>>     >>     >>  口コミ

琉球大学
琉球大学
(りゅうきゅうだいがく)

沖縄県 / 国立

偏差値:46 - 70

口コミ:

3.72

(115)

琉球大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 国立大学順位
(全86校中)
講義・授業 3.58 57位
研究室・ゼミ 3.57 73位
就職・進学 3.23 79位
アクセス・立地 3.17 31位
施設・設備 3.39 59位
友人・恋愛 3.78 16位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

120件中 1-10件を表示
  • 琉球大学
    男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      早くから専門科目を学ぶことができ、医学に触れる時間が他大学よりも長い。
    • 講義・授業
      国際的な思考をもっている教員が多く、地域医療から世界に目を向けた医療まで様々な医学に関する話を聞ける
    • 研究室・ゼミ
      研究室はこれから3ヶ月になるらしいが、これまでは3週間だけだったので、あまり充実してるとはいえなかった。
    • 就職・進学
      沖縄県立中部病院をはじめとする有名病院に多くの先輩方がけいとさんと就職し、日々研修に励んでいる。
    • アクセス・立地
      県庁所在地の那覇市からは車があればすぐだが、車がないとアクセスは大変である。
    • 施設・設備
      シミュレーションセンターは数多くの最先端のシミュレーション医療機器が揃っており、大変充実しているといえるだろう。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 琉球大学
    男性在校生
    法文学部 総合社会システム学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      経済を専攻していますが、いろいろな分野を学べてとても良いと思います
    • 講義・授業
      わかりやすくて、おもしろい先生などもいますが、つまらない先生もいます?
    • 研究室・ゼミ
      ゼミもたくさんあって、成績が良ければ優先的に選ぶことも出来ます
    • 就職・進学
      あまり先生たちなどは就職とかに関わらないので、自分で進めていくことになります
    • アクセス・立地
      西原・中城にあるので、那覇から遠いので、通学は不便です。(>
    • 施設・設備
      設立してから、長い年月が経っておりますので、ところどころに古さが見えます
    この口コミは参考になりましたか?
  • 琉球大学
    女性在校生
    工学部 機械システム工学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      私は将来、新エネルギー開発に携わりたいと思いこの学科を選びました。機械システム工学科では、エネルギー交換の効率を扱う授業やエンジンの構造など、私の将来につながる授業が多くあると感じるので、私はこの学科に進学してよかったと思います。
    • 講義・授業
      だいたい4?5つの分野に分かれており、得意不得意がでてくるとおもいます。先生の言っていることは難しいことばかりであるので、授業以外に自分で学習することが必要だと感じます。
    • 研究室・ゼミ
      3年の後期に、早期配属という制度があり、4年次の研究室配属に向けてより理解を深めることができるしすてむがあります。自分のどうしても研究したい内容があれば、先生にお願いし、個別でその研究をできることがあるときいたことがあります。
    • 就職・進学
      就職に関する情報や、インターンシップなどの詳細を教授が直接メールで毎回知らせてくれるので、そこはいいところだと思います。
    • アクセス・立地
      周りには少し大きなスーパーやドラックイレブン、はまずしなどがあり、生活するにはこまりません。ただ、沖縄である以上車は必要だと強く感じます。
    • 施設・設備
      工場のなかの工具や機械は比較的古いなという印象をうけます。図書館はとても綺麗です。
    • 友人・恋愛
      沖縄ならではのサークル(スカイダイビングなど)もそうですが、ほかにもいろいろな分野のサークルがあり、とても充実しています。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 琉球大学
    女性卒業生
    理学部 数理科学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学で勉強をしたいと思っている学生にはとてもいい大学だと思っています。
    • 講義・授業
      さまざまな教授や学外から集めた特別講師による授業が数多くもうけられています。
    • 研究室・ゼミ
      4年の前期からゼミが始まり、代数学、幾何学、解析学などいろいろある。
    • 就職・進学
      さまざまな大手の企業への就職実績があります。学校の先生が多い。
    • アクセス・立地
      基本的になみんな車で通っています。バスで来ることも出来ます。
    • 施設・設備
      学内の施設は比較的に新しく、棟内に学科室などが設置してあります。
    • 友人・恋愛
      サークルや部活に所属すると趣味を共有できる友人がたくさん出来ます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は数学の様々な分野を学び、これから自分が勉強したい分野を絞りますり
    進路について
    • 就職先・進学先
      数学の先生
    この口コミは参考になりましたか?
  • 琉球大学
    女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      医学という他にはない専門的な学問を学べ、同じ志をもった学生しかいない学科であるから。
    • 講義・授業
      わかりやすい教授はわかりやすいが、はっきり言って必要性を感じない講義もある。
    • 研究室・ゼミ
      自分の興味のある研究室には1年から参加することもできる。実際に行く人も多数。
    • 就職・進学
      琉球大学附属病院への就職なら確実にできるし、他の病院への就職の実績もある。
    • アクセス・立地
      通学は田舎にありしにくいと思う。また周りに大きい商業施設はなく、不便。
    • 施設・設備
      緑が豊かで、広大な敷地にあるが、建物がかなり古いため使いづらい。
    • 友人・恋愛
      部活に所属すると交友関係が広まりよい。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年は一般教養もあるが、前期からすでに専門の勉強がはじまる。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 琉球大学
    男性在校生
    農学部 地域農業工学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      1年生の時点では共通教育の授業が中心で評価できない。授業もバラバラに受けるので学科の人との関係も薄い。
    • 講義・授業
      学科では授業は行われてない。研究室に行けば、指導はしてくれる。
    • 研究室・ゼミ
      研究室を事前に教授にアポを取れば見学できる。基本的に自分の好きなテーマを研究できる。
    • 就職・進学
      自分の研究内容によって就職先が変わる上にまだよくわからない。
    • アクセス・立地
      周辺にはアパートがたくさんあり住む場所には困らない。格安の寮もあり。
    • 施設・設備
      学科の設備は足りない部分もあり別の学部にかりにいくこともある。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 琉球大学
    女性在校生
    法文学部 国際言語文化学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      留学をしたい、国際的な感覚を身につけたいと考えている人にはとても適している大学だと思う。英語圏はもちろんのこと、ヨーロッパ、アジアにも多くの協定校があり、先生方も協力的で応援してくれる。留学をしなくても学校には様々な国から学生が来ているので、自主的に行動すれば友人になることもできる。
    • 講義・授業
      専門以外にも共通という授業があり、自己の専門以外のことも学べる。自己の学びに対して大学に来て不安を覚えている人がいても、それらから感銘を受け転学することも可能になるのでとても良いと思う。先生と学生の距離が近いこともあり、質問がしやすい。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは本当に様々なものがあるが、とくに研究室が充実しており資料も先生に頼めば、集めることが可能なので重宝している。同じような分野を学んでいる人は多いので 、専門性をさらに高めることができる。
    • 就職・進学
      就職センターというものが大学内にあり、セミナーや説明会が年中を通してやっているので、就活を始める前でも練習でき、自己の就活に対する考えを軟化することができる。
    • アクセス・立地
      都心の那覇からは少し遠いので、車がないと不便ではある。バスも沖縄全土を網羅している訳ではないので、住む場所を選ばないといけない。
    • 施設・設備
      図書館は未だ改修していて、まだ使いづらい所がある。しかし、あともう少しで終わることを願っている。パソコンや学習スペースが充実しているので、学習することや課題をやることに対してストレスがあまちない。
    • 友人・恋愛
      国際言語文化学科は専攻によって分かれてしまうがその分、その専攻の人と密に接することが出来る。また、イベントが多くて学科の人と力を合わせてすることが多い。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では一般教養をやることが中心で、大学の専門に入る前の段階を学ぶので、心配をしなくても学習にはついていける。
    入試について
    • 学科志望動機
      留学をしたいと考えており、留学制度が充実しているので魅力的に思っt。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      専攻の2次がセンターと五分五分だったので、2次、面接を中心に練習をしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 琉球大学
    女性在校生
    観光産業科学部 観光科学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-11投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      経済、社会、政策などと絡んで観光を学べる学校は広すぎるが広々として気持ちがいいです先生方も、県の職員だった人、ホテル業界や航空業界を経験された先生がいるので、就職の相談もしやすいと思います
    • 講義・授業
      たくさんのおもしろい講義があります。英語、中国語、韓国語の講義もあります。自分で実際に観光地に行って、それを分析する授業などがあり、実践型の授業がおもしろいです。
    • 研究室・ゼミ
      企業と一緒に何かを企画しているゼミや、観光を景観、経済、政策、健康、ビジネスについて研究するゼミなどがあります。調査で台湾に行ったりすることもできます
    • 就職・進学
      県外、県内さまざまな企業、公務員などの就職先があります。観光業にとらわれず、銀行、民間のたくさんの種類の職種についています。学科の就職率は100パーセントです。
    • アクセス・立地
      那覇からは離れているので、車がないと不便ではありますが、駐車場が6000台あるので、車で通うことができます大学内は広いので、自転車で移動することもできます
    • 施設・設備
      建物は法文学部と同じなのであまり広くはありませんが、学生自習室や、パソコン、印刷機など充実していますまた、食堂や生協もあり、生協では、食料、飲料のほか、本や文具も旅行社もそろっているのでけっこう便利です。
    • 友人・恋愛
      学科は、1学年60人で、男子20、女子40、留学生が2,3人います。学科でビーチパーティーをしたり、ペンションに行ったり、飲み会などがあります。サークルもたくさんあるので、友達を作るにはいい環境があると思います。学科内のカップルも数組います
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年、2年は共通教育が多いですが、二年後半からは観光の演習の授業も多いです。学科には、夏休みの海外研修もあります
    • 所属研究室・ゼミ名
      波多野ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      自分たちで研究したい地域を決めて、調査します。教授もとても優しくて、楽しいです。
    入試について
    • 学科志望動機
      サービス業がしたいと考えていたため、沖縄は観光業が伸びているから。自分が旅行好きだから
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター対策がほとんど、英語は点数が1.5倍になるのでしっかりやる必要がある
    この口コミは参考になりましたか?
  • 琉球大学
    女性卒業生
    理学部 物質地球科学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-10投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      私は琉球大学に入学したことを本当によかったと思っています。その理由は大きく3点あります。 1点目は、自然豊かな環境で学習することができます。大学構内にも琉球の自然が溢れており、構内を散策するだけでもなかなか本土では見れない動植物に触れあうことができます。また、疲れた時にいいリフレッシュができます。2点目は、講義の選択の自由度です。特に私が所属した学科では、講義に対してやる気があれば教授たちが色んな選択肢を提示し、受講させてくれました。他の学部学科ではここまでの自由度は無いと聞いています。最後に、野外実習での体験です。地学という分野から直接現地に行って地層や海岸、岳や森の中に入って学習できます。フィールドになれた教授たちと行動するので安全ではありますが、普段の講義や生活よりも自ら考えて行動しなくてはいけないので、自主性や観察力が身につきます。また、教科書だけの講義では理解しきれない自然を肌で感じ観察できるので、卒業後も記憶に残り、本当に充実したときを過ごすことができました。
    • 講義・授業
      総合大学故の利点だと思います。自分の学科の講義だけではなく、社会学・経済学・教育学・農学・工学・法文学といった様々な分野の講義を受講することができます。自分の分野だけに捕らわれるのではなく、多くの見識を持った教授たちの講義を受講することは今後社会に出るときにも大きく役に立ちます。ですが、やはり合う合わないは出てきてしまうので、それはそれとして捕らえ、自分自身が何がしたいかを、何ができるのかを知るきっかけとして捉えるといいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      自分にも生徒にも厳しい教授でした。私の所属した学科の教授たちは皆各分野で名を知られているすばらしい方々ばかりです。その中で、最年少の教授が私の所属した教授でした。日本でも海外でも研究成果が認められており、信頼も厚い教授です。その分、ゼミや研究に対してはとても細かく厳しく、大変な思いをしたこともあります。ですが、細部までこだわるその姿勢、発言によって物事を不覚より正確に捉えて解決していくということを自然と身につけさせてくれるので、どんな会社に勤めても役に立ちます。専門性が高く、見聞の広い先生方のおかげで研究課題をより深く緻密に研究することができ、大学生活で最も充実した時間を過ごした場所です。
    • 就職・進学
      就職支援センターというものが大学にはあり、様々なセミナーや就職活動のための講義等を開催しています。ですが、私は就職活動を自分の力で行ったので、このような評価にさせていただきました。
    • アクセス・立地
      立地としては自然豊かな環境で、勉強するには申し分ないのですが、交通アクセスが車かバスしかありません。多くの生徒が大学周辺のアパートに住んでいますが、古いアパートになると騒音等の問題も多々あります。また、坂道も多いので自転車での通学もなかなか大変でした。逆に言えば、いい運動ができるのかなとも思います。
    • 施設・設備
      理学部等には最新の分析機器が備わっています。そのためより高度で正確な研究や実験を行うことができます。最近では工学部に新しい研究等も完成し、より多くの学生が研究に打ち込むことが可能となったいるようです。ですが、まだまだ古い研究等もあり、実験する際にやや不便を感じるときもありましたが、最終的に自身の研究に必要なものは自身の研究室で行うことがほとんどとなりましたので、特に問題は無いと思います。
    • 友人・恋愛
      私の所属していた学科は人数が少ないので、全学年と交流を持つことができました。また、多くは気さくで優しい先輩方でしたので、講義や遊びの面で色々とアドバイスをいただくことができました。ただ、恋愛となると人数が少ないのですぐばれます。また、別れた時は少々きまづさがあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では主に共通教育といわれる一般教養を必要単位数受講します。その中でも選択度が高いので外国語や社会学、環境学、数学等を学びました。2年次では、1年次に受けた一般教養科目の高等授業を受講しました。また、私は教授に許可をいただき、高学年で受講することができる集中講義(専門分野で、外部から講師を招いたりしておこなうもの)を受講しました。後期からは少しずつ専門分野の基礎講義も入ってきました。3年次から各研究室に配属になるのでその専門分野に必要な講義を選択して受講していました。その間も、集中講義で興味があるものはどんどん受講しました。4年次では卒論一本となります。各ゼミによって専門は異なりますが、私は海洋微古生物学(地球生命科学)を専攻し、長期的な海水面の変動史を専門的に行いました。ですが、卒論だけに1年を使うと気持ちも疲れてしまうので、私は卒論に支障が無い程度に、また研究に生かせそうな講義を受講していました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      海洋微古生物学(大型有孔虫)研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      沖縄の白い砂浜の一粒一粒をよく見ると星や太陽の形をしています。それこそが有孔虫という生物です。有孔虫の化石は過去の環境を体の中に刻んでいます。有孔虫を調べることで、過去にどのような気候変化や海水面が変化していったかを知ることができ、現在問題となっている地球温暖化の今後の遷移を知るきっかけとなります。 教授が親密になってくれ、また研究に没頭できる環境です。好きな研究に打ち込むのに最適なゼミでした。たまに行うゼミ室でのご飯会やタコヤキパーティーもとっても楽しかったです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ガラス工房/研究開発、接客
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      沖縄で素敵な時間を過ごす事ができ、少しでも恩返しがしたいと思い沖縄の伝統工芸のお仕事につきました。その中で当たらしガラス製品の開発研究もあるとのことだったので就職を決めました。
    入試について
    • 学科志望動機
      沖縄の海に惚れ込んだからです。小学校6年生のときに初めて沖縄に旅行し、その際に見た同じ日本とは思えない美しい海に自然環境に一目ぼれし、将来海について学びたい、学ぶなら美しい海にすぐいける場所で、と思い中学生になってからずっと琉球大学にいくことだけを考えて勉強していました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      城進
    • どのような入試対策をしていたか
      琉球大学理学部物質地球科学科地学系は二次試験の理科科目が、物理・化学・地学の中から選択でした。私の高校では地学はなく、生物を専攻していたので、地学を2次試験で使用する様々な大学の赤本をコピーしより多く問題をときました。また、予備校の地学教師にお願いし、センター問題集の地学をすべて筆記で回答し採点していただいたりしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 琉球大学
    男性在校生
    工学部 環境建設工学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      総合大学なので他の学部の人とも仲良くなれる。 また工学部の設備が整っている。 国立なので授業料が私立大学より安いのも魅力てきです。
    • 講義・授業
      授業自体は他の学部との共通のさまざまな授業を受けることもできる。 ただし工学部の授業はキチンと勉強しないで留年する人が出るぐらい大変です。
    • 研究室・ゼミ
      色々な企業とも連携して研究をしている教授もたくさんおり、緊急室やゼミ を選択するときの選択肢は非常に多い。
    • 就職・進学
      現在はオリンピック特需のおかげか建設関係は景気がいいみたいで 建築土木関係の就職は他の学部より就職率も高く。 また公務員になる人もいる。
    • アクセス・立地
      沖縄の環境ではバス通学だと大学に到着までの時間が渋滞で読めなく、 結果として車通学するしかなく。大学の近くに住んでいないと通学は大変です
    • 施設・設備
      工学部の施設自体はきれいでいいと思うが、現在は大学の図書館が耐震工事中で利用時間が 限られており自習室も図書館が使えないことで常に混んでいるのが少し困る。
    • 友人・恋愛
      工学部は他の学科も同様に女子の比率が他の学部と比較して極端に少ないですが 、逆に男子同士の中は非常に良いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次と二年次は一般教養などの他の学部との共通の授業が中心だけど 三年次からは土木などの建設関係の授業が始まり、4年次から研究室に配属される
    • 所属研究室・ゼミ名
      今週決定する予定
    • 所属研究室・ゼミの概要
      今年度は留年してしまったせいでまだ研究室は決定していない
    入試について
    • 学科志望動機
      建設関係のことを学びたいと思い専門学校も考えたが大学の方がより 深く学べると思い進学した。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      ビア進学アカデミー
    • どのような入試対策をしていたか
      センターの比率が高く。二次試験の勉強はセンターの演習で十分だったので センター試験を中心に勉強した。
    この口コミは参考になりましたか?
120件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

沖縄県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

琉球大学の画像 :©Hykw-a4さん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

東北大学
東北大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:60 - 74
★★★★☆4.00 (270件)
宮城県/国立
九州大学
九州大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:62 - 74
★★★★☆3.97 (300件)
福岡県/国立
弘前大学
弘前大学
併願校におすすめ
偏差値:47 - 70
★★★★☆3.85 (131件)
青森県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。