みんなの大学情報TOP   >>  広島県の大学   >>  広島女学院大学   >>  口コミ

広島女学院大学
出典:Hisui
広島女学院大学
(ひろしまじょがくいんだいがく)

広島県 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:40.0

口コミ:★★★★☆

3.88

(74)

広島女学院大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.88
(74) 私立内142 / 567校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.77
  • 研究室・ゼミ
    3.88
  • 就職・進学
    4.08
  • アクセス・立地
    2.93
  • 施設・設備
    3.31
  • 友人・恋愛
    3.62
  • 学生生活
    2.93
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

74件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    人間生活学部 管理栄養学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      私が所属していた学科では、管理栄養士国家試験合格に向けてのサポートが厚く充分な環境のもとで勉強に専念できました。
      授業や実習についても、熱心に指導してくれる先生方ばなりでした。ただ、そのような先生方が多いので、なんとなく管理栄養士になろうかなとか中途半端な気持ちで入った学生は逆にしんどいと思います。
    • 講義・授業
      先生の雰囲気もよいと思います。
      特に基礎科目は、わかりづらく聞いていても楽しくないかもしれませんが、基礎科目を勉強していないと後の授業の理解が不充分だと思います。
      講義中の雰囲気は、他の学科に比べると礼儀を重んじ割と真面目だと思います。
      課題は、2年3年になると多くなるとは思いますが、時間を有効に使えばこなせる量だと思います
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは生徒同士でどこの先生にするか話し合います。
      ゼミでの研究は先生によって様々なので、自分が興味のある研究内容だったり、先生との相性で選ぶとよいかもしれません。
      卒論も個人ではなく、グループで執筆するのでふたんはそこまでではありません。
    • 就職・進学
      就職実績はとてもよいと思います。
      就活前に、就職セミナーを開催してくれサポートも手厚いです。
      また就職後の転職についてもサポートしてくれます。
    • アクセス・立地
      広島駅から大学まではバスで15分くらいなので立地は割とよいと思います。また本通りや八丁堀などの街中にも近いので遊びにも行きやすいです。
      学校の周りには徒歩で10分くらいのところにセブンイレブンやスーパーがありますが基本なにもないです。笑
    • 施設・設備
      キャンパスは大学の規模も小さいためそこまで広くはないです。
      研究設備は、整っている方だと思います。
      図書館はそこまで大きくはないですが、自然に溢れており眺めがよく綺麗な建物です。
      ただトイレが和式な施設があるので、そこだけが気になります
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は私は良好だったと思います。
      また彼氏がいる子も多く、出会いはバイト先や友達の紹介などが多いようでした。
    • 学生生活
      大学のイベントは、私立だからかビンゴ大会などの景品が充実しているように思う。ただこれは年によります。
      サークル活動は私は充実していました、ただ全体的に文化部はあまり盛んではない気がします
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は解剖生理学や基礎栄養学など
      2年次は調理学や応用栄養学、調理実習など
      3年次は臨床栄養や臨床栄養の実習など
      4年次はゼミでの研究や国家試験の勉強など
      学外での実習は3年から4年の夏くらいまでにあります
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      病院
    投稿者ID:428715
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    人文学部 国際英語学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      講師の定着率にばらつきがある
      学科名が変わりすぎて伝統も何もない
      良い先生を集めても、大学として魅力が増えないと学ぶ意欲の強い学生は集まらないように感じる
    • 講義・授業
      自分が受けていた時は経験の深い講師が多かったため、学びの多いものとなっていた。学科名が変わったりすることでそこの継続ができなくなっているように感じる
    • 研究室・ゼミ
      ゼミでの活動が主ではなかったため、内容についてはかもなく不可もなくと言った感じ。ゼミとしての活動にばらつきもある
    • 就職・進学
      就職についてはそもそも就職が難しい分野ではないため、特段述べることはない。先輩との繋がりは不明である。
    • アクセス・立地
      広島市内からも広島駅からも近いため、立地的には便利な場所にある。バスでの移動が強いられるのはネックでもあるが。
    • 施設・設備
      施設は全体的に新しく、自由に使える施設も多いので充実している。図書館についても専門書は少ないが使いやすい
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大であるため、恋愛に関してはコメントなし。学科を超えた関わりを持てる機会もたまにあるので良いこともある
    • 学生生活
      サークルについてはあまり活動をしていないものもあるので、その辺も考えて決める必要がある。市内に近いためアルバイトがしやすい
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に保育、幼児教育であり、選択制で初等教育と心理学が勉強できるのは良い。現在の内容についてはわからないが。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      福祉施設
    投稿者ID:429470
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人間生活学部 児童教育学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      幼児や児童教育について学んだことは多かったが、教育関係以外の学問についてはあまり勉強できなかった。第2外国語は英語、フランス語、ドイツ語、韓国語、中国語しか選べなかった。他の学問の授業を受けようとすると、何故受けるのかと学生課から不思議な目で見られ、閉鎖的だと感じた。
      ピアノレッスンが無料で受けられる点に関しては良かったと思う。先生も優しい先生が多く、キリスト教についても学ぶことが出来た。1年生の時は学外から講師を呼んで講義を受ける機会が多いので、多様な考え方を知ることが出来た。
    • 講義・授業
      大学教授の皆さんはビジネスマナーや保育実習をするにあたっての注意事項など、当たり前のことでも非常に丁寧に教えてくれた。ピアノが全く出来なくても卒業するまでには簡単な童謡を弾けるようになり、ピアノが元から弾ける学生はさらに上達することができた。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年から入ることになっており、成績が良い学生が優先的に希望のゼミに入る。自分の所属していたゼミは図画工作を中心としたゼミだったので、ほかのゼミと比べると少し短めの卒業論文に加えて制作を行った。キャンバスに絵を描いたり、ドールハウスを作ったりと、卒論については基本的に自分で好きなように決めることが出来た。ゼミは他にも音楽を研究するゼミ、運動を研究するゼミ、教育学を研究するゼミなどがあった。
    • 就職・進学
      就職実績は毎年95%を超えている。ほとんどの学生が公立、私立の幼稚園や保育園、小学校へ就職している。一般の民間企業にも就職した学生もいる。就職活動のサポートは就職課が行っている。履歴書の書き方や面接練習など、一人ひとりに合ったサポートをしている。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は広島駅で、そこからバスで15分程度、歩くと40分程度かかる。山の上にあるのでカラスや虫が多い。大学のシャトルバスがあり、普通のバスよりも安い180円で乗れる。しかし決められた時間帯にしか来ない上、授業がある日でないと来ない日もある。バスの台数も少ない日があるので、利用しにくさは時折感じる。
      広島の中心街へのアクセスはバスで15分程度なので立地は悪くないと思う。
    • 施設・設備
      カラーコピー機の台数が大幅に減ったことがとにかく不便。パソコンに関してもあまり良い設備とはいえない。パソコンは数多く揃えてあるが、図書館の職員はあまりパソコンに詳しくないことがある。パソコン自体もあまり動作が停止することがしばしばあるため、学生がイライラしている姿は日常茶飯事である。
      課題は学科によるが、幼児教育心理学科は手書きの課題が多かった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大なので、異性との出会いを求めるならばサークルや友人からの紹介、合コンなどできる範囲は自然と狭まる。他大学のサークルとのカップルはよく聞く話だが、関係がこじれるとサークル内で顔を合わせることになるのであまりオススメは出来ない。
    • 学生生活
      サークルや部活動は、大学の規模にしては多いのかなと思う。就職に有利に働くので、ボランティアも含めて何らかの活動をした方が良いかなと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生ではパソコンの基礎や英語、外部からの講師を招いての講義、教授の話を聞く授業等がある。2年生も同じような感じだが、専門科目が少し多めに入ってくる。幼稚園の実習が初めて2年生で入る。3年生と4年生では保育実習と施設実習、人によっては小学校実習等も入ってくる。ゼミは3年から所属し、卒論の研究内容を考えていく。3年までは割と授業が多く、大変かもしれないが4年生になると週2しか大学に行かなくて済むので、それまでが辛抱。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      民間企業の保育園
    投稿者ID:429840
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    人文学部 国際英語学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年11月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      他学部に比べて国際は微妙です。
      様々な分野が学べて、豊富な選択肢があるというのは聞こえがいいのですが、とにかく専門性に欠けていました。
      1年で必修、2年で専門基礎科目を、3年から本格的な専門科目とゼミを選択しますが、専門分野のスタートが遅いので、他大学の同じ専門学科と比べて専門知識が浅いまま終わってしまいます。
      さらに、学生は結局無難な選択肢を選ぶので、専門ゼミの人数が偏っていました。

      2012年度から今のカリキュラムに変わったそうですが、私が入学した時点で学校側も手探り状態だということがこちらにも伝わってきました。
      専門分野を増やしたことで、講師の確保が必要になり、年々質の維持が困難に…
      後述の件もありますが、現在国際教養学部の授業の閉講が目立ちます。

      結局、来年度(2018年入学)から学部をまた再編成するらしいです。選択肢を狭めて、英語力と国語力の強化という方向に切り替えるそうですね。そうなると私たちのカリキュラムは失敗したという意味にもなり…私としては不満が残る学部でした。

      新しいカリキュラムには期待しています。
      ですが、学部再編成を繰り返しているので、しばらく不安定さは残ると思います。
    • 講義・授業
      国際は殆どの授業が楽単でした。
      なかなかレベルが高く面白い講義もあれば、つまらない講義もあったり…
      超楽単と評判の授業は、様々な学生が集まるので私語が目立ちます。
      学生の意欲の差が激しいです。

      幼心、栄養は、資格取得を目指す学部なだけあって、授業の質は高いと聞いています。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミによります。
      私のゼミは先生が色々と相談に乗ってくださり、卒論のサポートが手厚く、とても充実していました。
      ですが、ゼミによってはかなりの少人数になるので、向き不向きがあるかも…
    • 就職・進学
      地元企業の就職実績は良いと思います。
      キャリアセンターのサポートも手厚く、学内企業説明会も何度も行われていますし、余程のことがない限りは就職できます。
      幼心、栄養、生デは資格取得、専門性が強いのでその分野の就職では実績を残しています。
      国際はバラバラです。ややサービス業小売業が目立ちます。元々私も含めて大学入学時に明確な目標がない状態で入学した学生が多いので、4年間どのような学生生活を過ごしたかによります。結局その人次第だと思います。

      ただ、国際のコースで中学高校教師を本気で目指すのはかなり厳しいのでやめたほうがいいと思います。

      資格取得は出来ますが、採用試験にはなかなか通りません。
      毎年1人いるかいないかのレベルです。教師を本気で目指されているのなら浪人してでも他大学の専門性の高い学部を選択するべきです。
    • アクセス・立地
      広島駅、八丁堀から牛田早稲田行きのバス、もしくは通学用のつばめバスで通えるものの、それ以外のルートではイマイチ。

      徒歩だと坂がきつい。
      道路がガタガタなので、ヒールで通学するとたまに躓きます。
    • 施設・設備
      年季が入ってます。人文館のトイレは小学校を思い出させます。近年改装が進んでますが、元々少人数体制の学校なので、あまり充実していないかな…
      売店はひとつしかなく、食堂も美味しいのですが食券が切れるのが早いので、皆弁当を持っていくか、坂下のコンビニで昼ごはんを買っています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大なので、恋愛は期待できません。
      皆、アルバイトや他大学と交流のあるサークルに所属するなどして恋愛しています。

      友人関係は、少人数体制、授業はグループワーク制をとっているので、強い絆で結ばれやすいです。結束力が高く皆仲良しで生涯の友ができます。
    • 学生生活
      サークルは自由度高めです。
      地域貢献活動ができるサークルもあるので、ここでしかできない経験が沢山出来ると思います。
      学祭は、ゲストライブやファッションショーはまあまあですがそれ以外はイマイチです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      小売業
    投稿者ID:391709
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    人間生活学部 管理栄養学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      可もなく不可もなく、しっかりと勉強して、授業に参加していれば管理栄養士の資格を取ることができると思う。栄養学を学びたい人にとっては良い環境なのではないかと思う。
    • 講義・授業
      履修の組み方については、おおよそ決まっており、ほぼ選択肢がなかった。教職を取るか、管理栄養士の資格取得を諦めるかの選択肢しかないような感じがあるように思えた。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミ生同士のつながりは、ゼミによってまちまちであった。良いところはとても仲がよく、そうでもないところは干渉することもなかったように感じた。
    • 就職・進学
      就活のときに気を付けておいたほうが良いことは、折角資格を取得するのであれば、活かすことのできる仕事につくべきであると言うことである。
    • アクセス・立地
      駅から大学まではバスがあり、自転車でも通うことができる距離であるため、辺鄙なところ過ぎるということはない。
    • 施設・設備
      キャンパスについては、全体的にこじんまりとしていて、さほど広くはないと思う。山にあるため、坂道が多く移動が大変である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大であるため、サークルなどの繋りがない限りは恋愛関係まで発展することはないように感じた。自ら動くことが大事である。
    • 学生生活
      サークルの種類が少ないため、興味を持てる分野がなければサークルに所属することもないと思っていたため。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目がほとんどなので、勉強しなければいけないことが多く、幅広く栄養学を学ぶことができると思われる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      食品関係
    投稿者ID:415369
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人間生活学部 児童教育学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      楽しく幼児教育について学ぶことができます。先生たちはみーんな優しいし、面白いし、距離がちかいです。また先生同士も仲ごいいと思います。
    • 講義・授業
      とても丁寧に教えていただけます!
      先生方は本当に優しいです!
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの先生は面白いです!親身になって聞いてくれます!
      信用できます!すごくいい先生です!
    • 就職・進学
      親身になって聞いてくれます!
      大丈夫です。保育者になるための就職率は100パーセントにちかいです!本当におすすめの大学ですよ
    • アクセス・立地
      バスの本数が少ないし、スクールバスのお金はとらないでほしい。
      高い!そして山すぎた。不便です。
    • 施設・設備
      食堂にお好み焼きがほしい!
      安田のような広い食べるスペースがほしい!
      本当に女子大生っぽいことを知らない隣の人とでも知りたい、やりたい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      最高に、楽しいです!
      毎日笑って楽しく過ごすことができています。真剣に話したり、ふざけあったりして本当に充実しています!!
    • 学生生活
      充実しています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      幼児教育について
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      保育者になること、
    投稿者ID:390110
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人間生活学部 生活デザイン学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      在学の生徒の人数が他の大学、他の学科と比べて少ない方なので、先生が生徒ひとりひとりをちゃんと見てくれます。生活デザイン、建築学科では、建築に興味の無い生徒も1年次で必須の建築専門の授業を受け単位を取得しなければならないのがしんどいです。私は教職の資格取得を目指しているので3年次では土曜日も授業があることがありますが、教職を取らないのであれば土曜日に学校に来ることはそうそうありません。様々な資格を取得することもできますが、何の資格取得も目指していないという私の友達は3年次の秋学期からは週に1日しか学校に行かなくて良いという子もいます。卒業単位は普通に学校に通っていれば、3年春学期で取り終えることが可能です。
    • アクセス・立地
      広島駅からスクールバスが出ているので通いやすいです。料金は片道180円です。
      でも、自分が登校、下校する時間にスクールバスが動いていない場合もあります。その時は市バスを使います。
    • 施設・設備
      坂道多いです。
    投稿者ID:387974
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    人間生活学部 児童教育学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      ピアノのレッスン室、個人レッスンもあり、ピアノが苦手でも沢山助けてもらえます!先生方も、相談にのってくださったり、アドバイスをくれたりしてくれます。
    • 講義・授業
      特別講演会などで、講師の先生のお話を聞いたり、実演を見たりすることもできます!楽しい時間が過ごせます。
      授業でも、グループに分かれて発表があったりして楽しいです!
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      保育園、幼稚園、小学校の先生を目指して勉強します。
      専門的なことを講義だけでなく、実際に作ったり書いたりしながら出来るので分かりやすいと思います。座って話を聞くだけでは無いので、その分楽しい授業もたくさんあります!
      1年生では、基礎的なことを全体的に学び、2年生では実習も開始します。その為、実技的なことも学ぶことができます。3年生では、ゼミが分かれ、卒業論文のために少しずつ資料集めが始まります。4年生では卒業論文と実習がメインになります。
      この間に、特別講演会や、実習に向けて指導案の添削を一人ひとりしていただけたり、学生の前で実際に子どもを想定して、保育をしたりしながら、学生間でも意見を出し合ったり、アイデアを出し合ったりできます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      認定こども園
    投稿者ID:386851
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    人間生活学部 児童教育学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      幼児教育を学ぶにあたってはとても充実した施設が整っている学校だと思います。幼児教育心理学科となっていますが、後々幼児教育と心理の2つに分かれていくようになり、大体が幼児教育に進むため心理学をしっかり学びたいという方はほかの学校をお勧めします。はじめは全員が同じ授業を受けるため心理学重視の学生であってもピアノや体育が必須科目として取らなくてはいけません。学校自体は山奥にありますが、専用バス(有料)もあり学内もとてもきれいで過ごしやすいです。卒業後の就職率もとても良い方であると思います。女子大のため学内の恋愛は望めませんが、他大学と交流のあるサークルなどもあるのでそこでの出会いは充分にあるかと思います。お嬢様学校と言われがちですが、いたって普通の学校で学内はいつもにぎやかです。
    • 講義・授業
      講義は学科内で4年間ほぼ全員が同じ授業を取っていくようになり、選択科目がほとんどありません。必須科目をきちんと単位取得し何度か実習を行うことで幼稚園教諭や保育士などの資格を得ることができます。講義自体も出席日数を満たし、テストで合格点を取れば単位を落とすということはないと思います。講義の中には音楽や工作、体育などの授業もあり座学ばかりではないのがほかの学科とは違い楽しめる部分かなと思います。キリスト教の学校ということもあり、入学して1~2年間くらいはキリスト教について学ぶ必須授業がありますが、ただキリストについて学ぶだけであり無理に勧誘されるなどということはないのでそこは安心して良いと思います。クリスマスになると学内に大きなクリスマスツリーが登場するのでとてもきれいです。
    • 研究室・ゼミ
      1年生のときからゼミのような少人数編成でおこなう授業のようなものがありましたが、3年生から卒論や就職に向けて新たなゼミ編成がおこなわれます。何人かの先生の中から自分が研究したいことについて良い学びができると思う先生を選び学生課に提出します。中には人気な先生もいるので、希望者が多いゼミは抽選で決められます。漏れてしまった学生はほかのゼミに入ることになりますが、たいていどこのゼミに行っても先生方は熱心に対応してくださると思います。各ゼミどこも仲がよさそうで、私の所属するゼミでは夏に卒論制作合宿を行ったりと楽しかった思い出があります。卒論は考えるだけで嫌になってしまうかもしれませんが、自分が本当に学びたいことをテーマにすれば、楽しく取り組むことができると思います。テーマ決めはとても大切です。卒論で何を書くかは3年生から決めていくようになるのでそれまでに楽しんで取り組めそうなテーマを見つけていく事をお勧めします。先生方の添削は時に厳しいときもありますが、完成した卒論に対し良い評価をもらえたらとても嬉しく感じます。
    • 就職・進学
      だいたいが幼稚園教諭や保育士になります。小学校教諭の資格取得もできるので、小学校の先生になる学生も十数名います。ただ試験に合格することが困難らしく、初めは臨時採用から始まる学生が半数以上です。幼児教育学科ではありますが、もちろん一般企業に就職する学生も数名います。ただ、先生方も幼児教育関係の方が多いので一般企業への就職を望む人は完全に個人で頑張っていくようになります。私もその一人だったのですが、保育士になる子たちは案外のんびりと就活をするので、自分自身も切羽詰った感じがなくなってしまいます。進む道も違うので孤独に感じることが多々ありましたが、周りに流されずにやっていくことが大事だと思います。
    • アクセス・立地
      山奥なので野生動物がたまに出ます。襲われるようなことはないのでそこは安心を。学校前に公共バスがとまるバス停があるのと、最寄りのJRの駅から学校直通のバス(有料)もあるので通いにくいことはないです。直通バスの方は授業に合わせての運行しかないので中途半端な時間に行こうとしたら公共バスを使うことになります。ちなみに最寄JRの駅からはあるいて30~50分程度です。帰りは学校から最寄JR駅までと市内中心部の2方向のバスが用意されており、講義後に遊びに出る学生も多くいます。
    • 施設・設備
      学内全体がとてもきれいで過ごしやすいです。ピアノの個人練習室や体育館、小ホールと講堂もあるので比較的何でもできます。図書館はとてもきれで落ち着ける場所です。利用は少ないですが、一人でゆっくり落ち着いて時間を過ごしたいときなどにおすすめです。文芸書よりは専門的な本がとても多いですが、調べものをするには良い場所です。インターネット利用もできます。1~4階まである大きな図書館です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私の学科はみんな仲良く、100人近くいた学生ほぼ全員で飲み会を開いたりもしました。女子大の為学内恋愛は望めませんが、他大学との交流があるサークルもあるみたいなので、そこでの出会いは充分望めるのではないかと思います。学祭の実行委員に入っている友達は先輩や後輩など幅広く関係ができ、忙しそうではありましたがとても楽しそうでした。
    • 学生生活
      1、2年生のころは授業がびっしり詰まっている感じなので、バイトをがっつりできる感じではありません。3年生以降は授業数が減るので自由な時間がかなり取れます。おおきなイベントは学祭ぐらいしかありません。トークショウやライブイベントがあり割と有名な芸能人やアーティストが来てくれるのでそこが楽しみの一つです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は、算数や国語、英語等幼児教育に関係のない科目も必須科目になっています。音楽、工作、体育など他学科にはなさそうな授業もあるので遊びのような感覚で取り組めることもあります。2年次も大体同じ感じです。3年次あたりから将来に向けて徐々に授業選択が変わっていきます。心理学専攻の子は心理系、幼児教育の中でも小学校教諭を目指す人、公務員試験を受ける人など方向は様々です。大体が保育関係に進むのでやはり大筋の授業選択は同じ感じです。4年になるとほぼ授業がありません。週1回ゼミがある程度です。卒論についてはテーマ次第でとても楽しく研究することができるかと思います。厳しく添削をされ挫けそうになることもありますが、最終的に完成した卒論を褒めてもらえた時はとてもうれしいです。3年生あたりから卒論は何にするか考えていくようになると思います。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      県内の図書館(契約社員)
    投稿者ID:412956
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人間生活学部 生活デザイン学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      全体的に授業も単位が取りやすく、友達も作りやすいため毎日楽しく通えると思う。ファッションや建築を学びたい人には専門的な授業もあるのでオススメ。得意な事を生かせるのは良いのだが、苦手な事に対しては心が折れそうになることもあり、少々苦労した。
    • 講義・授業
      単位取得が難しい科目もあるが、自分が得意な分野の授業や得意じゃなくても取りやすい科目もあるので休まずに授業に参加するように心がければ良い。
    • 研究室・ゼミ
      今自分が所属しているゼミは基本的に自由で、自分が好きな事に取り組むような感じになっている。先生も親身に相談に乗ってくれるので安心してゼミに所属する事が出来る。
    • 就職・進学
      就職活動に関してのサポートはしっかりしていると思う。セミナーや企業説明等の紹介、就職に関しての悩み相談にのってくれる。
    • アクセス・立地
      最寄りの駅は広島駅だが、バスで15~20分、歩いて40分ほどかかるのであまり良いアクセスとは思えない。
    • 施設・設備
      キャンパスの設備は全体的に綺麗で、パソコン室やトレーニングをする部屋といった施設も充実していて便利だと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      明るく、元気な学生が多いので友達は作りやすいと思う。サークルも多く、自分に合ったサークルが見つかると思う。
    • 学生生活
      私はこの大学にして良かったと思う。なぜなら毎日一緒にいてくれる友達、優しく支えてくれる先生方、設備も整っている方だと思うので大学に通うのが楽しい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年では主に英語や国語といった基礎科目やファッション関連の基礎を学び、3年では本格的にファッションについて学び、4年では就職活動をしながら卒論を完成させていくという流れになる。
    投稿者ID:409030
    この口コミは参考になりましたか?
74件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

広島県で評判が良い大学

広島県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  広島県の大学   >>  広島女学院大学   >>  口コミ

広島女学院大学の学部

人文学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.62 (26件)
人間生活学部
偏差値:40.0
★★★★☆ 4.02 (48件)

オススメの大学

北海学園大学
北海学園大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.68 (348件)
北海道/私立
藤女子大学
藤女子大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.03 (184件)
北海道/私立
旭川大学
旭川大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.69 (26件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。