みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  玉川大学   >>  口コミ

玉川大学
出典:Hykw-a4
玉川大学
(たまがわだいがく)

東京都 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:37.5 - 55.0

口コミ:★★★★☆

3.76

(276)

玉川大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.76
(276) 私立内246 / 567校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

276件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    観光学部 観光学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると、本当に充実していました。
      充実している点としては、留学、そしてTOEICの得点が卒業要項にあるため、英語を学びたいと思っている方には積極的かつ必然的に学べる。
      なお、エアライン、ホテル、旅行を始め、観光学についての基礎知識から応用まで学べるのは好きを仕事にしたい人にとっていいと思う。
    • 講義・授業
      みんなで討論、個人の考えを発表など、考えて伝えるという授業内容が多い。
      履修の組み方については、時間の無駄を作らない、そしてできる限り毎日授業に接されるように組まれている。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは、留学から帰国後、3年の秋セメからです。
      選び方については、各ゼミの特徴を教授から説明があり、入りたいゼミへ願書を出し、定員オーバーの場合は面接をする。
      私の所属していたゼミは、観光行動論や観光心理について取り組んでいた。
      ゼミ同士のつながりは、上の代から下の代まで幅広く関わることができるようになっている。
      卒論については中間報告や先生との面談を頻繁に組み込み、自分だけでなくゼミ生の取り組みや進捗状況を知り、高め合える。
    • 就職・進学
      特にエアラインやホテル、旅行会社など、観光について以前働いていた教授やつながりが強い方がたくさんいるので取り組みやすい。
    • アクセス・立地
      最寄駅は玉川学園前。
      駅から大学までは目の前なので、徒歩約5分。
      住んでいる人が多い場所は小田急線沿い。
      飲みや遊び、買い物に行くことが多い場所は町田。
    • 施設・設備
      キャンパスはかなり広いけれど、観光学部が学ぶ場所は正門から一番近い最も新しい棟。
      図書館は学生カードを所持しているもののみ入れ、個人学習用の個室スペースを始め、会議室などかなり充実したスペースがある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係もサークル内での関係もどこもかなり仲良く、学部やサークル全員で年に数回大きな飲み会をしたりします。
    • 学生生活
      サークルはフットサル。
      大学のイベントは学園祭が一番盛り上がります。各ゼミや各部活動に分かれて、出し物のデコレーションや調理等、力を合わせてやります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      4年間通して、主に英語と観光学についての勉学が多い。
      3年後半から自由履修できることが多くなるので他学部の科目も興味があれば選択できます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      旅行業界の総合職
    投稿者ID:428563
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    観光学部 観光学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      観光関係の勉強もしっかりやりつつ、留学へ向けた英語の学習をレベル別に分けたクラスで行なっているため、ついて行けないという状況にならず、充実した生活が送れているから。
    • 講義・授業
      ほとんどの授業が楽しく、ためになるものだが、中には成績を厳しくつける先生もおり、資格を取ることで成績を上げる必要があったりするため。
    • 研究室・ゼミ
      自分がやりたいものをほぼ確実に選べるし、いくつかある選択肢でも、ほぼハズレはなく学びたいことを学べると思うから。
    • 就職・進学
      ホテル関係に就職していた先生や、航空関係に就職していた先生がおられるため、表面上の情報だけでなく詳しいこともたくさん教えて貰えるし、実際毎年ホテル関係、航空関係で大手に就職している先輩がいるから。
    • アクセス・立地
      一駅隣に行けば町田なので、いろんな商業施設があるため、買い物で困ることはないし、空きコマが多い時には、町田まで出て友達とランチしに行ったりできるから。
    • 施設・設備
      キャンパスは広く、学部ごとに使うところが決まっているような感じで、あまりウロウロする必要がないし、最近できたものが多いため、新しく使いやすいから。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学部内だけでも充分に仲が良いが、サークルなどに入ることでさらに輪が広がるし、学部内でもサークル内でもカップルは多くいるから。
    • 学生生活
      サークルの活動自体は週一回と少ないが、休みの日に先輩後輩関係なく人を集めて遊びに行ったりしているし、長い休みの時には合宿を行ったり旅行に行ったりしているから。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      留学があるため、1.2年の間は基本的に英語の勉強が多いと感じている。3.4年からゼミなどが始まるため、そこから本格的に観光業について深く学ぶ。ちなみに1.2年の段階でも観光業の勉強はあり、ホテル関係から航空関係まで幅広く学べる。
    投稿者ID:431876
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 英語教育学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      英語を使って将来の仕事をしたい人にとってはうってつけの学科だと考えられる。中でも最大の魅力は2年次の後半から3年次の初夏ごろまで行われる9か月ほどの留学にある。
    • 講義・授業
      授業の内容としては基本的な英語の事柄や、留学に向けての準備、、帰国後はゼミや留学での経験を生かした授業が展開される。教職課程に関していうと中学・高校の英語の教員免許のほかに小学校の教員免許も取得できる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは3年生の秋学期からである。希望が通るのはだいたい7割程度とみられる。分野としては英語教育、英文法、社会言語学、ボランティアや観光学、文学など多岐にわたっている。
    • 就職・進学
      教職と一般就活で雰囲気が全く違うため一概にはいえないが教員を目指している学生の割合のほうが多い。私は教員を目指しているので今は教員採用試験に向けての勉強をしているところだ
    • アクセス・立地
      最寄駅は玉川学園前駅で駅を出てすぐに学校の正門が見える、小田急線で新宿から40分程度かかるが通勤時間帯でも新宿から乗れば座れることは多い。遊んだり、飲みに行くとするならば隣の町田周辺が多い。
    • 施設・設備
      新築校舎の建て替えなどが行われており、施設が格段に便利になっている。図書館は他の大学よりも蔵書数が圧倒的に多く、利用しやすい。また建物2階分にあたる学修スペースがあり、休み時間はいつも学生でにぎわっている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内で交際している友人もみられるがそこまで多くはない。一方でサークルや部活動も活発で私は部活動で学科以外の友人にであうことができた。
    • 学生生活
      部活動は体育会、文化会に分かれていて様々な団体が所属している。大学のイベントで最も大きいのは11月の学園祭で多数の来場者が毎年見込まれている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎的な英文法や、大学での学びについて学ぶ。2年次は留学直前ということもあり、留学に向けての心構えや1年次よりも発展した英語の事柄などを学ぶ。2年次の夏から留学に行きそこでは各大学ごとに分かれそれぞれの学びを行う。中にはインターンを行う学生もいる。3年次の6月下旬からのじゅぎょうでは留学で学んだ知識・文化などを改めて考える授業が展開される。3年次の秋から専門科目が始まり、教職では英語科指導法などまたゼミも始まる。4年次ではゼミなどで自分の研究分野を深める学習をしていく。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      教員
    投稿者ID:427874
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    芸術学部 パフォーミング・アーツ学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      一部封建的なところはあるものの、良い教授や学生などが集まりやすく、またそれら良い人物たちとコネクションを築くチャンスが十分にあるため。実践的に演劇を学びたい人にとっては最適。
    • 講義・授業
      学科全体で取り込む演劇制作が多く、多様な経験をすることができる。また、学外の劇場と提携しての公演もあり、モチベーションが保ちやすい。
    • 研究室・ゼミ
      様々なジャンルの専門家がゼミをもっており、それぞれが自由意思を尊重する意向のため、自分の学びたいことを学べる。
    • 就職・進学
      学科学部の特性上、民間企業へ特有なコネクションを持っているわけではない。教授を築いているコネクションにうまく合致すればスムーズに就職活動ができるかもしれない。
    • アクセス・立地
      東京のはしにある町田市に在しているため都心からは離れている。町田で事足りることが多いので、よくも悪くも遠出しなくなる。学内は自然豊かで日差しの気持ちいい空間である。
    • 施設・設備
      専用のスタジオを有しているが、さすがにいつでも借りれる訳はなく、自主練習で場所の取り合いになることが多い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係、恋愛関係を非常に築きやすい。むしろ、深くなりすぎて困るくらい。気が合う人間に会えれば間違いなく楽しい4年間を過ごせる。
    • 学生生活
      自身がサークルに所属したことはないが、文化祭でのサークル発表は多いに盛り上がっていた。また、サークルに所属している者もたくさんあった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      舞台の創作実習が最大の特徴。100人を超える人間がそれぞれ音響や照明、舞台美術などのセクションに分かれ、一丸となって制作に臨む。役者もスタッフワークを行うのも特徴的。授業で知識を、実習活動で実践を学べる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      地方の公共文化施設
    投稿者ID:430527
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    農学部 生産農学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業の内容も農業に特化しており、また先生も農業に対して熱を持っているかたばかりなのでとても楽しい。しかし授業のカリキュラムががっちり決められているので他の大学のように自由に時間割を組むことができない。ただ玉川大学はクラス制なので他大学よりは友達ができやすいと感じる。
    • 講義・授業
      授業の内容はとても専門的で面白い。ただ農学部に来ているのに化学の必修が多く、テスト前も化学ばかりに時間を取られてしまうのが良くないと感じている。単位は1学期16単位までと決められているので他大学のように1年のうちに頑張って後で楽するというようなことはできない。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生から配属される。配属先のゼミは一度生徒に希望を聞いたあと成績上位者から順にその希望に沿って振り分けていくので成績が低いと希望のゼミに行けない可能性がある。
    • 就職・進学
      就職実績は大手の企業はそんなにないがJAなど地元密着の企業が多い。学内にサポートセンターというものがあるので手助けは充実しているように感じる。
    • アクセス・立地
      駅名に玉川学園前とあるようにアクセスは非常に良いが農学部のキャンパスは駅からかなり離れているので余裕を持って駅に着かないと遅刻することがある。
    • 施設・設備
      農学部の利用する校舎は古いものばかりでトイレも和式しか無かったりするが取り壊して新しい建物を建てるらしいのでそこに期待したい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      玉川大学はクラス制を敷いているため、他大学のように授業を受けにいっても誰も友達がいない,自分で作りにいかなければいけないということはないと思う。クラス制により友達を作るのが苦手な人でも必然とできると思う。
    • 学生生活
      たくさんの種類の部活やサークルがあり、所属することで他学部の人や先輩達とも仲良くなることができ交友関係がとても広がると感じた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はカリキュラムが完全に決められているのでほとんど高校と変わらないような感じである。2年次は選択科目が出てくるので少し自由が出てくる。3年次は研究室に配属されて、より特定の分野を細かく学ぶ。4年次は卒論。また玉川にはGPAという制度があり前学期でこれが3.2を超えると18単位を次の学期で取得できる。
    投稿者ID:428047
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    工学部 エンジニアリングデザイン学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      特別なことは特にないが充実していなかったわけでないと思う。
      学科名にデザインと入っているが、実際は機械関係の専門の先生が多く、プロダクトデザイン関係のことはそこまで学べない。新学科ということもあり、ここはまだ充実していないところで、今後変わっていくと思う。
      機械系物理系を学びたい人には良い先生が多くいる。
      就職に関しても私たちが一期生なので、学科に来る求人は機械など前の学科のものが多く、現学科に対しての就職先は開拓中な感じがする。
    • 講義・授業
      一つ一つの講義については比較的満足しているが、カリキュラムに含まれる授業の種類が少ないと感じる。また、機械系の専門科目は2,3年生からあるが、プロダクトデザイン系の専門科目は3,4年にならないと受講できないので、専門性の高い内容を学べる時期が比較的遅い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは基本的に3年後期から配属になる。
      自分の所属するゼミでは早くから卒業研究のテーマを決め、それを達成するために必要な専門学習をしたり研究や実験を行う。チームだったり個人だったり研究の仕方はそれぞれだが、やる気があれば教授は付き合ってくれるのでじっくり研究に臨める。
    • 就職・進学
      当学科は新設学科のため、学科で学んだ内容に即した企業からの求人は少ない。全身学科の機械系学科でできている縁で求人は来ているが、デザイン系を志望する人にはあまり良い環境ではない。
      キャリアセンターは就職について親身になってくれるが、教授陣はあまり就職に関心がない。研究室によってはほかの学生のように就職活動する時間を取らせず、研究室の人脈で就職する人もいるようです。
    • アクセス・立地
      最寄駅は玉川学園前駅。
      駅から大学敷地内まではすぐだが、工学部が基本的に利用する校舎は駅から15分ほど歩くので遠い。山道で登り下りがあり、天候の悪い日はさらに歩きにくく通いにくい。
    • 施設・設備
      当学科のために導入している3Dプリンタ等は種類も数も増えてきているので今後もっと活用していけると思う。
      大学の施設は、大型の図書館、PC演習室等があり、自習したり課題に取り組む空間は確保されている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科の人が全員集まる機会は多くなく、授業も一人でいようと思えば割といられるものが多いので、それほど人付き合いが多い雰囲気はない。
    • 学生生活
      テクノフェスタ(学祭時に行う工学部祭)で各学科が協力しあう雰囲気があるが、基本的には実行委員の下で学科生がスタッフとして働いている感じです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年は理数系の基礎科目が多いです。高校までの理解度や履修で明らかに差があるのでレベルわけをして、適切な基礎科目を履修します。3Dプリンタなどのデジタルツールを体験できる科目もあります。
      2年は、1年で初歩から始めた人は基礎科目の応用、1年で応用から始めた人は大学の基礎レベルの理数系科目が多くあります。製図や材料力学などものづくりの専門科目も入ります。
      2年後期?徐々に専門性が高い科目が増えます。機械系の設計や人間工学等があります。3年後期からはゼミ(研究室)に配属され、基礎学習や卒業研究に入ります。この時期はCADが必修です。
      4年になるとさらに専門性が上がる授業が多いです。それらの傍で卒業研究を進めていくことになります。
    投稿者ID:431447
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    農学部 先端食農学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      食品について学びたい学生にとっては非常に良いカリキュラムだと思う。ただし、学科の再編が行われた直後であるため、年次によって教員の所属が異なっていたり、シラバスがわかりにくいなどの難点がある。
    • 講義・授業
      学科の内容に特化した講義が殆どだが、単位取得制度の影響で関係の無い文系の講義も受講しなければならない。単位については、1セメスターでの取得が16単位に限定されているため、卒業時期間近まで授業が必要になる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミ開始の時期は4年次である。1年次の段階ではゼミの説明等はほとんどないため、自分で情報を得る必要がある。自分の希望するゼミの先生が、どういった学生を必要としているかを調べ、学生生活を過ごさなければならない。
    • 就職・進学
      農学部全体での就職率は約97%と比較的高い。その殆どが食品製造メーカーや農業関連である。就職のサポートはキャリアセンターがあるため活用できる。また、進学については年に数人であるが、人によっては早い段階から勧められる場合もある。
    • アクセス・立地
      最寄駅は小田急線の玉川学園前駅で、徒歩2?3分程で学内に入ることができる。しかし、農学部の使用する校舎は奥の方で、校門から15分程度かかるため早めに行動しなければならない。
    • 施設・設備
      低学年で使用できる実験施設は古いものだが、高学年では数年前に建てられた施設で研究を行うことができる。図書館や自習スペースの多くが校門近くの建物にあるためあまり縁がない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内での友人はできやすいが、その他の交友関係はサークルや部活、学内アルバイトに所属していなければ出来ない。また、サークルや部活も少ないため、所属人数も多くない。
    • 学生生活
      大きなイベントは文化祭程度で少ない。一年次にはクリスマス礼拝という大きなイベントもあるが、二年次以降はあまり関係がない。学内ではオープンキャンパスや入試関連のアルバイトがある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      農業や食品に関連する事を学ぶ。一年次では基礎的な、化学・生物学について学習する。専門的な科目は二年次からで、園芸学や微生物学などがある。実験も一年次からある。
    投稿者ID:426489
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    経営学部 国際経営学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      経営の基本的なことから応用まで学べる。
      ゼミの種類も多く、自分が専門的に学びたいことが学べる。
      学科全体で仲がいい。クラスが2年生まであり、英語のクラスもあるので、いろんな人と知り合える。
    • 講義・授業
      専門的なことを学べると思う。
      マーケティングや簿記などは必修なので基礎を学んでからその次にいけると思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは3年生から。
      同じことを学びたい人たちが集まっているので仲良くなりやすい。
      卒論を書かなくてもいいゼミもある。
    • 就職・進学
      就職率は非常に良いと思う。サポートしてくれるセンターがあり、無料・有料のサポートが受けられる。
      先生がとても協力的。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は小田急線の玉川学園前駅。町田からの乗り換えが大変。
      校内がかなり広いので、授業によっては移動で15分かかることもある。
    • 施設・設備
      キャンパス内は緑が多くとても綺麗。歴史を感じられる。新しく図書館や食堂ができ、コミュニティ・自習がしやすい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科でも仲が良く、他の学科の授業を取ると他学科の人とも仲良くなれる。
      サークルに入ると、学科がバラバラなのでさらにコミュニティが深まる。
    • 学生生活
      サークルはメインの活動だけでなく、イベントや合宿がありとても楽しい。そこで仲良くなれるので学校生活も楽しくなる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修は、マーケティング・簿記など。
      2年次からは他学部の授業も取りやすくなる。
      1年次、2年次は経営の基本的なことを学ぶことが多い。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      不動産業界の事務職
    投稿者ID:429372
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    芸術学部 パフォーミング・アーツ学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      様々な分野の勉強をするので広く浅くなってしまうことがある。しかし、目標をしっかり持って学習している人はとても成長していく。実践の場がたくさんあるので経験しながら勉強したりスキルアップしたりできる。
    • 講義・授業
      専門的に今までなにかをやってきた人にとっては中には素人の人も一緒に授業を受けるので物足りないと感じてしまうかもしれない。先生はその道を専門的にやってきた人なので教わりがいはある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミを通して専門的に学習できるのでとても充実している。ゼミでは自分のしたいことについてとことん学べる場になると思う。
    • 就職・進学
      資格など取得できないのが難点である。演劇舞踊の勉強を していても一般企業に就職する先輩が多く、先生のコネで演劇系の仕事をもらうことなどはできない。
    • アクセス・立地
      都会まで遠いわけではないが、近くもない。学校は思っているより山の中で学校周辺にはあまりお店はない。1つ隣の駅の町田はまあまあ都会でごはんや洋服も購入できる。
    • 施設・設備
      小さめではありますが学校に演劇スタジオがあり、ステージスタッフを学べるにはとてもよい設備がある。また、学校内にはホールなどもあり、設備はとても充実していて、困ることはない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内には男子が圧倒的に少なく、恋愛はない。サークルなどに入ると、他学部の友達や先輩と仲良くなることができ、恋愛もできる可能性はある。
    • 学生生活
      サークルは週1?4などいろいろなパターンがあり、楽しく気晴らしに入る人も、真剣にスポーツをする人もそれぞれの希望に当てはまるサークルがある。サークルのイベントはどれも楽しい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に舞台系の学習をする。1年次では、音楽、身体表現、裏方全てを学び、年次があがっていくにつれて自分のやりたいことを専門的に学ぶ。また、実習があり、自分たちの手で舞踊公演や演劇公演を作り上げていく。
    投稿者ID:430595
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    教育学部 教育学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業に関して、主にグループワークが多く人とのコミュニケーションを重要視している。自分の意見を人と共有することで色々な意見を聞くことができて、とても勉強になっている
    • 講義・授業
      教授や講師の先生については、分からないことを優しく教えてくれる人が多い。分からないことを質問する時間を設けたりする授業が多く、グループワークでコミュニケーションを多くとるため雰囲気がいい
    • 研究室・ゼミ
      ゼミ生同士のつながりは、積極的に自分からコミュニケーションをとっていかないと役割をきちんとこなさない人がいる
    • 就職・進学
      就職活動のサポートは、親身に話を聞いてくれるし、嫌な人もいるけどちゃんと自分が就きたい職業が明確だったらより親身だと思う
    • アクセス・立地
      最寄駅から、横断歩道を渡ってすこし歩く。大学がかなり広いため、最寄駅から校門から一番近い教室まで、約10分弱くらいかかる。(横断歩道がスムーズだったら)
    • 施設・設備
      図書館がとても新しくて広く、自習室もたくさんあり完全個室になっていたりなど、本も充実しているためとても快適である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は自分から積極的に話しかけに行くしかないと思う。
      ひとりでいる人も多いし、集団で行動している人も多い。
    • 学生生活
      課外活動については、私が知る限り「合唱指導」や「自然に親しむ会」というのがあり、いろいろな人たちの交流を大切にしていて、参加しやすいと思います
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      教育学科のため、主に教育学を勉強し、パソコン演習も含めた情報もあり、英語・体育もある。
      教育実習もある
    投稿者ID:431618
    この口コミは参考になりましたか?
276件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

東京都で評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  玉川大学   >>  口コミ

玉川大学の学部

文学部
偏差値:47.5 - 55.0
★★★★☆ 4.23 (22件)
工学部
偏差値:37.5 - 52.5
★★★★☆ 3.69 (32件)
農学部
偏差値:45.0 - 50.0
★★★☆☆ 3.44 (45件)
経営学部
偏差値:42.5
★★★★☆ 3.88 (16件)
教育学部
偏差値:50.0 - 52.5
★★★★☆ 3.92 (66件)
リベラルアーツ学部
偏差値:37.5
★★★★☆ 3.70 (27件)
芸術学部
偏差値:37.5 - 42.5
★★★★☆ 3.65 (49件)
観光学部
偏差値:45.0
★★★★☆ 3.78 (18件)
芸術専攻科
偏差値:-
★★★★☆ 4.00 (1件)

オススメの大学

麻布大学
麻布大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.85 (121件)
神奈川県/私立
星薬科大学
星薬科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.71 (66件)
東京都/私立
東京歯科大学
東京歯科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.85 (13件)
東京都/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。