みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  国際基督教大学   >>  口コミ

国際基督教大学
出典:Te220168
国際基督教大学
(こくさいきりすときょうだいがく)

東京都 / 私立

口コミ
私立大

2

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:67.5

口コミ:★★★★☆

4.46

(136)

国際基督教大学 口コミ

★★★★☆ 4.46
(136) 私立内2 / 571校中
学部絞込
並び替え
1361-10件を表示
  • 女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      本当に良い大学だと感じる。「良い大学」というのは、人それぞれ定義が異なるが、私にとっては、「主体性が尊重される環境」「多様性が尊重される環境」「スピーキングを中心とした英語運用能力を日本でも高められる環境」というものを大学に求めていたため、それらは満たされたと感じる。学生も、勉強に対する意識も高い学生が多く、真面目で人柄のいい学生が多いため、人間関係に悩むことも少ないのではないかと感じる。
    • 講義・授業
      少人数で、ディスカッション中心の授業が多いため、主体的に集中して一つ一つの授業に取り組むことが出来る。先生方も、優秀だと思える先生が多く、何よりも、学生の自由な学びを尊重してくれる方々が多く、非常に恵まれた環境である。大学の売りであろう英語の授業も、リーディング、リスニング、スピーキングなど様々な能力を養うべく行われるため、一、二年次の集中的な英語学習で、高い英語運用能力を身につけられると思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミというものは存在せず、基本的には学生一人一人に、一人の先生がつき、卒業論文執筆を指導していただく形である。他大学は、ゼミ制度のもと、ゼミの学生がクラスメイトのように、ゼミ合宿や集まりが行われるが、ICUでは、そのような形をとっている先生はほとんどいらっしゃらない。
    • 就職・進学
      それぞれの学生が高い志を持って、就職活動なり、大学院進学準備のために励んでいるのではないかと感じる。名だたる大手企業に就職する学生も多いが、意思を持ってスタートアップ企業やベンチャー企業に就職をする学生もいるため、一律に学生がトップ企業就職を志しているわけではない・
    • アクセス・立地
      立地は自然が多いという点で、のびのび生活が出来ることは良いと思うが、近くに軽く食事にいけるようなレストランやカフェなどは少なく、学生も食堂をメインに食事をとる学生が多い。
    • 施設・設備
      学習を効率よく行うための施設は十分に揃っていると感じる。一方で、もっと学生がリラックスできるような、フリースペースやカフェなども充実させていいのではないかとも感じる。
    学科に関するコメント
    • 学科の男女比
      4 : 6
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手人材会社
    投稿者ID:479580
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      リベラルアーツであるため、様々な分野の科目を幅広く学ぶことができる。(理系から文系、様々な科目を制限されることなく取ることができる)
      少人数制のため、先生と生徒の距離が近い。
    • 講義・授業
      正直、科目の教授による。プレゼンテーションや、ディスカッションのような、生徒の考えをぶつけ合う場がおおいため、深く学ぶことができる
    • 研究室・ゼミ
      担当の先生、ゼミによる。友達のゼミはゼミの人たちでご飯に行ったり、お互いの卒論についての指摘をしあったり、とても楽しそう且つ良い学びをしていた
    • 就職・進学
      人によるが、良いと思う。妥協する人が少なく、自分のやりたい道に真っ直ぐな人がおおく、就職の満足度は高いと思う
    • アクセス・立地
      駅から遠いので、バスを使っていかなければならない。その分お金がかかる。しかし、国際基督教大学までのバスが出ているので、それはありがたい
    • 施設・設備
      新しい施設が多く、非常に使いやすい。しかし、開館時間が短いのが難点である。できれば24時間あけてほしい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      良いと友達がたくさんできた。入学してくる人の質も元々良いが、大学の学びで良い人格になっていくことも影響しているとおもう。
    • 学生生活
      人によるが、わたしは楽しかった。寮に入ると寮のイベントもあり、楽しめる人は楽しめる。そういうのがめんどくさい人に対しては大変だと思う
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は主にELAが主である。stream4は一学期に12単位ほどELAの授業となる。
      二年生で様々な授業を受け、3年次にメジャーを決め、その後専門的に学び、四年生で専門の卒論を書く
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      児童養護施設
    投稿者ID:431019
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中3人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      高校時に大学で学びたいことが分からなかった私にぴったりの環境でした。入って二年間は開発研究、政治学、人類学など色々な科目に挑戦してみましたが、自分が没頭できることを見つけ、また素敵な教授との出会いがあり、言語教育を専攻としました。
    • 講義・授業
      私が専攻とした分野は少人数で教授も生徒の名前を覚えてくれるようなアットホームさ、入門から深い専門知識まで必要とする講義がありました。
      他専攻については、又聞きした話しか知り得ないので評価できません。
    • 研究室・ゼミ
      私たちの代は10人弱のゼミがあり、3月/6月卒業生ともにお互いに情報を共有したり、互いの研究の協力をしたり、など仲も良く助け合っていました。もちろん今でも交流があります。
      教授も論文指導から進路の相談まで、親身になってくださり、彼女からかけられた言葉は今でも折に触れて思い出して勇気をもらっています。
    • 就職・進学
      国際色豊かな大学なので、就活も幅広くしている人が多いかと思います。
      また海外、国内ともに大学院進学をする学生が多いのも特徴だと思います。卒業してすぐに進学せずとも、数年働いてからアカデミアに戻る人も私の周りでは多くいました。
    • アクセス・立地
      三鷹の森と呼ばれる広大な敷地を、文句を言いながらも愛しているのがICU生だと思います。
      駅からは近くありませんが、治安も良く緑も多く、周辺環境は私はいいと思います。
    • 施設・設備
      本館の老朽化は顕著で、そろそろ建て直されると聞きました。本館以外の建物は新しく建設されたものも多いです。特に食堂は、卒業生カップルがチャペルでの結婚式後での披露宴で使うほどきれいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      圧倒的に女子が多数派なので、それをポジティブにとるかネガティブにとるかで変わってきます。また、学内では性的マイノリティへの理解がとても進んでいます。
    • 学生生活
      一学年が600人と、本当に小規模な大学なのでどのサークルもアットホームでゆったり活動しているイメージがあります。(ストリートダンスサークルは厳しそうでしたが)
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      私は教職免許をとったので、科目に関する授業、教育学、心理学、憲法など多岐にわたった勉強をしていました。まったく興味のなかった教科で自分の分野に通じる発見をして物事を多角的に見られるのはICUでの勉強の醍醐味でしょうか。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      私学教員
    投稿者ID:346074
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      3年から自分の選んだ好きな学問を学べる。
      何を学びたいか悩んでいる人にはちょうどいい。興味無いとおもっていた分野も意外とやってみるとおもしろかったりする。少人数なので授業への参加が求められるが、やりがいにもつながる。
    • 講義・授業
      好きな授業は多かった。1年生で集中的に習う英語もセクションの仲間と一緒でたのしい。
    • 研究室・ゼミ
      数は多くない。マンモス校と違い人数が少ないので。
      ゼミによって差がおおきく、まじめにやるところもあればたいして忙しくないところもある。
    • 就職・進学
      他の私立ほどOB組織は強くない。外資系に進む人も多い。
      就職は結局個人なのでとくに大学はあまり関係ないと思う。しっかり計画立てて考えていた人は希望のところにいけている印象。
    • アクセス・立地
      環境はすばらしい。緑が多く芝生で授業することも。
      都会にある大学のようないわゆる大学生生活とは違うかもしれかいが、よく考えて、学べる素敵な大学です。ぜひ1度キャンパスを見てみてください。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      会社員
    投稿者ID:331411
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      じぶんが人生で成し遂げたいことを学び、行動に変えることを目指す学生になりたければ、最もおすすめです。周りも行動的な学生が多く、刺激的な環境です。
    • 講義・授業
      特に国際関係は著名な教授も多く、先生の指導への熱意も高いです。英語と日本語のどちらかで受講できます。課題は多いですが、学ぶためには不可欠です。
    • 研究室・ゼミ
      先生によってゼミの環境は大きく変わりますが、総じて生徒の熱意に応える先生ばかりです。理系より文系の方が先生の数が充実しています。
    • 就職・進学
      大学の就職活動への支援はそこそこですが、個人の活動として一人ひとりがきちんと取り組んでいます。迷った時悩んだ時は、周囲や先輩にアドバイスをもらって解決しています。
    • アクセス・立地
      三鷹の森の中にありますので、便利か不便かというと不便な方です。暮らすには全く問題ないですが、最寄りの遊び場は吉祥寺です。
    • 施設・設備
      必要な施設は整っており、比較的きれいです。学生寮も多く整えられており、学生間の交流は強いと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学校で一つの学科しかないので、学科といえども多様性があります。いろいろな人と話をして刺激を受ける大学生活を送ることができます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は一般教養を英語で学び、二年次以降は自分の関心がある授業を選択していました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      近藤ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      開発経済を中心に、国際関係学を学ぶことができます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      通信メーカー/海外営業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      海外展開に力を入れており、かつ日本が誇る技術力を持ち合わせている企業であるため。
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      三年次以降に専攻を決められること、留学やインターンなど海外への窓口が広いことか理由です。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      大手予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      もともと国立志望だったので、センター対策がそのまま入試対策になりました。一般入試も受けましたが、一般教養が問われる内容で、センター対策が有効と思います。
    投稿者ID:181693
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 国際基督教大学のことが気になったら!

    ※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

  • 女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2015年06月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学生の数に対して教授の数が多いので、大教室というものがなく、本当に学ぶための授業であり、学校だと思う。
    • 講義・授業
      ジョ業は英語で行われるので、授業に追い付くための語学学習をしなくてはならないことが、大変だけれども、確実に自分が語学力アップを実感できる喜びを与えてくれる。
    • 研究室・ゼミ
      少人数、学年の差が幅広く、教授の熱心さに答えようと学生たちもよく討論を行いました。それが、自己の意見を述べることの必要性、重要性を自然とみにつけられたことが素晴らしいことと思っています
    • 就職・進学
      自分の希望を伝えると、親切にそれらの関連ある会社を助言。これが非常にきめ細やかだったのと、気軽に相談できる雰囲気を持った相談室という感じが強かった
    • アクセス・立地
      緑豊かで、キャンパス内が植物園のよう。キャンパス内に寮が幾つかあり、友人と話に夢中になりながら散策出来る環境が素晴らしい
    • 施設・設備
      図書館の蔵書数の数、専門分野別のコーナーの蔵書数に多さ、これはすごいと自慢できる。キャンパス内に寮があったおかげで、寝坊した時でもダッシュで遅刻せずに教室に行けることは一番助かった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      寮があるのでそこでの仲間は全て友人。毎週末のミーティング。お菓子とお茶と、先輩も後輩もなく、掃除当番やら、反省会は楽しいひと時でした
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      哲学、社会学を中心に学んだことで、2年生の時に参加したプロジェクトが海外ボランティア。この体験は今の私を作ってくれた、大切の体験でした。
    • 所属研究室・ゼミ名
      国際社会人類学の研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      哲学や、人類学と幅広いことを学びたかったので、
    • 学科の男女比
      4 : 6
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      石巻市役所の震災復興課
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      人の役に立つための仕事がしたかった。国連よりも、日本で起きた震災でボランティアをしなくてはならない状況が国内で起こったので、東北の役に立ちたいと思っただけ
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      国連職員を目指していたので、この学校を選びました。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      高校での特進コースの放課後授業だけです
    • どのような入試対策をしていたか
      英語力アップで英検レベルアップに取り組んだ
    投稿者ID:117726
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2015年06月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    • 総合評価
      学びを通して、思考力を最大限に養うことが、ICUの魅力です。1年生の間は、英語での論文執筆作業やディベートの訓練を通して異質な分野の知識にふれます。そのように過ごすことで、2年生以降はいかなるテーマで研究を進めていこうとしても、必要な知識を自分から取って、自分なりにアイディアを組み立てることが出来るようになります。そうして身に付いた問題解決能力は、社会人になっても、あるいは学園生活での人付き合い、サークルでの取り組みに対してもとても役にたちます。
    • 講義・授業
      ある程度の縛りはありますが、基本的にとれない授業は無いと思っていただけるといいかと思います。文系の学生が理系科目を取ることもでき、学部生が大学院の授業を取ることもできます。その逆も可です。私は1学期間に、物理学、日本文学、西洋史を平行して取ったことがありました。そのため異質なアイディアを組み合わせて自分なりに物事を考えるくせや力が身に付きます。そのような能力がみについたかどうかが成績評価の基準となるため、筋道立てて論じることができれば、どんな突飛なアイディアでも先生や他の学生は興味をもってきいてくれます。
    • 研究室・ゼミ
      分野によって多少差はると思いますが、どの授業も平均的な日本の学部の水準と比べるとハイレベルでユニークだと聞きます。たしかに、専門科目レベルになると、本を読んでキャッチアップするのに大変だった記憶もありますが、同時に面白いと感じる瞬間が多々ありました。第一線で活躍する先生方が揃っているのも魅力です。ただ、大学院でさえも科研費が出ないのことが唯一の不満でした。
    • 就職・進学
      同じ専攻でも研究テーマや興味は人によって全く違うので、どのような企業に就職するかという傾向は全く読めません。ICUに行って、その先何をするかというのは4年後の本人しかわかりませんが、ICU生の思考力、問題解決能力、知識欲、英語力、そしてどんな考え方や人も受け入れる姿勢はどの企業でも重宝されます。中小企業の人事担当者はICUを知らない場合があるとは思いますが、大企業の人事担当者であれば、ICU生の質の良さを理解しています。
    • アクセス・立地
      キャンパスは緑が多く気持ちの良い環境で過ごせます。天気のいいお昼休みに広い芝生の上でランチをするのがちょっとした楽しみです。最寄駅からは歩いて行くと40分くらいですが、少し遠いので、駅から自転車かバスを使って通学します。
    • 施設・設備
      学食が綺麗で、緑が多いところがとてもいいところです。 ただ、教室と体育館が遠いので、授業の次のコマに体育が入るとせわしいです。 学食やカフェテリアかの上しか友人と連れ立って食事をするところがないので、天気の悪い日はランチの席取り少し困りました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      基本的に「変な人、変なもの」という考え方がなく、あらゆる人の個性を尊重し、どんなに自分と違ったタイプでも仲良くなろうとします。見た目で人を判断して付き合い方を決めることは絶対にしません。 留学生と一緒に授業を受けるのが当たり前なので、外国人と友達になれるチャンスが多いのも事実です。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生のうちは英語で論文を書く読む講義受ける。 2年生からは、専門的なことをべんきょうしていきます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      本郷ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      先生は通訳・翻訳研究。私は、言語学の一部(談話研究)でテーマを設け、論文を書きました。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      国際基督教大学大学院。同大学院修士課程修了後、GMOコマース社入社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      日常におけるトークがどのように人にインパクトを与え、ある一定の行動に駆り立てるかが、研究の根底にある興味でした。 GMOコマース社はIT企業として、法人顧客の宣伝活動を成功させるためのメディアサービスを販売しています。営業担当のトーク次第でお客様に期待していただき、導入に至っていただけるという魅力を感じ、私が学生時き代持ち続けていた興味に触れる企業活動であるため、わが社を志望しました。
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      通訳になりたいという夢をかなえるため、通訳の勉強ができるICUに入学。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      日曜講座
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を見る。模擬試験を受ける。あとは普通の受験勉強。
    投稿者ID:127662
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2015年06月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自分がなにを学び、その学びをもってなにを実現したいのかを見つけることができる環境です。 色々な活動をしている仲間に出会うことができ、生き方の多様性を知ることができます。
    • 講義・授業
      学問の分野を越えた学びができます。文系・理系、学部に問わず自分が関心ある授業をとることができます。授業はいずれも少人数制なので、教授とも近い距離で学ぶことができます。
    • 研究室・ゼミ
      教授と生徒の距離がちかいのが最大の魅力です。研究費についてはあまり充実していないかもしれません。文系は調査費用は基本的に自己負担、理系は生物系の研究以外は自己負担と聞いて今。
    • 就職・進学
      大手企業、外資企業、海外・国内の著名な大学院への就職・進学実績があります。英語、国際的というイメージが企業側にもあるらしく、海外で活躍したい方には有利な大学であるといえます。
    • アクセス・立地
      三鷹の森の中にあります。都心部から三鷹までも40分ほど電車でかかり、また、三鷹からバスでの移動があり、アクセスは多少不便ですが、自然あふれた静かな環境です。アメリカスタイルのキャンパスで、学生には愛されています。
    • 施設・設備
      設備は比較的最新です。理系はあまり充実していないかもしれません。学食は正直にいうと美味しくありません。東京外語大学が近いので、自転車で遠征して食べにいったりしています。近場には学生向けのレストラン、居酒屋もあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      常識あるユニークな人が多いです。帰国子女や外国人の割合もほかの大学より高いと思います。ありとあらゆるタイプの人がいるので、人生勉強にもなります。そもそも学生数が少ないので、皆友人になります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一般教養、経済学の基礎、開発学の基礎などを幅広く学びました。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      幅広く学問を学んでから自分の専攻を決めたいとかんがえたからです。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    投稿者ID:112489
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2012年入学
    2014年12月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      幅広い教科授業を学べる上に3年次になってから専門分野を学ぶため、色々なことを学びたい人にとっては非常に良い学校だと思います。しかし、専門分野しか学びたくないと言う人にはあまりおすすめしません。やめる人もいるため。あと、英語にも強化した学校であるため自分次第で非常に英語力は伸びると思います
    • 講義・授業
      自分の述べたいことしか話さない教授もいるので、ノートも取りにくいし、テストもどのような問題になるのかわからない時がある。しかし、面白い教授もたくさんいて非常に面白い授業がたくさんある。
    • 研究室・ゼミ
      3年次から専門分野を学ぶため、ほかの大学と比べるとゼミなどの概念があまりなく、分野によって様々なためゼミがないところもある。
    • 就職・進学
      それなりによい所に就職できる。英語に特化しているため。しかし、英語に力を入れているせいか留学をする人が多く、就職しない人も多いため、いつから就活したら良いのか何をすれば良いのかなどの情報は自分次第と言ったところになる。
    • アクセス・立地
      バス停があるが学内が広いため自転車がないと非常に不便である。必須授業での体育があるため、授業をうけた後に体育の授業に行くとなると、10分の休みしかないので歩くと間に合わない場合がある。学外の近くにコンビニはあるが、校内が広いため学外に出るまでが遠い。ATMや郵便局が学内にあるのがありがたい。
    • 施設・設備
      授業を受ける棟が古いためトイレも古く少し汚い。床は大理石である。学食や売店等の棟は新しいためトイレも綺麗である。wi-fiが飛んでいるため学生はどこでもネット使用可。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      少人数制の大学であるため、友達は直ぐにでき、どんどんともだちの幅は広がっていく。しかし、恋人となると違ってくる。少人数制のせいか一度付き合ったら次がなかなか探しにくい。元彼の友達ばかりなのである。そして、留学に行く人が多い為、別れる確率が他の大学に比べると非常に高いと言える。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      英語の文献読解力アップ、幅広い教養を身につけることができる。専門知識等も学べる。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      とにかく2年次まで英語に特化しているため。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      個別指導の明光義塾
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を解くことと、要約の練習、面接の練習。
    投稿者ID:74872
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自分から動けば、英語力も思考力も延びる。グローバルな視点が身につく。ただあくまで、自分から動くことが大切。目標ややる気のある人にはやりたい事ができるチャンスの多い大学だと思う。
      2年終わりまでは、自分の専攻を決めずに、幅広い授業を取ることができるので、幅広い知識と知見を身に付けたい方におすすめ。
      同じ授業でも、英語で取った場合は、専門用語を英語で覚えることになるので、留学やビジネスで英語を使う際に役に立つ。
      幅広く学べる反面、他の大学にある専攻の場合は、他の大学で4年間専攻を学んでいる人に比べ、知識が浅くなる。専門を深く極めたいのであれば、自分で勉強するか、留学するか、院に進むか、のいずれかが必要になる。
      授業は少人数でディスカッション式のものも多い。
      1~2年は英語必修。特に1年の英語は課題がヘビーなので、大学生活しっかり勉強したい人の方が良い。
      この英語必修科目は、文法や単語などのベーシックなものでは無く、英語はある程度できるものとしてレポートを書いたり、ディスカッションをしたりの形式で進められる。
      ただ、クラス分けされているので、あまり英語に自信のない方でも問題はない。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      営業
    投稿者ID:388135
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

1361-10件を表示

国際基督教大学のことが気になったら!

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

基本情報

住所 東京都 三鷹市大沢3-10-2
最寄駅 西武多摩川線 新小金井
電話番号 0422-33-3054
学部 教養学部
概要 国際基督教大学は、東京都三鷹市に本部を置く私立大学です。通称は「ICU」。1949年、日本と北米のキリスト教指導者たちの決定により創立されました。教員1人対学生18人という少人数教育をとり、対話中心のディスカッションスタイルの授業が多いことが特徴です。国際性が高いことでも有名な国際基督教大学は、学生のおよそ15%が毎年海外に留学しています。 三鷹市大沢にある、全員が学ぶキャンパスは広大な敷地を有し、都立野川公園も隣にあることから、自然豊かな環境でのびのびと学生生活を送れます。教員の3人に1人は外国国籍であり、大学全体がグローバルな環境にできています。高い語学力や変化に適応する力を身につけた学生は、卒業後はグローバル企業をはじめ幅広い業界に高い就職率で進路を決めています。

この学校の条件に近い大学

国際基督教大学のことが気になったら!

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

学部一覧

おすすめのコンテンツ

東京都で評判が良い大学

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  国際基督教大学   >>  口コミ

国際基督教大学の学部

教養学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.46 (136件)

オススメの大学

慶應義塾大学
慶應義塾大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.14 (1556件)
東京都/私立
自治医科大学
自治医科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.12 (34件)
栃木県/私立
川崎医科大学
川崎医科大学
すべり止め校もチェック
★★★★☆ 3.61 (14件)
岡山県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。