みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  国際基督教大学   >>  教養学部

国際基督教大学
出典:Te220168
国際基督教大学
(こくさいきりすときょうだいがく)

私立東京都/新小金井駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:67.5

口コミ:★★★★☆

4.46

(167)

国際基督教大学 教養学部

概要

学科情報

アーツ・サイエンス学科
偏差値67.5
口コミ 4.46167件
■学費
入学金:30万円 年間授業料:107万円

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆4.46
(167) 私立内 13 / 1679学部中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2019年入学
    国際的な場面で活躍できる人材
    2019年12月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ5|就職・進学5|アクセス・立地4|施設・設備5|友人・恋愛5|学生生活4]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      たくさんのプログラムや、授業があります。教育に関することから国際的なことまで教えてもらえるのでたくさんの視野から考えることができます。
    • 講義・授業
      良い
      先生の中にも帰国生や、この大学出身の人が多いです。すこし英語混じりの質問にも答えてくれて助かります。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      とてもきれいに教室が整備されていたり、先生の授業や説明がとても分かりやすいです。とっても充実しています。
    • 就職・進学
      良い
      先生になる人もいれば、国際政治家や通訳など、国際的な仕事につく人が多いです。
    • アクセス・立地
      良い
      駅からバスが出てきます。ただ、敷地が広いので迷子になりやすいです。学校内には郵便局やカフェテリアなどがあり、とても便利です。
    • 施設・設備
      良い
      公園のように芝生があり、緑が多く自然が豊かでリラックスして学問に励むことができます。
    • 友人・恋愛
      良い
      ほとんどか帰国生で、色々な国の色々な文化や言語を知ることができます。
    • 学生生活
      良い
      学校のチャペルなどでよくイベントをやっています。どのイベントもおもしろく、ためになります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      教育に関することをたくさんの国から来た帰国生と学べるので、色々な視点から学べます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      まだ詳しくは決めていませんが、教師になりたいです。
    • 志望動機
      国際的な場面でも活躍できたり、海外から来た生徒を助けることができる教師になりたくこの学科を志望しました。
  • 女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2019年入学
    ひたすら英語。その他、広く、浅く。
    2019年12月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ-|就職・進学5|アクセス・立地1|施設・設備1|友人・恋愛3|学生生活2]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      広く浅く2年間弱勉強してから専攻を決めます。
      留年が無いので、何よりELAを頑張って英語力をつけるが吉、と個人的には思います。英語教育以外の部分は期待しないでください。何より教養学部、アーツサイエンス学科と名の付く通り、ざっくり言うと幅広く学ぶ為の科目が多いので。専攻決めてから就活、卒業まで早い分、もっと知識が欲しくなれば院に行って下さいという雰囲気。
    • 講義・授業
      良い
      想像以上に授業について行くこと、課題をこなすことで精一杯。一応サークル、バイトして、遊んで、自由なウェイウェイ大学生活に憧れている人にはオススメしない。私自身、英語のスキルを何より上げたいと思い入学したので期待通りではあった。ICU独自のELAという、1年次は週8時間(クラスのレベルによって差はある)必修の授業ではオールEnglish、生徒同士のディスカッションで展開されることばかり。宿題も山ほど出るので、セクションというクラスが一緒のメンバーと協力して戦ってます。正直、英語以前に、日本語のコミュ力無い人には向かない大学。
    • 就職・進学
      良い
      生徒一人一人にアドヴァイザーがつきます。昼休みふらっと行って面談することも可能。入学時に提出する文書を見て誰が担当するか決められてるらしいので、かなりの確率で自分にとって当たりの先生が来ます。因みに、正当な理由であれば自分で変えられます。あとIBSという、生徒で運営している、履修やら就活やらの相談に乗ってくれる団体もある。そこ行けば何とかなります。就職先はまぁ大学HPに載ってるけど、実際凄くバラバラ。全然国際系に行かない人もいます。
    • アクセス・立地
      悪い
      アクセス最悪です。周りなんにもない。
      最寄り駅からバスで15分程かかります。
      寮に入ることをオススメします。
      構内広いわりにその一部しか使われておらず、本館という普段授業で使う棟はボロボロです!
      ただ1つ良いところを上げるとすれば自然が豊かなことですが、日本には自然の豊かさとアクセスの良さを共存させた大学なんて山ほどあるので、特出することでもないレベル。
    • 施設・設備
      悪い
      学食が値段の割に味が悪く、コスパ良くない。多分早慶上理ICU、MARCHという風によく括られる都内私大の中だと1番不味い。
    • 友人・恋愛
      普通
      友人関係、恋愛関係で充実しているというより、個人個人がそれぞれブレない自分を持った上で、人と付き合っているという印象。あとみんな基本フレンドリーなので男女めちゃくちゃイチャついてても全く付き合ってない、なんてことがザラにあります。アメリカかぶれです。
    • 学生生活
      悪い
      学祭がしょぼい。だからサークルの発表場所が身内に留まってしまうので、活発では無いかも。やはり生徒皆学業最優先の人が多い印象。紹興がないのも残念。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      とにかく一二年は英語。
      一般科目については全部自由選択。文理に関わらず幅広くです。
      しかし実際には浅くなりがちです。1年の時とか、もどかしいと思う。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      うーん。入試問題が特殊って思われ過ぎているだけで、一般は実際マジで国語と英語で済むので、楽だったから。高3の10月で偏差値55-60あるなら、そこから普通に勉強すれば誰でも受かります。コスパが良い大学。一応世間的にはそこそこ良いと、認めてくれる学歴が最低限の学力で手に入ります。
  • 女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2019年入学
    森の中のリベラルアーツ
    2019年12月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ-|就職・進学3|アクセス・立地2|施設・設備4|友人・恋愛4|学生生活2]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      課題もしっかり出ますししっかり勉強したいと思っている学生にはいい大学だと思います。他大学よりも忙しく、1学期中はバイトをする余裕もあまりありませんが勉強しに大学に入ったのならちょうどいいと思います。
    • 講義・授業
      良い
      英語と国際関係学については教授の数や授業の充実度も高めです。リベラルアーツ故に理系文系関係なく多様な科目が履修できます。ただテストの難易度や成績の取りやすさ、授業の充実度は教授によってまちまちです。
    • 就職・進学
      普通
      留学経験者や帰国生が多いので日本の昔からある大企業と言うよりも外資系など国際的に活躍する人が多くみられます。バリバリの縦社会に慣れていないので規律が緩めの会社に着く方が多いです。3年生で留学する方が多いので時間的に結構きついです。就活に関しては学校と言うよりも先輩に聞く方が良さそうです。
    • アクセス・立地
      悪い
      キャンパスは森の中にあるのでアクセスはあまり良くありません。最寄駅は中央線の三鷹・武蔵境ですがそこからまた少しバスに乗らないとつきません。学校帰りに遊べるようなところは吉祥寺まで出ないとありません。ただ自然に囲まれているので春は桜、秋は紅葉が楽しめます。
    • 施設・設備
      良い
      本館はとっても古いですが、食堂、体育館はできたばかりでとてもきれいです。グラウンドも人工芝で汚れません。
    • 友人・恋愛
      良い
      学校全体の生徒数が大きくないのでみんな他学に比べると顔見知りは多くなります。毎年80名ほど高校から上がってきてる人たちがいるのでそこは最初は固まりがちです。ただやはりサークルや部活に所属した方が知り合いは増えます。科目や就活、留学のことも聞けるので知り合いは多めに作っておくことをおすすめします。
    • 学生生活
      悪い
      学祭などはアクセスの悪さもあって内輪で盛り上がる感じです。サークルはアルティメットフリスビーが盛んです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目に英語があり、英語科目のみレベル分けが行われます。レベルによって授業数が決まります。高いレベルに行けば行くほど授業数が少なくなるのでその分自由時間が取れます。基本的には教養学部なので自分で選択した分野の勉強を好きにできます。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      学んで見たい分野が多かったため教養学部のあるこの大学を選びました。国際関係学に一番惹かれていたので教授や授業にも力を入れているICUは学ぶ場としては最適でした。

学校の特徴アンケート 投稿する

講義・授業に関する特徴アンケート

講義・授業の満足度

4.37 (160件)

★★★★☆

  • 様々な分野の教授がいます。オフィスアワーと言う必ず教授が指定されている教授の部屋にいる時間があります。この時間に行って気軽に授業のこと、履修のこと、その他の相談できます。(在校生 2015年入学)
  • 想像以上に授業について行くこと、課題をこなすことで精一杯。一応サークル、バイトして、遊んで、自由なウェイウェイ大学生活に憧れている人にはオススメしない。私自身、英語のスキルを何より上げたいと思い入学したので期待通りではあった。ICU独自のELAという、1年次は週8時間(クラスのレベルによって差はある)必修の授業ではオールEnglish、生徒同士のディスカッションで展開されることばかり。宿題も山ほど出るので、セクションというクラスが一緒のメンバーと協力して戦ってます。正直、英語以前に、日本語のコミュ力無い人には向かない大学。(在校生 2019年入学)
  • ただの講義だけではなく、ディスカッションやプレゼンテーションをグループで行う授業が多いです。学年に関係なく同じ授業を受けるので、4年生の方からアドバイスを貰えたり、学校のことを教えてもらえたりもします。 また先生との距離が良い意味で近いところも特徴です。授業中先生に質問をすれば「じゃあそのことについて今からディスカッションしてみようか」となって、臨機応変に対応してくれます。ディスカッションと聞くと堅苦しくて、何か発言して貢献しないとと思いがちですが、ラフに話すことができる雰囲気です。(在校生 2018年入学)
  • 先生の教え方
    優しい
    25人が回答

    優しい

    厳しい

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    25人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    どちらともいえない
    25人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 課題の量
    多い
    25人が回答

    多い

    少ない

  • 英語を利用する授業
    多い
    25人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学生生活に関する特徴アンケート

学生生活の満足度

3.47 (74件)

★★★☆☆

  • 学祭がしょぼい。だからサークルの発表場所が身内に留まってしまうので、活発では無いかも。やはり生徒皆学業最優先の人が多い印象。紹興がないのも残念。(在校生 2019年入学)
  • 学祭などはアクセスの悪さもあって内輪で盛り上がる感じです。サークルはアルティメットフリスビーが盛んです。(在校生 2019年入学)
  • 学校のチャペルなどでよくイベントをやっています。どのイベントもおもしろく、ためになります。(在校生 2019年入学)
  • キャンパスの雰囲気
    落ち着いている
    25人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    25人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学生の雰囲気
    どちらともいえない
    25人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 男女の比率
    女性が多い
    25人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • 学生交流
    学内が多い
    25人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    多い
    25人が回答

    多い

    少ない

  • サークルや部活
    活発
    25人が回答

    活発

    活発ではない

  • 一人暮らしの比率
    どちらともいえない
    25人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    25人が回答

    多い

    少ない

  • 外国へ留学する人
    多い
    25人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    多い
    25人が回答

    多い

    少ない

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    25人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

就職・進学に関する特徴アンケート

就職・進学の満足度

4.04 (126件)

★★★★☆

  • 多角的な視点から考えられるICU生は企業にとって有望な人材とうつっているそうです。大学内の合同説明会では1週間で計100社ほど来校します。就職相談室はとても充実しています。資料だけでなく、OBOG検索、模擬面接、ES添削、相談できます。グローバル化が進む現代は英語や多文化に強いICU生はよい評価を得ているみたいです。(在校生 2015年入学)
  • 生徒一人一人にアドヴァイザーがつきます。昼休みふらっと行って面談することも可能。入学時に提出する文書を見て誰が担当するか決められてるらしいので、かなりの確率で自分にとって当たりの先生が来ます。因みに、正当な理由であれば自分で変えられます。あとIBSという、生徒で運営している、履修やら就活やらの相談に乗ってくれる団体もある。そこ行けば何とかなります。就職先はまぁ大学HPに載ってるけど、実際凄くバラバラ。全然国際系に行かない人もいます。(在校生 2019年入学)
  • 留学経験者や帰国生が多いので日本の昔からある大企業と言うよりも外資系など国際的に活躍する人が多くみられます。バリバリの縦社会に慣れていないので規律が緩めの会社に着く方が多いです。3年生で留学する方が多いので時間的に結構きついです。就活に関しては学校と言うよりも先輩に聞く方が良さそうです。(在校生 2019年入学)
  • 卒業後の進路
    どちらともいえない
    25人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    25人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 就職先の企業
    大手企業が多い
    25人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

入試情報

2021年度から始まる大学入学共通テストについて
2021年度から始まる大学入学共通テストについて

2021年度の入試から、大学入学センター試験が大学入学共通テストに変わります。

試験形式はマーク式でセンター試験と基本的に変わらないものの、傾向は思考力・判断力を求める問題が増え、多角的に考える力が必要となります。その結果、共通テストでは難易度が上がると予想されています。
難易度を平均点に置き換えると、センター試験の平均点は約6割でしたが、共通テストでは平均点を5割として作成されると言われています。

参考:文部科学省 大学入学者選抜改革について

学費

学科 入学金 年間授業料
アーツ・サイエンス学科 300,000円 1,077,000円

合格体験記

  • 教養学部アーツ・サイエンス学科(2015年/AO入試)の合格体験記

    女性在校生
    • 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科
    • 入試形式:AO入試
    • 現役 / 浪人生:現役
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    古文が特に苦手だったので国語の先生に毎日個別レッスンをしてもらうようにお願いをしていました。漢文はルールさえマスターすれば満点を取ることも可能な科目なので毎日ひたすら問題を解くよう二していました。

    利用した参考書
    古文単語100

    数学

    【センター】数学Ⅰ
    あまり勉強はしませんでした。そのせいであまりいいスコアを出せませんでした。

    利用した参考書
    青チャート

  • 教養学部アーツ・サイエンス学科(2015年/AO入試)の合格体験記

    女性在校生
    • 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科
    • 雙葉高等学校 出身
    • 入試形式:AO入試
    • 現役 / 浪人生:浪人生
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    面接

    【2次・個別】
    4人のグループ面接で、時事問題が出ると聞いていたので新聞やニュースを使って最近の情勢に触れるようにした。

    小論文

    【2次・個別】
    出願書類と一緒に送付。 2つあり、テーマは「自分の考え方に影響を与えた経験」と「リーダーとしての自分」。 高校の国語の先生に添削してもらった。

  • 教養学部アーツ・サイエンス学科(2016年/一般入試)の合格体験記

    女性在校生
    • 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科
    • 石橋高等学校 出身
    • 入試形式:一般入試
    • 現役 / 浪人生:現役
    • 入学年度:2016年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    文章の読み方を塾の先生に教えてもらった。あとは、丁寧に過去問とか解くこと!古文とかは、文法を完璧にしました。漢字の勉強もした。

    利用した参考書
    センター過去問

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    教科書と過去問で、基礎を固めつつ、時間をはかって時間内に解けるようにした

    利用した参考書
    教科書、チャート

基本情報

所在地/
アクセス
  • 本学キャンパス
    教養
    東京都三鷹市大沢3-10-2

     西武多摩川線「新小金井」駅から徒歩23分

電話番号 0422-33-3013
男女比 男:女=4:6 (口コミより引用)

この学校の条件に近い大学

国際基督教大学の学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  国際基督教大学   >>  教養学部

この学校の条件に近い大学

東京大学

東京大学

67.5 - 72.5

★★★★☆ 4.17 (1168件)
東京都文京区/東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目
慶應義塾大学

慶應義塾大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.15 (1963件)
東京都港区/都営大江戸線 赤羽橋
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.06 (3125件)
東京都新宿区/東京メトロ東西線 早稲田

国際基督教大学の学部

教養学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.46 (167件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。