みんなの大学情報TOP   >>  岡山県の大学   >>  岡山理科大学   >>  理学部   >>  口コミ

岡山理科大学
(おかやまりかだいがく)

岡山県 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:BF - 55.0

口コミ:★★★★☆

3.60

(162)

理学部 口コミ

★★★☆☆ 3.49
(72) 私立大学 1268 / 1573学部中
学部絞込
721-10件を表示
  • 男性在校生
    理学部 生物化学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      理大の学科の中でも割と充実している学科の部類に入ると思います。研究室は1番新しく建てられた棟に所属しており、図書館等も近いのでアクセスも良いと思います。但し授業を行う教室はあまりアクセスの良いところではないのでそこがネックでしょうか。
    • 講義・授業
      最初は高校の内容を確認しながら大学で必要な知識を学びます。簡単そうな内容に見えても疎かにしているとそれ以降の授業で苦労するので復習はとても大事です。専門科目の内容はとても面白く、日常生活で使える知識もありました。
    • 研究室・ゼミ
      1年次ににそれぞれの研究室が行っている研究を紹介する授業があります。その授業で大まかに研究室のことを知り、のちのちに授業を取りながら4年次で所属する研究室を決めていく方式だと思います。また、担当チューターの研究室を見学する事もあるのでたくさんの話を聞くことが出来ます。
      そして卒業研究発表会は学年が低くても見学可能なので先輩方のお話を聞くことも可能です。
    • 就職・進学
      教員免許を取りたい人にはあまり優しくないと思われます。教職の授業と学科の授業がうまく噛み合わないので1年次から計画して取らないと難しいでしょう。また、就職先はバイオテクノロジーを利用している企業が多いですが製薬会社や研究所も例として上げられているのでどの職種に就きたいか考えつつ必要な授業を取っていけばいいと思います。
    • アクセス・立地
      半田の坂は急勾配になっているところもあり坂を理由に通学を諦める人がいると言われても頭から批判できません。それくらいキツいです。しかし岡山駅からバスが出ているのでそれを利用すれば通学はかなり楽になると思います。
      あと理大東門はそこまで坂もキツくないです。
      周辺環境は付属高校、中学校とかその程度でしょうか。下界におりると岡大の施設等が見えるなどそのくらいです。正味学生アパートばかりです。
    • 施設・設備
      やはり大学との往復のことを考えて色々揃っているようには思えますが如何せん学生の人数が多いことや付属中学、高校の生徒も利用することもあってあまり量は充実しているようには思えません。お店への要望もほとんど叶うことがないと言ってもいいかもしれません。
      図書館は専門書が多く、教科書もほとんど揃っています。買わなくても問題ないくらいです。ただ書き込み等したいのであれば買わなければいけませんけども。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科によっての個人差はありますがあまり学生の質は高くないように思われます。あくまで個人差です。授業中騒ぐのは当たり前、代返を行う。一部授業についてはほぼ崩壊しています。恋愛関係についても拗れていてトラブルになったという話を聞きました。なんのためにお金や4年という時間をかけて岡山理科大学に通うのか分からなくなってしまえばおしまいでしょう、常に目的意識を持って授業を受けることをオススメします。どうしても合わないという場合にはチューターに相談したりする事があっていいと思います。友達を作るために大学に通うのではありません、学ぶために通っているので友達のありなしで学生生活に支障が生まれる様なことはあってはいけないのではないかと。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に生物や化学です。生物に関しては遺伝子等ミクロの事柄や環境などのマクロ的事柄まで幅広い内容を学ぶことが出来ます。化学については有機化学がメインです。あまり物理系統には触れません。
      選択授業についても生物系や化学系、その系統の中でもより細かく分かれていき最終的には自分の興味と一致する授業を見つけることが可能です。正直どの授業にも手が伸びなければどうして生物化学科に来たのか疑問が生まれるレベルで様々な分野に対応しています。
      1年次で生物化学の基本的な事項を学びつつ研究室のことを知っていきます。
      2年次で選択必修の授業を受け自分の興味のあることについて深く学んでいきます。
      3年次で実験が始まり、様々な分野について実際に手を触れ学べます。2年次で選択した授業の続きも学べ、より詳しく自分の興味を探索できます。
      4年次で卒業研究が始まり研究室に所属して教授からテーマを与えられます。そのテーマについて1年かけて研究していきます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      まだ2年次なので就職活動等は行っていませんが薬品メーカーや研究所に就職したいと考えています。
    投稿者ID:437451
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    理学部 動物学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活全体を通して広い意味での動物学が学べた。
      当初は環境や野生動物に興味があったが、カリキュラムを受ける中で動物学の中でも違う分野に興味を持つ事ができ、最終的に実験動物系統を研究する事ができた。
    • 講義・授業
      先生によって得意分野が大きく違うので、色々な角度から動物学を学ぶ事ができた。
      外来生物のヌートリア問題でも、共生できると主張する先生と絶対根絶させたほうがいいと主張する先生がいて面白かった。
    • 研究室・ゼミ
      研究室に配属されるのが他の学科より少し早いので、自分のやりたい研究についてじっくり向き合う事が出来た。
    • 就職・進学
      正直な所、動物系の仕事は狭き門であるため就活には苦戦する人が多かった。
      学校からのサポートも少なく思えた。
      進学率は1割ほどであるので高いとは言い難いが、進学した人は皆熱心に研究をしているように思われる。
    • アクセス・立地
      大学が山にあるため、自転車で通うと最後が斜面なのでとても大変。
      しかも車通学が禁止なので自転車かバイクかバスで通うしかないため不便である。
    • 施設・設備
      図書館は専門書がたくさんあり、学生のリクエストにも答えてくれるため利用しやすい。
      研究で使ったシーケンサーは1台しかなく、他学科と共用だったため予約が大変だった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科の1学年人数が少ないため、学科のみんなと仲良くなれる。
      また、他学年と交流できる機会も多いため先輩後輩と知り合う事ができる。
      ちなみに今の彼氏は学科の先輩です。
    • 学生生活
      サークルは所属していなかったのでよくわからないが、所属してる人はすごく充実してそうだった。
      学科で年1回運動会が開催されていたが、他学年と交流できて楽しかった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年では数学や英語、物理、地学などの基礎教科が多く動物学も基礎的な内容が多い。
      2年では英語、物理があり、動物学科のメインとも言える野外調査実習がある。
      3年では動物学も深い内容になり、受講する人を選ぶような教科もある。また、インターンシップなど就活に備えた授業もある。
      4年ではほとんどの人が必須単位を取り終えているので、卒業研究に打ち込む。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      生物害防除をやっている会社に入社し、施工員として現場に出ている。
    投稿者ID:428420
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    理学部 臨床生命科学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      1年次の成績によってコースが決まるので、意識して勉強しないと希望のコースから外れてしまうのが難だと思う。
      分かりやすい先生と分かりにくい先生が極端だと思う。
    • 講義・授業
      講義中は基本静かなので集中して受けれると思う。
      単位は普通に勉強していれば取れるものが多い。
      課題の量は実験レポート以外は少ない。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生の12月ごろに決まって、早いところでは2月から始まる。
      選び方は研究内容より所属している人間を重視した方がいいと思う。
      ゼミ同士は大体仲良くなる。
    • 就職・進学
      キャリアセンターが万全のサポートをしてくれるので就職はできるはず。
      中小企業は大体行けると思うが大手は厳しいと思う。
    • アクセス・立地
      立地は正直悪いです。なぜなら坂を登って行かなきゃいけないので大変です。
      バスという選択肢も一応あります。
    • 施設・設備
      とりあえず、食堂が少なすぎてお昼を食べる所を探すのが大変すぎる。
      図書館は居心地はとてもいいです。
      研究室は結構古いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学校の友人は新入学生による宿泊研修があるのでそこで絶対友達ができると思います。
      恋愛は自分からいかないと無理だと思います。
    • 学生生活
      大学祭は正直全然だめです。
      アルバイトはいっぱいできる時間をとれると思います。
      サークルもまあまあ充実してると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年は必修科目。
      2年は必修と専門科目と実験。
      3年は専門科目と実験
      4年はゼミに配属されて就活しながら研究。
    投稿者ID:431119
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    理学部 臨床生命科学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      授業自体はよくある普通のもの。
      プリントを配布されるのでノート作りする手間が省ける分、暗記力が落ちる。
      個別で教授に聞きに行きやすく、教授の研究室に遊びに行くなども可なので、そこはとてもいいと思う。だが、1部の教授は全くそのようなことを受け付けないので評価は3,
    • 講義・授業
      講義自体は並。
      生徒の意見を取り入れてくれる教授、毎回質問を受け付けてくれる教授、後から研究室に来てもいいと言ってくれる教授がいる事はいいのだが、一部に過ぎず、ただ作業をこなすだけの教授が多いので3,
    • 研究室・ゼミ
      まだ研究室に配属されていないのでしっかりとは分からない。
      だが、教授の話に出てくる研究室の話は非常に興味があり、研究室配属が楽しみである。よって、3,
    • 就職・進学
      就職先が少ない。評判が良くない。正直、就活に不安しかない。だが、資格、免許などを取るということには一応力を入れているので2
    • アクセス・立地
      駅から少し遠い。
      バスなどがあるが、山道が徒歩、自転車通学者にはきつい。
      また、正門へ行くためのエレベーターが大変混雑する。
    • 施設・設備
      今まで不便だと感じたことは無い。しかし、充実しているわけでも、最先端のものを使用しているわけでも、綺麗なものを使用しているわけでもないので3
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      同じような人しかいない。
    • 学生生活
      サークル、部活には参加していないので分からない。話に聞く分では楽しそうなサークルも存在はするが、危なそうなサークルも存在する。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基礎。生物、化学がきちんと出来ているか。また、医学についてどういうものが存在するのか簡単に理解できれば〇。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      まだ、就職に関しては考えていない。
    投稿者ID:429046
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    理学部 臨床生命科学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返るとそこそこ充実していたように思う。
      充実している点としては学科が多いのでいろんな分野に特化した教授がいて、たくさんのことが教われる。
      理系分野に何か一つでも興味があれば、文系の人でも入りやすい。
      新しい校舎ができて図書館や食堂も充実している。
      卒業後は民間企業に就職する人が多いが、大学院に進学することも容易。
      中学・高校の教師への就職率は高め。
    • 講義・授業
      講義・授業の内容については資料を配布しそれに沿ってすすめていく人が多い。
      教授や講師の先生については癖のある人が多いように思う。
      講義中の雰囲気は静かで落ち着いている。
      課題に関しては毎回テストまたはレポート提出の所が多いが、出せば良いという感じ。(評価は様々)
      単位については60点以上で合格。だいたい試験は一度のみ。
      履修の組み方は学部学科によって様々。国家試験等がある学科は4年までみっちり組む。ないところは卒業できる範囲で組む。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期については2月、3月あたりで様々。
      選び方については自分が向いていると思った方にした。
      ゼミの説明会については12月ごろに全体の説明、1月ごろまで各自ゼミ室訪問し細かい事を聞く、2月3月で今後の方針を説明される。
      自分の所属しているゼミでの活動は細菌についての研究をしていた。
      ゼミ生同士のつながりは就職活動や病院実習以外はほぼ毎日会うので、仲良くできた。
      卒論については研究発表会でパワーポイントとワードで資料を作り発表すればクリア。
    • 就職・進学
      就職実績については民間企業に就職する人が多く、中学高校の教師の就職率は高め。
      就職活動のサポートについては面接練習や履歴書の添削をしてくれるが早い者順なので早く行った方が良い。
      就職活動開始は3月の人もいれば6月ごろの人もいたし、国家試験が終わってから(2月)の人もいた。
      就活の時に気を付けておいた方が良い事はとにかく早めになんでもやっておいた方が良い。
      進学についてはある程度の成績であれば容易。
    • アクセス・立地
      最寄駅は岡山駅。
      駅から大学まではバスで20分。
      学校の周りは山。
      住んでいる人が多い場所は岡山大学周辺。
      飲み・遊びに行くことが多い場所は駅周辺、イオン。
      買い物も同様。
    • 施設・設備
      キャンパスについては高い建物が多いため場合によっては階段でかなりのぼることもある。
      教室については普通。
      研究設備については古い機械が多く、故障しているものが多い。
      図書館は新しくなったので比較的利用しやすく勉強しやすい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      いろんなサークルがあるので友達はできやすいと思う。
      学内の恋愛は男子の人数が多いのでそこまでカップルは見かけないが、たまにいた。
    • 学生生活
      サークルや部活動は春や秋にある学園祭で活動するところもある。
      大学のイベントは七夕祭など細かいものがたくさんある。
      アルバイトは学内でもいくつかある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は必修は高校までの基礎、応用程度であまり難しくない。学部学科共通の必修科目や進級に必要な単位をとっておいた方が良い。
      2年次は臨床検査技師の国家試験を受けるために必要な科目、実習が入ってくる。
      3年次は座学よりも実習が増えてくる。
      4年次は実習のみ。
      卒業論文についてはそれぞれのゼミで研究しているものについて発表すればよい。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      なし
    投稿者ID:429207
    この口コミは参考になりましたか?
  • 岡山理科大学のことが気になったら!

    キャンペーン対象校のパンフを5校以上まとめて取り寄せると!
    500円分の図書カード全員にプレゼント

    ※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

  • 女性卒業生
    理学部 臨床生命科学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      臨床検査技師を目指して入学した学生がほとんどだが、実際受験資格が持てるコースに進めるのはその半分に絞られる。教員の数が大きな理由らしいが、希望した学生全員に臨床検査技師の受験資格を与えられるようにしてほしい。
      課題の数に関してはどの講義も多くはなく取り組みやすい
    • 講義・授業
      実験の時間は、器具の使い方から丁寧に指導があり、納得のいく結果がでるまで教員が待ってくれるのがありがたい
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの開始は4回生の4月から。
      ゼミの人数は、一人の教員につき5?10人と少人数で、教員や院生とも話しやすい。
    • 就職・進学
      就職支援センターが大学内の中心部にあり気軽に利用しやすい。
      また就職活動専用の講義もあり、単位も取得できる。
    • アクセス・立地
      バイクや車の駐車場があり、バスも10分に一本大学内に来る。 キャンパスが丘の上にあるため、徒歩や自転車だと坂がきつい
    • 施設・設備
      実験で使用する器具は最新のものを揃えてくれているため不便は感じない。
      ただし建物が一部老朽化しているので改修を希望する
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学全体の学生数は多く、サークルもたくさんあるため友達も増えやすい。
      ただし男女比が7:3と片寄っているので女子と仲良くなりたい場合は市内の他の大学生とつながりをもつとよりよいかも
    • 学生生活
      サークルの数はたくさんあるが、個人的に参加したいものがなかったため、入会しなかった。他の大学のサークルにも目を向ければよかったと今は思う
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年目は生化学の基礎を学ぶ。
      成績順で二年次のコースを選ばれるので必修科目は絶対に落とせない
      二年目は生化学の講義とコースごとの専門講義がある
      三年目は講義に加え、実験科目がある。実験の内容によっては帰りが遅くなるかも
      四年目からはゼミに配属され、卒業研究に取り組む。
      空き時間に落とした科目の再履修を受ける学生もいる
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手配達業者の事務職
    投稿者ID:426822
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    理学部 化学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学の偏差値は低いためレベルが低いと思われがちですが、先生方のレベルは高く(旧帝大卒の先生が多い)、研究力も高いです。
      4年間で学ぶ内容は他大学よりも基礎的なことが多いと思いますが、国立の大学院への進学者もいるのが事実です。
      入学してからは、自分がどこまで頑張るかで学力は決まると思います。
      3年生からはSプログラムという早期研究室配属プログラムがあり、希望者はこのプログラムにより、一般の学生よりも1年早く研究に取り組むことができます。また、成績優秀ですと、内部進学という条件で早期卒業し岡山理科大学大学院に入学することができます。
      また、専門科目以外にも大学として教職の勉強もでき、教員免許も取ることができます。化学実験を色々と経験することで、レポートの苦労とともに達成感や伝えるための工夫も学ぶことができ、将来子供たちに化学の楽しさを伝えたい人にはピッタリだと思います。
      経済的な面でも、入学時だけでなく、各学年ごとに成績優秀者は特待生に選出されるので、とにかく勉強を頑張れば学費は半額免除になります。
      サークルに所属すると先輩後輩や他学科の学生とも交流でき、充実した学生生活を送ることが出来ます。
    • 研究室・ゼミ
      基本的には3年の後半に研究室配属の希望をとり、4年から本格的に配属されます。
      どのゼミも先生方が非常に協力的で、自分が研究したい内容で卒業研究をすることができます。
    投稿者ID:387547
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    理学部 応用数学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      数学の教員免許が取れます。人数も多くて、和気あいあいとした雰囲気の学科です。
      学校にはパソコン室が何ヵ所かありますが、いつも込み合っています。ですが数学科には数学科専用のパソコン室があるので、時間帯を気にせず利用できます。
      数学科は他の学科に比べて、あまりお金がかからないはずなのですが、学費は他の学科とあまり変わらないので、☆3です。
    • 講義・授業
      かなり充実しています。
      数学科ということで、かなり変わった教授が多いです。一年生から三年生にかけて、少しずつ講義の分野が細かくなっていきます。なので、4年のゼミ選びは選びやすいです。数学の演習の講義は先輩が何人か来て教えてくださるので、助かります。
    • 研究室・ゼミ
      3年の後半でゼミ選びがあり、4年からゼミに別れます。学科の中でも、分野別でゼミがあり、各分野でも複数ゼミがあります。3年の後半のゼミ選びのときも、事前に見学の時間を設けてくれます。
    • 就職・進学
      この学科は教員志望がかなり多く、教員採用試験対策の授業もあり、充実しています。
      それ以外の就職先もサポートセンターがあるので、就職率は悪くないです。
    • アクセス・立地
      山の上にあって、坂が多いのに、エレベーターやエスカレーターがないので通学しづらいです。
    • 施設・設備
      パソコンもあり、旅行業者もいたり、コンビニもあり、学食もたくさんあり、本屋もありと、施設は充実しています。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      私は中学の数学の教員になりました。
    投稿者ID:387259
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    理学部 基礎理学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      理科、数学、情報の教員免許が同じ取得できるのはかなり魅力的だがその分もちろん授業数は増えて課題レポートは多い。教員志望にとっては手厚いが学芸員や研究者志望にとってはやや物足りない。
    • 講義・授業
      理科全般が学べるので広く教養が身につく。基本的に基礎理の先生方はフレンドリーなので質問などもしやすく授業の雰囲気も良い。
    • 研究室・ゼミ
      サブチューターという基礎理ゼミの時間に基礎理の先生方が勝手に振り分けた研究室で1クールに1回程度しか活動しない。興味のないゼミ室なので正直退屈ではある。
    • 就職・進学
      教員として就職する人が多い。岡山県はもちろんそれぞれの地元での就職をよく聞く。大学院への進学は少数派である。
    • アクセス・立地
      バスに乗れたら楽だがバスはとても混む。また山の上なので登校する際坂道がとても急でしんどい。自転車通学が多い。
    • 施設・設備
      新しい建物のA1号棟はとても綺麗で学内に図書館が6つもあり書籍は充実している。パソコンの開放室もありパソコンを持ってない生徒は存分に利用している。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      基本的に同じ学科の友人が多いが部活動に所属することと他学部、他学科との繋がりもできる。恋愛事情は不明。
    • 学生生活
      部活動での活動が少なくあまり活発的であるとは言い難い。ただし、楽しいことには代わりはないのである程度は満足している。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      教職課程と、選択科目で理科全般と数学、情報の科目がある。英語は必修。また1回生は春学期にフレッシュマンセミナーというセミナーを受けなければならない。
    投稿者ID:409281
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    理学部 応用数学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      先生が好き嫌いはっきりわかれる。また、先生が話しているのに、死語が多い。そもそも聞く気がない奴が多い。まじめに勉強したい人もいる。ただ、全体的には半分半分だから、3点をつけた。
    • 講義・授業
      内容的には、演習と講義が半分半分で、復習ができるから良い。が、答えをくれなかったりするので、非効率的である。もう少し生徒のためを思ってくれたらいいのに、とも思う。
    • 研究室・ゼミ
      質問しやすい環境で、私はよく利用している。でも、利用してない人からすると、ドアがしまっているから、入りにくいとおもう。
    • 就職・進学
      教師になりやすいカリキュラム、授業、就職率だから、就職に関してはあまり問題はないとおもうが、教師以外となると、どうなのだろう。
    • アクセス・立地
      山を切り崩したため、坂が多い。階段も多い。筋トレにはいい感じ。岡山駅からバスがちゃんとあるから、来れる分には来れる。
    • 施設・設備
      応用数学科だけが使える、パソコン(計算機室)があったり、図書館が3つあり、本がたくさんあり、設備は充実してると感じる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋愛している人はいるけれど、学校内と学校外(遠距離)が半分ずつだとおもう。男女の比率が1:1じゃないっていうのもその原因かと。
    • 学生生活
      私は違う大学のサークルに入っていて、そういう人も多いと思う。なにかしらのサークルに入ってる方がいいと思うけど、あまり魅力は感じない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は、とにかく科目数がおおい。教養科目が特に多い。二年次は、ましにはなるが、まだ科目数が多い。三年次は、専門が中心四年次は、研究室
    投稿者ID:413955
    この口コミは参考になりましたか?
721-10件を表示

岡山理科大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフを5校以上まとめて取り寄せると!
500円分の図書カード全員にプレゼント

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

基本情報

住所 岡山県 岡山市北区理大町1-1
最寄駅 JR津山線 法界院
電話番号 086-252-8431
学部 理学部、 工学部、 総合情報学部、 生物地球学部、 経営学部、 教育学部、 獣医学部
概要 岡山理科大学は、岡山県岡山市に本部を置く私立大学です。通称は「岡山理大」「岡理(おかり)」など。1964年岡山理科大学「理学部応用数学科・化学科」の2学科で創立しました。その後、「理学応用化学科」や「応用物理学科」を増設し、1986年に「工学部」、2012年に「生物地球学部」などを増設し現在に至ります。「応用数学科」では「数学」「情報」の2つの教員免許を取得することができ、全国各地の中学校・高等学校教員としてOBを輩出しています。 東京ドーム16.8個分の786.003㎡もの広大な面積をもつ岡山理科大学は、JR岡山駅から路線バスで約20分と立地の良い環境です。17学科1コースの学科数は理学部のある大学の中では1番です。また、約5人に1人が女子生徒と、理系大学としては比較的女子の比率が多いです。

この学校の条件に近い大学

岡山理科大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフを5校以上まとめて取り寄せると!
500円分の図書カード全員にプレゼント

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

おすすめのコンテンツ

岡山県で評判が良い大学

みんなの大学情報TOP   >>  岡山県の大学   >>  岡山理科大学   >>  理学部   >>  口コミ

岡山理科大学の学部

理学部
偏差値:BF - 42.5
★★★☆☆ 3.49 (72件)
工学部
偏差値:BF - 42.5
★★★★☆ 3.57 (46件)
総合情報学部
偏差値:BF
★★★★☆ 3.52 (27件)
生物地球学部
偏差値:45.0
★★★★☆ 4.25 (15件)
経営学部
偏差値:42.5
★★★★☆ 4.00 (2件)
教育学部
偏差値:BF
☆☆☆☆☆ - (0件)
獣医学部
偏差値:47.5 - 55.0
☆☆☆☆☆ - (0件)

オススメの学部

東京理科大学
東京理科大学理学部第二部
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ (61件)
東京都/私立
日本大学
日本大学生産工学部
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ (103件)
千葉県/私立
酪農学園大学
酪農学園大学農食環境学群
併願校におすすめ
★★★★☆ (82件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。