みんなの大学情報TOP   >>  愛知県の大学   >>  愛知大学   >>  口コミ

愛知大学
出典:Umako
愛知大学
(あいちだいがく)

愛知県 / 私立

マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 55.0

口コミ:

3.83

(419)

愛知大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.83
(419) 私立内180 / 566校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

419件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    法学部 法学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      様々な授業があり、自分で選択できるところが充実している点だと思う。しかし、模擬裁判をするにあたって机を移動したり専用の部屋が無かったりとまだ整備が整っていない様な感じがする。
    • 講義・授業
      講義の数としては充実していると思う。指導内容は授業の出席点(平常点)の評価があまり無く、全てはテストでどれだけ取れるかということにかかっているのでもう少し平常点に対しても加点の対象にして欲しいと思っていた。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの説明会・雰囲気を見るためのゼミ見学会などがあり自分で選択できるので自分で納得した教授のゼミに入りやすいと思う。
    • 就職・進学
      何度も全体でサポート用の講義などがあったり大学が主催の合同説明会があったりと全体的ににもサポートは充実していると思う。
    • アクセス・立地
      名古屋駅から乗り換えなしで歩いていける点においてはアクセスは良いと思う。しかし、歩いていくと20分程かかってしまい、人も多いので朝から大学に着くまでに疲れてしまう時もある
    • 施設・設備
      法学部の学生で成り立っているサークルがあって試験前に外部の先生を呼んだ講義を実施してくれるのでとても勉強になった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      法学部の専門教科の講義に関しては教授の話を聞く講義が多いので友達を作る機会は少ないがゼミではグループワークが多いので友達を作るならゼミの方が作りやすいと思う。
    • 学生生活
      文化祭については他大学よりも規模が小さく規定も多いのであまり盛り上がった感じがしない。サークルについては自分達が主導で動くことが多いので自分に合ったサークルに入れば楽しい学生生活が送れると思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      大学でしか学ぶことが出来ない法律の基礎の部分から応用まで学ぶことが出来るので高校までとは違った新しい発見があると思う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      食品会社の総合職
    投稿者ID:428283
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 人文社会学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      個人的に、取りたい講義がたくさんあって良いなと思っています。幅広く充実しているのでありがたいです。総合科目では、就職のことなどをよく考えられる機会を与えてくれるので特に良いです。
    • 講義・授業
      課題は少ないですが、しっかり聞いていれば分かりやすく楽しいので良いと思います。講義中も基本的に静かで過ごしやすい環境かなと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生から始まるのでまだ詳しい内容は知らないですが、先輩から聞くと、ゼミ生同士のつながりがとても強く、よく交流しているところが見受けられます。
    • 就職・進学
      公務員サポートがとても充実していると聞きます。講義やガイダンスが多く忙しそうですが、しっかり面倒を見てくれている証拠なのかなとおもいます。
    • アクセス・立地
      周辺に娯楽施設が全くないです。自然を感じられる立地ではありますが、大学生にとってはとても都合が悪いのではと思います。コンビニも潰れたしいいとこなしです。
    • 施設・設備
      教室はたくさんありますがとにかく古い。図書館はまだ広く過ごしやすい雰囲気なので良いですが…新鮮さはまったくありません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私自身大学で知り合った方とお付き合いをしていますが、サークルや部活、授業で知り合う機会を逃すとできないかもしれません。
    • 学生生活
      笹島キャンパスと豊橋キャンパスにそれぞれサークルがありますが、よく合同でイベントを開いているので充実しているのではないかと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は第2外国語で、中国語やフランス語、韓国語、ドイツ語などから選びます。その他にも必修科目にはreadingやcommunicative englishがあります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      決まっていません。
    投稿者ID:431913
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    法学部 法学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      どの授業も適切な教科書を使用している。
      しかし、教科書を使わず板書だけのものもあり、慰安婦問題だけしか取り扱わない科目が必修であり苦痛であった
      ゼミは学びたい科目事にあり、充実している
    • 講義・授業
      予習ができるように、Webで事前にレジュメがダウンロードできるところがよかった。
      講義中の雰囲気はスマホをいじる学生や居眠りをする学生は少なくとも1人はいるが、自己責任である。
      教師や講師の先生は熱心であり、質問には嫌な顔をせず答えてくれる。
    • 研究室・ゼミ
      民法のゼミで、ひとつの事例についてワードで10ページ程の資料を作り、発表をした。
      なかなかのハードなゼミであったが、卒論に役立った
    • 就職・進学
      就職サポートについては、1度一人一人強制的に相談しにいかなくてはいけなくなる。
      しかし、それ以降はノータッチで、自主的に訪れないと全く何も無い。
    • アクセス・立地
      あおなみ線を使うと1駅なのに200円は高い。
      歩くと結構距離があり、雨の日は大変である。
      サイトには駅から10分と書いてあるが20分はかかる
    • 施設・設備
      パソコンや図書館が広い
      エレベーターがあって移動が楽である
      しかし、パソコンは台数が限られているため、混んでいる時は使えない
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルに所属していないとなかなか出会いがない
      ゼミも真面目なゼミに入ったため、恋愛関係は充実することは無かった
    • 学生生活
      サークルに所属していなかったし、イベントも全く参加しなかったため、分からない。
      文化祭もあまり魅力的ではなく行かなかった
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は法律の基礎を学ぶ。必修科目が多く、基本的だが元となるものなので、しっかりと予習復習すべきである。
      英語なども必修科目であり、外国語も学ばなくてはならない。その他にも体育が必修科目である。ビルみたいな作りなのに体育館がある。
      二年次からは必修は英語や外国語だけであり、色んな法律を選択して学ぶことが出来る。外国語は1年の春秋、春までが必修であり、その先は選択である。選択でも人数が限られているため抽選で当たらなければ受けることが出来ない。せっかく受けたい講義があっても、人気で抽選となってしまうのはとても悔しいものである。
      3年次からゼミに入り、4年からはゼミを継続するか決めることが出来、ゼミに入っていれば卒論を提出しなくてはならず、法学部継続しなければ卒論を提出しなくても良い。
      4年次からは大方単位を取り終わった学生が多く、科目をとらない学生が多いが、ゼミのために来る学生がいる。
      ゼミと就職と卒論が同時に重なることもあるので、入るゼミが過酷なものだと、どれも手付かずで大変になるので、ちゃんと最初のゼミ説明を聞いた方がいいと思い、入ゼミする時の面接で見極めるべきである。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      エステティックサロン
    投稿者ID:426569
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    国際コミュニケーション学部 英語学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      英語学科なのでネイティブとの授業が多く、英語を使ってコミュニケーションをとる機会がたくさん設けられているため普段の授業でスピーキング能力やリスニング能力を身につけることが出来る。
    • 講義・授業
      共通科目に関してはとる授業によって難易度がかなり異なり、生徒が希望する授業も偏るため抽選になりやすくなかなか自分のとりたい授業が取れない時がある。
    • 研究室・ゼミ
      まだ1年生のためゼミや研究室には立ち入ったことがないのでよく分からないが、ゼミも先生によってかなり異なるらしいと先輩から聞いた。
    • 就職・進学
      金融系の就職に強いと聞いたが、県外で就職は難しいらしい。愛知県内または東海地方では大体の企業に就職できる。
    • アクセス・立地
      ささしまライブ駅に直結しているため、あおなみ線を使えばかなり便利。しかしあおなみ線の定期がもったいないのでほとんどの生徒は名古屋駅から15分ほど歩くため少し不便である。しかし近辺には映画館や商業施設が充実しているため、空いている時間の暇つぶしができる。
    • 施設・設備
      キャンパスも新しく綺麗である。教室も自動で動くホワイトボードがある。エレベーターもあるため移動が楽。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      全体的にワイワイしてる人達が多いがみんな気さくでフレンドリーな人達が多い。学部によっても生徒の色が違って見ていて面白い。
    • 学生生活
      サークルは入るべきである。授業に関するアドバイスや友達を作る場としてもとても良いと思う。いろんな種類のサークルがあるのでたくさん見学して決める必要がある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主にネイティブとのコミュニケーションを学ぶ授業が1年生の必修である。よって必修の半分以上が外国人教師によるものである。
    投稿者ID:428003
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 人文社会学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学生生活は大学の施設や設備うんぬんより、友人やサークルなどが充実していればとても楽しいです。しかし、名古屋キャンパスに比べると施設設備は劣る点はあります。
    • 講義・授業
      教授は良い人もいれば変人もいます。真面目にやっていれば単位は大丈夫です。履修の組み方も来年度のことなども考えて組むとやりやすくなります
    • 研究室・ゼミ
      私はフランス語圏文化専攻で、少数人なので仲良くやっています。しかし、これといった活動はなく卒論をやっているゼミがあるのに、私たちは何もしていません。
    • 就職・進学
      現在就活をしていますが、キャリアガイダンスなどのサポート充実しています。就活は出遅れると失敗するので、早すぎるくらいがちょうどいいです
    • アクセス・立地
      渥美線の愛大前があるのでアクセスは良いです。一人暮らしも田舎なので家賃も安く、周囲の環境も良いと思います。愛知大学は坂の上にあるので、一人暮らしをするなら坂の上のが楽です
    • 施設・設備
      キャンパスについては、研究室など充実しています。教室は少し古いですが、逆に大学っぽい感じがして私は好きです。図書館も広く、自習よ机も多いと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は、サークルや授業などでよほどのことがなければ出来ます。また、グラウンドがあるので部活動が盛んです。恋人が欲しい人はサークルに入る事をおすすめします。
    • 学生生活
      サークルではなく、地域貢献事業というものに所属しています。就活でも使えるし、地域政策学部文学部関係なく入れます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は色々な授業があり、とても楽しいです。楽そうだから、面白そうだからという理由で受けてみると新たな発見があると思います。必修科目は落とさないように気をつければ大丈夫です。2年次は専攻を意識した授業が増え専門的になります。3年次はほぼ授業が必修科目と専攻のコース共通科目だけになり1年次に比べてとても楽です。
    投稿者ID:426990
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経営学部 経営学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学科の先生が全体的にしっかり指導をしてくれる。楽単は少ないけど大学に通ってる意味を感じられる。
      ゼミが必修なので、より専門的に学ぶことができる。
      特にマーケティングコースが人気。
    • 講義・授業
      先生はしっかり勉強しないと単位をくれない。しかし勉強すれば取れるので身につく。具体例を挙げて教えてくれたり、先生自体が楽しそうに授業をしているので、退屈しない。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは必須なので授業で習ったことを応用することができる。大学に通う意味はゼミだと考えているため、厳しいところもある。楽なところはとても楽なので差が激しい。
    • 就職・進学
      授業やゼミでしっかり学べるので就活の時に話す内容が充実している。資格のセミナーも充実しており、学ぶ環境が整っている。キャリア支援課の面倒見が手厚い。銀行が多い。
    • アクセス・立地
      名古屋駅から徒歩圏内にあり、あおなみ線からは直結している。まわりには映画館やご飯を食べるところが充実しているので、空きコマも退屈しない。中京テレビも近くにある。
    • 施設・設備
      室内に無料で使えるフィットネスがあり、運動もできる。図書館も充実していて、欲しい本がなければ取り寄せてくれる。ディスカッションルームもあり、議論しやすい環境もある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルやゼミなど共に頑張る環境がととのっているため、恋愛関係に発展しやすい。経営学部は派手な人が多いが、話しやすい人が多い。だれでも仲良くしてくれる。
    • 学生生活
      所属しているサークルやイベントはないので答えられませんが、サークルに所属している友人は毎週楽しみにサークルに参加しています。本気のものから遊びのものまで幅広いです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      経営マネジメント、流通、マーケティング、国際マーケティング、経営情報について学びます、
      1年生で全体を軽く学び、2年生からコースに分かれて専門的に学びます。
    投稿者ID:429482
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    国際コミュニケーション学部 国際教養学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      英語や海外の文化に触れることができ、多様性を学ぶことができてとても楽しいからです。また留学する方や、留学生も多く、交流も盛んです。自分でやりたいことを形にできる学科だと感じます。
    • 講義・授業
      何を教えるためにどんな形で教えればいいのか、分かっているようなカリキュラムの組み方だと感じます。外国語の講義では、教えていただくだけでなく、実際に使ってコミュニケーションをとったり、色々な課題に取り組むことができました。
    • 研究室・ゼミ
      自分に合った、興味のあるゼミを選択することで、自分の探究心を満たすことができます。ゼミことに異なってはきますが、テーマ設定を自分自身でして教授やゼミ生と一緒に考えて行くことができます
    • 就職・進学
      就職実績については問題ないかと思います。またサポート体制も整っており、各種セミナーや、説明会の開催、履歴書の添削、面接やグループディスカッションの練習ももちろんあります。何か不明点があったときも、自分から聞きに行くことでアドバイスをもらえます
    • アクセス・立地
      名古屋駅から徒歩で行ける距離にあり、周りには映画館や飲食店なども多くそろっています。とても便利で楽しいです
    • 施設・設備
      比較的校舎が新しいため、とても綺麗な校舎を使用することができます。エスカレーターやエレベーターも充実しております
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークル内恋愛が多かったかなと感じます。また、少数ですが、留学先で恋人を作ってくる方もいらっしゃいました。
    • 学生生活
      サークルには所属した方が、絶対楽しくなると思います。先輩や後輩に囲まれ一緒に過ごす時間はかけがえのないものになることでしょう。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年から2年は第二言語が必須です。英語は3年まで必須です。3年でゼミに入ります。外国語以外は、海外や国内の文化、言語を学ぶ講義を自由に取ることができます。また全学部共通の講義も用意されておりますので、幅広く学ぶことができます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      金融業界の営業職
    投稿者ID:428140
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    現代中国学部 現代中国学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      現地プログラムなど中国に特化しているカリキュラムは素晴らしい。義務教育では得られない貴重な体験ができる。
      留学を考えているが1人では不安な方には、ぴったり。
      生徒自身の劣等感が強く感じられる為、評価を低くくさせていただきました。
    • 講義・授業
      カリキュラムに留学が含まれていること。
      第1外国語に中国語が設定されていて、発音から文法まできっちり基礎を教えてもらえる。
    • 研究室・ゼミ
      1年時は基礎のゼミがあり、中国について書かれた本について読み、内容をまとめ・発表をする。
      このゼミは語学クラスと同じクラスメイトと受ける。先生は選べない。

      卒業論文を書く為に、ゼミを選択する。
      中国に関する専門的な先生がたくさんみえる。
      自由度が高い為、自身のやる気次第。
    • 就職・進学
      大学が開催する企業説明会や実際に人事の方からアドバイスがもらえる機会がある等、就職サポートは充実していると思います。
      キャリア支援課の方が親切に相談にのってくれます。
      全国各地、特に東海地方にOBOGの方がいる。
      公務員になる人も多くいます。
    • アクセス・立地
      キャンパスが移転し、名古屋駅から徒歩15分で通えるようになりました。
      キャンパス周辺は商業施設も多く、充実しています。
    • 施設・設備
      図書館の蔵書数は県内でもトップレベルだと思います。他大学の書籍や論文も借りることもできるので、資料について困ることはないでしょう。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      語学や基礎ゼミを一緒に学ぶクラスメイトとは特に仲良くなれました。卒業後も定期的に集まっています。
      現地プログラムでは、学年全員で中国へ留学するので4ヶ月間でより仲が深まります。
    • 学生生活
      茶道研究会は積極的にお茶会を開催しています。
      薄茶だけではなく、濃茶の手前も行います。
      点心やお菓子を手作りすることもあります。
      同じ流派の他大学との交流もあります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      中国語を基礎から学び身に付けたい方にはおすすめです。中国語の辞典を編集している部門もあります。
      また、中国に関する文化、経済に関する授業も豊富です。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      地元の医療法人の総合職
    投稿者ID:427755
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    法学部 法学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      悪い学校ではないが、学生生活は自分次第でピンきりである。笹島と豊橋にキャンパスが別れており、取りたかった資格が遠いキャンパスでしかとれず通えなかったため諦めたことが残念。立地は名古屋駅から徒歩20分ほどで、実家からも通える距離の人が多かった。大学らしい学舎ではない点も残念である。
      公務員試験に対応したカリキュラムはあり、サポートもあるが、司法試験まで目指す人にとっては物足りないかもしれない。
      卒業後、私が就職した企業は出身大学が影響していることはないように感じる。
    • 講義・授業
      特に可もなく不可もなく。自分のゼミの先生は好きだった。大学であればどこも同じだと思うが先生によって同じ授業でも内容が大きく異なる点が気になっていた。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの先生は好きだった。刑法ゼミを履修したが、判例を使って実際の裁判のように討論しあったのは楽しかった。当然だが事前学習が必要なためただ出席するだけのゼミではなかったのがよかった。ただ、学生同士のコミュニケーションがあまりなかったので仲を深めることができなかったように感じた。法学部なので卒論がないのも大きかった
    • 就職・進学
      大学全体のサポートとしてはあったが、学科レベルではなかった。法学部なので公務員試験を受ける人が多く、そちらの対策授業はあったようで、公務員の就職率も悪くないらしい。ただ、そちらがダメな場合に民間に移るとなると時期が遅れることになるため就職率は他の学科に比べて低かったらしい
    • アクセス・立地
      名古屋駅から徒歩20分と言う立地にあるため、地方から実家通いをする学生も多かった。ただ、徒歩20分というのは決して近い距離とは言えないため注意が必要である。回りには109シネマズやZepp名古屋があり、空き時間に寄ることも多かった。今はグローバルゲートもあり、食事や買い物できる場所が増えたように感じる。
    • 施設・設備
      キャンパスは狭いので講義をするくらいしか利用できなかった。図書館が移転前よりも狭くなったらしく、かなり減ったと聞いた。実際に調べものをするときも物足りなさを感じていた。二胡部に所属していたが、活動部屋が狭く、全員での活動が難しいこともあった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私の周りには、学科の友人と、部活の友人がいた。部活の繋がりはなく、特にそれより交友関係が広がることはなかった。いくつかの部活やサークルを兼ねている人はいたので交友関係は広かったのだと思う。学内では同じ授業やゼミ、部活内での恋愛はあったが私の周りにはあまりなかったので可もなく不可もなくかと思う。ただ、法学部なので男子学生の方が多く、女学生にとってはいいかもしれない
    • 学生生活
      私は二胡部に所属していた。毎年定期公演を行っておりそれに向けての様々な場所で演奏を行っていた。しかし、イベント事が充実していたわけではなく、他の部活との交流もなかった
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は法律の基礎を学ぶ。必修科目は憲法と民法。3、4年次のゼミに向けた授業があった。学科の授業以外にも体育、情報処理の授業が必修であり、全学科、全年次が受けられる抽選の選択科目もあった。2年次はより専門性の高い科目を学ぶ。必修科目は刑法。3年次はゼミが始まる。必修科目はあったが忘れた。単位を取りきっていれば4年次はゼミのみで済む。卒論はない。
      ちなみに、卒業までにとるべき単位数はもちろんあるが、期毎に受けられる単位数の上限があり計画的に確実に単位をとらないと4年次にも多くの単位をとる必要が出てくるので気を付けた方がいい。
      ほとんどが単位をとるには試験をパスすればいいので、必ずしも出席する必要はなかった。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      保険会社の営業
    投稿者ID:429865
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    法学部 法学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      授業の内容がない。
      生徒にレジュメを作らせて説明させているだけの授業もある。
      いい点は名古屋駅から徒歩数十分で行けるという点と、最近できた建物といいうこともあり、トイレ、椅子、机、すべてのものがきれいな点である。
    • 講義・授業
      講義中の雰囲気は、みんな静かにしているが座っているだけの人が多い。
      単位はそんなに簡単には取れないものが多い。
      履修の組み方は非常にわかりずらい。
      抽選に外れると、マックスまで単位を入れることが出来ない場合もある。
      新入生にとっては非常にわかりずらいシステムだと思われる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期としては、三年生から必修になる。
      説明会は、今のゼミ生が紹介していくという形で行われた。
    • 就職・進学
      就職実績東海地方においてつよく、公務員の合格率も高い。
      就職活動のサポートについてはキャリア支援課や教務課が基本的説明会などを行っている
    • アクセス・立地
      最寄駅は名古屋駅である。名古屋駅からおよそ徒歩115分で着く。
      学校の周りには最近できたグローバルゲート、ZEPNAGOYAがある。
      少し歩けば名古屋駅があるので、空きコマなどで暇な時でも、暇つぶしができる場所はたくさんある。
    • 施設・設備
      キャンパスは一般的な大学とは違い、オフィスビルのようである。縦に長いので、教室移動は基本的にエレベーターかエスカレーターで行う。
      教室はどこもきれいで、たいていホワイトボードである。
      図書館も非常にきれいでおしゃれである。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内のサークルはあまり他の大学に比べて大規模なところはない。
      サークルの入っていない人のほうが多いかもしれない。
      サークルに入っていなくても、一年の時の語学が少人数制なので、そこで友達ができることが多い。
    • 学生生活
      サークル活動は他の大学に比べて大規模なものはない。
      サークルに入っていない人のほうがおおいと思われる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は英語とだいに言語が必須になっている。基本出席していればとれるものが多い。専門科目も入門編がおおいので比較的かんたんである。時間割は必須が多いので、最初から決められていることが多い。
      二年次は、一年次に比べて必修は少なくなるが、その分専門科目が増えるので、たいへんである。
    投稿者ID:426723
    この口コミは参考になりましたか?
419件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

愛知県で評判が良い大学

愛知県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  愛知県の大学   >>  愛知大学   >>  口コミ

愛知大学の学部

オススメの大学

中央大学
中央大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.87 (1261件)
東京都/私立
星薬科大学
星薬科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.71 (66件)
東京都/私立
東京歯科大学
東京歯科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.85 (13件)
東京都/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。