みんなの大学情報TOP   >>  広島県の大学   >>  県立広島大学   >>  口コミ

県立広島大学
(けんりつひろしまだいがく)

広島県 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:47.5 - 52.5

口コミ:★★★★☆

4.06

(143)

県立広島大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.06
(143) 公立内18 / 83校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.78
  • 研究室・ゼミ
    3.92
  • 就職・進学
    4.07
  • アクセス・立地
    3.47
  • 施設・設備
    3.51
  • 友人・恋愛
    3.90
  • 学生生活
    3.74
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

143件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    保健福祉学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      人数が少なく、ひとりひとりへの授業・進路へのサポート体制はしっかりしている。公立ということもあって比較的まじめな生徒が多いのでしっかり勉強できる。学校全体で親密なので、それを良いと捉える人と悪いと捉える人もいる。授業以外でも人と仲良くできる。しかし、近くに大学などがないので、孤立した感じもある。
    • 講義・授業
      人数が少ないので、ひとりひとりへのサポート体制はしっかりしている。公立大学なので、学生もまじめで勉強に集中しやすい環境である。単位もおとすこともほぼない。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは卒論のためだけのもので、1年間のみの活動であるため、学年を超えたゼミ生同士のつながりはない。選び方は学生どうしの話し合いできまる。
    • 就職・進学
      進学を除いた就職実績は100パーセントである。先輩から就職活動についてリアルな話を聞く機会を設けてくれるなどサポート体制もしっかりある。学科の先生、キャリア担当の方々との個別のサポートも充実している。他大学の友達から話を聞いていてもサポート体制は充実していると思う。
    • アクセス・立地
      最寄駅まで遠くアクセスは悪い。駅から大学までは自転車かバスを使う人が多い。周辺の環境としては、ご飯を食べることには困らないが、遊びに行く場所カラオケ以外は近くにはない。大学周辺に学生が住んでいるので、近所でよく会う。
    • 施設・設備
      キャンパスはあまり広くないぶん、キャンパス内の移動が楽である。設備は古く、他大学がうらやましいと思うこともある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人数が少ないので、友達は選びにくい。特に男子はそうだと思う。学科内だけでなく、キャンパス内の男女比は1:9とすさまじく偏っているので、学校内の恋愛関係は充実していない。そのぶん他大学などとの合コンのお誘いは多い。
    • 学生生活
      サークルや部活の種類は少ないがどの部活もとても仲がいい。実習なども多いので、毎日活動しているところはなく、比較的自由な雰囲気で活動できる。先生などから看護系のアルバイトの紹介があるなど、お金を稼ぎながら貴重な体験ができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎科目や教養を中心に勉強をする。1番自由選択の授業が多い。2年次は少し看護の要素が強くなるが、そこまで忙しくない。3年次はほぼ必修のみの授業となる。前期は講義、後期は実習となる。4年次の前期は実習、後期は卒論と国試への勉強を並行して行う。国試があるため、必修科目の講義がほとんどである。本格的な保健師過程の選択は3年生からで、2年次の春休みに選抜試験を受ける。
    投稿者ID:428008
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    保健福祉学部 看護学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      実技の講習を復習するために演習室が解放されており、練習できる。
      実習前は、課題が多く学業は大変であったが講師のフォローはしっかりあるため良い。
      カリキュラムがもう少し計画的ならよい。
    • 講義・授業
      教授や講師は質問しやすく関わりやすいのでよい。
      学生も皆真面目な性格のものたちが多いため、授業に対し積極的。
      チーム医療にも力を入れており、一年生のころから他学科の覚醒とも関われるため、知識の幅が広がる。
    • 研究室・ゼミ
      本格的にゼミが始まるのは、四年生の四月から。
      選び方は、研究したい内容を講師に伝え、それを講師が集計。各内容ごとに担当講師が受け持てる数は定員があり、その定員をもとに振り分けられる。
      卒論に関しては、講師はしっかり目を通してくれるが、通いの者たちは、講師と日程調整し通学しないといけないため少々連絡調整が不便であった。
    • 就職・進学
      3年生の終わりから、キャリアセンターというお部屋で面接の練習を行うことができる。
      キャリアセンターは、講師が二人おり、事前に予約が必要。1人一回の予約で1時間みてもられる。
      過去の内定体験談の記録や募集が保管されており、閲覧し、面接等の対策や就職希望先を入念に検討できる。
    • アクセス・立地
      三原駅よりバスで15分ほどで大学につく。
      自転車では、20分ほどだがふもとに自転車置き場があるためそこからは階段を登らなければならない。
      学校の回りは、学生アパートが多く、近くのお店でアルバイトをしている学生も多い。
    • 施設・設備
      図書館は専門書が沢山置いてあり、実習前はかなり重宝した。
      試験前は先輩の過去問をコピーし、大作を立てる学生も多い。
      パソコン室も三部屋完備されており、レポートの作成や統計学で利用した。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      真面目な学生が多いため、一緒にレポートを作成したり実技の練習をしたりと一緒に学びを深め、切磋琢磨することができた。サークルでは、学祭で催しを行ったり学科でもお店をしたりと楽しめる。
    • 学生生活
      学祭では、お笑い芸人や歌手を呼んだりする。
      サークルでは、各々出し物をし和気あいあいとしている。学祭時、献血にも積極的で多くの学生が献血を自主的にする。
      学外では、やっさまつりのボランティアややっさ踊りをしたりする。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年は、選択科目も多く、選択科目には外国語(ドイツ語、中国語、英語)や体育、日本国憲法、基礎科学などがあ る。必須科目には、解剖学や基礎看護学1など。
      2年は、基礎看護2や外国語の発展編、2年生の終わりから実習が本格的に始まる。
      3年では、老年看護学など、看護の中でも専門分野の学習が入ってくる。3年の夏休みからほとんどが実習。
      四年は就職活動をしながら、精神看護や小児看護、地域看護(保健師実習)が入ってくる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      企業保健師。
    投稿者ID:428742
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人間文化学部 健康科学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      充実している点としては、管理栄養士になるために必要な知識を身につけることのできるカリキュラムや、施設の整備です。様々な設備が整っているため、自分が研究したい内容に取り組めると思います。
    • 講義・授業
      教授や講師の先生については、どの先生も優しく丁寧に指導してくださるため、分からない点について質問をしやすい雰囲気があります。また、先生方は自身の研究分野において、非常に素晴らしい結果を残されている方ばかりです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は、11~12月頃です。選び方は、どの研究室に入りたいのかを自分達で話しあい、決定しました。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートについては、キャリアセンターというものがあり、そこで、就職活動に関する相談などをしてくれるため、充実していると思います。
    • アクセス・立地
      広島駅から大学までは、市内電車約30分で着き、市内にあるため、とても通いやすい場所にあると思います。
    • 施設・設備
      研究設備はとても整っています。時分の興味のある分野があれば、それに関する研究は行うことが可能だと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、学科の人数が他の私立大学に比べて少ないため、学科全体が仲良いです。また、実習等で色んな子と話す機会が多いのも、仲が良い理由だと思います。
    • 学生生活
      大学でのイベントについては、大学祭に芸能人を呼んだり、各サークルの模擬店があったりと、とても楽しいものとなっています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は、文系の学科と比較するととても多いです。その理由は、資格を取るために必要な科目が多いからです。3年次には、給食実習があります。給食の経営を一から自分達で行うため、とてもやりがいのある実習等だと思います。
    投稿者ID:431950
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    保健福祉学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      卒論、ゼミがまだ始まっていないため、正確に評価できない。よってその評価である。学生生活は充実しており、年があがっていく度に学ぶことも増え充実した日々である。
    • 講義・授業
      講義は専門科目が多くいそがしいがそれが充実に繋がる。また、教授は看護師の中でも高いレベルの病院に務めていた教授が多くハイレベルのことを学べる
    • 研究室・ゼミ
      まだ卒論、ゼミが始まっていないため評価をつけることができない。そのため今回のような結果になっている。
    • 就職・進学
      就職についてはガイダンスが多く、サポート面はしっかりしているといえる。しかし、自分自身がまだ就活していないため、正確な判断はできない
    • アクセス・立地
      一人暮らししているため、学校まで徒歩5分の距離であるため立地はとても良い。周辺はお店が多くありとても良い環境である
    • 施設・設備
      実際に病院から機械をもらっているため設備は十分である。また、専門に応じての部屋もあり、図書館も大きい
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      お互いに刺激し、実習では高め合うことができる仲間が多い。また、恋愛でも充実しており、楽しい日々である。
    • 学生生活
      教授の研究を手伝うバイトなどがあり、多くの研究に携わることができ、充実している。とても楽しい研究である
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養が多いが、2年次からは専門科目が増えていく。3年次は実習に向けての講義、半年間の実習である。4年次は卒論、国試
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      助産専攻のよてい
    投稿者ID:428730
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    経営情報学部 経営情報学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      プログラミングを中心に学びながら経営についても学ぶことが出来るので、幅広い視点を身に着けることが出来ると思います。また、各種資格取得も可能で、受験料の補助などもあります。
    • 講義・授業
      履修は主に、情報関係の授業が多く、ネットワークやプログラミング等について一通り学ぶことが可能です。また、抗議の雰囲気は落ち着いており、学びやすい環境です。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年時から始まります。所属前に一通りのゼミを訪問するなどしてゼミについて知ることが必要です。また、ゼミの決定方法は、第1から第3候補までを決め、それぞれ理由を記述します。ゼミ指導者は理由や成績を考慮して所属先を決定しています。
    • 就職・進学
      就職実績は、主にIT関係の企業が多いです。主に広島市内での就職が多いですが、県外での大手に就職する人も毎年います。広島市内でも地方大手に属する企業に就職する人が多いです。
    • アクセス・立地
      広島駅から大学までは、市内電車で20分+徒歩10分ほどの距離です。学校の周りは、お店も多く、気軽に食べに行けます。
    • 施設・設備
      キャンパスは小さく、屋外競技場などもキャンパス外の離れた場所にあり、サークルによってはとても面倒くさいと思います。ただ、図書館は大きく、様々な図書があります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は、サークルなどで築かれることが多く、サークルに所属することが大切だと考えます。ただ、
    • 学生生活
      私は、サークルなどに属してはいませんでした。また、イベントごとなども興味がなかったので参加していないため、充実はしていませんが、とても楽しいものだと考えます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基本教養科目を勉強します。
      2年次、3年次は経営やプログラミング関係を勉強します。
      4年次は卒業論文関係を行うため、必修科目はありません。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手IT会社の総合技術職
    投稿者ID:427414
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    保健福祉学部 看護学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      在学中 卒業後他者からの評価がいいから
      賢いんだねといわれる
      就職後患者から出身大学を聞かれたときに良い評価をもらえる
      きこえがいい
      信頼性があがる
      地元での就職なら就職活動に有利
    • 講義・授業
      看護師、助産師、保健師の資格も習得可能
      養護教諭にもなれること
      卒業論文の発表は就職後の看護研究発表にやくだつか?
    • 研究室・ゼミ
      各学年3から4名ずつほどで交流を持つことがてきる
      卒業論文はチューターではなくテーマごとにわけなおす。
    • 就職・進学
      地元ならまず印象がいいから、勉強がんばったんですねと言われて高評か
      就職活動で失敗するひとはまずいない
    • アクセス・立地
      駅からバスあり、時間はやや不便であるが、自転車で10分ほどで通学可能。
      車は駐車場がないため使えない。
    • 施設・設備
      実習受け入れ先病院は、おおまかには広島か三原を選択可能。
      バスでの送迎もある。
      図書室の本はあまり豊富にはない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルでの付き合いや同級生と結婚したひとは結構おおい。
      先生同士の結婚も結構おおい。
      バイト先もたくさんあり
    • 学生生活
      サークルはそれなりには数はあり。
      真面目にスポーツをするとかはなく、遊び程度の活動。
      文化祭でお店を出す
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年目は一般教養がおおい。
      3から4
      年目は実習がおもになる。
      4年目は実習と卒業論文が同時進行て大変。。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      看護師
    投稿者ID:426967
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    人間文化学部 健康科学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると、とにかく忙しく、実習がたくさんあった。講義もフルコマの日もあるし、実験が遅くまで終わらない日もあった。卒業後は管理栄養士として病院で働く人がほとんどで、それからキャリアアップしていく感じだと思う。
    • 講義・授業
      講義、授業の内容については、栄養や運動や食物などに関して学ぶ。衛生や保健について学べるのも面白い。講義中の雰囲気については寝たりスマホをいじる人が多少いるが、ほとんどまじめな学生ばかりである。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期については三年生の終わり頃からで、選び方については自分の好きなゼミを選んで人数が多いと話し合いやじゃんけんになる。卒論については睡眠と運動と血圧についての題材を取り上げた。先生がきちんとフォローしてくださるので、安心できる。
    • 就職・進学
      就職実績についてはほとんど100パーセントだと思う。就職活動のサポートは受けられるが、自分から申し込んだり資料を探したり、わりと大変だった。就活のときに気をつけておいたほうが良いことは、面接練習をしていただくように就職サポートセンターを利用したり、ゼミの先生に見ていただくと良いと思う。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は広島駅で、そこから路面電車に乗ったり、自転車に乗ったりして通学できる。学校の周りは病院や消防署やスーパーなどがある。飲みや遊びに行く場所は大抵市街(本通り周辺)である。
    • 施設・設備
      キャンパスについてはこじんまりとしていて自分には良い大きさだと思う。教室については綺麗な部屋と高校みたいな部屋があるが、遠隔操作で他キャンパスと通信授業ができる。図書館については目立つ丸いドームのような形で、パソコンや勉強をする場所がある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、現代っ子と大人しい子が分かれる感じ。サークルでのつながりは、他キャンパスのテニスサークルと一緒に合宿をして楽しかった。
    • 学生生活
      サークルについては最初はまじめに取り組んでいたが、実習で忙しくなってからあまり参加しなくなった。大学のイベントは規模は小さいが見ていて楽しい。ビンゴで景品を当てたこともある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は共通科目を自分で選択して好きな授業を受ける感じ。2年次からだんだん実習や実験など必修科目が増えていき、ほぼ必修科目で毎日が埋まる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      糖尿病専門のクリニックの管理栄養士
    投稿者ID:428265
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    人間文化学部 健康科学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      卒業後は病院、学校関係、保育園、行政、企業、大学院など、いろんな業界に進む人がいるので、卒業後の同期とのやりとりも楽しいです。
      在学中、先輩から採用に関しての情報が流れてきたり、就活の相談に載ってもらえたりしました。上下の関係もよかったように思います。
    • 講義・授業
      少人数なので、授業中、授業前後の質問もしやすく、アットホームな雰囲気で、細やかな指導をしていただきました。学生想いの先生が多いので、あたたかい環境で頑張れます。
    • 研究室・ゼミ
      各研究室でそれぞれの専門の実験機器が充実しています。
      ゼミの選び方は、私のときは学生内での話し合いで決めました。
    • 就職・進学
      先生方はとても親身に相談にのって下さり、卒業生やつながりのある機関からの情報なども提供してくださいました。
    • アクセス・立地
      平地なので、徒歩や自転車での移動が楽です。郵便局、コンビニ、ファミレスなどが側にあるので大変便利です。
    • 施設・設備
      食堂や学生サロン(机・イス・レンジ・自販機などがある部屋)など、空いた時間を有意義に過ごせるスペースがあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      部活動では、他の学科の人とつながりをもてるだけでなく、他キャンパスや他大学との交流の機会もあるので、部活動で友人がすごく増えました
    • 学生生活
      大学祭の目玉は、各学科から選出された女子学生がウエディングドレスを着て登場するミスコンで、毎年盛り上がります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は共通科目が中心、2年からは専門科目が増えてきます。2年の冬頃から3年の初夏にかけて給食実習があります。
      3年の冬から、臨地実習が始まり忙しくなりますが、必須の授業は少なくなります。4年は国家試験に向けての模試が定期的にあり、卒論・就活と平行で勉強をしていきます。
      栄養教諭免許を取得希望者は、教職課程の授業を受け、学校への教育実習もあります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      総合病院
    投稿者ID:429539
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    人間文化学部 健康科学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      少人数制であるため、同期や教授との距離も近く相談しやすい環境にある事が学ぶ上で良かったなと思いました。
      また、4学年合同のオリエンテーションがある事で上下の繋がりもでき、研究室を決めたり、実習に行く際に親身に相談に乗っていただけました。
    • 講義・授業
      講義は教授によって形式が全く異なりますが、初年時には基本を座学で学ぶ事が多いです。学年が上がるにつれて、実験や実習が多くなります。実験は終わらなければ帰れないので夜遅くなることもありました。
      4年次には研究室に配属となりますが、これまで学んできた事で興味のある事を選択でき、かつ、これまで実験、実習で体験した事の応用なので楽しかったです。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の選び方は少人数制ということもあり希望制でした。しかし、人気の研究室は沢山希望者がおり話合いで決めていました。
      研究室によって夏休みがきっちりあるところと全く無いところ、卒論の内容の濃さも違ってきます。しかし、その特徴のせいで就職に影響が出たりする事はありませんでした。
    • 就職・進学
      就職についても、支援課が丁寧に履歴書や面接シートを見てくれます。また、進学については、大学院もあるのでそのまま残る場合もあります。
    • アクセス・立地
      広島駅からは路面電車やバスでの経路があります。
      少し市街地からは外れますが、周りに食事できる場所もありますし、市街地へも路面電車やバスですぐ行けるので、打ち明けもしやすいです。
    • 施設・設備
      デザイナーが設計した図書館があります。置いてある本も大変充実しており、国家試験の勉強や実習のための勉強を落ち着いてすることができます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科自体が少人数制なので基本的に打ち明けは全員で行います。実習や実験など協力しないとできないことが多いので自然と仲間意識ができます。
    • 学生生活
      私はサークルには所属していなかったのですが、友人達は様々なサークルに所属しており楽しそうでした。
      アルバイトは基本的にはできますが、実習の期間等は難しいため理解のある場所を選ぶか、その時期はやめるかになるかと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は人体の仕組みや科学、英語など基礎的なものを学びます。研究室によっては英語の論文も読むので英語はできた方がよいですが、できなくても、できるようになります。2年次は実験が多くなります。1年次に学んだ事を実際に行う形が多いです。3年次になると実習が増え、保健センターなど実際に外にでて活動しますり4年次は病気の実習を行い、研究室で卒業論文を執筆します。空いた時間で国家試験の勉強をします。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      薬局
    投稿者ID:431660
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    保健福祉学部 作業療法学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    • 総合評価
      作業療法学科では、クライエント中心の作業療法が学べます。他の大学では、ROMやMMTなどの身体機能の評価を徹底的に学びますが、それは臨床に出てからでも身に着く技術です。クライエント中心の考え方は、支援についての1つの考え方に過ぎませんが、学生と言う多感な時期にじっくりと考え方を学ぶことができるのは良いところだと思います。
      授業は、3,4年生になるとグループワークばかりになり、組む人によっては負担が大きくなったり、いらいらしてしまうこともあると思います。
      作業療法学科は30人しかいないので、とても狭い社会のため、上手にコミュニケーションがとれないと、孤立するだけではなく、授業にも支障が出ると思います。
    • 講義・授業
      共通科目については、真面目に取り組む学生が良い評価を得られるような授業形態をとってくれる先生もいますが、代返をしている生徒でも単位がとれてしまう授業形態をとる先生もいます。
      外国語に関しては、あまり力を入れていないので、期待するだけ無駄です(高校生レベル)
      専門科目は、主に身体障害、精神障害、発達障害の3分野についてですが、発達障害、精神障害分野での著名な先生が退官されてしまったため、今は期待できないと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は3年生の冬くらいですが、4年生の前期は実習で埋まってしまうため、実質4年生の10月くらいから取り組みが本格化します。
      先生がフォローしてくださるため、必ず卒論は仕上がるので、心配はしなくてもいいです。
      私が所属しているゼミでは、1人で基礎的な量的研究ができ有意義でしたが、県立広島大学の作業療法学科は、グループで質的な研究がほとんどのため、大学院進学を目指している方にとっては、研究力はほとんど身につかないと考えた方が良いでしょう。
    • 就職・進学
      私は、他大学の大学院に進学しましたが、ほとんどが就職です。近年で大学院進学を選んだ方がおらず(8年前くらいに進学した方はおられたみたいですが)、まったくフォローは望めないと思った方が良いです。
      就職・進学のサポート機関である付属施設のキャリアセンターも、進学に関しての資料はほとんどなく、研究室訪問などのマナーやタイミング、願書の提出などの矜持は全く得られないため、分からないながらも全て1人でやるくらいの気持ちでいた方が良いと思います。
      私は結局作業療法学科の先生に相談しましたが、先生方は1回社会に出てからの大学院を進めるため、ストレートで大学院進学を目指したいという方は、お世話はしてもらえない自分でやるしかないと覚悟を持って入学を決めたらいいと思います。
    • アクセス・立地
      駅から大学までは徒歩で40分、自転車で15分ほどです。大学までバスも結構出ているみたいです。
      大学周辺は、スーパー、ドラッグストア、コンビニ、100円ショップなど、生活には絶対困らないので大丈夫だと思います。
      遊ぶ場所は全くないのであきらめましょう。電車で30分かけて福山までですか、電車で1時間半かけて広島まで遊びにいくしかありません。
      飲みに行く場所も学生がいくところはほとんど決まっており、微妙に顔見知りの人にお店で会うことも多く、気まずい思いをします。
    • 施設・設備
      図書館の開館時間は短く、テスト前は困ります。
      空き教室も防犯上の問題のためか、17時ころに鍵がかけられるので、勉強をするところがほとんどありません。
      専門的な検査や評価は生徒が自由に使うことはできず、練習するのは難しいです、実習前はかなり困ります。
      唯一いいところといえば、発達障害分野におけるプレイルームがあるというところです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      1学年190人ほどの狭いコミュニティの為、恋愛関係に関しては、ぎすぎすしている場面も多く見てきました。交友関係については、自分の所属学科の人と合わないと本当に地獄なので、サークルなど、他学科と交流できる場所を作っておくことをおすすめします。
    • 学生生活
      サークルはダンスサークルでしたが、大学祭では多くのお客さんが集まるほどの人気の出し物でしたし、なにより他のダンスイベントに参加する人ができ、良い思い出になると思います。
      ボランティア活動については、大学や教員などがしょっちゅう募集をかけているため、興味のある方にとっては良いと思います。
      アルバイトについては、新入生歓迎会で先輩から勧誘されるので、その流れにそって入ると良いと思います。同じ学科の先輩がバイト先にいると、テスト期間や実習期間などバイト先が把握していることが多く、休みやすいです。何より、学科の先輩と仲良くなれるため、テストのことや実習のことについて聞きやすいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は共通科目を主に学びます。ジェンダー論や日本語学など医療に関係ないけど色々と面白い科目があります。1年生の冬休みに3施設に2日間ずつ赴く、見学実習があります。
      2年生から専門科目が徐々に増えていき、解剖学での骨学実習やホルマリン漬けの猿で筋や神経について学ぶことや、生理学実習で実験をした後やたらと難しいレポートを書くことになります。
      3年次はグループ学習が主で、外部の施設と協働して地域作業療法を行い1年じっくり大学外の施設や機関に関わることができます。3年生の夏には2週間の評価実習があります。
      4年生では前期は実習(9週間×2施設)、後期は卒論と国家試験の勉強が主になります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      国立大学院 修士課程
    投稿者ID:430988
    この口コミは参考になりましたか?
143件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

広島県で評判が良い大学

広島県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  広島県の大学   >>  県立広島大学   >>  口コミ

県立広島大学の学部

オススメの大学

九州歯科大学
九州歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.88 (24件)
福岡県/公立
愛知県立芸術大学
愛知県立芸術大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.14 (37件)
愛知県/公立
高崎経済大学
高崎経済大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.60 (201件)
群馬県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。