みんなの大学情報TOP   >>  茨城県の大学   >>  茨城大学   >>  農学部   >>  口コミ

茨城大学
出典:Hasec
茨城大学
(いばらきだいがく)

国立茨城県/偕楽園駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 52.5

口コミ:★★★★☆

3.73

(411)

農学部 口コミ

★★★★☆ 3.95
(44) 国立大学 244 / 572学部中
学部絞込
441-10件を表示
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2020年02月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    農学部食生命科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      大学で勉強したいと思っている学生にはとても良い大学だと思っています。教授もおかしな人が多く、講義中にピーマンを食べれます。
    • 講義・授業
      良い
      急に講義があったりなかったりするけど、とても役立つ講座がたくさんあって満足です。
    • 就職・進学
      良い
      自分が学んだものに関連する企業に就職する人が多いです。求人情報もたくさんきます。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅から遠すぎるし、遠方の方は不便です。もっと立地の良いところにキャンパスを建ててほしいです。
    • 施設・設備
      良い
      学食が三ヶ所あるが、値段が比較的高いです。老朽化が進んでる施設はそこまでないです。
    • 友人・恋愛
      普通
      地元の人が多くて、親しみやすいです。サークルや部活に所属すると趣味を共有できる友達ができます。
    • 学生生活
      普通
      サークルは非公式も合わせて1500個くらいあります。自分に合うサークルを見つけられるかと思います。活動は別の場所でするサークルもあるので大変です。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はさまざまな分野を学び、自分が勉強したい分野を絞ります。2年からはゼミがはじまります。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      食に興味があり、より知識を深めたいと思ったのでこの学科に決めました。有名な教授がいるので興味のある授業が多いです。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:616837
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2020年01月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 1| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    農学部食生命科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      まだ一年ということもあって専門科目が少ないから。調子に乗って授業中なのにしゃべり出す人がいる。何か得られた、と思えないから。
    • 講義・授業
      普通
      先生によって指導が違う。いい先生だとテストに出るところを教えてくれたり、課題を出してくれたりする。早口だったり簡単すぎたりもする。
    • 就職・進学
      悪い
      まだしょくせいめいができてから就職者がでていないので確かな情報がない
    • アクセス・立地
      普通
      遠くから通っているが、電車バスともに本数は少ないがいける。バスがいばっぴというカードでないと使えないのが多少めんどくさい
    • 施設・設備
      普通
      サークル棟がもう少しで壊れそうな見た目をしている。勉強スペースはちゃんとある。
    • 友人・恋愛
      良い
      同じ趣味の子が見つかったから。ひとりで行動している人もいるので、気にしなくていいとも思う。
    • 学生生活
      普通
      サークルはまぁあるが、学校主催のイベントは少ないと思われる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年は高校で習ったようなものと文系がやるようなものが多かった。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      家から近かったから。ちょうどいい学力で、安定して受かると思ったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:610002
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    農学部地域総合農学科の評価
    • 総合評価
      良い
      農学部らしいものだけでなく、工学系や社会系、環境保全系を2年生で選択できるためより自分が学びたいものを学ぶことができる。
    • 講義・授業
      良い
      農場が隣接しているため、作物や動物の勉強がしっかりできるので良い。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      さまざまな系があるため、農学っぽいことだけじゃなく工学や社会学、経済学などの研究室もある。
    • 就職・進学
      良い
      先輩と交流する機会がとても多く、歓迎会や忘年会もあるため情報を多く得られる。
    • アクセス・立地
      普通
      駅からは地味に遠いが、二駅の中間あたりにあるのでどちらからでも来れるのはよい。
    • 施設・設備
      良い
      新しい施設もでき、とても綺麗で教室の名前も阿見らしさがでている。
    • 友人・恋愛
      良い
      学科のなかのコースに分かれるため、規模が高校のクラス程度であるため、とても仲が良い。
    • 学生生活
      良い
      農学部らしいサークルが充実していて、県立医療大学とのインカレもあるため充実している。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は教養を水戸キャンパスで学び、2年生からは専門科目を阿見キャンパスで学ぶ。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      特に農学に興味はなかったが、さまざまな分野を学べると聞いて、夢がなかったので幅広く選択できるようにこの学部を志望した。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:577189
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    農学部食生命科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      入ってよかったと思えます。
      学びたいことが学べる、とてもいい環境だと思います。一つのキャンパスに農学部生徒しかいないので、すれ違う人がみんな友達や仲のいい先輩、という状況も多いです(笑)私にとってはとても楽しい環境です。
    • 講義・授業
      良い
      どの授業も先生の熱意が感じられます。いろんな工夫をして理解しやすいように、身につきやすいように考えてくれる教授もいる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      先生にもよりますが、面倒見が良い先生が多い印象です。
    • 就職・進学
      良い
      就職説明会は水戸で開催されるものもあるので、多少は不満が出ることもあります。
    • アクセス・立地
      悪い
      バスの本数が圧倒的に少ないです。
      実家からの車通学が多い。電車通学の人は大変そうというイメージ。
    • 施設・設備
      良い
      食を学ぶための設備は充実しています。しかし新しく建ったフードイノベーション棟以外は古いです。
    • 友人・恋愛
      良い
      他学部と比べて雰囲気もよく、心の優しい人ばかり。性格の難しい人はほとんど思い当たりません。ほとんどの人が自分とかの合う人を見つけられているような印象。
      ただ、学部内恋愛は期待しない方がいいです。私の周りでは、他学部や他大学、バイト先の人と付き合っている人がほとんど。1年生のうちに水戸のサークルに入って、交友関係を広げておくことをお勧めします。
    • 学生生活
      普通
      水戸のサークルに通うのは大変ではあるが、それでも続けたいと思えるようなサークル・部活は多いと思う。
      また阿見のサークル・部活もあり、阿見でも楽しめる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生はほとんど教養ばかり。2年生になってコースも別れ、自分の選んだ分野の授業が多くなります。1年生が楽な分、2年3年が辛い。
      食生命科学学科は食品化学や微生物、畜産物などの分野を学べます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      食品について深く学びたかったから。そして家から近かったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:573447
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    農学部地域総合農学科の評価
    • 総合評価
      良い
      農業の勉強を本格的にしたい方にはとてもおすすめです。教授や先輩方との距離感も近く、楽しく過ごすことができます。
    • 講義・授業
      良い
      カリキュラムによって必修の専門科目が違い、経営や政策、工学に渡って幅広く学修できるため。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      自分がまだ研究室配属されておらず、ゼミも行っていないため、よく分からない。
    • 就職・進学
      良い
      特に、公務員を志望して目指す人が多い。教員のサポートが充実しているため。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄りの駅までバス又は自転車が必要となるため。周辺は農地が多く、スーパーなどが少ないため。
    • 施設・設備
      悪い
      すべての施設や実験装置が古いため。使い方が特殊だったりして使いづらい場合がある。
    • 友人・恋愛
      良い
      特に友人関係は良い。また、先輩とも交流の場があるので仲良くなれるため。
    • 学生生活
      普通
      サークル数は少ない。イベントは充実しているが、参加数が少ないなどの問題点があるため。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は水戸のキャンパスで一般教養を身につけます。2年次から阿見キャンパスにてより専門的な知識を身につけます。私は地域共生コースの工学系に所属しており、農業における工学的な知見を得るために日々学修しています。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      昔から野菜を食べることがとても大好きで、スーパーなどで値段の変動を見ることも好きでした。農家さんが抱える問題を解決したいと思い、農学部を志望しました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:569412
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 -| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    農学部地域総合農学科の評価
    • 総合評価
      良い
      農業を学びたい方にはとてもいいと思います。茨城県は北海道に次ぐ農業産出額であり、田舎は田舎ですが、東京もさほど遠くなく、そこまで不便ではありません。
    • 講義・授業
      普通
      授業はピンキリですが、皆それぞれが頑張っているため、理不尽な授業や意味不明な授業はありません。授業システムに最近変更があり、まだ先生方も慣れていないため、大変なところもありますが、学ぶ姿勢がある人には問題ないと思います。
    • アクセス・立地
      悪い
      公共交通機関が未発達なため、電車やバスよりも自転車、車、あるいは徒歩が主な移動手段となります。農学部がある阿見町は駅が少し遠いため、時刻の確認が必須となります。日常生活では自転車があれば不自由はしないと思います。
    • 友人・恋愛
      良い
      人間関係は概ね問題ありません。同じ学部を受けているだけあって、少なからず似たような人たちが集まります。多少のいさかい、個人差はあったとしても、全体的に気が合う人間が多いため、環境はいいと思います。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:480324
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    農学部地域総合農学科の評価
    • 総合評価
      良い
      ステキな友達や先生たちに出会い、毎日楽しく学生生活を送れています。実習のときに利用したりする農場が隣接されているなど学習環境もある程度整っているので利用しやすいです。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄り駅は荒川沖駅ですが、駅から阿見キャンパスまでのバスの本数は少ないため、自転車やバイクを利用して通学している人もいます。また、隣の駅の土浦駅からは阿見キャンパスまでのバスの本数は十分あるのでそちらから通う学生もたくさんいます。
      阿見キャンパスには学生が利用できる車の駐車場もあるので、実家から車で通う学生も多いです。
    • 学生生活
      普通
      2年生からは農学部だけの環境になるため、人数が水戸キャンパスで生活していた時とは物足りなさがありますが、毎年地域の人が足を運んでくださる学祭などがあるので、学部全体で盛り上げていけるよう活動しています。サークルも阿見キャンパスを拠点にしているサークルに2年次から所属する人や、1年次から継続して水戸キャンパス拠点のサークルに所属している人もいます。どのサークルに入っても楽しい仲間に出会えたり、素晴らしい経験ができると思います。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:470569
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    農学部地域総合農学科の評価
    • 総合評価
      良い
      まだ、学部内で学科が改変されてから時間が経っていないので、手探りの状態が多くあります。新しい授業や、学科改変前の時と授業内容が変更されたり、他の授業との兼ね合いがうまくいってないことが多くありました。しかし、大幅な変更はないのでスムーズに受け入れられると思います。国立ということもあり、コスパは抜群です!
    • 講義・授業
      良い
      授業のカリキュラムがまだ確立されていないことに不安は残る。しかし、どの授業もわかりやすく、先生がしっかりと教えてくれるので安心できる。4年間同じ担任の先生がついてくれるので、何かあれば相談にのってくれるし、特に用がなければ近すぎずいい感じの距離感で生活できる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      国立の農学部なので、生徒数が他の大学や学部に比べて少ないです。そのため、指導者の目も届きやすく、充実した教育が受けられます。留学生もいるので、沢山の視点から研究に取り組むことも可能です。
    • 就職・進学
      良い
      就職セミナーのような説明会を大学側が開いてくれます。一般企業への就職はもちろん、公務員を目指す生徒も多いので、授業内や、課外活動の時間で試験対策ができます。大学院へ進学する生徒もいるので、院卒後、国家公務員になった人も複数います。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄りは常磐線の土浦駅と荒川沖駅です。そこからバスで20?30分かかります。バスの本数も少ない上に、土浦駅からのバスは、朝、高校生であふれているので遅れたりならなかったりすることも、まれにあるそうです。荒川沖駅からは、自転車で30分もあれば着くので、駅から自転車で通っている人が多いです。大学では自転車の空気入れの借り出しも行なっています。大学近くに自転車屋さんもあります。 水戸キャンパスも駅から少し距離がありますが、バスの本数が多いので、阿見キャンパスよりはアクセスしやすいと思います。
    • 施設・設備
      良い
      生徒が使用できるパソコンがあります。研究室等の実験室は古いけれど、きちんと整備されています。また、現在、新しい講義棟を建設中で、大人数が集まることのできる大きな教室もできる予定です。
    • 友人・恋愛
      良い
      農学部なので、農学部のサークルに所属できるのはもちろん。本キャンパスである、水戸キャンパスのサークルにも所属できます。活動毎に通うことは難しいですか、土日を利用して参加しています。水戸キャンパスと阿見キャンパスのサークルを掛け持ちしている人も多くいます。
    • 学生生活
      良い
      農業系サークルが特に充実している。文化祭では、農業系サークルがそれぞれ出し物をするので楽しめると思う。また、キャンパスごとに文化祭を行うので、阿見キャンパスと水戸キャンパスの2回楽しめるのも魅力かと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生の間は、水戸キャンパスで総合的に学びます。農学については基礎を幅広く。また、一般教養の授業を多く受けるので、2年次以降、特に農学の専門科目に集中できます
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:492863
  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    農学部地域総合農学科の評価
    • 総合評価
      良い
      研究室ら自分の学びたい分野に特化して研究を進めることができ、研究を深めることがでる。就職先の実績もよく、公務員や名の知れた企業への内定などもある。
    • 講義・授業
      良い
      講義は概ね分かりやすく丁寧に説明してくれる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      主に3年後期から研究室での活動が始まる。
    • 就職・進学
      良い
      公務員や大企業への就職実績がある。学部内に就職支援センターや就職活動の担当の先生なども在中しておりいつでも分からないことや不安なことは聞くことが出来る。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄り駅は遠いが周辺は学生のためのアパートもあり生活に必要な店も集中しているため周辺環境は良い
    • 施設・設備
      良い
      図書館が非常に充実している。蔵書数は少ないものの勉強をする環境としては良好である。
    • 友人・恋愛
      良い
      農学部はキャンパスが離れていおり人がやや少ないため、その分関わりが深く本当に仲の良い友達がたくさんできる。
    • 学生生活
      良い
      農学部のキャンパスは水戸の主要キャンパスの方と比べサークルの数は少ないが、所属すれば充実して活動を行うことができる。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      公務員等
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:481249
  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2017年02月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    農学部食生命科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      全体的に真面目な学生が多い。英語が出来る人が多い。資源生物科学科は化学的にアプローチしていく研究を行う。化学を習ってない人または化学が苦手な人は本当に勉強しないとまずい。生物習ってない人は資源の中でもぼちぼちいる。生物を高校でやってない人でも受けられるけど、それで大学入った人は一年のうちに生物勉強したほうがいい。微生物系や食品系を学びたい学生にはとてもいい学科だと思う。
    • 講義・授業
      普通
      充実してると思う
    • アクセス・立地
      良い
      土浦からバスでそのままいけるし
      寮は阿見キャンパスの中にあるからギリギリ寝てても大丈夫と
      聞いた
    • 施設・設備
      良い
      阿見キャンパスは普通よりは少し新しめかな?
    • 友人・恋愛
      普通
      恋愛には疎いのでわからないが、友人関係については
      いい人は多い?気がする。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年では農学の基礎を広くやる。未修外国語など自分の興味を持った分野を少しかじれる教養科目中心。自分はまだ1年だが、2年からは細かく農学関係の基礎を学び、3年からは深い内容まで学べる。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:291702
441-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 茨城県 水戸市文京2-1-1
最寄駅 JR常磐線(取手~いわき) 偕楽園
電話番号 029-228-8111
学部 人文社会科学部理学部教育学部農学部工学部
概要 茨城大学は、茨城県に本部を置く国立大学です。通称は「茨大(イバダイ)」。1949年に国立学校設置法のため近隣の5つの学校が合併し、「文理学部」「教育学部」「工学部」の3つの学部からはじまりました。公務員試験に力を入れており、丁寧なサポートが受けられます。 キャンパスは、水戸市、日立市、稲敷郡阿見町の3箇所にあります。1年次はすべての学部が水戸キャンパスに通いますが、農学部の2年次より阿見キャンパスで、工学部の2年次より日立キャンパスで学びます。離れたそれぞれのキャンパスには実験施設や研究機関が揃っています。他にも付属校や研究所が県内にいくつも存在します。学会やコンペで受賞される学生や教授も多いのが特徴です。大学独自の奨学金が4つあり、学生が安心して学業に打ちこめるサポートもあります。

みんなの大学情報TOP   >>  茨城県の大学   >>  茨城大学   >>  農学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
千葉工業大学

千葉工業大学

40.0 - 52.5

★★★★☆ 3.72 (257件)
千葉県習志野市/津田沼駅
聖心女子大学

聖心女子大学

52.5

★★★★☆ 4.39 (103件)
東京都渋谷区/広尾駅
立正大学

立正大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.74 (467件)
東京都品川区/大崎広小路駅
理系のオススメ大学
神奈川大学

神奈川大学

40.0 - 52.5

★★★★☆ 3.59 (697件)
神奈川県横浜市神奈川区/東白楽駅
創価大学

創価大学

42.5 - 52.5

★★★★☆ 4.36 (435件)
東京都八王子市/拝島駅
大東文化大学

大東文化大学

42.5 - 52.5

★★★★☆ 3.65 (396件)
東京都板橋区/西台駅

茨城大学の学部

人文社会科学部
偏差値:52.5
★★★★☆ 3.72 (130件)
理学部
偏差値:47.5 - 52.5
★★★★☆ 3.91 (51件)
教育学部
偏差値:52.5
★★★★☆ 3.90 (98件)
農学部
偏差値:47.5 - 50.0
★★★★☆ 3.95 (44件)
工学部
偏差値:42.5 - 45.0
★★★☆☆ 3.34 (88件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。