みんなの大学情報TOP   >>  埼玉県の大学   >>  獨協大学   >>  口コミ

獨協大学
出典:Hykw-a4
獨協大学
(どっきょうだいがく)

埼玉県 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 57.5

口コミ:

3.97

(283)

獨協大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.97
(283) 私立内68 / 554校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.80
  • 研究室・ゼミ
    3.77
  • 就職・進学
    3.50
  • アクセス・立地
    3.46
  • 施設・設備
    4.25
  • 友人・恋愛
    3.77
  • 学生生活
    3.67
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

283件中 1-10件を表示
  • 男性卒業生
    法学部 国際関係法学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年12月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      興味ある人には楽しいが、興味のない人には苦痛。しかし、単位は簡単に取れるものが多い。 毎回授業に出る人は数少ない。
    • 講義・授業
      よく言えば分かりやすい
      悪く言えば低レベル
      授業に出てれば大体単位はもらえる
    • 研究室・ゼミ
      3年からゼミが取れるが、本気で勉強したい人から、遊び用の軽い内容のものまで幅は広いと思う
    • 就職・進学
      就職実績は良いところもあるが、無難な所が多い
      大学の就職サポートは微妙
    • アクセス・立地
      電車が一本しかないので止まったらアウト
      周りにスーパーなどがあるのは◯
    • 施設・設備
      トイレや教室、部室のある学生センターは清掃が行き届いていてとても綺麗。
      図書館も広いが、たまにサークル集団が騒いでいる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      田舎から出てくる人が多い
      海外からの留学生も多いので外国人と友達になることもできる
    • 学生生活
      教務課の人がすごく高圧的。
      たまにすごく親切にしてくれる他の課の職員もいるが、基本的には冷たく、不親切。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      最初は基本的な民法憲法刑法をやるが、3年生くらいから細かい国際法を学べる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      不動産 住宅
    投稿者ID:394074
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中0人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    国際教養学部 言語文化学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      入ってからわかるってことが多い。
      完全に英語学科・交流文化学科の下位互換。元々第1志望では無く、キャンパス内の様子を全く知らなかったということもあったために、驚きも多かったのかもしれない。
    • 講義・授業
      国際教養学部に限った話だが、教員の指導力はずば抜けて良いわけではない。ただ質問すれば期待以上の答えをくれる事が多い。言語文化学科生のみの授業は、少人数であることも少なくはないので、教員に質問しやすい環境になっている。
      第二外国語が必修だが、個人的なイメージは、スペイン語→全体的に向上心がある、中国語→両極端。ダメな人も多いって感じ。
      韓国語はノーコメント。
    • 研究室・ゼミ
      言語文化に興味が無い人にも、社会学、哲学、科学系といったゼミもあり、やりたい勉強ができるとは思う。
      悪い生徒もいないので、荒れたゼミもないが、なにか特殊な成績を残すゼミも無い。
      対して、経済学部では毎年研究発表で優秀な成績を残すところもあるとか。
    • 就職・進学
      企業名を並べてみると、内定先は悪くないと思うが、語学を推してる分、サービス系が多いというのは否めない。やはりMARCH以下という括り方をする業界には、日東駒専も獨協も同じ分類なので、OBOGが少ない分、日大より就職が進めにくいケースもある。
      どこの大学でも同じことだが、語学の獨協として見られている分、語学できないと本当に話にならないとは思う。
    • アクセス・立地
      隣駅で急行が停まり、そこから一駅なので通学は割と楽なのでは。

      大学周辺地域、草加市の治安は悪い。
      大学内外問わず自転車の盗難が多いのと、地域によって空き巣も少なからずある。学生街やベッドタウンなので、標的にしやすいのかもしれない。
      あとは地元住民の自転車マナーが異常。
    • 施設・設備
      外国語の勉強に関するサポートが優れている。留学生が多く集まるフリースペースや、語学の講習、留学に関するサポートルームもある。活用しない人にとっては、獨協はつまらない場所かもしれないが、活用すればかなり有意義な大学生活になると思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      上位大学みたいにインカレサークルが出入りしてない分、治安は保たれている印象がある。
    • 学生生活
      サークルはもっと文化的なものがあっても良いかと。
      問題起こすサークルは割と早期対応して圧力かけてるみたいなので、大学側には好印象。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      ベースとなるのは英語・第二外国語を含めた外国語教育。学部問わず、アラビア語やタイ語、その他の言語を履修し、第三外国語などを学ぶこともできるが、そこまでやれる人は少ない。

      英語・第二外国語が週4コマずつあるので、最初の2年は週に8コマは語学で埋まる。

      3年の春に、やっと好きな授業を思い切り取れると思っても、正直その頃には卒業単位数がかなりの数揃うので、3年秋にはあまり授業を取らなくても良くなる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      商社、外資、金融など
    投稿者ID:393694
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    • 総合評価
      法律+外国語の勉強をしたい人には奨める。
      不足無く、学習できる環境が整っているとおもう。
      ただし、法曹等を目指すには不十分だろう。

      遊びたい人にも奨められない。単位取得は難しい。
      それなりに勉強をするならば問題は無いが、
      楽に遊んで卒業したいなら、経済学部に行くべし。

      教授陣は、それなりに実績のある人が揃っている。
      また、学生の理解を深める講義をしてくれる。

      しかし、民法の講義がかなり駆け足であること、
      水曜日の科目は殆ど無く、特定の曜日に講義が
      重複していることは、改善してもらいたい。
    • 講義・授業
      講義の種類は非常に多岐に渡り、
      学生の興味や好みをカバーしてくれている。

      教授は、内容を理解しやすく講義してくれる。
      特に、法律学特講という、専門的な科目は面白い。
      3年生以降に履修可能となるが、教授の専攻分野であるため、非常に深く学べることが出来る。

      1年生~2年生までは、正直退屈な講義が多い。
      3年生~が本番という様に思う。

      気になる点は、ふたつある。
      ゼミの選択肢が重複しがちで、民事系に偏っていることである。

      それから、非常勤講師(他大学の教授)の質は良くない。常勤の教授と比較すると、授業の質に差がある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミでは、友人や教授との仲を深められる場だ。
      2年秋に選考があり、3年生~スタートとなる。
      任意ではあるが、必ずゼミを受講したほうがよい。

      ゼミのバリエーションは、民事系が多い。
      やや偏っている印象である。

      「何を学びたいか?」で選択するのが基本だ。
      しかし、教授や、先輩の雰囲気で選んでも良い。
      自分と毛色の合わない人の集まりは避けるべきだ。

      就活の時に、教授からアドバイスをもらえるので、
      勉強以外にも、なにかと支えにはなるだろう。
    • 就職・進学
      キャリアセンターの支援は可もなく不可もなく。
      面接練習や、履歴書、ESの添削をしてくれる。
      それについては丁寧だし、必要充分である。

      しかし、就職実績で言うと期待してはいけない。
      当たり前ではあるが、自分の力が全てである。

      受験生の皆さんが見る、この大学の就職実績は、「女性一般職」が 引っ張っていると言えるだろう。
      大手一流企業の実績があっても、それは女性の一般職であり、男性の総合職ではない、というパターンが大半である。勘違いしてはいけない。
      ただし、努力した人は、大手一流企業に男性総合職として就職している実績もある。

      つまりアナタの努力次第だ。
      早々に絶望する必要はないが、気を抜くと学歴(学校名)のランクからして、圧倒的に不利な就活になる。
      実際に、就活に対して、適当だった同期は、誰ひとりとして志望度の高い企業に入れなかった。
      1年生からしっかりと計算高く過ごさないと、男で総合職、大手一流企業への就職は厳しい。

      女性はまだしも、男性は特に努力すべし。
    • アクセス・立地
      駅~大学までは、アクセス良好だ。

      しかし、大学の周辺はベッドダウン。
      控え目に言っても、何もないのだ。

      いや、レストランや、スーパーは勿論あるが。
      大学生が楽しめるスポットは何ひとつ無い。
      プレイスポットと言える越谷か、北千住まで行かないと遊べないだろう。

      下宿する学生が草加市をどう思うか知らないが、
      (もっと田舎から出てきている学生も多いし。)
      東京出身の私は、草加市を田舎だと感じた。
      マイカーをバイトで買ったから、移動は困らなかった。

      下宿生は、最低限でも、自転車は無いと移動に困る。
      埼玉県は、意外に思われるが、車社会である。
      欲を言えば、原付か車は欲しいところ。難しいか?

      ちなみに、下宿して1ヶ月の間に3回も110番通報する事案が起きるほど、治安は悪すぎる。

      以前よりは治安が良くなったらしいが、夜は危険が多い。箱入り娘を持つ親御様、注意して下さいな。
    • 施設・設備
      キャンパスは本当に綺麗で快適である。
      冷暖房の利き、椅子の座り心地、何をとっても快適。

      最新のW棟は、トイレも大きく作られており、
      トイレ混雑も無くなった。快適の一言。

      強いて言えば、喫煙所の中でタバコを吸わない
      ちょっとアレな学生が多いことが気になるが。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ゼミ、サークルでは友人が多く作れる。

      学生に地方出身者が多いので、
      彼らの気質が合うかどうか。それに尽きると思う。
      それと、高校生の延長の様な残念な学生が多い。

      あまりポリシーもなく、学内では元気だけれど、
      外に出ると大人しくなってしまうような人が多数。

      個人的に、あまり好みではない人が多い。

      異性は、そこそこの比率でバランスが取れている。
      恋愛は特に不自由しない。ただし、推奨はしない。
      コミュニティーが狭い大学なので、失恋すると面倒である。
    • 学生生活
      サークルの種類は程々にある。

      学園祭は、都内の高校の学園祭より寂しい、という残念な感じである。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手金融/銀行、証券/総合職
    投稿者ID:390102
    この口コミは参考になりましたか?

    13人中3人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    経済学部 経済学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年09月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      勉学に打ち込みたい方やスポーツに打ち込みたい方のニーズに十分応えている大学だと思います。
      経済学部では偏差値こそ低いですが講義の内容は他の主要大学と同じくらいのレベルとなっています(そのため留年している人や再履が多い人がたくさんいます)。
      スポーツでは、学内にトレーニング施設が二つあります。それとグラウンドもとても広大で授業後すぐに部活動に励めるような環境にあります。
    • 講義・授業
      学科で行われている講義では主に一般的な経済学、経営学の授業のほかに情報学や環境学、NPO、NGO論などの講義もあり多岐にわたります。そして講義の中には、さまざまな教授や学外から集めた特別講師による授業が数多く設けられており、それが実際の就活に結びついたりもします。
    • 研究室・ゼミ
      経済学部でのゼミは2年の前期から始まり、選考は一年の後期から始まります。経済学部ではゼミが必修単位となっており、すべての生徒がゼミに入らなければいけません。
    • 就職・進学
      キャリアセンターという就活サポートの施設があり、手厚くサポートしてくださり、さまざまな大手の企業への就職実績があります。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は今年度から名称が変わった獨協大学前駅になっており、大学まで徒歩五分ほどです。
      周辺施設には広大な公園や広場があったり、スーパーや飲食店なども多いことから東京に出て行かなくても十分に楽しめる立地かと思われます。
    • 施設・設備
      学内の施設はどれもが新しく、学生センターや今年度に建築された西棟など、デザインにも凝っておりグッドデザイン賞も受賞しております。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内では英語のクラスや経済学でのクラス分けがあり、一年間ほどクラスが固定されるため、比較的みんな仲良くなりやすいです。
      そして部活動に入っていれば、学生センターの中の部室が広く居心地がいいため、そこで仲良くなる人も多いです。
    • 学生生活
      大学にサークルは数えきれないほどあり、テニスサークルだけでも10個以上あるので、自分の趣向にあった学生生活が送れると思います。秋に開催される雄飛祭は大学の一大イベントで、昨年は出店が出るだけでなく、芸人やモデルを招いてトークショーを行いました。
    学科に関するコメント
    • 学科の男女比
      6 : 4
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      専門商社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      比較的安定している商社に勤めたいと思っていました。他社からも内定をいただいていましたが、決め手は、社員の方とお話しした際の人柄です。この会社でなら結婚出産しても長く勤めていけると思ったのでこの会社に決めました。
    投稿者ID:361258
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    外国語学部 交流文化学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      客室乗務員になりたいと思いこの大学に入学しました。1年生の内は必須の授業が多く(主に語学ばかり)、やりたいことができないと思っていましたが、2年生になるとできることの幅が広がりやりたいことができるようになりました。曖昧でただ憧れであった夢が、より明確になり近付いたように感じます。また、交流文化学科は根は真面目な人がほとんどで、それぞれに目的を持っている人が多く一緒にいると刺激をもらいます。私も頑張ろうと思えるような良い環境です。フットワークが軽く長期休みには海外へ…なんて人も多いです。
    • 講義・授業
      1年の内は英語のクラスによってやる内容は様々です。課題が多く大変なクラスもあれば、ゆるいクラスもあります。大変なクラスで頑張った人はTOEICのスコアを大幅に上がった人が多かったです。
    • アクセス・立地
      駅からは大学までは近いのですが、教室までが遠いです。グラウンドをぐるっと回らなければいけないので1限が遠い棟のときはかなり辛いです。コンビニはたくさんありますが、遊ぶ場所は全くと言っていいほどないです。大学の近くに寮があるのはありがたいことかもしれませんね。
    • 施設・設備
      図書館はとても充実しています。語学の参考書も多く、また空きコマに図書館で映画を見たりもできます。ただテスト期間になるとパソコン使う人がいっぱいで、空いてないこともしばしば。
      ICZでは無料で英語や第二外国語のチャットルームが開かれており、スピーキング力を上げたい人には持ってこいだと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      交流文化学科は学年人数が100人程度と少ないことが特徴です。そのためいつの間にかほとんどの人と顔見知りになっています。例えば第二外国語のクラスや、基礎演習のクラスなどを通じて友達が増えます。特に英語のクラスは一緒にいる時間が多いためクラス全体でも仲良くなりやすいです!
    投稿者ID:355855
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    外国語学部 英語学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      入学時のTOEICは600前半でしたが、およそ2年間の講義と自己学習で850点を超えることができました。といっても私のようなケースが珍しいわけではなくこれが結構獨協外英では一般的です。
      結局、自分次第だとは思いますが、周りの皆がかなり勉強する真面目な雰囲気なので感化される面は大きいと思います。
      普通に真面目に講義に出て、それなりに自己学習していればTOEIC800超は楽に行けると思いますし、900超も十分狙えると思います。もちろん英検も1級取得者は結構多いですよ。準1級は山ほどいますね。
      外英のよいところは語学ばかりではなく、英語を通じて経済や社会科学系統の勉強もかなり充実しており、幅広く学べる環境だと思います。私はお薦めしたいと思います。
    • 講義・授業
      課題も多く、出席も厳しいが、得られるものは大きいと思います。
    • アクセス・立地
      駅から近くて平坦な道なので通学が楽。
    • 施設・設備
      また新しい校舎が完成してとにかく綺麗だし、語学の機械設備も充実している
    投稿者ID:355566
    この口コミは参考になりましたか?

    14人中14人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    外国語学部 英語学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年05月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      英語を勉強して、将来それを活かして仕事がしたい人には、とても良い大学だと思います!
      ハイレベルな英語の授業に加えて、幅広い分野を学ぶことができますし、
      国際情勢やツーリズム、英語教育など各専門家の方と身近に関われます。
      英語のコミュニケーション力に加えて、色々な刺激を受けることができます。
    • 講義・授業
      先生は皆さん、面倒が良くて教育熱心な方が多いです。
      国際情勢を映画から勉強したり、
      演劇に関する講義を受けたら、実際に演劇を見に行ったり
      授業を面白くしてくれたり、生活に関わってることを意識しやすく工夫して下さる点が有りがたいです。獨協の英語学科出身の先生も多く、日本人の先生でも専門分野を英語で講義して下さいます。
    • 研究室・ゼミ
      若干、分野に偏りは見られますが
      幅広い分野に対応していると思います。
    • アクセス・立地
      立地が悪いと揶揄される事が多いですが、駅から近く
      周りは住宅街で、自然が多く良い環境だと思います。
      日比谷線に直通なので都心にも行きやすく
      大学の制度で、割引・無料で利用できる
      都内の美術館や博物館にも大学からアクセスしやすいです。

      授業で学んだ日本美術や仏教美術などを直に感じたり出来るには嬉しいです。
    • 施設・設備
      留学やダブルスクールの必要が全く無いほど
      英語学習環境や、自習設備が充実しています。
      綺麗でハイテクな設備に、緑も豊かで、
      理想的なキャンパスだと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      自分次第ですが、キャンパスが全て1つで
      規模もこじんまりしているので
      学部に関係なく
      人と仲良くなりやすいと思います。
      留学生とも接点が多いです。
    • 学生生活
      国際交流のイベントや、
      クラシックのコンサートなど文化に触れる機会が多く提供されます。

      また、卒業生による講演会も頻繁に開催されて
      良い刺激を受けます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      ハイレベルな英語力の授業がメインになります。
      おそらく、これほどのレベルと規模で英語教育が成されている大学は、全国でも有数だと思います。

      それに加え、様々な事も学べるのが魅力です。
      外国語学部以外にも、学部が3つあるので、学べる範囲は非常に幅広いです。

      外国語学部は予備校などでは「人文系統」とされることが多いですが、社会科学も非常に充実しています。私は、本来は社会科学にも興味があって語学か、法学部や経済学部か迷っていて
      結局、語学にしたので、社会系は期待してなかったのですが、授業の取り方によっては
      本家の社会系の学部並みに学べます!

      まず全学共通科目の中に、経済学、憲法、国際法、政策過程論などが開講されていて1年から取ることができますし、経済学部や法学部の専門科目の国際人権法なども履修できます。
      英語学科の専門科目でも、国際関係の科目が一杯ありますし、英語で勉強する科目もあります。

      実用的でハイレベルな英語教育と、総合大学ならではの
      幅広い科目を学べる点では、他大学には無いメリットだと思います。
    投稿者ID:351468
    この口コミは参考になりましたか?

    16人中16人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    外国語学部 交流文化学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年05月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      英語も第二外国語もしっかりマスターしたい人にはかなりオススメ。在校生の多くが観光産業への就職を目指している学科です。
    • 講義・授業
      どの先生もしっかり授業をしてくださり、本当に毎日充実しています。課題も沢山出るので、語学が苦手な人には辛い環境かもしれませんが、得るものは大きいです。私立なのでネイティヴの教員もかなり充実しています。また、1、2年は第二外国語も週3であり、かなりハードですが、本当に身につきます。
    • 研究室・ゼミ
      まだゼミを取る学年ではないのでわかりませんが、ツーリズム、トランスナショナル文化、グローバル社会の3分野が深く学べるゼミが多く、自分の学びたい事はしっかりと学べます。ちなみに毎年ツーリズム関連のゼミは定員をオーバーするほど人気らしいです。
    • 就職・進学
      就職はとても良いと聞いています。○教大学の観光学部よりも観光産業への就職は良いと先生方が言っていました。
      ツーリズムだけでなく、英語の教師を目指す人も多いそうです。
    • アクセス・立地
      ハッキリ言って周りに遊ぶところは無いに等しいです。それもあってかみんな真面目に勉強と遊びのバランスが取れているように思います。最寄駅からは5分ですが、学校が広いので校舎によっては10分程度かかります。
    • 施設・設備
      校舎は本当に新しいものばかりで設備も充実しています。
      一度オープンキャンパスに足を運んでみてください。
      都内ではないので、キャンパスは広く、のびのびとしています。
      図書館もとても広く、色んな国の本が充実しています。
      映画コーナーなどもあり、個別スペースで空きコマなどに洋画を見るのも楽しいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      交流文化は、英語クラス、第二外国語クラス、基礎クラスがあるので、最初はどのクラスで友達を作って良いのかわからなくなりますが、その分多くの人と仲良くなれるので今はとても楽しく学校生活を送っています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      英語の4技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)を学ぶ教科が週5
      第二外国語が週3
      その他は観光産業について学んでいます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      ホテルへの就職を目指して、毎日英語と韓国語を頑張っています!
    投稿者ID:350569
    この口コミは参考になりましたか?

    13人中13人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年05月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      とてもいいです。生徒も真面目な子が多く、学部や学科に関係なく、留学をしている生徒も多いです。ゼミもいいです。
    • 講義・授業
      授業評価ができるので、人気のない先生はいなくなってしまいます。
    • アクセス・立地
      特急が止まらないので、交通はあまり良くないです。
      東京からも遠いので、遊びにはいけないです。
    • 施設・設備
      とても綺麗です。新しい校舎ができたり、トイレも学習スペースも充実してます。図書館にも本が充実していたり、夜も遅くまでやってくれているので皆、勉強などをしています。学食や本屋さん、コンビニ、床屋さんもあり、近くも飲食店があるので不自由はしないです。
      禁煙なのですが、喫煙スペースもあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は大学なので、ゼミや部活に入ったほうが良いと思います。
    • 学生生活
      新設もできるので、自分のやりたいことがあったりしたら、作ることができます。学園祭などもあるので、楽しめます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      3年からゼミに入れます。任意なので入らなくても大丈夫です。
      入らなければ卒論はないです。
    投稿者ID:349185
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    外国語学部 交流文化学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年05月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      ハーフの方や帰国子女の方が多く外国語が好きな方、外国が好きな方にはぴったりな雰囲気です。自由な風土で様々なことが学べます。
    • 講義・授業
      個性の強い先生が多い気がするが話はちゃんと聞けば面白い。将来ためになることが多いので視野を広げたい方などいいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの教授による。人気なところはほんと人気だが顔だけで入れるところもある(笑)だがそこは就職に強い。就職に強いゼミが人気です!!けど、ゼミが全てでもないです。
    • 就職・進学
      キャリアセンターを使っている人は様々。使いようによってはいいが人による。
    • アクセス・立地
      電車が混まないのはいいけど周りになにもないので遊びに行けないのがちょっとあれですかね(笑)じっくり部活をやりたいとかバイトをしたいって方にはオススメかも?
    • 施設・設備
      新しく棟もできて学校全体が綺麗で庭もあって広々としています。都会でわ味わえないゆったりとした空間です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      全ての学部が同じ敷地にあるのでいろいろな学科の友達ができやすい。
    投稿者ID:348658
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

283件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

埼玉県で評判が良い大学

埼玉県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  埼玉県の大学   >>  獨協大学   >>  口コミ

獨協大学の学部

オススメの大学

埼玉医科大学
埼玉医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.68 (25件)
埼玉県/私立
獨協医科大学
獨協医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.79 (29件)
栃木県/私立
酪農学園大学
酪農学園大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.81 (95件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。