みんなの大学情報TOP   >>  愛媛県の大学   >>  愛媛大学   >>  農学部

愛媛大学
出典:At by At
愛媛大学
(えひめだいがく)

愛媛県 / 道後公園駅 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

3.84

(446)

愛媛大学 農学部

概要

偏差値

偏差値
47.5
センター
得点率
61% - 72%

提供:河合塾

学科情報

【募集停止】生物資源学科
偏差値-
口コミ 3.8921件
学べること

一年生では基礎的な事を学び、二年生から本格的に自分のやりたいことを学ぶ(2016年入学の方)

食料生産学科
偏差値47.5
口コミ 3.795件
学べること
農業経済学

一般教養と農業全般を学べる学科です。2回生からは自分の好きな農学の分野を学べるコース分属があります。(2014年入学の方)

生命機能学科
偏差値47.5
口コミ 4.005件
学べること
農芸化学

生物の様々な機能を、基礎から応用まで勉強します。遺伝子・細胞から薬品・食品まで幅広く学べます。(2016年入学の方)

生物環境学科
偏差値47.5
口コミ 3.504件
学べること
農学

農学部では1年次では環境問題の総合的理解を深めるための基礎科目の勉強が主ですが、2年からは4つのコースに分かれることになります。それなので1年の時にどの分野に進むかをしっかり考えて置かないと大変です(2015年入学の方)

※口コミより引用

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆3.87
(45) 国立内 300 / 558学部中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.60
  • 研究室・ゼミ
    4.14
  • 就職・進学
    3.68
  • アクセス・立地
    3.58
  • 施設・設備
    3.36
  • 友人・恋愛
    4.03
  • 学生生活
    3.79
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 女性在校生
    農学部 食料生産学科 / 在校生 / 2017年入学
    とても満足しています
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業-|研究室・ゼミ-|就職・進学-|アクセス・立地5|施設・設備-|友人・恋愛5|学生生活5]
    農学部食料生産学科の評価
    • 総合評価
      良い
      この学科は、農業生産や経営、植物工場について学ぶことができる。学科全体の人数は70人前後で、雰囲気も良く、勉強しやすい環境である。
    • アクセス・立地
      良い
      城北キャンパスは松山市の中心地である大街道から歩いて10分程度のところにある。農学部がある樽味キャンパスも、城北キャンパスから自転車で20分弱のところに位置しており、買い物に困ることはない。松山市自体も自転車があればどこへでも行けるようなコンパクトシティであるため、生活しやすい。
    • 友人・恋愛
      良い
      農学部は他の学部とはキャンパスが異なるため、学部内の仲は良い。サークルや部活動に所属しない限りは他学部の友人を作ることは難しいかもしれない。
    • 学生生活
      良い
      サークルの中には、他大学の学生も所属しているサークルもあり、自分の視野を広げることができる。私が所属しているサークルも他大学の学生も所属しており、メンバーも100人を超える。自分たちだけでサークルを運営するため、それぞれに役割もあり、やりがいを感じている。
  • 女性在校生
    農学部 生命機能学科 / 在校生 / 2017年入学
    のんびりしている
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ4|就職・進学4|アクセス・立地4|施設・設備4|友人・恋愛4|学生生活4]
    農学部生命機能学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学生も先生も性格の良い人が多い。研究内容は最近関心の高まっている分野で、病院や企業などとも連携している。
      授業ではみんな寝ている。しかし、おもしろい授業もあると思う。
    • 講義・授業
      良い
      キャンパス移動が大変で、雨が降っている日は濡れたまま授業にでるので、もうそれどころじゃない。履修は必須科目が多いので自由に時間割が組めるわけではない。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      たてこんが頻繁にあり、教授と話す機会が設けられているので、研究室の様子がわかりやすい。同じ苗字の先生が3人もいてわからなくなる。優しい先生が多いので雰囲気は良さそう。
    • 就職・進学
      良い
      だいたいの生徒は希望の進路を実現していると聞いている。しかし、まだ進路を決めてない生徒も多くよくわからない。学担の先生が優しく指導してくださるので心強い。
    • アクセス・立地
      良い
      市内にありみんな自転車通学している。交通費がかからないのでとても助かる。しかし、農学部だけキャンパスが別であり、キャンパス移動がとても大変である。20分くらいかかる。
    • 施設・設備
      良い
      施設は充実していると聞いているが私がまだ1回生なので使う機会がなくわからない。病院と連携している研究室もあり、実際に商品を開発し、販売しているものもある。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークル活動やアルバイトなどの人間関係があり、多くの人と関われると思う。松山の人はのんびりしている人が多く、話しかけやすい雰囲気がある。友達はみんないい人である。
    • 学生生活
      良い
      サークル活動は演奏の機会が多く大変であるが、達成感がありとても充実している。学祭やハリボテ大会などの行事も盛り上がっていると思う。サークルの数も多い。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      化学と生物が主である。分子生物学など、高校で物理選択の生徒は大変だが、生物選択だった友達に教えてもらえればなんとかなる。私も物理選択だったがなんとかなっている。
  • 女性在校生
    農学部 食料生産学科 / 在校生 / 2017年入学
    切磋琢磨です!
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業3|研究室・ゼミ5|就職・進学5|アクセス・立地5|施設・設備5|友人・恋愛5|学生生活5]
    農学部食料生産学科の評価
    • 総合評価
      良い
      私の所属する食料生産学科は2回生からコースが別れるのですが、コースごとに人数制限があるため希望のコースに配属されない場合があります。ですので、学びたいことを学ぶことができない状況がありえます。生活面ではとても充実しています。この学科は70人ほどいますが、とても仲が良いので落ち着いたキャンパスライフを送ることができています。
    • 講義・授業
      普通
      講義の内容については、まだ1回生ということもあり基礎的な話しかされないためか、同じような内容の講義が多かったように思えます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミの配属ですが、成績順で振り分けられます。それぞれのゼミの詳しいことは分かりませんが、どのゼミも楽しんで研究されているなという印象があります。
    • 就職・進学
      良い
      就職支援がしっかりされているので安心だと思います。公務員になりたい人に向けた講座なども開講されています。特に農学部は金融、食品関係、公務員など様々な職種に就職実績があります。
    • アクセス・立地
      良い
      農学部は他の学部とキャンパスが離れているのですが、自転車で20分もあれば着きます。ですので、キャンパス移動も苦ではありません。また松山市の中心地に近く、とても立地がいいです。
    • 施設・設備
      良い
      農学部はキャンパスが他の学部と離れているのですが、農学部のキャンパスには学食、図書館など一通り揃っているので、とても快適です。
    • 友人・恋愛
      良い
      学内の雰囲気はとても良く、学部学科で出会った人とお付き合いしている人がいます。サークルでも同じで様々な学部の人が集まる場所なので自分の視野を広げることができます。
    • 学生生活
      良い
      私の所属するサークルでは、年に3回大きなイベントがあるので、その目標に向かい、全員で努力しています。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      この学科は農業について学ぶことができます。主に、農業生産学コース、植物工場システム学コース、農業経営学コースの3つに分かれています。農業生産学コースでは昆虫や果樹、農作物の栽培などを学びます。植物工場システム学コースでは、ロボットなどを活用した農業についてなどを学びます。農業経営学コースでは、農業の6次産業化などについて学びます。

講義・授業

講義・授業の満足度

3.60 (41件)

★★★★☆

  • 指導は充実しているとはいえない。教授も個々それぞれであった。多くの教授は対応がよくない。理系であり科学者、専門家といった印象をもつ。(卒業生 2009年入学)
  • 農学部の授業は基本的に第1産業のものが主です。1回生のうちだけ、共通教育科目で一般教養も学べたり、希望すれば教員免許を取れたりします。先生は基本的に優しく、楽しい授業が多めです。(在校生 2014年入学)
  • 生物や化学が好きな人にとっては充実していると思います。先生によって講義の進め方は違いますが、生命機能学科の先生は授業が上手い人が多いと思います。また、1年から学生生活担当の先生がついてくれるので、いろいろ質問できます。(在校生 2016年入学)

講義・授業に関する特徴アンケート投稿する

  • 先生の教え方
    優しい
    8人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    少ない
    8人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    どちらともいえない
    8人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    決まっている
    8人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    8人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    どちらともいえない
    8人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    どちらともいえない
    8人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学生生活

学生生活の満足度

3.79 (25件)

★★★★☆

  • サークルの中には、他大学の学生も所属しているサークルもあり、自分の視野を広げることができる。私が所属しているサークルも他大学の学生も所属しており、メンバーも100人を超える。自分たちだけでサークルを運営するため、それぞれに役割もあり、やりがいを感じている。(在校生 2017年入学)
  • 部やサークルは多々あり、本学キャンパスとも近いためそれぞれに所属している人も少なくなく選択肢は多かった。同系統でも週1もあれば週6もあるなどレベルも合わせられた。(卒業生 2009年入学)
  • 私は学生委員会に入っており、様々なボランティアやサポートを2年間しました。とてもいい経験がサークルでつめたと思います。運動部も文化部も多数あるので、4年間取り組めるサークルを見つけて充実した学生生活を送れると思います。(在校生 2014年入学)

学生生活に関する特徴アンケート投稿する

  • キャンパスの雰囲気
    落ち着いている
    8人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    8人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    8人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    8人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    8人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    多い
    8人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    女性が多い
    8人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    活発
    8人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    どちらともいえない
    8人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    8人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

就職・進学

就職・進学の満足度

3.68 (39件)

★★★★☆

  • 就職の支援に関しては、私はあまり大学の支援に頼らなかったので、なんとも言えません。会社説明会はよく大学であったので、企業選びの手助けになると思います。(在校生 2014年入学)
  • 研究室によって違いますが、院に行く人が多いようです。(在校生 2016年入学)
  • 企業訪問などをよく行っており、将来どのようなところに進むかの参考になる(在校生 2016年入学)

就職・進学に関する特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    中小企業が多い
    8人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    8人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    大学院進学が多い
    8人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

入試科目・日程

  • 食料生産学科
    偏差値:47.5
    募集人数:45人
  • 生命機能学科
    偏差値:47.5
    募集人数:32人
  • 生物環境学科
    偏差値:47.5
    募集人数:34人

学費

入学金 年間授業料
282,000円 535,800円

※夜間主コースは、入学金・年間授業料ともに半額になります。

基本情報

キャンパス
住所
愛媛県松山市樽味3-5-7
最寄駅 伊予鉄道市駅線 道後公園
伊予鉄道松山駅前線 道後公園
伊予鉄道本町線 道後公園
電話番号 089-946-9803
男女比 男:女=5:5 (口コミより引用)

みんなの大学情報TOP   >>  愛媛県の大学   >>  愛媛大学   >>  農学部

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
福岡大学

福岡大学

42.5 - 65.0

★★★★☆ 3.89 (836件)
福岡県福岡市城南区/福大前駅
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.87 (246件)
栃木県大田原市/那須塩原駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1098件)
東京都渋谷区/表参道駅
理系のオススメ大学
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.80 (1427件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1098件)
東京都渋谷区/表参道駅
東海大学

東海大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.71 (843件)
東京都渋谷区/駒場東大前駅

愛媛大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。