みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  日本女子大学   >>  口コミ

日本女子大学
出典:Hykw-a4
日本女子大学
(にほんじょしだいがく)

東京都 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 62.5

口コミ:★★★★☆

4.06

(437)

日本女子大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.06
(437) 私立内48 / 568校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

437件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    文学部 史学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      自分で学びたいことをしっかり決めないとなんとなく学ぶ、という状況に陥りやすいです。
      また、史学科とはいえ教授の専門的な時代は限られているので、絶対に学びたい時代がある!という人にとっては大学名ではなく教授の専攻をしっかり吟味した上で入学を検討した方が良いです。
      学科の授業以外にも教養科目として他学部の授業も受講できるのは、幅広い知識を身につけるという意味ではオススメです。
    • 講義・授業
      先生によって厳しい、ゆるいが両極端です。
      勉強はそこそこにサークルや部活、バイトで充実させたい!って人はゆるい授業を取れば単位は楽に取れます。
      逆にしっかり勉強したい人は先輩たちから情報収集をしないと、ゆるーい授業を取ってしまってやる気が出ないなんてこともあるかもしれないです。講義、指導の充実さは先生によってまちまちなので3としました。
    • 研究室・ゼミ
      一年の時の第二外国語、三年次に取得している授業で自然と進むゼミが絞られてきます。
      明確な決まりはなかったと思いますが、ざっくりと日本史専攻→中国語か韓国語、東洋史専攻→中国語か韓国語、西洋史専攻→フランス語かドイツ語、だったと記憶してます。
      また、ゼミ演習は先生によってまちまちです。私の先生はそこまで厳しくなかったのですが、何をしていたかはあまり覚えていないです…
    • 就職・進学
      就職はキャリアセンターがあることからサポート体制は充実していると思います。ただ、なぜか総合職志向が強いので一般職を目指している人にとってはつらい環境かもしれません。
      総合職はたしかにお給料もありますが、入社後のイメージと乖離する可能性も高いので、OG訪問等はしっかり行った方が良いです。
    • アクセス・立地
      駅から歩きます!!!!目白からは徒歩25分程度(学バスはありますか無料ではたい)、雑司が谷駅からは15分程度だったと思います。護国寺からも歩けたと思いますがあまり使ってる人はいませんでした。また学校の周りにはカフェとかもほとんどありません…遊びに行くには早稲田方面まで歩いた方が色々カフェとかもあって楽しいです。
    • 施設・設備
      図書室については冷暖房がたまに微妙なことがありますが、概ね満足できる場所でした。ただ専門によっては書籍が全然ないことも。他大学の図書を借りて学んだこともありました。
      またPCルームもあるので家にPCがなくても大学でやろうと思えばできます。また図書室には電源もあるので持参したPCで作業も可能です。
      そういう意味では施設、設備は充実していたように感じます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大なのでサークルに所属しないと恋人はできないです笑
      また学科内イベントもそんなにないので、友人を作るのはサークル活動が中心だと思います。サークルも公認サークル以外にインカレサークルもありますが、基本的には自分で探しに行かないとインカレには出会えません。
    • 学生生活
      私はサークルに所属していなかったのでサークルの実態はわかりませんが、十分な吟味が必要と思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      学科では第二外国語が2年間必修なので、語学も極めたいという人にとってはもってこいの学部です。
      ただ、最初に選択したら語学を変えることはできないので吟味して決めた方が良いです。
      一年では日本史、東洋史、西洋史の全てを学び、二年次から少しずつ狭めて行くようなイメージです。
      三年次には日本、東洋、西洋のどれに進むかをだいたい決めて専攻を選び、四年でゼミに所属します。
      卒論は必須でどの専攻でも記述しますが、教授によってどこまで読むかがちがうとおもうので、三年くらいまでの授業でどの教授と馬が合いそうかは確認しておいた方が良いです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手電機メーカー子会社(IT系)総合職
    投稿者ID:426348
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人間社会学部 文化学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業は日本や日本以外の他国の文化や歴史を取り扱う授業が多いので好きな人にとっては楽しい授業だと思いますがあまり興味を持っていない人にとっては少し退屈かもしれません。
      また、生徒の前で生徒がプレゼンを授業内で行うこともあり、私は自身が成長する機会だと思いますが恥ずかしがりやの人には少し怖いかもしれないので。
    • 講義・授業
      教師は優しい方が多いので親身になって積極的にコミュニケーションをとってくれていると思います。
      単位は他大学から編入した場合互換可能であれば互換してくれます
    • 研究室・ゼミ
      私はまだゼミに入っていないのでゼミに関してはよくわかりませんが、受験生にはオープンキャンパス時に教授、準教授、専任講師の担当している分野やゼミについてまとめている冊子を無料で配布してくれているのでどのようなゼミがあるのか、そのゼミでどのようなことを討論しているのかなどがわかりやすいと思います。
    • 就職・進学
      ネームバリューや女子という強みがあり、就職実績はあるとおもいます。サポートも充実していると学校パンフレットにも記載されており、先輩の声を確認することが出来ます。
    • アクセス・立地
      人間社会学部文化学科は西生田キャンパスにあり、最寄り駅は小田急線読売ランド前駅です。向ヶ丘遊園駅のバスロータリーにもバスは来ますが、ほとんどこないので基本的には読売ランド前駅で下車して徒歩で行くほうが早いかと思います。学校の回りは森です。大自然豊かでキャンパスも広いので大学らしいキャンパスが楽しめると思います。
    • 施設・設備
      キャンパスが森の中にあるのでキャンパスはとても広大です。部活やサークルに使用する運動場なども広いです。ですが森の中なので坂が多いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については日本女子中学、高校からそのまま上がってきている人が多いのである程度みんな仲がいいのではないかと思います。恋愛は他大学とのサークルでしていると思います。
    • 学生生活
      私はサークルや部活には入っていないのですが友達が演劇のサークルに入っており、他大学と合同で忙しそうでしたがとても充実しているように見えました。しかし忙しいサークルに入るとアルバイトと両立するのは難しいようです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎的なことを学んでいくようです。私は1年次は他大学におり、2年次から編入したので詳しいことはわからないです。ただ、他大学の授業と単位を互換できるものはしてくれます。必修科目は文化に関するものが多いように感じました。
    投稿者ID:427992
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    文学部 史学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      教授との距離がちかく、やる気があればいくらでも学べる機会があると思います。自主ゼミも多いですし、質問をしやすい空気があります。少人数教育を受けられます。
    • 講義・授業
      外国人の先生もいますし、オールイングリッシュの授業が英文学科でなくても受ける機会があります。課題はレポート提出が多いです。履修の組み方はかなり自由で、4年間で必要な単位を取るスタイルです。
    • 研究室・ゼミ
      1年次からゼミっぽいものがあります。まだ異動は可能ですが、より近い距離で教授から指導を受けられます。
    • 就職・進学
      4割は金融です。金融の推薦もあります。サポートは整っている方だと思います。ゼミの教授も、就活関連で休むことに反対したりはしません。非常に協力的で、学業のみならず、就活の相談にも乗ってくださいます。
    • アクセス・立地
      最寄りは3つあります。どれも、駅から10分以上歩くとかかりますが、目白からはバスが出ています。ただ、スクールバスとはいえ、有料なのはいかがなものかと思ってしまいますが…わたしは護国寺から歩いて通学しています。
    • 施設・設備
      キャンパスはこじんまりとしているので、移動が本当に楽です。図書館は新しいものを新設中です。全体的に古さはありますが、汚いとは思いません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大ですが、度々想像されるような揉め事などはありません。さっぱりした性格な人が多いです。近隣大学の人と付き合っている人が多いです。
    • 学生生活
      学生記者をしていますが、飲み会などは比較的少ないと思います。活動に大学職員の方がいるので、お茶をしに行ったりということはあります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は歴史学全体のことを学び基礎的な学習が多いです。必修が一番多い時期です。2年次は今後専攻にしていきたい分野に特化した授業を履修します。興味に合わせて選択できます。3年次からはゼミに所属します。4年次は卒論執筆に専念します。
    投稿者ID:431819
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    人間社会学部 心理学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      心理学科は生徒数も多くなく、実験などがチームにわかれ少人数で行えるので、先生に質問しやすく、手厚く指導して頂けます。また、先生や事務の方がとても親身になって一人一人を考えてくださるので、勉強以外のいろいろな手続きや進学、ゼミ選びの質問などもしやすいです。
      心理学科のゼミはとくに、その分野でも著名な方々ばかりなので、学ぶ環境はとても恵まれていると思います。
    • 講義・授業
      心理学科は1、2年で必修として実験を集中的に行いますが、そこで心理学自体だけでなく、レポート作成の方法、仮説と検証のやり方、考察の深め方、などなどこれからの基礎となるところもしっかり勉強できて、段階を踏んで次へと進んでいけるの身になって社会人でも役に立っています。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミ選びでは、実際に授業を見学したり先輩方が相談に乗ってくださったりします。また、卒論では毎日TAとして先輩がいてくださるので、教授に聞きにくいことやちょっとした疑問点をすぐに聞くことができる環境にありました。先輩と一緒に授業を受けるゼミもあり、縦のつながりもできるところも魅力です。また、自学自動の精神で、興味があること知りたいことを応援してくれます。
    • 就職・進学
      進学実績は、女性の社会進出が当たり前になるより以前からほぼ100パーセントを保っています。心理学科は、大学院に進むか民間就職か、公務員か、大きくわけてこの3つが毎年のパターンだと思いますが、就活解禁前から先輩の話を聞く機会を学校側が設けてくれたり、進路相談をしやすい雰囲気があります。また、いろいろな分野に進む先輩がいらっしゃるので、いろいろな視点のアドバイスがもらえます。
    • アクセス・立地
      小田急線の各駅停車しか停まらない駅が最寄り駅になるので、小田急線の遅延、運休には左右されやすいです。都内には出やすい環境にありますし、大学が周囲にあるのでインカレサークルとの関わりもできます。一人暮らしもしやすい環境です、
    • 施設・設備
      建物が古く、狭い、というデメリットはありますが、元々少人数の生徒なので、そこまで不便におもうこともありませんし、要望はすぐに聞き入れて改善してくれる傾向にあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子校ということで、男女のやりにくさや、偏見、しがらみはありません。伸び伸びとやりたいことをやる、みんなが認める、といった雰囲気です。学科により生徒のカラーが分かれるところも面白いので、他学科の授業を受ける機会を活用して友人を増やして、いろいろな考えを聞くことができますし、その経験が進路にも役立ちました
    • 学生生活
      私は明治大学のインカレに入り活動しました。学内の公認サークルも充実していると思います。支援もあります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年、2年は実験を中心に心理学の様々な分野を広く基礎的に学んでいきます。
      3年になると、分野を絞って興味のある部分を深められます。
      4年は卒論へ向けてゼミを中心に研究を進めていく形です。卒論提出は12月後半ですが、それまでに何回か仮提出、進度報告、発表などを経ていくので、形にする作業は先生や友人のアドバイスを得ながら進められます。
      必修科目は他学科に比べて少ないので、必修以外に自由に好きな授業を選択できます。中でも、外国語に関して英語と第2外国語が必修になっているので、最初は大変かもしれませんが、論文を英語で読めるようになるためにも、知見を広げるためにも、役に立ちます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      介護士
    投稿者ID:429021
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 英文学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      入学前に学びたいと思った事はもちろん、学びの視野に入れていなかった分野にも興味を持って勉強出来たことが非常に良かったです。
      教職を履修していたため、ゼミで専攻しているイギリス文学だけでなく、他の分野にも積極的に取り組みました。
      授業以外に関しては、インカレのサークルのみならず学内の部活やサークルも充実しているので自分の興味のあるものを照らし合わしながら選ぶことが出来ました。また、部活やサークルに入ることで他学科の友人や先輩後輩などたくさんの人と関わることが出来ました。
      卒業後は、大学院に進学してさらに研究を進める予定です。
    • 講義・授業
      講義や授業の内容は充実したものが多く、学生の自主性が重んじられています。課題は、授業にやって異なりますが、英文学科の場合はない授業は少ないです。四年次の卒業論文を英語で執筆するため、それまでの学年は英語力をブラッシュアップする必修の授業が多いです。
      ネイティブの先生との授業もあり、生きた英語を学ぶ機会も多くあります。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は三年次の前期と比較的早めです。英文学科では、学習が五分野に分かれているのでそこから好きな分野を専門にされている先生のゼミを希望します。
      私の所属しているゼミでは、イギリスロマン派詩人の作品をよみ、その作品に関するエッセイや論文を読み解きます。専門用語については先生が詳しく教えて下さいます。卒論はテーマ決めからアウトライン、添削まで担当の先生が親身に相談に乗って下さります。
    • 就職・進学
      就活については私自身がしていないので詳しくは分からないのですが、サポートや説明会を大学側も手厚く行ってくれます。
      学校の推薦枠での就職もあり、活用している学生も多くいるようです。
      進学については先生方も相談に乗ってくださいます。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は、目白駅・雑司が谷駅・護国寺駅があります。この中でも雑司が谷を使っている人が多いです。学校の周りはカフェや雑貨屋さんなどもあります。大学の皆んなでよく遊びに行く場所は池袋です。雑司が谷駅から一駅という近さで、大学からも歩けることが人気の秘訣です。
    • 施設・設備
      キャンパスはコンパクトながらも充実しています。教室は授業スタイルを鹹味してか、少人数のクラスが多いです。サークルの部室が集合しているサークルブースやカフェテリアでのバイキング方式など学生にとっては嬉しい点もたくさんあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は女子大ならではの雰囲気で、さらっとしています。サークルや部活でのつながりも人脈を広げるには絶好のチャンスです。恋愛については、インカレサークルやサークルでも多大との交流がないと難しい傾向にあります。
    • 学生生活
      部活動はかなり充実しており、自分の好きなことが必ず見つかると思います。大学のイベントは毎年秋に行われる目白祭が大きなものです。学外からもたくさんのお客さんがいらっしゃいます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は入門的な講義や英語力に磨きをかける授業が多くあります。必修科目では四年次に英語で卒論を執筆するため、その準備をしていきます。二年次は選択科目でより深く専門分野を学ぶことが出来ます。三年次からは、二年次までに学んできたことを活かしつつ更に学ぶためにゼミでの学習をします。四年次は卒論に取り組みます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学院に進学予定です。
    投稿者ID:429043
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 英文学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      英文科の入試は比較的難しく、入ってからも学内3苦と言われるほど課題等も厳しめです。
      内部生の中でも比較的成長志向が高い子が入ってくるので、人間的に尊敬できる友人にたくさん出会えたのが大きな糧でした。
    • 講義・授業
      授業は参加必須のものが多いわりに、本当にこの説明を延々と聞いてタメになるのか?と思ってしまう内容が多々あった。
      先生の自己満の授業が多い気がします。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは少人数で、かつ協力的な先生ばかりで、どのゼミもとても充実した内容の指導を受けることができた。
      卒論は全て英語で書かなければならないため、他の学科に比べて自分でなんとかしなくてはいけないことも多かったが、丁寧な指導をしてくださった。
    • 就職・進学
      就職率がとにかく良い。大学名のブランドもあるのだと思う。
      特に他の女子大と比較されたときに、あか抜けたスマートな印象を与える大学だと思うので、変に媚びたり、見栄をはったりせず素で突き進んだ方が「本女らしさ」に評価がつく気がする。
    • アクセス・立地
      最寄駅の山手線目白駅から徒歩20分。バスは出ているが無料ではない。
      駅前の学習院大学を横目に、毎日20分歩くのは結構大変だった。
      しかし、帰りは友達とのんびりしゃべりながら歩いたりと、良い時間でもあった。
      目白駅から池袋、新大久保、新宿などどこへでもアクセスはいい。
    • 施設・設備
      古い歴史ある校舎と、新しい施設とがはっきり分かれていて面白い。
      記念講堂は木造でとても古く、副都心にいることを忘れさせる趣がある。
      校舎全体的に草木に囲まれており、雰囲気はこじんまりしていてとても居心地がいい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人には本当に恵まれた。
      自立していて、さばさばした性格の子が多い。
      女子大なので恋愛はバイトやインカレサークル内で見つけるしかないので、学内では堂々と恋愛トークにも花を咲かせ、かなり面白い。
    • 学生生活
      私は東京大学とのインカレサークルに所属し、計4つの大学の人達との交流があった。
      生まれも育ちも異なる人達に出会い、様々な価値観を認めることを覚えたのはサークルがあったから。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1~2年次はとにかく必修科目が多く、週5通う必要があった。
      3年次のがんばりによっては4年次楽をできるが、英文科の卒論は結構大変。
      卒論のテーマを2年次あたりから定めて、そのテーマに強い先生の授業を3年次にとっていれば卒論はスムーズに進むと思う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手旅行会社の総合職に就職。
      他にも総合職の内定をいくつかもらった。
    投稿者ID:431088
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    理学部 数物科学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      物理情報コースだったため、物理は得意で評価は悪くなかったが、ソフトが苦手だった。また2年までは数学も必修であったため、苦手意識を持ってしまうと辛い。だが、先生は丁寧であるため、質問すればなんでも親切に答えてくれる。
    • 講義・授業
      指導に対して適当な先生もまれにいたから。
      また気に入った生徒にしか話さない先生もいた。
      気に入ったとは、講義で前の席に座る人や、先生によく絡む人などが多かった。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は充実していた。女子しかいないため話しやすかった。また教授との距離が近いため、わたしの所属していた研究室の教授はちょくちょく実験室にも来て様子を見てくれたりアドバイスをくれた。
    • 就職・進学
      進学率は非常に良い。企業からの推薦も多いため、推薦で就職する人も多い。
      またエントリーシートや面接などもしてくれたり、アドバイスもしてくれるので不安などは特になかった。
    • アクセス・立地
      目白駅からはバスが出ているがお金がかかるうえ、女子大生の大行列。しかも時間によっては1回じゃ乗り切れない。
      かといって駅から歩くと25分くらいかかる。雑司ヶ谷だと問題ないかも。
    • 施設・設備
      施設全体は他大学に比べて狭いので物足りなさを感じてしまう。また、必要な参考書や本などは種類が少なく、結局本屋さんで購入することが多かった。
      食堂は勉強しやすい空間で居心地良かった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子しかいないのでめんどくさかった。またサークルやバイトをしないかぎり、恋愛事情は特になかった。女子同士は楽しい面もあるが、個人的にはめんどくさい方が多かった。
    • 学生生活
      文化祭の参加率は非常に低い。
      施設も狭いため1時間くらいで回り終わってしまう。人を呼ばないかぎり、人は来ない。他大学と比べるとかなり劣る。。。。。。。。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年2年は物理概論や、数学の線形代数や行列をやりました。3年からは物理情報コースと数学情報コースにわかれます。情報系はそんなに変わらないかも。4年からは研究室に配属です。自分で希望の研究室に入ります。わたしは物理情報コースだったのですが、物理が好きだったので光学系に入りました。
      また1年の時は体育や英語もあります。
      教育系の単位もとらないとで、女性の社会進出やそういった女子大ならではの講義もありおもしらかったです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      光学が好きだったので、光学系の企業に入りました。推薦です。
      また希望だった開発職につけております。
    投稿者ID:427521
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人間社会学部 現代社会学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業の幅がとても広いと思います。私は入学時に、具体的に学びたいことが決まっていなかったのもあり、自分の興味の赴くままに様々な授業を履修することができたことが、卒業を目前とした今となっては自分の糧になっていると思います。
      また、大学の友人達を見ていると、「やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ」というメリハリがついている子が多く、彼女達の存在が私にとって刺激になるという、いい環境だったと思います。
    • 講義・授業
      講義の幅が広いです。課題や試験については、講義によって厳しさがまちまちなので、一概には言えませんが、かなり評価が厳しい先生もいらっしゃるのも事実です。
      先生方は厳しい方もゆるい方もいらっしゃいます。
      講義の雰囲気は、基本的には静かですが、教室の後ろの方はうるさかったりします。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは3年生の4月です。
      選び方は、基本的に成績順で決まります。第一から第三まで希望を出して、上の成績から決まっていく形です。
      ゼミを見学できる期間があり、先輩方がいろいろ答えてくださいました。
      私が所属しているゼミは、3年では文献を読むのが基本ですが、インタビュー調査やそれに基づいた論文の執筆もしました。4年では卒論が中心です。発表者の論文について議論をし、それを元にまた執筆を進めて行きます。ゼミの先生は論文に関してとても厳しい方ですが、その分とても親身になってアドバイスしてくださいました。
    • 就職・進学
      私は就職に際して、特に大学のキャリア支援課は利用しませんでした。
      ただキャリア支援については充実していると聞いています。
    • アクセス・立地
      2駅使えますが、一方からはスクールバスで15分ほど、もう一方からは大学の校舎まで15-20分ほど歩きます。大学までは坂道を登らなければいけないので、昼休みに外に食べに行くことはできませんし、放課後に遊びに行くのも少し大変です。
    • 施設・設備
      キャンパスは、あまり大学という感じがしないかもしれません。もうひとつの目白のキャンパスと比べてしまうと、雲泥の差だと思ってしまいますが、もちろん学生生活を送れないほどではないので、私はあまり評価できないかなと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      「やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ」というメリハリをつけた子が多いと思います。明るい子が多く、友人関係は充実すると思います。
    • 学生生活
      私はサークルにも所属していませんし、3年生からはバイトもしていません。ですのでこの点についてはお答えするのは難しいですが、サークルはそれなりに活発なのではないかと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      4年間を通してそんなに変わりませんが、2年生では履修できる授業がとても多くなります。1,2年生は必修の演習があります。
      3年からはゼミが始まります。
      卒業論文は1月に締め切りで、ゼミによっては4万字書くゼミもあります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      金融業の総合職
    投稿者ID:430023
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人間社会学部 社会福祉学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      社会福祉学科で、博士について多く学ぶことができ、社会に対する考え方が変わった。ゲストスピーカーも多くいらっしゃるので、現場のことについて知る参考になる。
    • 講義・授業
      将来役に立つ情報を学ぶことができ、知っておくべき社会や福祉の問題について学ぶことができる。課題はレポートが多い。
      それぞれの専門の先生ごとに個性がある
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は、三年生からで、まだゼミには所属していないのでわからない。選び方は自分が学びたい専門の先生のゼミに入ると思う。
    • 就職・進学
      まだ就職活動をしていないのでわからないが、面接の指導などをしてくれるのではないかと思う。
    • アクセス・立地
      現在、人間社会学部は神奈川県にあり、大学の敷地に入っても自然豊かである。数年後には、目白へ移転する。
    • 施設・設備
      図書館は4階まであり、本の数は充実している。パソコンがある部屋が、3箇所ほどある。キャンパス内は自然豊かである。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      少人数で行う授業が少ないので、多くの友達ができるかはわからないが、サークルに入った方が、友達は出来やすいと思う。
    • 学生生活
      サークルは他大学とのサークルもあれば、学内のサークルもある。大学のイベントについては、文化祭などがある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年時は必修が多いが、福祉全般について幅広く学ぶことができ、将来的に、役に立つ情報を学ぶことができる。
    投稿者ID:426920
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    理学部 数物科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      アクセスも良いので便利です。全体的な雰囲気としては派手な人もいるのですが、落ち着いていて良いと思います。就職率もよく、理学部ですが将来安心です。本゜女(ぽんじょ)はおススメです。
    • 講義・授業
      授業の内容は様々で教養は幅広く、様々な授業があり面白いです。個性的な教授もいて楽しいです。単位は取りやすいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      私自身、まだゼミに入ってないのでゼミについての具体的なコメントは出来かねます。ですが、学年で縦の繋がりもあり、少し話を聞くこともあり不安はありません。
    • 就職・進学
      就職するひとが大半です。就職活動のサポートもしっかりしていて安心できると思います。就職率もいいので不安はないです。
    • アクセス・立地
      目白は山手線でアクセスもよく、メトロもあるのでとても便利です。西生田はちょっといきづらいかもしれません。
    • 施設・設備
      縦に長いキャンパスで、広いというより、高いキャンパスです。しかし教室として使うのは殆ど下の方の階なので、体力なくて階段登れない...という方も安心です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友達が多くでき、楽しいです。サークルは入った方がより友達ができるとおもうのでおススメします。みんな彼氏はマーチあたりで見つけてくるみたいです。
    • 学生生活
      サークルはたくさんあり、充実しています。イベントとして、文化祭は人気の俳優さんだったり声優さんだったりと、みんなが好きな芸能人が来ました。とても楽しいと思います!
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は解析と線形などの他に必修の英語などが主です。二年次は必修の英語などの負担が減り、自学科科目が増え、より楽しくなります。ちなみに卒業論文はありません。
    投稿者ID:429363
    この口コミは参考になりましたか?
437件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

東京都で評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  日本女子大学   >>  口コミ

日本女子大学の学部

オススメの大学

産業医科大学
産業医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.70 (42件)
福岡県/私立
自治医科大学
自治医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.09 (32件)
栃木県/私立
獨協医科大学
獨協医科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.95 (35件)
栃木県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。