>>     >>     >>  口コミ

武蔵大学
武蔵大学
(むさしだいがく)

東京都 / 私立

偏差値:56 - 59

口コミ:

4.00

(82)

武蔵大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.96 44位
研究室・ゼミ 4.24 5位
就職・進学 4.01 67位
アクセス・立地 4.12 35位
施設・設備 3.88 105位
友人・恋愛 3.84 53位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

84件中 1-10件を表示
  • 武蔵大学
    女性在校生
    社会学部 社会学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      視野を広げたいという人にはオススメの学科です。社会学の幅広い知識を学べます。
    • 講義・授業
      小規模大学なので指導が行き届いていると思います。個性豊かな先生が優しく指導してくれます。
    • 研究室・ゼミ
      1年次からゼミがあり、2年次からは自分で興味を持ったゼミに入り、学んでいきます。
    • 就職・進学
      キャリアセンターの方々が親身に相談やアドバイスをしてくれます。
    • アクセス・立地
      最寄りの江古田駅は各駅電車しか止まらないものの活気があって通うのが楽しいです。
    • 施設・設備
      とにかく施設が綺麗です。パソコン室や、図書館が充実しています。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 武蔵大学
    男性在校生
    経済学部 金融学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      金融関係の証券アナリストの授業やファイナンスの授業があり金融をきっちり学べる。
    • 講義・授業
      レジュメや前方のスクリーンを使って映像や写真などもつかって抗議してくれる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは先生の指導もだが生徒の力でなんとかできるように進められるようにしてくれている。
    • 就職・進学
      個別面談や全員面談などを三年生の時期からやってくれるので早めに就活のことを知ることができる。
    • アクセス・立地
      近くに他の大学もあり安くごはんが食べられる所が多い。
      また、池袋にすぐ出てるところにあるので過ごしやすい。
    • 施設・設備
      金融のと絵計を見れるパソコンなどを貸し出してくれたりするのでレポートなどが書きやすい。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 武蔵大学
    女性在校生
    人文学部 英語英米文化学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      英語を学びたいと考えている人にはとてもよい大学だと思います。 MCVという国内留学ができるとされている、英語やその他の言語を楽しく学ぶための施設をはじめ、多くの英語を学ぶ機会を得ることができます。 大学自体も小規模であるため、先生方との関係が親密です。
    • 講義・授業
      大学自体が小規模であるため、先生方と親密な関係が作りやすく、よい環境で勉強できます。 同じ授業を受ける人とも友達になれます。
    • 研究室・ゼミ
      少人数ゼミを推している大学です。 先生によって対応が違うようですが、私の入っていたゼミはとても楽しかったです。
    • 就職・進学
      就活が始まる前から、度々就活に関するガイダンスがあります。 一人一人担当の方がつき、就活のサポートをしてくれました。 面接の練習や履歴書チェックなど、なんでも相談できました。
    • アクセス・立地
      池袋から西武線に乗り換えて3駅目です。 池袋は人が多いので朝のラッシュ時などは移動が大変です。 最寄りから学校までもちょっと歩くので、初めての時は道に迷いそうです。
    • 施設・設備
      大体の施設は新しいです。 トイレも全てきれいです。 一番新しい棟はガラス張りになっており、見た目もきれいです。
    • 友人・恋愛
      学科としては女子が多いです。 私のゼミでは一人しか男子がいないくらいでした。 しかし学校がそこまで大きくないので他学科、他学部とも仲良くなれる機会は多いと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年は一般教養と基礎ゼミ、2年以降からより授業が好きに選べるようになります。 英語に関する勉強は、本当に先生によってやることが違います。
    進路について
    • 就職先・進学先
      旅行会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      旅行が好きだから。個人向けだけでなく、企業向けの旅行を取り扱っており、安定していると思ったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      入試で、国語・英語・英語リスニングというあまりない形で受験できたからです。 英語リスニングはとても簡単でした。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 武蔵大学
    女性卒業生
    人文学部 ヨーロッパ文化学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      全校舎、建て替えやリニューアルされており、とてもきれいで勉強しやすい環境。小さな大学なので、安心した交友関係が築けます。大学のある街も治安が良く、一人暮らしにとてもオススメです。
    • 講義・授業
      専門的な授業が多く、深く学ぶことができます。他学部の授業も受けることができるので、幅広く知識をつけることができる環境だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      少人数のゼミでそれぞれ興味のある分野を掘り下げることができます。学科によって忙しさは違うので、私の学科ではバイトができないということはありませんでした。
    • 就職・進学
      サポートはそれなりにしっかりしていたかと思いますが、就職率を上げるためか中小企業をかなり勧められました。指導員によって合う人と合わない人がいました。
    • アクセス・立地
      池袋または新宿からそれぞれ電車で10~15分程度。都心へのアクセスも良く、江古田自体も学生街なので治安も良く住みやすい。
    • 施設・設備
      全棟建て替えまたはリニューアル済でとても綺麗な環境。パソコン室も自由に使える。大学内は緑が多く、とても過ごしやすい。
    • 友人・恋愛
      他大学との交流はほぼないが、それぞれのサークルが仲が良く安心感がある。男女比はおそらく五分五分で学内での出会いもそこそこあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次は語学が中心で1日に2コマから3コマほど語学。3、4年はほぼ自由に専門的な授業を選択するという感じです。割と1、2年がきついと思います。
    進路について
    • 就職先・進学先
      IT企業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      社内の雰囲気とグローバルな企業だったから。小さな会社だからこそ大きな案件も任せてもらえる
    入試について
    • 学科志望動機
      ドイツ語やヨーロッパ文化を勉強したかったので、入学を決めた。学内の雰囲気も決め手
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センターのみで受験のつもりだったので、センターを重点的に勉強していた。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 武蔵大学
    女性在校生
    社会学部 社会学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-11投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      全体的に人数が少ないので、部活やサークルに入ると、校内で誰かしらに遭遇できて楽しいです。 校内が広い方ではないので、移動なども楽です。
    • 講義・授業
      人数が少ないことや、設備がしっかりしてることから、授業が分かりやすく進められている。前回の授業で提出した生徒からのコメントにも触れてくれる教授が多い。
    • 研究室・ゼミ
      1年生からゼミに所属するため、社会学部は特にしっかりとした指導をしてもらえる。卒業論文に必要な知識や経験を積み重ねることができる。
    • 就職・進学
      キャリア支援にとても力が注がれている。キャリアセンターに行かない期間があると、電話をしてくれたり、ゼミの教授に連絡をしてくれるため、必然的にセンターと関わることになる。常に意識をすることができる。
    • アクセス・立地
      周りに二つの大学があるため、駅の周りは栄えている。ごはん屋さんも多い。駅から徒歩5分くらいなので便利。
    • 施設・設備
      現在は落ち着いてきたが、いつもどこかしら工事をしていた。しかし、そのおかげで設備は充実し、校舎はきれいになってきている。車椅子の生徒がいるため、バリアフリーになってきている。
    • 友人・恋愛
      人数が少ないため、そこまで恋愛とかに発展しない。友人の輪もそこまで広がることはない。 何かしらに所属しなければつまらない学生生活になる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は社会学とはどのようなものかだったり、総合的なことを学んだ。 2年次は実際に調査だったり統計をとったり、かなり実践的なことを学ぶ。 3年次はそれぞれ興味のあるテーマについて深く掘り下げ、4年次は卒業論文を仕上げていく。
    • 所属研究室・ゼミ名
      社会運動
    • 所属研究室・ゼミの概要
      社会運動について、その背景などを掘り下げていくゼミ
    入試について
    • 学科志望動機
      世の中に起きている当たり前なことについて、知りたいと思ったから。 なにが当たり前で、なにが当たり前ではないのか、が気になった。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      赤本をやったり、英語の長文問題に力を入れて学習した。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 武蔵大学
    女性卒業生
    人文学部 ヨーロッパ文化学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      真面目に純粋に勉学に励みたい人には良い大学だとおもいます。 てきそうに遊んでチャラチャラした人にはあまり向かないと思います。
    • 講義・授業
      ゼミの教授は熱心な人が多く、比較的熱心に話も聞いてくれます。 色んな専門の教授がいるので、知識の幅を広めたい人にはいいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは一年次からいきなり始まるのですが、最初はみんな戸惑っていましたが 四年次の卒業論文のころには大体の人が慣れて、堂々と発表ができるようになります。
    • 就職・進学
      就職課の人は熱心に話を聞いてくれます。 面談や添削など、頼めばよく相談に乗ってくれるのでよく頼っていました。
    • アクセス・立地
      駅から10分ほど歩きます。 比較的近いですが、駅から大学までこれといった便利な場所はないので可もなく不可もなくという感じです。
    • 施設・設備
      今まではボロボロともいえる校舎でしたが、徐々に新しくなっていっています。 便利だったのは、日本語版と外国語版の図書館があることです。
    • 友人・恋愛
      特に人文学部では女子が多く、8~9割がた女子だったように思います。 みんなそこそこ和気あいあいとしていました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次からゼミが始まり、そして基礎科目などを学びます。 3年次までみっちり外国語の授業があるので少し大変かもしれません。
    • 所属研究室・ゼミ名
      ヨーロッパ史演習
    • 所属研究室・ゼミの概要
      古代から中世にかけてヨーロッパについて学びます。 主にヨーロッパの言語や建築、食文化などが学べます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      卸売/事務職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      医薬品関係ということもあり、人々に欠かせないものに携わっていきたいという思いがあったためです。
    入試について
    • 学科志望動機
      元々ヨーロッパに興味があるということもあり、さらに意外とヨーロッパと名の付く学科を持つ大学は少ないので、ここを選びました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      高校の先生に、小論文の添削をしていただきました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 武蔵大学
    女性卒業生
    社会学部 メディア社会学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      少人数制のゼミの為、教授とも距離が近く卒業してからも会える関係が築けます。特に社会学部ということもあり、社会のあらゆる事が研究の対象になるので、自分の興味のあることが研究できると思います。また、敷地もこじんまりしているので、他の学部の人とも仲良くなれます。友人の友人が友人であったり...。少し駅からは歩きますが、周辺にはカフェなどもあり、ランチや休憩には困らないと思います。
    • 講義・授業
      授業内容も学科の専門的なことから、他学部の基礎的な授業も選択できるので、幅広く学びたいという方にも良いと思います。
    • 研究室・ゼミ
      その分野専門の教授がいるので、自分の興味のある分野のゼミに入り、学ぶことができます。毎回座って授業というだけでなく、たまにフィールドワークで外に行くこともありました。また学部棟にはスタジオや編集室があるなど、入ったゼミによって使ったりする機会があります。
    • 就職・進学
      学生一人一人に担当の就職課の方がついてくださるので、相談しやすい環境にあります。エントリーシートのチェックなどのサポートを受けることができました。
    • アクセス・立地
      池袋から3駅位なので電車でのアクセスは良いと思います。ただ、各駅しか停まらないというところは注意が必要です。駅からは少し歩きますが、坂道とかはないので特に苦ではないと思います。敷地内もこじんまりしているので、学内の移動は楽です。
    • 施設・設備
      学部棟は比較的綺麗な方だと思います。スタジオや編集室も完備されているので、多彩な研究ができる環境だと思います。
    • 友人・恋愛
      インカレというような形で他大学との交流は比較的少ないと思います。敷地も狭いことから、大学内での交流が深いのではないかと思います。また、入学前に学科別に希望者だけ新入生交流会のようなものがありました。それに参加することで、入学前から友人ができ、より良い新生活のスタートがきれたと思います。そこで出会った人とはゼミが違っても長く友人関係が続いています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次のゼミは自分で選べない為、担当の教授によって学ぶことが違いますが、フィールドワークで外に出かけインタビューをしたり編集ソフトの使い方を学んだりしました。2年次からは希望したゼミで、1年次よりも少し専門的な学習になります。3年次以降は卒論に向けたゼミになります。研究室によっても分野が異なりますが、研究室内でも個々人で研究テーマを決めて研究を行います。私の場合社会心理学を研究する教授のもとについたので、メディアを意識した社会心理学の研究を行いました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      山下ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      社会心理学が専門分野です。主に統計をとって論文にしていくような研究です。社会という名前の通り、社会にあるすべてのものが研究対象になります。統計をとるには人数が必要になりますが、先輩や後輩、他学部の友人、教授の授業を受けている人など、協力してくれる人が多くいますので、温かい大学だと思います。
    進路について
    • 就職先・進学先
      サービス業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      人の役に立つ仕事につきたいと考え、接客業は人との関わり合いの中でありがとうがたくさん頂けると思ったからです。
    入試について
    • 学科志望動機
      映像などメディアに関して学びたいと思っていた為、設備が整っているところに魅力をかんじました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      指定校推薦の為、小論文対策を高校の先生にしていただきました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 武蔵大学
    男性在校生
    経済学部 経済学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      この大学では、1年次からゼミに所属することにより、コミュニケーション能力や積極性を養うことができる。このような能力は高校までの知識を学ぶといった過程では得られないものであり、就職するうえでもこれらの能力は非常に大切になってくるものである。学生数は1学年およそ1000人程度であり規模はあまり大きくはないが、アットホームな雰囲気が漂う良い大学である。
    • 講義・授業
      授業のレベルは講師や教授により異なっている。楽単と呼ばれる授業では、出席率や授業の質は一般的にあまり高いとは言えない。また、どの講義も共通して私語がうるさいことも大きなマイナス点である。私語の大きさと授業のつまらなさは比例しているように思われる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミのレベルも教授によりまちまちである。私は前期にゆるゼミに所属していたが、ほかのゼミ生のやる気の低さに驚いた。後期は学内で最も厳しいゼミに所属したが、その中でプレゼン能力を大いに鍛えることができた。ゼミの武蔵と呼ばれるが、実際は1年次からゼミに入れることが大きな特徴である以外にはほかの大学のゼミと大差ないように思われる。
    • 就職・進学
      大学のレベルにあった就職実績である。武蔵大学では就職支援に力を入れており、職員との個人面談も頻繁に行われる。それ以外にも就職に向けた様々な取り組みを行っていて、とても好感が持てた。
    • アクセス・立地
      池袋駅から西武線で3駅という近さから、アクセスは良好である。自転車通学している人もそれなりである。車での通学はできない。
    • 施設・設備
      この大学は、敷地があまり広いとは言えない。その点では他大学にあこがれることもある。だがコンピュータが自由に使えたり、図書館の蔵書数が非常に多かったりするのでその点では非常に優れているといえる。
    • 友人・恋愛
      ゼミに所属しているので、友人をつくることは他大学と比べて比較的容易であると思われる。小規模な大学ということもあり、ほかのゼミ生たちと頻繁に顔を合わせる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、主に自然科学・史学・法学を含めた総合科目を学んだ。ゼミでは主にプレゼンの仕方やレジュメの作り方を主体的に学んだ。2年次以降はより専門的な内容の講義やゼミがある。
    • 所属研究室・ゼミ名
      前期・後藤ゼミ後期・杉本ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      杉本ゼミではグループであるテーマに沿って一つのプレゼンを行った。また、就活に備えて自己分析も行った。
    入試について
    • 学科志望動機
      もともとはMARCHレベルの大学を志望していて、武蔵大学は単なる滑り止めの一つとしか考えていなかった。そのため、明確な志望動機があるわけではなく、面倒見がいいという理由で高校の先生から勧められたのが受験したきっかけである。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • どのような入試対策をしていたか
      主に赤本を利用してその大学の問題の出し方を研究するといった対策にとどめていた。その他は余計な参考書を利用しなかった。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 武蔵大学
    男性卒業生
    社会学部 社会学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      俗に言うマンモス大学の様なところはちょっと、という人には向いていると思う。小規模キャンパスでの生活は居心地が良かった。学部間の交流はサークル活動内程度しかないが、キャンパス内で顔を合わせるうちに自然と知り合いが増えて行く。アクセス面も良い部類に入るので、実家から通っている学生が非常に多い。
    • 講義・授業
      社会学という学問の特性上、研究できるジャンルはとても多い。そのため、授業の選択範囲は非常に広い。漠然と進学した人でも興味を持てるジャンルが見つかるはず。その分履修を組むのに時間がかかる。
    • 研究室・ゼミ
      キャッチフレーズとして「ゼミの武蔵」というものを長年使っているが、正直そこまでの強みではなく感じる。少なくとも私はそこを魅力に感じた事は無い。ただ、1年目からクラスの様な形でゼミがあるので、交友関係の構築には役だったとも思う。
    • 就職・進学
      もちろんサポート課はあるが、そこまで多用する事が無かった事もあり、あまり恩恵には預っていない。学校自体のネームバリューはさほど強くないが、それなりに名のある企業への就職も珍しくは無い。経済学部であれば地方銀行系にやや強い。
    • アクセス・立地
      当校は西武池袋線、都営大江戸線の2路線を通学に使う事が出来る。駅からは徒歩異動で問題無い。最寄りの江古田は池袋から3駅ほどの距離であるので池袋で遊ぶ事が多かった。
    • 施設・設備
      良くもなく、悪くもない。非常に古く、水回りなどの評価が最悪であった旧1号棟も建て替えられ、非常に綺麗で使いやすい環境である。文系大学であるので研究設備などは特にないが、卒論作成などで困った事は無い。
    • 友人・恋愛
      全体的に女性の割合の方が多い大学である。池袋から近いので立教大学のサークルなどに参加する人も珍しくは無いが、学内サークルでまとまっている人の方が大多数を占める。もちろん派手な学生もいるが、全体としては落ち着いた雰囲気の学生が多い大学である。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年、2年では一般教養や社会学の基礎的な内容が中心だった。その中で自身が興味を持てる分野を見極めて行く。本格的に卒論へ向けての研究テーマを決め、深めて行くのは3年生から。フィールドワークや学内での大規模アンケートなど統計調査を行いながら内容を詰めて行った。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ブライダル関係/プランナー
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      社会学を専攻していると、人との関わりや文化というものに触れる機会が多くなる。就職活動という転機に立った際に、そういったものに関わる仕事をしてみたいと思った。
    入試について
    • 学科志望動機
      学校名がかっこ良く、偏差値的に丁度良かった。今となっては愛する母校であるが、きっかけはその程度のものであった。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      正直な話、第一希望で当校を目指す学生は少ないだろう。私も、私の同期生達もほとんどが第一希望はダメだったという学生であった。なので、対策などはさほど必要ない。当校よりもランクの高いMARCHクラスの大学の勉強をしていれば問題無いレベル。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 武蔵大学
    女性在校生
    社会学部 社会学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-02-26投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      社会学科は、好奇心旺盛な人にはとても魅力的な学科だと思います。社会学は、当たり前や常識だと思っている事柄を疑って考える学問であり、武蔵大学は幅広い分野について学べるカリキュラムになっているため新しい発見が多くあります。また、少人数の大学のため非常にアットホームな環境で楽しい大学生活を送れることも魅力の1つです。
    • 講義・授業
      大学の講義は、多くの授業から自らの興味に合わせて選択することができます。その上で、大学1年生で基礎的なことを学び、2年生から専門的なことへと進むカリキュラムになっているため、関心がある分野を見つけていくことができると思います。少人数大学のため、先生たちとの距離が近く楽しく講義を受けられます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミナールは4年間の必修科目であるため、グループディスカッションや発表の機会が多くあり、自分の意見を相手に伝える力を身につけることができます。ゼミナールの担当の先生も非常に親身に接してくれ、ゼミナールのメンバーとも仲良くなれることでお互いに刺激を受け、有意義な時間になると思います。
    • 就職・進学
      大手企業や優良企業への就職実績があり、内定率も毎年高いです。3年生になると学内就職ガイダンスやセミナーが数多く開催されるだけでなく、個人面談により履歴書のチェック・模擬面接、ちょっとした相談まで徹底したサポートがあるため、安心して就職活動ができると思います。
    • アクセス・立地
      大学のも最寄駅は3駅あり、何れも徒歩圏内と近く便利な立地であると感じます。大学の周辺には多くの飲食店があるため、お昼ご飯に困ることもありません。
    • 施設・設備
      よく講義で利用する1号館は最近新しくなったため、どの教室も明るく綺麗で過ごしやすいです。また、自由に出入り可能な英語を学べる施設もあり、充実した環境が整っています。
    • 友人・恋愛
      少人数の大学であるため、学科内ではほとんどの人たちと知り合いになれると思います。ゼミナールの他にも少人数授業が数多くあるため、沢山の人と話す機会が作れ友人が作りやすい環境であると言えると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では総合科目や社会学の基礎的な内容について、2年生からは専門的な内容を学習していきました。3年生では、自分がレポートを提出して合格したゼミナールに配属され、興味のある分野について深く考えることができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      国際社会学ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      移民や難民などグローバル化した現代に広がる国際的な問題についてゼミナールのメンバーと議論しています。4年間では、卒業論文の執筆を進めていきます。
    入試について
    • 学科志望動機
      自分を取り巻く「社会」について深く学びたいと思い社会学科を選択しました。また、今まで考えたこともない社会に普遍的に存在するものを改めて考えていくという視点が魅力的だと感じ、志望しました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      大学受験時は、推薦入試の論文やグループディスカッションを何度も繰り返し練習しました。先生や友人、家族に協力してもらうことで慣れていくとコツが掴めるようになっていきました。
    この口コミは参考になりましたか?
84件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

武蔵大学の画像 :©田中直一さん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

岩手医科大学
岩手医科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:52 - 63
★★★☆☆3.33 (27件)
岩手県/私立
獨協医科大学
獨協医科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:56 - 63
★★★☆☆3.38 (8件)
栃木県/私立
東北芸術工科大学
東北芸術工科大学
併願校におすすめ
偏差値:47 - 59
★★★★☆4.20 (30件)
山形県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。