みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  北海道医療大学   >>  薬学部   >>  口コミ

北海道医療大学
出典:Ozizo
北海道医療大学
(ほっかいどういりょうだいがく)

私立北海道/北海道医療大学駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:35.0 - 50.0

口コミ:★★★★☆

3.82

(164)

薬学部 口コミ

★★★★☆ 3.52
(42) 私立大学 1290 / 1669学部中
学部絞込
学科絞込
421-10件を表示
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      勉強に集中したいのなら自然が豊かで誘惑するものがほとんどないこの大学がいいと思うが、交通の便が悪くテスト前などは通学時間で勉強時間を取られてしまうから。
    • 講義・授業
      良い
      レジュメなどを使ってわかりやすい授業をしれくれて、授業後に質問時間を設けてくれるため。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミによっては実際に動物を使って実験をするため、わかりやすいから。
    • 就職・進学
      良い
      学生支援課があり、その中には就職に関する資料が沢山あり、支援課の人も就職などの相談に親身になってのってくれるから。
    • アクセス・立地
      普通
      僻地に大学があり、JR出ないと通えないため、通学時間がかかるのとJRが止まると帰れない時があるから。
    • 施設・設備
      普通
      私立大学なのに古いところが沢山あり、医療の大学なのにバリアフリーではなく階段がとにかく沢山あるから。
    • 友人・恋愛
      普通
      同じ学部の友人はできるが、他の学部の友人が作りづらい。他の学部とは関わることがほとんどないから。
    • 学生生活
      良い
      とても多くのサークルがあり、それぞれのサークルで良い成績をとっている所が多く、サークルのやりがいを感じることが出来るから。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年、2年、3年は薬学の基礎や実験が主にある。4年からは専門教科が多くなり、OSCE、CBTもある。5年は実習があり、6年で国試を受ける。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      周りに誘惑するものが何も無く、自然豊かで初めての一人暮らしでも安心出来るほど平和な町に大学があるから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:570614
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      強いて言うならやや悪いかなっていう感じだけど、おかげで人の選別というか、同じ考えをもつ友達が見つけられて、それなりにそれなりのキャンパスライフはおくれているので、まぁ普通かなと。
    • 講義・授業
      普通
      第三外国語を取ろうと思った時に、医薬なので、ドイツ語メインなのは勿論わかるけど、中国語を学んでみたかった。人手が足りないからだと思うけど、他の学科では中国語の教師がいらっしゃったので、出来れば人手が欲しい。 また、受けている授業でも、人手不足により違う専門だけど授業を受け持っている教授が何人かいるため、方針が定まらなかったり、内容にズレがある。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      まだ入ってないのでわからない。
    • 就職・進学
      良い
      就職に関してはわからない。 進学はまあまあ。留年している人はやはり何人か見られるし、入学は出来ても進学は別。
    • アクセス・立地
      悪い
      酷いの一言に尽きる。 電車が1時間に1、2本しかない上に、違う大学生や高校生、中学生、小学生までもが利用するため、混雑のレベルが違う。学校の周りも田んぼと畑しかなく、北海道にある某旧帝大のように、空きコマに友達と外に出かけるというのが出来ないし、授業が一コマとなると、本当に行く気が失せる。あとは、冬に電車が止まり、帰れなくなることもあった。 ただ、その代わりなんとか高評価をあげるとしたら、周りに何も無いおかげで、空きコマは勉強に費やすことができる。誘惑になるものがない。
    • 施設・設備
      悪い
      新しい施設は、とても綺麗なんだけど、古いところはとことんっていう印象。御手洗に関しても、個室が狭すぎて、頭ぶつける。
    • 友人・恋愛
      悪い
      北海道出身じゃないので、北海道特有なのかはしらないが、大学生に中学生が集まった感じ。 人の噂を面白半分で垂れ流して盛り上がったり、陰口で休み時間を潰すような生徒が多い。高校に上がった時点でそんな人は殆ど見られなかったので、なんというか後退しているように感じた。
    • 学生生活
      悪い
      北海道の某旧帝大に比べてしまって申し訳ないが、全くサークルがない。すこぶるつまらない。文化祭みたいなものはあるけど、立地も悪すぎて人が来ない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬学についてとしか。 まぁ実験が多い。どこもそうだろうけど。ただ、2年の時に、歯学部が行う御献体の解剖を希望者を募って、実際に見学することが出来る。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      夢繋ぎ制度という制度があって、それに受かれば授業料が半額になったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中6人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:568896
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2020年01月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      冒頭でも書きましたが、環境に流されたりせず自分がやるかやらないかが重要な学部です。このことを理解してから、自主的な力を育むことができるようになりました。この力は他の分野でも生かせると思います。
    • 講義・授業
      良い
      授業に文句をつけている方もいますが、どんなにいい先生が授業しようが、結局自分がやるかやらないかです。自分で率先して学習できる人はテストなんか落としません。なので他の人のレビューを見て心配になる必要ありませんよ。環境のせいにせず、自分で学ぶ力を持っている方ならなんの心配もせず再試0でストレートで卒業できます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      基本的に四年生から配属されます。種類も豊富にあります。
    • 就職・進学
      良い
      企業説明会なども開催されており、情報は入手しやすいと思います。
    • アクセス・立地
      良い
      周りに何にもないと言われますが、薬学部は遊んでる暇はないと思っているのでデメリットにはならないと思っております。街中だと環境音がうるさいですが、田舎は静かで勉強に集中しやすくていいと思います。
    • 施設・設備
      良い
      施設、設備は古さを感じます。高い学費がどこにいっているのやら。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルに入れば他学部とも知り合えるので刺激になります。高め合える友達を見つけましょう。
    • 学生生活
      良い
      自分がどれくらいサークル活動に熱を入れたいか考えてから選ぶと良いと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      高校までの知識はそんなに必要なかったです。大学に入ってから頑張れば何とかなります。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      将来困らず過ごそうと思った際に薬剤師が安定していると判断したため。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:611771
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年08月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      就職率は高いので最終的にはこの大学でよかったとなるのかもしれませんが、それに至るまでの講義などにはずれが多いのでなんだかな……という感じです。
    • 講義・授業
      悪い
      講義の質は先生によって当たり外れが大きく、外れている先生が多いです。講義資料が見づらい、声が大きい・速い、板書がまとまっていないなど様々です。が、勿論その逆でとても分かりやすく講義を受けてよかったと思える先生もいるので、一概に講義が分かりづらいとは言いにくいです。 時間割は学務課が調節するのですが、変なところに空きコマがあるなど、調節下手だなと思うことがあります。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室には2年生から入ることができるのですが、暗黙の了解で入りたい人は3年生から入る感じになっています。しかし、私は3年生なのですが、予習復習に余裕があってなおかつ興味がある人しか研究室に所属しないので所属する人は少数派で、私も所属しついません。面白いという人がいる一方、定期考査前になっても研究室に行かなければならないと嘆く友人も多いです。
    • 就職・進学
      良い
      総合玄関の近くに就職相談できるスペースやインターンの案内チラシなどがあり、サポートはされているほうなのではないかと思います。 また、HPなどにもある通り、就職率はとても高いです。割合としては大学院より就職のほうが多いようです。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅は学園都市線の北海道医療大学駅です。ホームや連絡通路に屋根があるので、降車位置によりますが雨や雪でも全く濡れず構内に入ることができます。 しかしこの駅は終着駅(予定)で石狩の端のほうにあるので、あいの里より札幌方面側に住む人はJRしか登校方法がありません。おまけに大学まで行くJRが1時間に2~3本しかなく(帰りも同様もしくはそれ以下)、丁度いい時間帯のものがなかったり、乗り遅れたらバスもないのでタクシーなどで向かうしかなかったりします。 あいの里より大学側に住む人も、よくて自転車、悪くてバスかJRになります。
    • 施設・設備
      良い
      一番最初に建てられたという薬学棟は全体的に古いですが、普段の講義は最近建てられた別の棟で行われることが多いのであまり気になりません。実験室の数も多く、実習は行いやすいと思います。 ただ教室によって空調設備が杜撰で、そこはどうにかならないかなといつも思います。
    • 友人・恋愛
      悪い
      学科の生徒数が多く、ほとんどの授業を全員で受けるので、学科内で友人を作りやすいと思います。一方、生徒数が多いので普段関わる人間が人によっては限定されてしまいます。
    • 学生生活
      良い
      サークルの数は多いと思います。医療系の大学ならではの専門的なサークルもあります。 学校祭も規模は多いのかもしれませんが、出店が何故かほぼすべて飲食店です。強制参加ではないので、役員や店番でないひとはそもそも学校祭に行かなかったりします。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は高校の範囲の復習や専門的ではない科目を履修します。 2年次は実験が増え、レポートに割く時間が増えて一気に忙しくなります。 3年次は山場と言われており、更に実験が増える上に専門的な科目を本格的に履修します。 4年次は冬にOSCEを受験します。 5年次は計5ヶ月間の病院・薬局実習があります。 6年次は卒業論文と国家試験対策がメインになります。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      もともと薬剤師になりたいと思っていて、高い就職率にひかれたからです。薬学科以外にもさまざまな学科があるので、ほかの医療従事者の勉強も見ることができて刺激になると思ったからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:570235
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年08月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      基本的に連絡が遅い、JRとの連携が取れていない、授業が全体的に説明が回りくどくて何を言いたいのかわからない
    • 講義・授業
      悪い
      グループ学習が多く、知識だけでなくコミュニケーション能力も身につけられる、低学年では理解が不十分な科目を理解できるようになるまで教えてもらえる
    • 研究室・ゼミ
      良い
      4年生からゼミに配属され、成績順でバランスよく振り分けられる
    • 就職・進学
      良い
      国家試験の合格率が高い、薬局や病院、麻薬取締官など就職先が幅広い
    • アクセス・立地
      普通
      田舎なので周りに何もなく静かなので勉強に集中できる、駅の周りには何もないので間違えることがない
    • 施設・設備
      悪い
      講義室は広いが空気の循環が悪いので具合が悪くなる、日光が入らない
    • 友人・恋愛
      普通
      講義では他の学部との関わりはほぼないがサークルに入ると他の学部の人の関わりを持つことができるので恋愛関係に発展することが多い
    • 学生生活
      良い
      大学祭では芸能人が来るので一般の方でも楽しめる、前日祭では周りに何も遮るものがないので他のところで見るより綺麗
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は比較的時間があるので高校の時の苦手分野を克服するのに時間をあてたほうがいい、2年生からは専門分野の科目が増えるのでゴールデンウィークからテスト勉強を始めた方がいい
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      まだ決まっていないが薬局の薬剤師になりたい
    • 志望動機
      薬剤師になって患者さんの症状が少しでも軽くなるようにしたい、北海道で薬学部のある大学が2つしかなかった
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:566164
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      立地が通うのに不便ではありますが国家試験の合格率や施設面はとても充実しているのでいい方だと思います。
    • 講義・授業
      良い
      授業はとてもためになるものです。将来の国家試験に向けて普段の試験が少し辛いところがありますがそこ以外は充実しています。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      2年生から選択で研究室に所属できます。普段の授業では触れることの出来ない分野にも触れられます。
    • 就職・進学
      良い
      就職率はいい方だと思います。企業の方々がわざわざ学校まで足を運んでくださるため就職活動もしやすいと思います。
    • アクセス・立地
      普通
      JRの時間が長いです。また冬はJRが止まってしまうと帰れなくなったり授業が無くなったりと不便に感じます。
    • 施設・設備
      良い
      大きい実験室が複数ありどの学年も充実した実習を行うことができます。
    • 友人・恋愛
      良い
      大変な分それを共に乗り越え学部内で恋愛に発展することも多々あります。
    • 学生生活
      普通
      学校祭はほかの学校よりは盛り上がっていないのではと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では基礎的な化学や生物などを学び、2年以降は本格的に薬や実務的なことも学習します。また薬学実習も結構あるため多く事を学ぶことができます。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      病院薬剤師、調剤薬局、製薬会社がメインだと思います。
    • 志望動機
      国家試験の合格率が良かったことと、高校生のころから憧れていた教授がいたからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:537623
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年06月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      いろいろと勘違いしている生徒が多い。
      真面目な人は真面目だが、その差は大きい。
      悪く言うと、生徒の質は良くなく、民度が低い。
      女子の間ではグループが存在し、その中で誰かを仲間はずれにしたり、また仲直りしたり、というような面倒くさいことも起こっているようだ。
      教授は基本的には教育熱心に思われる。
      教え方が上手な人が多いが上手くない人もいる。
      ただ、受身的な授業が多いので眠くなる。
    • 講義・授業
      普通
      まあまあ。
      わかりやすい先生もそうでない先生もいる。
      スライドだけの授業は非常に眠い。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      詳しくはまだ分からないのでなんとも言えない。
      2年生から任意で好きな研究できるようなプログラムはあるようだ。
      ただ、参加するのは一部の勉強熱心な生徒のみだ。
    • 就職・進学
      普通
      薬剤師になるにはいいと思う。
      留年、テストの追試者は非常に多い。
    • アクセス・立地
      悪い
      札幌から遠い。
      冬はすぐJRが止まる。
      ただ、空気は良い。
      田舎が好きな人にはいいと思われる。
    • 施設・設備
      悪い
      綺麗なところとそうでないところの差が大きい。
      私立なのでもっと綺麗だと思ってたので入学当初はがっかりした。
      また、冬は寒い。
      コートを着て授業を受けてる人も見受けられた。
    • 友人・恋愛
      悪い
      お金持ちが多く、性格の悪い人が多い。
      またグループ意識が高い人が多い。閉鎖的。
      チャラチャラした人が多いので、そういうのが苦手な人は馴染みにくいかもしれない。
      ただ、他学部よりはこれでもまだマシかもしれない。
      他学部はもっと面倒くさそう。
      薬学部もかなり酷いとは思うが。
      恋愛については詳しくは分からないが、学年内で付き合うようなこともあったかと思う。
      目立っていれば誰かしらとは付き合えると思う。
    • 学生生活
      悪い
      サークルは少ない。
      他大学のサークルの活発さをみると非常に残念。
      ゆるくサークルを楽しみたいなら北大系サークルに加入することをオススメする。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師になる勉強。
      それのみ。
      しっかり理科や数学を学びたい人にとっては満足できない内容である。
      そういう人や薬剤師に興味のない人は一浪以上してでも国立大やもっと賢い大学に行くべき。
    • 就職先・進学先
      大学院または一般企業
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:516604
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      薬剤師になることが目標の人にはいい大学だと思います。国家試験を見据えた対策をしてくれるので、勉強に取りかかりやすいです。周りのレベルはピンキリですので自分で頑張らなければいけません。
    • 講義・授業
      良い
      国家試験を見据えた対策をしてくれます。先生は親切な人がほとんどで、聞きに行けばわかりやすく教えてくれます。
      講義は薬学部は指定席です。勝手に出席を取ってくれるのでカードを出すより楽かも。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミは、1年生では全く話題に上がりませんでした。いつからなのかいまいちわかりませんが、先輩たちは楽しくやっているようです。
    • 就職・進学
      良い
      就職にはあまり困ることはないようです。困るような人は、そもそも卒業させてもらえませんから…。無事に進級してきた人なら、薬局、病院などで働けます。
    • アクセス・立地
      良い
      JR駅から直結で雨の日などとても嬉しいですが、ちょっと田舎過ぎる。学校はいいですが、遠方出身で独り暮らしをする方は、当別町内に住むか、新琴似やあいの里に住むかで相当違うと思います。まあ、札幌まで40分ですから、朝寝坊しても間に合う当別が結局いいでしょうか。
    • 施設・設備
      良い
      キャンパスは増築を重ねていて、さらに坂に建っているのでまるで迷路です。しばらくは迷うでしょう。
      個人的におすすめの場所は図書館です。蔵書数は、専門書はそこそこありますし、自習スペースが大変充実しています。一人一人仕切られた半個室まであるので、テスト前にはよくいきます。
    • 友人・恋愛
      良い
      医療人の卵なだけあって、そこまで常識のない人は少なく思えます。新入生は入学早々宿泊オリエンテーションがあり、大抵の人はそこで友達もできるでしょう。
      部活はかなり緩いところが多いです。先輩に過去問を貰えたりします。
    • 学生生活
      良い
      吹奏楽団に所属しています。活動は週二回とのんびりです。定期演奏会やコンクールの他にも、特養へいって演奏するなど医療大学ならではの本番もあります。
      活動日が少なめなのでバイとをしている人も多いです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      全体的にほぼ必修で、時間割りを作るといったことは無いです。1年次は数学、物理、化学、生物などの基礎から、有機化学、解剖生理学など専門科目の入門の科目がほとんどです。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:426426
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      私は薬学部薬学科に所属しています。講義に関しては理数科目について高校で履修しなかった教科や苦手な教科に対するバックアップがあり苦手克服ができとてもよかったと思います。また、先生方もとてもフレンドリーで分からないことを質問しやすくとても充実した環境だと思います。少人数クラスの形をとっているため定期的に担任の先生と面談がありとても親身に話を聞いてくれます。引っ込み思案で困った時に誰に相談すればいいか分からないという人も担任の先生が声を掛けてくれるのでとても過ごしやすいと思います。本学を調べると留年率が高いなと思う方もいらっしゃるかと思いますが、将来の国試を見据えた時に中途半端な学力で進級し、国試で失敗してしまうより1段階ずつステップを踏める点では一概に悪い点ではないのかと思います。立地条件に関しては大学の周りにはコンビニすらなく畑ばかりで、通学もJRの路線1本で本数も限られており不便を感じることも多々ありますがJR北海道医療大学駅と大学が直結であるため雨が降っている日も濡れることなく大学内に入ることができます。
    • 講義・授業
      良い
      薬学部薬学科ではほぼすべて必修教科であるため講義では指定席なので落ち着いて講義が受けられます。出席も座席でしっかりとっているためサボったりなどが出来ないようになっていてだらけることなくしっかり講義に参加することが出来ると思います。また理数科目で高校で履修しなかった教科や苦手な教科に対するバックアップがあるので基礎力を養うことも出来で大学への学習にスムーズに繋げることができました。教えてくれる先生方はとてもフレンドリーで分からないところを質問しに行きやすいです。また、先生方も分かるまで何回も説明してくれるため着実に力をつけることが出来ると思います。前期には他学科と一緒にグループワークをする個体差健康科学という講義があり、医療人としての自覚、またチームワークの大切さを学ぶことが出来ました。その他早期体験学習で薬局や病院の見学に行き、自分が薬剤師になるんだという自覚を具体的に持つことができて、モチベーションをあげることが出来ました。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      わたしは1年生でまだ研究室には所属していないのですが、2年生から希望者は所属することが出来て、1年生のうちから見学をすることができ、広く門戸が開かれていました。
    • 就職・進学
      良い
      大学で就職説明会、相談会などが開かれたり、就職支援室があったりと就職に関するサポートは十分になされているように感じました。就職率はほぼ100%で中には大学院へ進学する人もいます。求人情報も常に張り出されています。
    • アクセス・立地
      悪い
      主な交通手段が札幌駅から学園都市線に乗り北海道医療大学駅までJRで約50分であり、辺鄙な土地にあり大学の周りにはコンビニもなくJRの本数も少なく不便を感じることも多々ありますが、学内にはコンビニがあります。またJR北海道医療大学駅から学内へは直結であるため雨が降っている日も濡れることなく学内へ入ることが出来ます。
    • 施設・設備
      良い
      まだ1年生であるためあまり専門的なことを学んでいないのですが、基礎実験で使った顕微鏡は1人1台、実験も1人または少人数グループで行うことが出来るため設備は充実しているように感じました。
    • 友人・恋愛
      良い
      ほぼ必修科目であったり帰り道の手段本数が少ないことから登校やお昼ご飯、教室移動など友達とずっと一緒にいることが出来るため、深い付き合いが出来ると思います。また実験のグループや座席などはランダムに決められるため広く友達を持つことが出来るためとても良いと思います。
    • 学生生活
      良い
      わたしが所属しているサークルでは学祭や外部団体さんに出店したりと充実しているように思います。また先輩から習うことも多く先輩とも仲良くなることが出来て良いと思います。先輩から過去問を借りることも出来るためサークルには所属した方がいいと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬学部はほぼすべて必修科目です。
      1年生では、物理、化学、生物、数学、英語などの基礎的な科目を中心に行いました。解剖生理、有機化学、分析化学などの専門科目、個体差健康科学、早期体験学習、医療の法学、生命倫理学などの医療人としての自覚を持つための科目もありました。選択科目としては高校で履修しなかった教科、苦手な教科のためのバックアップとして基礎化学演習、基礎物理学演習、基礎生物学演習、数学演習や、運動科学演習という体育や、ドイツ語、フランス語などの語学の選択もできました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:426962
  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      自分で選んだ学部ですが、定期試験で不合格になると再試験があるので忙しかったり、一般的な大学生活ではないと思います。
    • 講義・授業
      普通
      まあ普通です。わかりやすい先生はあまりいません。
      先生によってテストは引っ掛け問題が多い教科もあります。
    • 就職・進学
      普通
      薬局や病院の就職説明会が学校で開かれてるのでありがたいです。
    • アクセス・立地
      良い
      札幌駅からは1時間程かかりますが、北海道医療大学駅と繋がっているので雪や雨が降っているときも外に出なくてすみます。
    • 施設・設備
      良い
      講義室はきれいなところもあるので使いやすいです。
      実習室は最新のものはありませんが、問題はないくらいです。
    • 友人・恋愛
      良い
      学部が多いのでサークルに入ったら交友関係が広がると思います。
    • 学生生活
      良い
      サークルは充実していると思いますが、学校祭は田舎なこともあり規模が小さいです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では基礎的な分野を学び、2年生以上で薬学の専門的な分野を学びます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      将来、資格のある職業に就きたいと思ったときに薬剤師が一番興味があった職業だったからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:594106
421-10件を表示
学部絞込
学科絞込

北海道医療大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

基本情報

住所 北海道 石狩郡当別町金沢1757
最寄駅 JR札沼線 北海道医療大学
電話番号 0133-23-1211
学部 歯学部看護福祉学部薬学部リハビリテーション科学部心理科学部医療技術学部
概要 北海道医療大学は、北海道に本部を置く私立大学です。通称は「道医療大」「北医療大」「医療大」。1974年に東日本学園大学が設立され、1994年に北海道医療大学と名称が変更されました。「薬学部」「歯学部」「心理科学部」「看護福祉学部」「リハビリテーション学部」の5つの学部からなる医療系総合大学です。 当別キャンパス、札幌あいのキャンパス、札幌サテライトキャンパスがあります。地域医療を支える仕組みを作るため、北海道医療大学には在宅ケア、関係他職種への連携教育のための「地域包括ケアセンター」が札幌あいの里キャンパスに開設され、地域社会への貢献の取り組みが実施されています。学部、学科の連携を超えた地域における連携のための臨地実習が行われ、地域住民に密着した教育が実践されています。

この学校の条件に近い大学

北海道医療大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

おすすめのコンテンツ

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  北海道医療大学   >>  薬学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
追手門学院大学

追手門学院大学

45.0 - 50.0

★★★☆☆ 3.49 (264件)
大阪府茨木市/茨木駅
就実大学

就実大学

40.0 - 50.0

★★★★☆ 3.94 (144件)
岡山県岡山市中区/西川原駅
名古屋女子大学

名古屋女子大学

35.0 - 50.0

★★★★☆ 3.81 (195件)
愛知県名古屋市瑞穂区/瑞穂区役所駅
理系のオススメ大学
大阪工業大学

大阪工業大学

45.0 - 50.0

★★★★☆ 3.76 (208件)
大阪府大阪市旭区/千林大宮駅
北海学園大学

北海学園大学

BF - 50.0

★★★★☆ 3.71 (474件)
北海道札幌市豊平区/学園前駅
北海道科学大学

北海道科学大学

BF - 50.0

★★★★☆ 3.63 (123件)
北海道札幌市手稲区/手稲駅

北海道医療大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。