>>     >>     >>  口コミ

滋賀県立大学
滋賀県立大学
(しがけんりつだいがく)

滋賀県 / 公立

偏差値:54 - 58

口コミ:

3.76

(33)

滋賀県立大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 公立大学順位
(全87校中)
講義・授業 3.42 65位
研究室・ゼミ 3.52 53位
就職・進学 3.33 59位
アクセス・立地 2.06 63位
施設・設備 3.42 40位
友人・恋愛 3.84 19位
学生生活 1.00 6位
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

34件中 1-10件を表示
  • 滋賀県立大学
    男性在校生
    環境科学部 環境生態学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      滋賀県の豊かな自然をフルに活用して環境について学習できる大学です。文理融合的な勉強もあり、生涯にわたって役に立つスキルが身につきます。また、アットホームな学習環境で先生たちの面倒見がいいです。
    • 講義・授業
      物理化学生物地学どれも基礎から丁寧に学びます。人数は1学年30人なので少人数精鋭授業をしています。実験や実習で船に乗ったり野外に出ることも多いです。夏休みにある白浜や立山の実習はオススメです。
    • 研究室・ゼミ
      3回後期に研究室の分属があります。複数の研究室でゼミを組んでいることが多いです。ゼミを通して野外で実習をしたり、卒論や修論の経過報告発表をしています。先生たちは研究実績も豊富で世界的に活躍している方もいらっしゃいます。
    • 就職・進学
      就職率は高いです。有名企業に就職する人もいます。しかし、資格を取っておくか、大学院に進学することをオススメします。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は琵琶湖線の南彦根駅です。大阪京都だけでなく、名古屋からも通学できます。学生証で彦根城と彦根城博物館にタダで入れます。遊ぶところがあまりないと思うでしょうがその分しっかり勉強できます。ただし、スキーやマリンスポーツにはもってこいの場所です
    • 施設・設備
      実験や実習、研究に必要なものは揃っています。パソコンもあります。あとは琵琶湖での調査に使える船があります。
    • 友人・恋愛
      学科の人数が少ないのでみんなとても仲がいいです。資格関係で他学部の講義を受けたり部活サークルに入れば他の学部の友人もできます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1回生から専門的な科目を基礎から丁寧に学びます。3回生で分属があり、4回生で卒論を書きます。分属は基本話し合いです。
      環境問題に関していろいろな側面から学んでいきます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学院に進学予定です
    この口コミは参考になりましたか?
  • 滋賀県立大学
    男性在校生
    環境科学部 環境生態学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      比較的少人数の学科なので、みんな仲が良いです。
      その分、コミュニティを広げたいなら、部活動に入った方が良いと思います。
      派手な人は殆どいません。おとなしい人でも、すぐ馴染めます。
    • 講義・授業
      主に滋賀県の環境問題について学びます(琵琶湖などが主な対象)。
      物理化学生物を浅く広く学びます。これらに関連した実験もあり、楽しいです。
    • 研究室・ゼミ
      研究室分属はみんなで話し合って決めます。教員が10人ほどいるので、1教員につき1~3人の学生が分属されるようにします。人気の研究室は揉めることが多いです。大きく分けて、陸域研究室と水域研究室とに分かれます。

      3回生の後期から、研究室毎のゼミが始まります。

    • 就職・進学
      理系と文系が合わさったような学科なので、就職先は多種多様です。
      学科の内容とは全く関係ない分野に進む人もいれば、関係ある分野へ行く人もいます。ですが例年、前者が多いように感じます。技術系は希です。
      大学のレベルは決して高くないので、大手への就職は少ないです。
      聞いたことのない就職先も多いです。ですが、知名度は必ず必要なものではないですし、本人たちも就職先には満足しているという印象です。毎年、全体の1~2割が大学院へ進学します(外部を含む)。
    • アクセス・立地
      最寄り駅はJR南彦根駅です。
      新快速が停まらない、30分おきに一本しか電車は来ません。
      最寄り駅から大学までは徒歩1時間です。
      バスもあり、20分で駅と大学を結びます。が、本数は決して多くなく、かつ、電車と連携していないので待ち時間が多くなりがちです。
      多くの人は自転車を買って、通学します。自転車の場合は20~30分くらいです。

      大学周辺は何もないです。学内には生協がありますが、コンビニはありません。自転車で15分くらい行けば、スーパーやカラオケ施設などがあります。決して都会ではないので、高望みは禁物です。
    • 施設・設備
      公立なのでお金がないみたい…
      古い機械が多いです。ちゃんと機能はしますが、国立や私立と比べると、がっかりするかも。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 滋賀県立大学
    男性在校生
    工学部 電子システム工学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-07-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    • 総合評価
      公立大学の割には大学構内が比較的綺麗で、駐車場も十分にあるため、車やバイク通学が非常に便利である。緑が多いためか、構内のところどころで虫がいて最初はキツイと思う人もいるが、すぐ慣れる。
       学習面においては、特に特筆するところはあるだろうか。この大学で魅力的な学科は看護学科だけだと正直思う。
       公立なので、エアコンはなかなかつきません。人によっては、これが最大の苦痛になるだろう。
       就職率や就職先をみると、やはり県立という名前がついてるだけにいいと思う。これは褒める点である。
       他学科との交流は体育以外皆無に等しい。そのため、恋愛したい人は部活やサークルに入ることを強く進める。入ったからと言って、恋人ができるわけではないが、工学部の人達はそこ以外のどこで彼女を見つけるのだと言いたい。

       トータル的には、よい大学に部類される方だと思う
    • 講義・授業
      分かりやすい先生と分かりにくい先生は半々存在する。
      この点については、どこでも似たような傾向だろう。

      問題は、テストやレポートを返してくれないため、何が間違ったて何が正解なのか分からないという点である。
    • 研究室・ゼミ
      サボってる研究室と熱心な研究室の差は歴然である。
      研究室配属は4年次で、それまでの成績によって希望できる研究室に入れるかどうかが決まる。正直、9割が自分の行きたい研究室に行ける。残りの1割は...まぁ、大学は人生夏休みとは言うが努力は大事である。
    • 就職・進学
      なぜかすごいコネを持っている教授がいる。
      そのため、推薦で有名企業に入る人たちが非常に多い。

      コネが無い企業に一般で就職活動を行い、無事第一志望の職種に辿り着けた人は、僅かである。

      教授陣たちは、しきりに大学院への進学を進めるが、鵜呑みにするのはよくない。進路については、他人のアドバイスではなく、自分で情報集するのが吉である(当たり前)。
    • アクセス・立地
      この点は素晴らしい。
      湖岸道路に面した場所に立地していて、尚且つ駐車場が非常に充実している。
      そのため、バイクで自宅から来る人たにちとって、毎日素敵なツーリングを楽しみながら登下校できる。本当にツーリングしている人たちから登下校中にヤエーされるのも楽しみの一つである。

       駅からは、自転車がベストである。大体20分漕げば到着する。そのため、1年生のころ太っていた子も見違えるように痩せて引き締まる子もいたりするので、太っているから恋愛対象から外すのは非常にもったいない。

       バスは料金が高いため、雨や雪の日以外はオススメしない。
    • 施設・設備
      電子システム工学科と看護学科の施設は最近できたため、非常に綺麗。
      また、電子棟と看護棟だけエアコンが集中ではないので、いつでもエアコン利用することできる(非常に大事なことです)。

       あと、自習室がヒノキの香りがして、居心地がいいです。

       図書館は、なぜか年中暑いのと、ボイラーが近いため低音がうるさいです。
    • 友人・恋愛
      工学部にいて、彼女なんてできない。無理です。諦めるしかない。
      部活やサークルに入って、努力しないとダメです。

      3年生の夏がタイムリミットと思った方がいいです。
      琵琶湖が非常に近いため、キャンプやBBQ、海水浴、花火とアウトドアがめいいっぱい楽しめるので、頑張れば彼女できるはずです。

      諦めた時点で、イベントの日には同性の友人と楽しくバイトです。
    • 学生生活
      年に2回、文化祭がある。
      実質、音楽会(軽音部・ビックバンド部・アコースティックサウンドクラブ)が舵を握っていると強く感じる。
      なので、音楽会以外の人達にとっては、部費稼ぎ、もしくは出会い目的な感じの文化祭なんじゃないの...って思う人もいるよ
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一般教養が皆無に等しいので、専門を勉強したい人にとっては天国である。
      1~2年次に本学科のミソが固まっている。
      3年次は専門の中でもさらに専門的な分野の勉強をする。

      ちなみに、本学科の山は2年の後期である。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 滋賀県立大学
    女性在校生
    人間文化学部 国際コミュニケーション学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      国際的な事を学びたい、また留学をしたいと考えている人にとっては非常に良い環境だと思います。特に留学は交換留学の提携校が多く、交換留学生として留学できる可能性が他の大学よりも高いように思います。
    • 講義・授業
      国際コミュニケーション学科は、人間文化学部に所属しているので、専門科目の他に幅広く様々な授業を受けることができます。そこで新たに興味深いことを見つけることもあります。
    • 研究室・ゼミ
      現時点では、私がやりたいと思うことに一致するようなゼミはありません。ですが、興味を持っている分野もいくつかあります。新たにやってみることで発見できることがたくさんあると思います。
    • 就職・進学
      今年度初めて卒業生を出した学科なのでまたまだ分かりませんが、今回の状況を見る限り良い結果だったのではと思います。就職には語学力が活かせるので、様々な可能性があるのではないでしょうか。
    • アクセス・立地
      最寄駅は普通電車しか停まらず、ラッシュ時以外は基本的に30分に一本です。また最寄駅から学校までは遠くバスもしくは自転車が必要になります。多くの人が自転車を利用していますが、雨の日や雪の日にはバスが大変混雑します。
    • 施設・設備
      国際コミュニケーション学科には、他の学科には無い学科専用の自習室があります。大学は非常に広くて大変ですが、国際コミュニケーション学科は割と便利なところに位置していると思います。
    • 友人・恋愛
      学科内での交流は盛んですが、他学科とは少し孤立している印象があります。部活、サークルや特定の授業以外は関わる機会が少ないです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎です。英語関連の授業と第二外国語の授業、他には人間学や地域に関する授業などがあります。取る単位に制限はないので自由に取れます。
    入試について
    • 学科志望動機
      大学の建物の雰囲気が良く、留学制度が整っていたからです。勉強できる分野の幅も広そうだという印象も受けました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      学校の授業を真面目に受け、分からないところは先生に聞くなど、とにかく学校を頼りにしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 滋賀県立大学
    女性在校生
    環境科学部 環境政策・計画学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-16投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      少人数制のため、生徒と教師との距離が近いということは、地方国公立大学の強みだと思います。生徒同士も仲良くなりやすいと思います
    • 講義・授業
      講義は私立大学と比べると、小さな部屋で行われ、生徒に答えさせたりと理解を確かめてもらえます。サボりにくいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      研究室には、5~6人ほど配属されるため、教授からしっかりとした指導が受けられるという点で安心できると思います。
    • 就職・進学
      進学する生徒は少ないと聞きました。滋賀県の企業や公務員になる人が多いと聞きました。教授のコネとかもあるみたいです。
    • アクセス・立地
      アクセスは良いとは言えません。駅は快速が止まらないため行きにくく、駅からも遠いです。バスや自転車が必要です。
    • 施設・設備
      施設は立てられたばかりということもあって綺麗だと思います。広いわけではないですが、移動距離も少なくてすみます。
    • 友人・恋愛
      1、2年の頃は少し忙しいかもしれません。でも、サークルやアルバイトなど、大学生活が充実していると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      夏休みは主にセンターの勉強、夏休み明けから二次に向けた勉強を始めました。
    入試について
    • 学科志望動機
      環境に関わる仕事がしたいと思ったからです。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      アクシス
    • どのような入試対策をしていたか
      主に問題集や学校の授業を大切にしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 滋賀県立大学
    男性在校生
    人間看護学部 人間看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-12投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自分が学びたいことをしっかり学べるし、大学院にいかなくとも保健師や助産師ねか資格もとることができるから
    • 講義・授業
      先生が分かりやすく授業をしてくれと、また放課後でも質問に答えてくださり勉強の質も高めることがでかるから
    • 研究室・ゼミ
      日本の看護のお偉いところから表彰をいただいている先生もいて、充実していて、自分のやりたいことができる
    • 就職・進学
      実習でお世話になった病院にも就職できるし、働きたい病院から奨学金もいただけて集中して学校に専念でくる
    • アクセス・立地
      駅から遠く、また電車が各駅停車の電車が1時間2本しかとまらないのでとてもこみあいふぼんでありかえてほしい
    • 施設・設備
      看護棟は比較的新しく設備じたいは非常に充実しているが看護棟にあるパソコンは起動が遅く学習しずらいから
    • 友人・恋愛
      1学年70人と非常に少なくだんしは4学年ど20にんしかいない弁絆団結というのが強く充実しとおくれている
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      今は看護の基礎を学んでいてグループワークが多い
    進路について
    • 就職先・進学先
      病院での看護師
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      初めは施設や設備が充実している大きい病院ではたらきたい
    入試について
    • 学科志望動機
      看護をつよく学びたいのと色々な資格もとれる
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      田中学習塾
    • どのような入試対策をしていたか
      面接だったので話ことをときいにするために
    この口コミは参考になりましたか?
  • 滋賀県立大学
    女性卒業生
    人間文化学部 生活デザイン学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      デザインを勉強したい人、自分をデザインによって表現したい人にはとてもよい学科です。デザイン学科の講義は全てが勉強になりますし、先生もその道のプロたちばかりで、親身にアドバイスしてくれます。自分がやりたいと思えば何でもサポートしてくれる環境があります。
    • 講義・授業
      学科専門の講義はなんだかんだでとても楽しかったです。課題が毎週ある講義もあり、時にはみんなで学校に朝までいたこともありますが、それらもとても楽しかったし、みんなの作品や作業風景をみるのも勉強になります。先生も厳しい事をいう時もありますが、1人ひとりに親身になってくれていることの表れです。やる気があればあるだけ、いくらでも成長できる環境の整った学科です。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は10近くあり、自分がしたいことに一番近い先生のもので研究または製作を行います。デザイン学科と言っても、製作はしなくて論文のみの研究室、がっつり製作の研究室などがあります。自分にあった研究室に入れば、先生の研究室の友達もサポートしてくれ、充実した研究、製作ができます。したいことを言えば、いろんな企業や製作所に橋渡ししてもらえる環境も整っています。
    • 就職・進学
      就職課で定期的に就職説明会を大きな講義室で行います。個人のサポートとしては就職課というか、学生課にはそんなにアットホームな雰囲気は感じられなかったので普通の評価とさせていただきましたが、質問したり面談したりすれば何でもサポートしてくれると思います。
    • アクセス・立地
      駅から少し遠く、自転車で20~25分かかります。バスもありますが、電車が遅れたりしたら先に出てしまうこともしばしば。でも自然の多いいいところなので、春や秋は綺麗な景色を見ながら登校できます。
    • 施設・設備
      製作するための道具の設備や印刷設備は充実しています。学生証があれば専門の部屋にもはいれるので、いつでも使いたい時に使えます。また欲しいものがあれば先生に相談すれば、経費で買うことを検討してもらえたりもしました。
    • 友人・恋愛
      課題の大変さから、一致団結のような絆がうまれました。恋愛面では男子が極端に少なく、少ない年は男子1人と女子30人という場合もあるので、サークルなど他の活動で恋愛はしたほうがいいかもしれません。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年目は総合的なことと、専門的なことの基本を学びました。三年目から服飾、住居、道具の三分野にだいたい別れましたが、デザインマーケティングという新分野の講師の方もいて、幅広い分野の講義を自分で選択することができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      宮尾学研究室、今はもう移動されました
    • 所属研究室・ゼミの概要
      デザインマーケティングがおもです。このゼミは卒業論文タイプで、インタビュー調査をしたり数字やグラフを使った調査を多く行いました。デザイン自体というよりも、マーケティングの観点からデザインを考えるという新しい視点で、とても楽しかったです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ケーキ屋、パティシエ
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      デザイン学科からパティシエに進む方はある程度いるそうです。友達のほとんどは住宅会社やデザイン会社や広告会社に進みました。わたしはもともとお菓子を作ることというか、どんなお菓子を作るか考えることが好きだったので、デザイン学科に入ったことは無駄ではなかったです。
    入試について
    • 学科志望動機
      デザインを学びたいと漠然と考えていたのですが、いろんな分野のあるこの学校なら入学してからでも自分のしたいことを見つけられると思ったからです。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • どのような入試対策をしていたか
      デザイン学科ということで、デッサンがありましたので、高校の美術の先生に個人的に指導してもらいました。あとはデザインや新しい物などにアンテナをはり、そういう文章を書く練習もしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 滋賀県立大学
    女性在校生
    環境科学部 環境政策・計画学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-02-25投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学部は、広い分野の事を学ぶため、将来の選択肢が多く、色々な視点の意見や知識を身につける事ができると思う。立地は駅から遠く、最寄りも電車の本数が少ないため、交通の便は、とても悪い。
    • 講義・授業
      広い分野の専門性を持った教授がいるため、自分の興味のある分野を広い選択肢の中から選び、教授も選ぶ事ができる事は、少人数の学科であるからこその利点であると思う。
    • 研究室・ゼミ
      研究室に配属される人数は4〜6人ほどで、教授からの細かい指摘や指導を受ける事ができるところは良い点であると思う。
    • 就職・進学
      大学院へ進む先輩は少ないと聞いた。民間企業や公務員の道に進む人が多く、それに対するゼミや講義などはきちんと準備されていると思う。
    • アクセス・立地
      滋賀県の彦根に存在し、京都駅からは一時間かかるため、交通の便が悪い、冬場になると、雪がたくさん降るため、電車の遅延やバスの遅れなど面倒臭い事も多い。
    • 施設・設備
      施設自体は、大学ができてまだ30年ほどなので汚くはなく、広すぎず、移動は楽であると思う。少人数の授業が多く、教室も大きくない。
    • 友人・恋愛
      学部の人数が少なく、学部内での話し合いやグループワークも多く、仲良くなる機会が多いため、人間関係でも充実させる事ができると思う。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      まだ一回生のため、専門的な事を身につけられていないが、コミュニケーション能力やレポート作成能力はすこし高まったのではないかと思う。
    入試について
    • 学科志望動機
      第一志望に落ち、環境について学べる学科を探したため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      能開塾
    • どのような入試対策をしていたか
      センター前はセンター対策を行い、それから二次対策を行った。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 滋賀県立大学
    男性卒業生
    人間文化学部 人間関係学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2015-06-27投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      少人数なので全体の仲が良いです。
      授業は講義ばかりでなく、フィールドワークや討議などの実習もあるので退屈しません。
      場所が駅から離れており、自転車がないと移動が不便というのがつらい。
    • 講義・授業
      授業は講義ばかりでなく、
      フィールドワークや討議などの実習もあるので退屈しません。
      あまり深い内容まで学べないのが残念かな。
    • 研究室・ゼミ
      自分の好きな論文などを取り上げて発表、
      その後教授が一方的に喋るという内容だったのでつまらなかった。
      ただ、内容はゆるく、お菓子などを振る舞ってくれたのは良かった。
    • 就職・進学
      就職についてはあまりサポートしてくれない。
      学んだ内容を直接就職に活かすのは難しい。
      そのため、業種はかなりバラバラだった。
      良い意味で言えば、色々な分野に可能性がある。
    • アクセス・立地
      場所が駅から離れており、自転車がないと移動が不便というのがつらい。
      バスもあるが、本数が少ない。
      周りは何もないので、ちょっとした空き時間は大学にこもるしかない。
    • 施設・設備
      比較的新しいので、構内はきれい。
      学習に必要な環境もある程度揃っている。
      しかし、トイレに石鹸や乾かす機械がないのは不便だと思った。
    • 友人・恋愛
      少人数なので全体の仲が良いです。
      学園祭は学科が一丸となって取り組みます。
      穏やかな人が多く、居心地は良い。
      大学全体の男女比はあまり変わらないので、
      異性と出会うチャンスは十分にあり。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      心理学や社会学が中心に、幅広い内容を学べる。
    • 所属研究室・ゼミ名
      那須ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      教育に関連した論文を取り上げ、ゼミで紹介。
    進路について
    • 就職先・進学先
      東洋紡績株式会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      在学中に内定を得られず、ニートは避けたいと思った。
      卒業後にたまたま採用されたので入社した。
      派遣の為、正社員を目指すために1年で退職したが。
    入試について
    • 学科志望動機
      心理学が学べるところを探していて、高校の先生が紹介してくれた。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      利用していない。
    • どのような入試対策をしていたか
      国語や英語の論述問題を解いたり、面接の練習。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 滋賀県立大学
    女性在校生
    環境科学部 生物資源管理学科 / 在校生 / 2013年入学
    2015-06-26投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      農学系に興味があるが具体的には決まっていない人にはいい学科だと思います。なぜなら、3回生までコース等は決まらず、講義もほとんどが選択性なので、あらゆる分野の授業を受けることが可能だからです。ですから、3年間で私はこんなことに興味があったんだ!という発見も多々あります。
      また、このように様々な知識を得ることが出来るので、物事に対する見方考え方も多面的になると思います。
      一方で、これについて研究したい!と思っている人にとっては講義や学生実験は物足りないものに感じるかもしれません。ですが、教員はフレンドリーな方が多いので積極的に接触して、1回生から研究を始めることも可能だと思います。
    • 講義・授業
      農業経済や育種、微生物、遺伝子工学、土壌・水環境、水産など様々な分野の授業があるため、幅広い知識を身に付けることが出来ると思います。単位も選択性のものがほとんどなので、個々の趣向に合わせて授業を取ることが出来ます。
      しかし、授業の幅が広すぎるため、全体的に知識量が浅くなってしまうことが多いように思います。その場合は、積極的に教員に質問したり自学するなどの必要があるでしょう。
    • 研究室・ゼミ
      教員1人1人が研究室を持ち、1教員に対し学部生4人程度が配属される形になっています。こちらも様々な分野の教員がいらっしゃるので、選択の範囲は広いと思います。まだ私は研究室に配属されていないので詳しいことはわかりませんが、実用性があったり興味深い研究は多いと思います。
    • 就職・進学
      農業土木関係の公務員やJAなど農学部系の就職先が多いと思います。特に農業土木系の公務員を志望する際には、先輩の方や先生のサポートも手厚いです。
    • アクセス・立地
      学科棟は大学の一番奥にあるため立地はあまりよくないかもしれません。しかし、圃場が学内にあり棟のすぐ近くで広いため研究はしやすいのではないでしょうか。自然豊かな大学ですので、散歩するだけでもリラックスできます。
    • 施設・設備
      環境科学部棟は環境に配慮した施設となっているので(節電運動)、正直暗いと感じることがあります。設備も公立なので揃いきっていない面も多々あります。
    • 友人・恋愛
      農学系の学科なので、比較的穏やかな人が多いと感じました。ですので、居心地はいいと思います。環境科学部全体でフィールドワーク等の授業を行うため、他学科でも友達を作るチャンスは多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      生物資源管理学科ですので、身の回りにある生物資源がどのようなものであるのかと、それを如何にして利用・管理すべきなのかについて学ぶことが出来ます。
    入試について
    • 学科志望動機
      農業が盛んな滋賀県という環境で、農学について学びたかったから。植物病理学に興味があったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      地域の塾
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を解き傾向を判断し、それに見合った問題集も解いていた。
    この口コミは参考になりましたか?
34件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

滋賀県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

滋賀県立大学の画像 :©桂鷺淵さん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

茨城県立医療大学
茨城県立医療大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:57 - 62
★★★★☆4.24 (17件)
茨城県/公立
首都大学東京
首都大学東京
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:60 - 62
★★★★☆4.01 (148件)
東京都/公立
三重県立看護大学
併願校におすすめ
偏差値:58
★★★★☆4.00 (2件)
三重県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。