みんなの大学情報TOP   >>  神奈川県の大学   >>  麻布大学   >>  口コミ

麻布大学
出典:あばさー
麻布大学
(あざぶだいがく)

神奈川県 / 私立

※外部サイト(マイナビ進学)に移動します

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:37.5 - 60.0

口コミ:

3.87

(114)

麻布大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.87
(114) 私立内155 / 566校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.69
  • 研究室・ゼミ
    3.98
  • 就職・進学
    3.62
  • アクセス・立地
    3.36
  • 施設・設備
    4.02
  • 友人・恋愛
    3.70
  • 学生生活
    3.51
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

114件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    獣医学部 獣医学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年02月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      獣医学を学びたい学生にはいいと思います。小動物臨床の伝統もあってOBも多いし、産業動物についても実習を通して学ぶことができ、学べることが多いです。また、再受験生や多浪に対する受験時の差別も一切ありません。断言してもいいです。
    • 講義・授業
      先生方の授業はとても分かりやすいものばかりです。大学の授業はもっと分かりにくく、つまらないものだと聞いていましたが、意外とそうでもありませんでした。特に一年時では産業動物臨床基礎実習がおすすめです。選択科目ですが、絶対取るべきだと思うくらいです。楽しいですし。
    • 研究室・ゼミ
      3年生から研究室に配属されます。私は行っていませんが、一年時から研究室に足を運んでいる人も中にはいるそうです。楽な研究室もブラック気味な研究室もあって自分の熱意や興味、体力に合わせて選べるのがいいと思います。
    • 就職・進学
      就職実績は資格が取れる学科なだけあっていいです。学内に大量に動物病院などの求人ポスターが貼ってあります。
    • アクセス・立地
      横浜線しか使えなくて不便です。本数が少ないです。
    • 施設・設備
      建物はきれいなものとそうでないものがあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科は基本的には親切でいい人が多いです。
      でも時代の風潮もあるのかチャラい人も結構いるし、非常識な人もごく一部います。でも社会に出たらそういう人たちとも付き合っていかなきゃいけないわけで、それを学ぶ場だと考えるべきだと思ってます。
    • 学生生活
      大学が小さいので文化祭などは小規模ですが、自治会などが頑張って運営してくれていて、感謝しています。
      サークルは馬術部、弓道部、硬式テニス部がきついらしいので入る人はご用心を笑
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      獣医学
    • 面白かった講義名
      解剖学、分子生物学
    • 学科の男女比
      4 : 6
    投稿者ID:406413
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生命・環境科学部 食品生命科学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      比較的真面目な学生もが多いです。
      聞きたいことがあった時や、テスト前など先生方も良くしてくださります。
    • 講義・授業
      先生によりますが、興味ある科目はとても楽しいです。
      座学では優しくて、実験動物を扱う時、危険を伴う実習などの時などは厳しくなるようなメリハリのある充実した講義が受けられます。
      結論充実してます。
    • 研究室・ゼミ
      入室は三年からです。
      研究室入室前はそれぞれの先生が自分の研究内容など教えてくれます。
      脂質について研究しているの研究室は今は募集かかってません。
      入る研究室によって忙しさは異なります。
    • 就職・進学
      最近ではまぁまぁ大手の企業に行った卒業生もいます。
      個々の実力だと思います。
    • アクセス・立地
      最寄りからは棟によります。
      5〜10分くらい。(徒歩)
      横浜線が止まったらどうしようもないところが不便です。
    • 施設・設備
      設備は充実してます。
      生命環境科学部棟、使いませんが獣医棟も綺麗です。
      昔からある棟は少し古いですが、特に不満はありません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は学科内はとても仲はいいと思います。
      実習が多いので班が一緒になった人、出席番号前後の人とも仲良くなれます。学科内約90人いますが大学と言うより高校のクラスのようなものです。
      恋愛は他の大学に比べたら少ないと思います。
    • 学生生活
      盛んなサークルに入ればそれなりに楽しめます。
      学祭は出し物をすれば楽しいと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      基礎理系科目はもちろん、栄養学、公衆衛生学、生化学、解剖組織学など専門科目を学びます。
      加工学なども新カリキュラムでできるようになると思います。
      その他微生物、食品学などの実習もあります。
    投稿者ID:392569
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    生命・環境科学部 環境科学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 4]
    • 総合評価
      他学部他学科の教授や准教授の講義もあり、興味があればいろんな分野の講義を選択することができます。
      途中で文系理系のコース選択ができ、教職など専門的な免許を取ることもできます。理科と社会の両方の免許をとることができるのも魅力の1つだと思われます。
      環境科学科という名前の通り、水質や土壌、大気の環境についての講義や、心理学まで幅広く学ぶことができます。
    • 講義・授業
      講義の内容としては興味深い内容が多いです。ただ、大学の偏差値から考えると、生徒のレベルより難しい試験が多いように感じます。
    • 研究室・ゼミ
      他の学科の研究室に入ることも可能。(環境科学科にいながら臨床検査技術学科の研究室に入室等)
      私が入室していた微生物学研究室は、設備や教授の支援も手厚く、良い就職先に進むこともできる可能性が高いです。
    • 就職・進学
      教職の道を選ぶ生徒は最終的に多くはないが、その分対策や面接練習と言った時間を個人に多く割り当ててくれるのは確かです。公立中学校に合格する生徒は毎年5人前後。公立に合格できなくても、全員が私立の教員などに合格し就職することができている。
    • アクセス・立地
      駅からは近く便利。
      ただ、都心に出るには乗り換えが必要。
    • 施設・設備
      学部棟新しく建設されたが、狭い。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      もともと獣医の大学なので、動物に関する部活動も多数存在する。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公立中学校理科教諭
    投稿者ID:389020
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    獣医学部 動物応用科学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      1年目に動物に関連する基礎的な講義と、一般教養講義があり、2年目には前年より専門的な講義を受けます。2年目の時点で各研究室の特色に触れる機会があるので、自分がもともと興味を持っていた分野に対して理解を深めたり、新しく興味を持てる分野を見つけることが出来る。2年生での勉強を踏まえて、進級時に研究室を選択することになる。動物との関わり方を多方面から学べるので、「動物が好き」という理由があれば何かしら得るものがあると思う。卒業後は、所属研究室関連の道に進む人が多い。ただし、動物の飼育がメインの研究室は学生同士でスケジュールを調整しないと希望する企業の説明会への参加が難しい。また、分野が専門的すぎるため就職先に選ぶ企業も限定されてくることもある。
    • 講義・授業
      5年ほど前の学生生活についてになります。1、2年生の間は忙しい。ほぼ9~17時で授業がある。なお、1年生の後期から2年生の前期はレポート地獄だった。履修の組み方について、1、2年生はほぼ自由が利かない。「組んだ授業の数が進級単位ギリギリでも、試験受かれば大丈夫」という自信のある人は履修項目を少なくしても良いかと思う。必修が多いので落とすと次の年に響きやすい。講師陣については、面白い授業をしてくれる人もいればつまらない話の人もいる。高校とは違って履修人数がケタ違いだが、少しでも興味を持ったり、わからないところがあればなるべく教授に質問しておくとよい。
    • 研究室・ゼミ
      研究室(いわゆるゼミ)は3年生に進級すると所属になる。(3月中から体験的な活動がある場合も)意欲のある人は、1、2年生のうちから研究室に顔を出して、興味のある分野に触れる機会を設けていた。2年生の後期に各研究室で説明会があるので、気になる会に参加し、第3希望まで提出出来る。研究室教員の受け持ち人数が限られているので面接を行う場合もある。(多少は人数をオーバーしても受け持ってくれる)室生同士の関係は、その学年にも研究室の特色にも、担当教員にも影響される。共同作業が多い、特に動物の世話を当番制で行うような所は必然的に仲良くなりやすいとは思うが、団体行動を乱すようなら室生仲間とは疎遠になりうる。
    • 就職・進学
      就職活動についての先輩後輩のアドバイスは研究室によりけり。就職先は、前述したとおり各研究室の特性が強いため、その方面に限定されることがある。友人の就職先については、所属研究室が別館だったため、交流が少なく把握する機会もあまりなかった。大学院に進む人も少なからずいたが、研究を続けたいという理由が強い人がとても多い。
    • アクセス・立地
      最寄駅の主なチェーン店はセブンイレブンのみ。地元の飲食店はあるが、大学に通う為だけに利用する駅である。大学周辺は住宅街になり、動物の臭い対策等気を使っている。隣駅にも大学が2つあり、地方から出てきた人も多いので一人暮らし用の物件は多数。家賃も安い方かと思う。スーパーやドラッグストアはあるので日々の生活には困らない。隣駅に行けば多少飲み屋であったり銀行や100円ショップ等ある。
    • 施設・設備
      旧校舎を建て替えたりと、近年新しい施設や建物が出来ているそうだが、実際に利用したことは無い。犬連れで訪れる近所の方もおり、その方面にも少しずつ過ごしやすい場所が増えている感じ。図書館は非常に静かで集中して勉強するには良い。パソコン室も充実しているのでレポート作成には困らない。学部学科の数が少なく敷地自体がそんなに広いわけではないので、部室で時間をつぶしてから授業に行く等で移動に時間がかかることは少ない。試験前には必ず過去問を入手すること!たいていの科目は乗り切れる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      基本は、動物好きの集団なので会話のきっかけは多い。お化粧は薄め、というような女子や素朴な雰囲気の男子が多いが、ダンスサークルに所属するような男女は髪色やメイクが派手だった。でも話してみるとフレンドリーで気さくな子たちがほとんど。男女比は、3:7くらい。サークル繋がりで付き合い始める人は多かったと思う。その分破局後気まずくなるケースも多かった。友人を作るには入学式後、親への説明会中に待機している時。みんな話すきっかけを欲しているので近くの人に思い切って声をかけると割と話は弾む。現に、自分もその時の友人に結婚式の受付をお願いするくらいの付き合いになった。恋人が出来やすい場所は特に聞いたことがない。
    • 学生生活
      サークルは部活、同好会、愛好会というようにランクがわかれている。掛け持ちする人も多かったので、興味のあるサークルには積極的に参加するべき。興味が無くなったらすっぱり辞めるのでも問題ない。自転車で行ける範囲に十分飲食店等があるのでバイトには困らないと思う。学内イベントで大きいものは大学祭くらい。サークル等が小さいイベントを開催していたかもしれないが、大々的に宣伝していなかった(と思う)ので見に行く機会もあまり無かった。吹奏楽部はホールを借りてクリスマスコンサートをやっていた。サークルで学外に出かけることは時々あった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は生物についての基礎学、一般教養。必修科目はほぼすべて。選択科目は数学や物理、体育などわずか。2年次は1年次に習う内容を更に掘り下げた内容。3年次はコースが分かれるのでそれに伴って自分の興味のある授業を選択する。4年次も3年次とほぼ同じだが、後期は卒論に向け授業は少なくなる。卒論は各研究室によって、選択肢からテーマを選ぶ場合や先輩の研究を引き継ぐ場合や、自分が興味を持った物を研究する場合、さまざまである。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      個人の動物病院の動物看護士になりました。
    投稿者ID:410480
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    生命・環境科学部 臨床検査技術学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      資格をしっかり取って臨床検査技師として働きたい人にはおすすめの大学だと思う。2年から研究や実験等も始まり忙しくなるが国家試験対策も早いうちからして頂けるので間際になって困ることはない。でも都会で学びたい人には少し不向きかもしれない。
    • 講義・授業
      単位は取るのが意外と大変で留年する人も中には数人いた。でも過去問をやったり真面目に授業を受けていれば大丈夫だと思う。教授や講師の先生は、親身になって相談ものってくれる。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は自分の好きなところへほぼ入ることができ、8個ぐらいの中から選べます。卒論を書きたくない人は、研究室に入らないという選択もできるので他のことに時間を割くこともできます。
    • 就職・進学
      進路相談の先生がいてくれて予約をとれば、個々にあった相談をしてくれる。病院の仕組みやどういう病院が世間的によく思われてるのか等。
    • アクセス・立地
      最寄駅は矢部駅。周りは住宅やマンション、スーパーがありどちらかというと田舎。なので買い物に行くことが多いのは一番近くて町田。
    • 施設・設備
      キャンパスは新しい建物と古い建物が混在してる。馬や牛などの家畜もいて臭いは多少する。研究設備は、各研究室ごと論文を書くのに困らないくらい充実したものがある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      実験自体がクラスの中で適当に組まされたグループでやるものもあるので、様々な人と話すきっかけはある。1人暮らしをしている人が多いので仲良くなれば卒業まで家を行き来する関係でいられると思う。
    • 学生生活
      アルバイトは実験や研究が入ってくるとやる時間が限られ、できない人も多くいた。サークルや部活動も大学祭などの校内のイベントだけでなく校外の活動も多いので楽しいと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はほぼ必修科目のみで実験も入ってこないので意外と時間はあります。2年次になると次第に実験も入ってきて、専門的な授業も多くなってくるので慣れるまでは少し大変だと思う。後期になってくると研究室も入ってきます。3年次はとにかく毎日午後実験です。1つの科目の実験が終わるごとに試験があるので必死にやらないとついていけません。4年次は、もう国家試験対策のみです。ひたすら授業と試験の繰り返しです。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      大学病院の臨床検査技師
    投稿者ID:414191
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    生命・環境科学部 臨床検査技術学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      講義はわかりやすい先生とわかりにくい先生がいました。ですが、先生との距離は近いと思います。質問などしやすい環境でした。就職に関しては、他大学と比べると支援は全然無い方だと思います。
    • 講義・授業
      先生によります。わかりやすく、聞きたいと思える講義の時もあれば、眠くなり、後で自分で勉強した方がいいと思えるような講義もありました。
    • 研究室・ゼミ
      研究室に所属するのは2年生からです。所属する前に研究室の説明や見学もできました。卒論は必修科目ではありませんので、研究室に所属しない人もいました。
    • 就職・進学
      就職活動に関しては、他大学の方の話を聞くと、麻布は全然支援が無いと思います。4年の最初に少し話があるだけであとは何もありませんでした。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は矢部駅で、徒歩10分くらいで着くので近くてよかったです。他大学も近くにあるためか、アパートなども多く、一人暮らしがしやすい環境だと思います。淵野辺駅に居酒屋やカラオケなどもあるので飲み会などは淵野辺駅周辺でした。
    • 施設・設備
      きれいな建物が多かったです。4年は学部棟での授業が多く、研究室やロッカーも近くて教科書などを取りに行くのも楽でした。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      研究室やサークル、部活に入れば、違う学年や他学部、学科の人たちとも繋がりができるので友達が増えると思います。
    • 学生生活
      自分が入っていたサークルはとても人数が多く、とても楽しかったです。普段の練習や飲み会、合宿などいつも賑やかでした。週3の練習は強制ではないのでアルバイトも全然できました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年のときは基礎科目が多く、高校でやってきたことの復習、応用的な授業が多かったです。2年からはほとんど専門科目で、授業数も増えました。3年は1限から最後まで毎日授業がありました。4年は国家試験対策の授業と、足切りのテストばかりでした。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      一般的な総合病院
    投稿者ID:411636
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    生命・環境科学部 環境科学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      実習の手順の説明が丁寧で、その他の科目についても一般教養から専門科目まで幅広くカバーしてくれている。1年生はリメディアルと呼ばれる中学~高校範囲の復習ができる講義を任意で受けることが出来るため安心。
    • 講義・授業
      1年生だが、専門科目を選ぶことが出来る。化学や生物はもちろん、社会調査入門や法学をとることが出来る。
    • 研究室・ゼミ
      研究室については詳しくないが非常に多くの研究室があるようだ。社会調査に出たり、実験をしたり出来るらしい。
    • 就職・進学
      就職率は9割を超えているため、よほどのことがない限り大丈夫だと思われる。学内でも多くの情報を得ることが出来る。
    • アクセス・立地
      矢部駅からとても近いためアクセスは悪くない。自分は自転車で通っているが、駐輪場も広い。弁当屋が近くに多い。
    • 施設・設備
      設備はしっかりしていてかつ綺麗である。多少古びているところもある。図書館は様々な言語の本が充実している。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      若干チャラい...とうか茶髪というかいわゆるウェイな人が多い。ほかの学校がどうなのかは知らないが。サークルはよく分からない。
    • 学生生活
      サークルはあまり充実していない。どこでいつ活動してるのか把握出来ていない。恐らく自分の情報網が狭いだけである。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は復習と基礎固め、後期から実験などの実習が入ります。その後も実験が続きます。外国語の授業は、英語がオススメです。
    投稿者ID:413703
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    獣医学部 獣医学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      実習施設が充実していて良い。1年生から動物に触れ合える授業があるので、モチベーションが上がる!生徒は、まじめに授業を受けている人もいるが、授業中うるさかったり途中で出て行く人がいたりする。
    • 講義・授業
      必修の授業では、図やアニメーションなどを用いてわかりやすい授業をしてくれる先生が多い。質問にも丁寧に答えてくれる。選択の授業の先生は単位を取りやすいようにテストに向けてのアドバイスなどをしてくれる。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は、三年生から所属できる。忙しそうだが、早いうちからいろいろな経験ができてとても良いシステムだと思う。
    • 就職・進学
      授業についていけない人向けにチューターの方が教えてくれる施設がある。テスト前に活用している人が多い。
    • アクセス・立地
      立地は駅から徒歩5分くらいで、周りに五百円ほどで食べられる食堂が多くあるので、よく利用している。電車で何駅か行けば賑わっている街があるので、遊ぶところには困らない。
    • 施設・設備
      実習の施設が充実している。馬場などもあって、動物がたくさんいる。パソコンが自由に使える部屋もあり、コピーもできる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルは活動が充実していて、友達ができやすい。サークル内でカップルができることも結構ある。明るく楽しい人が多い。
    • 学生生活
      サークルの数はそんなに多くないが、活動は活発でとても楽しい。学祭は二日間あり、芸人さんや歌手の方が来たりしてとても盛り上がる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次の必須科目は獣医解剖学、細胞生物学、化学、獣医組織学、分子生物学などです。1年生のうちは選択科目が多いですが、学年が上がるにつれて必須科目が多くなって来ます。
    投稿者ID:413163
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    獣医学部 動物応用科学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      動物が好きという気持ちで入学した後、2年間は基礎勉強をする。就職先も視野にいれ始めた3年次に、細胞レベルで知識を深めるか、動物個体レベルで知識を深めるか、選択することができる。
    • 講義・授業
      2年間基礎勉強をした後に、応用編として2つのコースから選択することができる。また、3年次からは実習も豊富にあり、基礎勉強を実践することができる。
    • 研究室・ゼミ
      研究室所属前に、各研究室の教授から概要の説明を受けることができるが、表面上のことしか伝わらないため、実際に研究室へ見学に行くのがよい。研究内容だけでなく、研究室の雰囲気を知ることができる。
    • 就職・進学
      必須講義とは別に、外部講師を招いた就職セミナーを無償で受けることができる。また、研究室を介して就職先を紹介、支援課を介して卒業生とコンタクトを取って就活について相談も可能
    • アクセス・立地
      横浜方面からは横浜線を使って通学することになる。町田の手前までは電車の混雑具合もゆるやか。学校周辺は住宅街なので、大型化スーパーがある。また、ラーメン等の食事もしやすい。
    • 施設・設備
      学内に伴侶動物、産業動物を飼育する畜舎がある。実習だけ郊外に移動するような手間がない。近年、学部棟も建て替えが進んでいる。生協は学部棟からは少し遠い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      動物好きが集まるので共通の話題をもちやすい。サークルに加入しない選択もできるので、自分の時間を組み立てやすい。
    • 学生生活
      サークル加入が必須ではなく、自分の時間を組み立てやすい。図書館は生物学に特化しており、閲覧席も比較的使いやすい和がある。ただしテスト前は混雑する。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      2年次までは、生物科学の基礎を学ぶ。また、教職課程を選択した場合には一日の最後に追加で講義がある。3年次からは研究に所属し、講義は約半分になる。また、細胞レベルで知識を深めるか、動物個体レベルで知識を深めるか、選択する時期だ。コースによっては動物の命を使わせてもらって実験することになるので、よく考えて選択するべきだ。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      ペット保険
    投稿者ID:413856
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生命・環境科学部 臨床検査技術学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    • 総合評価
      臨床検査技師を目指す学科。カリキュラムは詰められているため、他学科とは比べ物にならないほど忙しくもちろんテストや研究に追われる。サークルは2年以降は行く暇がないためほとんど活動できない。授業は教授にもよふが国家試験を意識したものとなっていてよい。附属病院がないところが残念。
    • 講義・授業
      指導は充実したものである。2年次からはほとんどが専門科目で毎日小テストがある。単位に直結するのでみんな必死に勉強している。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは獣医学部に比べて少ない。平日は授業がフルで入っているため、研究を平日にするゼミでは夜中まで取り組むところもある。2年次からと早い段階で研究室の配属だが、専門知識があまりにないため苦労する。1年の知識量が研究に影響する。
    • 就職・進学
      就職はほとんど病院の検査室であるが、近くの北里大学や杏林大学と就職に有利な附属病院つきの医療大学もあるため、ブランド力としては劣ってしまうため厳しい。
    • アクセス・立地
      一人暮らしには、キャンパス付近は家賃相場が安いため生活はしやすい。ただ、大学生が遊ぶような場所やショッピングスポットなどはない。
    • 施設・設備
      2016年から新しく研究棟が整備されているため、講義棟以外は綺麗で使いやすい。コンパクトなキャンパスなので、移動も少なく楽でよい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      理系のみの学科であるため、その色は強いようにおもう。友人関係は学科人数が90人程度で少ないいうことや、授業がほとんど同じであるため困らない。
    • 学生生活
      大学祭は地域に密着している。子連れや家族での来校もおおい。サークルは少ない。内容もいまいち。他大学とのインカレなどもあまり聞かない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      臨床検査技師国家試験の勉強、医療全般、一般教養。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学病院
    投稿者ID:385562
    この口コミは参考になりましたか?
114件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

神奈川県で評判が良い大学

神奈川県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  神奈川県の大学   >>  麻布大学   >>  口コミ

麻布大学の学部

オススメの大学

岩手医科大学
岩手医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★☆☆ 3.42 (48件)
岩手県/私立
国際医療福祉大学
国際医療福祉大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.92 (189件)
栃木県/私立
中央大学
中央大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.86 (1203件)
東京都/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。