みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都女子大学   >>  口コミ

京都女子大学
出典:Corpse Reviver
京都女子大学
(きょうとじょしだいがく)

京都府 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 55.0

口コミ:★★★★☆

3.92

(450)

京都女子大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.92
(450) 私立内112 / 567校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

450件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    文学部 国文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学部学科で教員の対応が全然違う。
      国文学科では3回生のゼミ分けが完全抽選となっており、自分の希望するゼミに入れないことが多い。そのために学びたいことを十分に出来ない可能性がある。
      授業内容としては、文学、国語学、民俗学の3項目をすべて学べる点が他の大学の文学部より優れている点である。よって広い視点で学びたいという人にはおすすめできる。
      また、大学の所蔵文献は充実しているので文学を主として学びたい人にはおすすめできる。
    • 講義・授業
      1回生から少人数で行う演習クラスは、担当教員との距離も近くじっくり深く学ぶことができる。
      大教室で行う国文学科目は様々な時代、分野の中から自分の興味のある授業を選び、その時代、分野の専門の先生から様々なお話を聞くことができる。
      国文学科では、中高の教員免許、博物館学芸員、図書館司書の資格を取ることができる。履修する授業数は他の学部学科よりは少なめで比較的取りやすいものが多い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3回生からはじまる。
      年間2つの異なる分野のゼミに入り、4回生でどちらか一つを選択し、その分野で卒論を書くことになる。
      ゼミ決めは完全抽選のため、必ずやりたいゼミを第一で出さないとどちらも興味のないゼミに配属される可能性もあるので要注意。
    • 就職・進学
      教員免許履修の学生には毎学期担当アシスタントとの面談がある。取得に向けて細かくアドバイス、指導してくださるので安心できる。
      また京都女子大学は1回生から就職に向けての授業もあるのでサポートは充実している。
    • アクセス・立地
      京都駅から大学前までのプリンセスラインバスが出ており、15分程度でつく。また京阪七条駅から徒歩15分、京都国立博物館や三十三間堂などの文化施設も周りにあり充実している。
    • 施設・設備
      図書館は昨年リニューアルし、きれいで使いやすくなった。
      教室は校舎移動が多く大変であるのが難点。
      しかし全校舎に学内ワイファイが通っているため、快適に使える。
      またトイレもきれいで使いやすい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      全国各地から集まってくるため、たくさんの友達ができる。
      また、学科内は同じ趣味の友人が多くでき、授業を合わせたり、旅行へ行ったりイベントに行ったりと楽しくすごくことができる。
      サークルなどで他の学部学科生と仲良くなることもでき、学内に友人がたくさんできる。
      特に寮では各地から様々な学部学科生が集まるため、先輩、後輩関係なく学内に知り合いが増えるのでおすすめ。
    • 学生生活
      サークルは月二回程度の活動と、顧問の先生が行うイベントのお手伝い、企画運営をしている。
      自分のペースで無理なくできるため続けやすい。
      アルバイトは清水が近くにあるため、坂にあるお店で働くことができる。
      清水寺の開門時間にあわせて営業する店が多く、18時頃までで上がれるので夜遅くなることもない。
      学校からは徒歩20分ほどでつくため、空きコマにバイトすることもできる
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生では基礎科目の英語、第二外国語が必修。また、パソコンを使った情報リテラシーも必修。少人数で行う演習クラスも必修で、ここでは古典の基礎知識を学ぶ。
      2回生からは演習クラスで2つの興味のある分野を選び、前期と後期に分けて履修する。
      3回生からはゼミになり、2つのゼミを通年で行う。このどちらかの分野で4回生でかく卒論の分野を選択することになる。
      4回生は卒論を書くテーマの分野のゼミを通年で行う。
      卒業までに国文学科必修科目の授業を選択必修科目で取らなければならない。
      また、卒業に必要な単位数を国文学科内の授業でまかなえないため必ず他学科のオープン科目や教養科目を取る必要がある。オープン科目や教養科目は楽しいものが多いのでおすすめ。
      1回生と3回生で通年、仏教学が必修となる。
    投稿者ID:429531
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    現代社会学部 現代社会学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      様々な分野の勉強ができるため、自分が何をやりたいのかわからない場合はそこから見つけることができる。また、キャリア形成の授業が行われているため、自分を見つめ直す機会が多く持てる。
    • 講義・授業
      単位については講義によって様々であるが、講義を聞いていればわかる問題や、レポートが多いと感じる。単位は取りやすい。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期が早く、様々な分野のゼミを経験することができる。その中で自分がやりたいことを見つけ、最終的に卒論を書くゼミを決定する。ゼミは、ゼミの先生ごとに課題が違い、その課題を提出することでエントリーしたことになりその結果で合否が決まる。
    • 就職・進学
      キャリア形成の授業が行われているため、早い段階から自分を見つめ直す機会がある。また、就職活動に関しても学校で積極的にセミナーが開催されている印象。自分で主体的に行動し、申し込めば多くの情報を得ることができる。
    • アクセス・立地
      最寄駅からは徒歩で15分ほどかかり、坂道を歩かなければならない。バスも出ているが、料金が安いわけではなく、ICカードも使えないため良心的とは言えない。
    • 施設・設備
      キャンパスは古い建物も多くある。新しくできた図書館は綺麗で、過ごしやすい。パソコンが使えるキャンパスが少なく、解放されている部屋数も少ないと感じる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大学なので、恋愛関係は特になし。友人関係は、穏やかで優しい人が多い印象なので、作りやすく居心地が良い。
    • 学生生活
      アルバイトは、老若男女問わないお客様と継続的に関わる仕事に就くことができ、やりがいを感じながら働いている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一回生では必修がほとんどのため毎日学校がある。二回生の前期もまだ必修が多く残っている印象。後期からは自分で履修を組むことができ全休も作ることができる。単位は比較的取りやすいと感じる。卒業論文については、入ったゼミによる。大変なゼミもあるが、自分の裁量で進めて行くことができるゼミもある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      旅行会社の総合職
    投稿者ID:427155
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 英文学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      英語を実践的に学ぶことができます。また、英語だけでなく文学や一般的な教養なども学ぶことができカリキュラムが充実しています。就職率は100%だそうです。
    • 講義・授業
      教授によって全く授業の進め方や解釈が違うのでおもしろいです。単位はかなり多いので頑張って単位を撮りたいです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはさまざまなものから選ぶことができ、充実しています。ゼミ生同士も仲が良く、みんな切磋琢磨しています。
    • 就職・進学
      就職率は100%で全員が就職できているそうです。サポートがしっかりしているので、安心して相談できます。
    • アクセス・立地
      学校の周りは坂が多いですが、ほどよく自然と街に囲まれていて過ごしやすいです。学校の周りにはお店もあります。
    • 施設・設備
      キャンパスは点々としているので移動が大変です。時間がない時の移動は急がないと間に合わないこともあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学には女子しかいないので恋愛はありません。
    • 学生生活
      サークルには入っていません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は必修が多いです。1年生は必修が多いです。1年生は必修が多いです。1年生は必修が多いです。1年生は必修が多いです。
    投稿者ID:430249
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 国文学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学校生活全般を振り返ると、それなりに刺激的で満足できるものであったと思えます。
      充実している点としては、学校自体の立地が良いこと、生徒がある程度品や教養があることなどが挙げられます。
      文系の人で、司書課程を学びたい人にとっては、図書館との関わりが密なサークルも存在するため、おすすめできます。
      授業に関しては、簡単な課題を数多くこなす授業が多く、本気で勉強をしたい人にとっては物足りないかもしれません。
    • 講義・授業
      講義・授業の内容については、浅い内容から深くピンポイントな内容まで幅広く学ぶことが出来ます。
      他学科の授業もオプションで学ぶことが可能ですが、卒業要件を満たすためには所属する学科の必修科目を優先する必要があるため、どうしても制約がかかってしまいます。
      単位はどの授業もかなり簡単に取得できます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは1年時からですが、卒業論文に関わるゼミに所属するのは3年時になります。
      ゼミの選び方としては、先輩の口コミを聞くことが一番だと思います。教授によっては生徒の研究が放置されることも大いにあるため、確実に卒業するためには自分の研究のスタイルに合わせてゼミを選ぶ必要があります。
    • 就職・進学
      学科の就職・進学実績については、ほとんどの人がこの学校を出て次のステージに進むことが出来ています。
      しかし、希望通りの進路に進めた人はそれなりの数しかいないのではないかと、体感ではありますがそのように感じました。
      やはりこの大学は、京都府以外では学歴としては通用しません。
    • アクセス・立地
      最寄駅は京阪七条駅です。
      他にも市内循環のバスや、大学から京都駅までの循環バスなどがあるため、アクセスには困りません。
      自転車があるとなお良いと思います。
      住んでいる人が多い場所は、今熊野や馬町周辺です。
    • 施設・設備
      キャンパスや教室には特に不満はありません。
      ただし、図書館の利用時間が20時までと限られており、蔵書数は充実しているのですが無理な改築などで快適に使うことが出来る状態にはありませんでした。
      図書館は最近新設されたようなので、これらの問題は今は解決しているかもしれません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は、女子校ということもあり限られた範囲内での付き合いとなりました。
      他校との交流があるサークルに入れば、京都大学や同志社立命など有名大学との交流も実現できます。
    • 学生生活
      サークルについては、申請が面倒だったイメージがあります。
      必要な申請さえ通せば補助金なども出るため活動の幅を広げることが出来ます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は国文学と国語学の基礎知識を学びます。
      2年次は自分で選んだ任意の時代の国文学作品を学びます。
      3年次は卒業論文を書く時代を選び、その時代の研究方法についての概要を学びます。
      4年次は各自で卒業論文の執筆を進め、ゼミで発表をします。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      小売店の販売員
    投稿者ID:429151
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    発達教育学部 児童学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学科通り資格をとるために授業が組まれており特に不便なく生活できている
      先生も質疑応答してくれ不安なことはない
      授業も学科に沿った内容であり頼りになるとおもう。
    • 講義・授業
      学科に沿った講義や指導であり、連絡を取れば指導者と直接話すこともできるので充実できていると考える。実践的な内容が多いのであんしんであると考えている
    • 研究室・ゼミ
      自分の好きな専門のゼミに行くことができるため、三回生からは自分の調べたいこと中心に勉学に励むことができる
    • 就職・進学
      進学実績はいいが、一般企業に行く人まで半数いるため半分は学科通りの道にしんがくしない
      しかし面接練習も定期的にありサポートは充実している。
      ただ支援センターの先生はかなり態度が良くない
    • アクセス・立地
      京都駅という中心都市から歩いてでもいける距離でバスもあるので交通は便利であるとおもう
      周りは観光客であふれている
    • 施設・設備
      図書館が最近できて多くの書物があることと、静かに勉強できる場所があることは大きい力の一つであるとおまう
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大学なので交友関係が充実しているかはその人次第だと思うが、女子同士の仲は良いと思う。
      特にこの学科は人数が少ないため親睦がふかまりやすい
    • 学生生活
      大学のサークルに入る人は少ないため、他大学のサークルに入る人がおおい。
      イベントごともそんなに多くない
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      学科では教育的な座学に付け加え、実践的な指導をしてもらえる
      例えば手遊びをクラスのみんなにやったりと、先生という立場の勉強をする
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      幼稚園に就職
    投稿者ID:429442
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    法学部 法学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      女子大初の法学部であるので、女性のための法律学を学べるというのは充実しているが、出来て間もないため教員の不足などがデメリットとしてあげられる。また、教務課からのサポートが少ない点も不満な点。
    • 講義・授業
      教授や講師の質はいいし、少人数に向けての授業になるのでわかりやすいが、学生に単位をとらせてあげようとしすぎて、講義内容が簡単すぎる授業が多々ある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは、当たりの教授のゼミに所属できると最高でも10人ほどしかいない環境で専門的に法律を学べるのでいいと思う。しかし、ゼミの選ぶ時期が微妙なのと、出来て間もない学科であるためゼミについての情報を収集しにくいという点が難点である。また、ゼミ生同士のつながりはそのゼミごとに異なり、全く干渉しあわないゼミもあれば強い結び付きを持つゼミもある。
    • 就職・進学
      京都女子大学の法学部は就職率95%以上を誇っているので就職率自体は良いし、学内説明会なども充実している。しかし、学生向けの学校からのオリエンテーションが度をいきすぎており、正直鬱陶しいと思えるレベルである。また、進学する学生はあまりいないようで、進学の際にはゼミの担当教員などの力を借りることが必須になると思う。
    • アクセス・立地
      最寄駅が七条で、七条から学校までほぼ山登り状態で15分ほど歩くのでとてもしんどい。夏は日傘なしではとても歩けないし、雨の日の登校は濁流のように水が流れている。学校直通バスのプリンセスラインバスが運行しているが、朝の時間帯は満員であり運転も荒いのであまり期待できない。また、道が狭いのでそこも不満点である。しかし、京都の中心の一角にあるため観光などはできるし、河原町などの学生が遊べる場所にもアクセス自体はしやすい。
    • 施設・設備
      キャンパスは他大学に比べて「キャンパス感」はないと思う。教室やトイレなどは清掃員の方がいるので清潔に保たれている。図書館は、昨年新設されているがとても使いにくい、何より書籍数が少なすぎるため大抵近隣の大学や図書館に借りに行くことになる。図書館で取り寄せることもできるが1か月以上かかったりするためおすすめできない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科全体で100人ちょっとの人数しかいないため、気の合う友人と出会えれば良い環境になるとは思うが、逆にもめた時などが少し面倒くさい。サークルなどは所属していないので詳しくはないが、京都大学のインカレサークルで恋人を作る人が多い。
    • 学生生活
      サークルなどには所属していないのでわからないが、大学の藤花祭という学園祭は毎年にぎわっているみたいである。法学科に所属している学生のほとんどがアルバイトをしており、学校から斡旋してくれたりもする。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次から、専門科目の総論を勉強をしゼミにも所属する。もちろん教養科目、語学などもある。また、女性教育に力を入れているためジェンダー教育などは必修である。1年次はほとんど必修科目で時間割は埋まる。
      2年次からは自分が興味のある専門科目を見つけるために自由に授業を選択していく、後期には各論の科目なども多くある。
      3年次には、完全に自分の興味のある専門科目を見つけなおかつ、その専門科目のゼミに所属することが重要となる。ゼミ選びには成績などもかかわってくるので希望のゼミに通るためにも1、2年の時にさぼりすぎないことが重要である。3、4年のゼミは2年間同じものとなる。
      4年次はほとんど授業をとり終わった状態になるためゼミ以外は就活や進学にむけて活動している学生が多い。4年次に模擬法廷を使って模擬裁判の授業があり、京都女子大学法学部の売りであるためとってみるのもいいと思う。卒業論文はゼミごとに異なるが大抵15000~20000字の間で執筆する。
    投稿者ID:426216
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    家政学部 生活造形学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      課題の製作だけでなく、サークル活動でも学校の設備を使わせてもらえるのがとても助かりました。
      また、作品の製作に関しては、実習室に定期的に先生方が来られるので様々な助言をいただくことができました。
      私はアパレル専攻でしたが、造形意匠も建築も概ね同じような環境だと思いますが、研究室が離れている場合もあるようで、そこは不便な思いをするかもしれません。
    • 講義・授業
      製作課題が重なると大変なこともありますが、概ね半期や1年を通して取り組むことが多いので、じっくり製作に取り組むことができました。
      デザイン画の描き方や、店舗デザイン、テキスタイルデザインなど、手を動かすことが多く大変なところもありますが楽しんで取り組むことができました。
    • 研究室・ゼミ
      どこのゼミも設備や資料が充実していること、論文の作成だけでなく作品の制作も合わせて行えること、研究室にもよりますが、学外の方との共同研究があることなど、1年半かけてしっかり研究ができる環境が整っているように思います。
      また、テーマを決めるまでにゼミ内で様々な取り組み(体型調査やプロの製作講座など)に参加できる環境もあります。
    • 就職・進学
      正直、希望の進路へ進んでいるかどうかは半々かと思いますが、アシスタントとして研究室に残ることもできるのでやりたいことがある人はそういった道を選んでも良いのかと思います。
      起業したり、デザイン関係に進む人よりは銀行など金融関係に進む人の方が周りには多かったように思います。
      学内の説明会も開催されますし、学内推薦もありますが、申し込みが殺到するので、情報の確認は自分でしっかり動く必要があると思います。
    • アクセス・立地
      清水寺や、国立博物館など、観光地がすぐ近くということもあり、バス通学だと時間が読めないことが多いです。
      四条にも京都駅にも出やすいので、空きコマを使って外に出ることも可能です。
    • 施設・設備
      工業用ミシン、工業用アイロン、ロックミシン、自動で型紙を出力してくれる機械など、実習室の設備はかなり充実していると思います。
      また、実験器具も充実していますし、テキスタイル用のプリンターもあるので、製作系の授業(ゼミ)も実験系の授業(ゼミ)も、恵まれた環境の中で学びを得られると思います。
      図書館には各種資料だけでなくファッション誌も置いてあるので、そこも充実していて良いと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係については、個性的な人が多くとても楽しいと思います。
      また、学内外のサークルに所属することで、他学部や他大学との交流も図れます。
      学内のサークルでも、男性モデルや声楽、ダンスなどの男性パートを補うために他大学との交流があり、女子大ではありますがちらほら男性を見かけることもあります。
    • 学生生活
      アパレル造形同好会に所属していましたが、学祭で私たちのためのステージを設置してもらえるなど、かなり充実していたと思います。
      もちろん、それだけきちんとしたものを作り上げなければならないので大変ではありますが、学生時代の1番の思い出になっています。
      ダンスサークルなどと共演することもあり、京都駅や学生祭典など、大きなステージでショーができるのも良いと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      住宅デザイン、アパレルデザイン、造形意匠と、専攻は3分野に分かれますが、理論や歴史を踏まえた作品制作ができるのはどの分野にも共通しています。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      リフォーム業界の事務職
    投稿者ID:429560
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    現代社会学部 現代社会学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      少人数のゼミが1回生の頃からあり、発表する力がつく。また、授業はクラスター制度があり、幅広い分野のなかから自分で組み合わせを選び、自分の興味のある分野を学びやすい。
    • 講義・授業
      講義中は私語がなく静かで授業に集中しやすい雰囲気であり、単位も取りやすく、教授は個々の相談にも丁寧に対応してくれる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの分野が幅広く、自分が学びたいことを学ぶことができる。2年間同じゼミなため、ゼミ生や教授ともとても仲良くなれた。
    • 就職・進学
      学内での企業説明会の数がとても多くことが非常に良かった。エントリーシートの添削や面接の練習、Uターン就職に力を入れている。
    • アクセス・立地
      最寄駅からが遠く、周辺にお店やコンビニ、飲食店がない。とても長い坂を登らなくてはいけないが、学校までのバスの定期は高い。
    • 施設・設備
      新しい図書館ができ、とても広く便利で使いやすいいが、わたしの学部は図書館以外の施設や設備を使うことがなかった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大なので学内の恋愛関係がなく、他大学のサークルに入る学生が多い。学内でも友だちはできるが、3.4回生になるとバイトやサークルなどで知り合った他の大学の学生と結びつきの方が強かった。
    • 学生生活
      わたしが所属しているサークルは、月に数回しか活動していなく、学祭で出店をしたことくらいしか思い出がないから。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生では情報や哲学、政治、経済などのアプローチ系の授業が多く、必須の授業も多い。2回生からは人間や環境経済のようないくつかのクラスターから自分が興味のある分野を選び主にその授業を受ける。3回生から2年間同じゼミに所属し、卒論を書く。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      小売業
    投稿者ID:429871
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 国文学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      自分の学びたい分野を自由に選択できるから
      フィールドワークもあり、座学だけでなく、肌で感じながら学ぶことができることがよいと思います。
      また雰囲気も落ち着いています
    • 講義・授業
      ゼミの先生が一人ひとりと向き合って、個別に指導をしていただきます。
      わからないところも聴きやすい環境があります。
      フィードバックがある授業もあり、ためになりました。
    • 研究室・ゼミ
      少人数で発言しやすい環境があります。
      一人ひとりと向き合って、学びたいことを一緒にアドバイスをいただきながら、勉強ができました。
    • 就職・進学
      面接練習やグループワークの練習があり、対策をたくさんしていただきます。内定が決まるまで親身になって相談に乗っていただきました。
    • アクセス・立地
      バスの本数も多く、アクセスはどこの地域でもよいと思います。
      授業がない日も学校へ通っていました。
      そのくらい立地はよいです。
    • 施設・設備
      図書館が充実しています。
      新しい図書館ができ、本の蔵書数も多いので、研究に困ることはありませんでした。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      部活動に所属していたため、色々な学部学科の友達がたくさんできました。
      気の合う仲間がたくさんいました。
    • 学生生活
      サークル活動はとても楽しかったです。4年間で最も思い出に残っていることであり、学生生活の中心にありました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      国語についjて学びます。
      自分が学びたい分野が学べるので、興味のあることについて、とことん追求することができます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      商社
    投稿者ID:428219
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 国文学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      私は国文学科に所属しているのですが、その中でさらに上代?近代、国語学と細かく分野が分かれていて自分の1番興味のあるものを詳しく研究出来るため、楽しく学べます。図書館の資料も充実しているため研究のための環境も整っており、そういう点から高評価にしました。
    • 講義・授業
      講義や指導の内容は教授に毎にさがあるものの、全体として比較的きっちりした方が多くしっかりしていると思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの演習も自分の1番興味のある分野で徹底追求できるため楽しく学べます。私は近代文学の研究をしており、個人発表という形で数十人相手に自分の解釈を述べ、質疑応答の際質問があまり出ない程相手を納得させられた時はとても気持ちがいいですね。
    • 就職・進学
      就職率は確か90%超えで院に進む人以外はほぼ就職します。定期的に就職についてのセミナーが強制参加で行われたり、面接練習や履歴書の書き方などサポートも手厚いです。また、メガバンクや大手の企業が直接学校に来て行う企業説明会もあります。
    • アクセス・立地
      立地は、坂の上にあるので少ししんどいです。一応バスはありますが、中学高校と兼用のため人が多く、私は自転車で通うことの方が多いです。
    • 施設・設備
      施設や設備は充実しています。私立の特権だと思います。特に私は建物の価値はお手洗いで決まると考えているのですが、どの校舎のお手洗いも綺麗で気持ちよく使えて好印象です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      浅く広く、上部だけの人間関係を続けているため評価を低くしました。推薦で入った分際で自分が賢いと自惚れてる馬鹿な友人、いや、知人がいて、そろそろ縁を切りたいですね。
    • 学生生活
      サークルは今は辞めましたが一時期入っていました。趣味をするぶんには楽しかったと思います。私は文化系サークルですが他に他校とのインカレサークルなんかも充実していますので、積極的な女の子は他校の主に京都大学なんかの男を捕まえて勝ち組になってますね。京大のイケメンと親しくなりたい女の子にはオススメです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      国文学科は読んで字のごとく日本の文学、言語について詳しく研究する学科です。
      二回生からゼミで自分の研究範囲を選択します。私は近代と国文学を選択しました。
      普段の講義では他の中世や近世などゼミとは違う範囲のものも受講できます。私は最初興味がなかったのですが近世の妖怪の研究なんかの講義を受けて魅力がわかりました。
      日本の文学作品を詳しく学びたい人にはオススメです。絶対楽しいです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      私は地方に戻るため、地方での就職を考えています。業界としては金融を志望しています。
    投稿者ID:427623
    この口コミは参考になりましたか?
450件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

京都府で評判が良い大学

京都府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都女子大学   >>  口コミ

京都女子大学の学部

オススメの大学

星薬科大学
星薬科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.71 (66件)
東京都/私立
東京家政大学
東京家政大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.96 (316件)
東京都/私立
女子栄養大学
女子栄養大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.17 (124件)
埼玉県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。