みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  酪農学園大学   >>  口コミ

酪農学園大学
出典:ダブルで
酪農学園大学
(らくのうがくえんだいがく)

北海道 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:35.0 - 60.0

口コミ:★★★★☆

3.78

(160)

酪農学園大学 口コミ

★★★★☆ 3.78
(160) 私立内223 / 572校中
学部絞込
1601-10件を表示
  • 男性卒業生
    獣医学群 獣医学類 / 卒業生 / 2010年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      獣医師になるためのカリキュラムなので必修科目が多く、基本的に筆記試験で合格しなければ単位はもらえません。座学以外に実験・実習で学んだことを実践的に行う講義があります。
      国立大学と比べると、教員数が多いので研究室も多く、牛や馬などを診察する生産動物医療の研究室が代表的ですが、疫学や環境衛生、野性動物など他獣医大学に無いようなユニークな研究室も設けております。
      3年前期より科目数が増え、4年後期から研究室活動が始まるため、娯楽やアルバイトは2年次(特に長期休暇)までに存分に行っておいた方が良いでしょう。
      卒後は大学色のためか、他獣医大学に比べると生産動物関連に進む人が多いように感じます。だからと言って動物病院や公務員へ進む人が少ない訳ではありません。中には大学院や企業へ進む人もいます。
    • 講義・授業
      科目によって様々です。
      基本的には理解しやすいようハンドアウトが配布され、丁寧に授業が行われますが、中には不毛に感じる授業もあるでしょう。
      個人的には薬理学、寄生虫学の授業がそうでした。何をしゃべっているのか聞き取り難かったり、ムダ話が多いため、重要なポイントが上手く掴めないことがありました。
    • 研究室・ゼミ
      4年次の後期から始まりますが、中には夏休みから始まる研究室もあります。
      研究室決定方法は成績上位30名から先に決め、後に残り全員の希望を考慮しながら話し合いやくじ引き等で決定します。卒業課題・論文を必ず提出しなければならない大学ですので、研究内容に関して事前に教授や准教授の先生にお伺いたてることをおすすめします。興味がない分野に対して取り組むのもかなり苦痛なので(笑)
      研究室数が多く、活動内容や活動の積極性に関しては様々なので、研究室の先輩方からお話を聞いてみたり、興味のある研究室を見学するのも良いでしょう。
    • 就職・進学
      就職活動に対する就職課のサポートはあまり充実していないと言っても良いでしょう。
      公務員獣医師が不足しているため、地方公務員の合同説明会などは積極的に行っておりますが、動物病院の説明会は規模が小さい。
      履歴書添削もすぐには行ってもらえず、説明の無いまま真っ赤になって返ってきます。
      私は個人で求人を探して就職活動を行いました。
    • アクセス・立地
      ほとんどの学生が近隣のアパートを借りて住んでいるので、アクセスには困りません。文京台や大麻に住む学生が多いですが、個人的には野幌の方面の方が栄えており、住みやすいと思います。
      最寄り駅はJRの大麻駅ですが、駅から講義棟まではちょっと遠いです。
    • 施設・設備
      基礎系の研究棟は古い建物ですが、動物病院は比較的新しい建物です。
      近年病院がリニューアルしたのでさらに新しく感じると思います。
      学科固有の施設ではないですが、図書館はかなり充実しております。しかし、閉館時間が早く、休館日が多いように感じます。学生の頃は24時間営業を希望しておりました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      1年次は他学類の学生と一緒に授業を受けるので、横の繋がりは広くなると思います。
      学類内でも6年間共同するので、多くの友人を作ることは可能だと思います。
      しかし、その反面噂が立つと学類内で瞬く間に広がって行きます。
    • 学生生活
      数多くの部活やサークルが存在します。
      ESSやよさこいが規模が大きく、有名です。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次に教養科目を中心とした講義が行われ、2年次から専門科目中心の講義になってきます。5年前期には全てのカリキュラムがほぼ修了し、5年後期より研究室活動が始まります。6年前期に卒論発表を終え、6年後期から国家試験に向けた授業が始まります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      動物病院
    投稿者ID:484603
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    獣医学群 獣医学類 / 在校生 / 2018年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      獣医になりたい学生、とくに産業動物獣医師になりたいのならおすすめの学校。将来のこともきちんと考えられているカリキュラム。
    • 講義・授業
      ただプリントを読むだけの授業がある
    • アクセス・立地
      駅からは近いのかもしれないが、あまりにも広く横に長すぎて端から端までの移動が大変。
    • 施設・設備
      生協が学校の広さにたいして数が少なく近い距離にふたつもいらない。増やすか距離をはなしてほしい。また、最終の授業が六時までなのだから、食堂をせめて六時半までひらいてほしい。そして、生協で売っているものの値段が高い。学生に優しくない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      限られた友人ならできるが、広くはできない。
    • 学生生活
      白樺祭が6月ごろにある。それ以外は学年での飲み会であったりサークルでの集まりがあり、入るところがよければ楽しい学生生活を送れる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に産業動物獣医師になれるために、馬牛中心の内容を学ぶ。一年では学校の成り立ちや創設者の想いなどを学んだ上で、後期から専門にはいっていく
    投稿者ID:481362
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    農食環境学群 循環農学類 / 在校生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 5]
    • 総合評価
      農業から環境、食品関係と、幅広く学べるため、とてもためになります。
      また、普通の大学では体験できない、乳搾りや野菜づくりなども授業に組み込まれてるため、様々な経験ができます。
    • 講義・授業
      講義も充実しており、自分の好きな分野を履修できるため、幅広い意識が身につけられるかと思います。
    • 研究室・ゼミ
      3年生からゼミが始まります。
      様々な研究室があるため、自分のやりたいことが見つかると思います。どのゼミ室も見学に行くと快く受けてくれるため、1年生からゼミ室訪問をする学生もいます。
    • アクセス・立地
      最寄駅の大麻駅から徒歩15分で、札幌に行くとしても15分と近いことからアクセスはいいと思います。
      周りに、安い飲食店があることや、コンビニ、スーパーも多いため充実しています。
      また居酒屋も多いため、突然の飲み会にも困らないかと思います。
    • 施設・設備
      学内の施設は比較的綺麗で、勉強スペースや食堂も充実しているため、勉強しやすい環境にあります。
      また、数学などが苦手な人のために、設けられた支援もあります。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      数え入れない数のサークルがあり、文化系から体育会系まで様々です。自分に合ったサークルに出会えるかと思います。
    投稿者ID:481061
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性在校生
    獣医学群 獣医学類 / 在校生 / 2018年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      この学科を目的に入ったからとてもいいと思っている。
      勉強は大変だけど免許を取れるというのは大きいアドバンテージだと考えている。
    • 講義・授業
      人によるところが大きい
    • 研究室・ゼミ
      まだ全然わからないが一部の研究室はそこそこレベルが高そう。
    • 就職・進学
      知らなかったが意外に全国各地に散らばっていて、評判も悪くないらしい。
    • アクセス・立地
      とても通いづらい。近くにすむことをおすすめする。また、周辺にも何もないというところがこの大学の1番つらいところ。
    • 施設・設備
      獣医が経験を積むには悪くないところなのではと思う。
      ただ、色々残念なところもある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人それぞれです。
      ただ、自分で頑張れば友人も恋人もきっとできるはず…
      人間関係に関わる努力はどこの大学でも必要かなと考えている。
    • 学生生活
      他の大学に比べると充実してるとは言えないと思う。
      ただ、色々あるにはあるし他の大学のサークルに入ろうと思えば入れるはず…なのでそこまで不自由はしていない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      獣医になるための学習がほとんど。1年は基礎教育もある。
      4年の途中からはゼミ配属となる。
    投稿者ID:480730
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    農食環境学群 循環農学類 / 在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      部活動と学業の両立ができるし、やりたいことが見つかる素晴らしい学校です。
      牛を研究したり、馬にのれたり、実習も多くあります。
      実習の内容は日によって様々ですが、将来の役に立つものばかりです。肉牛では、厩舎の管理のしかたをはじめとした肥育技術、乳牛では搾乳だけではなく、厩舎の仕組みや搾乳システムを導入した厩舎の仕組み、あげている飼料の内容や、その飼料を与えたときにどのような変化がでるのかなど、さまざまです。
      また、実習の一環として、北海道の観光地でもある、苫小牧市のノーザンホースパークに種牡馬の見学もできます。普段はお目にかかれない種牡馬に会えることはとても貴重な体験となるでしょう。
      また、研究室も豊富で、自分の将来のためになる研究室が多々あります。
      また、教員免許がとれることもあるので、自分の将来のために農業関係の勉強に励みながら、教員免許もとれ、一石二鳥であると考えるので、とてもおすすめです!
    投稿者ID:479410
    この口コミは参考になりましたか?

  • 酪農学園大学のことが気になったら!

    ※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

  • 男性在校生
    農食環境学群 環境共生学類 / 在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学なので仕方ありませんが
      自分のやりたいこととは全く関係の無い、実習をやらなくてはいけません。それ以外は設備も施設もしっかりとしたものが揃っていて教授もおかしな人は少ないので良いと思います。
      ただ、キャリアベーシックという授業が不毛極まりなく、教職の四年生のモルモットにされる授業です、就職活動のために毎日三食の絵を描いて栄養価、材料をまとめて感想を書くのが必要だと思う人は苦では有りませんが…
    • 講義・授業
      日本語がおかしな教授が何名か居ますが基本的は親切な教授ばかりです
    • 研究室・ゼミ
      ゼミや研究室はその分野の中でもかなり特徴的な教授も揃っていますし、設備も揃っています
      ぜみや研究室に不満はないと思います。
    • アクセス・立地
      駅からあまり近くなく、バス停も校門前まで有りますが
      校門から校舎まで歩いて5分ほどかかります
      遠いと10分はかかるのではないでしょうか、その点が残念です。
    投稿者ID:479250
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    獣医学群 獣医保健看護学類 / 在校生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 -| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      動物看護の大学では珍しく、付属の動物病院での実習ができるため、2次診療施設の雰囲気を体験できます。専門学校ではなかなかできない専門性に特化した内容を勉強できるため、幅広い就職先もあります。
    • 講義・授業
      著名な特別講師の方が来てくださることもあり、その道のプロの方に教えていただくと、とても勉強になり、自分の視野も広がります。
    • 研究室・ゼミ
      臨床系のゼミか、研究系のゼミかを決めることができるのですが、しっかりと自分のビジョンを持ってゼミに臨まなければ、無駄に時間を過ごすことになってしまいます。4年生ではほとんどの時間をゼミで過ごすことになります。先生との相性もあるので、自分にあったゼミを選ぶことが重要です。
    • アクセス・立地
      冬は雪のため、農地などを多く占めるこのキャンパスでは、通学時間がとても長くなります。自転車に乗れる期間であれば移動は楽なのですが、一人暮らしでも冬の通学は不便です。また、食料品が買えるお店が周囲に少ないので、何度も車が欲しいと思いました。
    • 施設・設備
      学食が1つしかなく生協も2つしかないので、昼時に急いで食べないといけなくなってしまうことが嫌です。学食がもう一つ増えてもいいのではと思います。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      1.5次診療施設(動物病院)
    投稿者ID:478499
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    農食環境学群 循環農学類 / 卒業生 / 2014年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教授は著名な方ばかりで勉強になります。ただ、生徒の意識が低いので「やる気があります。知りたいです。」とただ言っても相手にしてもらえることが、ほとんどありません。そのため、私は1~2年の間に研究室へ授業に関しての質問に行っても「まずは調べて」と言われました。2年まで授業は基礎的な農業について広く浅くの授業なので調べるにもどう調べたらいいのかわかりませんでした。(農業経験も知識もなく、調べる技術が足りなかっただけかもしれませんが…)なので、興味を持ったことに授業以外の場(サークルや部活動、自主的な農業実習やバイト)を利用して率先して動けないと4年間を無駄にしてしまうと思います。
      自分はサークルの活動を通して2年まで間はとにかく実習やセミナー、農家見学に行きました。2年の時には自分が興味のある分野を絞れ、研究室選びのための研究室訪問に集中できました。何度目かの訪問で研究室へ入ったあとの卒業研究の方向のお話もできました。
      卒論は必修ではないのでバイトや実習、部活動に集中するのも可能です。ただなんとなく4年間を過ごして実家の事業を継ぐ人もいます。ある程度やりたいことを持って入学する事をお勧めします。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      アルバイト/浪人
    投稿者ID:477392
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    農食環境学群 食と健康学類 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      さまざまな実習が体験できます。
      搾乳、畑作、チーズづくり、アイスクリーム等々。
      求めようとすれば、必ず応えてくれる大学です。
      好奇心旺盛な人にぴったりです。
    • 研究室・ゼミ
      自分の本当にしたいことをやらせてくれました。
      いろいろ手続きが必要な実験もありましたが、
      先生が後押ししてくださいました。
    • 就職・進学
      専門的な職種に就こうと思っている方にはぴったりです。
    • アクセス・立地
      駅からはちょっと歩きます。
      10分くらいです。
      校門から教室までもそこそこあります。
      行く途中に畑があるので、
      夏は寄り道していくと良いと思います。
    • 施設・設備
      ちょっと寒い教室があります。
      防寒必須です。
      充実したトレーニング施設があります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      良くも悪くも男女平等です。
      あまり恋愛感情に発展しませんでした。
      男女関係なく、
      牛と闘ったり、
      こんにゃくを作ったり、
      トマトの管理をしたい方にはおすすめの大学だと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      食品について学びました。
      特に食品衛生については、卒業後も大いに役立っています。
      発酵食品に強い大学です。
      チーズや味噌などに興味がある方は、
      ぜひ門戸を叩いてみてください。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      研究職
    投稿者ID:476667
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性在校生
    農食環境学群 循環農学類 / 在校生 / 2016年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学では実験や実習が多く行われるため知識の深まりが非常に高くなる、また大学ならではの施設がたくさんあるため他の大学では学べないようなことが学べたりするのでとても良い大学だと思います
    • 講義・授業
      それぞれの専門家の先生がいるため知識や技術が向上するため普及員などの仕事についた時でもすぐに働くことができると思います
    • 研究室・ゼミ
      私のゼミでは自主性を求めるゼミであり自分から行動しなくては何も始まらないため、就職した際などには次に何をやったら良いか、などのことがしっかりと明確にわかる
    • 就職・進学
      実習の補佐などをやってくれたらわからないところなどは優しく教えてくれる
    • アクセス・立地
      大学構内の敷地面積は北海道一番と言われるだけありとても広いです。普段は自転車を利用するのですが冬になると自転車を乗ることができなくなるため歩いて行くのがとても大変だと感じています。
    • 施設・設備
      付属のトレーニングセンターなどもあり時間があるときなどには運動などをして運動不足を解消できます
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      実習などが多いため友達がたくさんできます
    投稿者ID:470487
    この口コミは参考になりましたか?

1601-10件を表示

酪農学園大学のことが気になったら!

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

基本情報

住所 北海道 江別市文京台緑町582
最寄駅 JR函館本線(小樽~旭川) 大麻
電話番号 011-386-1111
学部 獣医学群、 農食環境学群
概要 酪農学園大学は、北海道に本部を置く私立大学です。1933年に開設された北海道酪農義塾を前身とし、1950年に開学された大学です。キリスト教の教えをもとに「農・食・環境・生命」の結びつきを追求。初年次は新入生全員が農業実習を通して、その有機的な結びつきの共通認識を修得するところから始まり、酪農や農業に関する幅広い分野のスペシャリストを目指します。 農作地や放牧地が多くを占めるキャンパスは東京ドーム28個分で、単独キャンパスの私立大学では日本最大です。野幌森林公園とも隣接しているため、エゾリスやアカゲラなどの野生動物も普通に観察できる素晴らしい環境です。大学内の農場で生産した生乳でつくったバターや牛乳、アイスクリームなどは「酪農学園ブランド」として有名で、学内の生協で委託販売もされています。

この学校の条件に近い大学

酪農学園大学のことが気になったら!

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

おすすめのコンテンツ

北海道で評判が良い大学

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  酪農学園大学   >>  口コミ

酪農学園大学の学部

オススメの大学

岩手医科大学
岩手医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★☆☆ 3.41 (56件)
岩手県/私立
福岡大学
福岡大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.88 (802件)
福岡県/私立
学習院大学
学習院大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.07 (493件)
東京都/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。