>>     >>     >>  口コミ

就実大学
(しゅうじつだいがく)

岡山県 / 私立

偏差値:47 - 53

口コミ:

3.72

(39)

就実大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.49 295位
研究室・ゼミ 3.92 48位
就職・進学 3.72 159位
アクセス・立地 4.29 21位
施設・設備 4.03 64位
友人・恋愛 3.08 389位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

40件中 1-10件を表示
  • 就実大学
    女性在校生
    人文科学部 総合歴史学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      レポートの作成の方法等、最初から丁寧に指導してくださいます。全国的に著名な教授の方々も多くおられます。
    • 講義・授業
      学内の移動が楽なのでとても助かっています。講義内容も興味深いものばかりです
    • 研究室・ゼミ
      優秀な指導力をお持ちの先生が数多く籍を置いていらっしゃるので、知識が無くても入門を取れば問題なくどのゼミへも進むことができます。
    • 就職・進学
      就職実績はなかなかのものだと思っています。教職課程の採用率は県内でも高いと思います。
    • アクセス・立地
      駅から歩いて3分というのはとても助かります。岡山駅山陽線直通なので迷いません。
    • 施設・設備
      最近になって校舎の改築、増築が始まり、新しくできたS館は近代的で快適な校舎です。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 就実大学
    男性卒業生
    人文科学部 実践英語学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2016-07-21投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      日常会話など、実践的な英語を身につけたい方にとってはいい環境ではないでしょうか。

      ちなみに自分はただ英語を勉強したいと思い、深く考えずに入学しました。

      「大学なんて黙って座って講義聞いてればいいんでしょはいはい」なんて考えてた私が馬鹿でしたね。

      コミュニケーション能力と積極性が強く求められます。

      担当するのはネイティブの外国人講師ですが、授業内では、日本人学生同士でのコミュニケーションが主です。

      大学に遊びに来ている学生ばかりですので、中身のない会話が繰り広げられるだけです。

      自分からネイティブの先生に話しかけたり、熱意を持ってコミュニケーションをする積極性が必要です。

      私のように人見知り、非積極的な人間にとっては苦痛でしかないでしょう。

      現に、卒業した今でも全く英語が喋れません(苦笑)
    • 講義・授業
      学科の専門科目は、コミュニケーションや英文のエッセイの作成などです。
      教養科目はどれも担当教員の自己満足です。
    • 就職・進学
      就職する気がなかったので、よく分かりません。
    進路について
    • 就職先・進学先
      フリーター
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      楽しそうだったので
    この口コミは参考になりましたか?
  • 就実大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2010年入学
    2016-03-09投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      一年生から早期実習体験と銘打って、現場でどのような仕事をしているか見学させてもらえたり、実際に働いている方を講師として招いた講義があったり、「理想とする薬剤師とは何か」を学べる機会は多い。また、実績を残さなければならないことから、五年次の実務実習を行うのに必要な共用試験(実技・態度を見るOSCE/知識を見るCBT)や国家試験対策には力を入れているし、それなりの学生でないと進級も危うい。 とにかく薬剤師免許をとりたい人には向いている。
    • 講義・授業
      今ではかなり改善されたらしいが、あまりにも学術的な内容に偏ったものや高校レベルで止まっているものがあり、教授により難易度がバラバラな印象を強く受ける。 大学なので受け身の講義では何も身につかないが、正直、ここまで落差があるといったいどこまで勉強すればいいのかわからない。 ただ、基本的に質問には丁寧に対応してくれるので、自分が動くことのできる人には特に問題ない。
    • 研究室・ゼミ
      配属は四年次春からだが、教養試験や実務実習があるので、実際に研究ができるのは五年次の実習がない期間と卒業論文発表会がある六年次八月まで。 最重要課題を国家試験に置くか、研究に置くかで選択する教授も変わり、また卒業論文で扱える内容も変わってしまう。また研究室訪問の際に教授の応対で自分が嫌われているのかなんとなく変わるので、教授と合わないという悲劇は極力避けることはできる。 ただし、研究だけに力を入れているのを良しとする人は少ないし、せめて卒業できないといつまでも研究室に居座ることになるので、そこは早く出て行ってほしい人もいる。
    • 就職・進学
      今のところ就職でそこまで苦労しない学部であるが、キャリアセンター主催の就職ガイダンスが五回ほど開かれ、回数はすくないものの履歴書の書き方から論策対策まで幅広くカバーしてくれる。 センターに持ち込めば添削もしてくれるようで、電話の掛け方で相談にのってもらった。
    • アクセス・立地
      JRの駅がすぐそばにあるので、通学には便利。校舎の建て増しや改築で駐車場が減っているので、低学年が許可を取るのは厳しいらしい。学校の周辺は住宅街で買い物をするなら自転車で移動する必要があるとか。
    • 施設・設備
      昨年から新しい校舎が建ち、古いものはどんどん減らされているので、使う校舎はきれいになる傾向にある。 また自由に使える共用のPCとプリンターもそれなりの数あるので、自宅にない人でも一応提出物に支障は出ないようになっている。
    • 友人・恋愛
      薬学部は他の学科生と隔離されているところがあるため、サークルにでも入らないと接点はない。恋人を探しに行っているのなら、そこはデメリットであるが、そうでないなら騒がしい人間がいないので利点。 学年によるが平日の朝一から講義が入っていたり、昼間の一コマだけなど変な時間が空いていたりする。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      今から思えば一年は高校から大学の勉強方法へのシフト期間だった。ここで自分から勉強する姿勢が身につけば、六年までは進める印象。 真核生物を使った実験は意外と少なく、四年次になってから、自分の血液を使ったもの三つと、マウスを使ったもの二つがある。それ以前は、一年次の機器の扱い方から始まり、大腸菌など微生物までしか登場しない。 研究室配属後は教授によるが、どうしてもいやな場合は配慮してくれるところもある。
    • 所属研究室・ゼミ名
      外部に対して名乗れないことになっている
    • 所属研究室・ゼミの概要
      薬物代謝に関する酵素の働きについて、実験と分析を行っていた。 分析器は他の研究室と共用で、その使用についての交渉や資材の管理を含めた実験スケジュールなどはすべて学生の裁量に任されていた。使用方法も、教授が知らないこともあり、自分のツテで情報を集めていく必要があった。 決して楽ではないが、総合的な問題解決能力の向上や、自己管理能力を養うことができる。
    進路について
    • 就職先・進学先
      病院薬剤師
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      給料重視ならドラッグストア、名誉なら病院、産後の働きやすさなら調剤薬局だと言われていた。 なのではじめは、一人休んでも何とか業務が行えそうな調剤薬局を志望していたが、それよりも条件の良い病院を実習先で見つけたため、そのまま内定まで話をもって行った。この就職先になったのはたまたまだとしか言いようがない。 自分が何をしたいか決まっていないなら、実習で見極めても遅くはなさそうだった。
    入試について
    • 学科志望動機
      滑り止めだった。 就職のことを考えると、理系で、それなりに意味のある国家資格につながる大学は、今通っているところくらいしかなかった。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      欧州塾
    • どのような入試対策をしていたか
      滑り止めにしか考えていなかっため、直前二週間で赤本を一冊解いただけで直接の勉強は終了。 国公立対策にはしっかり力を入れていたので、それでかなりカバーできていたと思われる。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 就実大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2010年入学
    2016-03-01投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      何はともあれ、薬剤師になりたい人には向いている学校だと思う。前任の学部長のお陰で今のところは実務実習でも希望が通りやすく、無駄に遠い場所へ飛ばされることもあまりないみたい。やる気があるならストーレートで国家試験まで漕ぎ着けるかと。新しい校舎が建っていたり、薬学部だけは別棟があったり、色々と差別化が図られているかも。教授どうしの内紛に巻き込まれない機敏性と人当たりのよさが大切。
    • 講義・授業
      最近改善されてきたが、質は教授によって様々。ただし、どの教授も質問に行けば(基本的に)時間をとって答えてくださる。「あの人なら大丈夫」などの油断や受け身の姿勢だと卒業も危ないのでそこは注意。
    • 研究室・ゼミ
      去年辺りから学部会で、学生には実験を通して問題解決能力を養わせる事が決まったらしく、どこの研究室でも実験は行う。(複数の論文から仮説を導くような調査研究は卒業単位の認定対象外) 研究テーマにもよるが、「ネズミの解剖はどうしても無理」などの要望には配慮してくれる。消耗品については比較的自由に使えるが、機器、器具は古いものを大切に使っている傾向がありそう。
    • 就職・進学
      内定率は良い。そもそも薬剤師不足なので、そこまで力を入れなくても場所を選ばなければ就職先はある。それにも関わらず、履歴書の書き方・論作文対策・メイク講座等に外部講師を読んでくれており、キャリアセンターのサポートは手厚い方だと思われる。OBOGとも連絡を取っているようで、彼等を呼んでどういう勤務体制なのかなどについて語るキャリア講座をしてくれたりする。その他、添削も受け付けているが、持ち込みのみでの対応となっている。
    • アクセス・立地
      学校のすぐ近くにJRの駅があり、通学には電車が便利。徒歩10分圏内に有料駐車場もあるが、なかなか許可は下りないみたい。卒業研究を始めたらわりとすんなり下りるらしいけど。駐輪場もあるものの、縮小中で有料。利便性を考えると4年までは電車がベストかな。
    • 施設・設備
      薬学部用の棟はまだ建って10年くらいなので新しく、他にも去年完成した館があるので建物に不満はない。が、古くからある館はトイレが和式しかないのでどうしても洋式が良いなら他のところへいかないといけない。
    • 友人・恋愛
      6年間ほぼ変わらない顔ぶれで過ごすので気は楽。だが、恋愛をするとなると別れたあとも頻繁に出会うのでおすすめはしない。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      シラバスが変わって、一年次前期は教養、後期から少しずつ専門が入ってくるらしい。高校の復習をしてくれるので、履修していない科目はこのときにしっかり勉強しておくこと。一年次の成績が卒業する時のものと相関するそうだ。実験が始まるのは一年後期からのはず。研究室配属は四年次の四月だが、実務実習へ行くための試験(CBT/OSCE)の対策があるため、卒業研究は基本的にできない。実務実習が始まる直前の四年後期は、それまで実験に当てられてきた時間が実技を問うOSCE対策になる。卒業研究ができるのは実質五年次の実務実習がない期間と、卒業研究発表会のある六年8月まで。
    • 所属研究室・ゼミ名
      外部に研究室名を名乗れない
    • 所属研究室・ゼミの概要
      情報漏洩に該当するため詳しくは記載不可能。薬物代謝についてではある。
    進路について
    • 就職先・進学先
      病院薬剤師
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      調剤・ドラッグストア含めて薬局薬剤師は既卒若しくは中途での採用も多いが、病院は「育て上げる」認識が強いからか基本的に新卒しか採用しないところが多い。ならば初めは病院を志望した方が後々潰しが効くと考えた。
    入試について
    • 学科志望動機
      滑り止めだった。ただ、この先生きていくためには国家資格が最も心強い相棒になるはずだと考えて、自宅から通える理系かつ国家資格に関する私立を探したらここくらいしかなかった。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      欧州塾
    • どのような入試対策をしていたか
      今の大学の試験については、赤本を一通り解いてみただけで他には特になにもしていない。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 就実大学
    男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-02-28投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      研究者や薬学者になりたい人にとっては実験室が備わっており2年次からの実習で5 6年生で何が学びたいかが見つかると思います。
    • 講義・授業
      講義資料がわかりづらい授業もありますが書き込み形式や小テスト、レポートも取り入れてますので自分なりの覚え方が身に付くと思います。
    • 研究室・ゼミ
      アルバイトと学業のメリハリをつけるちゃんとした指導だけでなく自分の卒論に向けた教授からのおすすめもあるので将来の進路にむけた興味分野が見つかるかもしれません。
    • 就職・進学
      先輩からの就職先の紹介やセミナーがあり就職率が100%になるようエントリーシートの書き方の講座もあり面接の練習も徹底されてます。それだけでなく就職先の企業で自分が何がしたいのかを見つけだすためのサポートもしてくれます。
    • アクセス・立地
      西川原駅から徒歩3分でつきます。自動車での通学は駐車場が少なく不便ですが駐輪場が多く整備されてます。山陽本線と赤穂線が直結してますので乗り換えの必要はなく1本で通えます。
    • 施設・設備
      B館とS館、P館が新しく建て替えられたので新しい講義室での授業がはかどると思います。あと新しく庭も整備されました。学びの場が広くなり充実したキャンパスライフを送ることができます。
    • 友人・恋愛
      サークルが60もあり他学部との学生の交流が盛んになってます。また他大学との合同サークルもあり地域に向いた活動も行われてます。1年次は研修旅行があり学びの世界に羽ばたけると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は教養の選択科目で2年時からは専門科目と実習が始まります。4年次は病院薬局実習のためのCBTとOSCEがあり、これが合格すれば5年次の病院薬局実習がいけます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      調剤薬局
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      調剤薬局は病院の薬局よりは忙しくなく調剤にあわてることがないのでそれを重視しました。
    入試について
    • 学科志望動機
      年収を多く稼ぐことができる職業は何か探したところ就職率の高い大学を見つけたことや国家試験対策が高度な点に注目し選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験と志望学科の過去問を入手し出やすいところに重点を置きながら自分なりのまとめ方をし繰り返し理解しながら対策しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 就実大学
    女性卒業生
    教育学部 教育心理学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      将来子どもの心の成長を支える仕事に就きたいと思っている人にはいい学科だと思います。様々な心理学を学べるのでとても充実しています。
    • 講義・授業
      カウンセリングや心理療法、心理実験や心理検査などの演習もあり、充実した楽しいカリキュラムです。必要科目の取得を満たせば認定心理士の資格も取れます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミでは自分の興味に合った研究や実験ができたり、卒業論文が書けたりします。ゼミの友達とは興味のあることについて話が盛り上がります。
    • 就職・進学
      一般企業、養護教諭、特別支援学校教諭などが主な就職先です。教員採用試験用の対策で模擬試験や面接練習もしてくれます。
    • アクセス・立地
      西川原就実駅から徒歩3分と大変便利の良い場所にあります。岡山駅まで一駅なので、買い物や外食飲み会などしたい時も便利です。
    • 施設・設備
      演習室や実習室があり、学べる場所が整っています。プレイルームや模擬保健室もあり演習などで利用します。
    • 友人・恋愛
      1、2年生はクラス会、3、4年生はゼミ会があり、とても楽しいです。教育心理学科は男子生徒も少しいるので、学科内でカップルができることもあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年時は一般教養が中心でしたが、2年次から専門科目が増え、3年次からは演習が多くなりました。4年時は4年間の総まとめのような講義や演習が多かったです。
    • 所属研究室・ゼミ名
      岩佐ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      異常心理学を中心に、幅広い心理学の研究ができます。先生とも話しやすく、和気藹々とした雰囲気でした。
    進路について
    • 就職先・進学先
      児童養護施設
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      子どもと親身になって関われる、真正面から向き合える仕事がしたかったため。
    入試について
    • 学科志望動機
      心理学が学びたい、養護教諭になりたいと思っていため。心理学の勉強をしながら養護教諭の免許が取れるのを魅了に感じました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      推薦入試は適切テストと面接だったため、面接練習に重点を置きました。出そうな質問をを考えて、それに対する答えは一通り紙に書き言えるようにしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 就実大学
    男性在校生
    人文科学部 総合歴史学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      中四国の共学の大学では唯一の歴史の学科です。特に岡山は中四国有数の古墳群、日本三大庭園の後楽園、古代吉備真備伝説、閑谷学校など、歴史的文化財の豊富な地です。カリキュラム内でも文化財を見に行く時間があり、教授同行の為、専門的な知識を養うことが出来ます。
    • 講義・授業
      初年度は、日本史、アジア史、ヨーロッパアメリカ史の全てを偏りなく学べ、学年が上がるにつれて自分がどの地域の歴史を勉強したいか選択するようになります。自主的に学ぶ力を自然に養うことが出来るため、高校までそうでなかった方も変われるかもしれないです。資格課程の講義も充実しているため、教職の資格がとりたい方にもおすすめです。また、他学科の講義も受けることもできます。
    • 研究室・ゼミ
      基本的に3年からゼミの選択をします。ゼミに入った後は、基本的にゼミの先生の専門範囲内なら何をしても基本大丈夫です。自分のゼミはあまり先生との交流はなく、自分達で頑張って下さいみたいな感じです。
    • 就職・進学
      就活開始の半年ほど前から、就活についてのセミナーが始まり、しっかりサポートしてくれます。そこで、模擬面接や履歴書の添削指導をしっかりとしてもらえます。また、大学からの採用募集メールや就活を行う際不安な人へのカウンセリングも厚く行っているので、就職率は高い方ではないかと思います。
    • アクセス・立地
      JRの最寄り駅から徒歩一分と恵まれた場所にあり、一駅で岡山駅に行ける為、実家通いや遊びに行くのにも最適です。前は大学前にバス停もあったのですが、停留所改編で無くなった為、少し不便かも知れません。大学周辺は住宅街なので、中規模のショッピングセンターが2つ、そして飲食店も多くあるため、生活をするための環境は整っています。
    • 施設・設備
      昨年新たに新棟が建ち、今年にはまた新たな学部棟が建つなど、新学科の設立や、大学内に小学校が出来たため、古い建物の建て直しが頻繁に行われています、大規模な競技場や、体育館など付属の施設は充実しています。
    • 友人・恋愛
      他学科では学年間や先輩後輩の交流があるのですが、この学科にはそれが無いため、人によって初年次は少し心細い事があるかもしれないです。部活動や同好会がたくさんあるので、そこでの交流は盛んに行われています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      国家資格課程の履修をしていたので一年次から課程の講義を受けていました。博物館学芸員の資格課程では、教室での講義の他に博物館に向かい、実際に資格を有する方のお話を聞くことも出来ます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      総合歴史ゼミナール 山田ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      興味を持った人物や物事を文献を使いまとめていく。そのまとめた物を順に発表していく。
    進路について
    • 就職先・進学先
      飲食店の社員
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      正直に言うと、流通販売の業界に内定があったのですが、親の反対で、無理矢理選びました。
    入試について
    • 学科志望動機
      博物館学芸員の資格を取りたかったため。そのなかで好きな歴史も学べる場所が良かった為この大学にしました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      面接が苦手だったので、面接練習を特にやったことを覚えていますを
    この口コミは参考になりましたか?
  • 就実大学
    女性在校生
    教育学部 教育心理学科 / 在校生 / 2013年入学
    2015-06-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      養護教諭や、特別支援学校の先生、認定心理士を目指す人にはとてもよい学校であると思います。また、他にも医療秘書や司書など、メインではないものの取れる資格も豊富です。最近では、大学内に小学校が併設され、すぐ近くにはこども園もあり、中学校、高校も、自転車や歩きでもいける距離にあります。そのような付属学校で、特に養護教諭を目指す人はボランティアなど行うこともできます。様々なサポートがある反面、例えば養護教諭と認定心理士の資格取得を目指している人が、途中での資格取得を諦めて、認定心理士の資格取得のみに変える人もいます。希望する資格によって、カリキュラムは全く違うものになり、その大変さなども差がでてくることがあります。そこで気が緩んでしまうこともあるかもしれませんが、同じ仲間と切磋琢磨して送る学生生活は何者にも変えられません。
    • 講義・授業
      様々な資格が取得できる環境にあるため、その分様々や講義を選択することができます。もちろん、教養科目も豊富で、自分の知識を深めることができます。逆に、たくさんある分、とりたいものが同じ曜日同じ時間にかぶっていることもあったりするので、希望通りに時間割を組めないこともありますが、1年間で見ずに、4年間で見ると、そのかぶっている授業を取ることができるので、考えの幅が広がると思います。
    • 研究室・ゼミ
      専門分野に特化したゼミもありますが、もちろんその専門ではない人でもちゃんとすべてのゼミで見てくれます。ゼミには費用もいくらか給付してくれるので、備品の交換や、ゼミの仲間や担当の先生との食事も実質無料で行えます。所属ゼミの決定は、先生方が資料を元に話し合いを行い、少人数制で人数も決まっているので、本当に入りたいゼミがあっても入れないこともあるところが難点であるように感じます。ですが、先ほども述べたように、きちんとどの先生も指導してくださりますし、他の先生にお話を伺うこともできるので、そこまでの心配はいらないと思います。
    • 就職・進学
      就職率は悪くないと思います。ですが、この学科は出来て年数が経っていないところは難点であると思います。進学に関しても、大学院がありますが、心理系の大学院は2016年度から始まるので、こちらも同じ大学の大学院を目指すのであれば、情報が少ないと思われます。就職活動に関しては、大学のキャリアセンターの先生方が親身になって相談に応じてくれます。また、就職に役立つ講義や講演会など多く行っていただけますし、課外講座も多く行っていただけるので、就職活動に多いに役立つと思います。
    • アクセス・立地
      主要な駅から3分ほど一駅分乗ると、大学の最寄り駅に到着します。そこからは徒歩2分ほどで大学に到着するという大変立地のよい場所となっています。難点をあげると、本数があまりないことだと思います。大学の付属図書館は、県内でも保管数の多い場所となっているようです。学食も何ヵ所かあり、お値段も大学生には優しい設定で、昼間はどこも賑わっています。そのため、座れないこともたびたびあります。
      学校周辺は、コンビニがひとつある程度です。ちょっと歩けば、ごはんを食べるお店がたくさんあります。
    • 施設・設備
      大学には、多くの校舎がありますが、校舎によって新しいものもあれば、古いものもあります。教育学部棟だったところは今や小学校となっています。その代わり経営学部棟が新しくできたり、今後は古い校舎を新しくする動きも見られています。ただ工事中は大変音がうるさく、講義に集中できなくなるとも思いますが、新しい校舎に入るドキドキはすごいものでした。
    • 友人・恋愛
      友人関係で言えば、やはり同じ資格を目指す人でかたまりがちだと思います。もちろんそうとは一概に言えませんが、学年が上がるにつれて、とる授業に資格ごとで偏りが出てくるから、どうしてもそうなってしまうのだと思います。
      恋愛関係で言えば、教育心理学科は非常に男子生徒が少ないので学科内恋愛は起こりにくいかもしれませんが、実際付き合っている人もいるので、ないとも言えません。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      心理学についての歴史から実験まで幅広く学べることができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      山田ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      比較的自由で、合同研究などにも取り組めます。
    入試について
    • 学科志望動機
      もともと心理学が学びたくて大学を選んでいました。県内であることが家族との条件だったので、岡山県内で探していたら就実大学が自然と志望校になっていました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      特に利用していません。
    • どのような入試対策をしていたか
      とにかく学校で行われていた対策授業を受けて、多くの問題に触れていきました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 就実大学
    男性在校生
    人文科学部 実践英語学科 / 在校生 / 2012年入学
    2015-06-26投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      英会話能力を鍛える場所にはもってこいだと思います。また文学や語学のコースも充実しています。男女比が極端に女子が多いので男子にとっては居心地の良しあしは分かれると思います。
    • 講義・授業
      特に英語でのコミュニケーションの授業が充実しています。さまざまな国籍の先生が在籍しているので、その国の文化も知ることができるでしょう。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの内容は英語学なのですが、シンプルな文章の中に含まれている意味構造を見ていきます。やりがいはあります。
    • 就職・進学
      大手の企業への就職もありますし、教職をとって教員になった人もいます。この学科で培ったコミュニケーション能力を生かし、セールスへ行った先輩もおられます。
    • アクセス・立地
      最寄駅から徒歩3分という立地の良さですが、自転車で通学する人にとっては近くの踏切が開かずの踏切と化しています。
    • 施設・設備
      施設自体は充実していると思います。特にITに関しては素晴らしいと思います。学内で使えるパソコンの数が豊富です。
    • 友人・恋愛
      先ほど書いたように、男女比が極端に女子に偏っているので、私の場合、誰一人友達はいません。しかし、先輩や後輩との仲は良いので、相談できる人に困ることはないでしょう。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      英語を使ったさまざまな能力(読解からコミュニケーション)を鍛えることができる。
    • 所属研究室・ゼミ名
      小田ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      認知言語学・語用論を中心とした英語学の研究
    入試について
    • 学科志望動機
      英語を使うことへの能力を鍛えたかったから。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      児童館スクール
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問(センター英語)を20年分解きました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 就実大学
    女性卒業生
    人文科学部 表現文化学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2015-06-25投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      遊びと学業を充実させたいと思うかたにはとてもいい大学だと思います。サークル活動も充実しており、楽しい大学生活が過ごせます。
    • 講義・授業
      わかりやすく、丁寧な講義が多いです。また、授業の選択が幅広くできるので、一定の分野だけではなく、少しでも興味があることなど、たくさんのことが学べます。
    • 研究室・ゼミ
      自分が学びたい研究したいことを、先生がアドバイスをくれながら、深く研究することができます。また、ゼミでの研究をかねた旅行もあり楽しいです。
    • 就職・進学
      様々な企業への就職実績があります。キャリアセンターでは親身になり相談にのってくれ、辛い就職活動もがんばることができます。
    • アクセス・立地
      西川原駅ができ、徒歩数分なねで、アクセスはそうとういいです。まわりにはコンビニもあり不自由しません。
    • 施設・設備
      古い棟もありますが、基本的に設備はよく、きれいです。学食はあまりおすすめしません。テレビもあり快適ですが…
    • 友人・恋愛
      いろんな学科の人がおり、知り合うことも多かったです。カップルもなかなか多く充実した学生生活を送っていました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      表現方法から表現の身に付けかた、文書について
    • 所属研究室・ゼミ名
      林ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      昔の語源から現代の時事問題についての研究
    進路について
    • 就職先・進学先
      診療所
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      医療に少し興味があり、深く知りたいと思いました
    入試について
    • 学科志望動機
      表現を深く学びたいと思い、志望しました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      していない
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を多くとき、わからないことは先生に教えてもらう。
    この口コミは参考になりましたか?
40件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

岡山県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

大和大学
大和大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:52 - 57
レビュー募集中!-
大阪府/私立
北海道医療大学
北海道医療大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:45 - 57
★★★★☆3.74 (50件)
北海道/私立
北海道薬科大学
北海道薬科大学
併願校におすすめ
偏差値:53
★★★☆☆3.33 (9件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。