>>     >>     >>  口コミ

同志社女子大学
同志社女子大学
(どうししゃじょしだいがく)

京都府 / 私立

偏差値:55 - 59

口コミ:

4.14

(168)

同志社女子大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.92 51位
研究室・ゼミ 3.96 39位
就職・進学 3.96 85位
アクセス・立地 3.25 160位
施設・設備 4.20 23位
友人・恋愛 3.80 64位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

168件中 1-10件を表示
  • 同志社女子大学
    女性卒業生
    学芸学部 国際教養学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      幅広い学問を学べ、在学中の1年間の留学は大変貴重な経験になると考えます。また、日本にいながらにして、授業はほぼ英語ということで、日本の大学生は遊んでいるという概念を吹き飛ばすほど、みっちり4年間学べる学科です。
    • 講義・授業
      学科の専門科目は全て英語です。そして、10人ほどの少人数ですので、1人ひとりに濃い授業がなされていると思います。また、ネイティヴの教授の授業ではレポートなどが課題ではなく、プレゼンテーションなど発表形式の講義がほとんどです。それに、対する教授のコメントも1人ひとりに丁寧で、確実に力がついていく授業ばかりです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは一回生のころから始まり、最初は留学に向けての準備がほとんどです。帰国後の3回生からは、各卒論テーマに合わせてゼミを選び、研究をすすめます。ゼミの先生とはフランクに会話ができ、相談にも多くのってもらいました。私は異文化間コミュニケーションをテーマに研究をすすめ、その分野に精通した先生といろんなお話ができたのはすごくいい経験となりました。
    • 就職・進学
      学科の卒業生の就職実績はほぼ100%です。一部、海外、日本の大学院に進む人もいます。業界としては、様々で英語を活かす仕事もあれば、全くそうではない職に就く人もいて、将来の進路が変に狭まらないのがいい点だと考えます。サポートはあまりしてくれません。自分の力でなんとかしていくことが求められます。しかし、留学などで鍛えられているので、サポートがあまりないことに不満や不安を、おぼえる人は少なかったように思います。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は近鉄奈良線の興戸駅、もしくはJR線の同志社前駅です。駅を降りれば周りは田んぼです。そして、まちかまえるのは、長い坂道です。夏場は教室にたどり着くころには汗だくといった感じで、通学はしやすいとは言えないですね。
    • 施設・設備
      基本的に充実していますが、Wi-Fi環境が乏しいのは大きな欠点です。そこだけですね。
    • 友人・恋愛
      学科ごとに仲が良いと思います。私の所属していた学科はクラスに分かれるので、クラス単位で親交が卒業した今でも続いています。恋愛関係はというと、女子大ですので学内でどうこうはありませんが、隣に同志社大学があるので、それなりに恋愛をしている学生はいたように思います。
    進路について
    • 就職先・進学先
      マスコミ業界
    この口コミは参考になりましたか?
  • 同志社女子大学
    女性在校生
    表象文化学部 日本語日本文学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      珍しい内容の授業も多く、学びたい分野を面白く楽しく興味を持って学ぶことができます。
    • 講義・授業
      所属する学部や学科以外の授業を受けることも可能なので、興味に応じてカリキュラムを組むことができます。また、今出川キャンパスと京田辺キャンパスを行き来して授業を受けることも可能です。
    • 研究室・ゼミ
      日学では1年の後期に専攻分野を、2年の後期にゼミを選びます。専攻、ゼミともに定員があり、成績上位者から席が埋まるのであまり単位は落とさないようにしてください。
    • 就職・進学
      大学のホームページを見る限りでは就職実績やサポートは十分なように感じます。
    • アクセス・立地
      地下鉄今出川駅から徒歩10分くらいなので通学しやすいと思います。
    • 施設・設備
      施設や設備は充実していますが、今出川キャンパスの食堂は座席数が少なくお昼時は座れる席がないほど混む場合もありますし、図書館の蔵書もジャンルによっては少ないなど不便な面もあります。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 同志社女子大学
    女性卒業生
    生活科学部 食物栄養科学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      勉強も遊びも全力で楽しめる大学です。 生活科学部は今出川駅から徒歩5分で通えるので便利ですし、もう一つのキャンパスである京田辺や近隣の大学と共同のサークル活動も盛んです。学生時代に「何かに熱中した」ということは就職活動にも役立つので、遊びも勉強も全力投球できる環境はとっても気に入っていました。
    • 講義・授業
      生活科学科は必須科目が多く、授業や実験も遅くまであるのでなかなか自由に授業を選ぶことはできませんでしたが、興味深い授業はたくさんありました。また、京都の大学は他大学の授業をとっても卒業単位としてカウントしてくれる制度があるので興味のある他大学の授業を受けに行くのもおすすめです。
    • 研究室・ゼミ
      生活科学科には専門的な分野を深く学べるゼミがたくさんあり、とても充実していました。私の場合は4回生の1年間はほぼ毎日研究室に通いっぱなしでした。卒論は学部全員の前で発表しなければならず、プレッシャーもかなりありました。今はどうなってるのかわかりませんが、忙しかったので就職活動は苦労しました。しかし、その分計画性が身についたと思います。
    • 就職・進学
      就職率も良く、サポートも充実しています。入学したころから就職活動に向けてのセミナーや授業があり、学生も早い段階から自分の進路を考える機会がたくさんあります。それから授業以外にも資格習得のための講座がたくさんあります。私も学生時代に秘書検定2級と簿記3級をとりました。就職活動に有利というよりも今の自分の仕事に役立っているのでこういった講座を受けれてよかったです。
    • アクセス・立地
      アクセスは抜群にいいと思います。駅から近いし、女子大ですが同志社がすぐ隣にあるので学生同士の交流も盛んです。
    • 施設・設備
      実験室が広く明るいです。また図書館も遅くまで開いてるので勉強もゆっくりできます。それから学生なら誰でも入れるジェームズ館という建物があります。ジェームズ館は歴史を感じるおしゃれな空間で、そこで勉強したり、友達と談笑して過ごした時間はとても充実していました。
    • 友人・恋愛
      生活科学部は少人数なので、友達も作りやすく、馴染みやすい環境です。せっかく自由な時間の多い学生生活です。勉強はもちろんですが気の合う友達と過ごす時間は学生生活を素晴らしいものにしてくれます。私は卒業して随分時間が経ちますが、大学時代の友達とは今でも交流があり、住む場所はバラバラでも年に何度か集まっています。女子大学ですが京都大学や立命館大学、同志社大学と交流があるので彼氏がいる子が多かったです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1回生は一般教養や語学の授業がほとんどでしたが、2回生から専門授業が増え3回生からは実験がはじまりました。実験や実習は出欠が厳しいので単位を落とす子も多かったです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      一般事務職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      残念ながら希望した職種にはつけませんでした。しかし、大学で取得した資格や大学の支援のおかげで就職することができたと思っています。
    入試について
    • 学科志望動機
      食について幅広い知識をつけたいとおもったからです。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • どのような入試対策をしていたか
      学校の先生に勉強をみてもらってました。また、塾には行かず、カフェや市のフリースペースで勉強していました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 同志社女子大学
    女性卒業生
    生活科学部 食物栄養科学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-17投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      食べることが好き、作ることが好きな方は、食について多方面から学べる本学科をお勧めします。 調理学、栄養学、食品学の基礎から応用が学べ、調理実習はもちろんのこと、京都ならではの食に関する学習もできます。「食」のみに留まらず、「衣」「食」「住」の生活科学全般を学ぶことができるのも魅力のひとつであり、他大学では経験できない内容の授業が豊富にあります。管理栄養士、家庭科教諭、フードスペシャリスト等の資格も取得可能です。
    • 講義・授業
      大学の授業といえば、広い教室に大人数の学生が教授の講義を聞くというイメージが強いかもしれませんが、本学は、学科・専攻に特化した専門講義については少人数制であり、講義に集中しやすく学習も身につきやすいです。また各方面の専門の教授がたくさんいるので幅広い視野を持ち学習ができます。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の数も多く多種多様の為、1~3回生で幅広く学んだ分野の中から強く興味のある分野を選択し、研究に取り組めます。企業と連携して研究を進める研究室もあります。発表会では同級生の前で一人ないしは二人でプレゼンテーションを行いますので、その力も身につけることができます。
    • 就職・進学
      管理栄養士の資格を取得し病院や学校等の施設に、また、食品関係の企業、飲食関係のサービス業に就職する方が多いです。もちろん他にも様々ですが、就職活動のサポートについては充実してますので活用しながら就職活動ができます。本格的に就職活動がスタートする前にインターンシップに参加することをお勧めしたいです。
    • アクセス・立地
      本大学は2キャンパスあり、本学科については今出川にあります。駅からは徒歩すぐの立地です。 京都市内の風情ある街中にあり、授業が終われば足を伸ばして京都観光にいつでも行くことができます。京都出身者以外の人は存分に京都観光をして欲しいです。
    • 施設・設備
      現在工事中ですが、完成している建物もありかなり綺麗で最新の施設になっています。工事が完成する2018年度には素敵なキャンパスライフを過ごせる環境に整っているはずです。 食を学べる研究室の施設はそれぞれ既に充実しています。
    • 友人・恋愛
      ビッグシスター、リトルシスター制度があるので、入学後わからないことはなんでも先輩に相談できる環境があります。学科についてはそこまで多すぎる人数ではないので、全員と仲良くなることができると思います。 女子大なので男性との恋愛は学内ではできません。男性も基本的に学内に入ることができません。ただ隣に同志社大、少し離れてはいますが京都大学があるので、いずれかのサークルに大抵所属してました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1回生は一般教養、食についての基礎 2回生は一般教養、食についての基礎及び応用 3回生は食についての応用、調理実習、その他専門的な実習 4回生は研究室に所属し、研究を重ね卒業論文を作成します
    • 所属研究室・ゼミ名
      食品物性学
    • 所属研究室・ゼミの概要
      食品の物性について、例えば弾力等の食感についての研究を行っていました。テーマについては自分で決めるというより、教授がある程度決めている内容について進めていくスタイルです。先輩から受け継いだ研究も多々あります。教授は話しやすく、今でも個人的に食事に行ったりしています。
    進路について
    • 就職先・進学先
      食品メーカー/人事職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      目指していた食品メーカーでありクリエイティブな社風に惹かれた為。そこで食で家庭に幸せな空間を届けたいと思った為。
    入試について
    • 学科志望動機
      食べることが好きで、食関連の仕事に就きたいと思っていた為。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      ECC
    • どのような入試対策をしていたか
      赤本を中心に勉強してました。学校にある過去のものも借りて、傾向を掴んでました。傾向さえ掴めれば対策は立てやすいと思います。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 同志社女子大学
    女性在校生
    学芸学部 情報メディア学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      情報メディア学科というだけに、パソコンを主にしようするので全生徒にMacを4年間貸してくれるなどサポートはかなり充実している。だが、大学自体放任主義なところがあるので積極的に自分から学びに行かなければ4年間、棒に振ることになる。
    • 講義・授業
      情報に関すること(作品制作、マスコミ、プログラミング)に興味を持っている人はどの授業も面白いと思う。教授たちは現場で働いたことのある人たちで話を聞いていておもしろいし、ゼミの時に相談した際のアドバイスはかなり為になる。
    • 研究室・ゼミ
      制作系のゼミは京都市との合同のプロジェクトがあり、自分の作品を見てもらう機会がたくさんある。自分の作品を展示する場も自分たちで考えて、展示会も開くので制作に興味ある人はかなり興味深いものだと思う。
    • 就職・進学
      自分は学校の就職関係のセミナーや説明会に行ったことがないので詳しいことはわからないが、定期的に大学のメールで説明会やセミナーを開いていた。金融業に強いイメージである。
    • アクセス・立地
      学芸学部は京田辺キャンパスで京都といっても奈良よりなので遠い人がほとんどである。そして田舎であるため電車の数も少なく、遊ぶ場も少ない。
    • 施設・設備
      4年間情報メディア学科の生徒にMacを貸していただけるし、制作に必要な有料ソフトも無料で使用できる。機材などは最新なものが揃っており、制作する人間にとって最高の場所だと思う。
    • 友人・恋愛
      女子大学なので恋愛は期待しないほうがいい。恋愛したいのであれば隣にある同志社大学のサークルに入るのがおすすめである。友人はゼミが2年から始まるので作りやすいと思う。授業はグループワークが多いのでその時もできやすいと思う。一人で行動するのが好きな人は1.2年は苦労するだろう。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は情報に関する基礎知識やパソコンのできることなどを教えてくれる。 2年生は自分の好きな分野を学べるようになり後期からゼミがはじまる。 3.4年生からは他学部の授業もとれるようになり、自分の好きな授業を受けれるようになる。
    • 所属研究室・ゼミ名
      有賀ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      作品であればどういうものを作ろうが自由。 ただなぜその作品を作りたいのか、見てもらう人に何を伝えたいのか、 作品を作るうえでの工夫など、作るうえでの過程をかなり見られる。 ゼミの雰囲気は基本的に一人ひとり好きなように自分の作品を向き合うという感じである。
    入試について
    • 学科志望動機
      文系で情報を学べるのは女子大だけで、その中で関西で一番知名度があるのが同志社女子大学だったのが志望動機である。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      四谷学院
    • どのような入試対策をしていたか
      同志社女子大学に落ちたら専門学校に行くと決めていたので、受験対策は同志社女子大学一本に絞った。 国語と英語が受験科目だったが、国語が得意で英語が苦手だったので国語を9割英語を6割と考えて対策していた。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 同志社女子大学
    女性在校生
    生活科学部 食物栄養科学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      食物栄養価学科は理系でありながら今出川キャンパスなので、駅からも近く通いやすいです。 2015年9月に新しい校舎もできたので、設備も整っています。
    • 講義・授業
      真面目な人が多いので、基本的にみんな出席します。 高校は文系だった人も多く、1回生の間は理系科目に慣れるための授業も多いですが、ここでわからないまま放置するとその先苦労します。
    • 研究室・ゼミ
      4回生でゼミに所属しますが、人数も10人程度なのでアットホームでとても楽しいです。 大学生活4年間の中でゼミが一番楽しかったといっても過言ではないほどです。 研究活動もあるので大変ですが、自分の興味ある分野の研究を深めることができます。
    • 就職・進学
      キャリアサポートセンターが熱心にサポートしてくれます。 特に事務職に強く、マイナビやリクナビには掲載されていない企業からの採用もあるので、就職の可能性が広がります。
    • アクセス・立地
      今出川キャンパスは駅から近いのでアクセスは良いです。 京田辺キャンパスは駅から遠く、坂道もあるので少し不便だと思います。 一人暮らしの人は自転車通学している人が多かったです。
    • 施設・設備
      食物栄養価学科は1つの建物に全部の研究室が集まったので、交流が多くなりました。 新しいゆえに設備も整っているので、綺麗な場所で学びを深められます。
    • 友人・恋愛
      食物栄養価学科は学年を追うごとに実験や実習が増えるので忙しくなります。 忙しい中でアルバイト、プライベートと充実させたい人には向いていますが、大学生活を遊びとバイトだけで過ごしたい人には全く向いていません。 レポートも多いので真面目にやりこなす必要があります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1回生の間は基礎的な勉強が多いですが、2回生からは専門科目が増えます。 2回生後期からは実験も始まるので、ここから理系らしさを感じられると思います。
    • 所属研究室・ゼミ名
      調理科学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      味と香りが塩味の増強効果に及ぼす影響等をメインで研究しています。 人の味覚を使った官能評価を実施するので、人との関わりが増えると思います。
    進路について
    • 就職先・進学先
      監査法人/事務職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      京都で就職したかったので、勤務地が京都の企業を選びました。
    入試について
    • 学科志望動機
      食について学びたいと思ったのでこの学科を選びました。
    • 利用した入試形式
      その他
    • どのような入試対策をしていたか
      生物で受験することが決まっていたので、生物はテキストを中心にしっかりと頭の中に入れました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 同志社女子大学
    女性卒業生
    学芸学部 音楽学科 / 卒業生 / 2014年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自由な校風と、学びたい人には学べる環境があることが大きな理由です。 となりに同志社大学もあり、サークル活動に参加する人も多いです。 設備は整っているほうであると思います。なにより集まる人が素晴らしい。いい人脈を広げられるのではないでしょうか。
    • 講義・授業
      取りたい授業が、必須科目の開講時間と重なることが歯がゆかった。 京都ならではの授業、お能の講義など、京都の文化に触れることができるものも面白い。
    • 研究室・ゼミ
      私は音楽学部だったので、ゼミはありませんでしたが、オペラを選択しました。 他では得られない貴重な舞台を経験させてもらいました。
    • 就職・進学
      音楽学部の仲間はあまり就職活動に躍起になっていないため、自ら就職サポートを受けようという意思が必要であると思います。
    • アクセス・立地
      山登りなので、健康には良いかもしれませんが、少々通学に苦労しました。エスカレーターはありますが。今となればいい思い出です。
    • 施設・設備
      某女子大は、入試のときから校舎が古かったり、ピアノもあまりいいものではなかったのに失望しました。しかし同女はキチンとされていました。
    • 友人・恋愛
      ヨコの繋がり、縦の繋がりが広く、いろんな可能性があると思います。 となりに同志社大学があるので、求めている人には、出会いは多かったと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      音楽の基礎、副科のピアノ、リサイタルの授業、個人レッスン、オペラの公演などなど、音楽にまつわることを勉強しました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      商社の事務職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      土日が休みなので音楽活動がつづけてできるから。
    入試について
    • 学科志望動機
      ここしかない!と思いました。総合大学であることが大きかったです。関西の音大は学費も高く、通える範囲の大学はここだけでした。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      ひたすら歌っていました。聴音や新曲視唱、楽典も勉強しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 同志社女子大学
    女性在校生
    薬学部 医療薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      授業がほぼ全員同じなので、他の学校や学部よりもより友達を作りやすい環境にあります。勉強面でも、教授はしっかりと質問に答えてくださり、勉強しやすいです。
    • 講義・授業
      パワーポイントを使った授業のため、スピードが速く、分かりにくい部分もあります。しかし、質問に行くことで、きちんと理解できるようになります。
    • 研究室・ゼミ
      研究室配属はまだなので詳しくは分かりませんが、自分で研究室を選ぶことができ、先生や先輩とも仲が良いという話を聞きます。
    • 就職・進学
      薬局や病院の就職には強いと思います。国家試験に合格するために研究室で指導があったり、対策のための授業があったり、充実した指導をしてもらうことができます。
    • アクセス・立地
      少し坂道がきついですが、駅からは徒歩10~15分ほどで行くことができ、便利だと思います。JRと近鉄が最寄駅になるので、自分に合う方法で登校できる所は便利だと思います。
    • 施設・設備
      薬学部には薬学部のための棟があり、研究室や実習のために使用します。エレベーターも付いており、便利です。
    • 友人・恋愛
      小さな学校なので、部活動はあまり盛んではありません。隣の同志社大学でサークル活動をしている人がほとんどです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、基礎分野を勉強することになります。2年次から3年次へとより専門的な分野を勉強していくことになります。5年時には薬局と病院へ配属され、研修を行うことになります。
    入試について
    • 学科志望動機
      関西の薬学部は薬科大が多い中、他の学部の友達と関わることができ、楽しそうだと思いました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      入試問題は基礎的な問題が多く化学の配点が高いため、主に化学の基礎分野勉強をしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 同志社女子大学
    女性卒業生
    現代社会学部 現代こども学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      先生になりたい!という目標を持ってこの学科にきている人がいるのはもちろんのこと、こどもが好きだから、という明白な簡単な理由で選んだ人もたくさんいます。 でもみんなに共通して言えるのは、こどもが大好きということです。 先生を目指す人にとっては模擬授業や教材について学ぶ機会も多くあり、就職前になると面接の練習も教採(教員採用試験)組のみんなで乗り越えていきます。 先生以外の企業等を目指す人も、こどもとメディアやこどもと福祉等、様々なこども関する授業があるので、学びの幅が広くなります。 学科は全体的にノリの良い子が集まっていて明るく楽しい雰囲気です!
    • 講義・授業
      こどもに関する基本的な知識を身につけることはもちろん、先生を目指す人はそれに加えて模擬授業や教材に関する勉強、先生を目指さない人にとってもこどもとメディア、福祉、遊び、など幅広く学ぶことができます。
    • 研究室・ゼミ
      こどもと心理、社会、言葉、遊び、幼児教育、などなど…幅広い分野があるので、自分に合った学びがあるはずです!
    • 就職・進学
      教員採用試験に関しては、試験の面接対策や試験勉強など、しっかりサポートしてくれます。 就職活動に関しては、模擬面接や履歴書のチェックなどのサポートがあります。
    • アクセス・立地
      大阪駅からは少し遠いです。 電車なら近鉄からJRの通学になります。 周りには何もない田舎なので、基本的に遊びに行くとなれば、京都駅や大阪駅ま電車なら出なければなりません。
    • 施設・設備
      基本的に綺麗に整備されています。 女子大だけあって、化粧室の化粧コーナーが美しく、充実されてる気がします。 カフェテリアや生協の食堂は混みやすいので少し使いにくいです。
    • 友人・恋愛
      教職免許をとる場合、履修しなければならない授業が多いです。 が、しっかり勉強した後に、サークルに参加して充実した学生生活を送ることができます。 隣の同志社大学のサークルに入る子も多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はこどもに関する基本的な知識 2年次は応用 3年次は教職免許を取得する人の多くが教育実習にいき、研究室で勉強することが増えます。 4年次は研究室
    進路について
    • 就職先・進学先
      公立小学校教諭
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      教育実習で小学校に行き、こどもを成長させる楽しさ、喜びを感じたから。
    入試について
    • 学科志望動機
      こどもが好きで、こどもに関する幅広い知識を学びたかったため。こどもに関する仕事に就きたかったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      東進衛生予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を徹底的にやった。何度も繰り返し、特に国語と英語を重点的にやった。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 同志社女子大学
    女性在校生
    現代社会学部 現代こども学科 / 在校生 / 2011年入学
    2016-03-10投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      ただ教員免許取得の勉強をするのではなく、様々な方面から子どもについて学べるので、将来の選択肢が増えると思った。
    • 講義・授業
      海外のことや時代遍歴、子どもを通して様々な角度から勉強できる点が私にとって、とても楽しい講義だった。
    • 研究室・ゼミ
      わたしの教授は、生活科、とくに砂場について特化していて、自分も砂場で遊ぶ際楽しめるし、どうすれば子どもともっと楽しい砂場に遊びを展開できるかを体験する機会が多かった
    • 就職・進学
      同志社女子大というネームバリューはあった。教育学部ではあるが、教育への就職のみならず、金融関係や営業関係に就職する方も多い
    • アクセス・立地
      JRで通う方は駅からも近く、乗り換えも少なく済むので良い。近鉄や阪急を普段使っている方は、乗り換えが多く、本数も少なく、また駅と大学も遠いので不便に感じるかもしれない
    • 施設・設備
      綺麗で広い。特にトイレはどこのトイレもほぼ綺麗で便座も暖かい。デザインも棟によっては凝っている場所もある
    • 友人・恋愛
      大学のあるところは栄えていないが、通う際に栄えている場所を通ってくるので帰り道色んなところへ寄れる。通学する人は良いが、下宿する人はちょっお遊びに出るとき不便に感じるかもしれない
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、とにかく一般教養と専門の勉強で、講義が多く疲れた。2年からは一般教養がほぼなくなり、専門であふ自分の興味のある講義がメインになってくるので、多少講義数が多くても楽しく勉強さできた
    • 所属研究室・ゼミ名
      笠間ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      子どもの遊び、生活環境なついて学ぶことができふ
    入試について
    • 学科志望動機
      教員になりたいという夢があり、資格が取れる場所、また、講義内容が豊富で海外研修もあったので、今の大学を希望した
    • 利用した入試形式
      AO入試
    この口コミは参考になりましたか?
168件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

京都府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

同志社女子大学の画像 :©Doujo kohoさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

岩手医科大学
岩手医科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:52 - 63
★★★☆☆3.33 (27件)
岩手県/私立
獨協医科大学
獨協医科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:56 - 63
★★★☆☆3.38 (8件)
栃木県/私立
東北芸術工科大学
東北芸術工科大学
併願校におすすめ
偏差値:47 - 59
★★★★☆4.20 (30件)
山形県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。