みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  北海道医療大学   >>  口コミ

北海道医療大学
出典:Ozizo
北海道医療大学
(ほっかいどういりょうだいがく)

北海道 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:35.0 - 50.0

口コミ:★★★★☆

3.86

(135)

北海道医療大学 口コミ

★★★★☆ 3.86
(135) 私立内145 / 569校中
学部絞込
1351-10件を表示
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      立地が通うのに不便ではありますが国家試験の合格率や施設面はとても充実しているのでいい方だと思います。
    • 講義・授業
      良い
      授業はとてもためになるものです。将来の国家試験に向けて普段の試験が少し辛いところがありますがそこ以外は充実しています。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      2年生から選択で研究室に所属できます。普段の授業では触れることの出来ない分野にも触れられます。
    • 就職・進学
      良い
      就職率はいい方だと思います。企業の方々がわざわざ学校まで足を運んでくださるため就職活動もしやすいと思います。
    • アクセス・立地
      普通
      JRの時間が長いです。また冬はJRが止まってしまうと帰れなくなったり授業が無くなったりと不便に感じます。
    • 施設・設備
      良い
      大きい実験室が複数ありどの学年も充実した実習を行うことができます。
    • 友人・恋愛
      良い
      大変な分それを共に乗り越え学部内で恋愛に発展することも多々あります。
    • 学生生活
      普通
      学校祭はほかの学校よりは盛り上がっていないのではと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では基礎的な化学や生物などを学び、2年以降は本格的に薬や実務的なことも学習します。また薬学実習も結構あるため多く事を学ぶことができます。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      病院薬剤師、調剤薬局、製薬会社がメインだと思います。
    • 志望動機
      国家試験の合格率が良かったことと、高校生のころから憧れていた教授がいたからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:537623
  • 女性在校生
    心理科学部 臨床心理学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    心理科学部臨床心理学科の評価
    • 総合評価
      普通
      札幌から遠いため住む場所によっては通学がかなり大変。静かな環境で勉強に打ち込みたいのであればこれ以上ない程うってつけな大学である。
    • 講義・授業
      良い
      科目にもよるが、医学的、心理学的、科学的な面で深い内容の講義があり心理学もやりたいけれど医学、福祉にも興味ある場合は向いていると思う。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミは担当の先生によって全然違う。論文を沢山よみ研究をするものもあれば、天気が良い場合は外に出てのんびりと活動するところがある。説明会も良いが、先輩にそれぞれのゼミの特色を聞いた方が良い。
    • 就職・進学
      普通
      就職の支援は充実している。しかし、進学の場合はほぼ自力で努力しなくてはいけない。個別で先生に指導を頼む人もいる。
    • アクセス・立地
      悪い
      札幌から電車で40~50分ほど。雪の影響で冬はよく電車が止まり、登校下校共に大変になる。近くの当別駅周辺のアパート等は金額が比較的安価で通学しやすい。しかしながら遊びやバイトにはあまり向かない。
    • 施設・設備
      普通
      心理科学部はあまり設備を使用しない。心理科学部が基本的に授業を行う建物は新しく10階建てで、エレベーターがあり最上階にはカフェと自習環境が整っている。また、トイレが綺麗である。しかしながら登校時間によってはエレベーターにすんなり乗れないことも多い。
    • 友人・恋愛
      良い
      広い関係よりも狭い関係で深く付き合う人が多い。サークルや部活、実行委員会に所属しないとほかの学部、学年との出会いがない。
    • 学生生活
      普通
      学祭はほかの大学に比べて規模が小さいのではないかと思う。サークルや部活、外部の方々による出店がありとても楽しめる。また、謎解きゲームがおすすめ。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      心理学だけでなく法学概論、社会学、医学総論、小児科学、内科学、薬理学など医学の面でも幅広く学ぶことができます。また、公認心理士という国家資格が出来たためカリキュラムが少し代わり資格を取るための講義も多いです。3年生からゼミ、就活が始まるため忙しくなります。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 志望動機
      心理学に興味があったのと、産業カウンセラー養成講座が受けられ資格取得ができることが魅力的でした。さらに、ゴキブリが出ないので安心して暮らしてます。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:536532
  • 女性在校生
    看護福祉学部 臨床福祉学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    看護福祉学部臨床福祉学科の評価
    • 総合評価
      普通
      大学には福祉の中ではすごく有名な人ばかりいるため、福祉に興味がある場合は実習施設、就職、ボランティアなどに有利なので来た方がいいと思う
    • 講義・授業
      悪い
      先生の教え方が悪い人がいてテストや国家試験に向けた講義とは思えない講義がある
    • 就職・進学
      良い
      就職ガイダンスやイベントなどあるが強制ではないため自分の意欲のみの参加になる
    • アクセス・立地
      悪い
      都市からはJRで1時間ほどかかるため、立地は悪いが駅とは直結している
    • 施設・設備
      悪い
      福祉はそもそもそれほどの設備などが必要ではないがパソコンの印刷などが学校に関わることでも講義のレポートしか使えない
    • 友人・恋愛
      普通
      それは人それぞれだと思うが、他大学とは違い学科数が多いため出会いはあると思う
    • 学生生活
      普通
      サークルの量は充実しているが、実施日などはそれぞれなのでわからない
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年では教養科目のような高校までの5教科などを勉強しつつ、専門科目に軽く触れる。2年では専門科目が、ほぼ必須科目のため卒業単位、国試単位をなるべく取得する。3年以降は自分の興味のある科目を取り、より就職に向けた科目選択ができる。
    • 学科の男女比
      2 : 8
    • 志望動機
      病院職に興味があり、多くの学科が居るため、福祉だけでなくより病院に実践的な模擬カンファレンスが行える
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:535641
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年06月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      いろいろと勘違いしている生徒が多い。
      真面目な人は真面目だが、その差は大きい。
      悪く言うと、生徒の質は良くなく、民度が低い。
      女子の間ではグループが存在し、その中で誰かを仲間はずれにしたり、また仲直りしたり、というような面倒くさいことも起こっているようだ。
      教授は基本的には教育熱心に思われる。
      教え方が上手な人が多いが上手くない人もいる。
      ただ、受身的な授業が多いので眠くなる。
    • 講義・授業
      普通
      まあまあ。
      わかりやすい先生もそうでない先生もいる。
      スライドだけの授業は非常に眠い。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      詳しくはまだ分からないのでなんとも言えない。
      2年生から任意で好きな研究できるようなプログラムはあるようだ。
      ただ、参加するのは一部の勉強熱心な生徒のみだ。
    • 就職・進学
      普通
      薬剤師になるにはいいと思う。
      留年、テストの追試者は非常に多い。
    • アクセス・立地
      悪い
      札幌から遠い。
      冬はすぐJRが止まる。
      ただ、空気は良い。
      田舎が好きな人にはいいと思われる。
    • 施設・設備
      悪い
      綺麗なところとそうでないところの差が大きい。
      私立なのでもっと綺麗だと思ってたので入学当初はがっかりした。
      また、冬は寒い。
      コートを着て授業を受けてる人も見受けられた。
    • 友人・恋愛
      悪い
      お金持ちが多く、性格の悪い人が多い。
      またグループ意識が高い人が多い。閉鎖的。
      チャラチャラした人が多いので、そういうのが苦手な人は馴染みにくいかもしれない。
      ただ、他学部よりはこれでもまだマシかもしれない。
      他学部はもっと面倒くさそう。
      薬学部もかなり酷いとは思うが。
      恋愛については詳しくは分からないが、学年内で付き合うようなこともあったかと思う。
      目立っていれば誰かしらとは付き合えると思う。
    • 学生生活
      悪い
      サークルは少ない。
      他大学のサークルの活発さをみると非常に残念。
      ゆるくサークルを楽しみたいなら北大系サークルに加入することをオススメする。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師になる勉強。
      それのみ。
      しっかり理科や数学を学びたい人にとっては満足できない内容である。
      そういう人や薬剤師に興味のない人は一浪以上してでも国立大やもっと賢い大学に行くべき。
    • 就職先・進学先
      大学院または一般企業
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:516604
  • 男性在校生
    リハビリテーション科学部 理学療法学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    リハビリテーション科学部理学療法学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大変なこともありますがとても勉強になり、良い大学だと思っています。また、様々な学科間の交流などもありますし、北海道では3校の大学でしか行っていないようなことや、本校独自の取り組みなど魅力的なことが多く、将来に繋がりとても良いと思います。
    • 講義・授業
      良い
      実際に臨床経験のある講師ばかりで、色々なことを学べます。また地域に住んでいる高齢者の方や実際に障害などを持っている方との交流などの講義もあり充実しています。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年次から始まります。
    • 就職・進学
      良い
      病院が主ですが、大体の生徒が第1志望としていた職場に内定をいただけているようです。
    • アクセス・立地
      普通
      JRの駅と直結ですが、交通手段がそれしかないため止まると大変です。また周りに遊んだりするようなところはありません。
    • 施設・設備
      良い
      実習室などもありますし、付属の病院もあります。
    • 友人・恋愛
      良い
      様々な学科があるため、色々な学科の友人ができます。
    • 学生生活
      良い
      様々なサークルや部活があります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基礎教養が多く、座学がメインです。二年次からは実技や専門的なことも多く学んでいきます。
      臨床実習は、4年間通して行われます。国家試験対策なども充実しています。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:480476
  • 女性在校生
    看護福祉学部 臨床福祉学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 4]
    看護福祉学部臨床福祉学科の評価
    • 総合評価
      普通
      しっかりと指導してくれるので、とてもいい大学です。分からないことがあっても、優しく教えてくれます。演習は他の大学より進むのが遅いですが、丁寧に教えてくれるのでとてもいいと思います。
    • 施設・設備
      普通
      看護棟は古いので、他の学部と比べると残念です。冬は寒いですが、夏は涼しいです。
      図書館やいろんな場所に勉強するスペースがあり、充電できる場所も整っています。
      学食もいろいろな場所にあるので楽しめます。
      お弁当屋さんや、パン屋さん、移動販売などがあるので、一人暮らしの方にとても優しいですね。
    • 学生生活
      良い
      サークルは様々な種類があります。
      サークルに入ってる人は大学生活を楽しんでいるというイメージです。飲み会とか心配でしょうが、この大学はそういうことがないので安心してください。とても優しい先輩ばかりです。サークルの先輩に過去問を貰ったりできるので、サークルに入ることをオススメします。また、いろいろな学科の人と友達になることができます。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:483233
  • 男性在校生
    看護福祉学部 看護学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    看護福祉学部看護学科の評価
    • 総合評価
      良い
      専門学校ではなく、大学で看護を学びたいと思っている方には良い大学です。同学部、学科内の交流だけではなく他学部との交流も多く情報交換や交友関係も発展でき、他の医療系大学ではできない経験ができるという特徴もあります。
    • 講義・授業
      良い
      講義では、先生方がたくさんの資料を用意していただき、学生の理解を深めようとしてくれています。なお、映像やスライドなどを使用し言葉で聞くだけではなく、目で見て理解出来るような授業をしていただいています。また、授業内でのグループワーク活動が多く、自分の考えを発表するほかに、グループ全員の意見も聞くことができるためより深く考えることができる。さらに、発言する際もその発言内容に根拠と理由を述べるように指導していただき、看護学生の壁である実習に向け様々な知識や技術を学ぶことができます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      看護学科で学ぶ内容としては、1年生では基礎的な知識のほか、韓国語、中国語、ドイツ語、フランス語など第2外国語の授業も受けることができる
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:478553
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      薬剤師になることが目標の人にはいい大学だと思います。国家試験を見据えた対策をしてくれるので、勉強に取りかかりやすいです。周りのレベルはピンキリですので自分で頑張らなければいけません。
    • 講義・授業
      良い
      国家試験を見据えた対策をしてくれます。先生は親切な人がほとんどで、聞きに行けばわかりやすく教えてくれます。
      講義は薬学部は指定席です。勝手に出席を取ってくれるのでカードを出すより楽かも。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミは、1年生では全く話題に上がりませんでした。いつからなのかいまいちわかりませんが、先輩たちは楽しくやっているようです。
    • 就職・進学
      良い
      就職にはあまり困ることはないようです。困るような人は、そもそも卒業させてもらえませんから…。無事に進級してきた人なら、薬局、病院などで働けます。
    • アクセス・立地
      良い
      JR駅から直結で雨の日などとても嬉しいですが、ちょっと田舎過ぎる。学校はいいですが、遠方出身で独り暮らしをする方は、当別町内に住むか、新琴似やあいの里に住むかで相当違うと思います。まあ、札幌まで40分ですから、朝寝坊しても間に合う当別が結局いいでしょうか。
    • 施設・設備
      良い
      キャンパスは増築を重ねていて、さらに坂に建っているのでまるで迷路です。しばらくは迷うでしょう。
      個人的におすすめの場所は図書館です。蔵書数は、専門書はそこそこありますし、自習スペースが大変充実しています。一人一人仕切られた半個室まであるので、テスト前にはよくいきます。
    • 友人・恋愛
      良い
      医療人の卵なだけあって、そこまで常識のない人は少なく思えます。新入生は入学早々宿泊オリエンテーションがあり、大抵の人はそこで友達もできるでしょう。
      部活はかなり緩いところが多いです。先輩に過去問を貰えたりします。
    • 学生生活
      良い
      吹奏楽団に所属しています。活動は週二回とのんびりです。定期演奏会やコンクールの他にも、特養へいって演奏するなど医療大学ならではの本番もあります。
      活動日が少なめなのでバイとをしている人も多いです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      全体的にほぼ必修で、時間割りを作るといったことは無いです。1年次は数学、物理、化学、生物などの基礎から、有機化学、解剖生理学など専門科目の入門の科目がほとんどです。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:426426
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      私は薬学部薬学科に所属しています。講義に関しては理数科目について高校で履修しなかった教科や苦手な教科に対するバックアップがあり苦手克服ができとてもよかったと思います。また、先生方もとてもフレンドリーで分からないことを質問しやすくとても充実した環境だと思います。少人数クラスの形をとっているため定期的に担任の先生と面談がありとても親身に話を聞いてくれます。引っ込み思案で困った時に誰に相談すればいいか分からないという人も担任の先生が声を掛けてくれるのでとても過ごしやすいと思います。本学を調べると留年率が高いなと思う方もいらっしゃるかと思いますが、将来の国試を見据えた時に中途半端な学力で進級し、国試で失敗してしまうより1段階ずつステップを踏める点では一概に悪い点ではないのかと思います。立地条件に関しては大学の周りにはコンビニすらなく畑ばかりで、通学もJRの路線1本で本数も限られており不便を感じることも多々ありますがJR北海道医療大学駅と大学が直結であるため雨が降っている日も濡れることなく大学内に入ることができます。
    • 講義・授業
      良い
      薬学部薬学科ではほぼすべて必修教科であるため講義では指定席なので落ち着いて講義が受けられます。出席も座席でしっかりとっているためサボったりなどが出来ないようになっていてだらけることなくしっかり講義に参加することが出来ると思います。また理数科目で高校で履修しなかった教科や苦手な教科に対するバックアップがあるので基礎力を養うことも出来で大学への学習にスムーズに繋げることができました。教えてくれる先生方はとてもフレンドリーで分からないところを質問しに行きやすいです。また、先生方も分かるまで何回も説明してくれるため着実に力をつけることが出来ると思います。前期には他学科と一緒にグループワークをする個体差健康科学という講義があり、医療人としての自覚、またチームワークの大切さを学ぶことが出来ました。その他早期体験学習で薬局や病院の見学に行き、自分が薬剤師になるんだという自覚を具体的に持つことができて、モチベーションをあげることが出来ました。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      わたしは1年生でまだ研究室には所属していないのですが、2年生から希望者は所属することが出来て、1年生のうちから見学をすることができ、広く門戸が開かれていました。
    • 就職・進学
      良い
      大学で就職説明会、相談会などが開かれたり、就職支援室があったりと就職に関するサポートは十分になされているように感じました。就職率はほぼ100%で中には大学院へ進学する人もいます。求人情報も常に張り出されています。
    • アクセス・立地
      悪い
      主な交通手段が札幌駅から学園都市線に乗り北海道医療大学駅までJRで約50分であり、辺鄙な土地にあり大学の周りにはコンビニもなくJRの本数も少なく不便を感じることも多々ありますが、学内にはコンビニがあります。またJR北海道医療大学駅から学内へは直結であるため雨が降っている日も濡れることなく学内へ入ることが出来ます。
    • 施設・設備
      良い
      まだ1年生であるためあまり専門的なことを学んでいないのですが、基礎実験で使った顕微鏡は1人1台、実験も1人または少人数グループで行うことが出来るため設備は充実しているように感じました。
    • 友人・恋愛
      良い
      ほぼ必修科目であったり帰り道の手段本数が少ないことから登校やお昼ご飯、教室移動など友達とずっと一緒にいることが出来るため、深い付き合いが出来ると思います。また実験のグループや座席などはランダムに決められるため広く友達を持つことが出来るためとても良いと思います。
    • 学生生活
      良い
      わたしが所属しているサークルでは学祭や外部団体さんに出店したりと充実しているように思います。また先輩から習うことも多く先輩とも仲良くなることが出来て良いと思います。先輩から過去問を借りることも出来るためサークルには所属した方がいいと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬学部はほぼすべて必修科目です。
      1年生では、物理、化学、生物、数学、英語などの基礎的な科目を中心に行いました。解剖生理、有機化学、分析化学などの専門科目、個体差健康科学、早期体験学習、医療の法学、生命倫理学などの医療人としての自覚を持つための科目もありました。選択科目としては高校で履修しなかった教科、苦手な教科のためのバックアップとして基礎化学演習、基礎物理学演習、基礎生物学演習、数学演習や、運動科学演習という体育や、ドイツ語、フランス語などの語学の選択もできました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:426962
  • 女性在校生
    看護福祉学部 看護学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    看護福祉学部看護学科の評価
    • 総合評価
      良い
      レポートは少し多めだが、演習でのサポートはしっかりしている。教室は広く、座席も充実している。定期試験の内容についてわからないところはしっかりと教えてくれる。
    • 講義・授業
      良い
      一人一人がわかりやすいようにプリントにまとめて配布されている。演習では少人数に対しての先生の人数が充分にいるのでサポート体制は良い。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミの内容がどれも興味が持てる内容である。また、1つのゼミに対する人数が少人数で、1年のはじめの頃にある授業なのでその機会に友達が増える。
    • 就職・進学
      良い
      進学実績としては市立病院などだけではなく大学病院などもとても多い。先生の数が多い、担任制なのでサポートもしっかりされている。
    • アクセス・立地
      普通
      ジェイアールの本数が少なく、待ち時間が多くなってしまう。また、座れないことも少なくはないため少し体力的に辛い。
    • 施設・設備
      普通
      看護福祉学部の建物がとても綺麗とは言えない。別の棟での授業に行くにも遠く、ギリギリになってしまう。冬は廊下が寒い。
    • 友人・恋愛
      良い
      人数は多くいるのでひとりぼっちになってしまうことは少ないと思う。看護では男子の数は他大学よりは多い方だが出会いは少ない。他学科との共同授業が多いというわけではない。
    • 学生生活
      良い
      無所属だが、友人のサークルなどの様子を聞くと充実しているように思える。だが、休みの日までサークルをしているので勉強との両立が厳しい人もいるのではないかと思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      全体を通して見ると1、2年の間に一般教養の単位を全てとる形になる。つまり、1年次の前期では演習はなく、専門科目と一般教養を学ぶ。後期では演習に加え、専門科目と一般教養を学ぶ。定期試験には演習のテストもある。2年次では少量の一般教養に加え、さらに多くの専門科目、演習を学ぶ。3年次の前期では授業がほぼ全て演習となる。後期では実習へ行く。このときは先生もいるのでサポートがある。また、保健師コースを志望する人(成績は平均「良」以上、定員約15名)は3年の秋に面接がある。4年次では少しの専門科目を学び、国家試験へと備えて行く。図書館には多くの国家試験対策の問題集があり、国家試験勉強には図書館が便利だと思う。また、保健師コースを選択した人はさらに保健師の専門科目を学ぶ。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:426255
1351-10件を表示
学部絞込

北海道医療大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

基本情報

住所 北海道 石狩郡当別町金沢1757
最寄駅 JR札沼線 北海道医療大学
電話番号 0133-23-1211
学部 歯学部、 看護福祉学部、 薬学部、 リハビリテーション科学部、 心理科学部、 医療技術学部
概要 北海道医療大学は、北海道に本部を置く私立大学です。通称は「道医療大」「北医療大」「医療大」。1974年に東日本学園大学が設立され、1994年に北海道医療大学と名称が変更されました。「薬学部」「歯学部」「心理科学部」「看護福祉学部」「リハビリテーション学部」の5つの学部からなる医療系総合大学です。 当別キャンパス、札幌あいのキャンパス、札幌サテライトキャンパスがあります。地域医療を支える仕組みを作るため、北海道医療大学には在宅ケア、関係他職種への連携教育のための「地域包括ケアセンター」が札幌あいの里キャンパスに開設され、地域社会への貢献の取り組みが実施されています。学部、学科の連携を超えた地域における連携のための臨地実習が行われ、地域住民に密着した教育が実践されています。

この学校の条件に近い大学

北海道医療大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  北海道医療大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
追手門学院大学

追手門学院大学

42.5 - 50.0

★★★☆☆ 3.48 (217件)
大阪府茨木市/茨木駅
創価大学

創価大学

42.5 - 55.0

★★★★☆ 4.36 (366件)
東京都八王子市/拝島駅
大阪経済大学

大阪経済大学

45.0 - 50.0

★★★★☆ 3.70 (248件)
大阪府大阪市東淀川区/瑞光四丁目駅
理系のオススメ大学
大阪工業大学

大阪工業大学

45.0 - 50.0

★★★★☆ 3.75 (185件)
大阪府大阪市旭区/千林大宮駅
愛知学院大学

愛知学院大学

45.0 - 50.0

★★★★☆ 3.77 (377件)
愛知県日進市/長久手古戦場駅
東北学院大学

東北学院大学

40.0 - 50.0

★★★★☆ 3.68 (511件)
宮城県仙台市青葉区/五橋駅

偏差値が近い大学の一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

北海道医療大学の学部

歯学部
偏差値:37.5
☆☆☆☆☆ - (0件)
看護福祉学部
偏差値:40.0 - 50.0
★★★★☆ 4.18 (47件)
薬学部
偏差値:42.5
★★★★☆ 3.67 (33件)
リハビリテーション科学部
偏差値:42.5 - 47.5
★★★★☆ 3.81 (27件)
心理科学部
偏差値:40.0
★★★★☆ 3.57 (21件)
医療技術学部
偏差値:45.0
☆☆☆☆☆ - (0件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。