みんなの大学情報TOP   >>  高知県の大学   >>  高知大学   >>  口コミ

高知大学
出典:Bakkai
高知大学
(こうちだいがく)

高知県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:47.5 - 65.0

口コミ:

3.89

(187)

高知大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.89
(187) 国立内44 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.58
  • 研究室・ゼミ
    3.59
  • 就職・進学
    3.41
  • アクセス・立地
    2.96
  • 施設・設備
    3.31
  • 友人・恋愛
    3.83
  • 学生生活
    3.53
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

187件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    理工学部 生物科学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 1| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学制全般を振り返ると特に特化した良い点もないが、かといって悪い点もない。もう少しゼミや研究室に入ることに対してお知らせをしっかりしてくれて、説明などあれば助かる。
    • 講義・授業
      授業の雰囲気はその授業によって違うが、だいたいの授業は静かに落ち着いてできるような授業がなされている。課題などは少ないものが多く、自分の勉強の時間に当てれるのですごく助かる。
    • 研究室・ゼミ
      研究室やゼミはとてもあいまいで、いつ研究室に入るのでいつまでに研究内容やゼミを決定したほうがいいのかを掲示板だけでしかお知らせがなく、せっかくインターネット環境を整えて、全員が学校のサイトにアクセスできるのにそれが全く使えてないのがとても残念であり、もったいないと感じる。
    • 就職・進学
      就職や進学は人によって違うが、とくに特定の就職先に強いということもないが、就職しにくいというわけでもないように感じる。また教員や公務員は専用の講座を作ってくれているのでありがたい。
    • アクセス・立地
      アクセスは県の中では一番栄えているところより少し遠いので町へのアクセスは少ししにくい。しかし、その点落ち着いた静かなキャンパスなので、勉強という環境の面では大分いいかもしれない。
    • 施設・設備
      図書館がとても大きく静かに勉強できる環境で、とても清潔なので、勉強や調べもの、レポートなどをするのにとても役に立つ。しかし学校内のトイレなどは清掃が行き届いてない場所もあり、不満もある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活は充実しており、地域の祭りや学際にも参加できるので、友達や恋人を作るには苦労をしないような環境になっていると思う。また、学部の中のクラスでの行事もたくさんあり、新入生にも優しい環境になっている。
    • 学生生活
      学生生活を通して授業を受けながら、自分の時間を確保できるので、サークルや部活に使うのもいいし、アルバイトをして社会経験をするのもできる。また学校近くにはマンションやアパートなど一人暮らしができるところも多いので、自分の学生生活は豊かに遅れていると感じる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は専門分野ではなく一般教養を学び、2回生で詳しいコース分けを行い、自分の専門分野を詳しく学んでいく。
    投稿者ID:410883
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    教育学部 生涯教育課程 / 在校生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学科の専門性は高いが強制力はなく、全員が伸び伸びと自分の得意な専門知識を伸ばすことができるとてもいい学科。所属人数は少ないが、その分結束力が高くみんなが仲良しです。
    • 講義・授業
      先生と1対1で行う授業もあり、欠席する際もしっかりフォローしてくれます。課題に関しては、やはり専門科目は難しいですが、好きな科目なのでやりがいがあります。
    • 研究室・ゼミ
      まだゼミに所属していないので良いのか悪いのかが分かりません。ですが、所属している先輩方はいつも楽しそうにしています。
    • 就職・進学
      就職に関しては、教員免許を取ることが可能なコースなので、教員になる人も多くいます。その中で、在学中に違う道を見つける人へのサポートもしっかりしてくれます。
    • アクセス・立地
      駅も近く、スーパーも歩いて5分の距離にあるので、困ることはありません。しかし居酒屋などは少ないので、20歳になってお酒が飲めるようになってからは少し物足りないかもしれません。
    • 施設・設備
      音楽棟という、音楽専門の人達のための建物があります。ピアノを練習できる練習室も10室以上あり、一般の人も自由に利用できます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      近くにあまり遊ぶ施設が無いので、その分恋人と家デートをする人が多くいます。友人関係に関してはサークルが多くあり、人数の少ないコースに所属していても、そのほかの場所で交友関係を広げるチャンスが多くあります。
    • 学生生活
      サークルに関して多くのものがあり、高知に来たからよさこいがやりたい!という人にも4つ以上のよさこいチームがあり、自分に向いた場所で活動することができます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では初年次科目という入門授業が多くあります。2年次以降は好きな授業を選べる機会が増えます。3年次以降は専門的なものを取る人が多くいます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      地域振興関係
    投稿者ID:409850
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    • 総合評価
      卒後は医師免許を取得を出来ていれば安定してどこかの病院などに就職出来るため問題は無い。また、その国家試験にも合格は多くしているため悪くは無いと思われる。
    • 講義・授業
      講義の内容などは難しことを扱っていることもあり、わかりにくいのは仕方がないが、わかりにくい説明が多いです。
    • 研究室・ゼミ
      研究は最先端のものも多いが、やはりお金の面からか、どうしても不足している面がある。そもそも日本のレベルもなんとも言えないが。
    • 就職・進学
      卒後は医師免許を取得できていればほとんどの場合募集されているところがあるため、就職は比較的容易であるとこおもわれる。
    • アクセス・立地
      立地としては周りの交通の便が悪いことや、買い物などにも不便であることはやはり生活をしていく上で不便となっている。
    • 施設・設備
      キャンパスの充実している部分は多い。ただ、老朽化をしている事や、駐車場が全く足りていないことは問題。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      個人的なことではあるが、交友関係はお金の問題や私自身の問題もあって多いとは言えない。ただし交流の機会はある。
    • 学生生活
      サークルなどはしっかりと交流や活動があり、充実していると言える。それは大学内だけでなくOBや他大学との交流も含めて。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基礎教育で、2、3、4年では医学について学ぶ、5年次はその応用として臨床の現場を見て学ぶ。6年では国家試験への対策を行う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      多くは病院の医者
    投稿者ID:409820
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    理工学部 数学物理学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      自分は、理学部の物理を専攻しているけど、専門分野の教科だけではなく、自分が興味のある教科も自由に受講できるので、本当に勉強するには、充実しているカリキュラム体制だと感じた。
    • 講義・授業
      授業の評価は、学生自身の意欲や、取り組み方など、しっかりと評価してくださるので、常に緊張感を持って、取り組むことができる。
    • 研究室・ゼミ
      かなり、厳しい部類に入るかなって自分は感じている。毎日の取り組み方や、姿勢などあらゆることが厳しく管理されてるけど、それらが、自分自身にとっては、本当に大切だと感じている。
    • 就職・進学
      就職や進学については、各自が自己責任という感じであるので、あまり、相談とかについては、やっている感じでは無い。
    • アクセス・立地
      通学手段にもよるが、自動車通学だと、結構 駐車費用が高くついたりする。公共交通機関だと、そこそこの費用で通学ができるので、評価はそれぞれの感じがある。
    • 施設・設備
      エアコン、暖房器具の扱い方が、学生自身で自由に使うことができ無いことが多いので、夏とか冬は、不便に感じる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学部によって男女比に大きな偏りがあったり、あと年齢差が大きいと、恋愛、友人付き合いまでも困難に感じたりする。
    • 学生生活
      サークル活動は、入ったことも無いので、やったことと無い。授業の予習、復習で手一杯でもある。なので、サークル活動については、ほとんどわからない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      力学的な内容、無機化学、数学分野、教養の内容である。そして、実験授業も多い。その中で、特に化学の内容が多い。
    投稿者ID:407251
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教員を目指している学生にはとてもいい環境であると思います。教員採用試験が近づくと、面接指導だけでなく、進路に対する不安、勉強方法など、細かくサポートしてくれます。
    • 研究室・ゼミ
      3年前期からゼミが始まります。自分が専攻としたい研究をもとに、ゼミを選択できます。先輩方もとても優しく、ゼミ旅行などもあります
    • 就職・進学
      就職室があり、手厚くサポートしてくれます。特に、教員採用試験についての資料や、面接指導などがとても充実しています。採用率も全国で上位に入っています。
    • アクセス・立地
      一人暮らしをする学生にとっては、大学周辺にアパートが多くあるため、徒歩や自転車で通えます。しかし、周辺にショッピングセンターや遊べる場所があまりありません。
    • 施設・設備
      教育学部では幼児教育コースが新設され、保育や幼稚園教育にも力を入れています。
      また、模擬授業ができるよう、教育学部棟の各演習室には黒板やホワイトボードなども充実しています。
    投稿者ID:386821
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    農林海洋科学部 【募集停止】農学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 2]
    • 総合評価
      自分がやりたい研究などがある程度決まっている人にとっては、環境や設備が整っているので、十分に勉強や実験がやりやすい大学だと思います。
    • 講義・授業
      様々なコースの先生方がいらっしゃるので、自分の興味のあるものはもちろん、それ以外の分野の講義も受けることができます。また、指導熱心な先生が多いので、わからないことや詳しく聞きたいこともすぐに説明していただいたり、一緒に考えてくれたりします。
    • 就職・進学
      特に目立ったサポートがあるわけではありませんが、一般的な就活セミナーなどは定期的に開かれています。また、専門的な知識を活かして、研究職に就いたり、大学院へ進学したりする方は多いです。
    • アクセス・立地
      大学の周辺にはコンビニや住宅などが近くにないため車を持っていないと不便に感じるかもしれません。
    • 施設・設備
      キャンパス内に農場や実験施設が隣接しているので、とても便利です。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      よさこいのサークルなどはいくつかあり、充実していますが、それ以外のサークルは種類が少ないと思います。室戸貫歩などの特有のイベントもあり、毎年多くの方が参加しています。
    投稿者ID:386718
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    土佐さきがけプログラム / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学卒業後も大学院まで進学を希望する学生にはいいて学科だと思います。
      入学後、一回生から大学で行われている最新の研究に触れる機会が多く科学の最新技術を学ぶことができます。その分得られる情報量が多く大変でもあります。
      しかし、理学部、理工学部の学生は4年次から希望する研究室への配属になりますが、このコースでは3年次から研究室配属になります。そのため、普通より長く研究活動を行うことができます。また、大学院までの6年一貫のカリキュラムになっており在学中に存分に研究活動に取り組むことができます。さらに、研究活動では自分のやりたい研究分野はもちろん、異分野についてもさまざまなことを実験を通して学んだり、学会などで情報を得たりと学べる機会がたくさんあります。科学が好きな人は充実した学生生活を送れるのではないでしょうか?
      まだ、卒業生がいないため就職活動の実績はないものの、ほかの学生より一年長く研究活動を行なってきたことはアドバンテージになりうると考えられます。
    投稿者ID:386389
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    人文社会科学部 人文社会科学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 1| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学校生活を振り返って、総合的に良かったと思います。文学を本格的に学びたい人にとっては、資料も充実しており有意義に研究ができると思います。他の大学でもそうだとは思いますが、ない資料も取り寄せることができます。授業以外では、とにかく自由な校風です。学科で一棟、建物があり、方向音痴の方へオススメな迷子にはならない、わかりやすい作りになっています。大学自体がそれほど広くなく、全体的にコンパクトです。
    • 講義・授業
      講義中の雰囲気については、講義によってバラバラです。大教室で行う授業は、前の方に座っている生徒は真面目に聞いているし、正直、後ろの方で寝ている生徒も勿論いました。課題に関しては、これも講義毎に違います。毎回レポートや予習が必要なものもあれば、全く何もない講義もありました。単位についても、レポート提出するだけで良い講義もあれば、テストで何点以上とらないと単位がもらえない講義もありました。真面目に受けていれば、単位を落とすことはなかったです。勿論、単位を落としたという話は沢山聞いたことがあります。授業を欠席し過ぎて単位を落としたのは論外ですが、レポートを提出したけど落ちたという人もいます。履修の組み方については、説明会がありますので、それほど難しくはないです。パソコンを使って履修登録をしますが、機械音痴でも何とかなります。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは3年生からです。ですので、3.4年生合同で行うゼミの講義もありました。ゼミ生同士の繋がりは、少人数だったので強かったです。只、私達の時は先輩との繋がりは皆無でした。そのおかげで、後輩にはそんな思いをしてほしくなくて、後輩との繋がりは強かったです。卒論についても3年生からどんな内容を書くのかを考えていました。遅い人は4年生から考える人もいましたが、大抵は3年生の後期くらいには決まっていたかと思います。ゼミでは発表等があり、本当に文学が好きじゃないと苦痛だと思います。
    • 就職・進学
      就職については、多くが民間企業に就職しています。大学院に進学する人はほんのひと握りです。また、就職が決まってない人も多数いて、一年勉強して公務員試験を受けるという人もいたかと思います。就職活動のサポートについては、学科としては何もないです。大学全体としてはセミナーがあるので、積極的に参加した方が良いです。就職活動で気をつけておいたほうが良いことは、就職活動開始に乗り遅れないことです。何になりたいか、どうすれば良いか、全く自分の将来のビジョンが見えなくても、とりあえず就職活動を始めてください。セミナー等で何か見えてくるものもあるかもしれません。
    • アクセス・立地
      最寄駅は朝倉駅です。駅から大学は徒歩5分程です。学校の周りは特に何もありませんが、学校の周りに住んでいる人が多いです。スーパーは自転車で行ける距離にあるので日々の生活には困りません。居酒屋は学校の近くに沢山ありますが、遊びに行くなら高知市街地まで行く必要があるので電車か車か自転車になります。自転車なら30分くらいです。観光等するならば、車があれば便利です。大学生活自体には車はさほど必要ではないです。カラオケなどは大学近くにあります。買い物に行くことが多い場所は、イオンです。又、駅前の商店街、帯屋町が良いかと思います。
    • 施設・設備
      キャンパスについては、方向音痴には最適なコンパクトな学校です。全体的に面積、校舎が小さいです。図書館については、充実しているかと思います。授業で使う専門的な書物は、学科の棟の方に保管されています。普段はそんなに図書館に人がいないのに、試験前は勉強するために図書館が賑わっていました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、最初にイベントがあり、そこで友人ができました。サークルでの繋がりについては、やはり強いと思いますので、何かしらサークルに入るべきだと思います。途中で辞める人、途中から入る人など沢山いますので、とりあえず入ってみて合わないなら気軽に辞めることができます。学内の恋愛関係については、多いです。やはりサークル内恋愛が多いです。
    • 学生生活
      サークルについては様々なサークルがあり、把握しきれませんでした。入学式の時に大量のサークル勧誘のビラをもらったのでそれを見てサークルを決めました。大学のイベントは、学祭などは勿論あります。アルバイトについては、大学経由の募集もあり、とりあえずそこから始まると安心かもしれません。沢山の種類のアルバイトを経験するのも良いと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、とにかく基礎的な事を勉強していました。他の学科の授業も取ることができ、比較的自由に選択できます。必須科目については、一番印象深いのは英会話の講義です。英語が苦手な人には鬼門だと思います。2年次は、これまた必須科目の英語読解の授業が印象深いです。卒業のために取得する単位は決まっていますので、もしあれば1年次で取りこぼした単位や卒業するために必要な種類の授業を選択していたかと思います。3年次は、ゼミが始まります。学科全員参加の授業もあり、その授業を落とすと強制的に留年でした。年に数人は落ちているようでした。4年次は、真面目に勉強してきていれば、単位がほぼ取り終わっている状態ですのでゼミ以外の授業はないです。卒業単位以上取得してもいいので、好きな授業をとったりもしていました。卒業論文については、教授もアドバイスはくれますが、自分がどうしたいかによって変わります。熱心に取り組めば教授も熱を込めた指導をしてくれますし、そこそこならそれなりに完成していれば良いという感じでした。卒業論文が間に合わずに卒業できなかった人もいますので、自分との戦いかと思います。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      一般企業の事務職
    投稿者ID:413092
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    理工学部 地球環境防災学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      研究生活を振り返ると、設備も充実しているが、設備がある場所はキャンパスから40分の場所にあり、車がないと行けないので、そういう点では苦労しました。卒業後は高知にいたというだけで、珍しいのかそれだけで、話ができます。
    • 講義・授業
      講義に関しては教授は積極的なものではないと思います。雰囲気は静かで黙々と進められるような感じです。履修の組み方については1年次に先輩から助言や説明があるのでそこで確認できます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの説明会はあります。ただ、どの研究室も少人数制なので、入る前に教授との面接などがありますので、当然ですが研究内容を理解しておく必要があります。
    • 就職・進学
      就職に関しては民間企業の他は教員志望の方が多かったです。理学部よりも文学部の方が就職先は充実していて、就職率もよかった印象があります。
    • アクセス・立地
      最寄駅はJR朝倉駅です。駅からは徒歩3?5分ほどなのでとても近いです。住んでいる人が多い場所はやはり朝倉周辺ですが、大体大学から2km圏内だと思います。交通手段は自転車か原付で十分だと思います。
    • 施設・設備
      図書館については自習机もあり、電源もあるので使いやすい方だと思います。研究設備は離れた場所にあるので、そな点も考慮して研究室を選ぶ必要があります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係に関しては、県外からの学生が多い為、一人暮らしがほとんどなので、付き合いは密な方だと思います。
    • 学生生活
      アルバイトについては、募集先はある方だと思います。ただ、居酒屋なども多いので、学生生活を継続する上での優先順位が崩れないように考えることをお勧めします。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次、2年次は皆んな共通の科目を満遍なく講義や実習で学びました。3年次からはそれぞれの専攻したいものを選んで講義を選択していきます。卒業論文は教授と相談しながら、決めていきます。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      第二地方銀行の総合職。
    投稿者ID:412394
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      図書館が小さく、閉館時間が早い。そのため勉強する環境が整っていないように感じる点が1ポイント落とした最大の原因です。あと、本学に比べて古い建物が多い気がします。
    • 講義・授業
      資料を読むだけの授業もあります。それなら自習と変わらない気がするので、そこは改善の余地有りだと思います。
    • 研究室・ゼミ
      頑固な研究室のせいで、通れない通路があるのは良くないと思います。本当に困ります。その他の研究室は良いところ多いです。
    • 就職・進学
      国試の合格率が中心になると思いますが、これは学年の雰囲気による気がします。サポートは良いと思います。
    • アクセス・立地
      周りに何も無いので、買い物行くのでも一苦労です。渋滞も多いので急いでいるときは不便極まりないです。忙しくないときは、良いと思います。
    • 施設・設備
      新病棟が建って施設も充実していると思います。ただ、学生会館は暗く、長時間勉強していると目が疲れます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      今のクラスは、まとまるときはまとまれるクラスだと思います。あと、真面目な人が多いので、良いと思います。
    • 学生生活
      部活動、サークルは多いので運営のマンパワーが足りないことも多いですが、すごく充実していると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年は一般教養2年は解剖、生理、生化学3年は病理、薬理と少し臨床4年は臨床5年は実習6年も実習です!
    投稿者ID:411545
    この口コミは参考になりましたか?
187件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

高知県で評判が良い大学

高知県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  高知県の大学   >>  高知大学   >>  口コミ

一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

高知大学の学部

オススメの大学

東京医科歯科大学
東京医科歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.09 (67件)
東京都/国立
大阪大学
大阪大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (935件)
大阪府/国立
旭川医科大学
旭川医科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.90 (48件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。