みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京工芸大学   >>  口コミ

東京工芸大学
東京工芸大学
(とうきょうこうげいだいがく)

私立東京都/中野坂上駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:BF - 42.5

口コミ:★★★★☆

3.58

(134)

東京工芸大学 口コミ

★★★★☆ 3.58
(134) 私立内393 / 569校中
学部絞込
1341-10件を表示
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    工学部の評価
    • 総合評価
      悪い
      情報コースだが、物理化学数学がとても多い
      勉強したい人に対してはちょうどいいのかもしれない
      数学苦手な人でも何とかついていける
    • 講義・授業
      悪い
      数学難しい高校でやってこなかった人は物理も化学も難しいです。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      2年の後期から始まるそうですけどまだ1年なので分からない
    • 就職・進学
      悪い
      十分だと思うが学習支援センターなどを使わないとついていけない
    • アクセス・立地
      悪い
      バスが時間通りに来ないことが多い
      山なので何も周りにないです。
    • 施設・設備
      悪い
      まぁまぁあると思うまぁまぁ充実
      近くにコンビニが欲しいなーと思います。
    • 友人・恋愛
      普通
      違うコースの人でもとても仲良くなれる学年が違くてもサークルなどですぐに仲良くなれる
    • 学生生活
      悪い
      まぁまぁ充実していると思う。イベントごとにサークルが参加している
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      情報コースじゃなくても1年の前期は必ず皆パソコンの授業がある後半になるとプログラミングもどのコースもやる
      主に数学の授業
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      パソコン教室などの先生になりたい御年寄にも優しく教えられる先生になりたいです。
    • 志望動機
      パソコン上手くなりたかった
      家から近くの学校だったので選びました。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:603875
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    芸術学部ゲーム学科の評価
    • 総合評価
      普通
      大学でゲームを勉強したいならいいと思うが専門学校で勉強してもいいと思うが設備は結構整っているのでためになると思う
    • 講義・授業
      普通
      専門科目は先生方の詳しい指導が身になる、選択科目は難しかったり簡単だったり 割と変動する
    • 就職・進学
      普通
      就職支援科による相談受け付けやキャリアデザインの授業による近年の傾向のお知らせなどが分かりやすい
    • アクセス・立地
      普通
      個人的に電車で遠くから通っているので大変なところもあるが都内なのでアクセスはしやすい
    • 施設・設備
      良い
      専門的な設備が揃っていて最近では新しい棟も出来たのでまたできることが増えた、また学食や生協も整っている
    • 友人・恋愛
      普通
      友人関係はとても良好でたくさんの関わりがある、サークルや同好会も数多い
    • 学生生活
      悪い
      芸術学部なのでその方面のサークルは沢山あるが都内のキャンパスなので運動サークルに入るとなると工学部の厚木の方まで行かなければならない
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次はゲームの基礎を、二年次からはゲームの制作を行い始め、最終的には基本的なゲームを作る力をつけることが目的
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      都内の大学であり、ゲームを専攻できる大学としてはかなり有力だと思いここを志望した
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:597355
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    芸術学部写真学科の評価
    • 総合評価
      普通
      やる気や積極性があればどんどん向上すると思う。実技が少ないのでそれ以外でやる気がなかったらあまり意味がない気がする。 写真系のサークルは中野も充実しているのでサークルに入るのをオススメする。
    • 講義・授業
      普通
      実技の授業が1週間に3時間分しかないのが少ないと感じる。周りの生徒でも、学費に対して教えてもらえる量が合ってないと言って辞めた人もいた。写真だけをたくさん学びたい人は専門学校に行ったほうがいいと思う。でも、写真を学びながらバイトをしたりサークルをしたりもう少し就職前に遊んでいたいという人なら良いと思う。
    • 就職・進学
      普通
      有名な卒業生をそんなに聞いたことはない。自分は1年生なのでまだよく分からないが、就活支援の放送がよく流れているからサポートはそれなりにはしてくれると思う。
    • アクセス・立地
      良い
      駅から大学まで7分くらいで行けるので遅刻しそうでもダッシュすればなんとかなることが多い。新宿まで徒歩でも行けなくはないし電車で2駅先なので空きコマとか大学帰りに遊べる。
    • 施設・設備
      悪い
      カメラは授業では良いものを貸してくれるが、授業外の貸し出しセンターの機材はあまり良くないものが多い。だんだん授業外で撮影しなければいけないことも増えてくるのでカメラは持ってなくても良いと言いつつも買わないといけないと思う。
    • 友人・恋愛
      良い
      入学してすぐにカップルが何組か出来ていた。写真学科はぼっちみたいな人も特にいない。
    • 学生生活
      悪い
      厚木はサークルが充実している。中野はサークルあんまりないし文化祭も厚木の方が力を入れている。厚木は遠くて根気がなくて通えない人は充実できないと思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は週に1回3時間の写真の実技でデジタルからアナログまで幅広く学ぶ。決められたテーマで写真を撮るという課題を何回かやって、最終課題では自分で自由にテーマを決めて好きな作品を作るというものがある。講義では写真の歴史を学んだりシステムを学んだり。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      写真に興味があり、写真系の大学でここであれば自分の学力でも入れると思ったから。立地も良かった。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:597132
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    工学部建築学系の評価
    • 総合評価
      良い
      人それぞれだけど満足すると思う
      教えてくれる人も楽しくて面白い人ばかりだしたくさん教えてくれる。アドバイスもくれていい
    • 講義・授業
      普通
      とても楽しく授業を受けれています
      面白く授業をしてくれる先生もいます
    • 就職・進学
      良い
      いろいろとアドバイスをくれます
      頑張ってる人にはたくさんアドバイスをくれます
    • アクセス・立地
      良い
      家がちかいのですぐです
      自然もあってとてもすてきなところだと思います
    • 施設・設備
      良い
      綺麗な方です
      結構しっかりしてる造りだと思うし綺麗だから過ごしやすい
    • 友人・恋愛
      良い
      友達は多くできます
      趣味が合う人がいると楽しいし友達がいっぱいできる
    • 学生生活
      良い
      とても楽しいです
      みんなと楽しんでイベントができるとのはたとてもいい
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      建築関係の基本的なところから発展したところまで丁寧に教えてもらえる
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      その学科に興味があったから
      友達もそこに行くと言っていたので決めました
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:593713
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    工学部建築学系の評価
    • 総合評価
      悪い
      お勧めしません。今のところあんまり身になる授業ではないです。もっと自分から考えられる人になりたいなら、この大学はお勧めできません。
    • 講義・授業
      悪い
      製図の授業の時に時間が決められていて、丁寧に出来ません。何を言ってるのかよくわからない先生や変に時間を伸ばそうとする先生がいます。教授の当たり外れが激しいです
    • 研究室・ゼミ
      普通
      まだ1年生なので分かりません。
    • 就職・進学
      普通
      まだ1年生なので分かりません。ただし、1年の頃からキャリアという授業を受けさせられます。
    • アクセス・立地
      悪い
      バスが出ているのですが、雨の日は大変遅れていて行列に並び、授業に遅れることがあるので早く出なければなりません。また、金額も高く、朝や夕方はほとんど時間通りではありません。一番近くてマックしかないです。
    • 施設・設備
      悪い
      1人1台製図版が使えます。しかし知らぬ間に誰かに使われていたりします。また、孤立した建物なので毎回移動する度に雨の日は傘が必要ですし、寒い日はコートを着なければなりません。
    • 友人・恋愛
      普通
      恋愛関係はよく分かりませんがあんまり充実していないように感じます。友達はクラスごとに別れて授業を受けるので出来やすい人と出来にくい人がいます。
    • 学生生活
      悪い
      サークルは中野と厚木で分かれていてなかなか入りたいところには入れませんでした
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は学年ごとに違うので分かりませんが、興味のない分野も沢山はいってきます。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      建築業界の設計
    • 志望動機
      家を自分で設計したいからです。そして、大学を出ることで建築士の試験を受ける資格を得るからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:591457
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    芸術学部写真学科の評価
    • 総合評価
      良い
      自分の好きな事や趣味を活かして、学びとして大いに伸ばすことが出来る。
      また、障がい学生や生まれつきの病気持ちの学生などに対するサポートもしっかりしており、先生や事務の方が十分に理解してくださるため、過ごしやすい。
    • 講義・授業
      良い
      先生によって、学生を必ず参加させる充実した講義と、一方的に授業しノート取りやレジュメの記入の機会もない講義に分かれる。
      先生方は皆プロで活躍されているので的確で丁寧な指導を行い学生の成長を後押しする。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年生から前期と後期それぞれに所属可能。
      先生の数も多いためゼミの種類も多く、学生それぞれの個性や得意、伸ばしたい分野に合わせやすい。
      「フィルム」「人物」「現代写真」「展示」など多数。
    • 就職・進学
      良い
      写真学科はほとんどが写真業界に進出。写真館「博報堂プロダクツ」を始めとしたプロカメラマン領域を目指すことも可能。他に「プリンター(写真の印刷屋)」「写真展企画」など。
      就職支援課がサポートする。
    • アクセス・立地
      良い
      東京メトロ丸ノ内線「中野坂上」駅から徒歩10分。
      キャンパスがリニューアルされたばかりのため、トイレや休憩スペースを含め綺麗な状態。
      住宅街の中に建てられているためそこまで広域な敷地ではないものの、中庭も完備されているため過ごしやすい環境ではある。
    • 施設・設備
      良い
      フィルムの暗室、デジタル写真の編集室、スタジオもいくつか完備。写真学科制作センターからカメラやレンズなどの機材を1週間レンタルすることも可能。
    • 友人・恋愛
      良い
      共通の趣味がきっかけで友人関係、恋愛関係に発展するケースは少なくない。
      芸術学部のため当然「カメラが好き」「鉄道が好き」「アニメが好き」「ゲームが好き」など色々な個性を持った学生がたくさん存在するため、「自分はオタクだから…」と肩身の狭い思いはしなくて大丈夫。
    • 学生生活
      良い
      「写真部」「カラー写真部」「報道写真部」「フォトイズム」と写真部だけでも4つ存在する。このため2部兼部する学生も少なからずいる。定期的に学内展示やギャラリーを借りた展示、作品コンテスト出品などを行っている。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      実技授業「写真制作Ⅰ?Ⅲ」の他、講義形式で写真表現や写真の歴史、カメラのシステムなどについて勉強できる。
      また、心理学や色彩学、視覚伝達論など、写真とは直接関係は無いものの芸術表現に結びつく科目も多数存在する。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      公務員になり、週末は写真活動ができるようにしたいと思っている。
    • 志望動機
      元々写真を撮ることが好きだったので、この大学を通して成長したいと思ったから。
      将来もカメラマンにならず趣味で留めておくとしても、「好きなことを十分に活かして学べる大学生活を送りたい」という意思があれば、大学の「名前ブランド」で選ばずここに来てもいいと思う。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:562666
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    芸術学部デザイン学科の評価
    • 総合評価
      良い
      よく書いてありますが、自分次第です。目的、目標を持って貫いていける人や、課題などコツコツ頑張れる人、パソコンが得意な人がやはり伸びるかなと思いました。普通の大学に入らなかった分、不思議な授業があったり、不思議な友達と巡り会えたり、案外楽しいです。
    • 講義・授業
      良い
      基本的に取りたい授業を取っているのですが、課題がよくわからない授業や、思っていたのと違う授業もあります。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      まだゼミを選択していないのですが、聞いた話によると入りたいゼミに入れないこともあったり、雰囲気がそれぞれ違うので合わないゼミもあるのですが、実際に経験した人に聞かなければ分かりませんでした。
    • 就職・進学
      普通
      工学部は電車内の広告にあるように実績もあるらしいですが、芸術学部はよくわからないです。
    • アクセス・立地
      悪い
      厚木キャンパスはバスが良くないかなと思います。本数も少なく、道も一車線で雨の日渋滞したら待たされます。 中野キャンパスのアクセスはそんなに悪くはないかなと思います。
    • 施設・設備
      普通
      厚木キャンパスは特に言うこともない感じですが、中野キャンパスの図書館は小さく、自習スペースもテーブルがくっついているため、あまり集中できない時もあります。うるさい人がいたりもします。
    • 友人・恋愛
      良い
      特に可もなく不可もなしという状況な気がします。自分は、すぐに友達ができるタイプではないのですが、周りも普通の大学よりはおとなしい人が多く、その点はいいかもしれないです。 大学の方が彼氏彼女ができやすいかなと個人的に思いました。
    • 学生生活
      良い
      友達に誘われたのと、自分で入りたかった部活に入りました。しかし、厚木キャンパスから中野キャンパスへ芸術学部が集結したため、体育館がありません。 イベントは今のところ一度も参加していないため、よくわかりません。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は4つの領域から興味のあるものを2つ以上選択です。2年になるとデザイン演習も4つの領域から1つ、もしくは2つ抽選です。さらに4つの領域の授業も別であります。ここからは曖昧ですが、ゼミはいつからかわからず、3年次からゼミ選択→抽選です。4年次は卒業制作や就職活動らしいです。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      決まっていない。
    • 志望動機
      大学受験の際、塾講師の方からものづくりが向いているのではと指摘されたのと、その当時はコピーライターになりたかったからです。そして普通の大学に入りたくなかったからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中7人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:534350
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 2]
    工学部の評価
    • 総合評価
      良い
      学校内でかなり学力に差があります。滑り止めで来た人、推薦できた人かなり幅があるらますが、教養の授業は16段階でレベル別に分かれているのでそこまで気にすることはないかと思います。(たまにうるさいと思う時もありますが)専門科目に関してはどの大学でもやっていることは同じです。教授陣も本当にプロフェッショナルな人たちなので本当に生徒のやる気次第だと受けていて思います。またさらにやりこみたいときは教授に相談すれば良い本などを紹介してくれます(実際図書館にある)ので良い大学だと思います。また他の私立よりカウンセリングなどがかなりしっかりしていると感じました。相談所があるのですがそこの雰囲気も良くなんでも相談できるのでとても支えになっています。
    • 講義・授業
      良い
      製図室がとても綺麗で、授業もやく20人前後に1人教授または講師(実際そとで設計事務所をやっている)ひとが指導してくれます。1年前期は既にある建物の図面を描いたり模型を作ったりしますが、後期からは完全に自分で考えて設計します。求められるレベルは高く学期末ごとに優秀作品ばかりも集めて講評会があるのでそれに選ばれるようにやるのでかなり忙しくなりますが、逆にそれが乗り越えられなければ将来建築士としてやって行けないと思うのでとても良い経験になると思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      建築といっても製図ばかりやっているのではなく、デザインを学建築デザイン概論や設備(空調や水道、窓)の環境学、建物が倒れないようにする建築構造力学、歴史を学ぶ西洋建築史 近代建築史 日本建築史 法規 情報など建築学科にはたくさん学ぶことがあり、工芸大もたくさん授業があるのでかなり密度の濃い4年間になると思います。先生から伺ったのですが建築界では工芸大建築学科は情報(CADなど)教育が良いと言われているのだとか。
    • 就職・進学
      良い
      風工学(風が建物に与えることの研究、ビル風など)が有名です、何年か前は国から指定された研究所だったらしくその時に建った実験場があります。私はまだ1年生なので入ったことはないのですが風分野に関しては日本でも屈指のらしくよく他の大学と連携して研究したり、検証番組の取材が入っているようです。
    • アクセス・立地
      悪い
      中野にあるキャンパスのアクセスはかなり良いのですが、工学部は神奈川県の厚木市の本厚木駅が最寄りです。駅近くにあればいいのですが、工学部というとことあって沢山の実験場などが必要なことから少し離れた所にあり毎回バスでの移動が必要です。私は大学近くに下宿しているので詳しい値段は知らないのですがたしかに毎日往復のバス代を考えると少しアクセスは悪いと言わざる言えません、、、。
    • 施設・設備
      普通
      建築学科の設備は充実しています。うちの大学で有名な風工学研究所からほかの実験場までたくさんありますし、製図室もとても広く綺麗です。大学内ではいちばん建築学科が場所と施設も持っています。
    • 友人・恋愛
      良い
      私は部活に所属しているので学科を超えて交友関係があり、多くの友人をもちとても楽しい毎日を送っています。建築学科は建築物を外に個人で見に行く課題があったらり大きな模型を作らなければいけないのでその助っ人を頼んだり、建築アイデアを出し合ったりするので、友達がいなければとてもやって行けないと思います。
    • 学生生活
      悪い
      学部が少ないとかもあり、総合大学ではないので沢山の部活はありません。工学部ですしみな課題が忙しく、部活やサークルが中心とはなかなか行かないのですが、部がある以上しっかりとみな活動しているので大学生活も彩る少しの要素として捉えていただけると良いと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      建物を設計する、設計製図は2年まで必修、3.4年は選択。設備を学ぶ環境学や構造を学ぶ構造力学、建築法をまなぶ法規、歴史の近代建築史、西洋建築史、日本建築史、 パソコンで設計するための情報、デザインを学ぶ建築デザイン概論、建築ゼミ、測量学など他にも多くたくさんあります。
    • 就職先・進学先
      決まってない。
    この口コミは参考になりましたか?

    8人中8人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:493035
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    工学部の評価
    • 総合評価
      普通
      偏差値低くて誰でも入れる。授業料が高い。大学の周りには何もない。やる気のない生徒ばかり。教員は有名な人が多くいる。
    • 講義・授業
      普通
      ほんとに教員による。張り切っているのもいれば、だるそうに授業するものもいる。分からなければ学習支援センターで聞くことができる。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室はたくさんの種類から選ぶことができる。基本は希望に沿うことができるが、たまに想像と違う研究室に配属される事がある。
    • 就職・進学
      良い
      就職率が異常に高い。が就職先は聞いたことのない会社ばかり。就職できても良い会社には入れないと思っていた方が良い。
    • アクセス・立地
      悪い
      駅から歩いて1時間。自転車で30分。バスは大混み。遅延がひどい。学校の周りには何もなく遊ぶところもない。
    • 施設・設備
      良い
      パソコンが多くあり、自由に使うことができる。体育館も綺麗で広い。がほとんど使う事はないだろう。
    • 友人・恋愛
      悪い
      いわゆるインキャばかり。おとなしい人ばかりで一匹オオカミが多い。女子が少ないため恋愛は求めない方が良いだろう。
    • 学生生活
      悪い
      やる気のない部活、サークルばかり。文化祭も酷すぎる。何も楽しくない。バイトして金稼いだ方がまし。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      とにかく工業の広い分野が学べる。自分でも広すぎて何をやっているのか分からなくなる。コンピュータを使う授業は楽しく役立つものばかり。
    • 就職先・進学先
      ほとんどが無名の中小企業。大企業へは行かないと覚悟しておいた方が良い。
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:492365
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    工学部の評価
    • 総合評価
      良い
      幅広い分野に対して触れることが多く、世界にある様々な技術に気づかされ、見識が広がりました。見識が広がる分、自分にとって本当に興味のあるものがなんなのかが分かり、人生の通過点ではなく分岐点になる学科になったと思います。
    • 講義・授業
      良い
      どの先生も優しく、丁寧に教えてくれます。どんな初歩的なことでも聞きやすい雰囲気で、聞けば分かりやすく教えてくれるため、講義の理解を進めたい人にとって先生の充実度は高いです。
    • 就職・進学
      良い
      就職支援課があり、就職に対していつでもサポートしてくれます。また、キャリアワークの講義があり、社会人に必要なコミユニケーションやマナーなどを基礎からじっくり教えてくれます。その他にも、掲示板などに東京工芸限定の企業説明の紹介もされており、就職のサポートは十分かと思います。
    • アクセス・立地
      普通
      通学のしやすさは少し微妙です。校舎が駅から遠く離れた場所にあり、バスで20分ほどかかります。しかし、駅から遠く離れていることもあり、校舎周辺はとても静かで騒音などはなく、勉学に集中できる環境です。
    • 施設・設備
      良い
      施設は新しいものもあれば、古いものもあります。座学のみの講義では古い施設を利用することが多く、実習での講義では新しい施設を使います。新しい施設は、環境が綺麗に整っており、私立らしさのある快適な環境になっていると思います。
    • 友人・恋愛
      良い
      気さくに話しかけてくる方が多く、友人関係は作りやすいと思います。また、講義でも誰かと一緒に作業をすることがあるので、その際に友好関係が結ばれることも多々あります。
    • 学生生活
      良い
      サークルも多く、また幅広く、たくさんの人が参加しています。一年に2度学祭があり、サークルに入っている人は充実した学校生活を過ごせると思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      学科ではなにか一つの分野を専門的に(集中的に)勉強するのではなく、幅広く様々な分野を勉強していきます。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 志望動機
      私がこの学科を志望した理由は、私がCGやプログラミングや映像に興味があり、その幅広い好奇心を充実させてくれて学ぶことの出来る学科を探した時に、東京工芸のメディア画像学科を見つけ、志望しました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:599499
1341-10件を表示
学部絞込

東京工芸大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

基本情報

住所 東京都 中野区本町2-9-5
最寄駅 東京メトロ丸ノ内線 中野坂上
都営大江戸線 中野坂上
電話番号 03-3372-1321
学部 芸術学部工学部
概要 東京工芸大学は、東京都中野区に本部を置く私立大学です。通称は「工芸大」。1923年、当時のコニカ社長が日本で初めての写真学校を開校。これが今の東京工芸大学の基となっています。大学の中に工学部と芸術部がある、全国的にもユニークな学部構成になっています。芸術と工学の両面から人々の暮らしに貢献できるものづくりに挑戦したいという学生が集まります。 キャンパスは2か所、神奈川県厚木市と東京都中野区にあります。 厚木市のキャンパスにある施設は世界最高水準の研究設備が揃っており、国内だけではなく世界から研究者が集まります。また、中野区のキャンパスでは、メディアアートの最新施設が備わっています。東京工芸大学の前身は写真学校であったことから、何人もの著名な写真家を輩出しています。

この学校の条件に近い大学

東京工芸大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

東京工芸大学学部一覧

おすすめのコンテンツ

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京工芸大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
つくば国際大学

つくば国際大学

BF - 42.5

★★★☆☆ 3.44 (46件)
茨城県土浦市/土浦駅
京都精華大学

京都精華大学

35.0 - 42.5

★★★★☆ 3.96 (132件)
京都府京都市左京区/京都精華大前駅
関西福祉科学大学

関西福祉科学大学

35.0 - 42.5

★★★★☆ 3.76 (150件)
大阪府柏原市/大阪教育大前駅
理系のオススメ大学
東京未来大学

東京未来大学

40.0 - 42.5

★★★★☆ 3.71 (75件)
東京都足立区/堀切駅
京都精華大学

京都精華大学

35.0 - 42.5

★★★★☆ 3.96 (132件)
京都府京都市左京区/京都精華大前駅
東北工業大学

東北工業大学

35.0 - 42.5

★★★☆☆ 3.45 (77件)
宮城県仙台市太白区/八木山動物公園駅

東京工芸大学の学部

芸術学部
偏差値:37.5 - 42.5
★★★★☆ 3.63 (100件)
工学部
偏差値:BF - 42.5
★★★☆☆ 3.43 (34件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。