みんなの大学情報TOP   >>  大分県の大学   >>  大分大学   >>  口コミ

大分大学
(おおいただいがく)

大分県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 65.0

口コミ:

3.83

(219)

大分大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.83
(219) 国立内55 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.60
  • 研究室・ゼミ
    3.70
  • 就職・進学
    3.85
  • アクセス・立地
    2.83
  • 施設・設備
    3.49
  • 友人・恋愛
    3.70
  • 学生生活
    3.78
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

219件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    理工学部 共創理工学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学科編成が行われる以前に在学していました。
      授業なども、学科みんなで受けるので安心して学校に行けました。学食などで、テスト勉強したり、課題を教えあったり和気あいあいとしていました。
    • 講義・授業
      試験勉強の際に、わかるまで、教えてくれる先生や先輩も多くいました。
      講義の板書の文字がとても読みづらい先生もいましたが、質問したら丁寧に対応してくれました。
      応用化学では、あと何単位で進級できる、卒業できるなど、毎学期面談をしてくださっていたので、安心して、学生生活を送れました。
    • 研究室・ゼミ
      研究室選びは、4年に進級する際に行いました。3年生で行う学生実験でほとんどの研究室の先生方、先輩方と関わる機会が持てるので実際の雰囲気などを見ながら選べます。
    • 就職・進学
      1年生のときから、就職についての講演などがありました。理系ながら女子の多い学科だったので、ジェンダーについての講演など、有意義なものも多かったです。
      所属研究室や就職担当の先生でなくても、履歴書など見てくださり、本当にありがたかったです。
      進学は、内部でもきちんと勉強しなければいけない印象でした。
    • アクセス・立地
      最寄り駅から大学までも、歩きますがそこからさらに歩きます。
      工学系は、奥においやられています。学食や生協も遠いです。1人暮らしの人は、旦野原ハイツか、裏ハイツと呼ばれるエリアに住んでいました。
      実家生は、ほとんど車通学になるので遊びに行くときなど、乗せてもらったりしていました。
      日常の買い物は、マルショク寒田店や光吉のイオン、稙田のトライアルに行ってました。
      服などは、大分駅周辺によく行ってました。
    • 施設・設備
      設備は、ある程度揃っていると思います。
      図書館は、遠いので自習室などを利用していました。
      自分の学年以外も、学食で勉強する人が多かったように思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      小ぢんまりとした大学なので、歩けば知り合いに会います。
      みんなでわいわいするのが好きな人が多い印象でした。サークルもいろいろあって、掛け持ちする人も少なくありませんでした。
    • 学生生活
      サークルは、運動系のものに2つ入っていました。どちらも週一の活動で、勉強やバイトに支障をきたさず、無理なく活動できてよかったです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は
      学部共通の基礎科目が多かったです。
      2年次は
      学科専門科目賀ふえました。再試、再履修になる人も増えました。
      3年次では
      座学の必修は1、2年でほぼ終わり、必修の学生実験と、選択の科目を自由に選んでいました。
      4年次では
      研究室に所属するので、自分の研究や文献を毎日していきます。3年次までに取れなかった単位も取ります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      IT系の開発職
    投稿者ID:426668
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      教師になるためのサポートが非常に充実しています。それは講義によるものではありません。教師育成のサポート室があり、採用試験にむけての指導を丁寧に行っていただけます。また、東京アカデミーの講座を格安で受講することができます。教員採用試験の合格率がトップクラスなので、教師になるにはかなり良い大学です。しかし、教科や教育学を専門にする教授が多くおりませんので、教育学の研究をしたいだとか、その道の研究者を志している場合は物足りなさがあります。
    • 講義・授業
      講義は取得したい免許によってかなり変わってきます。大体は、自分の専門にしたい教科を軸に講義を取り、それに加えて一般教養の講義を取ります。教育関係の講義はほとんど数十名ほどの学生で受講になるので、教授との距離も近く、学びやすい講義です。一般教養は数百人と多く、大講義室などを使います。一般教養の講義は知見を広めるためにも大切な講義でもありますが、講義によっては受講するのに抽選になったり、単位の取得し易さにかなり違いがあったりと、少し厄介なことがあります。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年時に決まります。自分が卒論を書きたいゼミに入るのです。ゼミの人数にもそれぞれ定員があり、必ずしも希望のゼミに入れるとは限りません。そのため、なるべく早くに自分の入りたいゼミを決めておいて、周りに意思表示しておくことが大切です。ゼミ決めは学生同士で話し合ってから希望表を出すことがほとんどだからです。ゼミでの活動という名目の活動は特にありませんでした。個人的に教授の研究室を訪れたりという程度で、ゼミ生同士で何かやるということもありません。関わり合いがないのは少しもったりないですが、卒論自体は教授が丁寧に指導をしてくださるので、満足のいく研究ができます。
    • 就職・進学
      教師育成のサポート室があり、模擬授業や論文、面接まで、その学生に必要な教員採用試験対策ができます。また、筆記に関しては、東京アカデミーの講座を格安で受講することができます。
    • アクセス・立地
      大学前にJRの駅があるので、街の方へ行くには便利です。ただ、大学周辺は田舎なので、生活用品や食品以外の買い物は街まで行かなければなりません。
    • 施設・設備
      大学のパソコンが学生数に対して足りていません。レポートシーズンのときは特に混み合います。また、専門教科ごとに科室という研究室兼たまり場がありますが、ほとんど卒論に励む先輩方が使うので、行き場をなくすことが多いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学側が学生同士の関わり合いの場を作ってくれることがあるので、友人は作りやすいです。場としては、例えば、宿泊体験や農業体験、遠足などがあります。また、普段の大学生活は専門教科で集まることが多いのですが、各教科10人程度になりますので、関わりやすいです。ただ、教科によって男女比にムラがあります。国語や英語などは女子が多く、理数や社会は男子が多いです。
    • 学生生活
      サークルには飲み会ばかりの「飲みサー」や、遊んでばかりの「遊びサー」などがあります。内実をよく知らないと、こんなはずじゃなかったーということになります。もちろん、しっかりサークル活動をしているサークルもあります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年から3年までは、専門教科に関する講義、一般教養の講義、教育に関する講義を受講します。4年からは卒論を書いていきます。卒論はコマを入れてというより、教授と日程を合わせて卒論指導をしていただくという形です。また、教育学部に必ずついてくる教育実習についてですが、1年では附属学校の体験見学、2年では公立学校の体験見学、3年では附属小または中学校での実習、4年では附属中または小学校での実習となります。1、2年では授業は行わず、子どもとの関わりや見学のみです。実習期間も数日で終わります。3、4年になると、授業を行います。実習期間は3年で5週間、4年で3週間となります。授業の指導案の書き方は大学の講義で教わりますが、かなりさらっとしています。授業のやり方は教わりません。そのため、どちらも教育実習で叩き込まれるという感じです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      熊本県の教員
    投稿者ID:431806
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学科の中にさまざまな学科が入っていたので、同じ分野以外の方とともに学ぶことが機会があったことがよかったと思います。専門を学べたことがなによりよかったです。
    • 講義・授業
      講義や指導内容は出来る範囲でしていただいたかと思いますが、もう少し個人個人と向き合う場面や工夫できる講義の仕方が、あったのではないか。先生の好みで、評価される方がいたことは悲しいです。
    • 研究室・ゼミ
      研究室やゼミの選択をする際、自己選択のきあが与えられていたため、その点自分の意思表示ができたことがよかったです。
    • 就職・進学
      就職先を探すとき、なかなか大学からのサポートが充分ではなかったと感じます。自分でするしかない状況でした。
    • アクセス・立地
      自転車で通われる方、バイクで通われる方さまざまな交通手段で、大学に来ることができますが、立地上かなり坂を登らければいけなかったのが大変でした。
    • 施設・設備
      校舎自体は、やはり年数を重ねていることから古さがありました。ただ、在学中の工事はやはり不便な点が多かったです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      同じ学科だけでなく、行事やサークルなど、他学部との交流も作ることができたので、男女の関わりもあったと思います。
    • 学生生活
      サークルではによって、週やけどつきの回数が異なり、自身にあったサークルを選択する機会ぐ与えられていたと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      やる気ぐなければ続かないと思います。自分のために頑張ることは難しいですが、そこをいかに自分と向き合えるかが重要だと思います。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      会社員
    投稿者ID:427552
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      私自身感じたことといたしましては、授業または教授などによる講義における楽しさ面白さがやや欠けていることです。対して、実技や実習など体験に関わる学習では、その点では、高評価とさせていただきます。
    • 講義・授業
      先ほど言いましたように、講義や先生などによる授業全般はあまり面白くないものでした。その点を改善できればと思います。
    • 研究室・ゼミ
      先ほど言いましたように、ゼミや研究室などの体験では、いい刺激になりました。今後もこのように続けていただけたら幸いです。
    • 就職・進学
      私の通っている大学の進学率といたしましては、周りの大学に比べて高いかと、私自身感じております。高評価です。
    • アクセス・立地
      私の通っている大学にいたしましては、駅から近いこともあり、アクセスしやすいようになっております。高評価です。
    • 施設・設備
      この前までは、古びたような外観で、中も綺麗とは言えないようでしたが、最近、改修作業なども行われており、みるみる綺麗になってきました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私の通っている大学、学科につきましては、クラス制度になっており、人は少ないかもしれませんが、親密な関係になれると思います。
    • 学生生活
      この点につきましては、あまり評価できません。なぜなら、私の大学では、そういったことに力を注いでいません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      やはり、就職するためでしょうね。正直学んだことを将来使うわけではないですけど、会社はなぜか頭のいい人を欲しがります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      研修医。
    投稿者ID:430245
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    医学部 看護学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学生生活実習や勉強ももちろん頑張ったが、部活動など楽しく過ごせた。今となっては勉強や実習で友人と苦しんだ思い出もいい思い出となっている。また、卒業後も自分のなりたい職業になれ、行きたい進路に行くことができた。
    • 講義・授業
      履修の組み方はほとんどが必修なので、ほかの学部のようなものをイメージするとだいぶ異なる。しかし、授業はどれもおもしろく、社会人になった今思い起こすと、もう少ししっかり聞いておけばよかったと感じる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミなどはない。研究室もないため、答えにくい質問であった。演習は実際の看護を想定したものとなるためほんとうに学びは多い。
    • 就職・進学
      就職率は100パーセント。サポートについては、困りがあれば、それぞれの分野の教授等が相談に乗ってくれる。
    • アクセス・立地
      大学は大分駅からもバスで20分ほどかかるため、立地はよくない。車がなければ移動は難しい。殆どの学生が車を所有している
    • 施設・設備
      演習室は充実している。実際に看護の現場を想定したものとなっている。図書館も専門書がたくさんあるので、今行っても勉強になる
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活を通しても医学科の学生との交流も多いため、学内恋愛が多く、楽しく学生生活を過ごすことができた。
    • 学生生活
      殆どの学生がなんらかのサークルや部活に入っており、とても楽しく過ごしている。部活動つながりの友人も増える。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生の時から実習が入り、3年の後期と4年の前半はほとんど実習になる。後半は卒業論文と国家試験の勉強のため昼夜を問わず学校に残っている。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      卒業後は大学の附属病院に入職後、保健師の採用が出たため、受験し、合格し、市町村保健師となった。
    投稿者ID:428269
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      クラス単位でたて関係で先輩との繋がりやクラスの仲も深めやすいという良さがある。
      教育のサポートが充実していて、教育系に進みたい人には有意義な講義が聞けると思う。
      色々な価値観や他地域の人との交流もあって楽しく過ごせます。
    • 講義・授業
      教育系の講義は充実しているといえます。
      課題も特別多くないので、自分の勉強に集中できます。
      単位が取りにくいのがいくつかあります。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは始まるのは3年からなのでそれまでは基礎知識を入れていくことになると思います。選び方も説明がしっかりあります。
    • 就職・進学
      就職率などを見ても日本トップ級のサポートが充実していると思います。
      講義以外にも相談室もあり、先輩の話も聞けるので有り難いです。
    • アクセス・立地
      一人暮らしのアパートから大学は近く通学にはとても便利です。
      買い物に関しては、結構不便です。
      あと、大分駅まで本数の少なめなjrで15分くらいで行けます。
    • 施設・設備
      キャンパスも広く、何より図書館が充実しています。
      自習だけでなく、ディスカッショスペースもありさまざまに利用できます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      様々な地域や地方から進学してきているので、友人関係はとても広がります。
      恋人は教育学部はなかなかできません。仲良くなりすぎるためか友達関係が強くなります。
    • 学生生活
      ボランティアサークルで、実際の小学校に行き、こどもと触れあう活動もしています。
      あと、バンドなどの音楽的サークルもたくさんあります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次で小学校内容の総確認、2年次で指導理論を学びます。2年までは小学校内容を集中的に学びます。
      3年次から副免のゼミに分かれます。
    投稿者ID:428947
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 看護学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      自然が沢山あるいい環境に立っているが、医学部は校舎が孤立しているため、交友関係が狭い。またサークルの数も少ない。ただ、そのせいか大学でも深く関われる人が多い。
    • 講義・授業
      やっている内容は素晴らしいと思うが、授業がゆるいため聞いている人が少ない。先生が一方的に講義をしているというイメージが強い。またたまに理不尽な教授がいる。
    • 研究室・ゼミ
      実際に私が研究室に入っているわけではないが、先輩から聞いた話によると研究室ではかなり色々なことが学べると言っていた。
    • 就職・進学
      看護師、保健師ともに国家試験の合格率は100%であり、付属で大学病院もついているため、就職率も良い。
    • アクセス・立地
      大学周辺に住んでいる人はかなり便利がいいが、山の上に立っているため、実家に住んでいる人や少し離れて一人暮らしをしている人は車でないと通いづらい場所であると思う。
    • 施設・設備
      実習で行う実技を練習する場所や用具はしっかりと整っていると思う。また割と自由な時間を使って出来るためよい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      医学部は医学部のみの校舎であるため、交友関係は広がりづらいが、その代わり、深い関わりを持てる友達に出会う。
    • 学生生活
      放課後や土日は何かしらの部活の声で体育館やグラウンドやテニスコートは賑わっている。また文化系のサークルも校舎内でかなり活発に行っていると思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では主に教養、少し専門の分野も入ってくる。医学科と合同の授業もある。2年時からは本格的に専門授業が入り、3年時の後期から実習がはじまる。4年次の夏までに実習が終わり、そこからは国家試験のための勉強に入る。
    投稿者ID:427305
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 2]
    • 総合評価
      一般教養が本当に無意味な上、教授陣の意味不明で理不尽な妬み嫉みを感じます。一般教養を医学科出身でない人が担当し、さらに専門性のない分野まで教えることもあり、そこで留年する人が大変多いです。非常に意味がわかりません。無意味な時間を返して欲しかったです。
      専門課程は面倒くさい人も多いですが医学を志すのであれば仕方ないと思います。勉強するだけです。
    • 講義・授業
      一般教養が宜しくなかった。前述の通り
      研究室での指導はムラがあります。楽したいなら楽なところへ行けばいいだけだと思います
    • 研究室・ゼミ
      特に基礎系では多くの研究室が優秀で、指導もしてくれます。臨床は面倒くさいところと緩いところとで、目立った成績はあまり聞きません。
    • 就職・進学
      最近下がっているみたいですが、別に誰のせいでもないと思います。教育プログラムは全然こっちの都合とか考えてなさそうですが。
    • アクセス・立地
      辺鄙。通いづらい。電車なし、バスも平気で数十分単位遅れます。車かバイクが必要。狭間に住むか賀来に住むか、一長一短ですが賀来に住んで移動手段を得た方が良いでしょう
    • 施設・設備
      まず教室が綺麗でない。大学として機能できるほどの設備じゃないです。詰め込んだ小屋みたい。大学生活っていう理想は捨てた方がいいです。図書館も座席数もっと増やして欲しい
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      宜しくないです。1度誰かと付き合ったり肉体関係を得ると一瞬で学校中に広まる狭いコミュニティです。友だちも1年から6年まで仲がいい人は少ないと思います
    • 学生生活
      サークルはないと思ってください。部活が殆どです。結構きついと思います。拘束の多い部活か、拘束は少ないけど結束力もない部活かって感じです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      医師になりたい。ただそれだけです。地元だったのもあります。県外から偏差値的に、配分的に、センター失敗したし、という理由で受験を検討している人はせめてもっと大きな大学にしたらいかがかなと。医大祭に来てから考えてください。それでこんなとこ来るはずじゃなかったとか、地元の人に向かって文句言われるのも腹が立つので。
    投稿者ID:427497
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経済学部 地域システム学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学科選ぶ時に、所属したい先生のゼミに入れない人が半分近くいる。これについて、ほとんどの先生の判断基準は成績や志望理由などを主な理由としているが、中には上級生のコネなどでしか入れないゼミもあるため、5ではなく4にした。
    • 講義・授業
      大分大学は、大分県内の田舎について学んだり、大分県の歴史について学ぶ講義もあり、経済や経営の勉強だけでなく、大分にある大学ならではの講義もある。また、専門分野だけでなく、教養も学べる。
    • 研究室・ゼミ
      先生によってはまちまちであると思う。きちんと生徒の就職のためにきちんと演習をしている先生もいれば、そうでもない先生もいる。私の実体験だが、なぜ私はこの話を聞かなければならないのか思う時もあった。
    • 就職・進学
      大分大学は国立大学ではあるが、そこまで知名度もないため、都会での就職や、大企業に就職するには困難であると思う。しかし、大分県内での就職には、かなり有利であると思う。
    • アクセス・立地
      私は、実家から通っているのだが、1年生の時は車での通学が許されず、公共交通機関を利用しなければならなかった。大分大学前駅があるのは十分便利だが、大分駅からや大分県への本数がかなり少ない。
    • 施設・設備
      大分大学けいざいあは、演習室が多くあり、また、図書館での演習も可能である。試験前にとても役に立つのが図書館で、テスト期間には、早く行かなければ席がなくなるほどである。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人や恋人ができやすいのはサークル活動である。ほとんどカップルがサークルで出会った人たちである。サークルはキャンプなどもあり、仲良くなるきっかけが多い。
    • 学生生活
      私が所属しているサークルは毎月イベントが必ずあり、夏休みには全学年揃ってキャンプに行ったり、飲み会なども沢山ある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年の時は半分が専門や外国語や第2外国語の必修科目がほとんどで、2年3年は専門科目がほとんどとなり、四年は就活や卒論であまり講義に出ないようになる
    投稿者ID:430355
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      幼い頃から医師を目指していたので、国公立の医学部医学科に入学できたこと、とても嬉しく思っております。学科の評価に関しては、医学科にいる、という時点でとても満足しています。
    • 講義・授業
      殆どの生徒が、どの教授の授業かによって出席するかしないか、または寝るか寝ないかを判断しています。講義の内容は一般教養と発生学しか学んでいませんのでなんとも言い難いですが、発生学はとても興味深く楽しかったです。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の配属は四年生からですのでなんとも言えませんが、一年生のうちから教授に頼み込んで研究室にいる生徒もいます。その人のやる気次第だと思います。私も頼んだのですが未だ返事が来ておりません。
    • 就職・進学
      約8割の生徒がストレートで卒業し、また、国家試験に合格すると、言われていますが、大分大学はCBTの結果も全国でも低い方です。しかし、これは本人の努力不足であると私は考えています。
    • アクセス・立地
      山の上に大分大学の医学部キャンパスは位置し、バスの時間もとてもルーズなため、車がないととても不便であると感じるでしょう。車を持てば殆ど不便を感じることはないでしょう。
    • 施設・設備
      WiFiを生徒が使うことができないことや、ゴミ箱にはゴミが溢れていたりと、あまり好ましい状況ではありません。しかし、パソコンルームを24時間使える点についてはとても助かっています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      本州から遠く離れて大分の地に降り立ち、友達も最初はゼロからのスタートでしたが、部活動を通じて、また、近所であるからとてもステキな友達がたくさんできました。素敵な先輩にも恵まれ、年上の彼もできました。知らない土地で家族と離れて一人暮らしをする私にとってはとても心強いです。
    • 学生生活
      ソフトテニス部に入部しましたが、先輩方は気さくで、よく遊びに連れて行ってくれたり飲み会に連れて行ってくれたり開催してくれたり、ご飯に連れていっていただいたりと、とても楽しい毎日を送っています。部活も適度に運動ができます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      医学科ですので2年生からは専門の医学について学びますが、1年生のうちは他学部と同じく、一般教養を学びます。
    投稿者ID:431058
    この口コミは参考になりましたか?
219件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

大分県で評判が良い大学

大分県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  大分県の大学   >>  大分大学   >>  口コミ

大分大学の学部

経済学部
偏差値:52.5
★★★★☆ 3.71 (83件)
理工学部
偏差値:45.0 - 50.0
★★★★☆ 3.82 (38件)
教育学部
偏差値:47.5
★★★★☆ 3.98 (47件)
医学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 3.97 (31件)
福祉健康科学部
偏差値:-
★★★★☆ 4.00 (7件)

オススメの大学

東京医科歯科大学
東京医科歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.09 (68件)
東京都/国立
大阪大学
大阪大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (964件)
大阪府/国立
旭川医科大学
旭川医科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.88 (52件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。