みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  小樽商科大学   >>  口コミ

小樽商科大学
出典:Shain2006
小樽商科大学
(おたるしょうかだいがく)

北海道 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0

口コミ:★★★★☆

3.75

(159)

小樽商科大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.75
(159) 国立内69 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.50
  • 研究室・ゼミ
    3.65
  • 就職・進学
    4.39
  • アクセス・立地
    2.04
  • 施設・設備
    3.01
  • 友人・恋愛
    3.65
  • 学生生活
    3.72
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

159件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    商学部 商学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      商学科でも他の学科の講義を取れたりするため、自分の興味があることを学べます。
      また、実学を学ぶため、就職にも直結します。就職に強いという理由のひとつでもあると思います
    • 講義・授業
      講義によっては少し物足りないと感じることもありました。雰囲気や授業内容は講師によります。一般的に大人数の講義よりも少人数の講義の方が集中しやすい環境であるかなと思います
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは制限がない限り所属学科以外のゼミにも入れます。ゼミは少人数制のため、専門知識を高めるのに適していると思います。ノンゼミという選択もありますが、ほぼほぼ全員が何らかのゼミに所属します
    • 就職・進学
      緑丘会というOBOGの会があるのですが、そこが就職活動のヒントをくれたりします。また、ゼミやサークルつながりの先輩が就職活動を助けてくださるという形が多いです。
    • アクセス・立地
      小樽商科大学は地獄坂という坂の上にあります。徒歩30分、バスタクシーで10分かかります。
      周囲にはお店もあまり多くないため、あまり立地はいい方ではないかもしれません。でも、慣れればなんとかなります
    • 施設・設備
      キャンパスは狭い、図書室も小さいです。
      ただし、その分交遊関係は築きやすいです。
      教室は新しい教室、古い教室両方ともあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学の規模が小さいため、本当に交遊関係は充実しています。
      ほとんどの人が何らかのサークルに参加しているため、勉強も部活も充実していると思います
    • 学生生活
      サークルはゆるいものからガッツリと活動するものまでいろいろあります。アルバイトはそのサークルの活動次第ですが、大体の学生はアルバイトをしています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年目は一般教養を中心に、2年目は一般教養と専門科目を、そして3年目からは本格的に専門科目を学びます
    投稿者ID:427016
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    商学部 社会情報学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学業を振り返ると、他の学科よりも幅広い文理問わない科目を勉強することができるため、知識はつく。またレポート提出や実演も多いため、聞くだけの講義ではなく考える頭も必要。学業以外については、80人と学科の人数が少ないため、顔を知っている同期・先輩が多く、比較的交流もしやすい。
    • 講義・授業
      レポート提出と出席が必須の授業が多いため、しっかりと講義を聞こうという気持ちになる。上記をしていれば単位は取れる。一方で理系的な先生が多いため、わかりにくく難しい授業も多い。
    • 研究室・ゼミ
      唯一第3希望まで提出できるため、ゼミ選びはあまり困らない。ゼミによってはガチ度合いがかなり違うため、よく見て選ぶべき。先輩がどのような雰囲気であるのか、足を運んだ方が良い。
    • 就職・進学
      就職率95%以上を誇り、道内では名前を知らない会社はないため、比較的困らない。選ぼうと就活しても受かる。大学にも有名企業がきてくれるため、出会えるチャンスはある。
    • アクセス・立地
      最寄駅の小樽から徒歩25分、しかも登山というレベルなので、遠い。冬場はすごく滑るため非常に危ない。バスかタクシーで通学するのが常だが、とにかく交通費がばかにならない。
    • 施設・設備
      最近は後者が新しくなってきたため使いやすくなってきているか、全体的に設備も古く、さむい。パソコンも壊れているものもあり、また部屋も少ないためお昼時間はすごく混む。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内は一学年の人数が少ない割にサークルに入っている人が多いため、顔を知っている人が多い。小樽には大学が一つしかないため、他大学と交流できないこともあり、学内交流が豊か。
    • 学生生活
      自分は軟式庭球部に所属していたが、コートは4面あり悪くはなかった。比較的先輩も多く、春夏合宿は毎月の大会など、刺激的なイベントが多く盛り込まれている部活であった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は学科がわかれていないため、全員で同じ科目を学ぶ。2年次に選ぶための要素となる4学科の基礎科目と、一般教養が基本。
      2?4年次は各学科に特化したものが多い。特に社会情報学科は自学科を選ぶ人が多い。
      卒論は自由でした。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手人材会社の総合職。
    投稿者ID:429362
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    商学部 企業法学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      北海道で法学を扱う学科・学部が少なく、レベルとしては北大の次に位置するので滑り止めで企業法学科に来る人が多い印象。法学に興味のある人にとっては面白い講義も多いが、そうでない人は試験で苦労している印象を受ける。しかし他学科の講義も履修可能なため幅は広いと思う。
    • 講義・授業
      企業法と銘打っていますが企業関連以外の講義も多く、私はそちらをメインに履修していますが楽しいです。試験が厳しい講義もありますがそこは時間割をうまく組めば負担は減らせます。
      学科に所属するのは二年生以降なので履修に関しては問題ないと思いますが、新入生は部活やサークルの主催する履修相談会などで上級生に時間割の組み方やおすすめの講義を教えてもらうのがよいでしょう。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの選考は二年生後期から始まり、開始は三年生からです。
      所属学科以外のゼミも選択可能ですので興味のあるゼミは比較的見つけやすいと思います。活動内容や雰囲気はそれぞれなので、ゼミの選考期間前に配布されるゼミの紹介小冊子を見て、気になるところのオープンゼミに行ったり先輩から聞くのが良いと思います。
    • 就職・進学
      企業法学科は他学科に比べ公務員志望率が高いです。ですが他学科の人たちと同じように民間に進む人も多いです。他学科科目も履修可能なところが大学の強みなので、企業法学科に所属して法知識を学びながら簿記をメインに学び金融系に進んだ人も周りにいます。
    • アクセス・立地
      札幌から通学する人にとっては移動時間が長いのがネックですが、この大学の学生によるタクシー相乗りの風習があるのでバスとの時間が合わなくても電車にさえ乗れればなんとかなります。
      チェーン店は少ないですが駅と学校の間くらいには気軽に行ける飲み屋も結構多くて楽しいです。逆に言うと小樽で遊ぶときは買い物とかするところは少ないので飲みがメインです(笑)
    • 施設・設備
      キャンパス自体は大きくなく古い部分もありますが、新しい教室は広く見栄えもよいです。
      自由に使える学内PCも十分な量はあり、図書館は自習室と談話室がフロア分けされているので使い勝手が良いです。試験前は図書館がにぎわっています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学でクラス分けなどがないので部活サークルの仲間で仲良くしている人が大多数です。マンモスサークルではなく中規模程度の人数の部活に所属していますが交友関係は充実しています。逆に言うとそこの中でとどまりがちでどこの団体にも所属していないと出会いもないので、新歓に行って興味のある部活やサークルに何か入っておくことをお勧めします。
    • 学生生活
      部活動のみの所属ですが部員同士もとても仲良く、活動としてもとても充実しています。大学のイベントというのは学祭ぐらいなのでそういったことは部活やサークルがメインになるのではないでしょうか、、。バイトもしてる人が多いです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は語学のみで、かつ所属学科以外の科目も履修可能なので他大学と比べるとかなり自由です。
      学科所属は二年次からで、希望者が学科定員を上回った場合は一年次の成績によって所属の可否が決まります。一年次は幅広く興味のある学科の基礎科目や一般教養を履修し、二年次からの学科に備えていくのがお勧めです。
    投稿者ID:430550
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    商学部 企業法学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      商学科に行けなかった人が行く学科というイメージが強いから。授業中も寝てる人が多いが、もともと企業法学科に行きたくて行った人にどっては、とても面白い授業が多かった。
    • 講義・授業
      講義は、先生がきめ細かく指導してくれる。テストも単位が取れないほど難しいものは少ないと思う。ただ、出席点はほとんどないので、テスト一発勝負になりがち。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは別の学科のゼミに行ったので、正直企業法学科のゼミがどんなものか分からない。企業法学科のゼミに行った友人は、大変だとは行っていなかった。サボらない限りは単位をくれると思う。
    • 就職・進学
      公務員になりたいなら企業法学科は有利な学科だと思う。民間に就職する際も特に不利はない。ただ企業法を出たからといって、法務関係の部署に行けたりとかはないと思う。
    • アクセス・立地
      大学が山の上にあるので、立地は全然良くない。周りに飲食店やコンビニはない。でも、慣れれば特に不便でもない。下山してしまえば、小樽駅前なので、スーパーや居酒屋がある。
    • 施設・設備
      企業法に所属していて必要になる施設は大学図書館くらい。大学図書館は数年前に新築されて、すごくきれいで使い勝手が良くなった。パソコンでネットも使えるので便利です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      小樽商科大学は学科間のつながりが弱いので、同じ学科としての友人はほとんどいない。サークルに入れば友人がたくさんできて、卒業後も遊びにいったりする。
    • 学生生活
      サークルはとても充実していて楽しかった。イベントは学祭くらいで、規模は小さいけどまあまあ楽しかった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次で取れる科目は民法くらい。2年次から刑法や企業法、知的財産法などが取れる。個人的には知的財産法の講義が面白かった。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      リサイクル業で経理部
    投稿者ID:428278
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    商学部 商学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      将来経営に携わる仕事に就きたいという人にはオススメの学科です。しかし座学が中心なので、主体的に学ぶ姿勢がないとあまり知識が身につきません。
    • 講義・授業
      ためになる講義とそうではない講義の差がはっきりしていると思います。単位が簡単に取れる科目ばかりを選んでしまうと、全く意味のない大学生活になってしまうので、なるべく自分の興味のある講義を選ぶことをおすすめします。この大学は英語に力を入れていますが、二年生までしか英語の講義は受けないので、それ以降は自分で学習することが求められます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミもあたりはずれの差が大きいと思います。そもそもゼミ選択は倍率が高いところは面接や抽選などを行うため、入りたいゼミに入れないということが多々あります。ガチゼミと呼ばれるところは本当に大変ですし、それ以外のところは先生の裁量によってかなり変わってきます。
    • アクセス・立地
      最寄駅は小樽駅です。この大学は地獄坂と呼ばれる急な坂の頂上に位置しているため通学はかなりきついです。殆どの学生はバスかタクシーを使って通学しています。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      金融会社
    投稿者ID:388846
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    商学部 経済学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 1| 施設・設備 -| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      4学科の中でも他より習得にあたり高度な学力や労力を必要とするため、敬遠される。
      学科選択は成績上位者から希望が通るので愚鈍な学生がここに所属する。
      ゆえに落単や留年が絶えない。
      しかしほとんどの講義でテスト一発勝負という実力主義が採用されているため、愚鈍な学生にとっては地獄という他ない
      ただし!経済学は面白い!これは間違いない。
      経済学に関してはほかの学問よりも体系的な教育が確立されているため、北大にも引けを取らず、また大学の偏差値や就職実績をみてもコストパフォーマンスの高い学校であると言える。
    • アクセス・立地
      小樽駅から徒歩30分程度。高低差が激しい。
      朝は小樽駅前のタクシー乗り場で商大生の列に並べば4人1組で乗り合わせる習慣があるため200円あれば楽に学校に向かえる。
      コンビニやスーパーは坂の下のほうにしかなく割と不便。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      何もしなければ所属団体ごとに交友関係が限定されがちです。
      ただ、積極的に様々な人と関わりを持つことで所詮コミュ力などというものは勝ち取ることができます。
      学外の同年代との活動がある団体ならばかなりの人数と関わることができます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      経済学です。経済学にはどのようなものがあるのかは、ご自分でお調べになる方がよく理解できると思います
      経済学的な視座は日常における意思決定の中でもかなり有効です。
      1年次は教養科目、2年から学科基礎科目、3年から学科応用科目を履修するのが一般的です。
      学科選択では英語と第二外国語の成績も大きな影響を持つため1年次は語学も重要です。
      ゼミは3年次からはじまります
    投稿者ID:388123
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    商学部 経済学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      商学に関する様々な知識を多方面から学べます。また、語学にも力を入れており、英語の他にしっかりと第二外国語を学ぶことができます。
    • 講義・授業
      アクティブラーニングという授業形態を主流にできるといいのではないかなと思います。
    • 研究室・ゼミ
      やる気のあるゼミとやる気のないゼミの差が激したです。やる気のない生徒はやる気のないまま卒業する印象です。
    • 就職・進学
      サポートは特に優れてないですが、就職率はかなりいいです。ですが、今の時代ならば大学に入学ができれば就職はほぼ間違いなくできると思います。
    • アクセス・立地
      山を登って通学しなければなりません。小樽駅からタクシーを相乗りして大学まで通わなければならないです。アクセスは悪いです。通うのには根気がいると思います。札幌から通う生徒と小樽に住む生徒は半分くらいです。1.2年生の時は小樽に住み、3.4年は札幌から通う生徒もいます。1.2年生はどうしても朝早い講義を受けなければなりません。そのため、小樽に住む方がいいと思います。
    • 施設・設備
      基本的に汚いです。
    投稿者ID:387512
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    商学部 経済学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      経済について深く勉強できるのでいいと思います。計算がそこそこあるので、公式覚えたり計算するのが得意な人はいいかもしれません。
    • 施設・設備
      ちょっと古いと思います。トイレも場所によってはかなり古くて寒いところもあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活で趣味を共有できる友達ができます。授業も一年目はほとんど被るので仲良くなりやすいと思います。彼氏、彼女いる友達もそこそこいます。
    • 学生生活
      学校祭は6月末頃にあります。学校祭では、色んなサークルやゼミが出店をしており、ステージではダンスサークルの披露や芸人の漫才などがあります。部活はよさこいや軟式・硬式テニス、バドミントン、バスケット、男女バレー部などいっぱいあります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は数学や生物などの基礎科目や中国語やロシア語、フランス語などの外国語などの必修科目を取り、2年生は所属する学科の専門科目を学び、3年生からはその応用を学んでいきどんどん深めていきます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      金融機関
    投稿者ID:387261
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    商学部 社会情報学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      IT関係の新しい分野を学べるが、講師や教授も手探りですすめている感が否めない。まちづくりなどについても勉強するが、卒業後役に立つことは少ないものと思われる。
    • 講義・授業
      人数制限があるため受けたい講義を受けられないこともある。ほかの大学に比べ、出席だけで単位がもらえる講義は少ないらしい。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミによって充実度合いに差がある。忙しいゼミは長期休暇中も活動するが、忙しくないゼミは1週間に1度集まるだけということも。
    • 就職・進学
      特にサポートは感じられなかったが、就職率は良いらしい。また、支援室のようなものもあるため、自由に使うことはできる。
    • アクセス・立地
      山の上にあるため不便極まりない。最寄り駅から大学までは坂道を延々と登るか、それが無理ならバスかタクシーを使う。
    • 施設・設備
      全体的に小さく、こじんまりとしている。設備は古く、冬はとても寒い。一部改築などはしたらしいが、自由に使える場所は依然として少ない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      クラスがないためサークルなどに入らないと知り合いはできない。ゼミは3年くらいに始まるが、関わる機会が多くないと知り合いを作るのは難しい。
    • 学生生活
      イベント関係はあまり盛り上がらない印象が強い。学校祭も山の上で交通の便が悪いため、客入りも良くない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は英語と第二外国語が必須科目となっていて、第二外国語は中国語やロシア語、フランス語などから選べるが、抽選となっている。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      民間関係
    投稿者ID:409562
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    商学部 経済学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    • 総合評価
      学科選択が2年目からなので、いい意味で学科ごとの隔たりがないです。自分に向いている学びを選択しやすいと思います。経済が中心なので、金融系の就職先も充実しています。起業する学生が多いことも特徴です。
    • 講義・授業
      一般教養と専門科目をバランスよくとる必要があるため、計画的にカリキュラムを組む必要があります。内容は講師により差が大きいですが、経営に実績ある教員もいるため、吸収できることは多いです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは2年目に選択し3年目から活動します。ゼミによっては個別に研究するものもあれば、上級生とも協力をして一つの企業のような形をとっていることもあります。私は統計学としてアンケートと分析を行い卒論として提出しました。
    • 就職・進学
      就職活動は本大学の学生がほしいとくる企業もいます。中心は道内になりますが、全国各地に就職しています。金融系の仕事先が多い印象があります。東京にもサテライトがあるため関東圏の就職活動もサポートしてもらえます。
    • アクセス・立地
      小樽駅が最寄りですが、駅から大学まで坂道が続きます。大学まで専用のバスもあるため通学には苦労しません。札幌から通学している学生も多く、小樽に一人暮らしする人と半々くらいです。
    • 施設・設備
      図書館には小樽に関わりの深い、文献人や芸術家、経済学者の記録が残っています。大学の規模も小さいため構内の移動はとても楽です。寮は数年前に建て替えられて再開しました。比較的新しい建物になっています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      部活動はニーズに合わせたものが多数あります。学科ごとの繋がりは比較的に薄いので部活動やサークルでのつながりが強くなります。恋愛関係は自由です。男女比はやや男性が多いくらいです。
    • 学生生活
      大学でイベントを企画するサークルもあります。小樽や札幌で対外向けにイベントを開くサークルやゼミもあり、特に小樽とは繋がりが強いです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      経済学科では、1年次では経済の基礎と一般教養が中心です。学科選択が2年次のためその準備の期間となります。2年次では選択した学科のさらに分かれる分野を学んでいきます。国際経済やミクロ、マクロ、統計学等々、自身の学ぶ分野を確定していきます。ゼミの選択が3年次にあるためその準備となります。3年次から4年次には選択したゼミを中心に、集大成を卒論に反映させていきます。そこでさらに深く研究していきます。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      道内の銀行業に総合職として就職しました。
    投稿者ID:414151
    この口コミは参考になりましたか?
159件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

ライバル校

北海道で評判が良い大学

北海道のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  小樽商科大学   >>  口コミ

小樽商科大学の学部

商学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 3.75 (159件)

オススメの大学

茨城大学
茨城大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.73 (305件)
茨城県/国立
宇都宮大学
宇都宮大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.79 (152件)
栃木県/国立
九州工業大学
九州工業大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.83 (156件)
福岡県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。