みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  北海道科学大学   >>  口コミ

北海道科学大学
出典:禁樹なずな
北海道科学大学
(ほっかいどうかがくだいがく)

北海道 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:BF - 47.5

口コミ:★★★★☆

3.68

(79)

北海道科学大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.68
(79) 私立内335 / 568校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

791-10件を表示
  • 男性卒業生
    保健医療学部 臨床工学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業中でさえも遊んでる生徒が多数いましたが、やる人はやると割り切った感じでした。
      なめられている先生もいたので、なんとも言えない環境でした。
      遊んでる生徒を気にしなければ、普通の学科なのではないか。
    • 講義・授業
      講義、授業の内容については、教科書に載っていることをそのまま教えるのみ。分かりやすくの、工夫は一切無いため分かりにくい。
    • 研究室・ゼミ
      自分の所属していたゼミでは、異常にシンプルでした。
      やることも無く、卒論をただ書くだけの緩いとこでした。
    • 就職・進学
      会社説明会などを学内でやって頂けるが、その企業選びが悪い。企業が取ろうという気持ちが無いため、ただの時間の無駄。
    • アクセス・立地
      最寄駅からは遠く、バスで行かないといけない。
      冬は歩いてなんていけない。
      車通学だとしても札幌の端っこなので厳しい。
    • 施設・設備
      学科で使うことができる施設、設備は特にありません。
      体育館の中にあるトレーニングルームだけが使えるとこと言っても過言ではありません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、良いと思います。
      団結力があり、助けてくれる仲間が多いためです。
      女の子が少ないので、恋愛関係はいまいちかと。
    • 学生生活
      部活動については、私は高校時代サッカーをやっていたため大学でもサッカーをやる予定でした。
      正直、レベルが低すぎてやる気になりませんでした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年の時は、基礎的な科目だけをやります。
      2年からは専門的な科目がほとんどになり、脱落者も増えて来ます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      中小企業の営業職
    投稿者ID:431807
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    保健医療学部 義肢装具学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学校の施設としてはローソンや食堂も多く、お昼時は虚無が満足できる施設である。
      他学科との連携などとパンフレットで唄ってはいるが、殆ど連携はない。
      学科としては何もわからない段階から実習があり、何を作ってるんだろう?となりながら作る事が多々ある。
    • 講義・授業
      講義は先生によりやり方が違い、それぞれの先生のやり方に対応すれば後々の期末テストや小テストの対策はし易くなってくる。国家試験対策とパンフレットで唄ってはいるが、実際には各自で頑張ってくれという形である。
      単位を落とす講義も多くあり、追試一回だけや追追試の後会議にかけられる事がある。
      大学らしくなく、殆ど選択講義を選択する余地がないのも特徴である。
      必修と選択必修と選択3単位くらいで卒業する事ができる。
      殆どが必修なので、大学というよりは高校の授業にたまに移動教室があるといった形である。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミ配属は他の学部より早く三年の夏休みに決まる。
      決まりはするが、活動するのは四年生からと何のために早く決める必要があるのか意味が分からない。
      ゼミによっては飲み会をしながらしか行わないとことか先生が週一でしかこない放置気味なとこまで様々あるので良く調べて選ぶ事が必要である。
    • 就職・進学
      義肢装具士として就職する、また日本ならどこでもいいって人ならばすぐ決まるとは思う。
      だが、義肢装具士も人が飽和状態になりつつあり、有名な所や立地や待遇が良い所を求めようとすると他の学校や同期との戦いとなる。
      札幌就職は絶望的である。
      また、一般就職するのなら各自で勝手に動いてくれというスタイルで、良いゼミを選ばないとゼミ担ですら放置される可能性はある。
      就職担当の先生は使えないので、それならば学科外の就職支援課とかに相談した方が有意義である
    • アクセス・立地
      駅から徒歩30分、チャリで10分ちょっとなので立地はよくない。
      その代わりに札幌の大学にしては珍しく、車通学バイク通学が出来る利点はあるが朝早くに行かないと駐車場が空いてない可能性がある。
      学科的に行くと、道外や札幌以外の遠距離から志望してきている人が他学科と比べ物凄く高いので、一人暮らしや寮暮らし、シェアハウスしているひとが1/3くらいいる。
    • 施設・設備
      施設は食堂やコンビニは狭さを感じるがわりと良いと思う。
      大学が考えて建てたという体育館は凄いおしゃれであるが構造が使えないので、何を自慢するところがあるのかとなる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      他学科他学部と比べ、必修の講義と選択必修、選択3個で卒業できるので選ぶ余地がない。高校の授業みたく、顔見知り同じ学科の人としか過ごさないので仲良くなりやすいと思う。ただ、コミュ障は多いと感じる。
    • 学生生活
      毎週決まった曜日で活動しており、学年問わず仲が良い。
      部室はいつでも空いてるので空き講義に寝たりする事ができる。
      歓迎会や追いコンなどイベントを企画してるので、楽しく大学生活を送れる
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基本義肢装具とは?人間の身体とは?をメインに講義を行なっている。実習では工具の名前を覚えたり、石膏包帯の巻き方や他の材料について学ぶ。
      2年次は下腿義足のユーザーさんを呼び、自分らで下腿義足を作り作ったものを履いてもらい調整やアライメントについて学ぶ。また義肢装具ならではの臨床実習1回目必修があり、北海道から沖縄まで47都道府県から実習先を選び5週間実習先にお世話になり、営業同行や義肢装具の製作、修理などの実際の義肢装具士の仕事を見学したり体験する事ができる。ただ非常に厳しいと噂の所もあるので選ぶ場所によって難易度は違うので注意が必要である。
      3年次は大腿義足を製作し、講義では国家試験に向けてより深く義肢装具や人の身体について学ぶ。また選択であるが2回目の臨床実習が5週間有り、義肢装具士になるのであれば必須だよね?と圧をかけられる。
      4年次は国家試験対策のための勉強と卒業研究がメインになる。
    投稿者ID:430035
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    保健医療学部 理学療法学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると満足はしている。
      この大学に進学するメリットとしては、最近新設されたばかりなので校舎全体が新しく、やる気がでる。近未来感があり通いたくなる。
      デメリットとしては、駅からのアクセスが悪い。歩くと30分ほどかかる。
      また、男子が多いため学内恋愛は少なく、サークルもないので出会いが少ない
    • 講義・授業
      講義の内容についてはパワーポイントによるプレゼン形式で教授が授業を行う。分からないところは随時質問できるのでやりやすい
    • 研究室・ゼミ
      最高でも4人ほどのゼミになるので教授とじっくり相談しながら研究を進められる。唯一苦情を言うならゼミ室が狭い
    • 就職・進学
      大学全体として就活サポートセンターのようなものがあるのでサポートを受けることができる。学科の就職実績については新設なのでまだ分からない
    • アクセス・立地
      最寄駅はJR手稲駅であり、そこから大学までの主な交通手段としては、バス・自転車・徒歩のみであるが、徒歩の場合は2kmあるのでしんどい
    • 施設・設備
      この学科はまだ新設ということもあり、最新の設備が十分に揃っている。また、まだ全て新しいものなのでやる気も起きる
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係に関しては文句のつけどころがない。ただし、全体的に男子が多いため、入学生が男性の場合は恋愛面は努力することになる。
    • 学生生活
      サークルに関しては当大学には存在しないため期待できない。学科内での集まりに関しては定期的に開催されている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は主に基礎科目がメインとなる。将来に役立つ科目などはあまりないように感じる。
      2年次になると基礎科目に加えて少し専門科目が入ってくる。また、課題なども増えてくるため毎日の勉強が欠かせない。
      3年次になるとほとんどが専門科目となり、今までの勉強の理解度によって周りとの差が生まれてくる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      病院や企業
    投稿者ID:430970
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    保健医療学部 看護学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学科の雰囲気はよく勉学に励む人が多いが学校の立地が悪く、通いずらいため。看護を学びたい人にとっては良い環境であると思う。建物や設備はとてもよい。卒業後は助産専攻科に進むことも考えている。
    • 講義・授業
      講義授業内容は充実している。先生は優しく親身な方が多い。課題はほかの学部に比べると多いと感じるが同じ看護科のほかの学校と比べると少ないと感じる。単位は努力次第。
    • 研究室・ゼミ
      まだゼミに属していないため詳しくは分からないが、先輩がたの話によると充実していると感じることが多い。
    • 就職・進学
      就職先に関しては十分にあり、先生がたのサポートもしっかりとしていると聞いたことがあるため、心配はしていない。
    • アクセス・立地
      手稲駅からバスで20分ほどかかり、行きにくいと感じている。さらに冬は自転車も使えなくなるためさらに不便にな。
    • 施設・設備
      キャンパスは広々としており建物もとても綺麗である。また設備も最新のものが揃っており器具を使用するさいに順番待ちするということもない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は良好であり、学校生活も充実していると感じる。恋愛関係は人それぞれであるためなんとも言えない。
    • 学生生活
      サークルに属していないためよく分からない。イベントは少ないが学校祭にはお笑い芸人などが来てくれるため楽しい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基礎科目や一般教養を習う。講義内容は充実しているしているし、先生も親身な方が結構多いと感じる。
    投稿者ID:431281
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    工学部 電気電子工学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学校全体が崩壊しています。
      生徒の質も極めて悪いです。
      受験する方は注意して下さい。
      札幌市内には理系の私大が非常に少ないです。
      科学大学は北大と併願する子も少なくありません。
      ですが、北大を目指していたレベルの子が通うには現状ではあまりにもレベルが低いと思われます。授業内容といい先生の対応と言い、高校で何も勉強してこなかった子目線からのスタートとなります。
      そのような子は周りとのあまりにもレベルの差に、大学を退学し浪人生活に踏み切る学生や、心が折れて大学中退で就職する子も多いのが現状です。
      クラスも地方高校から推薦で来た子が半数を占めます。
      大卒という称号が欲しくて就職のためだけに来てる方はほぼ寝てるだけで就職できるからいいでしょう。
      しかし、学校に登校すれば単位が貰えるのにそれすらも出来ずに留年する学生や退学する学生が多いです。
    • 講義・授業
      授業は充実しています。が、1年目は中学の内容のようなところからスタートです。2年目前期くらいまでは高校生までの内容を扱う授業です。
      ランクの高い高校から来た生徒はコレジャナイ感から、やめる学生や浪人して第一志望を目指し直す生徒が多いです。
      推薦で地方から来た生徒が半分くらいを占めており、そういう生徒にはわざわざ中学生や高校生の内容を2年近くかけて復習してくれるのですから手厚いフォローと言えます。
      その授業に〇百万がかかっているわけですから、高校で頑張っていた生徒達には残念な内容かもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      先生、教授達はとにかく手厚いフォローをしてくれます。生徒に0から教えてくれる教授がほとんどです。生徒の質を見ていると先生、教授がとても可哀想に思えるほどです。
      ただし、研究室の建物が非常に老朽化しており現在は1棟ずつ立て替えていく最中です。現在の老朽化した建物だと満足のいく研究ができないかもしれません。
      夏は研究室棟にはエアコンもなく暑いです。
      冬はオイルヒーターなので寒い部屋もあります。
    • 就職・進学
      まともに学校に登校すれば基本は単位を落とすことはありません。寝ていてもテスト前に配られる問題をテストまでに覚えればテストも点数は取れます。単位を落とさなければそのまま就職できます。
      就職のサポートも充分です。学校側に求人が来るので教授が生徒に指定してくれます。
      生徒はそこに面接行くだけです。
      だいたいが2社3社で終わります。
      就職先はほとんどが、一流企業の下請けの下請けだったり、北海道電力の下請けだったりです。
      現場で作業服を着たり、原発関連のお仕事、各家庭を足回りするお仕事が多いと思います。
    • アクセス・立地
      アクセスは非常に悪いです。
      主要駅から大学までが非常に遠く、バスも朝と夕方以外基本的には1時間に2本の為アクセスがとにかく悪いです。
      学生はJR駅に自転車を起き自転車が通ってる子が多いです。
      しかし冬は徒歩になります。徒歩だと20分~25分近くかかります。
      この遠さに嫌気がさして辞める子が多いと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      中学生の内容(基本的な方程式や連立方程式、関数など)
      高校生の内容(数列や二次関数、三角関数、確率、複素数平面、簡単な物理、簡単な化学)
      高一程度の英語
      高校生程度の現代文
      行列、統計
      オームの法則の計算方法、オームの法則の派生
      等々
    投稿者ID:388372
    この口コミは参考になりましたか?

    8人中5人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    保健医療学部 臨床工学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 2]
    • 総合評価
      学科で国家資格が取れ、合格率も悪くない。頑張りしだいで出来ることがたくさんある。工学系の学科が中心なので就職率も良く、取れる資格自体もたくさんある。OB,OGとのつながりも多いので、就職先の話が聞けるのが良かった。
    • 講義・授業
      講義の内容は資格を取るのに十分で、試験対策も充実している。保健医療学科は医療系の国家資格のため講義は多くて自由度は少ない。外部の講師を招いて講義をすることもあるので専門性は問題ない。
    • 研究室・ゼミ
      研究室によって力の入れ具合はバラバラ。やる気、興味の対象、等での選択肢は広いので比較的自由に選べる。一部実力主義のゼミもある。ゼミのつながりが強いので、卒業後も集まることがあるぐらいに仲良くなれる。
    • 就職・進学
      保健医療学科は医療系の国家資格が取れるので、病院就職であれば就職先はおおく、サポートも手厚い。一般企業への就職でも技術職が多い。進学率は低めで研究への体制はあまり良くない。北大との共同研究等があれば、研究に力を入れていることもある。
    • アクセス・立地
      最寄駅からのバスがあるので交通の便は悪くない。中心街からは外れるが、住みやすいところ。札幌駅まで電車で15分ほどなのでとくに不便も感じない。遠くからの通いなら車のほうが便利。
    • 施設・設備
      校舎が最近建て替わったばかりなので新しくてきれい。構内にローソンがあるのが便利。体育館の施設が充実しているしだれでも使える。図書館は専門書籍に困ることはないが、論文はほとんどないので取り寄せになる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学の友人は多くできる。工業系の学部が多いので男女比は男がやや多め。校内での恋愛はある。上下関係のつながりは部活か、つながりが強めのゼミに入らないとほとんどない。サークルは少ない。
    • 学生生活
      所属するサークルとの相性による。正直部活は強いところがないので、力を入れるところはないかと思う。アルバイト等は自由なので時間のやりくりさえうまくできればやっていけると思うし、アルバイトはしている人が多い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      国家資格取得に向けた勉強がほとんどで、それ以外の講義はほぼない。3年で実習があるため、その時期までに単位を取る必要がある。4年はゼミと国試対策がほとんど。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      ソフトウェア開発
    投稿者ID:409421
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    未来デザイン学部 人間社会学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学校の設備が整っていて 学生生活が充実している先生たちが親しみやすく 接しやすいので 質問などしやすい就職率が良く 安心して 学業に専念することができる学生同士の交流も盛んで 生涯の友達ができる大学までのアクセスの悪さが欠点だが スクールバスなどで できるだけのフォローはされていると思う外部の講師などの授業もあり 興味深く 講義を受けることができる
    • 講義・授業
      講義は 能力別に 受講する 学科もあり学生のための指導を徹底しているその為 苦手な 講義も 嫌いになることなく 受講することができ うれしい
    • 研究室・ゼミ
      まだ ゼミには参加していないので わからないが 先輩たちの話をきいていると じぶんを高めることを楽しみながらできるようなので 楽しみにしている
    • 就職・進学
      就職率は とても良いただ 地元を離れないと 一流企業には なかなか 就職できない しかし 北海道の場合は 仕方ないことだとおもう
    • アクセス・立地
      毎日 バス?電車?バスと乗り継ぎ 一時間以上かかる駅から遠いのは残念ですしかし 札幌市内で広い敷地を確保するには難しく 仕方ないと思う
    • 施設・設備
      とても広い敷地で キャンパスをはじめ グランドやコートがたくさんあり サークル活動も活発にできる敷地内のコンビニや ファーストフードなどもあり 充実している
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友達もたくさんでき みんな 接しやすく 好意的だサークル活動に参加している人もおおく 交流しやすい 男女 なかがいいので 恋愛より友人になるほうが 楽しく過ごせる
    • 学生生活
      部活動は 人数がおおく 同級生以外の学生との交流ができて 自分にとてもプラスになるアルバイト先も学校のまわりにおおくやりやすい
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      まだ 一年なので あまりよいアドバイスは出来ませんが 今のところ 楽しく学べています高校までの学習と違い 専門的な学習なので?興味深く学べます
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      接客業の仕事
    投稿者ID:413016
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    工学部 情報工学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      Fラン私大なだけあって学生の質はあまり良いとは言えない。年度にもよるが、所謂陰キャオタクやDQNが多く見受けられる。講義で学べる内容も下のレベルに合わせている為、中々踏み込んだ事を学ぶのは難しい。これはどの大学でもそうかもしれないが、大学生活の本番はゼミに配属されてからで、卒業研究をどれだけ頑張ったかで力の付き方がかなり変わってくる。教師陣は企業と強いコネを持っている教授も多く、この大学内でまともな学生をしていれば就職活動は比較的楽ができる。とにかく良いゼミに入れるかどうかが重要なので、配属時までの成績はトップクラスを維持するべき。幸い講義のレベルはそんなに高くない上に競う相手もそんなに高いレベルにはいないため、真面目に休まず講義に出席してテスト対策をすれば誰でも基準には達せれる。やる気のない同級生や雰囲気の悪い部活動などに足を引っ張られずに頑張れるなら選択肢に入れても良い大学だと思う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      ITエンジニア
    投稿者ID:385765
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    工学部 建築学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      私が思っていた学生生活とほぼ同じであり、友人関係や講義も忠実しています。しかし、私が思っていた以上のことがなかったので、5点ではなく4点になりました。
    • 講義・授業
      私は単位はしっかり獲得しており、講義内容も高校に比べると面白く、課題もためになるものばかりです。教授も接しやすくて、わからないところはいろいろ聞いています
    • 研究室・ゼミ
      私はまだ2年生なのでゼミには入れないのでわからないのですが、きっと素晴らしいものだと思います。なので今回は、まだゼミにはいってないので、3点にしました。
    • 就職・進学
      就職は少し心配しています。なぜかと言うと、私の大学はランクも低いので、就活するときに学歴で落とされることが多いので、少しふりなので、3点になりました。
    • アクセス・立地
      私の家は、大学から徒歩で20分ほどで着くので便利です。それに大学の周りには遊ぶ場所も多く、一人暮らしにもうってつけの大学だと思い、点数は満点にしました。
    • 施設・設備
      大学の施設はとてもの充実しており、一人で静かに勉強したい人、学食のメニューもおいしいしです。何しろ今大学の校舎は建て替えを行っており、これからも新しい施設が増えていきます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      気の合う友人が多く、友人関係は良いのですが、恋愛はちょっとダメですね。やはり工業大学なので、男の人が多く、女子が少ないので、恋愛する機会が少ないと思います。
    • 学生生活
      まずサークル活動は、様々なジャンルのクラブがあり、とても楽しいです。学校イベントもたくさんあり、退屈はしないと思います。アルバイトも近くにたくさんあるので、問題ありません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      私の学科では、建築の勉強をしており、建築業に行くための基礎を学びます。演習もたくさんあるので、真面目に取り組めば建築業に通用するようにはなります。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      建築業界
    投稿者ID:412468
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    工学部 電気電子工学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      入学してすぐに、先生との面談が行われ、今後の進路について聞かれた。この面談で進路希望を話すことで今後どのようなところに力を入れて勉強するとよいかのアドバイスをしてもらったため勉強を始めやすい環境が整っていると感じた。また、卒業後の進路についても先生からの的確なアドバイスにより、よりよい就職先を見つけることができると聞いている。
    • 講義・授業
      講義については、わからない内容があればその都度対応してもらえるうえ、すべての先生が設けているオフィスアワーという生徒の質問などに応じる時間が設けられているため、1対1で話を聞くことができる環境がある。履修の仕組みに関しては、必修科目と選択科目があり、必修科目は卒業までに必ず単位を修得しなければならないが、選択科目の単位習得に関しては任意となっていて、自分の学びに合わせて履修ができるようになっている。
    • 研究室・ゼミ
      まだ自分はゼミに所属していないため実際はわからないが、生徒が主体となっていて、わからないところに対して先生が助言してくれるためとても学びやすい環境だと聞いている。
    • 就職・進学
      就職サポートが非常に充実していて、安定した就職先がみつけやすいと聞いている。最近の就職実績では、内定率が100パーセントとなっていて非常に良い就職活動が行われている。
    • アクセス・立地
      最寄り駅はJR手稲駅。手稲駅から徒歩20ほどのところに学校があり、徒歩で行くには少し遠く感じる。朝はJR手稲駅からスクール便が出ているためバスを利用する人が多いが、帰りはスクール便がなく、30分に1本ほどしかバスが来ないため、少し不便に感じる面もある。大学には駐輪場や駐車場も多く設置されているため、自転車や車での通学ができる面では便利であると感じる
    • 施設・設備
      最近校舎を作り替えたため、見た目も中も非常にきれいな環境が整えられている。また、勉強に使用するためのインターネット環境も提供され、学習のしやすい環境が整えられている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係はとても良好である。工学部では女子の数が少ないため学内での恋愛についてはあまり発展しないが、男子しかいない分、みんなが団結して物事を行えて、仲がいいと感じている。
    • 学生生活
      男子しかいない分、少し騒がしくなってしまう面がある。講義中は講義に集中しているため、勉強の面では困ることは少ない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      私はまだ1年なので、その先に関しては詳しくないが、1年生は基礎的なことを多く学ぶ。高校時に数学や物理が苦手でも、大学で勉強するうちに理解が深まっていくのであまり心配はない。工学なので数学や物理がメインだが、英語や国語の学習もする。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      北海道電力、JR北海道
    投稿者ID:411111
    この口コミは参考になりましたか?
791-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

ライバル校

北海道で評判が良い大学

北海道のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  北海道科学大学   >>  口コミ

北海道科学大学の学部

工学部
偏差値:BF - 40.0
★★★★☆ 3.77 (28件)
保健医療学部
偏差値:BF - 47.5
★★★☆☆ 3.47 (34件)
未来デザイン学部
偏差値:BF
★★★★☆ 3.95 (17件)
薬学部
偏差値:40.0
☆☆☆☆☆ - (0件)

オススメの大学

北星学園大学
北星学園大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.90 (238件)
北海道/私立
北海道医療大学
北海道医療大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.85 (114件)
北海道/私立
東北芸術工科大学
東北芸術工科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.14 (77件)
山形県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。