みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都橘大学   >>  口コミ

京都橘大学
出典:あばさー
京都橘大学
(きょうとたちばなだいがく)

京都府 / 私立

※外部サイト(マイナビ進学)に移動します

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 55.0

口コミ:

3.93

(158)

京都橘大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.93
(158) 私立内106 / 566校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

158件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      留年率が高く、自身でかなり勉強をしないとおいていかれます。
      専門学校ではなく、大学で看護を学びたいという意思を自らもっていなければ途中で嫌になってしまうと思います。
      先生はよい先生もいらっしゃいますが、看護の先生の合う合わないは人それぞれだと思います。
      助産師と保健師は、自ら志願して、成績と面接によって受講出来るかが決まります。(1〜3割程度)よって、国家試験を受けたい人は1回生の頃から意識して学習に取り組んだ方が良いと思います。
      養護教諭もとることは可能ですが、1回生の頃から集中講義として夏、秋の休みに大学で講義があります。実際途中でとらなくなり、やめてしまう人も少なくないです。養護教諭をとるかどうかは、看護の勉強と両立できるかしっかりと考えてから決めた方が良いと思います。
      看護学部は出会いがないと思われがちですが、実際本当にないです。大学で恋愛したい人はサークル、他学部、もしくは他大学で探すのが良いかとおもいます。
      どの学部もそうかと思いますが、主体的に勉強すれば充実した大学生活が送れると思います。
    • アクセス・立地
      坂の上にあり、駅からバスで通うか地下鉄から徒歩で通う形となり、周りにお店はありません。
    投稿者ID:423347
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    健康科学部 心理学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      講義の方針で救急救命学科の教授による講義があり、ただ心理学を学ぶだけでなく心身両方について学んでいく点は良いところだと思います。講義に関してはこれといった不満はありません。 ただ主に利用する優心館が大学全体から見て下の方にあり他の館と離れており、移動に時間がかかるので余裕を持った行動を心がなければならない点に少し不満があります。バス停からも離れていますが駐輪所からは近いので帰るときに焦りたくないのであれば自転車、バイク通学をオススメします。
    • 講義・授業
      講義に関してで必須科目である情報処理演習という講義があるのですが、Word、Excel、PowerPointなどについて初歩から教えてもらえ、私の担当の講師は社会に出て時に知っておいた方がいいちょっとした豆知識なども教えてもらえます。また講師が二人体制なので講義中にわからないことがあれば気軽に手を挙げて教えてもらえる点も推したいです。
    • 研究室・ゼミ
      これに関してはまだ私は一回生なのでゼミを選んでおらずなんとも言えないのですが、卒業論文を書く際に質問紙を取りたい場合はゼミの担当講師が一回生に協力要請をしてくれるなどしてもらえるようです。私も何回か協力しました。
    • 就職・進学
      就職ガイダンスやそれに向けた物がメール配信サービスで頻繁に入ってくることから力の入れようがわかるかと。
    • アクセス・立地
      最寄の駅周辺はあまり遊べるところはありませんが通学路によっては京都駅へ行けるので遊べる場所はままあるかと。2017年10月末頃の台風の影響でバスが全滅したので、この場合はバイクの免許を取っておくことをオススメします。またこの地域は雪が降るという噂も聞きましたのでとても楽しみです。
    • 施設・設備
      講義の空き時間に自主学習できるコモンズと呼ばれる場所が多々あります。またそこには充電できるコンセントがありますので充電を気にせず持参したパソコンでレポート作業が出来ます。もしパソコンがなければメディアセンターにパソコンが複数台ありますのでそこでもレポート作業が出来ますので安心です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      入学してすぐに学科研修という名のお泊り会があり、そこで同じクラスになる子達と一泊二日の親睦イベントがあります。引率の先輩方が考えた企画などあり良い機会になるかと思います。
    • 学生生活
      橘祭では生徒達で企画し売り物の発注、調理、役割分担など全て自分達で行います。基本教師はよっぽどのことがないかぎりノータッチなので自分達で責任を負うことでと大きな成長に繋がると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必須科目については情報処理演習という講義があり、社会に出てから求められる基礎的な技術を1から教えてもらうことが出来ます。また授業はいつでも復習可能ですので安心です。
    投稿者ID:415273
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    健康科学部 心理学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    • 総合評価
      学校生活全般を振り返ると、教授との距離が近く、アットホームな感じですごく楽しかった。心理学を学びたい人にとっては、教授がプライベートの相談であったり、授業でわからない内容も丁寧に教えてくれる
    • 講義・授業
      講義の内容としては、難しい内容もあるが分かりやすく伝えてくれ、また質問も答えてくれるためすごく分かりやすかった
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期に関しては、3年の4月頃からで夏までに自分が何をしたいのかを先生やゼミ生と一緒に考えていく。秋からは本格的に調査方法や仮設等を考えていく。ゼミは少なくて2人、多くて9人の少なめのゼミであるため、先生の指導も全員にいく
    • 就職・進学
      就活については、どうしても大学がFランクの大学であったため、他の学校と比べられると不利なところはある。就職活動のサポートは、大学がサポートセンターを設置しているため、そこに行きES等の指導を受ける。気を付けていたほうがいいことは、SPIをしっかり勉強しておくこと。大きい会社はどうしてもSPIを参考にする
    • アクセス・立地
      大学は、山の上にあるため、駅からも遠くまたバスが出ているが、バスは毎回混んでいる。そのため、一番上の校舎で講義の場合はしんどいことと、エスカレーターがない。また、周りに何もないため、ご飯に行くのは苦労するし、遊びに行くところもない
    • 施設・設備
      フィットネスルームがすごくこじんまりしてて、利用している人が少ない。利用しようとしてても、男の人が使っていることが多いため、女の人が行きにくい
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学校自体そんなに大きいわけではないため、すぐに仲良くなれる。また、サークル等は少なく、人も少ないためアットホームですぐに仲良くなれる。
    • 学生生活
      サークルは、すごく人が少ないため練習ができない。また、大学祭等はこじんまりしていて大きくなく規模が小さいため楽しいとは言えない
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生は、主に心理学の基礎を学び、2回生では実験をする。3回生は脳や少し難しいことを学び、4回生では卒業論文についてかく。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      アパレル業の販売員
    投稿者ID:409776
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    看護学部 看護学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      実習に力を入れていることで有名な学校で、看護師の国家試験の合格率も大変高く、私自身もこの大学のおかげで一発で国家試験に無事合格する事が出来ました。看護師に必要な知識や技術、心をしっかり鍛えることができ、学生が主体となって行う自治会活動も盛んに行われています。看護に必要なことだけでなく、自分の人間性も成長させることができるというところに魅力を感じました。
      私は橘大学に入学する前から、国際的な看護師を目指していましたので就職先は航空会社やさまざまな団体の専属看護師として人を助けたいという思いがありました。
      しかし、卒業後は一般的な看護師の実践して知識や技術を身につけたかったので国内の総合病院に就職しました。その後病院での看護師経験年数を活かし、目指していた夢があったため勉学に励んだところ幸運なことに大手航空会社の専属看護師になることができました。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      卒業後の就職先は総合病院でした。
      その後転勤し、大手航空会社の専属看護師として去年まで勤めておりました
    投稿者ID:388743
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 日本語日本文学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      さまざまな価値観を持つ人たちと意見交換したり、交友でき、自分の知識やコミュニケーション能力の向上につながった。文学部とはいえ、現代文学しか読んでこなかったひとがほとんど。それでも楽しく講義が受けれた。作品の内容だけでなく、作家の生い立ちなども知れば知るほど面白かった。
      この学科は個性的なひとが多い気がする。今までに会ったことのない系統のひとがいて、新しい発見が多い。真面目な学生ばかりで集中できる環境が整っている。男子生徒が少ないので、もっと男女比が縮まればいいなとはおもう。あと、先生たちが個性的。おっとりしていたり、マニアックな知識を持ってるひとが多かったり。だから授業も楽しくすごせる。
    • 講義・授業
      ジブリに関する授業がとくにたのしい。映像を見たり、絵コンテを見ながら考察したり。あと、京都アニメーションについての授業も興味深かった。けいおんは音楽しか聴いたことがなかったが、映画を鑑賞しておもしろかったので、アニメも見てみて、さらに好きになった。
    投稿者ID:388444
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    現代ビジネス学部 都市環境デザイン学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      専門的に学習しようとするなら、ここの学部で間違いないと、入学してから感じており、すごく授業や実習は充実してます。
    • 講義・授業
      講義は充実しています。
    • 研究室・ゼミ
      大変充実してます。
    • 就職・進学
      卒業生の方の話を直接本人から聞く機会があり、大変上司から気に入られたり、大変優秀だと言われているなどすごくいい話ばかりききます。
    • アクセス・立地
      山の中にあるので、しかも駅から遠いので夏や冬は汗をかいたり
      寒すぎたりするので、通学はバイクがおすすめです。
      車では大にこれないのできをつけて欲しいです。
    • 施設・設備
      そこまで新しいキャンパスではないのですが、年々新しいキャンパスの設立、キャンパス内の機能性のアップなどしているので、
      そこそこ過ごしやすいキャンパスになってます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルが多くて、みんな仲良しです
    • 学生生活
      学校のサークルというよりも、部活がものすごく強い。
      全国的にも名前があがったりしているので、大学にはいっても
      がつがつ体を動かしたい人など
      今までずっとスポーツを続けてきたひと、これからも続けたい人にはうってつけです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      都市環境のこと
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員
    投稿者ID:388019
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    発達教育学部 児童教育学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      1回生の頃から小学校の現場を見るFWがあり、より実践的なことを学べる。また、企画からみんなで楽しむ行事がたくさんある!児童教育コースと幼児教育コースがあるが、その壁を越えて仲がいいところがとてもいいところだと思う!!
    • 講義・授業
      実際に小学校や保育園の現場にいた先生も多く、具体的な話を聞くことができる。また、同じコースでも3つのクラスに分かれたりするが、そのおかげで毎回固定ではなくたくさんの人と同じグループで活動できるので、とても楽しい。
    • 研究室・ゼミ
      1回生、2回生では大学側から指定されたゼミに所属するが、やはりゼミの友達というのはより深い関係になると思う。
      3回生からは自分の卒論のテーマに応じたゼミ(10個)になるが、ここでは児童教育コースと幼児教育コースの人が混在するため、さまざまな視野を持ち一緒に学ぶことができる。各ゼミ学生は15人程度。ゼミの先生も国語、理科、体育、音楽、図工、人間関係、言語、食など、それぞれに専門の分野を持っておられるので専門的に学ぶことができる。
    • 就職・進学
      教員採用試験や、保育士試験のサポートがとても手厚い。学科試験を始め、面接や模擬授業、模擬保育などもたくさん行ってくださるし、不安になった時に面談を行なってくださるので最後まで頑張ることができる。
      また、教員採用試験合格率は約71%ととても高く、先生方のサポートに加え仲間同士で励まし合いができるというのが良い点である。さらに、就職後も訪問に訪れてくださるとのことなので安心して自分にできることを精一杯がんばりたい。
    • アクセス・立地
      立地はあまりよくない。山科駅からバス、もしくは地下鉄で椥辻駅まで行きそこから徒歩で通っている人が多い。しかし、バスは一般の方も乗られるのでよく苦情が寄せられる。さらには坂の上に建っているのでなかなか徒歩で行くのもしんどい。
    • 施設・設備
      窓が大きく開放的な施設である。その中には音楽室(ピアノが10台程度、オルガンが40台程度)や、理科室(実験道具や備品がたくさんや、家庭科室(調理実習用)や図工室(絵の具などたくさん)などがある。また別の棟には保育実践室などといった幼児教育コースの人が実践的な学びに使う教室もある。
      大学の中でも坂の上に建っている棟なので、移動はしんどいが休憩スペースや話し合いスペースも設けられているためとても充実した施設だと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係はとても良好。少しギクシャクしている部分もあるが、他の学科に比べるととても仲が良いと思う。
      恋愛関係はどうなのかわからないが、学科内、大学内で付き合っている人も多い。
    • 学生生活
      サークルはそんなに多くないしあまり活動していないサークルもある。しかし、京都ならではのサークルなどもありサークルに所属している人も多くいる。
      学祭は、あまり大規模ではないが模擬店の出店やサークルでの発表なども行われる。またミス、ミスターを決める催し物もある。
      児童教育学科ではちびっ子ランドといった、幼児から小学生を対象にした遊びの場をゼミごとに開催し毎年1000人程度の子どもたちが訪れる。遊びの場は、ダンボールの魚を釣る魚釣りや、巨大すごろく、迷路、昔遊びなどどこのゼミも工夫を凝らした計画をする。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      教員採用試験に合格したので、4月から小学校の先生として働く。
    投稿者ID:387945
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 日本語日本文学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      特殊なコース(書道)で人数が1学年20人前後、合計80?90人ほどだった。そのためか、与えられた教室数は少なく、恐らく1番古い棟の1フロアのみだった。荷物が多いことが考慮され、他学科にはあまりない、無料のロッカーが教室と同じフロアに用意されている。(通常は有料で申請すれば使用できるが看護の棟にあり不便)関西の書道の世界では大変有名な先生方が指導してくださる。時折、書道に関連したアルバイトの紹介もあり、非常に勉強になる。書道コースでは教職(国語、書道)を取る人が多い。GPAがある程度必要なため、挫折組はふつうに就活するが、割と苦戦する印象。
    • 講義・授業
      書道の世界では有名な先生方が教えてくださる。書道コースは1学年20人ほどだが、アイウエオ順で半分に分けられ少人数で講義を受ける。講義中の雰囲気はとても静かで集中できる環境。そして、少人数制なので、細かく見てもらう事が出来る。教職を取る場合はかなり忙しくなる。1限から6限まで入る日も出てくる。4回生では卒業制作(又は論文)だけでなく、実習もあるので、早いうちに必要な授業は取っておくべき。ただ、GPAがある程度必要なので、バイト等をたくさん入れてしまうと体力的にかなりしんどくなると思う。一人暮らしの人はある程度の援助がないとつらいと思う。
    • 研究室・ゼミ
      書道コースでは ゼミ という概念はほとんどない。1回生の時だけ ゼミ という呼び名で2つに分かれていたが、2回生以降はない。コース内の全生徒が、全教授・准教授と距離が近く、教授・准教授がいらっしゃるときは自分の作品を見てもらうことができる。ただ、先生方も大変お忙しいので、自分たちで批評し合うこともある。生徒同士も距離が近く、繋がりが深い。
    • 就職・進学
      就職のサポート体制は一応は整っている。担当が振り分けられ、相談などに乗ってもらえる。私も利用していた。メイク講座やSPIの模試などもあった。書道コースでは教職を取る生徒が多い。しかし、各高校に書道教師は1.2人しかいないため、教職を取っても書道教師としての就職は難しい。教職を取って、一般企業で働く卒業生がほとんどの印象。その就職先も様々で、医療事務・病院受付・経理・美容部員・アパレル・エステ・ブライダル等。正直、大手への就職はほとんど聞かなかった。
    • アクセス・立地
      自宅生はJRの最寄りの駅からはバスが出ているのでそれを利用する人が多い。非常に混み合うため、JRの駅にバイクや自転車を置いて、それで通学する人もいる。JRの駅から歩くのは無謀。地下鉄の最寄駅からは徒歩20分あるが、歩く人も多い。下宿生は徒歩か自転車からバイクで通学する。大学までの坂が急なので、原付や単車を持っている人が多い印象。車通勤はできない。
    • 施設・設備
      基本的にはどの建物も綺麗。書道コースの設備はほとんど何もない。ロッカーと、4回生が使用できる和室が与えられている程度。看護・医療系は学内でもかなり優遇されており、施設も充実している。看護・救命はそれぞれ1棟与えられており、心理・理学療法も2学科で1棟与えられている。ジムもあり、救命の生徒がよく利用している。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      コース内の友人はかなり関わりが深い。少人数なこともあり、みんなが仲が良く、いい友人関係が築けたと思う。ほとんどが女子なので、男子は少し肩身がせまいかもしれない。特殊なコースなため、あまりほかの学科の生徒とは繋がりがなかった人が多い。ただ、1回生の必修科目である英語は週に2コマほどあるため、ほかの学科の生徒との繋がりも深くなる。今はSNSが発達しているので、友人は出来やすいと思う。恋愛は学内でももちろんある。人それぞれなのであまり言及できない。
    • 学生生活
      書道コースに入学すると書道部に強制的に入部させられる。週に1度部会があり、昼休みに集まらなければならない。部会の内容は部費の集金、展覧会の打ち合わせ等が主である。活動内容としては高大展の出品、展覧会の開催の2点が主である。高大展(書道の団体戦)は、過去に十ウン年連続で最優秀だったこともあり非常に力を入れていた印象。1人3作品は出品するため、締切直前は非常に忙しい。先輩方に批判してもらうこともあった。展覧会は年に2?3回ある。夏に京都のお寺で開催したり、学園祭で開催したりする。展覧会を開催するにあたり、役割を与えられる。案内葉書を出したり、パンフレットを作成したり、企業に協賛をお願いしたり、全て1から自分たちで行う。大変だが勉強になることばかりだったように思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      書道コースでは書道の実技、書道の歴史、日本文学を学ぶ。実技では書道の世界で有名なの先生方が少人数制の講義で教えてくださる。臨書からはじめ、徐々に創作に入る。最終的には卒業制作で、好きな詩(万葉集・律詩など)を、好きな書体で創作することを目指す。書道の歴史は、創作するにあたり非常に役に立つ。学ぶにつれて、好きな書体が必ず見つかり、卒業制作の創作のヒントになる。日本文学は、日本文学コースの生徒と一緒に学ぶ。平安時代の文学や、近代の文学、文法までも学ぶ。日本語講師になるための講義もあり、留学生とともに講義を受けることもある。書道コースの生徒からすれば、単位のために学ぶようなものかもしれない。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      教育の道へ進んだ。(一般企業)
    投稿者ID:412641
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 日本語日本文学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 2]
    • 総合評価
      文学を学ぶには最適の環境でした。だだやはり就職面で難しく、私は就職しましたが、進路の決まっていない同級生も何人かいました。現在は就職指導が充実しているかとは思いますが、指導の良し悪しではなく、文学部の学生の積極性の問題のように感じました。
    • 講義・授業
      やる気次第でとことん研究できる環境でした。教授もやる気のある学生にはとことん付き合って下さいました。私自身も、卒業論文の執筆は教授のおかげで大変楽しく書き上げることが出来ました。小規模な大学なので、その点が良い点であると言えます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの人数も、小規模な大学の為、かなり少ない人数です。そのおかげで研究一人一人に密な指導を受けることができます。
    • 就職・進学
      就職指導は十分にされていました。無名な大学の為、就職活動は難儀しましたが、サポートもあり満足な結果を得ることができました。
    • アクセス・立地
      アクセスはあまり良いと言えません。最寄りのJRの駅からのバスがありますが、専用のシャトルバスではないため、一般の市民の方々も乗車されますし、基本的に混雑しています。道路も混雑しているため、バスだけで短くて20分ほどかかります。また、地下鉄の最寄り駅からは徒歩15分ほど、かなりの坂道です。
    • 施設・設備
      とても充実しているとは言えないですが、不足しているとも思わなかったです。ただ、食堂が学生数の割に少ないので大変混雑します。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      文学部の学生は基本的におとなしめで、雰囲気も良いので仲の良い友達ができました。たぶんこれからも仲良くしていくような友達なので、それだけでもこの大学に決めた価値はあると思ってます。
    • 学生生活
      特にサークルには所属してなかったのであまり分かりません。友達はサークルに所属してる子が多勢いました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一回生、二回生、三回生は日本文学に関して学びます。興味のある文学を選んで受講することもできますが、ゼミではそれぞれ、古典、現代文学、日本語など一通り学ぶことができます。その後、三回生、4回生で研究したい分野を選び、卒業論文に向けて取り組みます。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      動物園
    投稿者ID:412778
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      机上での学習、演習、実習、どれもとても充実していると思う。この大学は看護師だけではなく、保健師や助産師、養護教諭などの免許をとることもでき、免許取得のためのそれぞれのサポートは充実していると感じる。また、他大学や専門学校とは異なるカリキュラムを導入しており、国家試験対策だけでなく卒業後の就職先からも評価は高い。
    • 講義・授業
      講義のほとんどがオムニバス形式で、様々な先生から学ぶことができる。講義中の雰囲気については、私の回生は静かに講義を受け、学びたい人がしっかり学べる環境であったが、他回生は講義中に喋るなどあるようで、回生によって大きく違うと思われる。履修の組み方については全てネット上で行う。履修する上で分からないことがあれば、相談してくれるところもあるので安心である。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが決まるのは3回生の後期。毎年少しずつ異なるが、主に基礎看護学、成人看護学、小児看護学、母性/助産看護学、精神看護学、老年看護学、地域看護学、国際看護学の8領域から選択する。選択方法としては、私の年は興味のあるテーマを先生に提出し、そのテーマから教員が振り分けるという形であった。ゼミ生同士は実習を重ねるたび、仲良くなりつながりが強くなっていき、国試対策もゼミでの学習が主となる。ゼミの色はゼミ担当の教員によって全く異なり、学びを深めたいテーマも大切であるが、教員が自分に合ってないと卒論等もなかなかうまく進まないので教員選びもとても重要だと感じる。
    • 就職・進学
      国家試験の合格率としては毎年100%近い。就職先は看護師がほとんどで、数人が保健師、助産師、養護教諭として就職する。病院説明会を学校で行なったり、採用試験の面接練習を行ったりと就職活動のサポートも充実していると感じる。養護教諭についてはあまりよく思っていない看護学部の教員もおり、養護教諭になることを目指しているにもかかわらず、ゼミ教員によっては応援してもらえないこともある。しかし、教職保育職支援室でのサポートはとてもあつい。養護教諭を目指していて、看護学部の先生に冷たくされても折れない心を持つことが大切だと思う。
    • アクセス・立地
      最寄駅はJR/京阪山科駅、もしくは地下鉄椥辻駅である。山科駅からはバスで20分程度、椥辻駅からは徒歩20分程度である。学校は山の上にあり、徒歩や自転車は慣れるまでしんどい。またバスもかなり揺れるので初めのうちは立っているだけで腰が痛くなったりすることがあるが慣れたら問題ない。
    • 施設・設備
      キャンパス自体はそんなに広くはないが、山の上なので階段が多い。看護学部の施設としては、演習室が3室あり、講義がないときは自由に使える。演習に必要な物品も充実している方ではないかと感じる。図書館にも学習に使える参考書や文献が揃っており、課題があるときや実習前などとても役に立つ。また、新本のリクエストも受け付けている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      看護学部は9割が女子学生で、学部内での恋愛はほぼない。友人関係については、演習や実習など、様々なメンバーで行い、また、全体の人数も100名前後であるため、ほとんどの人と関わる機会があり、関係も深まっていく。
    • 学生生活
      看護学部は1回生から他の学部に比べて忙しいため、活発に活動をしている部活やサークルに所属している学生は少ない。そのような部活やサークルに所属していても回生が上になるほどしんどくなり辞める、または休部する学生がほとんどである。アルバイトは自由で、実習中や国家試験前でもうまくやれば続けられる。イベントについては、年に一回10月に学園祭があるが、正直、そんなに楽しくない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生は、解剖生理学や看護とは、健康とはといった看護の基礎となることを学ぶ。1週間は水曜日を除きほとんど必修科目で埋まっている。2回生は、日常生活援助を演習室で学んだり、老健施設や保育園、企業に実習に行く。3回生は、前期は紙上の患者さんへの看護についてグループで考え学び、それらを生かし後期に5領域(成人、小児、精神、母性、地域)の実習に約半年かけて臨む。4回生には総合実習があり、これまでの実習で学びを深めたいことなど自主的に取り組む。その後、卒業論文に取りかかり10月半ばには提出する。卒業論文の提出が終われば本格的に国家試験の対策が始まり、2月の国家試験に臨む。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      養護教諭
    投稿者ID:409399
    この口コミは参考になりましたか?
158件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

京都府で評判が良い大学

京都府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都橘大学   >>  口コミ

京都橘大学の学部

オススメの大学

中央大学
中央大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.86 (1203件)
東京都/私立
星薬科大学
星薬科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.71 (63件)
東京都/私立
東京歯科大学
東京歯科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.85 (13件)
東京都/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。