みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  酪農学園大学   >>  口コミ

酪農学園大学
出典:ダブルで
酪農学園大学
(らくのうがくえんだいがく)

北海道 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:35.0 - 60.0

口コミ:★★★★☆

3.79

(143)

酪農学園大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.79
(143) 私立内210 / 568校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.61
  • 研究室・ゼミ
    3.85
  • 就職・進学
    3.70
  • アクセス・立地
    3.15
  • 施設・設備
    3.88
  • 友人・恋愛
    3.84
  • 学生生活
    3.83
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

143件中 1-10件を表示
  • 男性卒業生
    農食環境学群 循環農学類 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      どの大学もにたようなものだと思うが、授業前に出席登録だけをして授業を受けずに帰る、後方で騒がしい生徒がいるなど、真面目に受講したい際には邪魔なものが多い。
    • 講義・授業
      教授自身が講義を楽しんでいるものが多く、意気投合すればその分野に対する知識を交換しあえる可能性がある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミ生皆で議論を交わすだけでなく、動物の痕跡を探す、虫を捕まえる、畑をいじる、料理を作るなど、ゼミごとに色々な活動をしていて、好きな分野のゼミに入ることができれば楽しめると思う。
    • 就職・進学
      余り使ったことはないが、就職課にいくことで、履歴書の書き方、面接の練習など、就職に必要な大概のことは連休できるイメージ。
    • アクセス・立地
      最も近い駅の大麻駅でも歩いて数十分かかる。コンビニなども大麻駅までいかないと無い。(生協などで軽い食事などは買える。)
    • 施設・設備
      農場、畑は広く、牛などの動物も多いため、農学や酪農学を、本当に実践にちかい形で取り組むことができるが、受講する講義によっては座学ばかりの教授おり、差が大きい
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      3年生になるまでは自分から積極的にならなければ、アドバイザーが同じメンバー、サークル位しか関係は広がらないと思う。
    • 学生生活
      サークルにはOBや協会から指導員が来てくれる場合もあり、大学生の間にかなり腕前をあげることができると感じた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      コースを決めて入学していなければ、コースが決まるまでは農業、酪農、畜産について平均的に学ぶことができる。
      また、実習も週に一回はあるため、実際に触れて学ぶことができる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      水産業界
    投稿者ID:431869
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    獣医学群 獣医保健看護学類 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると、自分のやりたい仕事のために学べる最高の環境が整っていると思う。実際に動物に触れる時間が多く、今まで知らない新しい発見ができる。誰もが経験できないことをたくさん実習で出来る。
    • 講義・授業
      授業は一年生の時点ではまだ普通科目が中心でつまらないが、二年生から専門科目が増えて楽しくなって行く。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は三年生からであり、そこにたどり着くまでに勉強の成績なので希望のゼミに入れるかが決まる。、
    • 就職・進学
      詳しいことはあまりわからないが、動物看護師として働きたいと考えている先輩はすくない、動物関連の職業にはつく。
    • アクセス・立地
      最寄駅はバスとJR2つありとても便利ではあるが、都心部から来るのに結構な時間と費用がかかるためそこが大変。
    • 施設・設備
      キャンパスは北大の次に広いと言われ、まさにその通りである。施設はとても充実しており、なかでも、学内に牧場があるのはほんとに面白いし、学べることがおおい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルに入っていないとあんまり、恋愛とゆうものは無理だと思う。また静かな人が多い学校なので静かに過ごせる。
    • 学生生活
      サークルによると思う。全く行かなくて良いサークルもあるため、見極めが必要。学祭はあまり面白くないため、お客さんもいない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は、高校で勉強してきたような科目を中心として、専門科目を数個とる。二年次から専門科目が増えてきて、三年次には統一試験を受ける。
    投稿者ID:428640
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    農食環境学群 循環農学類 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      酪農学園大学循環農学類でしかできないことは多いと思う。国公立大学よりもレベルが高いと言われていることもある。
      しかし、1年生は専門分野はほぼなく教養科目ばかりで大学に来た目的を見失う学生も多い。2年生で徐々に専門科目が増え、ゼミに所属する3年生以降がこの大学の楽しみが詰まっていると言われている。
    • 講義・授業
      教授はその分野では名の知れた方も多い。
      講義は入学したての一年生は教養科目ばかりでほぼ専門科目はゼロに等しいため、なぜ大学に来たのか見失う人も多い。勉強しても過去問を持っている寮生が良い成績を取り、特待生になるため、余計にやる気を削がれる。2年生から専門基礎科目に入り、3年生からは専門科目を学べるため、1・2年は耐える必要がある。
    • 研究室・ゼミ
      1・2年生は「基礎ゼミ」といい学籍番号で振り分けられた13人程度のゼミに分けられる。2週間に一回、基礎ゼミの授業があったり、担当教授との面談もある。殆どの基礎ゼミ担当の教授はいつでも学校生活や進路の相談に乗ってくれる。
      3年生の4月に「ゼミ」に振り分けられる。2年生の時に研究室訪問を行い、教授と話したり、先輩と話したりする。この研究室訪問の印象と成績、2年後期に選択するコース、希望を出す時に書く抱負を基準にゼミ選考が行われる。
    • 就職・進学
      農家の跡取りも多いため、就活をしない人も多い。そのためか、就活への必死さは薄いと言われている。就職課のサポートもあまり期待できない。学内説明会はあるが、就職課を全く通さずに内定を取った先輩を多く知っている。
      2年生の時からキャリアの授業が隔週であるが、なぜか毎日食べた食事の絵日記を60食分書かせるなど意味がわからないものをやらせる。
      しかし、全国に多くの卒業生がいるため、酪農学園大学というネームバリューはある程度ある。
    • アクセス・立地
      最寄駅は大麻駅。
      駅から大学までは徒歩で20分。敷地までは10分だが、畑が広がっているためそこから10分歩く。
      近くに大学があと3つあるため、学生の町となっている。家賃は安いし、物価も安い。しかし、あまり店もなく、遊びに行ける場所もアクセスが悪いことが多い。
    • 施設・設備
      とにかく動物は沢山いる。乳牛、肉牛、鶏、豚、羊など。
      全国的にみてもここまで身近に生産動物が溢れている環境は無いと思う。
      しかしキャンパスは古い上にバリアフリーにさえなっていない。人間にはあまり優しくない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      全体的に大学生ぽくない。メイクしている人も少ない上に、ファッションも気にしてない。そのためか恋愛に発展したという話もあまり聞かない。
      女子中学生のようなギトギトした関係もある。
    • 学生生活
      生き物を扱っているサークルと人数が多いいくつかのサークルを除いてあまり活発ではない。学祭もガッカリする。
      アルバイトは親の仕送りがあるのでしていないという人も多い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年は教養科目ばかり。教授があまり教え方が上手くない場合もあるので勉強しても過去問を持っている寮生の成績に勝てない。単位は落とさないがSは大変。ここでいかにモチベーションを落とさないかが重要。
      2年は専門基礎科目が始まる。学びたかったことが始まるが、やはり過去問必須。授業が楽しくてもテストで差が出る。1年でモチベーションが下がっているとやる気を取り戻すのが大変。
      3年は専門科目とゼミが始まる。必修科目とゼミ活動で忙しくなる。やりたいことができる。1・2年耐えてこそ味わえる充実した大学生活!
      4年は就活と卒論の年。1?3年を真面目に出ていないとその2つに集中できない。
    投稿者ID:427105
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    農食環境学群 循環農学類 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学問は専門的なことを浅く広く学べる。素朴な人が多いので落ち着いた雰囲気で勉強しやすい環境。
      サークル活動も活発的で、他大学にはないサークルがあって面白いが人間関係のいざこざがある。
      就職活動では自ら行動すれば先生方が優しくフォローしてくれる。
    • 講義・授業
      授業内容は興味関心が湧くような物が多く感じられる。
      先生によっては適当な授業をする人もいる。
      授業中の雰囲気はうるさいときもあって集中しづらいこともある。
      単位は軽く勉強してとれるものと取れないものがある
      学校のカリキュラムが毎年変わることがあるのでちょっと不安定。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは4月の中旬ごろから始まる。
      選び方は希望して先生が決める。
      ゼミを決めるときはゼミ室に訪問して体験することが必要。
      忙しいゼミもあれば全く忙しくないゼミもある。
    • 就職・進学
      この大学は跡継ぎのために勉強する人が多いので実家就職が多い。
      民間企業だけでなく学内で公務員のセミナーをやっているので就職は幅広い。
      就活のサポートは自ら行動すれば就職課の人が優しく丁寧にフォローしてくれる。
    • アクセス・立地
      お店までが少し遠いが札幌駅まで電車で約20分なので便利と言えば便利。
      学校の周りは畑や農場しかないので、自然が豊か。
      いろんな大学があるので、学生がとても多い。同年代との交流が多い。
      遊びや買い物に行くのは札幌か新札幌。
    • 施設・設備
      キャンパスはとても広く自然が豊かで寒いけどとても過ごしやすい
      図書館も本が多く最新の情報を得られやすい環境だと思う。
      研究設備も整っており、先生の許可が得られれば使用でき研究に没頭できる
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      みんな優しいところがあるが遠慮気味のところもある人が多い。落ち着いた友人関係を持てる。
      恋愛関係は比較的できやすいと思う。
    • 学生生活
      サークル自体は楽しいが、人間関係に多難があり楽しめないことが多い。
      いろんなサークルがありいろんな体験が多くできる
      大学イベントはそこそこ充実してると思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は高校の復習の授業だった。結構授業がつまっていたので朝から夕方まで授業があった。
      2年次も高校の復習な授業もあったが、専門的なことをやり始めるので、それなりに興味関心が湧いて楽しく感じられる。夏休みに長期実習も入ってくるので自分の成長と勉強ができる。
      3年次は酪農、畜産、畑作コースに分けられて専門的な授業になる。ほぼ必修なので落とすと4年が大変になる。授業数は少ないが勉強しないと落単するので調子をこいてはいけない。
      4年次は卒業単位を越えてれば授業がない。卒論は必修ではないので時間を自由に過ごせる。研究室によっては卒論が必修のところもある。
      3年の授業が1番大変だが、1番充実してて楽しく感じられる。
      資格は食品衛生管理者と人工家畜受精師がとれる。
    投稿者ID:427760
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    獣医学群 獣医学類 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      大学の敷地が広く森林や様々な動物を飼育しているので、興味があればサークル活動や研究などで色々なことができる。
      札幌までJRで乗り換えせずに行けるので、遊びも出来る。
    • 講義・授業
      獣医学科はほとんどの講義が必修で、講義数が多いです。授業はスライドを利用してされる先生が多いです。また、教科書代が年間数万円かかります。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが決まるのは4年生の前期です。直ぐに活動が始まるゼミもあれば5年生の前期から本格的に始まるゼミもあります。
    • 就職・進学
      就活についてはゼミによっては先生の紹介で見学やインターンをさせてもらえます。就職部の前には常に就職情報が掲示してあるので、いつでも閲覧出来ます。
    • アクセス・立地
      最寄駅はJR大麻(おおあさ)駅です。駅から教室までは雪道では20分強かかります。駅に自転車を置いておいて利用している人もいます。
    • 施設・設備
      教室は新しい棟と古い棟があります。獣医学科は新しい棟での授業が多いです。古い棟はトイレに個室がひとつしかないので、混みます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、人数が百数十人で多くも少なくもないので人間関係にあまり悩まずに過ごすことが出来ます。
    • 学生生活
      サークル/部活動については牛や馬等の大動物に関するものもあり、興味のある人には他の学校では経験できない充実した時間を過ごせると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      6年制です。ほとんどが必修科目で全ての単位を修得ていないと卒業出来ません。ゼミに所属するのは4年生の後期からで、卒業論文は6年生の秋に発表します。
    投稿者ID:431830
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    獣医学群 獣医保健看護学類 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学びたいと思えることを学べる。
      自然豊かで良い。
      学食とアイスクリームが美味しい。
      人が穏やか。
      施設や設備も割と整っている。
      駅からのアクセスも悪くはない。
      滞在できる時間が長くて良い。
    • 講義・授業
      講義は科目ごとに様々でしたが学びたいことが深く学ぶことができる内容でした。先生も優しく質問などに伺っても快く答えて下さいました。課題は多過ぎず少な過ぎずだったと思います。テストは勉強量が多かった印象です。単位比較的取りやすかったと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは自分のやりたいことわ研究できたので良かったです。ゼミ同士も仲良く、先生も優しく団結力があったと思います。
    • 就職・進学
      就活サポートはほぼなかった気がします。自分でやってこいスタイルだったと思います。大学院の進学などのサポートはないです。
    • アクセス・立地
      駅にも比較的近いですし、自然豊かで良かったと思います。周りは学生だらけで安全でした。飲み屋は少ないですがそれでも何軒かあったのです遊ぶ場所に困ることはなかったと思います。
    • 施設・設備
      研究で使用できる機会は満足できるものでしたし、何時まででも入られてので自分のスタイルで研究が進めました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内で仲が良く団結力もありました。自分たちでイベントを企画したり人間関係は良好だったと思います。恋愛は自由でした。
    • 学生生活
      サークルの種類は多かった印象です。合宿も構内ででき、団結力が深まったと思います。アルバイトも充実してたと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年生の時は一般科目を学びます。
      二年生から専門科目、三年生で実習メイン、四年生はほぼゼミのみでした。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      一般会社の営業
    投稿者ID:429493
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    獣医学群 獣医保健看護学類 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      のんびりすごせた。
      うちの大学ならではの授業とかもあって面白かった。
      一期生だったので授業の進行が要領悪く感じたり、
      指導する人が少ないなと思った。
      テストも過去問がなかったりしたので勉強しづらい科目もあった
    • 講義・授業
      先生方は知識が豊富な人が多かったが、
      実習の時とかは指導する人が少なく
      時間を持て余してしまったら
      だらだらしたり無駄だなーと思うときが度々あった。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの先生とうまが合わず、辛いと思うことが
      たびたびありました。
      忙しくていないことが多く
      書きたい時に聞かなかったりということもあった
    • 就職・進学
      一期生のため過去の実績等なにもなかった。
      病院就職の場合は実習して気に入ればだいたい入れたのと、就職の時期も遅かった。
      企業に就職したい人はその人たちのペースで
      のんびりしてるとダメ。
      自分で進んで情報集めないと置いていかれる。
      先生方も企業の情報はあまり詳しくなさそうだった
    • アクセス・立地
      駅から15?20分ほど歩く。
      スクールバスがないので雨の日や雪の日はつらい。
      最寄駅から札幌駅までは20分くらいなので行きやすくていいと思う。
    • 施設・設備
      新しい学科なのでゼミ室、実習室が綺麗だった。
      新しい機械とかもあったのでその点は良かったと
      思います。付属病院も綺麗でした。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      みんな動物が好きで日常会話もそう言う話ができた。
      恋愛関係は詳しくはわからないが
      長く付き合ってる人が多い印象です。、
    • 学生生活
      私は部活動でしたが人が少なくあんまり活動も盛んではありませんでした。
      酪農研究会や馬術部など大学ならではの
      サークルがあって面白いと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年目は他の学科と混ざって英語や、社会学などを勉強しました。
      二年目は獣医学科の人と一緒に基礎獣医学を学びます。
      三年目も同じ感じですが看護学科のみの座学や実習が増えます。
      四年目はゼミ活動で座学はあまりまりませんでした
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      建築系のメーカの一般事務
    投稿者ID:426253
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    獣医学群 獣医保健看護学類 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      獣医学、看護学両方学べることに魅力を感じ、入学したが、結局はどちらも中途半端な感じでしか学べず、普通の大学よりも知識が見につかず、専門学校よりも技術は見につかず、良いところがなかった。
    • 講義・授業
      動物病院に就職しようと思っている人は半数より少なかったにもかかわらず、動物病院で動物看護師として働くこと前提で講義や指導を受けたため、もっと幅広く、学生に合った指導や講義を受けさせるべきだと思った。それが就職先の実績にも響いていると思う。
    • 研究室・ゼミ
      基本的にはゼミは論文を読んで発表するような形で、卒業論文以外に、何か研究したり演習をしたりする機会はあまりなかった。卒業論文のテーマを決める前に、色んな研究や演習を行っていれば、選択肢が広がって、もっといろんな可能性があった気がする。
    • 就職・進学
      学科の指導や講義は、動物病院で動物看護師として働くこと前提に進むため、公務員や一般企業で働きたいと思っている人にとっては、あまり満足のいくものではない。就職サポートについても、就職課の窓口はあったが、自分に合った、親身になって聞いてくれる人を見つけない限りは難しいし、結局は自分次第になってしまう。
    • アクセス・立地
      最寄り駅から学校までは歩ける距離だが、広大な敷地な上、キャンパスの手前に広大な畑が広がっているため、結局最寄り駅からキャンパスまで、遠い所だと30分はかかるため、アクセスが良いとは言えない。ただ、周辺は自然環境豊かで良いと思う。
    • 施設・設備
      基本的にはどの施設も利用できるようにはなっているが、学科の塔以外は立地的にも、利用しやすさ的にも行きづらいので、結局は限られた施設しか使わない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科では9割が女性だったため、サークル等に入っていれば恋愛ができる可能性はあるが、サークルに入っていないと、他の学科との交流はほとんど無いため、交友、恋愛関係は難しい。
    • 学生生活
      学校内のイベントとしては、1番に学校祭が挙げられるが、学生の人数が多い割に盛り上がりに欠けた。サークル活動については、楽しめてやれていたため、良かったと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は、農業のことも学び、牛舎での実習や畑で作物を育てたり、座学だけでなく、自然と触れ合う様な講義も多い。2年次からは専門の科目を学び、動物病院への実習なども始まる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      食品業界
    投稿者ID:429499
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    農食環境学群 食と健康学類 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学生生活を振り返ると、大学からのサポートがとても充実していた。充実していた点は授業内容や友人関係、先生の生徒に対しての対応があたたかかった。農業、畜産系、食に関すること、獣医になりたい人にとっては一番いいと思う。施設や実習で他ではできないことが整っている。
    • 講義・授業
      いろいろな先生が、いてしんみになって教えてくれる。わからなければよき詳しく教えてもらえるから安心できる。多少授業中騒がしくなるがきちんと注意してくれる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミでは自由に課題を決められるのと、しっかり調査などできるので安心して発表も出来る。ゼミの、雰囲気も楽しくて良かった
    • 就職・進学
      多くの企業からのバックアップもあるので沢山の就職先がある。きちんとサポートもしてくれるので自分の行きたいとこにいける。
    • アクセス・立地
      駅から少し離れているが、電車もバスも定期的に走ってるので、交通の便は良好。駅周辺にもコンビニやスーパーがあるから生活に困らない
    • 施設・設備
      キャンパスが広いため教室も研究室も実習施設もとても充実している。また図書館て調べたいこともすぐ見つかる
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      多くの学生が恋愛している。また友人関係もトラブルなく仲がいいのでとても充実している。とても楽しかった。
    • 学生生活
      いろいろなサークルがあって自分のやりたいことが、できると思います。またバイトも沢山あるので両立もできる
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基盤教育で2年次から基礎的な専門科目が入っている。3年次からはより専門的なことをやっている。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      酪農業
    投稿者ID:429589
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    農食環境学群 環境共生学類 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      農学や環境学を学べる学校はとても珍しく、特に環境学はこれからの問題になってきます。
      一風変わった学生が多いですが環境問題について話をすると、止まらないくらいに皆が考えています。
      フィールドワークも充実していて、将来農業や環境に関するお仕事をする際は即戦力になれるような取り組みをしていてとても良い学校です。
      授業では、1年生の科目が少し簡単過ぎる様に感じるので、評価は5段階中4にしました。
    • 講義・授業
      講義によって様々な形態をとっています。教授によって全く違う授業の進行の仕方をしますので、簡単に単位を取れてしまう講義や単位を取るのにとても苦労する講義などが様々です。評価の仕方もテストで全て判断する教授もいれば、提出物や出席の状況も加味しながら評価をつける教授も居ます。
      講義の内容が教授によって左右されてしまい評価し難いため5段階中3をつけました。
    • 研究室・ゼミ
      自分のゼミには中国の内モンゴル出身の教授が持っています。ゼミは1週間おきにありますが、海外出張などがとても忙しい教授ですので、なかなか会って話す機会がありません。ですが、大学院生で教授のアシスタントをしてくださってる方や、隣のゼミと合同のプログラム等で満足しています。
      海外色が強いため、環境における国際問題等の考察などが多くなりますが、隣のゼミ生も含め全員で仲良くやっているので満足しています。
    • 就職・進学
      就職課という場所が学内にありまして、そこから色々な企業からの案内や公務員試験の過去問などとメールが来ています。最初に見たパンフレットにも色々な就職先があると案内されていましたが、まだ先に就職活動が控えている私では、まだそのサポートが充実しているかなどの吟味が不正確です。
      したがってどちらともいえないに当たる5段階評価中3を選ばさせていただきました。
    • アクセス・立地
      最寄の駅に大麻という駅があります。そこの周りには飲食店やコンビニが立ち並びとても便利です。大学の敷地が広いため駅から○分といった情報はあてにならないでしょう。しかしながら、周囲のマンションやアパーートなど建物が充実していて、苦労はしないでしょう。
    • 施設・設備
      農学や食学は施設がとても充実しています。私たちの環境学は大学内の木にタグをつけ管理するといった活動などをしており、大学の広い敷地全てが環境学をやる者にとっては自然の恵みそのもので満足しています。テストに役立つのはでかい建物の中にある図書館です。図書館では勉強をすることもできますし、パソコンを使うこともできるのでレポートの印刷など自由に使うことができます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      環境学をやっている人たちはなかなか変わった人が多く、自然に恋をしています。
      また、友人関係を築くなら、自分と同じ分野に興味を持っている人と仲良くなるのがいいかもしれません。
    • 学生生活
      野球部に所属しています。肩の調子が良くないながら人が足らず1年間フルでキャッチャーをさせられました。自分の身体のせいで今年はふがいない結果に終わってしまいました。サークルや部活動自体に悪い活動は見当たりませんが、自分の結果が良くなかったため3点で。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      自分は今北海道に増えすぎて人里に降り、植物を荒らし続けるエゾシカや、人に危害を及ぼすヒグマの駆除を目的に、ハンターとなることを決意しこの大学に入学しました。1年次は主に基礎的な教養を身につける座学を行います。しなしながら、狩猟免許等の案内は1年生のうちに来るので罠の免許が取れます。
      また、教職課程を取ることで、中学と高校の理科の先生になれる教員免許が取得できます。
      入ってから視野が世界的な問題まで広がり、自分が何をしなければいけないのか身に付くため、とても良い大学だと感じています。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      環境課等の技術系公務員
    投稿者ID:430393
    この口コミは参考になりましたか?
143件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

ライバル校

北海道で評判が良い大学

北海道のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  酪農学園大学   >>  口コミ

酪農学園大学の学部

オススメの大学

岩手医科大学
岩手医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★☆☆ 3.42 (52件)
岩手県/私立
福岡大学
福岡大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.87 (723件)
福岡県/私立
学習院大学
学習院大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.08 (436件)
東京都/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。