>>     >>     >>  口コミ

宮城教育大学
宮城教育大学
(みやぎきょういくだいがく)

宮城県 / 国立

偏差値:51 - 53

口コミ:

4.10

(40)

宮城教育大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 国立大学順位
(全86校中)
講義・授業 3.78 25位
研究室・ゼミ 3.88 25位
就職・進学 3.45 76位
アクセス・立地 2.60 58位
施設・設備 3.05 74位
友人・恋愛 3.75 21位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

41件中 1-10件を表示
  • 宮城教育大学
    男性在校生
    教育学部 中等教育教員養成課程 / 在校生 / 2013年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教員になるための勉強が充実しているので、教員を目指すのであればとても良い大学であると言えると思います。
    • 講義・授業
      学科ごとの専門的な知識を得ることができます。教育に関する基本的なことから、現場で実践するための方法まで丁寧に指導されます。
    • 研究室・ゼミ
      3年次からゼミが始まります。自らが興味のあるテーマに合わせて研究室を選ぶことができますが、途中でやりたいことが変わった場合に所属する研究室を変えることはできないので、研究室選びが重要になります。
    • 就職・進学
      教員採用試験の合格率が高く、大学をあげて対策講座を開催しており、教員採用試験の対策は充分にされています。
    • アクセス・立地
      山奥にあるため、自動車や原付がないと大変ですが、地下鉄ができたので以前よりは通いやすくなったと言えます。
    • 施設・設備
      学内の施設はあまり良いとは言えません。体育館やトレーニングルームの設備は古くなっていて使いづらいです。
    • 友人・恋愛
      規模が小さい大学なので、ほとんどが顔見知りになり、授業で他の専攻と一緒になることも多いので友人は多くなります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次、2年次で教育の基本的な部分を学び、3年次から専攻ごとの専門的な勉強が増え、教育実習も行います。4年次はほぼ自分の研究にあてることができます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学院
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宮城教育大学
    男性在校生
    教育学部 中等教育教員養成課程 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      宮城教育大学は仙台駅からも通いやすく、とても自然豊かなところにあります。男女の仲がよく、部活・サークル活動、ボランティア活動を積極的にやっている人もいます
    • 講義・授業
      宮城教育大学では人間力を伴った先生の育成を目指していると謳っているが、実際講義ではそのようなことは少ないし、指導法を教える講義なんてほとんどない
    • 研究室・ゼミ
      まだ研究室に入ってないので詳しくは分かりませんが、数学科の教授の中には個性がとても強い教授がいらっしゃりそこの研究室に入るのを嫌がる人はかなりいます
    • 就職・進学
      宮城教育大学の学生はほとんどの人が教員になることを目指しています。よって教採の対策などはしっかり出来ていますが、就職の対策はすごく弱いと思います
    • アクセス・立地
      仙台市地下鉄東西線ができてから仙台駅から大学までとても通いやすくなりました。立地は悪くはないと思います。
    • 施設・設備
      宮城教育大学は開講してから50年が経ちます。色々なところが老朽化しており、一部の施設を除いてはたいへん古臭くなっています
    • 友人・恋愛
      男女比が1対1でとても男女の仲が良いので誰でも異性との交流をすることができます。部活やサークル活動も盛んに行われています
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年時では教師になるための一般教養を学び、2年時以降は数学の授業が大半になりました。
    入試について
    • 学科志望動機
      人間力を伴った教員の育成を目指していると言っていたので志望しました
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      赤本を7年分解いた。それからは数列とベクトルばかりを解いた
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宮城教育大学
    女性卒業生
    教育学部 特別支援教育教員養成課程 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-07投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      講義においては、教授の教壇に立っていたころの話を聞けたり、授業の終わりにはリアクションペーパーでのやり取りがあり充実した講義を受けられます。
    • 講義・授業
      教授の一方通行で終わらない所が良い所です。少人数ならではだと思います。学生へのケアがしっかりしています。
    • 研究室・ゼミ
      毎週のゼミは準備をするのが忙しいですが、卒論に向けて一歩一歩確実に進んでいくことができるので無理なく勧められます。
    • 就職・進学
      教員採用試験を受ける人には教員採用試験対策講座と言うものが開かれ、一般企業に就職する人は面接の練習ができます。
    • アクセス・立地
      仙台駅からバスで20~30分ほどなので、通学しやすいです。講義と講義の間がかなり開いている場合は仙台駅に寄るのも良いでしょう。
    • 施設・設備
      食堂や図書館など、大規模な工事をしていたので、今の学生にとってはきれいな新築のような建物の中で勉強ができると思います。
    • 友人・恋愛
      少人数のためか、男女関係なく仲がいいです。ゼミなどでも討論をしたりするので、意見を言い合えたりと良い刺激になります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      特別支援教育について、5領域を万遍なく学びました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      村上研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      入学した学科の担当教授が行っているゼミであったため
    進路について
    • 就職先・進学先
      一般事務
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      自分の地道な性格に向いていると思ったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      センター試験で思うような点数が取れなかったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      代々木ゼミナールのオンライン講座
    • どのような入試対策をしていたか
      参考書を2~3周し、過去問を何度も解いた。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宮城教育大学
    女性在校生
    教育学部 特別支援教育教員養成課程 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-06投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他の大学をあまり知らないのですが、立地が山の上で地下鉄の駅から微妙に遠い所と、近くにコンビニがないのがちょっと不便。原付持ってるといいですけどね。 単位もまあ頑張れば取れるし、教育大学なので割といい人が多いですよ。
    • 講義・授業
      講義はいくつの領域の免許が欲しいかで変わってきます。5領域取ろうとすると2年次は大変になりますが、みんなも頑張ってるので踏ん張れます。逆に1年と3年は自由な時間が多めかも。 講義もちゃんと3分の2以上は最低出席して話聞いてコメントペーパー出せばとれるものがほとんど。テスト形式のものもありますが、テスト以外でも評価してくれるので休み過ぎ以外で落ちることはほとんどない。 たまに特別支援課程以外の意識の高い人達がいますが、そのような人達はほんとに意識が高いです。私達は何をしてるんだというほどに。 基本的に教授は優しい人が多いです。でも現役で特別支援学校の教員をしていた人は少なめ。
    • 研究室・ゼミ
      すみません、私は2年生なのでよくわかりません。 強いて言えば、ゼミの仲間とうまくやっていけるかが大切な選びどころだとか。
    • 就職・進学
      現役で公務員や教員になる人が多いという印象。ですが教員採用試験の合格率は東北学院大学の方が実は高い。 研究室によって教授が見てくれるかどうかが違ってくるらしい。
    • アクセス・立地
      地下鉄青葉山駅から徒歩7分ですが、この7分がけっこうめんどくさい。 さらに、売店も夕方には閉まったりするので、そうなると一番近いコンビニはまた7分歩いたところしかない。 バスもあるにはありますが、1時間に2本程度。 地下鉄のフリーパス高いので、原付ある人いいなあといつも思っています。
    • 施設・設備
      近くにある東北大学と比べるとかなり見劣りしますね。(笑) まあ教育大学なので国からのお金は少ないです。医療や理系、工学系の方に優先されるのは仕方ないですね。 みんながお昼を食べる萩朋会館は混みまくって席が取れないことなんてしょっちゅうなので、ミールカードを勧められても断った方がいいと思いますよ。
    • 友人・恋愛
      女子がめっちゃくちゃ多いです、さらにかわいい子が多い。 男子は体育の専攻やコースなんかに多いですね。東北大学などとはサークルを通して繋がっている人が多いと思います。私はバイトを通して東北大学の人と知り合いました。 近くにあるのが東北大学理学部と工学部で、そこは男子が多いので東北大学の人と付き合ってる女子が多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎教養科目を取るので大体終わります。2年次から専門科目が始まります。特別支援系の講義は2年生からになります。
    入試について
    • 学科志望動機
      自分が中学・高校時代学校になじめず自分に自信が持てなかったので、発達障害で困っている子どもはもっと苦しんでいるだろうと思い勉強をするために入学。仙台に姉が住んでいたというのもある。学力的にはそんなに高い大学ではないので入れる大学でした。正直「発達障害教育コース」っていうのに惹かれた所が大きいです。地元にも特別支援系の大学はありましたが、自分を知らない人ばかりの所に行きたかった。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      高校から出されたプリントをやるので精一杯でした。センターの比率が大きいのでセンター対策を中心に。 実際8割をセンターで取れたのでもう受かるだろうと思い、2次の対策は赤本ちょっとやるくらいで終わりました。本番は微妙でしたがやはりセンターが大きかったと思います
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宮城教育大学
    男性卒業生
    教育学部 中等教育教員養成課程 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-03-05投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教員になりたい人にとってはよい大学であると考えます。教育実習を2回以上行うことができるだけではなく、実際の教員として働いている人の話を聞くことができるところがよいのではないでしょうか。
    • 講義・授業
      教員になりたいひとにとっては充実した内容になっているのではないかと思います。それ以外の人にとっては物足りなさが感じられるかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      こじんまりとしたゼミがとても多いです。アットホームな印象があるので、そういう雰囲気が好きな人には良いのかもしれません。
    • 就職・進学
      教員になる人が多いですが、それ以外の人も多くいます。教員にならない人が就職活動をする際には、なぜ教員にならないのかをしっかり考えたうえで面接に臨むことが必要です。
    • アクセス・立地
      アクセスについては山の上にあるため最悪です。最近はバスが廃止されたため、より不便になったと聞いております。
    • 施設・設備
      設備は老朽化しつつあるので、不満です。特に図書館は所蔵数の少なさにがっかりさせられます。詳しいことを知らべたい場合、他校の図書館を利用する必要があります。
    • 友人・恋愛
      やはり教員になりたいひとにおすすめの大学です。そうでない人は一度考え直してみる必要があるでしょう。アットホームな雰囲気でもあるので、そういうのが好きな人は一度検討してみてはどうでしょうか。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      日本史分野で中世の歴史について研究しました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      日本史ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      各自、歴史について興味をもった分野や時代について調べ、発表するなどの活動をしていました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      公務員
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      もともと興味があった分野であり、働きたいと考えたため。
    入試について
    • 学科志望動機
      日本史が勉強できるということで選択肢の一つとして志望しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      とりあえず、センター試験の勉強を頑張っていましたことを記憶してます。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宮城教育大学
    男性在校生
    教育学部 初等教育教員養成課程 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-04投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教育者を目指す人にとっては素晴らしい大学であるが、それ以外の職業を目指す人にとってはあまりいカリキュラムではない。
    • 講義・授業
      授業自体のレベルはそれほど高いものではない、ただ大学の学びは授業よりも自らの学びが重要学びの入門にはちょうど良い程度
    • 研究室・ゼミ
      大学が狭いわりに分離問わず様々な専門の先生がいるので色々な専門の先生の話を聞く事ができるのは魅力だろう。
    • 就職・進学
      就職の実績については私の知るところではない。職業に就くこと自体は大学の目標ではないので。よくわからない。
    • アクセス・立地
      以前はバスしかなくアクセスがきわめてが悪かったが、現在は駅からの地下鉄ができアクセスが飛躍的によくなった。
    • 施設・設備
      古い大学で建物は老朽化しているし、図書館の規模は小さく蔵書も立派ではないが、自然環境に恵まれているため教材開発に最適の環境がある。
    • 友人・恋愛
      狭い大学の中で理系の学生文系の学生がいるが、いろんなコースの人と話をすることはとても楽しいし勉強になる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      教員院あるために必要な学びを自ら深めていった。大学で学んだのは学び方それ自体だろうか。
    入試について
    • 学科志望動機
      教員志望で、近くにある教員養成大学だったから
    • 利用した入試形式
      一般入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宮城教育大学
    女性在校生
    教育学部 初等教育教員養成課程 / 在校生 / 2014年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教員を目指す東北住まいの方には良いと思います。 初等(小学校)、中等(中学校)、特別支援のほかにも幼稚園の先生や学校図書館司書の免許が指定の講義の単位を取ることで取得することができます。 立地としてはほぼ山にあるのであまりよくありません。また敷地は一般の国立大学としては狭く、一部校舎が古いです。 教育学科ですが、教師になる人ばかりではありません。教師以外の職に就きたい生徒のためのキャリアサポートセンターがあります。 3、4年時になると教育実習があるので実践的な事も学べます。
    • 講義・授業
      私は初等なので小学生に向けた教育方法や、その教科をどのように教えるかと言った内容の講義があります。 またコース・専攻に分かれており、自分のコース・専攻の必修科目を取らなければなりません。 興味がある、受けたいと言う理由で趣味として講義を取ることも可能です。
    • 研究室・ゼミ
      自分のコース・専攻ごとに違う研究ができます。 私が所属しているコースは一人一人の講師が親身になって相談に乗ってくれアドバイスをくれるので研究に打ち込むことができます。
    • 就職・進学
      教員免許を取得し実際に教師になる生徒がほとんどです。地元東北で教師になる方や関東など遠方の学校に受かる方もいます。 教師以外にも企業への就職を後押ししてくれるキャリアサポートセンターがあるので、そこで相談にのってもらえます。
    • アクセス・立地
      山にありますのでアクセスは悪いです。 2015年12月に仙台東西線地下鉄ができたので宮教から仙台駅までの市営バスがなくなりました。それにより多くの学生は少し離れたところにある地下鉄の駅まで歩くことになってしまいました。 学内に駐輪場はあるので原付バイクで登校する人もたくさんいます。
    • 施設・設備
      ぱっと見高校をちょっと大きくした感じの校舎です。 大体の建物が古いです。図書館、食堂は多少新しいです。あと何故か建物自体は古いのにトイレはとても綺麗で新しい建物が多いです。 印刷は枚数制限はありますが無料で行えます。レポート作成に役立ちます。
    • 友人・恋愛
      同じコース・専攻だと新入生歓迎会や追い出しコンパなどで顔見知りになるので先輩後輩関係なくすぐに仲が良くなれます。違うコース・専攻でも部活やサークルがあるので仲良くなれます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は教育の基礎や必修科目の基礎でした。2年次は教育現場に関する講義が多くなって、同じ講義が2コマ続けてある曜日もありました。また、県内の特別支援学校に行き、その様子を観察したり一緒に遊んだりしました。3年次は教育実習が2週間あります。4年次にも教育実習があります。
    入試について
    • 学科志望動機
      美術系の学科に進みたかったからです。最初特に教師になろうとは思っていなくて、とにかく美術系の国立大学に入れればと思い入学しました。なので私は特に教師になろうという気はないです。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      美術大志望だったのでとにかく美術の先生からずっと描いた絵を見てもらってました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宮城教育大学
    女性卒業生
    教育学部 特別支援教育教員養成課程 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教育に携わりたいと考えている方にはとても良い大学だと思います。必修科目は多いですが、講義は興味深いもので、きっと受講を終えた後には身になっていると感じられると思います。
    • 講義・授業
      教授自身が教壇に立っていたころの話を聞けたり、講義の後はリアクションペーパーを書いて、次の講義でその話をしたりと、一方通行でない所が魅力的だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      卒論では、一週間に一度ゼミがあるので忙しいのですが、一歩ずつ卒論提出に向かって進んでいけるので、無理なく卒業ができると思います。研究室によっては学生に丸投げな所もあるようなのでそこは先輩にも話を聞いてみると良いと思います。
    • 就職・進学
      教員採用試験を受ける人には、教員採用試験の対策をする講座があり、一般企業に就職したい人には面接などの対策をしてくれます。ただ、3年生までにどうしたいかを決めないと、それらの対策を受け逃すことになるので注意です。
    • アクセス・立地
      仙台駅からバスで20〜30分なので立地条件は良いと思います。バスの本数も講義の時間帯に合わせて増やしてあるので、安心だと思います。次の講義まで長い時は駅付近で遊ぶのも良いでしょう。
    • 施設・設備
      私が在籍していたころに工事を大幅にしていたので、現在はきれいな図書館にきれいな食堂、広いキャンパスと言うとてもいい条件で学ぶことができると思います。うらやましいくらいです。
    • 友人・恋愛
      少人数のクラスなので、男女関係なく仲良くなりやすい環境だと思います。先輩も親切なので、自然とそういう雰囲気ができていて、後輩も先輩を慕っている人が多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      特別支援教育について、5領域(視覚障害・聴覚障害・知的障害・肢体不自由・病弱)学びました。国立大学で5領域学べるのは、日本で2つだけです。それ以外にも副免許を取ることもできます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      村上研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      肢体不自由や病弱といった障害を抱えた子供の教育支援について主に学びました。始めは講義を聞くのですが、その中で自分が特に研究したいと思ったテーマを決めて卒論を書くという流れになります。
    進路について
    • 就職先・進学先
      一般事務
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      コツコツと努力できることが自分の強みだと思っていたので、このような職種を選びました。
    入試について
    • 学科志望動機
      センター試験での点数が思うようにいかなかったために選びましたが、今では良かったです。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      持っている参考書は3周ほどし、過去問は何度も解くことで対策をしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宮城教育大学
    男性在校生
    教育学部 初等教育教員養成課程 / 在校生 / 2012年入学
    2016-02-26投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教育者を目指す人に最適の大学であるが、それ以外の理由でいける人には向いていない。宮城県内の国立大だからという理由で教員を目指さないのにこの大学に入ってもいいことはないだろう。ただし子どもの事を考える教育者を目指す人にはぜひ来てほしい。
    • 講義・授業
      小さな大学であるが、文理問わず様々な専門の先生がいらっしゃって幅広い授業を受けることができる。が、授業の深さという意味ではあまり深くはない、あくまで大学の授業は入り口であり、話題提供程度の物、大学での学びは自らの学びで深めていくものである。
    • 研究室・ゼミ
      先ほどにも書いたが、小さな大学で様々な専門の先生がいらっしゃる。授業のレベル自体は高くはないのだが先生と個人的に仲良くなればいろいろな深い学問の世界の話を頂くことができる。
    • 就職・進学
      就職状況については羽田氏は興味がないのであまり詳しいことは分からない。ただ大学4年間でしっかりとした学びと人間性を身につけることができれば、就職など大して難しい事ではないだろう。
    • アクセス・立地
      山の上の大学で、従来はバスしかなくきわめてアクセスが悪かった。現在は地下鉄ができたため駅から10分もかからずに大学に行く事ができ、アクセスは極めて良好である。
    • 施設・設備
      古い大学で建物はぼろいし、図書館も充実しているとは言い難い。しかしながら山の中の大学で自然という他の大学にはない設備にはきわめて恵まれている。環境教育を考えている人には最適。
    • 友人・恋愛
      小さな大学だが、文理さまざまな専攻の学生がいる。こういった他の選考の人間と話をすることは自分の知らない様々な話を効けてすごく面白く、また勉強になる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      教員養成の教職課程の授業が多い、専攻の社会科の授業も少ないわけではなく、幅広く様々な社会科学についてかじる程度には学ぶことができるいずれにしろ自分自身で学びを深化させることが必要。
    入試について
    • 学科志望動機
      教育者を志していたため、地元の教育大学であるこの大学を志望した。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宮城教育大学
    男性在校生
    教育学部 中等教育教員養成課程 / 在校生 / 2011年入学
    2016-02-25投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教員を目指す人が集まっているので同じ夢に向かって切磋琢磨できるので教員志望者にとっては良い環境だと思います。単科大ですが理系も文系もいるので様々な考えに触れることができます。
    • 講義・授業
      教職の講義は豊富で、採用試験のみならず、教員になってからも役立つことが盛りだくさんです。しかし専門については、教授がいない分野については手薄な時も正直あります。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の所属人数が少ないので、学生自身が研究したいテーマを教授に投げかけ、みんなで討議できる環境が整ってます。
    • 就職・進学
      教員採用試験対策については無料でも手厚い指導が受けられます。一般の就職や公務員試験に関しては手薄なので自力での就活が必要です。
    • アクセス・立地
      地下鉄東西線の開通によって、仙台駅からの所要時間は格段に短くなりました。しかし、駅から少し距離があるので、歩くのは少し大変です。
    • 施設・設備
      新しい施設が多いです。トイレは全て綺麗です。しかし、図書館が少し古い本が多く、新しい本が少ないです。仙台市民図書館や他大学の図書館を併せて使う学生が多いです。そして、休みが多いです。土日は教室も図書館も空いていない日が意外と多く存在します。これは不便です。
    • 友人・恋愛
      せんだいの大学ですが少し他大学から離れていることもあり、学内のカップルが多いです。キャンパスも、こじんまりとしているのでほとんどの人が顔見知りです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生はもっぱら一般教養で埋まります。2年3年は専門教科を学びます。四年生はあまり講義を埋めず、実際に小中学校にお願いしたり、自分で教育に関するイベントを企画したりして実践を、積んでいる学生が多いです。三、四年生では教育実習もあります。
    • 所属研究室・ゼミ名
      哲学ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      自分たちでやりたいテーマを設け、議論型のゼミを行っています。前の週にテーマを決め、それぞれが調べてくるので議論は白熱します。
    進路について
    • 就職先・進学先
      中学校教員
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      次代の宮城県、東北を担う子供達の成長に関わりたかったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      中学校のときから教員を目指していました。特に、これからは18歳選挙も始まるなど社会科の知識が全ての知識の基盤として必要だと感じていたので中学校の社会の先生になるべく今の学科を志しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を解きまくりました。二次に関しては他大学の過去問も解きまくりました。
    この口コミは参考になりましたか?
41件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

宮城県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

宮城教育大学の画像 :©広瀬川さん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

電気通信大学
電気通信大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:56 - 57
★★★★☆3.93 (42件)
東京都/国立
滋賀大学
滋賀大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:53 - 57
★★★★☆3.97 (58件)
滋賀県/国立
上越教育大学
上越教育大学
併願校におすすめ
偏差値:53
★★★☆☆3.42 (12件)
新潟県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。