みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京工科大学   >>  デザイン学部   >>  口コミ

東京工科大学
出典:Oga
東京工科大学
(とうきょうこうかだいがく)

私立東京都/八王子みなみ野駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 50.0

口コミ:★★★☆☆

3.46

(276)

デザイン学部 口コミ

★★★★☆ 3.71
(27) 私立大学 936 / 1651学部中
学部絞込
281-10件を表示
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    デザイン学部視覚デザイン専攻の評価
    • 総合評価
      普通
      好きなことを学べて良き場所だとおもっています。
      とても楽しく学べます。興味が少しでもあるなら、ぜひ来てください!
    • 講義・授業
      普通
      学校がとても綺麗で施設がいいと思います。
      学ぶ意欲があれば、真剣に勉強できる場所だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      とても過ごしやすく、素晴らしい先生がたもいて、とてもためになります。
    • 就職・進学
      普通
      偏差値の割には就職先は、いい方なのではと思います。
      真面目に取り組むことをオススメします。
    • アクセス・立地
      普通
      駅から近くてとても通いやすいです。
      近くにお店もたくさんあり、便利です。
    • 施設・設備
      普通
      そこそこ充実していると思います。学校全体の施設が整ってて過ごしやすいです。
    • 友人・恋愛
      普通
      多分他のところと変わらずだと思います。
      いじめとかはありません。
    • 学生生活
      普通
      ここも、あまり他の大学と変わらないのではと思います。
      私的には楽しいです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      デザインについて学んだり、情報関係と結びつけたり、広く浅くですが、たくさんのことを学べます。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 志望動機
      デザイン関係に興味があったのと、面白そう楽しそうとおもったからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:592443
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    デザイン学部視覚デザイン専攻の評価
    • 総合評価
      良い
      デザインを学び、就職したいならここかなと思う。常にデザインのことを考え自分でも進んでやるようにするともっと身につくので積極的に!
    • 講義・授業
      良い
      実力のある先生が多く、実際に社会に出た時に役に立つ学びができる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      PC演習室など設備はしっかりしています。ネットもしっかり管理されているので使いやすい
    • 就職・進学
      良い
      就職率はどんどん上がってきているし、先生方がしっかりサポートしてくれます
    • アクセス・立地
      良い
      蒲田駅から徒歩5分で着くのでかなり通いやすい。夜は若干治安の悪さがありますが飲食店も多く学生には嬉しい
    • 施設・設備
      良い
      どこもしっかり整っているように思います。エレベーターでの混雑も配慮されている方だと思う
    • 友人・恋愛
      良い
      グループワークもあるし、いろんな人と仲良くなれる。他の学校と比べて男女問わずみんな仲がいい
    • 学生生活
      普通
      参加率は高くないかも。バイトだったり先輩と合うかによる。デザイン学部らしいサークルはあるし、ポートフォリオにも使える場合もあるからよく考えて参加するといい
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年のうちはとにかく基礎を学び、自分のやりたいことを見つけていきます。2、3年で少しずつ専攻を絞っていきます。気になることはとことんやってみて、後で結局自分の道と違うと感じてもどこかで活用できる、無限の可能性があるスキルだから、とにかくなんでも挑戦するといい
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      美術学校と違うデザインの学び方が良さそうだと思った。パソコンが好きでもあったし、基礎から学べるし、自分に合ってる要素が多かった
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:533842
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    デザイン学部視覚デザイン専攻の評価
    • 総合評価
      良い
      駅から近く通いやすいし構内は綺麗で気持ちがいいです。また、実社会に役立つ学習を徹底的に学ぶことができます。例えば、講師の方はほとんど実際にデザインの仕事をたくさんこなしている経験者ばかりで、的確にアドバイスをして頂きます。また初心者でも一から丁寧に教えていただけるので安心感もあります。
    • 講義・授業
      良い
      わかりやすく的確な内容なので充実した授業です。実際に社会に出てから役立つ情報を様々な講師の方からさまざまな視点で教えていただけます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      丁寧に説明し、次のゼミでも振り返ってもう一度よく説明して頂いたりするのでわかりやすくて良いです。少し消極的な学生も多い気がしますが、しっかりやっている方も目立ちます。
    • 就職・進学
      良い
      近年では更に就職率が高くなっています。実社会に役立つというのが目標であるので、就職については安心して入学できました。入っている間は色々悩むでしょうけど、先生方がしっかり聞いてくださいます。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄りは京浜東北線の蒲田駅で、駅から学校までは5分ほど歩けば着くので通いやすいです。また、周辺にはドンキホーテやカラオケなどはもちろん、商店街のラーメン屋など学生には嬉しい飲食店が豊富です。
    • 施設・設備
      良い
      どこも綺麗に清掃されています。有隣堂があり、デザインに欠かせない材料や道具、本などが充実に揃っています。また図書館も使いやすく落ち着く良い雰囲気です。
    • 友人・恋愛
      良い
      恋愛はよくわかりませんが男女仲はみんな良いと思います。授業によって様々なクラスがあったり接する機会があるので自然に仲良くなれます。半年経った今でも少しずつ友達という輪が広がっています。
    • 学生生活
      普通
      サークルは種類にもよると思いますが正直消極的なようなきがします。しかし真面目なところは自由度はもちろん高いですが授業のように学習しながら楽しく同じ趣味の友達も集まるので、時間に余裕があれば入るのをお勧めしたいです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年では基礎からはいり、さまざまなデザインに触れていきます。2年3年から少しずつ専攻・コースを絞って自分の専門を決めていきます。本当に基礎から学ぶので、初心者も、進路や就職がはっきりしてない方も経験することによって自分のあったものが見つかります。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:492522
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    デザイン学部視覚デザイン専攻の評価
    • 総合評価
      普通
      デザイナーになれてもなれなくても、社会に出る前にさまざまな
      知識を修得したいと考えてこの大学を選んだ。
      実際に学んだことが実になっているのは感じるので、
      この学科に入って良かったと思っている。
    • 講義・授業
      普通
      自分から動けば先生はきちんと教えてくれる。
      高校までのようにひとりひとりに細やかに気を配ってくれるわけでは
      ないので、主体的かつ積極的に動く必要有り。
    • 就職・進学
      良い
      就職率は余裕で90%を超えていて、その点安心。
      就職のサポートとなる役割の授業では履歴書作成や
      業者に依頼しての添削など、手厚いものであると言える。
    • アクセス・立地
      良い
      JR線・東急線であれば駅から徒歩1?2分で着くので交通の利便性は高いが、
      京急線を使う人は駅から徒歩15?20分かかるので、どの路線を使うかで
      通学のしやすさは変わると思われる。
    • 施設・設備
      悪い
      設備が良いと感じていたが、我々の代からPC必携になったので
      大学のPCはさほど使わないし、設備の利用制限もあるので
      そこまで充実しているとは言えないと感じている。
    • 友人・恋愛
      普通
      芸術系の学校のためか、良くも悪くも変わった人が多い。
      合う人と合わない人の差が大きいと感じる。
    • 学生生活
      悪い
      サークルや同好会はそれなりの数があると思う。
      イベントはさして多く開催されていない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      デザインに関する基礎知識。使用するソフトの使い方習得。
      経済学などの一般的な学問の講義。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      入学する前は、ここで学んでデザイナーになりたいと考えていたから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:583871
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    デザイン学部視覚デザイン専攻の評価
    • 総合評価
      良い
      駅から近くて通いやすいし、空きコマに少し遊びに行くくらいのことはできます。共有ラウンジは課題やお昼など、様々なことに使えます。講師は面白い人ばかりだし、設備も良いと思うので楽しいと思います。
    • 講義・授業
      良い
      特別講師など、学外から招くこともあり、充実していると思います。1点下げた理由は個人的に美術史とかがあまり好きじゃないからです笑
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミについては実際に入っていないのでまだよくわかっていませんが、楽しそうなのはわかります。
    • 就職・進学
      良い
      就活にはとても強いです。常に9割以上の就職実績を毎年キープしています。デザインの分野はこれから活躍していく場面が増えると思うので、就職については安心できるのではないでしょうか。
    • アクセス・立地
      良い
      駅からすぐなので通いやすいです。駅も大きいし、何か足りないものを買い足すのにも、駅周辺にお店がいろいろあるので便利です。ただ飲み屋が多いです。
    • 施設・設備
      良い
      パソコンルームにはパソコンが1人1台設置されていて使えるし、図書館もけっこう広いです。が、実際図書館はあまり使っていません。
    • 友人・恋愛
      普通
      他の大学を知らないので比べるのも難しいですが、学内で恋愛している人もいるし、友人もきっと気の合う人が見つかるはずです!趣味や考えが近い人がきっといます。
    • 学生生活
      普通
      サークルはいくつもあるし、入っている人もそうでない人もいます。個人的には、八王子にあるサークルが気になっていたので入れなかったという意味で3にしました。笑
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年は、工業や視覚など、分野を絞らずデザイン全体を学び、2年で学ぶ演習科目の内容選択を行います。3年から本格的に視覚の人は視覚を専門に、工業の人は工業を専門に、別れて学んでいくという感じです。1年から卒業単位を真面目に取っていけば、4年はほぼ卒業制作に専念することができます。
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:494209
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    デザイン学部視覚デザイン専攻の評価
    • 総合評価
      良い
      似た夢や目標を持った人たちがたくさん集まっている学科なので周りの人と話が合いやすい。
      授業内容も、デザインに関係のある幅広い知識を得ることができるので満足してます。
    • 講義・授業
      良い
      講義中もみんな集中して教授の話を聞いているので頭にはいってきやすいです。
      単位も程よく撮りやすいです。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミ生同士みんな仲が良く、いい雰囲気の中進められるところが好きです。
      みんなが自分の意見をたくさん出し合いスムーズです。
    • 就職・進学
      良い
      生徒一人一人にあったサポートを一年生の時からしてくれるので安心感があります。
      先輩の体験なども聞けて情報がたくさんあります。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄駅は蒲田駅で、駅周辺はとても活気があり便利な駅です。
      飲食店もたくさんあるので友達と飲んで帰ることもあります。
    • 施設・設備
      良い
      12階にあるラウンジはとても広く、ゼミでの話し合いや自習など様々なことに使えます。
      図書館もデザインに関する書籍が豊富にあり便利です。
    • 友人・恋愛
      良い
      授業でグループワークすることが多くあるので、たくさんの人たちと接することができます。
      サークルもたくさんあるので先輩や後輩の友達もたくさんできます。
    • 学生生活
      良い
      授業がとても忙しいというわけではないので、自分の時間を作ることができアルバイトをすることも可能です。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      パソコンの購入が必須でした。
      週二日ある感性演習という一日4時間半の授業は少し大変ですが絵を描いたり物を作ったりするのが好きな人は楽しいと思います。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:430508
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    デザイン学部視覚デザイン専攻の評価
    • 総合評価
      良い
      キャンパスが広くて新しい。
      新しいため、綺麗で設備が整ってる。
      自分のやりたいことの基礎から勉強できて将来に役立つ。
      都心までのアクセスが便利な蒲田キャンパスと広大な敷地面積の八王子キャンパス。
      どちらも大学生には便利な生活ができるツールが整っている
      蒲田キャンパスは駅近で駅前は学生街でご飯屋さんも充実していて駅前はデパートは駅ビル、商店街もありショッピングには十分すぎるほど。
      大学にあるパソコンは全部macということに衝撃を受けた
      1年次からの「書く」「創る」「伝える」「関係づける」の4つをテーマに基礎からデザインのスキルを高めていく。
      2年次の後期から空間デザインと工業デザインに別れそれぞれ自分のやりたい専門分野でさらに技術向上を目指す。
    • 講義・授業
      良い
      基本的にみんないい先生で生徒との距離が近い
      グループ授業も多く自分達で考えながら集団力を高め、
      プレゼンテーションをして企画力を上げる
      将来の就職のためのマインドを磨いていく
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:376374
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年09月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    デザイン学部視覚デザイン専攻の評価
    • 総合評価
      普通
      演習が出来るので、デザインが好きな人なら能力を伸ばせると思う。
      コミュニケーション能力を伸ばすことが出来る。
    • 講義・授業
      良い
      講義の内容でわからないことは質問が出来る。
      実績のある先生が多い。
      授業は、テストがある科目とない科目とレポートが出る科目があるが、いずれにしても重要な科目。
    • アクセス・立地
      普通
      学校の近くにコンビニや店が多いので、便利。
      駅が近い!徒歩3分程度。
      学食が安い。
    • 施設・設備
      良い
      キャンパスが綺麗。
      外見も中も綺麗です。
      わりと新しく見えるような気がする。
    • 友人・恋愛
      良い
      個性的な人が多いので、わりと友達は出来る。
      1人でいる人も稀にいる。
    • 学生生活
      普通
      サークルが八王子キャンパスと比べて少ないが、一つ一つのサークルは充実している。
      サークルによって自由度が異なる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      演習では、最初はは主に絵を描いたり、立体物を作ったりする。
      集中力や思考力が身につく。
      そのほかの講義科目も、興味がある人には面白い内容になっていると思う。
      レポートが課せられる場合もあるので、メモを取りながら受けると良い。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:369571
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2015年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    デザイン学部視覚デザイン専攻の評価
    • 総合評価
      良い
      これから先使えるスキルが多いため、将来的に見ても得が多い学部。就職した後に役立つものが多い。 単純な座学が少なく常に演習授業がある為、暇すぎて飽きることはない。課題で忙しない日々ではあるが、同じ環境の人が何十人もいるため挫けにくい。 行動力のある人の方が得られるものが多い。行動力0でも、最後には丸く治まっている。 デザインの経験有無関係なしに面白いことをやってみたい、人と毎日会話したい、スキルを身に付けたい、自分にはなにができるのか知りたい人にはオススメできる学部。
    • 講義・授業
      良い
      実学主義と言う通り、今のデザインに触れる機会が多い。 現在デザイナーとして働いている方のお話を伺えたり、大田区を舞台にデザイン制作を行ったり。 1年生の段階では未経験者にも優しく、基礎的な内容(デッサンや色彩など)が多い。以降、学年が上がるほどPCを利用して実際に役立つようなデザイン(webサイト・デジタルサイネージ・パンフレット・ポスターなど)を制作できる。 学年が上がるほど課題の難易度が上がり、クオリティーを求めて徹夜・一日中作業をすることになる点が大変。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミは、3年12月頃から。 正直、先生によって当たり外れが大きい。 親身な先生は週2程度で個別面談をしてくれるが、自主性を重んじる先生だと自ら声をかけない限りほぼ集まりが無い。 自主的に行える人は何処のゼミでも大丈夫だが、世話焼きがいないと出来ない人はしっかりと検討する必要がある。 集まりが無くとも、許可さえ取れば演出室が平日毎日使いたい放題なのは嬉しいところ。
    • 就職・進学
      良い
      就職率は毎年90%越え。 学校にもそこそこ良い求人が来ている。 自ら動ける人には必然と良いものが集まりやすいようなので、待ってばかりでは中々望む結果は得られない。 相談相手がゼミの先生以外にも、就活指導の先生や外部講師が控えている。相談すれば親身に聞いてくれる。 学びの性質上、デザイナー関係3割、総合職3割など、意外と均等に別れている。 デザインスキルは身に付くが、総合職等にも応用できるスキル(取材力・プレゼン力・傾聴力など)が多いため、自身の有能さをアピール出来れば意外と引く手数多。
    • アクセス・立地
      良い
      駅から、徒歩2分程度。 京浜東北線からキャンパスが見える(医療保健学部と専門生が使ってる建物だが)ほど。 周囲に飲食店が立ち並び、都心へのアクセスも良い。 車通学は不可だが、自転車通学可。 近くに住む寮生は、自転車通学する人が多いらしい。 食堂・売店が4箇所あるが、12:10からお昼休みを迎える専門生で溢れ返っている。デザイン生は、大抵コンビニや売店で購入し、次の移動教室先で食べている。 食堂・売店はコンビニと比べると安価だが、他大学と比べるとそこまで安くない。味は値段通り。
    • 施設・設備
      良い
      入学時ノートPC(mac)購入必須、スキル演習の授業でデスクトップのmac使用、映像の授業では一眼レフ貸し出し、A1印刷が出来るプリンター、印刷し放題のコピー機、学内の至る所にデザインチェアあり。 羅列すると設備は良い方。ただ、デスクトップPCやプリンター、一眼は許可が無いと使えない。ゼミや担当の先生によって許可の出し方がまちまちで判然としていない。 良いけど不満も残る。
    • 友人・恋愛
      良い
      男女比半々。一学年200人程度。 オタク系(アニメ漫画アイドル)も多いが、4年になる頃にはデザインセンスが身に付いているため皆おしゃれ系になっている。 グループワークや座席は決まってるもののオープンな授業が多く、学年の殆どの人と会話をしたことがある状態になる。男女の垣根は無いため、交流しやすい。大抵4年間同じ様な授業選択を皆する為、共通点が見つけやすい。 飲みサーは無い。各部活それなりにしっかりと活動しており、交流の場としては最適。 他学部・専門生とはほぼ交流しない。 文化祭が毎年あるが、専門生主体状態の為、デザイン生の出席率は悪い&盛り上がるものも特にない(友人が所属するサークル・フリマに遊びに行く程度)。
    • 学生生活
      良い
      運動系?文化系まで幅広い。 大抵特定の学部生しか居ないため、他学部と交流は出来ない。 文化系の場合、発表の機会は文化祭+それぞれで計画を立ててイベント参加。文化祭は専門生主体状態の為、とても盛り上がるという訳では無い。 授業で忙しくなると顔出さなくなる部員が多く、3年生になる頃には所属率が悪くなる。先輩方との交流は盛んには行いにくい。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は基礎。高校生の時のような座学の教養科目と、デッサンや色彩などの演習科目。 2年は基礎を固めつつ、個性を出す。実生活に直接は関係ないが予備知識となるような座学と、お題を元にそれぞれの思い描くものを作る演習科目。 3年は、実社会に役立つデザインを作る。 この時点で、座学はほぼ無し。演習授業で、区内を舞台にしたり、架空の設定のお店に対するアプローチを行ったりしていく。 4年生は、卒業研究。自分が作りたいものを自分しか作れないアイディアで作り上げる。制作期間が長い分、昨年までより余裕があるように感じてだらけやすい部分ではあるが、1番苦労する。論文は書く必要ない。作品とプレゼンボード(作品の説明文)が全て。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      町工場の事務。
    • 志望動機
      デザインを勉強したことは無いが、部活動で動画を作った経験から興味が湧いたため。AO入試で合格をとり、入学までに出された課題に取り組んでいた。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:570574
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2015年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    デザイン学部視覚デザイン専攻の評価
    • 総合評価
      普通
      お金はとてもかかりましたが、後悔するような大学ではありませんでした。先生たちがとにかくいい方が多かったので、その面で正解だと感じています。
    • 講義・授業
      良い
      デザイン学部なだけあって、力が入っている先生に関しては、とても興味深い話を聞くことができたと思っています 。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      私のゼミの先生は、とても熱心な方で、卒業制作も就職もたくさんサポートしていただきました。
    • 就職・進学
      良い
      知っている限りでは、ほとんどの学生が就職していました。希望通りの生徒もたくさんいたと思います。
    • アクセス・立地
      良い
      私は蒲田キャンパスだったので、駅から5分以内で行けたためにとても通いやすかったと感じています。
    • 施設・設備
      良い
      とくに困るような事はありませんでした。ほとんどが広々とした教室で、居心地も良かったです。
    • 友人・恋愛
      悪い
      私は、あまり関わった事はなかったです。時々、カップルを見る事はありましたが、見かける程度でした。
    • 学生生活
      悪い
      ほとんど参加していなかったので、参考になる意見はできないです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1.2年生では、主に制作。3.4年では、自分達が考え行動することが多かったです。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      大手IT企業のウェブデザイナー
    • 志望動機
      ウェブデザイナーを目指していたので、第一希望では無かったのですが、受かったので入学することにしました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:534776
281-10件を表示
学部絞込

東京工科大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

基本情報

住所 東京都 八王子市片倉町1404-1
最寄駅 JR横浜線 八王子みなみ野
電話番号 042-637-2111
学部 メディア学部応用生物学部コンピュータサイエンス学部医療保健学部デザイン学部工学部
概要 東京工科大学は、東京都八王子市に本部を置く私立大学です。通称は「工科大」、「TUT」。1947年に設立された創美学園を前身とし、1986年に東京工科大学が開学し、1999年に設立された八王子キャンパスには日本初となるメディア学部が誕生しました。実践的な知識や専門性を学べることから、各学部で9割以上が内定を取るなど高い就職率を誇っています。 日本有数の教学環境が整った東京工科大学は、キャンパスも機能的な美しさが特徴です。省エネ照明や人感センサーを採用した蒲田キャンパスは「デザイン学部」「医療保健学部」があり、フードコートやボウリング場を完備した八王子キャンパスは、「工学部」「コンピュータサイエンス学部」「メディア学部」「応用生物学部」の学生が学んでいます。

この学校の条件に近い大学

東京工科大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京工科大学   >>  デザイン学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
北星学園大学

北星学園大学

35.0 - 50.0

★★★★☆ 3.89 (299件)
北海道札幌市厚別区/大谷地駅
鎌倉女子大学

鎌倉女子大学

40.0 - 50.0

★★★★☆ 3.81 (179件)
神奈川県鎌倉市/大船駅
就実大学

就実大学

40.0 - 50.0

★★★★☆ 3.92 (133件)
岡山県岡山市中区/西川原駅
理系のオススメ大学
愛知学院大学

愛知学院大学

45.0 - 50.0

★★★★☆ 3.78 (418件)
愛知県日進市/長久手古戦場駅
東北学院大学

東北学院大学

40.0 - 50.0

★★★★☆ 3.66 (568件)
宮城県仙台市青葉区/五橋駅
東北福祉大学

東北福祉大学

35.0 - 50.0

★★★★☆ 3.71 (369件)
宮城県仙台市青葉区/東北福祉大前駅

東京工科大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。