みんなの大学情報TOP   >>  岡山県の大学   >>  就実大学   >>  薬学部   >>  口コミ

就実大学
就実大学
(しゅうじつだいがく)

岡山県 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:37.5 - 47.5

口コミ:★★★★☆

3.93

(98)

薬学部 口コミ

★★★★☆ 3.77
(25) 私立大学 740 / 1573学部中
学部絞込
学科絞込
251-10件を表示
  • 女性卒業生
    薬学部 薬学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      もちろん人によるが、基本的には教授は優しい。五年までの学科試験はなんだかんだ救済措置が取られているし、学外の試験でもかなりの時間を割いて対策を行ってくれる。ただし、学力や勉強に対する姿勢において、学年上位と下位とではかなりの差があるため付き合う友達は選ばないといけない。
    • 講義・授業
      時間割は学年でほぼ決まっているので自由に選べるところは少ないが、決められた教科を順番にこなしていけば特に躓くこともなく、国家試験まで進むことができるような並びになっている。その点では楽。一部聴きに行けば丁寧に教えてくれる教授がいる。
    • 研究室・ゼミ
      どこのゼミも定員があり、四年次に学生だけで抽選会をする。それで希望するところに入れればいいが、いけなかった時が面倒。裏では色々と駆け引きがあったようだが、仲良しグループが一時間の内に解散したのも一つや二つではないとか…
    • 就職・進学
      学科が学科だけに就職先には困らなかった。が、困っていないだけに就職支援のサポートは、より厳しい学科が優先されるのでどんな支援があるのかという情報すらまわってこなかったりする。
    • アクセス・立地
      学校が資金を出して誘致したJRの駅が徒歩5分にあるので電車通学するなら便利。駐車場が限られているのでよほどの理由がなければ自動車通学は許可が出ない。下宿できるアパートはいくつかあるが、徒歩だと少し距離があり向かない。
    • 施設・設備
      他の学科と共同で使える建物は新しくなっているようだが、自分のところだけだと10年前に作られたものが現役。自習スペースもじわじわ増えてきている。ただし実験器具は破損しているものも多く共同で使うのでそれなりに気を使う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      グループ間の対立はほとんどなかった。学力でグループ分けされるのが見ていてよくわかる。学内恋愛はあったようだが、大きなテスト前になると破局して、終われば元のさやに戻るのを繰り返していた。
    • 学生生活
      低学年の間はアルバイトもできるだろうが、3年以降は事実上不可能。実習が始まると、終わりが6時過ぎることもざらなので、それでも続けるなら相当要領がよくないとできない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      薬学というと化学だと思われがちだが、意外と純粋な化学は使わない。有機/無機化学が苦手でもそれをやりつつ、他の物理化学や生物化学でカバーするよう得点できればやれなくはない。みんな言うけれど「学校としては入りやすいが卒業はできない」のは事実。実際同じ時に入学した人の半分は同じ時に卒業できなかった。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      病院薬剤師
    投稿者ID:409441
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学科ごとに応じた必要なことを学ぶことができるので、夢や目標が決まっている人にはオススメです。また、講師の先生は面倒見の良い先生ばかりで、生徒一人ひとりに対して公平に接してくれます。
    • 講義・授業
      教材の配布や指導といったサポートが手厚いので、専門科目でも頑張ることができます。自習といった個人の努力も評価してくれるので、やる気に繋がります。
    • 研究室・ゼミ
      研究室では一人ひとりが協力して実習を行うので、じっくりと取り組むことができます。設備も整っているので、安全な実習ができます。
    • 就職・進学
      就職説明会などが多く開催されているので、分からないことや困ったことを解決するチャンスが多いと思います。相談ができる先生も多いので、安心できます。
    • アクセス・立地
      最寄駅からすぐの場所に立地しているので、通学の面で不便に感じることは少ないと思います。周りも比較的落ち着いた環境なので、ゆっくりと勉学に励むことができます。
    • 施設・設備
      清掃員の方が毎日綺麗にしてくれているので、とても衛生的な環境だと思います。新しい施設も建設されたので、ストレスに感じることは無いでしょう。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      一人ひとりが自由に行動できるので、マイペースで頑張ることができます。また、困った時に助けてくれる方が多いので、人間関係は良好と言えます。
    • 学生生活
      学科ごとに応じた専門的な知識に加えて、人間としての成長も重視した教育が行われています。多くのことが学べる学生生活なので、充実した生活ができるでしょう。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次、二年次は基本的なことを重視して学ぶので、専門的な学習はどちらかと言うとまだ少ないと思います。しかし、高学年になるにつれて専門科目が一気に増えてくるので、やりがいのある授業が多くなります。実習は二年次から始まり、国家試験などを目標に向けて取り組みます。
    投稿者ID:409579
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      私は、一年の薬学生です。だから研究室の充実さはよくわかりませんが、学校の雰囲気や先生の雰囲気ていうと、しっかりと仕事をしっかりとこなし、私達生徒が勉強を熱心にするだけの感じなので、授業料がたかいくらいで、とても良い大学生ですよ。授業以外では、最近サークルの問題が顕著になってきているので、就実のサークルは、活気よく悪いことは悪いと言えるので、雰囲気が良いですよ。卒業後も、就職先は先輩に聞いた話では、仕事が多いらしいです。
    • 講義・授業
      講義の内容は、高校の内容を振り返りながら、やっているのでとてもわかりやすいので、特に目立った気になることがありません。しかしただひとつ気になるのは、履修の組み方についてです。前期後期の履修を組む時間から、提出までの時間がとても短いので、もっと長くしてほしいです。、
    • 研究室・ゼミ
      まだ一年生なので、よくわかりませんから評価することができません。しかし、研究室の訪問をした際は特に目立ったことはありませんでした。
    • 就職・進学
      先輩は、特に困る話がないので、病院に配属するか、薬局にいくか、大学院にいくかに別れるので、進学先には困らないようです
    • アクセス・立地
      就実大学は、近くににしがはら駅があり、岡山駅に直通で、大学から学校までは自転車で20分で着きます。 飲み遊びにいくことが多い場所は、いっせんやジョイフルやイオンがおおいですね。 買い物にいくことがいいのは、天満屋は、イオンが若者で多いですね。
    • 施設・設備
      オープンキャンパスは、薬剤の興味や研究室の紹介し、興味を持たせながら、「勉強は大切です」としっかりと釘を打つところも、高評価でした。 教室と研究施設は、私は暑がりなので、よくエアコンを聞いてるので、それがきついです。図書館は私達の学科の分には困りませんが、小さいので私は、岡山県立図書館によく通います。サークルや部活では、将来仕事ができたさいに趣味として使えることが多いですね。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私は、友達をあまり作らないようにしているので、友達についてはよくわかりませんし、サークルについても薬学部以外の友達を作るつもりはないので、そういうことはわからないので、3にしました。
    • 学生生活
      高校は、「絶対に何時から何時までこれをやりなさい」という感じから、「自由ね。だけど自己責任ね」みたいな雰囲気が良いのでとても楽しいですね。サークルは一年は活動するきはないので、よくわかりませんね。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年生は高校の内容と、物理化学と天然物化学などの漢方薬ですね。二年生は、薬理学や実習などが盛んになってきます。薬学部は、実習が多く、レポートが多いので文系と違いのんびりはできませんね。3年から、実習も本格的に入り、四年になると、五年に入るための試験があります。六割とらないと、留年です。五年は病院と薬局で二ヶ月半実習をおこないます。6年は国家試験に合格するための勉学をおこないます。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      とりあえず、大学院に進む予定です
    投稿者ID:415003
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      大学での学習環境については大変満足しています。しかし、友達関係などはとても難しいことが多く大変です。薬学の勉強をしたい人にとって見たらとても素敵な学校だと思います。卒業後の進路についても相談に乗ってくださる先生が多く魅力の一つとなります。
    • 講義・授業
      単位はすべて必修となっているため、単位は落とさずにおいてたほうがいいです。課題は、上の学年にいくと多くなりとても大変です。
    • 研究室・ゼミ
      研究室に配属されるのは四年生からであるため、他の学部とは少し時期が遅れます。三年間所属するため、先生との相性などしっかり見ていたほうがいいと思います。
    • 就職・進学
      就職実績はとても高くほぼ100%です。しかし、国家試験んい受かる人が少ないため、就職よりも国家試験の勉強に追われると思います。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は、西川原駅です。最近出来た駅のようです。近くのバス停は遠いですが、岡山の中心街に近いところに大学があるため、自転車で行動しやすいです。
    • 施設・設備
      キャンパスは狭く、移動に時間がかからないところがいいところだと思います。図書館も三階建てで、地下にも文庫があり、多くの本があります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋人は作りにくいと思います。男の人が少ないためであいを求める人からすると、ちょっと物足りないと思います。男性からすると、女子がおおいため、恋愛しやすいと思います。
    • 学生生活
      サークルは岡大との合同のサークルが多く、色んな他大学との交流があります。だいがくのイベントでは、七夕祭や文化祭があります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      特に低学年では基礎系の学習が多いため、とても簡単です。実習が始まると、レポートに追われて、時間が足りなくなることが多くなります。四年次になると、CBTやOSCEがあり、いっぱいいっぱいになります。
    投稿者ID:415013
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年09月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      良いところ:駅から大学までのアクセスの良さ。施設が新しく、気分も爽快。悪いところ:成績返還が遅い。成績の付け方システムが分かりにくい(具現化されてない)講義が多い。
    • アクセス・立地
      すごく近いのでいいと思う
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次には薬学の基礎となるところと教養科目
      3年次から薬学の専門科目が増えてきます。
      進級条件は他の学部より難しいと思われます。が、将来薬剤師という資格がもらえると思えば、この進級条件は簡単なことでしょう。
      また、4年次から研究室配属があり、教員との距離が縮まって仲良くなることも可能です。
      5年次は薬局や病院に実際行って実習というものがかなり現場に近いものを学ぶことができます。
      6年次は国家試験にむけて勉強を頑張っていきます。
      他の学部は科目をチョイスすることがあると思うのですが、薬学部はカリキュラムというものが備わっているため、ほとんど講義を選ぶということはありません。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      薬局薬剤師、病院薬剤師、製薬会社、保健所役員
    投稿者ID:364580
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 就実大学のことが気になったら!

    30秒で
    できます!

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学には21時まで勉強できる図書館や部屋があります。最近は新しい校舎が次々に建設されたので大学の雰囲気はとても綺麗になりました。昔からある建物は古いですが、、。先生も接しやすいので頼りになると思います。
    • 研究室・ゼミ
      いろいろな分野の研究室があります。
    • アクセス・立地
      岡山駅から一駅のところに最寄りの駅があるので交通も便利です。大学の近くにはご飯食べるところもコンビニも何かと揃っているので暮らしやすいと思います。
    • 施設・設備
      学食が3箇所あり、とてもきれいです。新しい校舎は本当に綺麗です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      気の合う友達が見つかり、勉強も頑張っていく間柄なので、とてもいい環境だと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年は高校からの基礎をしっかり固めつつ、教養の選択授業などを自分で選択します。
      2年から選択必修、必修科目が始まり、薬学の専門知識を少しずつ学びます。
      3年、4年もどんどん専門知識が増えて実習も始まります。
      4年ではCBT、OSCEの試験があります。
      5年は、11週×2回を病院と薬局でそれぞれ実務実習をします。
      6年で卒業研究をして発表したら国試に向けて勉強します。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      病院/薬局/製薬会社/化粧品会社
    投稿者ID:338719
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2013年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    • 総合評価
      新しく新カリキュラムになりましたが、それに即対応していると思います。分からないとところも先生のオフィスアワー内であれば教えていただけます。
    • 研究室・ゼミ
      3年からCBTのために薬ゼミが大学で講義してくれます。4年生から研究室に配属されます。自分のやりたいこと研究したいことを研究室で先生や先輩と一緒に進めていけます。
    • アクセス・立地
      駅から徒歩4?5分で教室に着くこともできます。
    • 施設・設備
      新しい校舎もできました。パソコンも資料図書もたくさんあります。カフェもあり、自習できるスペースもいろいろなところにあります。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      色々なサークルがあるので気に入ったものに入ってみるといいと思います。別の学部の同期や先輩、後輩と仲良くなることもできるし、自分の知らない学校の話なども聞くことができ、友達も増えます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は基礎、2年生から応用、3年生から専門的な分野を学ぶことができます。4年生では5年生の時の実習のための勉強もたくさんします。5年生では病院や薬局で実習があります。6年生では国家試験のための勉強に時間を費やします。
    投稿者ID:338588
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      私立なので国家試験合格率ばかりに目を向けられる。
      合格率は高いように見えるのは6年生半分ほどしか卒業させないから。
      薬学棟だけたくさん建物がある敷地の道を挟んで西にあるが講義は離れたところである。
      年に1回開催される薬学部の球技大会が楽しい!
    • 講義・授業
      受け身になってしまう授業が多い。
      カリキュラムの都合上、教職課程は取ることが出来ない。
    • 研究室・ゼミ
      3年生までは入学した時のクラス担任制。
      4年生で研究室配属が行われる。
      1人の先生につき3~4人の学生が配属される。
      所属する研究室によって雰囲気はガラリと変わる。
      3年生の春休みにあるオープンラボで雰囲気を見るのをおすすめする。
    • アクセス・立地
      電車だと岡山駅から山陽本線・赤穂線で1駅なので公共交通機関を利用する場合は通いやすい立地。
      車だと駐車スペースがないので電車がおすすめ。
    • 施設・設備
      大学全体はちょっとずつ改装をしているので綺麗になりつつある。
      改装中は使える建物が限られ、いろんな学部の学生であふれかえるので不便。
      薬学棟は築15年ほど。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学6年まであるので今までで1番濃い。
      信頼できる友達も多いし切磋琢磨出来るのでお互いプラスになる友人関係。
      他県から来る入学する人も多く、卒業後は帰省する人もいるけど関係がずっと続くだろうなと思える友達が多くて毎日が楽しい!
    • 学生生活
      岡山大学のサークルに入る人が多いように思う。
      私は学内での縦の繋がりがほしかったので学内の部活やサークルに入った。
      学内にも様々な部活やサークルがあるので充実した大学生活を送れると思う。
    投稿者ID:334097
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      先生が親身に生徒のことをしっかり考えてくれる良い大学です。また、カリキュラムもしっかりしており、過ごしやすい環境があります。
    • 講義・授業
      生徒のレベルに合わせた授業をしてくれたり、質問に行けばしっかりと詳しく答えてくれたりと指導面では何の問題もありません。また、講義は興味深いものが多く薬学についてより学ぼうという意識の高まるものばかりです。
    • アクセス・立地
      学校の名前のついた駅があり、徒歩で駅から通えるため、雨の日でもなにも困りません。歩いてすぐ後楽園、岡山城などがあるため、観光にもすぐに行けます。春には桜カーニバルが近くで行われていて綺麗な桜を毎年見ることができます。
    • 施設・設備
      施設、設備はまだまだ新しく使いやすいです。椅子が腰にくるものもありますが基本過ごしやすい環境です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      共通の夢を持った仲間たちと過ごす毎日はとても充実しています。恋愛事情は、、?です。
    • 学生生活
      学祭では学友会というのが中心となりとても楽しく過ごせます。たくさんの催し物があり、とても楽しいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次に基本を学ぶため、この基本を身につけることで次に繋がるのだという意欲が湧きます。
    投稿者ID:331782
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年04月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      必ず薬剤師になりたいという強い意志を持っている学生にはとてもいい大学の学部だと思っています。なぜなら、想像以上に大学では勉強が大変だからです。よく大学生活は人生の夏休みと言われているけれども、そのようなイメージとは大きくかけ離れているからです。どの薬学部学生に聞いても、明らかに高校生の時より勉強しているとみんな口を揃えて言います。薬学部は、日々の授業の勉強はもちろん、テストは想像以上に過酷です。過酷なテストを受け、科目にもよりますが、ある科目では学年の半数が再試験対象となり、再試験を受け、それが合格であれば単位が出るといった流れです。授業料が高い上、教科書代も高く、さらにテストで再試験対象になれば一科目1000円です。過酷な学部です。ですが、4年生からは授業とは別に土曜日に外部講師の講義があるので、国家試験対策には熱心に取り組んでいる大学だと言えます。薬剤師になるという強い意志がないとこの学部の良さは実感できないと思います。
    投稿者ID:331486
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

251-10件を表示

就実大学のことが気になったら!

30秒で
できます!

基本情報

住所 岡山県 岡山市中区西川原1-6-1
最寄駅 JR山陽本線(姫路~岡山) 西川原
JR赤穂線 西川原
電話番号 086-271-8111
学部 人文科学部、 薬学部、 教育学部、 経営学部
概要 就実大学は、岡山県に本部を置く私立大学です。通称は「就実大」「就大」。1904年に市立岡山実科女学校を前身に、1979年に就実大学として開校しました。就実大学は、4学部7学科あります。2012年には就実こども園も新たに開設し、ゼロ歳児から大学院までの一貫したクオリティー高い教育の実践を行っています。また大学も新しい校舎が2017年に向けて建設されており、どんどん進化している大学となっています。 キャンパスはJRから下車後、徒歩1分と通いやすいところにあるのも魅力の1つです。また就実大学および短期大学の卒業生たちはいろんな分野で活躍していて、「就職の就実」と言われるほど各方面から定評がある魅力ある大学です。

この学校の条件に近い大学

就実大学のことが気になったら!

30秒で
できます!

おすすめのコンテンツ

岡山県で評判が良い大学

みんなの大学情報TOP   >>  岡山県の大学   >>  就実大学   >>  薬学部   >>  口コミ

就実大学の学部

人文科学部
偏差値:37.5 - 42.5
★★★★☆ 3.67 (30件)
薬学部
偏差値:40.0
★★★★☆ 3.77 (25件)
教育学部
偏差値:42.5 - 45.0
★★★★☆ 4.25 (39件)
経営学部
偏差値:47.5
★★★★☆ 3.75 (4件)

オススメの学部

帝京平成大学
帝京平成大学薬学部
ワンランク上にチャレンジ
★★★☆☆ (21件)
千葉県/私立
国際医療福祉大学
国際医療福祉大学薬学部
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ (25件)
栃木県/私立
北海道医療大学
北海道医療大学歯学部
併願校におすすめ
☆☆☆☆☆ - (0件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。