みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  立正大学   >>  口コミ

立正大学
出典:Mayutansexyz
立正大学
(りっしょうだいがく)

東京都 / 私立

マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:BF - 52.5

口コミ:

3.73

(342)

立正大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.73
(342) 私立内281 / 567校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

342件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    経済学部 経済学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      立正大学はかなり長い歴史を持ち、過去には東大と並ぶほどと言われる学部もいくらかあったが、現在は残念ながらそれほどのレベルではない、しかしながら、文東立松という大学群に加えられ、特に経済学部は品川区大崎の駅近にあるためキャンパス内はこじんまりとした作りになっているが人数が多く活気にあふれ、偏差値も近年徐々に上がってきており、授業も先生方の心から理解してもらいたいという思いが伝わる。基本的に経済学部は他学部と比べるとどこの大学もどうしてもチャラい人が多いという感じになってしまうのが残念だが、決して悪い人たちでもなく、皆一生懸命試験やゼミやサークルに臨んでいる。また、ゼミ大会なども開催され、ゼミの活動は活発な方であると言える。ゼミにも経済界のゼミや数学系のゼミ、農業系のゼミ、英語や日本語など語学系のゼミと色々ある。先生方も厳しい先生や優しい先生様々いるが、基本的には喋ってみると面白かったりいい人だったりすることが多い、分からないところは聞けば快く教えてくれると思う。また、キャリアサポートセンターが毎月様々なセミナーや資格取得に向けた授業をしている。
    • 講義・授業
      先生方は厳しい先生も優しい先生もいるが、どの先生も学生に理解してほしい、興味を持ってほしいとの思いを持って授業をしている。また、単位を取ってほしい、真っ当に安全に楽しく生きてほしいとの思いも持っているようである。若干世間話の多い先生が多いのは高校と変わらないが、学生達を思ってのおしゃべりであることには愛を感じる。また、授業後に分からないところを質問する時間を各先生ごとに設けている。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミには様々なものがあり、経済系、語学系、農業系、数学系などがある、また、ゼミの人数などもばらつきがある。基本的には2年になる前に面接などを受けてゼミに入る形になる。
    • 就職・進学
      キャリアサポートセンターが行なっているセミナーや講習で資格取得を目指したり、キャリアを考えたり、就活の準備をしたりする人が多い。インターンシップに関するものから就活用メイクに関するものまで様々なサポートがある。
    • アクセス・立地
      大崎駅や、五反田駅から徒歩5分ほどで着くため立地はかなりよく、品川区ということもあり東京でも活気の溢れる場所である。また、周辺は住宅街も多く、思ったよりは静かな環境である。
    • 施設・設備
      教室はたくさんあるが、経済学部の人数が多いため全員一つの教室に入るのは不可能である。ゼミ室もやたらとあるため各ゼミの先生と学事課の意向で教室は決められている。経済学部では実験や実習がほとんどないため専用の実験棟などというものは存在しない、パソコンは図書館にあり、自由に使える。品川キャンパスは狭いため、熊谷キャンパスのように広い運動場や自然はないが、活動場所を学外に見いだすこともできる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は人によりけり、全体的にチャラい人が多い、たまにおとなしい人がいるかんじである。
      悪い人たちではないし、ゼミやサークルなんかで仲良くなる機会もある。
    • 学生生活
      サークルは運動会は熊谷キャンパスが充実してるが、文化系は品川も負けていない、特に合唱や吹奏楽のサークルが活動に力を入れているようだ。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は経済学の基礎と一般教養、2年生からどんどん専門的な経済学をやることになる。ゼミは2年生から始まり、3年生まで、卒論を書く人は4年生までと言った感じである。卒業論文は基本的に立正大学では書いても書かなくても良いようだ。必修科目については経済学の他、英語などの語学系や数学や統計学もある。
    投稿者ID:426334
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    経済学部 経済学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業面では先生方の厳しさの差が激しい。なので授業やゼミ学習など自分に合った授業内容・活動内容を選ぶことができる。学生生活としては先輩後輩他学部とも交流でき、充実していた。
    • 講義・授業
      講義の雰囲気や単位取得等は先生方によって厳しさの差がある。履修の組み方は自由な方だとおもう。先生への質問も気軽にできる雰囲気である。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミにもよるがわたしのゼミはとても和気あいあいとしていて先生だけでなく、先輩後輩とても仲が良く雰囲気の良いゼミだった。ゼミ合宿も生徒の意見を聞いてくれてとても楽しかった。卒論も個人に見合った内容だった。
    • 就職・進学
      卒業後の就職率は良い方だとおもう。学校側のサポートもしっかりしており、一人一人と向き合ってくれる。だがそのサポートも自分から行動しないと対応がないので個人に差がある。
    • アクセス・立地
      最寄駅は3駅ほどあり、どれも徒歩10分以内。都内なのでとても通いやすく周辺にはご飯屋さん等も多いので観客が良い。
    • 施設・設備
      キャンパスはとても綺麗になり、食堂やカフェなど充実している。図書館も常に人はいるが静かで自習など集中できる環境である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      先輩後輩の関係性は残しつつ、とても仲が良いイメージである。サークルなどで他学部とも交流することができ、友人関係は築きやすい。学内での恋愛も多い。
    • 学生生活
      サークルはとても雰囲気が良く月に一度集まりもあったので楽しかった。アルバイトもたくさん行えて充実していた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎を学び、2~3年次で学習の幅を広げる。4年次は応用し卒業論文へと4年間の学びをまとめる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      施設の調理担当
    投稿者ID:430706
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    法学部 法学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      公務員を目指す人へのサポートはとても良い。
      品川のキャンパスの敷地が狭いため、教室数が足りていない。
      教授以外のスタッフ(事務の人など)の対応が丁寧でない。
    • 講義・授業
      講義によって、良い評価の取りやすさ=単位の取りやすさが違う。
      教授は、とても良い先生が5割、普通の先生が3割、意味不明な先生が2割。
      講義中に騒ぐほどのことはないが、講義によってはおしゃべりが過ぎることがある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが2年から始まる。これには、研究(アクティブラーニング)の機会が多いなどの利点もあるが、1年生の段階=基本的な法律しか学んでいない段階で、専門的なゼミを選ぶ必要が出てしまうという欠点もある。
      卒論は基本あり。
    • 就職・進学
      資格の講座や、公務員の講座を大学内で多数開設している。また、これに対する割引の方法も多く用意している。授業として、インターンシップができる講座がある。
    • アクセス・立地
      山手線、湘南新宿ラインなどが通っている大崎駅から徒歩5~10分、東横線の大崎広小路駅から徒歩2分と、アクセスはとてもいい。もちろん遊びにも事欠かない。(品川)
      熊谷駅からさらにバスで数十分かかる。最寄りのコンビニが最近つぶれたらしい。(熊谷)
    • 施設・設備
      教室数が足りない。教室が狭い。教室にぎゅうぎゅうに机といすが詰められているため、狭い。
      後ろの席から、前の黒板は見えない。
      地下の教室の空気が悪い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      クラス分けがされるため、そこで相当運が悪くなければ友達はできる。
      サークルが多いため、興味のあるサークル新歓に行けば、友達はできる。
    • 学生生活
      サークルによってさまざまだが、歴史のあるサークルは、管理体制が徹底されているため、問題なく楽しめる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、40単位を上限として授業を組むが、30と数単位くらいはすでに決められているため(必修ではない=単位が不可でも卒業できる)選択できる幅は少ない。
      2年次は、専門科目が少ししか取れないため、基本法科目を中心に選択することになる。
      3年次は、専門科目をとらないと卒業できない。
      まじめにやってれば、4年次はゼミのみで卒業できる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務
    投稿者ID:428982
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経済学部 経済学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      私はサークルに所属していなかったので、あまり友達が出来なくてつまらなかった。
      経済学部は一、二年生の時は英語を学ぶ機会があるが三年からはいっさいなくなった。
    • 講義・授業
      教授によるが、一生懸命講義してくれる先生が多い。
      講義中は携帯をいじっている生徒が多いが注意する先生はほぼいない。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは2年から始まる。
      経済学部は卒論を書くかは個人の自由。
      私のゼミはおとなしい人が多いがみんな仲が良い。
    • 就職・進学
      就職開始に向け、沢山のキャリアサポートがありサポートは充実していると思う。
      就職活動は始まったばっかりなのでなんとも言えない
    • アクセス・立地
      最寄駅は大崎、五反田などどちらも徒歩10分でつく。
      五反田駅は飲食店が多く授業終わりに行くこともある。
    • 施設・設備
      図書館やトークパレットなど勉強出来る落ち着いた場所が沢山ある。
      教室は建物が比較的新しく綺麗なところが多い
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルに所属していないので、友達を作る機会が少なかった。ゼミに入れば友達は増えると思う。
      学内ではカップルをよく見かける
    • 学生生活
      サークルに所属しているひとは、学園祭で飲食などの出し物をしている。
      学園祭は他の大学に比べ静かな印象だった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、必修科目がおおいので自分で選択する授業は少ない。
      3年次になると自由に決められる。
      4年次は、3年次までに順調に単位を取ってればあまり行かなくていい。
    投稿者ID:427197
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 社会学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      社会学科は、高校までの「社会科」とは大きく異なります。
      しかし、都市社会学や社会心理学、情報社会論など様々な視点から社会学について理解を深められます。
      個性豊かで面倒見がよい先生が多く集まっています。
    • 講義・授業
      レポートやリアクションペーパーを丁寧に見て下さいます。
      履修の組み方は、初めは教授が教えて下さいます。
      しかし、人によって様々であるため、自分でよく熟考して組み立てる必要があります。
    • 研究室・ゼミ
      私が所属していた都市社会学のゼミでは、卒論のテーマや章構成の仕方、文章の書き方など丁寧に教授が添削して下さいました。
      どこのゼミに所属するにしても、希望するゼミに関するレポートの提出が求められます。ゼミの選考に関わるため、希望するゼミに入りたい理由や興味がある研究内容を2年次の12月頃までに明確にしておくと良いと思います。
    • 就職・進学
      社会学科の教授の中には、エントリーシートの文章の書き方を添削して下さった教授もいらっしゃいましたので、サポート面も充実していると考えます。
      社会学科は、文学部の他の学科と比較しても就職先決定の割合は高くなっています。
    • アクセス・立地
      最寄り駅はJR山手線・湘南新宿ライン・埼京線、東京臨海高速鉄道りんかい線が停車する大崎駅です。
      大崎駅の北改札口を出て左に曲がったところにある西口から徒歩5分程度です。
    • 施設・設備
      学生食堂や文具店、キャリアサポートセンター、ネットカフェ、図書館など設備が充実しています。
      しかし、7月頃や1月頃はどの授業においてもレポートの提出が多いため、多くの学生が学内施設のパソコンを利用します。
      そのため、余裕を持ってレポート課題に取り組んだり、ノートパソコンとUSB持参可能であれば持参して取り組んだりするなど、対策が必要です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      クラスが決められている授業や部活・サークルなど、交友関係を構築できる環境は整っていると思います。
      また、サークルや部活によっては品川キャンパスと熊谷キャンパスとで合同で活動するものもあるので、キャンパスを超えた交流が生まれます。
    • 学生生活
      私が通学している品川キャンパスと、大学のもう1つのキャンパスである熊谷キャンパスと合同で活動を行っているため、キャンパスを超えた交流ができとても充実しています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次「社会学の成立と展開A」「社会学へのアプローチA」「社会調査概説」「社会学教養演習」
      2年次「基礎調査実習」「基礎データ処理」「社会学基礎演習」
      3年次「社会調査実習」「社会学専門演習」
      4年次「社会学応用演習」
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      通信業界の営業職
    投稿者ID:427451
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    社会福祉学部 社会福祉学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      福祉関係を学びたい人にとっては、福祉全般のボランティア活動会があり、それは自分が好きなボランティアに参加できる為非常に充実している。また、それに入らなくてもサークル等でボランティア活動を同時にしているものもある為、ボランティア活動が身近に感じられると思う。
    • 講義・授業
      講義・授業の内容は分かりやすいかといえば普通。
      無駄に先生の話が長い為聞くのが疲れてしまう部分もあるが、余談が大事なことも話してくれることもある為面白い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの選び方は学籍番号で振り分けられている。
      先生によって授業内容が異なる為、いい先生だと発表は主にしないが、あまり良くない先生だと毎日のゼミでスピーチをしたり、パワーポイントを使って発表したりもする、
    • 就職・進学
      一年生のうちからキャリアガイダンスが開かれていた。また、色々な方達がゲストに来てお話ししてくださるので、こういう職業もあるんだときょうみをそそられるとおもう。
    • アクセス・立地
      熊谷周辺は主に森が多くて、寮の人達は買い物をするところがほとんどない。学校にコンビニはあるが、品揃えが悪い為すぐに売り切れてしまう。スーパーは一回熊谷駅に降りないとない為非常に不便。
    • 施設・設備
      エアコンの操作が自動でつく為、自分達で止められないのが不便。
      だが、勉強するのに図書館は良い。
      自習室が多くあって個室じゃ値になっている為、勉強もはかどる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      クラスがない為、サークルに入らない限り異性との交流はない。また、友達づくりにも影響している。
      授業が一緒の子と友達になるか、サークルが一緒の子と友達になるか、幅広く交流関係したい人には難しい。
    • 学生生活
      サークルをやっているとこもあれば、あまりサークルをしていないところもある。また、なんのサークルがあるのかイマイチわからない。見学するのにもどこでやっているのかさえもからない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年は主に必修が多くて、土曜日の授業もある。
      単位は、一期と二期で48単位までと決められている。
      土曜日の授業はあるが、六時間目以降の授業はない。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      福祉関係につきたいと思っている。その具体はまだ考え中。
    投稿者ID:431586
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 社会学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      社会学科は3年時にゼミと実習が始まり充実はしているが、入るゼミによってまちまち。自分自身地域に興味があったのでその点では、調査実習で地域住民との交流があったり、品川区と連携しておこなっているものもあるので外にでてフィールドワークをする。人とコミュニケーションとるのが好きな人にとってはいいかもしれない。個人主義で集団行動が苦手な人はやめた方がいい。社会学科が一番就職率がよく、日頃調査のアポイントメインを学生たちで行い、報告書まで仕上げるので社会に直結したことができるので就職率につながるのではないだろうか。授業は幅広い分野を扱うので社会学科といえど、環境・都市・地域社会・結婚・自己と他者の関係性だったりを学ぶので視野を広くしたい人にとってはとてもいいと思う。社会学科では、「当たり前を疑う学問」と言われ、物事を多面的にみる力がつくので固定概念がなくなり考え方にも幅が広がるので、逆に何をしたいかわからない人とかは社会学科をお勧めします。都会のキャンパスで学校の立地はよいが、その反面敷地は狭いため学生の人数の割りに居場所がないのが欠点である。
    • 講義・授業
      講義の授業内容については、浅く広くという印象を受ける。教養的な知識を身に着ける分にはいいかもしれません。学科の教授はどこの大学でもそうだと思いますが、変わり者が多い。単位については必修科目と呼ばれるものは評価が厳しくつけられ普通に単位を落とす者も少なくはない。講義中の雰囲気に関してはとても静かに生徒たちが講義に耳を傾けているため受けやすい。結構例えを身近な例で挙げてくれるのでわかりやすくて面白い。必修科目で統計学というものがあり、文系であるが計算をするとは思っていなかった。課題に関してはレポートの量は他の学科に比べてみると多いかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期に関しては、2年生で学籍番号でクラスにわかれてゼミ体験みたいのをした後、3年生から本格的に始まります。どちらかというと本学はゼミより調査実習に重きを置いているため、ゼミで大きな演習をしているというよりは、個人的に卒業論文を書くために進めていくような感じである。4点の評価を出したのは調査実習の充実度にあります。1年かけて、5つの実習にわかれ、棚田の後継者問題について実際に現地にいき田植えやってる実習や、まちづくり、宗教についてやってる実習もありました。卒論は環境の先生であれば環境の分野に関する卒論を書いたりその先生の専門分野で書くことが普通だが、私が所属したゼミは社会学に関することであれば、テーマは何でもよかったため、人によっては恋愛について書いている人もいれば、動物園、感情労働、スクールカーストなどさまざまでした。
    • 就職・進学
      この学科は就職率が本大学のなかでは一番いいといわれている。学科での就職活動のサポートは、あるゼミでは先輩方の体験談を聞いたりインターンにいったり卒業した先輩がたのつながりもあるため生のリアルな声が聴けるのはいいと思う。大学院にいく人はあまりいません。ゼミでの就職活動のサポートというよりは、キャリアサポートセンターの支えというものは大きな存在でありました。違う大学の子の話を聞くとそこまで就職活動のことまでサポートしてくれないよとまで言うので、なかなか自分自身で最初スタートをどうしていいかわからない人にはいいのかもしれません。履歴書の添削から面接練習までやってくれます。面接練習も外部の実際に人事経験のある人だったりを呼んでやってくれるので、実践的なものができアドバイスももらえます。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は大崎と五反田の間ぐらいです。どちらからも徒歩10分くらいでとてもよい。学校の周りはオフィス街で500円以内で弁当やランチが食べられ名店と呼ばれるところも多いので食に関して困ることはないし、美味しいお財布にも優しいお店が多い。意外と地方からきている人も多いので、その人達は近くに池上線が通ってるためその沿線で暮らしてる人が多い。山手線内の物件だと家賃も高いので、少し最寄り駅の大崎、五反田からずらしている。目黒川にも近いため春には目黒川の桜がとても綺麗です。どこにいくにも行きやすいので、夏はお台場でBBQだったり、ちょっと高いお店で飲むときは品川にでている。基本的には五反田で安く済ませる学生が多い。大衆居酒屋が充実している。
    • 施設・設備
      キャンパス自体敷地が狭い。授業を移動するのには楽であるが、その分高層階になっているため階段の利用が多い。借りられる部屋が多数あるため研究発表前に使ったりする場所は多く用意されている。図書館は地下1階から3階まであり、学術書はたくさんある。地下は電波が入りにくいため欠点である。もうひとつの熊谷にあるキャンパスは敷地もあるため、外の部活で力をいれているところはあるが、こちらのキャンパスは基本的には室内の部活。体育館が一個と地下に柔道場、プールが一個に弓道場が屋上にあるくらい。部活・サークル棟が少し離れたところにあるため不便ではある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人はサークルや委員会でできた仲間と長い時間共にするため、学科の友達というよりはそういった場での仲間の方が長時間一緒にいる。学園祭実行員に所属していたため、先輩後輩の縦のつながりも強いです。
    • 学生生活
      学園祭実行員に所属して学園祭自体は11月であるが、1年かけて話をつめていくため充実したものとなる。委員会というサークルとは違いある程度の枠組みの中で物事を進めなければならないが、それが楽しい点でもある。委員も100人近くいるため複数の規格に分かれて動いていく。委員の仲間と行事ごとに大勢ででかけたりもしている。学外の夏の神社のお祭りの手伝いをしたり、地域の人との交流もあってよい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は教養的な科目で基礎的なことを広くやっていきます。基礎的概念や社会学とは何かといものを学んでいきます。例えば、環境・宗教・都市・映画・電子メディアです。高校までやってきた社会科と呼ばれるものとは違います。「普通」や「当たり前」という言葉はないのを前提として物事を多角的に見ていく方法を学びます。2年次は、1年の基礎を土台に興味がある分野を選択して履修していきます。3年次にゼミと社会調査実習が始まり、この学科では3年がメインといってもいいでしょう。ゼミでは興味のある先生のゼミに所属し基本的に個人研究をはじめていきます。一方で調査実習というのは30人ぐらいで1クラスで1つのことを仮説から立証するまで一貫して1年かけて調査し報告までします。4年次は、ほとんどの人が3年生までに卒業単位を取得してしまうため、4年はほぼ卒業論文に時間を費やします。基本的に3年に所属していたゼミの先生のもとで卒業論文の執筆をしていきます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      精密映像機器 事務職
    投稿者ID:430050
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    心理学部 臨床心理学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      専門的な知識を学べる。
      心理学を学びたい人にとっては興味深い授業がたくさんある。
      先生によって聞ける話が違うので面白い。
      卒業後の進路は人それぞれだが、大学院を受験する人も多い
    • 講義・授業
      興味があることなど、意欲があれば質問すると丁寧に答えてくれる先生が多い。
      先生にもよるがゼミが充実している。
    • 研究室・ゼミ
      3年生からゼミが始まる。
      先生によっては、決められた範囲で臨床にまつわる研究内容になるが、自分の先生は好きなことをやらせてもらえたので、楽しかった。
    • 就職・進学
      卒業後の進路は、人によって違うので自分で動かないと何もしてもらえない。
      大学院進学をする人が周りは多かったので、そういう相談は、ゼミの先生にすると良い。
    • アクセス・立地
      品川キャンパスだったので、山手線が通り、便利。
      最寄りは大崎か五反田。
      学校周辺は飲食店が多いので食べに行くのもらく。
    • 施設・設備
      図書館にはパソコンや個別のスペースがあるが、数がそこまで多くないので、試験期間などは混雑する。
      コピーは限りはあるが無料でできる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      バイトもしていたので、授業とバイトがメインの生活だったため、交友関係はあまり広くなかった。
      学校は勉強するために行っていた。
    • 学生生活
      サークルや文化祭等には参加していなかったのでよくわからない。
      掲示板には張り紙が結構あるので、サークルに入りたい人はそこで探したほうがいい
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1.2年は基礎的なことが多い。
      3.4年でゼミに入ってより細かいことを学べる。
      教職もとれるが、必修科目との両立が難しい。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      海外に興味があったので、外国の専門学校へ進学しました。
    投稿者ID:426393
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    心理学部 臨床心理学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      基礎や標準ごとにテーマが決められていて深く学ぶことができる授業。心理学を学びたい人にとっては人気のある学校で著名な先生がたくさんいる。卒業後は併設されている大学院に通うことができる
    • 講義・授業
      教授や講師の先生はわからないところはとことん教えてくれてテストなどもわかりやすく作成してくれてる。単位はとりやすいものととりにくいものがあるがテスト前に出る箇所を教えてくれる先生が多い
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生から始まるのでくわしくはわからないが自分がやりたいことをゼミと関連させるとよいと聞きました。ゼミによっては面接があるが無事にゼミに加入できれば楽しい。
    • 就職・進学
      卒業後は大学院に進学する人と就職する人がいます。どちらもサポートが手厚く説明会を在学しているうちから行っています。実際に就職を選んだ人の体験なども聞くことができます
    • アクセス・立地
      最寄駅は五反田駅で自宅からは少し遠いですが都内までの定期なので使いやすいです。学校の周りは食べ物屋が多く友達などと行きやすい。また、最寄り駅が3つあるので便利です
    • 施設・設備
      図書館は広くたくさんの量を借りることができます。号館は多く教室も広く使いやすいです。会議を行うことができる部屋があるので集まりなどを行いやすいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は非常によく休み時間などに遊ぶことが多いです。サークルや部活の数も多いです。実績はあまりありませんが活動しているところが多いです
    • 学生生活
      サークルや部活動は入っていないのでわかりません。学園祭などはさまざまなイベントもあり盛り上がるようです。サークルなどが出店も出すのでにぎやかです
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は歴史などの基礎を固めます。2年次になると実習が増えレポートをたくさん書くようになります。3年次はゼミが始まり卒業論文に向けて準備の期間です。4年次は卒業論文の作成や就職活動を行います
    投稿者ID:427625
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    地球環境科学部 環境システム学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    • 総合評価
      ほとんどの施設が数年前にリニューアルされたばかりで早朝に掃除婦を雇いすべての教室とトイレ等を掃除する。また空調施設が整っているので快適に過ごせることが多い。
      パソコン室が多数設置し家にパソコンがなくても自由に利用できる。
      しかし駅から学校までの距離が遠い。
    • 講義・授業
      単位取得には3分の2以上の出席が望ましいがテストやリポートの難易度は専門科目でも低いことが多い。
      教師は熱心に教えてる人が多い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの始まる時期は3年からであり、ほとんどの人が自分の好きな研究室に所属されることが多く研究設備は比較的整っている。
    • 就職・進学
      就職実績は民間企業に就職する人が多く進学を選択する人数は統計的に少ない。
      就職サポートは自主的に行動をおこさなけれ何も始まらないので手薄い
    • アクセス・立地
      駅から大学までは5km程度あり徒歩1時間かかるので不便。しかし無料のバスが定期的に運行しているが混雑する時間帯がある。
      周辺は緑地に囲まれ整備も進んだのできれい
    • 施設・設備
      数年前にキャンパスの70%程度改修工事が行われたのできれいな環境で授業が行える。
      研究施設は継続的に投資を行っている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルの数は充実しているが、落ち着いた人が多く一人で行動する人が多い。
      恋愛発展につながる環境が少ない。
    • 学生生活
      サークル数が多く誰でも参加することができる。
      大學のイベントも行われ自由に参加することができ、様々な企画が用意されている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1~2年までは必須科目(野外活動も含む)専門科目を中心として一般科目も履修する。
      3年は研究室に配属され専門知識を取得する。また野外活動が多くなる。
      4年は卒論で成果を発揮する。
    投稿者ID:430306
    この口コミは参考になりましたか?
342件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

東京都で評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  立正大学   >>  口コミ

立正大学の学部

経済学部
偏差値:50.0
★★★☆☆ 3.40 (35件)
経営学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 3.51 (51件)
文学部
偏差値:45.0 - 52.5
★★★★☆ 3.64 (75件)
仏教学部
偏差値:35.0
★★★★☆ 3.89 (9件)
心理学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 4.13 (55件)
社会福祉学部
偏差値:BF - 37.5
★★★★☆ 3.97 (32件)
地球環境科学部
偏差値:40.0 - 47.5
★★★★☆ 3.87 (30件)
法学部
偏差値:50.0 - 52.5
★★★★☆ 3.75 (40件)

オススメの大学

酪農学園大学
酪農学園大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.80 (143件)
北海道/私立
獨協大学
獨協大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.96 (384件)
埼玉県/私立
天使大学
天使大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.88 (43件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。