みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京工芸大学   >>  芸術学部

東京工芸大学
東京工芸大学
(とうきょうこうげいだいがく)

私立東京都/中野坂上駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:35.0 - 45.0

口コミ:★★★★☆

3.59

(135)

東京工芸大学 芸術学部

概要

偏差値

偏差値
35.0 - 45.0
センター
得点率
65% - 73%

提供:河合塾

学科情報

写真学科
偏差値40.0
口コミ 3.6421件
■学費
入学金:25万円 年間授業料:106万円
映像学科
偏差値42.0
口コミ 3.7614件
■学費
入学金:25万円 年間授業料:106万円
デザイン学科
偏差値40.0
口コミ 3.7925件
■学費
入学金:25万円 年間授業料:106万円
インタラクティブメディア学科
偏差値42.0
口コミ 3.3219件
■学費
入学金:25万円 年間授業料:106万円

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆3.63
(100) 私立内 1069 / 1670学部中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 男性在校生
    芸術学部 ゲーム学科 / 在校生 / 2019年入学
    ゲームクリエイターのための土台
    2019年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業3|研究室・ゼミ-|就職・進学3|アクセス・立地3|施設・設備4|友人・恋愛3|学生生活2]
    芸術学部ゲーム学科の評価
    • 総合評価
      普通
      大学でゲームを勉強したいならいいと思うが専門学校で勉強してもいいと思うが設備は結構整っているのでためになると思う
    • 講義・授業
      普通
      専門科目は先生方の詳しい指導が身になる、選択科目は難しかったり簡単だったり 割と変動する
    • 就職・進学
      普通
      就職支援科による相談受け付けやキャリアデザインの授業による近年の傾向のお知らせなどが分かりやすい
    • アクセス・立地
      普通
      個人的に電車で遠くから通っているので大変なところもあるが都内なのでアクセスはしやすい
    • 施設・設備
      良い
      専門的な設備が揃っていて最近では新しい棟も出来たのでまたできることが増えた、また学食や生協も整っている
    • 友人・恋愛
      普通
      友人関係はとても良好でたくさんの関わりがある、サークルや同好会も数多い
    • 学生生活
      悪い
      芸術学部なのでその方面のサークルは沢山あるが都内のキャンパスなので運動サークルに入るとなると工学部の厚木の方まで行かなければならない
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次はゲームの基礎を、二年次からはゲームの制作を行い始め、最終的には基本的なゲームを作る力をつけることが目的
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      都内の大学であり、ゲームを専攻できる大学としてはかなり有力だと思いここを志望した
  • 女性在校生
    芸術学部 写真学科 / 在校生 / 2019年入学
    やる気と積極性が大事
    2019年12月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業3|研究室・ゼミ-|就職・進学3|アクセス・立地4|施設・設備2|友人・恋愛4|学生生活2]
    芸術学部写真学科の評価
    • 総合評価
      普通
      やる気や積極性があればどんどん向上すると思う。実技が少ないのでそれ以外でやる気がなかったらあまり意味がない気がする。 写真系のサークルは中野も充実しているのでサークルに入るのをオススメする。
    • 講義・授業
      普通
      実技の授業が1週間に3時間分しかないのが少ないと感じる。周りの生徒でも、学費に対して教えてもらえる量が合ってないと言って辞めた人もいた。写真だけをたくさん学びたい人は専門学校に行ったほうがいいと思う。でも、写真を学びながらバイトをしたりサークルをしたりもう少し就職前に遊んでいたいという人なら良いと思う。
    • 就職・進学
      普通
      有名な卒業生をそんなに聞いたことはない。自分は1年生なのでまだよく分からないが、就活支援の放送がよく流れているからサポートはそれなりにはしてくれると思う。
    • アクセス・立地
      良い
      駅から大学まで7分くらいで行けるので遅刻しそうでもダッシュすればなんとかなることが多い。新宿まで徒歩でも行けなくはないし電車で2駅先なので空きコマとか大学帰りに遊べる。
    • 施設・設備
      悪い
      カメラは授業では良いものを貸してくれるが、授業外の貸し出しセンターの機材はあまり良くないものが多い。だんだん授業外で撮影しなければいけないことも増えてくるのでカメラは持ってなくても良いと言いつつも買わないといけないと思う。
    • 友人・恋愛
      良い
      入学してすぐにカップルが何組か出来ていた。写真学科はぼっちみたいな人も特にいない。
    • 学生生活
      悪い
      厚木はサークルが充実している。中野はサークルあんまりないし文化祭も厚木の方が力を入れている。厚木は遠くて根気がなくて通えない人は充実できないと思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は週に1回3時間の写真の実技でデジタルからアナログまで幅広く学ぶ。決められたテーマで写真を撮るという課題を何回かやって、最終課題では自分で自由にテーマを決めて好きな作品を作るというものがある。講義では写真の歴史を学んだりシステムを学んだり。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      写真に興味があり、写真系の大学でここであれば自分の学力でも入れると思ったから。立地も良かった。
  • 男性在校生
    芸術学部 写真学科 / 在校生 / 2018年入学
    写真好き、カメラ好き御用達学科!!
    2019年11月投稿
    認証済み
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ5|就職・進学4|アクセス・立地5|施設・設備5|友人・恋愛5|学生生活4]
    芸術学部写真学科の評価
    • 総合評価
      良い
      自分の好きな事や趣味を活かして、学びとして大いに伸ばすことが出来る。
      また、障がい学生や生まれつきの病気持ちの学生などに対するサポートもしっかりしており、先生や事務の方が十分に理解してくださるため、過ごしやすい。
    • 講義・授業
      良い
      先生によって、学生を必ず参加させる充実した講義と、一方的に授業しノート取りやレジュメの記入の機会もない講義に分かれる。
      先生方は皆プロで活躍されているので的確で丁寧な指導を行い学生の成長を後押しする。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年生から前期と後期それぞれに所属可能。
      先生の数も多いためゼミの種類も多く、学生それぞれの個性や得意、伸ばしたい分野に合わせやすい。
      「フィルム」「人物」「現代写真」「展示」など多数。
    • 就職・進学
      良い
      写真学科はほとんどが写真業界に進出。写真館「博報堂プロダクツ」を始めとしたプロカメラマン領域を目指すことも可能。他に「プリンター(写真の印刷屋)」「写真展企画」など。
      就職支援課がサポートする。
    • アクセス・立地
      良い
      東京メトロ丸ノ内線「中野坂上」駅から徒歩10分。
      キャンパスがリニューアルされたばかりのため、トイレや休憩スペースを含め綺麗な状態。
      住宅街の中に建てられているためそこまで広域な敷地ではないものの、中庭も完備されているため過ごしやすい環境ではある。
    • 施設・設備
      良い
      フィルムの暗室、デジタル写真の編集室、スタジオもいくつか完備。写真学科制作センターからカメラやレンズなどの機材を1週間レンタルすることも可能。
    • 友人・恋愛
      良い
      共通の趣味がきっかけで友人関係、恋愛関係に発展するケースは少なくない。
      芸術学部のため当然「カメラが好き」「鉄道が好き」「アニメが好き」「ゲームが好き」など色々な個性を持った学生がたくさん存在するため、「自分はオタクだから…」と肩身の狭い思いはしなくて大丈夫。
    • 学生生活
      良い
      「写真部」「カラー写真部」「報道写真部」「フォトイズム」と写真部だけでも4つ存在する。このため2部兼部する学生も少なからずいる。定期的に学内展示やギャラリーを借りた展示、作品コンテスト出品などを行っている。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      実技授業「写真制作Ⅰ?Ⅲ」の他、講義形式で写真表現や写真の歴史、カメラのシステムなどについて勉強できる。
      また、心理学や色彩学、視覚伝達論など、写真とは直接関係は無いものの芸術表現に結びつく科目も多数存在する。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      公務員になり、週末は写真活動ができるようにしたいと思っている。
    • 志望動機
      元々写真を撮ることが好きだったので、この大学を通して成長したいと思ったから。
      将来もカメラマンにならず趣味で留めておくとしても、「好きなことを十分に活かして学べる大学生活を送りたい」という意思があれば、大学の「名前ブランド」で選ばずここに来てもいいと思う。

東京工芸大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

学校の特徴アンケート 投稿する

講義・授業に関する特徴アンケート

講義・授業の満足度

3.63 (95件)

★★★★☆

  • 基本的に取りたい授業を取っているのですが、課題がよくわからない授業や、思っていたのと違う授業もあります。(在校生 2018年入学)
  • 有名な教授がいることが強みです。また、有名なゲーム業界のクリエイターを招いた授業が行われることもあるため、プロの世界のリアルな話を聞くことができます。(在校生 2014年入学)
  • 中野キャンパスは新しく建築されたこともあり、施設は充実している。授業での制作がメインでサークル活動は活発ではない。(在校生 2016年入学)
  • 先生の教え方
    優しい
    15人が回答

    優しい

    厳しい

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    15人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    15人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 課題の量
    多い
    15人が回答

    多い

    少ない

  • 英語を利用する授業
    少ない
    15人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

東京工芸大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

東京工芸大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

学生生活に関する特徴アンケート

学生生活の満足度

3.00 (34件)

★★★☆☆

  • 友達に誘われたのと、自分で入りたかった部活に入りました。しかし、厚木キャンパスから中野キャンパスへ芸術学部が集結したため、体育館がありません。 イベントは今のところ一度も参加していないため、よくわかりません。(在校生 2018年入学)
  • サークル活動は活発ではない。文化祭はそれなりの規模。あまり派手ではない印象。(在校生 2016年入学)
  • サークル活動は盛んで、多くのサークルが存在しています。イベントもここ最近はだいぶ充実してきてる印象はあります。(在校生 2016年入学)
  • キャンパスの雰囲気
    落ち着いている
    15人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    15人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学生の雰囲気
    落ち着いている
    15人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 男女の比率
    どちらともいえない
    15人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • 学生交流
    学内が多い
    15人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    少ない
    15人が回答

    多い

    少ない

  • サークルや部活
    活発ではない
    15人が回答

    活発

    活発ではない

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    15人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    15人が回答

    多い

    少ない

  • 外国へ留学する人
    少ない
    15人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    多い
    15人が回答

    多い

    少ない

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    15人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

東京工芸大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

東京工芸大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

就職・進学に関する特徴アンケート

就職・進学の満足度

3.27 (68件)

★★★☆☆

  • 工学部は電車内の広告にあるように実績もあるらしいですが、芸術学部はよくわからないです。(在校生 2018年入学)
  • 進路相談室があり、セミナーの情報も多く、キャリア制社員の紹介も受けられた。(在校生 2016年入学)
  • 就職の内定率もいいほうだと思います。 インターンシップを行う際も大学側からサポートしてもらえるのもあるのでオススメです。(在校生 2016年入学)
  • 卒業後の進路
    就職が多い
    15人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    15人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 就職先の企業
    どちらともいえない
    15人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

東京工芸大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

学費

学科 入学金 年間授業料
写真学科 250,000円 1,060,000円
映像学科 250,000円 1,060,000円
デザイン学科 250,000円 1,060,000円
インタラクティブメディア学科 250,000円 1,060,000円
アニメーション学科 250,000円 1,060,000円
ゲーム学科 250,000円 1,060,000円
マンガ学科 250,000円 1,060,000円

基本情報

所在地/
アクセス
  • 中野キャンパス
    芸術
    東京都中野区本町2-9-5
    東京メトロ丸ノ内線「中野坂上」駅から徒歩9分
電話番号 03-3372-1321
男女比 男:女=5:5 (口コミより引用)

東京工芸大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

東京工芸大学の学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京工芸大学   >>  芸術学部

東京工芸大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。