係に関しては付き合ってはいないが1年で童貞を卒業し、二桁の経験を持つようになれたので幸せ者である。
    • 学生生活
      サークルは豊富で迷ってしまうほどであるので体験にたくさんいくとよい。
      アルバイトは独り暮らしの人がしている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年は基礎科目。
      2年はその応用を学ぶ。
      3年は実践が入り実験も多くなる。
      4年は本格的にやりたい研究ができる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      1年なので決まっていない。
    投稿者ID:428690
    この口コミは参考になりましたか?
380件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

埼玉県で評判が良い大学

埼玉県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  埼玉県の大学   >>  埼玉大学   >>  口コミ

一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

埼玉県の国立文系偏差値一覧

埼玉大学の学部

経済学部
偏差値:55.0
★★★★☆ 3.60 (78件)
理学部
偏差値:52.5 - 55.0
★★★★☆ 3.90 (59件)
工学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.63 (59件)
教育学部
偏差値:50.0 - 57.5
★★★★☆ 3.92 (132件)
教養学部
偏差値:57.5
★★★★☆ 3.67 (52件)

オススメの大学

東京学芸大学
東京学芸大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (323件)
東京都/国立
岩手大学
岩手大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.82 (269件)
岩手県/国立
電気通信大学
電気通信大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.88 (88件)
東京都/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。