みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京工芸大学

東京工芸大学

東京工芸大学

(とうきょうこうげいだいがく)

東京都 / 中野坂上駅 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:BF - 42.5

口コミ:★★★★☆

3.59

(125)

概要

東京工芸大学は、東京都中野区に本部を置く私立大学です。通称は「工芸大」。1923年、当時のコニカ社長が日本で初めての写真学校を開校。これが今の東京工芸大学の基となっています。大学の中に工学部と芸術部がある、全国的にもユニークな学部構成になっています。芸術と工学の両面から人々の暮らしに貢献できるものづくりに挑戦したいという学生が集まります。 キャンパスは2か所、神奈川県厚木市と東京都中野区にあります。 厚木市のキャンパスにある施設は世界最高水準の研究設備が揃っており、国内だけではなく世界から研究者が集まります。また、中野区のキャンパスでは、メディアアートの最新施設が備わっています。東京工芸大学の前身は写真学校であったことから、何人もの著名な写真家を輩出しています。
偏差値
BF - 42.5
(ボーダーフリー)
センター
得点率
40% - 72%

提供:河合塾

学部情報

偏差値
35.0 - 42.5
口コミ
3.6395件
学科
写真学科、映像学科、デザイン学科、インタラクティブメディア学科、アニメーション学科、ゲーム学科、マンガ学科
学べる学問
映像 デザイン 情報学 その他芸術
学費

入学金:25万円 年間授業料:106万円

偏差値
BF - 42.5
口コミ
3.5029件
学科
【募集停止】メディア画像学科、【募集停止】生命環境化学科、【募集停止】建築学科、【募集停止】コンピュータ応用学科、【募集停止】電子機械学科、建築学系、総合工学系
学べる学問
建築 機械工学 情報工学 電子工学 応用化学 ...
学費

入学金:20万円 年間授業料:92万円

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆3.59
(125) 私立内 377 / 569校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 女性在校生
    芸術学部 デザイン学科 / 在校生 / 2018年入学
    1番人数が多く、パソコンスキル必要
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ3|就職・進学3|アクセス・立地2|施設・設備3|友人・恋愛4|学生生活4]
    芸術学部デザイン学科の評価
    • 総合評価
      良い
      よく書いてありますが、自分次第です。目的、目標を持って貫いていける人や、課題などコツコツ頑張れる人、パソコンが得意な人がやはり伸びるかなと思いました。普通の大学に入らなかった分、不思議な授業があったり、不思議な友達と巡り会えたり、案外楽しいです。
    • 講義・授業
      良い
      基本的に取りたい授業を取っているのですが、課題がよくわからない授業や、思っていたのと違う授業もあります。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      まだゼミを選択していないのですが、聞いた話によると入りたいゼミに入れないこともあったり、雰囲気がそれぞれ違うので合わないゼミもあるのですが、実際に経験した人に聞かなければ分かりませんでした。
    • 就職・進学
      普通
      工学部は電車内の広告にあるように実績もあるらしいですが、芸術学部はよくわからないです。
    • アクセス・立地
      悪い
      厚木キャンパスはバスが良くないかなと思います。本数も少なく、道も一車線で雨の日渋滞したら待たされます。 中野キャンパスのアクセスはそんなに悪くはないかなと思います。
    • 施設・設備
      普通
      厚木キャンパスは特に言うこともない感じですが、中野キャンパスの図書館は小さく、自習スペースもテーブルがくっついているため、あまり集中できない時もあります。うるさい人がいたりもします。
    • 友人・恋愛
      良い
      特に可もなく不可もなしという状況な気がします。自分は、すぐに友達ができるタイプではないのですが、周りも普通の大学よりはおとなしい人が多く、その点はいいかもしれないです。 大学の方が彼氏彼女ができやすいかなと個人的に思いました。
    • 学生生活
      良い
      友達に誘われたのと、自分で入りたかった部活に入りました。しかし、厚木キャンパスから中野キャンパスへ芸術学部が集結したため、体育館がありません。 イベントは今のところ一度も参加していないため、よくわかりません。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は4つの領域から興味のあるものを2つ以上選択です。2年になるとデザイン演習も4つの領域から1つ、もしくは2つ抽選です。さらに4つの領域の授業も別であります。ここからは曖昧ですが、ゼミはいつからかわからず、3年次からゼミ選択→抽選です。4年次は卒業制作や就職活動らしいです。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      決まっていない。
    • 志望動機
      大学受験の際、塾講師の方からものづくりが向いているのではと指摘されたのと、その当時はコピーライターになりたかったからです。そして普通の大学に入りたくなかったからです。
  • 女性在校生
    工学部 【募集停止】建築学科 / 在校生 / 2018年入学
    個性が光る大学。
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ5|就職・進学5|アクセス・立地2|施設・設備3|友人・恋愛5|学生生活2]
    工学部【募集停止】建築学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学校内でかなり学力に差があります。滑り止めで来た人、推薦できた人かなり幅があるらますが、教養の授業は16段階でレベル別に分かれているのでそこまで気にすることはないかと思います。(たまにうるさいと思う時もありますが)専門科目に関してはどの大学でもやっていることは同じです。教授陣も本当にプロフェッショナルな人たちなので本当に生徒のやる気次第だと受けていて思います。またさらにやりこみたいときは教授に相談すれば良い本などを紹介してくれます(実際図書館にある)ので良い大学だと思います。また他の私立よりカウンセリングなどがかなりしっかりしていると感じました。相談所があるのですがそこの雰囲気も良くなんでも相談できるのでとても支えになっています。
    • 講義・授業
      良い
      製図室がとても綺麗で、授業もやく20人前後に1人教授または講師(実際そとで設計事務所をやっている)ひとが指導してくれます。1年前期は既にある建物の図面を描いたり模型を作ったりしますが、後期からは完全に自分で考えて設計します。求められるレベルは高く学期末ごとに優秀作品ばかりも集めて講評会があるのでそれに選ばれるようにやるのでかなり忙しくなりますが、逆にそれが乗り越えられなければ将来建築士としてやって行けないと思うのでとても良い経験になると思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      建築といっても製図ばかりやっているのではなく、デザインを学建築デザイン概論や設備(空調や水道、窓)の環境学、建物が倒れないようにする建築構造力学、歴史を学ぶ西洋建築史 近代建築史 日本建築史 法規 情報など建築学科にはたくさん学ぶことがあり、工芸大もたくさん授業があるのでかなり密度の濃い4年間になると思います。先生から伺ったのですが建築界では工芸大建築学科は情報(CADなど)教育が良いと言われているのだとか。
    • 就職・進学
      良い
      風工学(風が建物に与えることの研究、ビル風など)が有名です、何年か前は国から指定された研究所だったらしくその時に建った実験場があります。私はまだ1年生なので入ったことはないのですが風分野に関しては日本でも屈指のらしくよく他の大学と連携して研究したり、検証番組の取材が入っているようです。
    • アクセス・立地
      悪い
      中野にあるキャンパスのアクセスはかなり良いのですが、工学部は神奈川県の厚木市の本厚木駅が最寄りです。駅近くにあればいいのですが、工学部というとことあって沢山の実験場などが必要なことから少し離れた所にあり毎回バスでの移動が必要です。私は大学近くに下宿しているので詳しい値段は知らないのですがたしかに毎日往復のバス代を考えると少しアクセスは悪いと言わざる言えません、、、。
    • 施設・設備
      普通
      建築学科の設備は充実しています。うちの大学で有名な風工学研究所からほかの実験場までたくさんありますし、製図室もとても広く綺麗です。大学内ではいちばん建築学科が場所と施設も持っています。
    • 友人・恋愛
      良い
      私は部活に所属しているので学科を超えて交友関係があり、多くの友人をもちとても楽しい毎日を送っています。建築学科は建築物を外に個人で見に行く課題があったらり大きな模型を作らなければいけないのでその助っ人を頼んだり、建築アイデアを出し合ったりするので、友達がいなければとてもやって行けないと思います。
    • 学生生活
      悪い
      学部が少ないとかもあり、総合大学ではないので沢山の部活はありません。工学部ですしみな課題が忙しく、部活やサークルが中心とはなかなか行かないのですが、部がある以上しっかりとみな活動しているので大学生活も彩る少しの要素として捉えていただけると良いと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      建物を設計する、設計製図は2年まで必修、3.4年は選択。設備を学ぶ環境学や構造を学ぶ構造力学、建築法をまなぶ法規、歴史の近代建築史、西洋建築史、日本建築史、 パソコンで設計するための情報、デザインを学ぶ建築デザイン概論、建築ゼミ、測量学など他にも多くたくさんあります。
    • 就職先・進学先
      決まってない。
  • 男性在校生
    工学部 【募集停止】メディア画像学科 / 在校生 / 2018年入学
    最後の手段で選ぼう
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業3|研究室・ゼミ3|就職・進学5|アクセス・立地1|施設・設備4|友人・恋愛2|学生生活2]
    工学部【募集停止】メディア画像学科の評価
    • 総合評価
      普通
      偏差値低くて誰でも入れる。授業料が高い。大学の周りには何もない。やる気のない生徒ばかり。教員は有名な人が多くいる。
    • 講義・授業
      普通
      ほんとに教員による。張り切っているのもいれば、だるそうに授業するものもいる。分からなければ学習支援センターで聞くことができる。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室はたくさんの種類から選ぶことができる。基本は希望に沿うことができるが、たまに想像と違う研究室に配属される事がある。
    • 就職・進学
      良い
      就職率が異常に高い。が就職先は聞いたことのない会社ばかり。就職できても良い会社には入れないと思っていた方が良い。
    • アクセス・立地
      悪い
      駅から歩いて1時間。自転車で30分。バスは大混み。遅延がひどい。学校の周りには何もなく遊ぶところもない。
    • 施設・設備
      良い
      パソコンが多くあり、自由に使うことができる。体育館も綺麗で広い。がほとんど使う事はないだろう。
    • 友人・恋愛
      悪い
      いわゆるインキャばかり。おとなしい人ばかりで一匹オオカミが多い。女子が少ないため恋愛は求めない方が良いだろう。
    • 学生生活
      悪い
      やる気のない部活、サークルばかり。文化祭も酷すぎる。何も楽しくない。バイトして金稼いだ方がまし。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      とにかく工業の広い分野が学べる。自分でも広すぎて何をやっているのか分からなくなる。コンピュータを使う授業は楽しく役立つものばかり。
    • 就職先・進学先
      ほとんどが無名の中小企業。大企業へは行かないと覚悟しておいた方が良い。

東京工芸大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

東京工芸大学出身の有名人投稿する

名称 職業 学歴
川崎麻世 タレント 堀越高等学校 → 東京工芸大学短期大学部画像技術科グラフィックデザインコース
岡田敦 写真家 北海道札幌北陵高等学校大阪芸術大学芸術学部写真学科 → 東京工芸大学大学院芸術学研究科博士後期課程
玉城泰拙 お笑い芸人(セブンbyセブン) 興南高等学校 → 東京工芸大学
小泉堯史 映画監督 水戸第一高等学校 → 東京写真短期大学(現東京工芸大学)写真技術科 → 早稲田大学
中村あずさ 元俳優 小田原城内高等学校(現小田原高等学校) → 東京工芸大学女子短期大学部秘書科

学校の特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    中小企業が多い
    23人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    23人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    就職が多い
    23人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

  • 先生の教え方
    優しい
    23人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    少ない
    23人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    多い
    23人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    23人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    23人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    少ない
    23人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    どちらともいえない
    23人が回答

    多い

    少ない

  • キャンパスの雰囲気
    落ち着いている
    23人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    23人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    23人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    23人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    23人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    少ない
    23人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    男性が多い
    23人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    活発ではない
    23人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    落ち着いている
    23人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    23人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

東京工芸大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

学費

学部 入学金 年間授業料
芸術学部 250,000円 1,060,000円
工学部 200,000円 920,000円

東京工芸大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

基本情報

住所 東京都 中野区本町2-9-5
最寄駅 中野坂上駅
学部 芸術学部工学部

この学校の条件に近い大学

東京工芸大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

東京工芸大学のコンテンツ一覧

東京工芸大学の学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京工芸大学

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
東洋英和女学院大学

東洋英和女学院大学

35.0 - 42.5

★★★★☆ 3.83 (114件)
神奈川県横浜市緑区/十日市場駅
奈良大学

奈良大学

35.0 - 42.5

★★★★☆ 3.77 (139件)
奈良県奈良市/新大宮駅
秀明大学

秀明大学

35.0 - 42.5

★★★★☆ 3.94 (42件)
千葉県八千代市/小室駅
理系のオススメ大学
京都先端科学大学

京都先端科学大学

35.0 - 42.5

★★★☆☆ 3.47 (66件)
京都府亀岡市/亀岡駅
神奈川工科大学

神奈川工科大学

35.0 - 42.5

★★★☆☆ 3.47 (141件)
神奈川県厚木市/相武台下駅
京都精華大学

京都精華大学

35.0 - 42.5

★★★★☆ 3.97 (121件)
京都府京都市左京区/京都精華大前駅

東京工芸大学の学部

芸術学部
偏差値:35.0 - 42.5
★★★★☆ 3.63 (95件)
工学部
偏差値:BF - 42.5
★★★★☆ 3.50 (29件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。